FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 蘭丸地獄

7941.jpg


 pic_007.jpg
  ちょっと余裕の時間があって妻夫木聡&柴咲コウの「どろろ」をDVDで見た。
 柴咲コウの演技がぎくしゃく違和感ありまくりで吃驚、他の映画ではこんなに悪くないので、かなり残念。
 百鬼丸が、エロエロボディの仮面ベリーダンサーの仮面を、腕に仕込んだ妖刀で断ち割るぐらいまでは、なかなか期待させてくれたんだけど、後になるほど特撮も含めて映画自体がボンクラになっていくのは特撮日本映画特有のパターン(笑)。
 それに醍醐景光役の中井貴一が、よくある人間ドラマの盛り上げ方で、この手の映画を締めちゃうのはどうかなぁ。
 でも醍醐景光って織田信長を彷彿とさせるよね。まあ景光の方は自分の中に残る人間味とか父性に苦しむ部分があって、その辺が信長の魔王的生き様とはちょっと違うんだけど。


  最近の出張デートで、なんと安土の安土城考古博物館を覗くことがあってchikaの中では、かなり織田信長に接近中。
 安土城考古博物館の入り口にある喫茶ルームの近江牛手ごねハンバーグ、美味しいよ。
 これはデート相手の信長おじいちゃま(chika命名)に「ここの結構いけるよ、やさしい味やね」と紹介されて思わず注文しちゃったもの。
 ちょと休憩って感じで入っただけの喫茶ルームなんだけど、なんだかお腹が減っちゃって、だって前夜の信長おじいちゃんの全身舐め技が凄くてエネルギー再チャージって感じ。
 全身ラバー姿で部屋の真ん中にマネキンみたいにじーっと突っ立ったまま、人形みたいに全身を舐められたり撫でられたり、ふぅ、、。
 信長おじいちゃんの年季の入った舌技が、踝から内脹ら脛、内太股からアナルへ舐め上がって来た時は、ラバーの上からでも、ちょっとくらっと来ました。


mihsa1.jpg  chikaが初めて織田信長に興味を持ったのは信長自体より森蘭丸の存在から(やっぱり)。 世の中最近、微妙に時代劇ブームのなので、森蘭丸なんて硬派なドラマ作りでは0コンマ数秒しか登場しないんだけどね。
 男色もテレビじゃなかなか表に出せないみたいなので、信長と蘭丸との関係も「記号的」な表現が多いし。
 で、一般的に流布されてるこの二人の腐女子的イメージは、織田信長が筋肉質の濃い顔立ちのハンサムで、蘭丸は「顔は美女美女・ボディは体脂肪率3%」って感じ(笑)。
 浅黒い肌の信長とうっすらと脂の乗った蘭丸の白い肌が、寝所で筋肉を軋ませて絡まり合う様は、若い頃のchikaの「特別食」でした。
 イメージ中の二人は何故かズラで、特に蘭丸は、ある時は男装の美少女だったり、ふたなりだったり、果ては二人とも実は女性で男装レズみたいな、、。
 「お蘭、いつもながら横笛を吹くのが上手いのう。」
 ふんどしの横からとりだした信長の長大な男根の軸を己が唾で濡らし唇を這わせる蘭丸。
 男根の表面に浮き上がった血管を愛おしそうに眺めてはそのまま頬ずり。
「ならば、たまにはのう、、。」と信長の手が蘭丸の男根をやんわりと包んだかと思うと、その指先が鈴口をチロチロと弄って遊ぶ。
 蘭丸の黒い眉根が快楽に耐えかねるように捩れる。「殿、お戯れを、、。」


2749.jpg  でも実際は信長って厳つい明石家さんま顔の犯罪者気質だし、逆に蘭丸はかなりのマッチョだったみたい。
 衆道ってゆーのは、主君に対する忠誠心の「ぎりぎり踏み絵」みたいな側面もあったみたい。
 小姓から出世しようと日々張型でアナル拡張を試みた者もいたそうな。
 そこに妙な美学を付けちゃったのが日本人らしい奥ゆかしさ(笑)。(あっ今はお耽美か?)
 第一、長島一向一揆みたいな大虐殺者の側面を持つ信長なんだから、他者に対する支配欲は相当強烈な筈で、信長の衆道って性欲よりもそちらの方がコアとしてポイント高かったんじゃないかと。
   話は少しずれるけれど、埼玉・主婦殺害事件で逮捕された内藤正行容疑者って、、凄い奴とゆーか、一種のモンスターだよね。
 この事件を起こすまでに内藤容疑者は別件で女性(21)に重傷を負わせる強姦致傷事件を起こしてるし、彼がこれまで結婚した女性6人全員に激しい暴力をふるっていたとのこと。
 21歳の女性に対する暴行事件の場合なんかは、たまたま通りかかった車に若い女性が乗っているのを見て「おれの女になれ」とか言いながら、無理やり車に乗り込んで監禁、河川敷近くに車を止めて暴行しようとしたんだよ。
 犯罪者でも持ち合わせていそうな範囲の常識のタガが完全に外れてるし、まったく女をなんて思ってるんだろ。
 そして女性が激しく抵抗したので、内藤容疑者はこの女性を何度も殴り、頭の皮がはがれるほど強く髪の毛を引っ張るなどの強行に及んで、彼女に瀕死の重傷を負わせてる。
 たぶん、こーゆー人間は自分を取り囲む「世界」を強姦して屈服させたいという飛んでもない欲望に取り付かれているのだろうと思う。
 信長と内藤容疑者、それぞれの意識と環境を据え置いたままなら、その「魂」は充分、互換性ありじゃないかしら。
 で、次は「森欄丸」は、誰なの?ってお話。


 ygugu.jpg


 東京痴漢倶楽部 2


悲痛!!まさかここまでされるなんて!あまりにも卑劣な極悪痴漢集団!騒音にかき消される女性たちの叫び…捨て去られた女性達には冷たい空間ができている。誰も声すらかける事ができない。悪夢の中で最後は呆然とする女性たち…。


