FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 友達の輪(12) JKヒロセ

4503ksrh5kzf1qadwmuo00.jpg 

生臭坊主と捜査官はクィーンなトランプ小僧で今夜も遊ぶ。

「JKヒロセよ、大丈夫か?」
 俺はそんな感じで酔いつぶれたJKヒロセに呼びかけた。
 半分冗談ぽく、いかにも気軽に親しげにだ。
 するとパチッと音がするみたいにJKヒロセの目が開かれた。
 『ああこれ、脱がないと。』そんなようなことをモゴモゴと言って、JKヒロセはセーターを脱ごうとする。
 まあ、JKヒロセは男である。
 別段気にしないで、その様子を俺は見守るつもりでいた。
 するとこの酔っぱらい、セーターを脱いだ途中で脱げなくなってしまい「先輩、手伝って、脱がせて」とフガフガ言い出した。
 正直俺はスカートから伸びたJKヒロセの脚だけには、色気を感じていたのである。
 だからモヤモヤしながら脱ぐのを手伝ってやった。

16b00042ps.jpg

 JKヒロセの腕を上に持ち上げるとその顔はセーターに隠れ、スカートから伸びる脚がなんだか非常にインモラルに見えて正直ちょっと勃起した。
 俺はそんな気の迷いを振り払い、ちょっと乱暴にセーターを引っ張る。
 JKヒロセから「やめてやめて!伸びちゃう、伸びちゃう!」とか言われても、お構いなしだ。
 せいやっ、と力任せにセーターを脱がせる。
 勢い余って、酔ったJKヒロセが倒れた。
 ちょうど俺の下腹部に膝枕というか珍枕というか、そういう状態でJKヒロセが崩れてきた。
 俺もさっきまで宴会場いた身だ。
 服装なんてラフな格好だった。
 間違ってもジーンズみたいな固い素材のものじゃなかった。
 その時俺が着てたのは確かジャージか何かだったと思う。
 だからJKヒロセが、俺のペニスが力こぶを作っているのに気付くのは容易だったはずだ。

15b00042ps.jpg

「ちょっとー先輩ーーー」
 JKヒロセは俺の下腹部を顔を埋めて、もごもご喋る。
「固いよ、固いーー」
 その声を聞いて、なんか俺はもう死にたくなった。
 後輩の女装におっ立てたとか、他の奴らにバレたら社会的に死亡だ。
 なんで男なんだよ、これが女だったら何かイベントが……何か……あ……れ……?
 JKヒロセはワイシャツの下にキャミソールを着ていた。
 その時の俺の視界を説明しておく。
 股間にショートヘアの頭がのっかり、上半身はワイシャツを着ていてキャミが透けている。
 そしてミニスカから伸びる、ちょっとむちっとした脚とハイソックス。
 判って貰えるだろうか。
 これはもう、視覚的には男である情報の方が圧倒的に少ないのである。
 不覚にも俺のペニスは天を衝いて、後輩の頬だかにめごり、と食い込んだ。
 死んだ、はい死んだ!もう俺、ホモ決定!明日からホモ先輩!みたいな後悔感がゴゴゴと地鳴りを響かせ山のように押し寄せて来た。

14b00042ps.jpg

「……先輩、自分、いけますよ。」
 股間で、JKヒロセがもがもが言う。
「うぇ?」
 後から聞いた話だが、JKヒロセには男のペニスを咥えてみたい願望が前からあったらしい。
 一応言っておく。
 JKヒロセは彼女持ちである。
 酔いと、何も言わなければ進む状況と、さんざたまった性欲と、目の前に転がるJKヒロセの制服姿に、俺の心はあっさり折れてしまった。
 俺は無言だったしJKヒロセも無言だったが、ペニスだけはどうしようもない。
 無言と言いつつも、そこは酔っぱらい、JKヒロセは時折「うー」とか「よいしょー」とか独り言を吐きながら、俺のペニスにえっちらおっちら取りかかった。

13b00042ps.jpg

 JKヒロセによって取り出されたペニスは、わだばかっちかちだでと、自己主張して、JKヒロセの顔にぶつかった。
 まあ俺はJKヒロセの後頭部を見下ろす形なので、その様子を細かくは知らない。
 そして温かく柔らかい感触に包まれた。
 最初は咥えた口の中で舌を動かしてくるだけだった。
 刺激としては弱い。
 ただその特殊な状況と口の中から、微かに聞こえるちゅぱ音で十分興奮できた。
 そこには、何度も言うが、眼科的には女にしか見えない制服姿のJKヒロセがいた。
 脚もすこぶるエロいしな、、。
 俺は本当に女にしてもらっているような気分になってきて、たまらずJKヒロセの背中を撫でた。
 JKヒロセは、お構いなしにしゃぶり続ける。
 すず、ごめん、俺は逝くよ、とか何とか思ってたかもしれない。
 JKヒロセの舌の動きが止まった。
 躊躇いがちに、JKヒロセは俺の亀頭の先をチロチロ舐める。

12b00042ps.jpg

 え、ええー。
 そこで焦らすの?と思ったが、実際、JKヒロセがそんなこと考えてたかどうかは知らない。
 ただ疲れただけかも知れない。
 声をかけるのは躊躇われた。
 俺は今、概念上、女の子とえっちな行為に及んでいるのであって、このリアルな相手と目を合わせるなり話をするなり意思の疎通をしてしまったらもうアウトだと思った。
 ただのホモになると思った。
 なので、俺はJKヒロセの頭を掴んで、腰をゆっくりと振った。
 抵抗はなかった。
 声を上げることもなかった。

11b00042ps.jpg

 亀頭が唇を出入りするくらいの感覚で、というか体勢上それ程度の可動範囲しか稼げなかったのだ。
 しかし刺激自体は、さっきよりも弱まった。
 JKヒロセもされるがままという感じで、唇の滑らかな刺激と、たまに動く舌が伝わる刺激だ。
 だが何度も言うが、俺が相手をしてるのは女子○生なのだ。
 その頭を抱えて腰をふる。
 もうそれだけで十分興奮出来るというものだ。
 いつでも逝ける。
 準備OK発進どうぞと、俺達の共通する仮想「すず」もそう言っている。
 ただ、口の中に出していいのかと逡巡する。
 このまま出していいかなどと声はかけれない。

10b00042ps.jpg

 わざとらしく、頭を掴む力を強くしてみる。
 JKヒロセの舌が活発に動き出した。
 OKサインだろうか。
 ただ俺は突然の刺激に、迷う暇もなく射精してしまった。
 「うっ」と初めてその場で声を出した。
 この合宿は四泊五日。その四日目。
 無論、自家発電などしている余裕はない。
 陰嚢に溜まりに溜まった精液が精管を通り、久方ぶりに前立腺が刺激を受ける。
 精液が通るのが分かるような射精の仕方だった。
 4度は確実に射精していた。

9b00042ps.jpg

 俺の「液」がJKヒロセの口から零れているのが感覚で分かる。
 JKヒロセは俺の脚を掴んで硬直しながら、肩が呼吸に合わせて揺れる。
 しばらく沈黙。
 ややあって、嚥下する音。
 『おいおい、飲むのかよ。』と思ったらまた興奮してきた。
 なにせ四日間溜まっているのだ。
 一度逝った程度で収まりはつかない。
 ただ、さすがに後輩の口をこれ以上酷使するのも悪い気がした。
 したはしたのだが、JKヒロセが自分のパンツを脱ぎ始めた。
 ここまで来たら、お互い喋らないのが暗黙の了解だ。

8b00042ps.jpg

 そして男である以上、火の灯った性欲を抑えよなんて残酷な事も言えない。
 というか俺の性欲もまだ消えていない。
 夢から覚めた翌朝には死にたくなったものの、この時点ではまだやる気だった。
 俺は部屋の電気を、オレンジ色の小さい室内灯に切り替えた。
 JKヒロセはパンツを投げ捨て、顔は見せないまま、69の体勢を取ってきた。
 69ン…?
 一応言っておく。
 俺はノンケである。
 それはそれは立派なまでに、ノンケであり、女の子が好きな男の子なのである。
 さっきまでの行為に臨めたのは、見える範囲でJKヒロセに男性要素がほぼゼロに等しいからだった。
 それが今、目の前にシンボルがドーンだ。
 これといって変哲はない、ただ血液が必要以上に集中しているであろうそれが、俺の、目の前で、月明かりをバックに、動いている。

7b00042ps.jpg

 暗いからJKヒロセの顔は見えない。
 女子○生の影と、ペニスのシルエットが確認できる。
 臭いということもない。
 ただやはり、男のものを咥えるのには抵抗があった。
 JKヒロセが俺のイチモツを手で扱いた。
 JKヒロセの、弄って欲しいという気持ちがひしひしと伝わってくる。
 さっきまでとは明らかにテンションが違う。
 酔いもあった。勢いもある。
 ただそれ以上に、こちらも男である以上、男の気持ちが分かる。
 これは捨て置けない。
 先程のように誤魔化すことは出来なかった。
 俺は男とやるのだと腹をくくる。

6b00042ps.jpg 

 他人のそれを握るのは、まして勃起しているものは初めてだった。
 自分のものを握り慣れているはずなのに、不思議な感じだった。
 筋肉とも違う有機的な硬さ。
 サイズはそんなに大きくないから喉に当たるような心配はないだろう。
 こすこすこすと刺激してやる。
 JKヒロセの腰全体が波打つ。
 いい形の尻である。男らしくない、柔らかそうな尻だった。
 なにやらJKヒロセの先が濡れ始める。
 亀頭は責めず、皮オナの要領で手の平で包み優しく全体に刺激を与えてやる。

5b00042ps.jpg

 こんなことをしていて、JKヒロセのスカートは大丈夫なのだろうかと変に冷静になってしまう。
 俺が下、JKヒロセが上という体勢で、スカートに顔を突っ込む状況は俺を興奮させるに十分だ。
 何も考えずJKヒロセのを口に含んでやった。
 舌を滅茶苦茶に動かしたような気がするが、よく覚えていない。
 とにかく俺は今、女子○生のスカートに顔を突っ込んでいるんだ!と言い聞かせた。
 だんだん興奮してきた。
 しかし顎も疲れてきた。
 あと、やはり目の前にイチモツがぶら下がっているのは、どうしようもない事実だ。
 俺は何も言わず、立て膝を付いているJKヒロセの後ろに回りこんだ。
 で、後ろから抱きつく形を取り、JKヒロセのペニスを掴んだ。

4b00042ps.jpg

 犬が交尾をする姿勢で、挿入はせず、俺のべたべたしたペニスはJKヒロセの尻とスカートの間に収まり、それを押し当てながらJKヒロセのペニスも扱くようにした。
 これは○漢をしているようで興奮した。
 握ってはいるものの、視界に男のイチモツもない。
 これならいけると思った。
 見た目通り、JKヒロセの尻が柔らかい。
 自然と尻の割れ目を探すような動きになる。
 もちろん前準備も何もない。
 入るはずがない。
 だからこそ、安心して割れ目への責めが出来るというものだ。
 JKヒロセも流石に身を固くするが、明らかに股間のそれは硬さを増していた。

3b00042ps.jpg

 興奮してきた俺は、JKヒロセの首元にキスをした。
 唇を当てるだけの軽いキスだ。
 右手でJKヒロセの股間を扱きながら腰をぶつける。
 俺は逝くに逝けない絶妙な快感の中にいた。
 JKヒロセの呼吸がふうふうと荒くなる。
 俺も高ぶって、JKヒロセのシャツの中に左手を入れた。
 お腹をさんざんさすった。
 胸はさすがにおっぱいが無かった。
 上半身はあまり柔らかさがなかったが、倒錯的な快感から滅茶苦茶に手を這わせた。
 予告もなく、JKヒロセの股間が膨張し、間を空けずびゅくびゅく動くのが分かった。
 腰が何かをえぐるように動いている。
 熱を持った液体が手にかかる。

2b00042ps.jpg

 動きに合わせて、ゆっくり搾り出すようにしごいてやった。
 これはえっちなお店のお姉さんに教わったテクである。
 JKヒロセは、ぐたっと布団に倒れこんだ。
 俺は自分のものを扱きながら、JKヒロセのシャツをめくる。
 キャミソールも合わせてめくると、綺麗な背中が出現した。
 ハイソックス、丸いお尻、スカートと続いて背筋で溝の出来た背中。
 初めて、中性的なその身体に興奮した。
 背の凹みに亀頭を押し付け、すべすべしたそこに二回目の射精をする。
 ぱたたっと音がして、その溝を白濁色の液が埋めた。
 背中に出した精液を拭きとってから、俺は部屋を出た。
 汚した制服も布団も、後輩に処理を任せることにした。
 言葉を交わすのが怖かったのである。