 


 


 


 


 






雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/29(土) 06:04)

 アナル産道蟻地獄

antlion.jpg

  「プププの」で久しぶりに紀行文的なプチエッセイを書きました。
信楽にあるMIHO・MUSEUMについてです。
 ここの展示物は日本古美術と世界古美術品がメインで、chikaには豚に真珠とゆーか、ニューハーフに避妊具(ペッサリー)とゆーか、ペニクリに真珠とゆーか、まあ、そんなものなんですが、エジプト文明の頭が鷲で身体が人間の男性みたいな立像とかは大好きだったりします。
 よーするに今でもchikaの頭の中の半分はお子ちゃまなんですね。
 今は何故か大嫌いになった昆虫とかも、小さい頃は玩具感覚で好きでしたね。
 殿様バッタのどでかい奴とか、黒光りするコオロギとか、中でも凄く見たかったのに何故か遭遇しなかった昆虫にアリ地獄ってゆーのがいました。
 子供心にすると、アリ地獄のすり鉢状のトラップを作ってそこから落ちてくる蟻を食べるって方法自体が、すでに「かっこいい!」みたいな。
 このアリ地獄、英語では"antlion"とゆーらしいです。



myrmekoleon.gifテマンの王エリファズは言った
「アリライオン(ミュルメコレオン)は肉を摂取できないために滅びる」〔ヨブ第4章11〕
 自然窮理家は、アリライオンについて、前肢はライオンだが、後肢はアリだと言った。

父親のライオンは肉食だが、母親である蟻は豆類をかじる。
故に、彼らの間に生まれたアリライオンは二つの自然本性を有する。
この子は母親の自然本性によって肉を食することができず、また父親の自然本性によって豆類も食することができなかった。
かくて、食物をとることができぬアリライオンは短命に滅びるのである。
 あるいは「上半身のライオンが食べた肉は、下半身の蟻の体では消化が出来ない為に、幾ら食べても痩せていく…」と言う解釈もある。
その自己矛盾から、キリスト教の学者達はアリライオンを「欲望に動かされて身を滅ぼす悪徳」のシンボル、又は二重人格者のたとえとしている。



 antlion3.jpg アリライオン、、、かなり無理のある幻獣ですね。
第一、母ちゃんアリと父ちゃんライオンのセックスの形が想像付かない(笑)。
 遺伝子操作でしか生まれ得ないとゆーか、人間の想像力の指向性からかけ離れてるとも言える。
 でもその分、不思議な印象を残す幻獣でもあります。
 「相反する欲望に身を滅ぼす悪徳のシンボル」、、、うーん考えさせられちゃいますね。
 ローターをアナル参道奥深く挿入され、その上からきついラバーパンティを穿かされてもみくちゃになってる自分の姿が目に浮かびます。
 ラバーパンティの付け根から垂れて見える白い電気コードを見てタンポンみたいって笑われたりもするんですが(笑)


 隷嬢寫眞館さんのDVD「ボディーサックの魅力」のパッケージに、このDVDのモデルになられた女性が、以下のような文章を書かれたそうです。

 自分の力ではどうにもならないという「絶体絶命」の状態に於かれる事の心地よさ。
逆らわなくてもいい、あれこれ思い悩む必要もない。
ただ、自分の運命を受け入れて、逆らうことを諦めて、楽しめばいい。
だけど、これはとても危険な感覚。
きっと、エスカレートする。
そして、止まらなくなる。
そういう、予感がある。
朦朧とする意識の中で、なんだか不自然な息苦しさを感じた時には手も足も「袋の中に入れられてるみたい」にまったく動かせない状況になっちゃってた。
 真っ黒な寝袋…のような形の…皮? これは、なぁに?手足もスッポリと収まってしまってどうしようもなく、窮屈な状態。
それはまるで寝袋のような。ゴムの独特のキツい感触が身体にまとわりついて息苦しい。
呼吸が圧迫されて、キモチワルイ。
ぎゅうぎゅうってきしむ音が響く程に締め付ける。
微妙に伸びみては、でも 更に身体に食い込む感覚、それがボディーサック。
顔だけは、袋から出ているんだけれどそれがどうだっていうの。
口枷を着けられた状態ではやっぱりうめき声を漏らすのがせいぜいのところで、あとはかろうじて自分の惨めな状態が目の端に入るだけ。
床をゴロゴロと這い回る…というよりも実際は転がっているだけの、まさに私は芋虫のように「手も足もでない」悲しい生き物になりはてている。
だけど、この苦しみに満ちた絶望感こそが、私にとっての刺激的なファンタジー。
この窮屈感を一度感じてしまったら、あとはもう、深みにはまるだけ。そういう予感は、やっぱり当たってた。

antlion4.jpg


  なんだかアントライオンの姿にダブりません?黒いラバーのボディサックが蟻で、その中に包み込まれる白い女体がライオン。
あるいは女体が蟻で、ボディサックが蟻地獄みたいな。
 この作品で使用されたボディサックは頑丈なラバー製で、首からつま先までをすっぽりカバーして、両足は無論のこと両腕も内部の収納袋で固定されるとのこと。
 おまけに内側に大きなマウスピースの付いた目無しハードラバー全頭マスクまで装着されるらしくて・・・ジュルッ羨ましい。
 ついつい、昔つき合っていた彼氏との間の泥沼ラバーセックスを思い出しちゃいます。
顎が怠くなる程の太いディルドーが内側につきだしたギチギチ目隠しラバーマスクを被