1b00042ps.jpg

 逃げるように自室に戻り、そのまま翌朝まで寝た。
 目が覚めた後は死にたくなったが、特にこれといってバレるようなことはなく、またJKヒロセともこの話題をすることもなく、僕の体験は終わったのだ。









btis00082pl.jpg 美しき女装子デリ嬢3 かなめ

女装子には興味があるけど、どこで出会えばいいの?」女装子デリはそんなアナタをお待ちしています。「でも風俗嬢っぽいのはなぁ」いえいえそんな子ばかりではありません。中には新人の子にあたることもあります。しかも今回の子はとにかくまだ蕾のような青い美少年です。仕事帰りに呼んでみたら「えっ、こんな子が?!」ってなること請け合い。今回も完全主観コーナーあり。極上の女装美少年が優しくアナタをおもてなし。


















cmf00048pl.jpg 女装娘アナル倒錯スペシャル 前立腺直撃弾とペニクリ玩弄痴獄

真性マゾ嗜好の女装娘たちが弊社監督男優スタッフを強烈な変態系宇宙に引き込んで、カメラの前でも後ろでも視られ好きな露出癖を爆発させる。犯されて射精し、射精されて悶絶する、交尾の匂いが充満する撮影現場は異な空気に包まれて・・医学的処置を一切受けずに「女」を磨き上げた変態性超淫乱オトコノコ・ベスト!



















h_1169blmc00010pl.jpg ノンケ超絶美少年女装子、中出し輪姦5連発デビュー!!KENTA 19才

大学生1年生、170cm、50kgとスレンダーなKENTA君、19才。女としかH経験はないが「幼い時にふざけあって男同士でキスしたことがあり、すごく興奮した」と男にも興味津々。今でも思い出してオナニーするらしい。「自分はMだと思う」と言うので、初アナルにも関らず、複数の男たちで襲っちゃいました。
















b00036pl.jpg 女装美少年 22 尚美

純朴そうな美少年ナオトくん。以前バイト先の仮装イベントで女装したところ、変態おじさまに「かわいいね」とふざけた感じでお尻を撫でられたのが忘れられず、より完璧な女装をすべく出演。プロの腕前で尚美になった彼に変態中年二人の手が伸び……プリ尻を露にされアナルを舐められ感じてしまう。中年の口淫と菊門愛撫で未知の快感を得、自らも中年の陰茎を咥えこんでいく。興奮でとろとろになったケツマ○コで中年の陰茎を受け、身も心も女に。最後のバイブ責め大量ミルク発射は必見!!



















































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/11(土) 07:02)

 友達の輪(11) 3連結

440odhpzk0ulI1rijhz7o1_1280.jpg 
生臭坊主と捜査官はクィーンなトランプ小僧で今夜も遊ぶ。

 ソッコー、悠真を俺の部屋に連れ込んで、例によってシャワーもそこそこに、ソファで事に及ぶ前のウォーミングアップって感じで少し話しをした。
 悠真は学生だと言う、今日は貴方に出会えてラッキーですよなんて俺に世辞を言う。
 俺もだよ、と俺は悠真の自尊心を傷つけないように合わせる、ま実際可愛いのだが。
 しかし俺の内心は少し違った、悠真の容姿OK、体型OKまでは良い。
 だが、そういった奴らは、過去にも俺が追いかけたオトコ達、俺に群がったオトコ達に少なからずいた訳だ。
 今の俺にとって、悠真との出会いが本当にラッキーか否かは、これらの展開にプラスして彼のチンポのデカサ次第ということだった。

 さっきから悠真は、バスローブの上から自分の股間を隠すように手を当てている。
 俺は不意に奴の手をどかし、チンポの上辺りに手をやった。
「ビンビンじゃん」
 恥ずかしそうに悠真は照れ笑いをする、そしてお返しのように自分のペニスを俺に触らせる。
 驚いた、デカイ!まじデカイ!
 それにいくらバスローブの上から触っているといってもこれは、太い!
 さっそく乳首を舐めてやると、そちらもそこそこに感じるようだ。
 それにしてもでかい…。

19btis00083ps.jpg

 体同士を密着していくと、悠真は俺に、「触っていいすか?」と聞いてくる。
 早く触れよ!と思っていた俺は軽く頷き、「好きにして良いよ」と言った。
 俺と同じように確かめるような手付きで、悠真は俺のペニスを撫でたり握ったりして、「デカイッスね」と言ってくる。
「悠真のも凄いじゃん」
 そう言いながら俺はバスローブを自ら脱いで、悠真の正面に自分のイキリ勃ったモノを突き出しソファの前に立ち上がった。
 悠真は少し驚いたものの、やがて少し頬を赤らめながら、俺のを握り締めてくる。
 俺は悠真の頭を掴み、チンポに引き寄せた。
 ゴクンと唾液を飲み込む音が聞こえた様な気がした。

 俺の目を見つめて、「スゴイっす、デカイっす」と言ってくる。
「こんなチンポ欲しかったんだろ?」と俺は応えてやる。
 悠真は俺の先走りをおいしそうに舌先で舐めてから、絡み付くような舌使いで俺のチンポをしゃぶりだす。
 フェラチオテクニックは、天然なのか?、抜群だ。

18btis00083ps.jpg

 俺もしゃぶりたくなってきたので、悠真のフェラをやめさせ、奴の前にかがみこみ、膝の内側からいやらしく上目使いで奴の太いのを舐めあげてやった。
 睾丸が勃起したチンポに引っ張り上げられているのが分かった。
 若さ似合わない程、ふてぶてしい金玉のデカサだ。
 その金玉や股関節辺り、そして更に上へと舐めあげていく。
 俺は悠真のバスローブをほどく、そこには驚愕する様な逸物がそびえ立っていた。

 観た瞬間、目が点になり、唾をゴクンと飲みこんだ自分に気がつく。
 直ぐに自分を取り戻し、俺は喜悦して、夢中で悠真のデカマラをジュパジュパと音をたてながらシャブリこんでいた。
 後になって測らせて貰ったら、それは23cmにも及んだ。
『悠真にトロケルようなSEXを経験させよう、』
 そうすれば暫くこのチンポは俺のモノだ。
 さてしかし…、どうしたものか!?
 この逸物、そうは簡単に俺の中には入らないだろう。
 まずは、少しというか、いや俺の入り口をかなり弛めなければ無理だ。
 タチの気持ちは、俺も嫌という程知っているつもりだ、些細なきっかけで萎える事もある。
 いざ!?という時の為に、俺はバイアグラを用意してあった。
 半錠に噛み砕き悠真にも与えた。

17btis00083ps.jpg

 俺はケツマンを弛めに、もう一度シャワールームに行くことにした。
 悠真は、まだ薬は効いていないようだが、相変わらずその一物を聳え勃てていた。

 これをやるのは流石に恥ずかしかったけど、バイブを悠真に渡した。
 理由をチャント説明して、つまりデカ過ぎるから慣らして、否馴らしてからしてと言った。
 悠真はバイブを見て驚いたようだが、俺はラ○シュを自ら吸い込み、悠真にオイルを持たせ、「好きにしてイイよ」と言った。
 悠真の方は、初め抵抗もあったようだ。
「これでかいけど、大丈夫ですか?」
『心配すんなよ、バイブなんか…、問題はお前のチンポだ。』
 悠真は遠慮もあって、中々激しく責めて来ないので、俺の方が少し悶えるようにした。
 すると悠真は、徐々にその気になったようだ。

16btis00083ps.jpg

『ああそうだよ、そこだ。』
 バイブを前後上下に動かし、俺のケツマンコを弄び興奮している。
 俺は悠真にラ○シュを嗅がせ、手を握りしめてモノ欲しそうに呟いた。
「悠真…、犯してくれ」
 察知した悠真は、自分の手に余るチンポを俺の入り口にあてがう。
 しかしやはりそうは簡単にいかなかった、オイルを塗り直し、バイブでグジュグジュしてもやはり駄目だ。
 このままでは悠真の気分が先に焦りで萎えてしまう。
 幸い、悠真のチンポはまだビンビンだ。

 俺は悠真を寝かせその上に乗っかった。
 自分でケツマンコにオイルを注入しバイブもいれて更にラ○シュを吸う。
『要は最初だ、入れば何とかなるだろう、タイミングさえ巧くやれば…。』
 悠真に根元を強く押さえさせ、俺はバイブを抜くや否や、悠真のチンポをズブッと入れた。
ウッ、ツッ、ウゥーーーッ。
『 …入った…先っぽ……。』
 全身に力が入る。
『ウワッ、スゲェーぞこれ、ああ駄目だ、力むと次が入らない。』

15btis00083ps.jpg

 俺はラ○シュをいつものようにティッシュに沁み込ませ鼻で深呼吸をした。
 フワーと身体が火照る、一瞬力が抜けた時に合わせて腰を落とした。
 悠真が俺の歪んだ表情をつぶさに見つめている、待ってろ、期待通りにしてやると俺は思った。
 ウワッ、ウグッ、ウオォォォ、アッ、
 少しずつ悠真が中に入る。
 7、8割入ったようだ、身動きがとりずらい、この先は悠真に任せるしかない。
 痛さは限界まで我慢しよう、そう決心し、悠真にユックリと体位を替えてもらった。
 もっともこんなチンポ、一度入ったら簡単には抜けそうにはないのだが。

 正常位になって俺は悠真に「ゆっくり…馴れるまでゆっくり…」そう指示した。
 悠真は俺と結合部を交互に見つめて、俺に言われた通りゆっくりゆっくりとピストンする。
 その都度、俺には全身が貫かれる微かな痛みと、今まで経験した事がない感覚が湧いてきた。
 悠真は自分からラ○シュを吸い俺にもあてがう。
 そして不意に俺を密着して抱きしめ、チンポを奥までねじ込むようにズブズブっと、ホントにそんな音が聞こえそうだった。

14btis00083ps.jpg

「ウワァ…ウッ…イッ、イイヨ、悠真スゲーよ」
「アースゲー気持ちイイ、スゲー始めて入った」
 悠真の奴は、もう遠慮無しにガンガンとぶち込んでくる。
 早くしたり遅くしたり、途中まで引いてズブーーーーーッと、ああキクッ!めまいがする。
「ウッ、アッ、ツッ、アッ、イッ、グッ」
 体の奥底から初めて体験する快感が徐々に俺を貫きはじめた。

 悠真も、そして俺もお互いに大分慣れてきた。
 時折キスしながら悠真は、「スゲー、ホントにスゲー、アア気持ちイイ、ケツマンコ最高ッス」と呻いている。
 お互い快感に酔いしれながら、汗まみれで抱き合い、ラ○シュを嗅ぎ合った。
「ウワッ、イイィィィ、イイヨ、悠真、気持ちイイッ」
「アースゲー、ケツマンコに入ってる、ウオォォォ」
 それはお互いはじめて体験する快感だったのだ。
 悠真の方は、はじめてブットくて長いチンポを俺にぶち込んで挿入体験を堪能している、。
 ストロークを長くしてピストンされると俺は悲鳴にも似た声を挙げオス泣きしていた。

13btis00083ps.jpg

「オォ、イイィ、スゲェイイ、ケツマンコ気持ちぃよ、アアキモチィ」
「ヒッ、アアァ、ウゥッ、アハァ、イッ、イッ、キモヂィッ、イィッ」
 俺は頭を横に振ったり、悠真と腕を強く握り締めたり…。
 途中萎えていた俺のチンポは、いつのまにかビンビンになっていた。

 それに気がついて喜びの表情を浮かべながら、悠真はオイルを俺のチンポに塗り、「デケェー、スゲェビンビンだ」と言いながら、小刻みに腰を動かして俺のチンポを責め始めた。
 グジュッ、グジュッといやらしい音をたて、時折悠真はチンポにヨダレを垂らし、「気持ちィイ?」と聞いてくる。
 俺は顔を歪めながら頷く事しか出来ない。

12btis00083ps.jpg

 悠真はまた俺を抱き締めながら奥までねじ込み、一度止めては俺のチンポをしごく。
 俺のチンポの先からは、すでにダラダラとかなりの先走りが垂れている。
 そしてさっきまでより巧みに悠真の奴は、ピストンのストロークを長く取りながら、俺のチンポを強く握り締め激しく扱きはじめた。
「アグゥッ、イグッ、イイィ、アァッ、ダメェダメッ、イグッ、イッチャウ」
「いいよイッテ、ぶっぱなして」
「気持ちィ、イグッ、イクッ、アッ、アッ、ウアァーーーーーッ」
 ズピューーーッ、ズピュ、ドクドクドクッ、
 俺はいつもより大量のザーメンを、悠真と自分の体に放出した。
 悠真はその間動きを止めていたが、俺の尿道にまだ搾りきられていないザーメンを残したまま、息遣いを荒くし、ラ○シュを吸い、猛然とスピードを上げて俺にぶち込んできた。

11btis00083ps.jpg

 散々にデカマラで弄ばれた俺のケツマンコはヒリヒリしてかなりの感度になり、しかもイッタばかりでその締め付けと悠真のデカマラが作用して、俺は悠真にしがみつき、背中に爪を立てる程だった。
「アアイイ、スゲー気持ちイ、スゲッ、イグッ、イクッ、イクッ、ウオォーーーーーッ」
 ビタンビタンビタン、ズブッズブッズブッ
 悠真は音がする程、俺のケツマンコに腰を打ち付け、ぶちあて俺を抱え込んだ。
 最後はガッチリと俺を押さえ込んで、雄叫びあげながら、遂に悠真はイった。
 ドクンドクンと悠真のブットイ尿道が脈打っているがわかった。
 ザーメンを何かの容器に注入する感じで、悠真は身動きせず俺に注ぎ込んだ。
 悠真が、「最高ッス」と言い、俺は「・・・俺も」と応えた。

10btis00083ps.jpg

 しばくらく二人とも身動きできす呆然と重なりあっていた。
 悠真のチンポはただでさえデカイのに、俺の中で中々収まらない。
「一緒にシャワー浴びようか?」
 悠真はこくりと頷き、チンポを引き出そうとした。
 俺の入り口が収縮したせいで、抜く時ズポッと音がして俺は思わず、「ウワァァッ」と声を出してしまった。

 俺はフラフラだったが、無理してでも、今日はこれからSEX三昧にしようと思った。
『悠真、覚悟しろよ、今度は俺が犯してやる。』
 シャワールームでお互いの体を洗いっこしたりして、普通ならそういうのをウザク感じる事が多い俺だが、今日は悠真が俺に抱きついてキスをしたりして来るのを、とても可愛く感じ、それにムラムラしたりした。
 俺は悠真の前でケツマンコにシャワーを注いで、さっきかなり奥まで種付けされた悠真のザーメンを洗い出した。
 指を入れると、ネットリとしたザーメンが感じられた。
 悠真は半勃ちしながら俺のその光景を見ている。

9btis00083ps.jpg

 ウケの経験は少しあると言っていたので、お互いしゃがみ込んでキスしながら、シャワーの先を悠真のケツに当てた。
 すると悠真は少し恥ずかしそうにしながら無言でシャワーを受け取り、俺がした様にケツマンコを洗い始めた。
 俺は持ち込んだラ○シュを悠真に嗅がせて立ち上がった。

 悠真が俺のチンポを咥えこんで自分のケツマンコを洗っている。
 俺はその眺めに興奮しチンポはビンビンだ。
 悠真が洗い終えたのを見計らってシャワールームを出て、再びベッドヘ戻った。
 悠真も何をされるか覚悟が出来てる様で、黙って俺にケツマンコを舐めさせている。
 俺は、自分が悠真にさせた様に、俺のサイズは経験なさそうだから、バイブで馴らしてからぶち込んでやろうと考えていた。

 悠真は少し痛がりながらも、必死でこらえ、時折よがったりしている。
 俺はさっきとはうって変わって「ほら悠真、ケツマンコグチョグチョじゃん」と卑猥な言葉を浴びせながら、悠真にラ○シュの沁み込んだティッシュを渡し、「チンポ欲しいか?」と続けた。
「あっ兄貴ィ、ユックリ……」
 悠真は墜ちるような声を出している。
 俺はオイルをタップリと悠真のケツマンコに注ぎ込んで、自分のチンポにも塗りまわし、指3本で悠真のケツマンコをグチョグチョにぬらした。
 悠真はラ○シュを嗅ぎながら「ハァハァハァ、アァイィイィ」と喘ぐ。
 俺は悠真をうつ伏せにして、指とバイブで交互に責めた。

8btis00083ps.jpg

 たまらない光景だ、ズボッ、バイブが抜ける音もする。
 俺はガマン出来なくなって、ラ○シュの蓋を開け悠真の鼻に押し当て、先走りしてヌルヌルの亀頭を悠真の入口に押し当てた。
ズブッ。
「ウッ、ウアッ、アッ、アハァー、アァーーー」
 悠真が少し辛そうだったが、俺はチンポを半分以上をズブズブとねじ込んだ。
 そして少しずつ腰を揺らすと、悠真は自分からラ○シュをすいまくっている。
 俺は悠真の様子を覗いながら、笑みを浮かべて更にズブーッと奥へチンポをねじ込んだ。
「ウッ、アッ、ヒィッ、アッ」
 悠真は言葉にならない様だ、背中も汗ばんでいる。
 下に手をやり、奴のチンポを握ると、悠真はビンビンだった。

 俺はペニスがぶっささったまま悠真の向きをかえ、ラ○シュの沁みたティッシュの片方を悠真の鼻に、もう片方を自分の鼻に突っ込み、悠真に刺さったモノを更にズブリズブリとねじ込む。
 やがて痛みも和らいできたのか、悠真が今まで歯を食い縛っていたのが、イヤらしく半開きになった。
 俺がヨダレを垂らしてやると、悠真は美味しそうに舌でそれを味わい、「イィ、スゲー気持ちィ、兄貴、気持ちィ」と涙目で言った。
「俺も気持ちィぞ、ケツマンコスゲーいいぞ、悠真」
 実際、俺とは違って、あまり使い込んでいない悠真の絞まりは絶品で、俺はいつもより早くイキそうな気配だった。

7btis00083ps.jpg

 悠真は目をトロンとさせ、顔を歪めながら悶えている。
 俺は一旦チンポを抜いて、バックに体位をかえさせ再びズブッとねじ込んでやった。
「アァイィアァーーーーーッ」
 今度は悠真がオス泣きする番だった。
 俺はリズミカルに悠真のケツマンコにぶち込んでやった。
 時々わざと抜いてはズブッとさしなおすと、悠真はその度に嗚咽した。
 こんなに美味しいケツマンコは本当に久しぶりで、俺はもう我慢できず、悠真の腰を激しく引き寄せ、腰をパンパンと悠真に打ち付けてやった。
 悠真は押し殺した悲鳴を挙げてオス泣きをし続けている。
「ウワァ、ハァ、イクゾッ、悠真、イクッ、イクッ、オォーーーーーッ」
 悠真が力んだ瞬間、ケツマンコの入口付近が強く絞め付けられ、俺はタップリと悠真に種付けしてやった。

 薬が効いてきたようで、いくらやっても俺達のチンポはあまり萎えなかった。
 悠真はまだビンビンだった。
 俺はベッドの上でタオルで汗を拭きながら「スゲー、締まりよかった」と微笑みながら悠真に言ってやった。
「俺・・・こんなの始めてっす」
 そういう悠真のチンポは、ビンビンで、俺はなにか愛おしいような変な気持ちになった。
 終わったばかりなのに、悠真はそのビンビンのチンポを俺に擦りつけてくる。
 それを握ってやったら悠真は、やはりその気になって、オイルをバイブに塗り、俺のケツマンコに注ぎ込んできた。

6btis00083ps.jpg

 俺はイッタばかりで、しかも悠真にやられてかなり敏感になっていたが、それを我慢をした。
 俺が何も言わずにいると悠真の奴、遠慮なくバイブを突っ込み指も入れたりして来る。
 俺はもちろんそうだが、ラ○シュ漬けの状態で、ハイなまま悠真は我慢し切れずに、俺にぶち込んで来た。
 さっきと違って悠真は要領もよく、俺の股をおっぴろげて、足を抱え込んで、バイブをグチョグチョにしてそれを抜いた瞬間にあのデカマラを再び俺の中に入れて来た。
 俺はその間、鼻にティシュを突っ込んだままだった。
 ウワッ、
 やはり入る時…、苦しい…けれど、悠真はゆっくりゆっくりとねじ込んで来て、そして俺がした様に、今度はバックから攻め始めてきた。

グワァァァ、
 俺はタオルをかじりラ○シュで息をする位吸っていた。
 一度逝った筈の悠真のチンポが薬も効いて、全く萎える事もなく俺を貫いている。
 うつ伏せにされた俺を、悠真はガンガンついてきた。
 俺はタオルをかじっていないと、絶叫していたに違いない。
 そしてもう俺のチンポもビンビンになっておさまらない状態になっていた。

5btis00083ps.jpg

「スゲー最高っす、ケツマンコたまんねっす」
 やがて悠真は疲れたらしく、動き少し単調になったので、「交代しない?」と俺は言った。
 その提案に、悠真はためらいもなく股を開き、ラ○シュを嗅いでいる。
 悠真は俺が噛んでいたタオルを口に入れ、泣きそうな顔をしながら俺に掘られている。
 チンポビンビンにしてオス泣きしながら俺にぶち込まれて喜んでいる。
 だが、今度は俺もそう簡単にいきそうにもないので、また悠真と交代した。

 お互い抜くとき、アアウッと声が出た。
 そしてウグーーーッとぶち込まれる。
 2回ほどそんな事を繰り返して、互いのケツマンコはヒリヒリしてビロンビロンになった。
 チンポがギンギンイキリ勃って始末に負えない感じだったが、やがてやっと悠真が、イキそう、と呟きあのデカマラで再び俺に種付けした。
 俺はいったばかりの悠真にチンポを抜かせ、絞まりの良い悠真のケツマンコに俺のチンポをぶち込んで、悠真の泣き顔を見ながら、悠真のススリ泣きを聞きながら、やっとイッた。

4btis00083ps.jpg

 所が困ったことに、俺達のチンポまだ萎えてはいなかった。
 どうしようもなくて、俺は悠真を説き伏せ、友人の大翔を呼んだ。
 大翔の奴は余程溜まっていたのか、やりたくてウズウズしていたらしく、直ぐにやってきた。
 もちろん部屋に入る前からそのデカマラをギンギンにして。
 大翔は悠真を見ると気にいった様だったし、悠真の方も大翔が満更じゃないようだった。
 大翔はシャワーから出て来るや否やジュースを飲み干し、即ベッドへ直行してきた。
 そしていきなり悠真のケツマンコを舐め出す始末だった。
 『ユックリしてやれ』と言うと、大翔は凄くスケベなオスの顔して頷き、ズブッと悠真にねじ込んでいく。
 悠真はラ○シュを吸ってもうヘロヘロそうになっていたが、チンポだけは相変わらずビンビンだった。
 大翔は「スゲー、チンポしてるぜ」と言いながら喜悦の表情で悠真を犯している。
 ユックリっと言ったのに大翔はもう全開だ。

 大翔はガンガン責めまくって、悠真はケツマンコがヒリヒリしているせいもあってヒィヒィ言ってる。
 二人の様子を見ていた俺も、段々興奮して来て、チンポをまず大翔に向けた。
 大翔は余計に興奮して、俺のチンポをジュパジュパ音立てて咥えこんだ。
 大翔は本当にSEXマシーンのような奴で、ズボズボッとさっきより早く悠真にぶちこんでいる。
 俺は二人の体位をバックに換えさせ、悠真にチンポをしゃぶらせた。

3btis00083ps.jpg

 俺は興奮して、大翔のケツマンコに指を入れたり、悠真のちんぽをしごいたりした。
 大翔の奴は、こういうのを最初は嫌がっていたけど、根っからのSEXマシーンだ。
 だから最近はケツに指を入れられても嫌がらなくなってきていた。
 騎乗位になって大翔は下から突き上げ、俺は悠真のチンポを亀頭責めにしてやり、大翔は俺のケツマンコを舐めている。
 やがて悠真が絶叫しながら果てて、大翔は悠真を押し倒し種付けをした。
 俺は恐ろしく興奮して、すかさず、ヤラれた後の悠真に俺のものをブチ込んでやった。
 もう悠真に抵抗する力はなく、ススリ泣きしながら俺に掘られている。
 悠真の中はただでさえきついし、逝ったあとの締め付けと大翔のザーメンで、中はグチュグチュ、俺は久々にこんな感覚を味わった。
 横では大翔が寝そべっているので、俺は奴のケツマンコに指を入れてやった。
 ウッと言って大翔は顔を歪めたが、指の侵入自体は嫌がらない。
 そして驚いたことに、しばらくして悠真の様子を見ると、また奴はビンビンなのだ。
 そして大翔も復活して、俺のケツマンコに指を入れ返している。

2btis00083ps.jpg

 俺は自分がまだいかないと思えたので、大翔のリクエストに応えてやることにした。
 俺は悠真のチンポを咥えながらバックからズブッズブッと大翔に犯された。
 やがて大翔は、悠真に俺へぶち込むように言い、また俺は悠真を入れる事になった。
 俺もあそこがヒリヒリして、あまりにも感度が良過ぎて変になりそうだったが、必死でこらえ、大翔のチンポをしゃぶり同時に奴のケツマンコに指を入れてやった。
 大翔には指が3本入った。
 俺は『こいつ、ここに来るまでに既にヤッテきてる、』それでも又、男が欲しくなって、俺の呼び出しに応じてやって来たんだと思った。
 俺に内緒で誰かにぶち込まれ、そして俺にも今日は犯られるつもりなのだ。
 俺はバックからスゲースゲーって言いながらネッチリ掘りこんでいる悠真をちょっと待たせ、大翔に股を開かせオイルをケツマンコに注ぎこんでやった。

1btis00083ps.jpg

 大翔は覚悟が出来てるようで、自分からラッショを吸い、俺は更にティッシュに沁み込ませ、それをあてがってやった。
 いつも俺を犯している大翔を犯す事に、俺は不思議な興奮を覚えた。
 目をトロンとさせ、欲しそうな目をして俺を誘う大翔に、俺はズブーーーッとチンポをねじ込み、奥まで入れた。
 その間、悠真は軽くユックリ腰を振ったりしている。
 3連結だ、大翔もぶち込まれても平気でペニスをギンギンにさせている。
 慣れるまで時間が掛かったが、3人はやっとリズミカルに動けて、根元までガッチリねじ込んだりして、3人とも狂喜しながらヤリ捲りの状態になった。
 大翔も、悠真のこの巨大サイズは、はじめてのようだったが、にもかかわらず痛がらず悶えている。
 やがて悠真がいき、その時俺は動かず、と言うより動けず、その悠真の激しい振動が、俺のチンポを通じて大翔に伝わり、悠真はさっき逝ったのに、またドピュドピュッと俺の中へ注ぎ込んで来た。
 俺はどうせ直には萎えないだろうから、悠真には抜かずにいる様に言い、大翔のチンポを激しく扱いてやった。
 両手で亀頭根元に強烈な刺激を与えてやると、やがて大翔は「ウワァーーーーーッ」と叫びながら遂にいき、俺はその大量のザーメンを大翔の顔に塗り、ペロペロ舐め、悠真のチンポが入ったまま大翔に覆い被さった。

 俺達は、あまりの快感、満足感、虚脱感、疲労感にそのまま寝入ってしまった。
 俺たちは、そのあと順番に一人ずつその体をオモチャにして遊び、翌日もSEX三昧で過ごした。


440dsvr00016pl.jpg

【VR】ロシアン爆乳ニューハーフ 月島アンナ

ロシアン爆乳ニューハーフ「月島アンナ」と密着濃密SEX!!!彼女の勃起した卑猥なちんぽをしゃぶる。亀頭と亀頭の濃厚キス。甘い顔ですごいテクニックのフェラは感動ものです。
※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。







dasd00405pl.jpg NHローション倶楽部 月島アンナ

爆乳ニューハーフ『月島アンナ』の次なる挑戦は超ぬ~るぬるローションSEX!!全身を特製ローションで隈なく塗りたくり、敏感になった巨乳・乳首・くびれでのセックスは最高のおもてなし!!いやらしくくねらせる腰つきにフル勃起間違いなし!
















wanz00690pl.jpg 絶世の美女ニューハーフ 荒木レナ 引退

絶世の美女ニューハーフとして鮮烈のデビューを飾った荒木レナが遂に引退!相性の良い男優と別れを惜しんで濃厚ハメ撮り!NGだった男のアナルに人生で初めて挿入する逆アナル解禁ファック!マネージャーのドッキリで素が全開の玩具イカセ!お世話になったスタッフにお礼のフェラチオ!本当に見収めニューハーフFINALアナル中出しセックス!新たなる階段を上る彼女のニューハーフとしての完全引退ドキュメンタリー!
















dasd00405pl.jpg 天然美少女ニューハーフ、お連れします。 泉水らん

泉水らん、専属第三弾は素人宅へ天然美少女をお連れします!!!素人さんvs1度で良いからこのニューハーフとセックスしてみたいランニングNo.1(当社調べ)がイチャイチャセックスします!絶世のルックスで、美巨乳のらんちゃんに大興奮間違いなし!!ご期待ください!!

















parathd02107pl.jpg サオあり美人ニューハーフが女性専門エステで美人店員をハメる!(2)

◆竿も玉もアリアリだけど、外見は女性にしか見えない美人ニューハーフが女性専門エステ店へ!施術着は紙パンツと紙ブラ。施術が始まると下半身が勃起!ニューハーフだとバレてもお姉さんは面白がってチンポを触り始める。男性と違って何故か抵抗がないのかフェラで口内発射まで▼Hカップの爆乳エステティシャンのお姉さんは胸を揉まれ、舐められ、吸われていると、恋ちゃんの極太チンポをパクリ!そしてSEXまで!?






























雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/11/02(木) 16:49)

 友達の輪(10) ユズ


440mlxaaazLZ.jpg

 ガシッと俺にしがみついてくるユズル。
 そこで、気持ち悪いとか、そういった感情が持てたら、俺の人生違ったのかも知れないが、逆にその気持ちを理解してしまった。
 最近、ゼミで一緒のかなり可愛い女の子と、何となく良い感じになってきたのに、まるっきりテンションが上がらない理由が、、、判った。
 単純に、俺もユズルの事を好きだったと言う事だと思う。
 俺は、思い切ってユズルにキスをしてみた。
 ビックリして目を見開いたユズルだが、すぐに目を閉じてキスを望む顔になった。
 そこで唇を重ねてみても、やはり嫌悪感は湧かなかった。
 それどころか、凄くドキドキし始めた。
 ゼミのあの子と遊んでいる時には、まったくドキドキしないのに、ユズルと唇を重ねたら動機が半端ではなかった。
 そして、俺はもっと自分の気持ちを確かめようと、ユズルの口の中に舌を入れてみた。
 すると、直ぐにユズルの舌が絡みついてきた。
 今まで俺の口に舌を突っ込みたくてたまらないのだけど、必死で我慢していた感じだ。
 俺が舌を差し込んだ事で、ユズルも必死で舌を絡めてくる。
 そのまま、かなり長い間、お互いキスをむさぼっていた。
 多分、女ともこんな長時間キスをした事はないと思う。

7oppw00002.jpg


 ようやく唇を離すと、『あぁ、、』と、ユズルが名残惜しそうに声を上げた。
 そして、潤んだ瞳で俺を見つめる。
「やばいな。俺もお前のこと、好きみたいだ。」
「本当に? ホント?好き?僕の事好き?も、、」
 そう言い終わる前に俺はユズルに唇を重ねてまたキスをする。
 キスを終えると「好きって言ってるだろ。」と言ってみた。
  ユズルは、嬉しそうに涙目で笑った。
 この日から、二人の関係は恋人同士と言う事になった。
 ただ、さすがに俺はホモでもゲイでもないので、恋人モードの時はユズルに女装してくれとお願いをした。
 そんなお願いをしたら怒るかな?と思っていたが、逆にユズルは喜んでそれを受け入れてくれた。
 ユズルのメンタリティは完全に女のようだ。

 そして、初めてユズルが女装する日が来た。
 もともと家で一人の時などに女装していたらしく、ウィッグやメイク用品を持っていて、服も持っていたユズルは、俺の部屋に大きめのカバンを持って現われると、「先輩。 30分くらいしたら戻って来て。 それで、これからは絶対に僕のことユズって呼んでね。」と、嬉しそうに言った。
 俺は、ユズルの事を受け入れたが、まだそれが愛情なのか友情なのか判断がつかずにいた。
 キスはしたけど、それは恋人としてユズルが好きなのか、まだ自信が持てなかった。
 けれど、30分過ぎて部屋のドアを開けて、ユズル、、いやユズの姿を見て息を飲んだ。
 そこには普通の、、いや、かなり可愛い女の子が立っていた。

6oppw00002.jpg

「へへ。 自分でも驚くくらい上手く出来た。」
 自分の女装に自慢げなユズ。
 確かに、ウィッグの感じも、ナチュラルなメイクも、違和感なく上手く女性として映えている。
 服装は型押しの模様があるブラウスに、淡いピンクのカーディガンを着て、スカートはタータンチェックのフレアミニだった。
 そして、ニーハイのストッキングで絶対領域を作り出している。
 俺は、この絶対領域に弱い。
 スカートの中が見えるよりも、この絶対領域を見ていたいと思うタイプだ。
 そしてウィッグは、肩より少し長く、クルクルとウェーブしている。
 もともと背もそれほど高くなく、170cmあるかどうかのユズルなので、本当に女の子にしか見えない。

 部屋に入り、「いや、凄いな、、、 マジで、、」と、俺はユズルにかける言葉に迷った。
「惚れた?」
 ユズが、凄く俺に顔を近づけて言ってきた。
 俺はこの時、ユズは今自分の身の回りにいるどの女子よりも可愛いと思った。
「ば~か。 惚れるかよ。」
 本当は、かなり心を持って行かれたのだが強がって見せた。
「これでも?。」
 そう言って、ユズはミニスカートの裾を両手で持って、少しずつ持ち上げた。
 パンツが見えそうなギリギリまで持ち上げるユズ。
 思わずのぞき込みそうになると、パッと手を離すユズ。
「見たいの?」
 可愛らしい笑顔で聞いてくる、、
「バ、バカじゃねーの! 条件反射でつい、、、」
 実際の話、冷静に考えてみれば、そこにあるのは自分と同じものなのだ。
「ねぇ、、、まだ迷ってると思うけど、、 僕は本気だよ。 ねぇ、先輩のこと思って、僕がいつもどうしてたか見てくれる? それ見てから、決めて欲しいなぁ、、、」
 いつも?と俺は一瞬考えたが、男が惚れた相手に手が届かない時にどうするかは、すぐに判ったから、興味がわいてきた。
「あ、あぁ、、見せてくれ、、」
 俺の心の中の迷いを見透かされたような気もして、ちょと焦りながら答えた。

5oppw00002.jpg

「じゃあ、ホントにいつも通りにするから、、、 恥ずかしいなぁ、、、」
 そう言いながらも、持ってきていたカバンを手に取り準備を始めるユズ。
 床の、フローリングの所に移動すると、そこにペタンと女の子座りをするユズ。
 ミニスカートの奥の方が少し見えるが、暗くて影になっていてよくわからない。 
 不思議なもので、男とわかっていても、三角地帯が見えそうになると、必死で見てしまう、、、。
 そして、ユズはカーディガンを脱ぎ、ブラウスも脱ぐ。
 男なのに、服を脱いでいく姿に、ドキドキする。
 ユズは、可愛い顔を少し赤らめながら、上半身ブラだけになった。
 ピンク色の可愛らしいブラだが、当然ぺったんこの胸なので、不自然に浮いて凹んでいる、、
 けれど、この格好になっても、まだ全然女の子に見える。
 貧乳女子と言った感じだ。
 そして、妙に照れているユズ。
 かわいぃ、、、 心の中で叫んだ。
 そしてユズは自分のカバンの中から、ディルドを取り出した。
 小ぶりなディルドで、俺のものよりもかなり小さい感じだ。
 だけど、美少女にしか見えないユズがそんなものを持っていると、違和感とエロさが半端ない。
 今気がついたが、ユズは女装すると、あるアイドルタレントの子に似ている。
 あの子を、少し痩せさせた感じで、すごく可愛い。
 ユズは、手に取ったディルドを口に近づける。

4oppw00002.jpg

「先輩、、 口でしてあげる、、」
 そう言って、ディルドを舐め始めた。
 どうやら、俺に言っているのではなく、普段の妄想の中の俺に言っているのを再現している感じだ。
 それでも、そうやってノンケの俺を誘惑しているのは判った。
 ディルドをチロチロと、ユズの舌が舐めていく。
 冷静に考えると、男が大人のオモチャを舐めているという場面なのだが、それが半端なくヤバいくらいに可愛くてエロい。
 ユズの舌がディルドの竿部分を舐め上げ、カリのところに巻き付くようにして疑似フェラを続ける。
「あぁ、、先輩の固い、、 気持ち良い? 先輩、気持ち良いですか?」
 俺の方を見るのではなく、ディルドの先に本当に俺の本体があるような感じで語りかけるユズ。
 そして、そのディルドを口にくわえた。
 口を開けて、根元までそれを頬張るユズ。
 そして、ユズは頭を動かし始める。
 静まりかえった部屋の中で、クチョクチョとユズの疑似フェラの音だけが響く。
 ペタンと女の子座りで、上半身はブラだけ、下半身はミニスカートの奥が見えようになっているユズ。
 よく見ると、ミニスカートの股間部分が盛り上がっている。
 ユズが、勃起しながら疑似フェラをしていると思うと、さらに俺の興奮が高まった。

 そしてユズは、右手でディルドを持ちジュバジュバと頭を振りながら、空いている左手をブラに持っていく。
 そして、ブラの片側だけを下にズラして胸をあらわにした。
 と言っても、おっぱいがあるわけではなく、ぺったんこの胸に、乳首が見えているだけだ。
 そして、ユズはその乳首を触り始める。
 指で転がすように、こするように、時につまんだりしながら、疑似フェラにあわせて自分で乳首を責める。
「ん、、 あ、、」
 くわえながらも、声が漏れるユズ。
 興奮してきたのか、ディルドをさらに喉奥に突っ込み、ガンガンと頭を振っていく。
 時折、『ぐぅえぇ、、 お、えぇ、、』と、吐きそうなくらいえづきながら、それでも涙目のまま自分で自分の喉奥を犯していく。
 ディルドを口の中からズロンと抜き出すと、湯気が出そうなディルドには、唾液とは思えないくらいの粘着質っぽい液体が付着していた。

3oppw00002.jpg

「先輩の、美味しいよぉ、、 もう我慢出来ない、、 先輩、、入れて欲しいです、、、」
 独り言のように言うユズ。
 そして、くわえていたディルドを床に置く。
 奥と言うよりは、根元についている吸盤で、固定する感じだ。
 床からディルドが生えている、、、
 何となくシュールで、ちょっと可笑しいが、ユズはスカートをまくり上げた。
 すると、小さな女物のショーツが見える。
 ピンク色で、ブラとおそろいの感じだ。
 そして、ショーツの上の部分からは、ユズの可愛らしいチンポが少しはみ出していた、、
 ニーハイのストッキングに、まくり上げられたスカート、、、 そして、小さな可愛いショーツからのぞく亀頭、、、
 俺の中にわき上がった興奮や戸惑い、色々な感情が渋滞を起こしそうだった。
 そしてユズはショーツを脱ぎ始める。
 女みたいな可愛らしい仕草で脱いでいくユズ。
 だけど、ユズの股間にはピンとそそり立つチンポがある、、
 そして、ショーツを脱ぐと、スカートも脱いでしまった。
 ニーハイのストッキングとブラだけになったユズ。
 しかも、勃起したチンポまで晒している。
 それなのに、まだ女にしか見えない。

 可愛らしい顔が、ほんのりと赤くなっている。
 そして、カバンから取り出した丸い容器のふたを開け、手に固形の何かをとり、ディルドに塗り広げていく。
 その容器のふたには、白色ワセリンと書いてある。
 そして、充分に塗り広げると、テカテカに光った手を自分のお尻に持っていく、、、。
 手に付着したままのワセリンを、自分のアナルに塗り広げていくユズ。
 単純に塗るだけではなく、指二本をアナルに入れて中にも塗っている感じだ、、、。
『あ、ぁ、、んっ、、あ、アアあぁ、、』
 自分でアナルに指二本を入れて、甘い声を漏らすユズ。
 正直、それを見て、俺は完全に勃起してしまった、、、。
 ゆっくりと指二本を動かして、ほぐすように塗り広げていくユズ。
 ユズの顔が、気持ちよさそうに歪む。
 そして、そのまましばらく中にまで塗っていたユズだが、ディルドの上で中腰の体勢になる。
 そして、そのままディルドをアナルに押し当てていく。

2oppw00002.jpg

 俺は、よく見えるように後ろに回り込んだ。
 すると、俺はその光景に余計に驚いた。
 後ろから見ると、100%女にしか見えないからだ。
 ちょっと背の高い(女の子にしては)女の子が、床にディルドを置いて、アナルでオナニーをしようとしている。
 そんな風にしか見えない。
 そして、ディルドがアナルにめり込んでいく。
 キュッと閉じているようにしか見えないアナルに、ディルドは意外なほど抵抗感なく入っていく。
 そして、カリの部分がズルンとアナルの中に消えると『ほ、あぁ、あぁ、、 ひぃ、あぁ、、 先輩ぃぃ、、 ウゥあぅあぁ、、、』と、ユズは本当に気持ちよさそうに、甘い声でうめく。
 そして、そのままペタンと女の子座りになる。
 ディルドは、根元までユズの中に入っている。


「あぁ、あ、、ああぁあぁ、、 せんぱぁいぃ、、、 くぁぁ、、 入ってるよぉ、、」
 太ももをビクビクと小刻みに痙攣させながら、ユズがうめく。
 そして、ユズは腰を上下に動かし始めた。
 ストロークは短いが、自分の身体の中の気持ち良いところに、的確に当たるように動かしている感じだ。
『うぅうあぁうぅ、、 ひぃ、、 んっ! ンあっ! あん? あ、アン?』
 まるっきり女があえいでいるようにしか聞こえない。
 普段から、ちょっと高めのユズの声だが、今はかなり高めになっている。
 意識して女声を出しているという様子もないので、自然とそういう声になってしまうのだと思った。
 そして、上下だけだった腰の動きも、左右、前後と、ローリングするような動きになってきた。

1oppw00002.jpg

『ひぃぁつっ! ン、あぁっ! ぁんっ? アァァあっんっ?』
 クチャクチャという、ディルドの出入りする音と、ユズの可愛いあえぎ声が響く。
 俺は、正面に回る。
 正面から見ると、ユズの顔はヤバいくらいにとろけていて、口は半開きで、目の焦点すら怪しい感じだ。
 そして、口の端からはよだれすら流している。
 その状態で、ダンサーのように腰を振りまくるユズ。
 顔ばかり見ていたが、ユズの股間を見ると、ギンギンに勃起した、それでいて半分皮を被った可愛らしいチンポの先から、ダラダラとガマン汁が溢れていた。
 溢れていたという表現が正しいかわからないが、本当に蛇口が壊れたようにダラダラと流れている。
 アナルにディルドをくわえ込み、ギンギンに勃起しているユズ。
 普通はアナルに入れられると、ゲイの人もニューハーフの人も、チンポは萎えるそうだ。
 チンポなど、どうでもよくなるくらいの圧倒的な快感が、前立腺からもたらされるからだということらしい。
 だけど、ユズはチンポもビンビンにしながら、アナルに入れたディルドを的確に前立腺に当てるようにしている感じだ。

「あんっ! あんっ! あぁっんっ? ダメぇ、、 せんぱいぃぃ、、、 うぅアァうぁ、、、」
 この時初めて、ユズは「先輩」と言いながら俺を見た。
 射抜くような真っ直ぐな目で、とろけた顔のまま俺を見つめるユズ。
 俺はその目に吸い込まれそうだった。
 そして、ユズはガクッガクッ!という感じで、腰を震わせると、動きを止めた、、、
『ヒィあぁ、、ダメぇ、、、』
 うめくように言うユズ。
 俺は、再びユズの後ろに回り込む。
 そして、俺は両脇から手を差し込んで、ユズの体を持ち上げる。
 痩せっぽっちのユズの体は、思いの外軽い。
 そして、少し上げて力を抜き、また持ち上げて力を抜く。
 そうやって無理矢理ピストンを再開させた。

5lboy00048pl.jpg

「いぃあぁ、くぅっ! ダメぇ、、おかしくなる!ダメっ! 先輩でだめぇっ!! 気持ち良すぎて怖いッッ!!!」
 ほぼ絶叫だ。
 怖いくらいの気持ちよさ、、、
 正直、羨ましいとさえ思った。
 前立腺を刺激し続けると、本当に頭が真っ白になって、射精もないのにイッた感じになるそうだ。
 その状態になると、イッた直後の亀頭のように、前立腺も敏感になりすぎて、自分ではもう何も出来なくなるそうだ。
 ユズもそうなっている。
 だが、その時の俺はそんな事は知らないので、単に疲れて休んだくらいに思い、もう一度手伝ってあげているという気持ちだった。
 無理矢理ユズをピストンさせる。

「ひギィぃんっ! ダメぇ、、先輩ぃぃ、、ストップだよぉ、、ダメ、、ダメぇぇっ!!」
 その言い方もまた可愛くて、さらに無理矢理動かす。
「おおおおおおおおおぉぉおぉおおああぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉっっ!!!! 壊れるっぅっ! おごっおおっ!!」
 俺に体を上下に動かされて、涙を流しながら絶叫するユズ。
 俺もスイッチが入ったように激しくユズを動かす。
 すると、ユズは『イッッぐぅぅっんっっ!!!!!!!!!!!!!』と、絶叫しながら、チンポから精子をまき散らした。
 それは、射精と言うよりは、射出とか、噴出と言った方がいいくらいの勢いだった。
 最初の塊が45度前方上空に打ち上がり、優に3mは飛び床に落ちると、ユズは後ろにのけ反るような感じで痙攣を始めたので、第2射、第3射がほぼ真上に打ち上がる。
 それは高く打ち上がり、落ちてきてユズの太ももや腕を汚していく。
 そして、さらに4射5射と、驚くほどの量が射出されていく。
 後ろにのけ反りながらの射出なので、それは今度はユズの顔にかかっていく。
 自分の精子を顔に浴びながら、腰から太ももを震わせるユズ。

4lboy00048pl.jpg

『ぅ、あぁ、、   ひ、、 あ、』
 セルフ顔射を受けながら、とろけきった顔で口を半開きにするユズ。
 その開いた口の中にまで、精子が飛び込んでいく。
 そして、射精が終わり、ユズの痙攣も治まった。
 ブラにニーハイのストッキングを着けた可愛い女の子のユズが、口の端から自分の精子を垂れ流しながら、俺を見つめる。
 俺の中で何かが切れた。
 切れたというか、覚悟が決まった。

 俺を見つめるユズに近づき、そのままキスをした。
 初めて口にする精子の味は、想像していたよりもまずくなかった。
 それどころか、ユズのものだからなのかも知れないが、愛おしくて美味しいと感じてしまった、、、
 その気持ちをぶつけるように、激しく舌を絡めてキスをする。
 男にキスをしているという感覚は全くなく、それどころか今まで女としてきたどんなキスよりも、心が震えた気がした。
 そして何よりも、嬉しそうなユズの顔。
 俺にキスをされながら、本当に嬉しそうな顔をしてくれる。
 そして、我慢しきれないといった感じで、俺の口の中に舌を滑り込ませてきた。
 ユズの精子がお互いの口の中に広がるが、二人ともまったく気にする事もなく、お互いの舌をむさぼり合った。
 ユズは、目を開けたまま嬉しそうに舌を絡めてきて、俺もそれに応えてユズを抱きしめながらキスをする。

3lboy00048pl.jpg

 男としては小柄できゃしゃなユズを抱きしめていると、本当に女を抱きしめている感覚になる。
 俺は、自分にはゲイとかホモの素質があったのかとも思ったが、見た目が女そのもののユズだから、抵抗がないんだと思う事にした。
 キスを止めて、ユズから顔を離す。
 ユズは、切なそうな顔になった。
 俺は本気でキュンと来た。
「先輩。 僕の秘密、どうだった?。」
 小悪魔みたいな顔で、ニヤけながら言うユズ。
 俺は、黙ってユズを抱え上がる。
 お姫様抱っこにして、そのままベッドまで運ぶ。
 ユズは、じっと俺の目を見つめ続ける。
 そして、ユズをベッドに寝かせると、ブラを取り除く。
 ニーハイのストッキングだけになったユズ。
 唇のグロスはキスですっかりと落ちてしまっていたが、ナチュラルなメイクをした可愛い顔のユズが、じっと俺を見つめている。
 いくらメイクとウィッグをしているとはいえ、ここまで可愛くなるのは元々の素材が良いからだと思う。

2lboy00048pl.jpg

「先輩、、、 僕、ずっと好きだったんだよ、、 ずっとこうなりたかったんだよ、、」
「そうか、、、 俺も、そうだったのかも知れない、、 ユズは、昔から男の方が好きだったの?」
「違うよ、、 男を好きになったのは、先輩が初めて」
「女装とかは?いつから?」
「先輩と遊ぶようになってからだよ。か、、可愛い?」
 照れながら聞いてくるユズ。
「メチャメチャ可愛い。 好きだよ」
 そう言ってキスをした。

 ユズがすぐにしがみついてきて、強く俺を抱きしめながら、激しく舌を絡めてくる。
 そして、そのまま体勢を入れ替えて、俺の上に乗っかった。
 そして、キスをしながら俺の服を脱がせていく。
 そして、俺を全裸にすると『大っきいね。 凄い、、』と吐息をはく。
 俺のいきり立ったチンポを見て、ちょっと驚いたような感じで言うユズ。
 他人と比べた事がないので何とも言えないけど、セックスした女には、大きいと言われる事が多かった。
 少なくても、ユズの可愛らしいチンポよりは二回りくらい大きいと思う。

1lboy00048pl.jpg

「なんか、、ダメ、、うずいてきちゃうよ、、」
 モジモジした感じでそう言うと、我慢出来ないといった感じで、ユズは俺のチンポをパクッとくわえた。
 口を目一杯大きく開けて、俺のものを半分ほどくわえたユズ。
 すぐに舌が絡みついてくる。
 カリのところを、巻き付くように、押し込むように、激しく責めてくるユズの舌。
 さすがに男なので、メチャメチャツボをわかった動きをする。
 可愛い後輩であり、仲のよい友達でもあったユズルが、こんな事をしてくれている。
 ちょっとした背徳感のようなものも感じながら、興奮がどんどん高まっていく。
 ユズは、口で奉仕を続けながら、指で俺の乳首を責めてくる。
 フェラされて、さらに両手で両乳首を責められ、もう入れたくて仕方ない気持ちになる。

「ユズ、もうダメだ、我慢出来ない、、ユズに入れたい、、」
 あえぎながら俺はそう言う。
 アナルセックスは、今まで経験がない。と言うか、汚いと思っていたので、したいと思った事もない。
 けれど、ディルドでアナルオナニーをするユズを見て、汚いなんて少しも思わなかった。
 ユズは、口からチンポを抜いて手コキしながら『だ~めぇ~。 僕のも、、してくれないと、、』と、イタズラっぽく言うと、体を時計回りに動かし始めた。








btis083sopl.jpg 女装美少年50 綾音

女の子になるならアイドル系がいいという綾音ちゃん。「綾音ちゃんはAV女優になってしまうんだよ。覚悟はできてますか?」男たちに身体をまさぐられると反応が良いのかビクンとさせる。初キス、初フェラ、肛門調教。初顔射。「気持ちいいなら気持ちいいって言わないとね」声を出すとさらに反応がよくなる綾音ちゃん。本格的な女装セックス。前から後ろから挿入されまくり、最後は女としてイってしまう綾音ちゃんなのでした。


























btis082sopl.jpg 美しき女装子デリ嬢3 かなめ

「女装子には興味があるけど、どこで出会えばいいの?」女装子デリはそんなアナタをお待ちしています。「でも風俗嬢っぽいのはなぁ」いえいえそんな子ばかりではありません。中には新人の子にあたることもあります。しかも今回の子はとにかくまだ蕾のような青い美少年です。仕事帰りに呼んでみたら「えっ、こんな子が?!」ってなること請け合い。今回も完全主観コーナーあり。極上の女装美少年が優しくアナタをおもてなし。






















 avsa00047pl.jpg 女装オトコの娘 超イケメン腹筋バキバキ女体 恥辱の快楽地獄にイキ堕ちる

生まれてこのかた、いつでもどこでも女にモテまくり。そんな超イケメンの心の奥にある願望、否、欲望。それはいつしかフツフツとマグマのように燃えたぎっていたのか。念願の女装子に変身すると案の定、可愛い!そんなイケメンキュートギャルを野郎どもが寄ってたかって嬲り倒す。興奮止まらぬ彼女の超絶な腹筋はピクピクと小刻みに脈打ち、いつしか汗みどろになって快楽を貪り始める。





































h_995bokd00087pl.jpg キレイすぎる男の娘AVデビュー! アナルとチ●コに媚薬を塗られて絶頂SEX まゆり

まさにクールビューティーなまゆりちゃん。ど緊張しているはずなのに尿道に媚薬を塗り込まれ開始早々からフル勃起!ケツマ●コにもたっぷり媚薬を塗り込んで、淫乱変態女装娘の出来上がり。ぺニクリもケツマ●コも気持ちよすぎて理性もぶっ飛び悶絶しながら大絶叫!初めてのAV撮影なのに乱れすぎちゃった男の娘を是非お楽しみください!





























































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/28(土) 07:18)

 逆拘束椅子プレイ

440bcca0166c9e9314bb.jpg

 女装マゾを自認するmayuの友人が、是非やってみたい(やられてみたい)と、常日頃言っているのが、拘束椅子なんです。
 正確には逆拘束椅子プレイ。
  「逆」とつくだけあって、縛られ方というか位置のされ方も、通常の拘束椅子とは逆なんです。
 つまり、まんぐり返しならぬ、ちんぐり返しで拘束される、って感じです。
 こういった欲望をかなえてくれるのが、chika姉様がお勤めの会員制クラブなのですが、そこで友人の言う「逆拘束椅子プレイ」そのものが存在します。
 最近、chika姉様のプレイレポートがご無沙汰だったので、今回はこれを、もう一度ご紹介したいと思います。

13h_995bokd00094pl.jpg

 逆拘束椅子が設置されたプレイルームに現れたのが、妖艶なランジェリー姿の我らがchika姉様です。
 濡れた瞳で、会員様Aの痴態を見てニヤリと艶然と微笑まれます。
 この拘束椅子プレイで自らもマゾプレイを楽しみ、幾多の相手をいじめ抜いて来たchika姉様が見せる、この不敵な笑みは、余裕や貫禄さえ感じさせます。
 chika姉様、いやらしい言葉と妖艶な愛撫、そしてねっとりとした唾液を吐きかけて、椅子上の会員様を攻める攻める!
 対する会員様Aは、もうずっとタジタジです。
 女の子のようにあえぎながら、chika姉様の舌愛撫を受けています。
 声を裏返して「はずかしいです・・・」と言いつつも「もっと・・・」と求めているあたり、会員様のMっぷりが窺えて非常に感心させられます。
 そして会員様Aは、こうやってmayuのような見学者がいると余計に興奮するようです。。
 会員様Aの反応があまりにもいいので、chika姉様もノリノリです。
 いやらしく会員様の乳首を舐めまわしたあとに、その乳首に噛みついたりしちゃいます。
 慌てて呼吸を荒げる会員様Aを見て、声を上げて笑ってしまうのは、chika姉様自身も楽しんでいる証拠ですね。
 すでにガマン汁ドクドクで濡れている会員様のブリーフに唾液を吐きかけ、さらにウェットにしてさしあげるchika姉様。

12h_995bokd00094pl.jpg

 カメラ目線で、こちらを見てブリーフ越しにチンポを舐めるchika姉様は本当にセクシーすぎて、思わずうっとりしてしまいます。
 でもこの顔、会員様からも見えるというか、そちらがメインで本当はmayuに見せてるのではないのですが。
 そんなchika姉様、大胆にも会員様のブリーフを引き裂き(この引き裂いている時の楽しそうな様子がまたイイ!)、むき出しのチンポとキンタマをまた艶めかしく舐め上げます。
 これには会員様Aもたまらず「気持ちイイ・・・」と声を漏らしてしいます。
 声を漏らしてしまった会員様Aの顔に唾を吐きかけ、口に指を突っ込み、黙らせながらチンポを音を立ててしゃぶるというchika姉様のプレイが、痴女というより本来の女王様ぷりを見せつけて素敵です。
 お尻の穴にもたっぷり唾を吐きかけ、ベロンベロン舐め上げます!
 初めてmayuという他人の前ででアナルを晒され、「恥ずかしいです」と反応する会員様Aに、chika姉様はご満悦です。
 手コキしながらアナルを徹底的に舐めまくるchika姉様のはしゃいだ表情と、「舐めてもらってありがとうは?」と聞く女王様っぷりのコントラストが最高なのです。
 小悪魔のように手コキをし、イキそうになると寸止めをするchika姉様。
 ぷるぷるした唇だけでチンポを弄ぶ、唇コキも、間近で見ているとたまらなくキュートです。

11h_995bokd00094pl.jpg

 ジュルジュル音を立てたフェラと強烈な唾吐き、そして小刻みな乳首攻め&寸止めでたっぷり会員様Aを可愛がった後は、自らも程よい大きさの美乳を晒して、乳首に会員様のチンポを当てて感じまくりです。
 そして、今度はローションを口に含み、それをチンポに吐きかけ、ヌルヌル手コキ責めです。
 そのローションを自分のおっぱいにも塗りたくって、おっぱいでキンタマパイズリという技も披露されます。
 キンタマパイズリと高速手コキで会員様Aは、どっぴゅん昇天しそうになるのですが、それをchika姉様が許しません。
 高速手コキ&フェラに「イッちゃダメ!」と言われたものの、ついザーメンをちょっと放出させてしまう会員様です。
 「ダメって言ったじゃーん」とはしゃぎながら、その高速手コキを止めずに、さらに手コキを加速させるchika姉様。
 意地悪っぽい表情が本当にたまらないのです。
 会員様の残りのザーメンをすべて放出させ、そのザーメンを口に塗りたくり、舐めて満足げなchika姉様でしたが、ここからがchika姉様の本当のお楽しみです。
 ただの射精じゃつまらない!というわけで、射精後もグリップを変えて高速手コキ続行です!
 ザーメン発射よりも焦る会員様Aの「出ちゃう出ちゃう!」が切羽詰まっています。
 すると、会員様Aのチンポから潮が!ピュッピューッと!これが拘束椅子プレイの醍醐味ですね!
 チンポコ大激震で男の潮吹きです!

10h_995bokd00094pl.jpg

 男の潮吹きを見て、とにかくはしゃぐchika姉様です。
 一方の会員様Aは、100m全力で走ったかのような荒い呼吸っぷりです。
 双方ともに満足いく結果となった逆拘束椅子プレイでした。

 分娩台に手を拘束されて横たわる会員様Bを頭から見下ろすchika姉様。
 ショッキンググリーンで胸元全開のラバードレスに、同色のラバーガーターストッキングが眩しいくらいにいやらしいです!
 おいしそうな唾液をたくさん吐き出し、会員様Bの口に流し込みます。
 唇、舌、そして顔全体を舐め回し、ぬるぬるになった顔に自らのおっぱいを露出しておしつけ、顔の凹凸および会員様Bの愛撫で感じまくるchika姉様。
 もちろん、痴女ですから、感じながらも乳首攻めは忘れません。
 互いの乳首を舐めあう体勢は、乳首シックスナインというような具合です。
 やがてchika姉様の興味は、ガマン汁をダラダラ流すボッキチンポコへ移っていきます。
 ボッキチンポコを時には愛らしく撫で回し、時には厳しく唾をかけるという、まさに「アメとムチ」使い分けチンポコいじり戦法です!


2h_995bokd00094pl.jpg

「ガマン汁、しょっぱいんですけど」という厳しい言葉攻めがいいスパイスになっています。
 濡れた瞳で会員様を見つめながら、激しい手コキと舌使いでチンポをしごき倒せば、会員様BIも身をよじらせて「ダメ!いっちゃう!」と激しく感じまくります。
 本当にイッてしまう寸前のところで、chika姉様は寸止めです。

 ところが激しい手コキでスイッチが入ってしまったchika姉様は、まるで酔っ払ったかのように、いやらしくて濃厚なフェラ&唾吐きを実行し続けます!
 自らもペニクリをいじりながら、会員様Bのチンポを堪能しまくります。
 目を閉じて喉奥までチンポをくわえ込む姿は、痴女というよりは、チンポが好きで好きでたまらない普通のchika姉様の素性が現れている気がします。
 と、思っていたら!今度はケツマンコにラバーの指をずっぽり埋めながらの濃厚フェラで、chika姉様、感じまくってしまい、つい自分で潮吹きしてしまうのです!
 「気持ちいい、気持ちいい」という表情も、Mなchika姉様の時のもの!
 そんなchika姉様も大好きだけど、姉様、今、痴女なんですよー。

3h_995bokd00094pl.jpg

 と、ここで、痴女なchika姉様を取り戻すべく、電マ登場が登場します。
 電マで会員様Bの乳首を攻め、その後、キンタマ、亀頭、アナルに電マを当てながらのフェラ敢行です。
 キンタマに電マを当てながら亀頭を舐め、「すごーい、ずっとビクビクしてるよ!」とchika姉様もはしゃいでいましたが、電マで気持ちよくよがる会員様Bを見て「ダメ、もうガマンできない!」と自分のケツマンコに電マをあてがってしまうのでした。
 やっぱりchika姉様は自分の快感に貪欲な人なのです。
 いちおう手コキをしながらの電マオナニーでしたが、派手なヨガリ声を上げて感じまくり、chika姉様、もっと派手に潮を撒き散らして絶頂へ向かわれます。
 チンポコ潮吹きには負けてらないわよ!アタシの潮吹きを見習いな!という気合や貫禄さえ漂わせる潮吹きを見せ付けられた気がしました。
 イッてしまったchika姉様は、その勢いでチンポを素股でかわいがります。
 パイパンのアナル似非大陰唇でチンポを挟み込み、こすりまくる姿が非常に卑猥です。
 会員様Bも思わずイキそうになりますが「まだ入れてないよ!」とピシャっとchika姉様に止められ、精一杯のガマンを強いられます。

4h_995bokd00094pl.jpg

 chika姉様自身が「もうガマンできない、入れたいのぉ」と甘い声を出して、やっとのことで挿入が許されます。
 挿入してしまうと、自分が痴女であることはすっかり忘れてしまったかのように、chika姉様は感じまくりのアエギまくりです。
 M字開脚背面騎乗位では体を大きくのけぞらして感じまくり、イクと同時にmayuに向かって潮吹きをドピューっとかましてしまうchika姉様です。
 見学してるmayuの位置からだとパイパンなので挿入部分がくっきり見えるのもいいですね。
 対面騎乗位でもチンポで感じまくり、連続潮吹きです。
 同じ量を浴びた会員様Bも唖然としています。
 会員様Bにはイカせず、イキまくるchika姉様ですが、潮吹きは計4回!
 チンポをとことん堪能しまくり、ケツマンコ大満足に至ったchika姉様、最後は高速手コキでザーメンを搾り出します。
 このザーメンの放出っぷりも、chika姉様の潮吹きを見習ったのか、垂直にどぴゅっと吹き出ました。

5h_995bokd00094pl.jpg

 そのザーメンを舐め、「にがーい。もっとチンポいじめたい・・・」とうっとり呟くchika姉様。
 この小悪魔の呟きの意味とは?
 ・・・正解はオナホール登場です!
 オナホールを果てた直後のチンポに被せ、さらに激しくしごくと、会員様Bが「出ちゃう出ちゃう!」と激しく反応します。
 そして反応どおり透明の液体がぴゅぴゅぴゅーっと!
 男の潮吹きです!
 こっちもザーメンに劣らず大量です。
 会員様Bの大量のザーメンと潮吹きに満足のchika姉様。
 最後はやさしくいやらしいキスを会員様Bへご褒美にあげるのでした。

6h_995bokd00094pl.jpg

 今回、最後のレポートは、同じ拘束椅子を利用した、ステージショウです。
 名付けて「チンポ2本連続噴火!」
 白いハイレグレオタードと同色のニーソックスを召したchika姉様の前に跪く2人の禿げた男優陣(中年と若ハゲ)が登場します。
 chika姉様は「気持ち悪ーい、双子みたい」と二人を見下ろしながら罵倒します。
 でもキモハゲ男優陣たちにはそれすらも快感な模様。
 にやける男優陣に「笑うのやめてよ、気持ち悪いでしょ」と言いながらも二人の顔に交互においしい唾を吐きかけてあげます。
 優しく厳しいchika姉様、唾を吐きかけながらも「目に入っちゃった?」なんて気遣う一面も。
 存分に唾を吐きかけてあげた後は、男優陣の脂ぎった顔を舐めたくります。
 それをまた交互に行った後、chika姉様の唾と舌愛撫で勃起した男優陣のチンポを「きもーい」「グローい」と罵倒しながら手コキ責めです。
 そして、若ハゲの唇や舌、乳首を愛撫しながら足コキ。
 このニーソックス越しの足コキも両方のハゲに施します。

7h_995bokd00094pl.jpg

 片側チンポを手コキしながらながら片側チンポを足コキするchika姉様、とっても器用です!
  2本のビンビンに勃起したチンポに唾をたくさん吐きかけた後は、Wフェラ。
 「気持ち悪いくらいビンビンだね」と口では罵倒しますが、その勃ちっぷりにchika姉様もまんざらではない様子です。
 フェラも手コキもとっても丹念でとっても濃厚です。
 中年に自分でシゴかせ、それを鑑賞しながら若ハゲをフェラをするchika姉様は楽しそうで、手コキを中断させて結局足コキしてしまうのでした。
 中年で汚かろうと、やっぱり大好物のチンポは独占したいようです!
 勃起チンポをしゃぶっているうちに発情したchika姉様、若ハゲのほうにケツマンコを舐めさせながら中年男優に高速手コキを施し、イキそうになったところで寸止めします。
 若ハゲのクンニが気持ちよくないとダメ出しし、若ハゲの首に蟹バサミのように足を絡め、オマンコをぐいぐい押し付けて疑似クンニ教育を施します。

8h_995bokd00094pl.jpg

 教育の成果が出てくると、chika姉様もゴキゲンで中年ハゲのチンポに濃厚フェラ&高速手コキを実行します。
 むろん、イキそうになると例の寸止めです。
 やがてチンポいじめの手を止め、若ハゲの疑似クンニに身を捩じらせ、アエギ声を上げて潮吹きしてしまうchika姉様です。
 Wハゲを仰向けで寝かせて、その上に跨り、クンニとフェラを堪能しますい。
 ケツマンコをぐいぐい押し付けて感じまくりながら体と首をくねらせてチンポをしゃぶる姿がいやらしいのです。
 高速フェラで男優陣を唸らせ、イキそうになったらまた寸止めします。
 なかなかフィニッシュさせないところが、小悪魔な女王様っぽいです。
 顔面騎乗はしたままの状態で、2本のチンポを手コキ&フェラです。
 濡れた瞳で男優陣の顔を見つめながらの唾吐きとフルスピード手コキをしたら、男優陣はもう辛抱たまりません。
 一度はチンポをビンタされて(チンポビンタじゃありません。chika姉様がチンポをビンタしたのです)発射が阻止されますが、男優陣はガマンできずchika姉様の麗しいお顔に濃厚ザーメンを発射します。

9h_995bokd00094pl.jpg

 不適に微笑みながら「もっと見せて」と手コキを続行するchika姉様です。
 するとまた、あいつが出ました!ピュピュピュピューっと、透明の液体が!
 ザーメンと潮を吹かせて満足したchika姉様は用済みの男優を退かせ、残る若ハゲにロックオンしました!
 chika姉様渾身の手コキに若ハゲも耐え切れず、射精しそうに。
 しかし、若ハゲの中に残る恥じらいがそうさせたのか、「出ちゃうから!」とピシャッとchika姉様の手を跳ね除け、一歩引いたところでザーメンを発射させてしまう若ハゲ君。
 なんか、歴史大河ドラマに登場する若武者みたいな行動ですね。
 chika姉様は跳ね除けられてもチンポから手を離さずにいて、その自然射精してしまったチンポをしごき続けます。
 すると、今までのどのチンポよりも豪快な、大爆発潮吹きが!
 今まではピュピュピューだったけど、この潮吹きはビシャアアアーッという擬音をつけたくなる程です。
 大噴火してしまった若ハゲ若武者君は、まるであしたのジョーの最後のように白い灰となって燃え尽きています。

1h_995bokd00094pl.jpg

 あまりの燃え尽きっぷりに、「疲れちゃったね」「もう帰りたいんだよね」とフォローする優しいchika姉様。
 こういうところが、chika姉様の愛すべきところなんですね。
 でも最後につぶやいた「楽しかった?」というのは本音かな。
 chika姉様、男を潮吹かせるの、本当に楽しそうですから。
 男優陣のほうは、潮吹くと楽しいんでしょうか。
 若ハゲ若武者君みたいにぐったり→早く帰りたいみたいな気分になっちゃうんでしょうか。
 あ、なんかこの早く帰りたいって気持ち、ちょっと拘束椅子プレイとリンクするかもしれませんね。
 事が終わった後、あまりに気持ちよすぎて、疲れ切って、怖くなっちゃうみたいな感じでしょうか。













lboy00048pl.jpg スタイル抜群の超大型新人!カリスマ読モJKが男の娘としてAVデビュー!!RUKI君

「ずっと胸の奥にあった興味を抑えられませんでした…」。190cmスタイル抜群、女性も憧れる女装姿で圧倒的人気を誇る、某女性誌カリスマ読モJKのRUKI君が鮮烈AVデビュー!初めての男性、初めてのアナルセックスに不安を抱きながらも吐息を漏らし、快楽へと上り詰めていく記念碑的作品。






















h_1169blmc00009pl.jpg 素人ガチゲイカップル☆W女装子になってAV共演デビュー!!

ガチのゲイカップルが登場!「若い自分たちを映像に残しておきたい」というのが応募のキッカケだが、「女装して綺麗になってみたい」という願望もあるようで、そのどちらも実現させてあげました。草食系巨根のレンくん、野球部の先輩に初体験を奪われたナオキくん、2人のプライベートSEXに加えAV男優との3Pまで!!


























lboy00047pl.jpg 保育系専門学校に通う草食系男子なのに超巨根!18才ノンケ美少年が男の娘になって鮮烈AVデビュー!!KAEDE

イケメン草食系男子のちんぽはメガトン級の超巨根!!「ノンケだから勃起するかな」と不安がっていたけど、おじさんにフェラをされると超ド級のおちんぽがお目見え。夢が保育士の心優しい男の娘の初アナルを奪っちゃいました!感じる仕草すべてが可愛いKAEDEくんが奥手な自分を変えるためにAVデビューです!!
























h_995bokd00092pl.jpg オナ禁1ヶ月で全身性感帯になったカリスマ女装娘の馬並み発射!涼香

カリスマ女装娘涼香ちゃんが大人気シリーズ【オナ禁1カ月】にチャレンジ!暴発寸前まで強制的に我慢させられたぺニクリは、超敏感チ●ポに覚醒し一か月分の精子を出し切るまでしぼむことはない最強の性感帯へと変化する。触れられただけで絶叫し、ドロドロの濃いいザーメンを大量にまき散らしながら喘ぎまくる。美しすぎて卑猥すぎる涼香ちゃんをお楽しみください!!






















































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/21(土) 06:35)

 友達の輪(9) 偽変態ツィンズ

4402ggggg1nnabbd.jpg

 ボクは単独で女装をして野外露出する事を趣味にしている変態です。
 露出といっても、性器を女性に見せるタイプの露出ではなく、胸の谷間や下着を男に見せるソフトな物で、男の娘のボクは自分で言うのもおこがましいですが、結構な美人で女優の松下奈緒に似ているとよく言われ、街でナンパをされたりキャバ嬢のスカウトに声を掛けられる事も珍しくない状態です。
 ボクが女装外出する理由はストレス発散の為で、男達から視姦されたり、不細工な女達を見下したりする事が快感でした。
 そう、綺麗な女になって街を歩く事は特別で、男や不細工な女には味わう事の出来ない優越感に浸れて、自分がこの世で最も優れた人間に感じられる程でした。
 また、綺麗な女になると周りから好意的に受け入れられる事も多く、単に男が気持ち悪いメイクをして女の洋服を着ただけの女装者のように嫌われる事もありませんでした。

16h_874pltn00013ps.jpg

 しかしこの趣味は、社会的には変態行為になるので、普段のボクを知っている人には秘密にしていて、自由に何時でも男の娘に変身出来ない事が難点でした。
 普段のボクは家族に隠れて、ビジネスホテルで男の娘に変身していましたが、予約の手間が掛かるので頻繁に変身出来ませんでした。
 しかし先日、変身するのに都合の良い場所を見つけました。
 その場所は繁華街にある市営の地下駐車場のトイレでした。
 その駐車場は大型で、地下に2層分の駐車スペースがあり、普段から空いていて、特に地下2階はエスカレーターがないので、平日は誰もいない状態でした。
 また、市営の施設なので監視カメラはありましたが、トイレは場所柄カメラがない状態で、女子トイレにも自由に入れ、何より定期的に清掃がされていたので、着替えにはもってこいの場所でした。
 その日も、繁華街にある取引先との打ち合わせを終えたボクは、会社に戻らず直帰する事にして、市営駐車場で男の娘に変身する事にしました。
 予約の必要なホテルと違い、駐車場のトイレは、思い付いた時に使用出来るので有難い物でした。

15h_874pltn00013ps.jpg

 ボクは、車のトランクから女物の着替えの入ったキャリーバッグを出し、駐車場のトイレに向かいました。
 そのトイレは、入り口が1箇所で、通路の突き当たりで男女の通路に別れている構造で、まずボクは男子トイレに入り、洗面台で洗顔を済ませ、化粧水やオールインワンの下地クリームを塗ってから女子トイレに入りました。
 ボクは女の洋服に着替えた後に洗面台でメイクの仕上げをする必要があったので、男の娘に変身する時は男の格好で女子トイレに入り、男モードに変身解除する時は、女の格好で男子トイレに入り、それぞれの性別の洋服に着替える事にしていました。
 地下2階の女子トイレは、利用客が少ない事もあり、個室が2つしかありませんでしたが、洗面台のスペースが広く明るかったので、変身するにはうってつけの場所でした。
 ボクは、無人の女子トイレで変身していると、珍しく隣の個室に人が入って来ました。

14h_874pltn00013ps.jpg

 隣の個室からは、洋服を脱ぐ衣擦れの音が館内放送の音楽に紛れて聞こえて来て、暫くすると『シャー』という音が聞こえたので、ボクは、隣の女性が年配の人だと思いました。
 ボクは変身が終わっていましたが、隣の人がトイレから出て行くのを待つ事にしました。
 しかし隣の個室からは、一向に洋服を着る音が聞こえて来なかったので、きっと隣の女性は便器に座りながらスマホでも弄っているのだと思い、ボクは先に個室から出る事にしました。
 洗面台の大きな鏡に映ったボクは、ファンデーションしか塗っていない状態でしたが、十分に女に見えたので、隣の個室から出て来た女性に顔を見られても騒ぎになる事はないと思い、そのまま女子トイレの洗面台でメイクの仕上げをする事にしました。
 やはり、明るくて広い洗面台はメイクがし易く、ボクがアイメイクに没頭していると、個室から女の喘ぎ声が聞こえて来ました。

13h_874pltn00013ps.jpg

 ボクは驚き、ブーツのヒールの音が響かない様に注意しながら、女性の入っている個室に近付き、耳を澄ましていると女の喘ぎ声以外に『クチュクチュ』という音が聞こえて来ました。
 個室の女性はオナニーをしている様子で、暫くすると『ブーン』という機械音が聞こえて来て、彼女が本格的にオナニーを始めた事が分かりました。
 ローターを持ち込んで来た彼女は、日常的に屋外でオナニーをしているようで、ボクが静かにメイクをしていたので、トイレからボクが出て行ったと勘違いして、本気のオナニーを始めた様子でした。
 ボクはエロサイトで、女性がトイレでオナニーをする盗撮動画を観た事がありましたが、本当に公衆トイレでオナニーをする女がいた事に驚きました。
 すると、彼女はオナニーに没頭しているのか、大きな声で喘ぎ出し、ボクがまだトイレに残っているとは思っていない様子でした。

12h_874pltn00013ps.jpg

 ボクは彼女と鉢合わせになるのが気まずかったので、早くメイクを仕上げてトイレから出て行こうと思い、アイメイクの続きを始めましたが、その間も彼女の本気のオナニーは終わる事はありませんでした。
 するとボクは、大きな声を出しながら激しいオナニーをしているのが、どんな女なのか気になり始め、その女の顔が見たくなり、メイクが完成してからも暫く女子トイレに残る事にしました。
 やがて、その女は「逝く!逝く!」と独り言を言い出し、便座が『カタカタ』と音を立てると、突然、静かになり『ブーン』という機械音が止まりました。
 そして個室から洋服を着る衣擦れの音がして『ジャー』という洗浄音がすると、20代の綺麗な女性が右手に小さなポーチを持ち、左手にピンク色のローターを持った状態で個室から出て来ました。
 その女性は音を消さずにお○っこをしていたので、ボクはその女性が年配の人だと勝手に思っていましたが、意外にも若くて綺麗な女性が出て来たので驚きました。

11h_874pltn00013ps.jpg

 勿論、その女性も、無人と思っていたトイレに、人がいた事に驚いていて「キャッ!」と小さな悲鳴を上げると後退りして床に尻餅をつきました。
 洗面台の鏡越しに目が合ったボク達は、暫く無言でいましたが、ボクは彼女が剥き出しのローターを持っている姿が面白くなり笑ってしまうと、彼女はテカテカに濡れているローターをポーチに押し込みながら立ち上がり、逃げる様に女子トイレから出て行きました。
 恐らく、手と一緒に洗面台でローターを洗うつもりでいた彼女に、ボクは悪い事をしたと思いましたが、彼女がバッグを持たず小さなポーチしか持っていなかった事が不自然に思え、彼女が地下1階にあるショップで働いている店員さんではないかと思いました。
 ボクは駐車してある車に一旦戻り、キャリーバッグをトランクに仕舞ってから、女物のバッグを持って、地下1階のショップに彼女を探しに行きました。

10h_874pltn00013ps.jpg

 すると、ティーン向けの洋服屋さんに、彼女の姿を発見したので、ボクは客を装ってそのショップに入ると、彼女もボクがトイレにいた女だと気付いた様子で、恥ずかしそうに目を逸らせました。
 幼いデザインの安っぽい洋服しか売っていないショップに興味がないボクでしたが、洋服を選ぶ振りをしながら店内を歩いていると、意外な事に彼女の方から「いらっしゃいませ…先程は…」とボクに話し掛けて来ました。
 ボクは少し嫌味を込めて微笑みながら「あっ、気にしなくて良いですよ♪ オナニーは誰でもする事ですから…それより、ローターを洗わなくて大丈夫でしたか?」と言うと、彼女は顔を真っ赤にしました。
 更にボクは、先程、彼女が尻餅をついた時に気になっていた事を小声で聞きました。

9h_874pltn00013ps.jpg

「ノーパンなの?」
 すると彼女は泣きそうな表情になり俯いたので、先程、ボクが見た彼女のスカートの中の黒い物は、黒のレースのパンティではなく陰毛だと分かりました。
 どうやら彼女は露出が趣味の様で、ノーパンで仕事をし、性的に興奮したら仕事を抜け出して公衆トイレでオナニーをする変態女でした。
 ボクは俯きながら手で顔を隠している彼女に「私も露出が趣味なの♪ 安心して♪」と言って羽織っていたカーディガンを脱ぎながら微笑みました。
 すると彼女は顔を上げ、体のラインがはっきりと出ているボクの姿を見て来ました。
 その日のボクの格好は、体に張り付くVネックのニットに、ミニのフレアスカートを穿いていて、ロングブーツとスカートの間からは、生の太ももが剥き出しになっていて、胸元からは無理やり寄せて作った胸の谷間が覗いていました。

8h_874pltn00013ps.jpg

 ボクと彼女は共に露出狂でしたが、ボクは直接的に下着や胸の谷間を見せて興奮するタイプで、彼女は直接的に露出をしないものの、下着を穿かない事で興奮するタイプでした。
 ボクは彼女を安心させる為に、洋服ラックの影に隠れて自分でスカートを捲り、彼女に自慢のセクシーな下着を見せて、「見られるのって興奮するよね♪」と言いました。
 すると彼女は安心した表情になり、彼氏連れのお客さんが来た時に、自分がノーパンで他人の男と話をしている事に興奮し、太ももまでグチョグチョに濡れてしまったので、濡れたオマンコを拭く為にトイレに行き、ついでにオナニーをした事を白状しました。
 その後は、二人でお互いの露出癖についてお喋りをし、彼女が意外と若くまだ22歳だった事や、彼女がトイレに行く度にオナニーをする事、今は彼氏がいない事、昔の彼氏に露出狂に調教された事を知りました。

7h_874pltn00013ps.jpg

 彼女はボクの着ている洋服のブランドを見て、無理にティーン向け商品を薦めて来ませんでしたが、ボクは彼女の為に何か買う事にすると、彼女はボクの露出プレイに使えそうなミニスカートをチョイスし、試着室に案内してくれました。
 彼女と仲良くなったボクは、いつもしている様に自分が男である事をカミングアウトしました。
 意外かもしれませんが、多くの女性は綺麗な男が好きで、ボクは男の時よりも男の娘でいる時の方が圧倒的に女にモテました。
 女装をしていると女性は安心するのか、女として親しく喋った女性に、自分は男だとカミングアウトすると、ほとんどの女性はボクに興味を持ち、プライベートで一緒に遊ぶようになり、やがて簡単にセックスをさせてくれました。
 彼女達はボクを恋愛対象だと思っていない様子で、チンポがある少し変わった女友達として接して来て、彼氏がいる子でも罪悪感なくボクとセックスをしたり、ボクをフェラの練習台にしたりして、中には男の娘のボクに彼氏を紹介する子もいて、彼氏をテーブルに待たせた状態でお店の女子トイレでセックスをした事もありました。
 ボクのカミングアウトを聞いた彼女は、ボクが何を言っているのか理解出来ない表情をしていましたが、ボクが喉の上に隠していた喉仏を下げて男声で喋り出すと驚き「えっ!嘘!こんなに可愛いのに?信じられない!」と言って興奮しました。

6h_874pltn00013ps.jpg

 そして、彼女は先程見たボクの股間の形状を思い出し「えっ!切っちゃったの!?」と目を丸くして聞いて来たので、ボクは試着室の中に彼女と一緒に入り、女物のパンティを脱ぎ、チンポを股の下で固定していたガフパンティを脱いで、スカートを捲って縮んだチンポを彼女に見せてあげました。
 ボクのチンポを見た彼女は笑顔になって床に跪き、ボクを見上げながら「凄い!凄い!」と興奮し「触ってもいいですか?」と言うと、ボクのパイパンにしたチンポを摘んで「本物だ!可愛い!」と言いました。
 ボクは女装をしますが、セックスの対象は女なので、自分のチンポを可愛いと言われた事に少し傷付き「オマンコを見れば大きくなるよ」と言いました。
 すると彼女は立ち上がり、デニムのタイトスカートを捲くり、愛液に濡れて束になっている陰毛を露出させました。
 ボクが彼女の股間を触ると、彼女のオマンコは信じられないくらいに濡れていて、粘り気のある液体が糸を引きながら、試着室の床に垂れました。
 ボクは、喘ぎ声が漏れて来た彼女の口を唇で塞ぐと、彼女はボクのチンポを手で擦り始め、チンポがフル勃起するとボクの唇から離れ「凄い!こんなに大きくなるんだ!」と言うと、ボクに背を向けて試着室の壁に手をつき、お尻を突き出して来ました。

5h_874pltn00013ps.jpg

 ボクは左手で自分のスカートの裾を持って、右手で彼女の割れ目に沿ってチンポの先を擦り付けると、グチョグチョに濡れている彼女のオマンコはボクのチンポを根元まで一気に飲み込みました。
 立ちバックの体位でセックスしているボク達の姿は、試着室の壁一面の鏡に映されていて、彼女は「何か凄い…あっ…女に…犯されているみたい…んんっ…」と小声で言った後、必死で喘ぎ声を我慢していました。
ボクは彼女のおっぱいを揉みながら「今日は大丈夫?」と聞くと彼女は「んっ…もう直ぐ生理…だから安全日…あっ、あっ、あっ…」と言ったのでボクが彼女の中に射精すると、彼女は床に崩れ落ちました。
 ボクは試着室に置いてあるフェイスカバーを何枚か取り、自分のチンポを拭いて、彼女のオマンコも拭いてあげましたが、吸水性のないフェイスカバーでは綺麗拭く事が出来なかったので、バッグからポケットティッシュを出して、彼女のオマンコを綺麗にしてあげました。
 やがて復活した彼女が起き上がったので、お店が終わってから会う約束をして、ボクは彼女が持って来た女子高生の制服のようなプリーツスカートに穿き替え、彼女にも同じスカートをプレゼントし、ノーパンの状態で穿かせて試着室を出ました。

4h_874pltn00013ps.jpg

 そして、2着分のスカート代を支払い、ボクの穿いて来たフレアスカートと彼女が穿いていたデニムのタイトスカートを紙袋に入れてもらいました。
 淫乱モードが全開になっている彼女は顔が火照っていて、決して捲れる事のないデニムのタイトスカートから、直ぐに捲くれてしまうプリーツスカートをノーパンの状態で穿いている事に興奮している様子でした。
 ボクはお店が終わって会う時にデニムのタイトスカートを返す事を約束して、閉店までの間、彼女にこの状態で仕事をするように命令しました。
 そして、紙袋を持ってお店の外までボクの前を歩いて誘導している彼女のスカートを捲くると、生のお尻が剥き出しになり、さっき綺麗に拭いてあげたばかりなのに彼女の太ももは愛液で濡れていました。
 ボクは彼女から紙袋を受け取ると「あそこから、ずっと見ているよ」と言って、お店の向かいにあるコーヒーショップを指差しました。 すると彼女は恥ずかしそうに俯き、紙袋を持ったボクの手を震える手で強く握り締めながら頷きました。
 ボクは彼女の働いているお店が見渡せるカウンター席に座ると、彼女はボクを見て恥ずかしそうに微笑み、地下道に人がいない時に自分でスカートを捲って、ボクにノーパンの股間を見せて来たり、スカートの中に手を入れてティッシュで濡れた股間を拭き取ったりして露出を楽しんでいました。

3h_874pltn00013ps.jpg

 ボクは彼女が前屈みになって洋服を畳んでいる姿の写真を撮って、生のお尻が剥き出しになっている画像を彼女に送ってあげると、彼女は顔を真っ赤にして嬉しそうにしていました。
 ボクは彼女が存分に露出プレイを堪能している事が羨ましくなり、自分も内股気味に足を開いて座り、地下道を歩いている人にスカートの中を見てもらう事にしました。
 すると彼女から画像が送られて来て、その画像にはカウンターに座っているボクの姿が写っていて、磨硝子になっているカウンターの下のガラス越しにボクの黒いパンティーがぼんやりと透けて見えていました。
 ボクは地下道を歩いている男達が、ボクの股間を見ている事に気付いていない振りをして露出を楽しみました。
 やはり、男に視姦される事は快感で、中にはボクのパンティーを見る為に、地下道を何度も往復している男がいたり、立ち止まってスマホを弄る振りをしながら、ボクの股間を覗いて来る男がいたりして、ボクは興奮して来ました、
 その男達は自分が覗いているパンティーが、男の物とは知らず、更に、後ろには本物の女がノーパンでいる事にも気付いていない状態が面白く感じ、男達が愚かに思えました。
 そして、彼女のお店が閉店する頃になると、カウンターにボクしかいなかったコーヒーショップには、ボクを囲む様に男達が集まっていて、皆、ボクに気付かれないように、ボクのパンティーを覗いていました。
 やがて、お店が終わった彼女が地下道に出て来たので、ボクはコーヒーショップを出る事にして、最後のサービスとして、高い椅子から降りる時に、集まった男達に生のパンティーを見せてあげました。

2h_874pltn00013ps.jpg

 そして、お店が終わった彼女と一緒に二人が出会った地下2階の駐車場のトイレに向かい、今度は男子トイレの中で、彼女を全裸にさせると、ボクがプレゼントした彼女の履いていた新しいプリーツスカートの裏地に、彼女の愛液がナメクジの這った跡のように、いく筋もついていました。
 ボクは汚れた彼女のスカートを見て、ノーパンで露出を楽しんでいる女性が、自分の愛液でスカートや太ももが汚れる事が気にならないのか疑問に思いました。
 それからボクは、個室の外の誰かに見られるかもしれない状況で、彼女を存分に可愛がってあげました。
 彼女は初めての男子トイレに興奮している様子で、小便器の手すりに掴まり、ボクの腰の動きに合わせて喘ぎ声をあげ、男子トイレの床に愛液を垂らし続けました。
 そしてボクの射精と同時に彼女は男子トイレの床にヘタリ込みました。

1h_874pltn00013ps.jpg

 ボクは、男子トイレの床に靴以外何も身につけていない状態で寝ている彼女が汚い物に見えましたが、同時に体が痙攣する程に感じている彼女が羨ましく思えました。
 そして、彼女に送る為に彼女の姿をスマホで撮影していると、彼女の膣からボクの精液が逆流し始めていましたが、精液の色が少し茶色く変色していたので、彼女の生理が始まった事が分かり、妊娠の恐れがなくなり安心しました。
 その日は、彼女がフラフラの状態だったので、彼女を家まで送って別れました。
 それからも、ボク達は双子コーデでデートをして、露出を楽しむようになり、彼女を単独で露出させたり、二人で男子校の近所まで行き大人しい男の子達に下着を露出させて楽しんだり、屋外のあらゆる所でセックスを楽しんだりしました。
 ズボンと違い、ミニスカートは着衣の状態のセックスに最適で、お互いにノーパンなら、どんな所でも簡単にセックスが出来て、しかも結合部はスカートに隠れて見えないので、スカートは男向けの洋服じゃないかと思える程でした。
 ボクは彼女と付き合うようになって、今までの女友達と違う感情が芽生えていて、彼女を変態に調教する喜びを感じ、もう少し寒くなったら彼女に全裸の上にミニ丈のコートだけを着せて露出調教を楽しむ予定をしています。













btis00068pl.jpg 女装美少年 前立腺レッスン 光耶

女装はもちろん手練れのノンケ喰いでもある星咲光耶クン。当然、今までにも何度かアナル経験はあるのだが、まだ本格的なドライオーガズムは迎えたことがないという。女装して早速、前立腺レッスン。もともと感度はよいということもあり、鳥肌になりながらすぐに雌イキ。すっかりトロマンになったアナルは、男優と絡む頃には、抑えの効かない淫乱マ○コになってました。














btis00071pl.jpg 美しき女装子デリ嬢 星咲光耶

「女装子には興味があるけど、どこで出会えばいいの?」そういう時こそ「女装子デリ」を活用しない手はありません。極上の女装美少年が優しく初心者にもおもてなし。一番の売れっ子の光耶クンが手取り足取り教えます。時には、呼んでみたら「学校の後輩だった」なんてハプニングもあったりして…。完全主観コーナーではまるで自分が呼んだかのようなバーチャル感覚を味わえます。アナタもムフフな時を過ごしませんか?















h_697sexy00029pl.jpg スペルマトランス DISGUISE WOMAN 女装子ぶっかけ輪姦

究極の美女は美男子から生まれる!!どこからどう見ても可愛い「オトコノ娘」。こんなに可愛かったら徹底的に「可愛がって」あげたくなっちゃいますよね?だってほらこんなに自分からザーメンを欲しがってる…なんてスケベな娘なんだろう。















h_995bokd00077pl.jpg 夢の競演!こう見えて僕たち男の娘 カワイすぎる優里×美人すぎる涼香

抜群の人気を誇る女装界の双璧!優里!涼香!2大スターが夢の初競演!これは軽くニュースです!エレガントでチャーミング!女性よりも女性らしく、そして何よりも美しい…!あまりにも豪華すぎる共演!エロさに、さらに磨きのかかる相乗効果!ビンビンにペニクリを大勃起させハメたりハメられたり!しかも中出しまで!!






























雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/14(土) 07:00)

次のページ
copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア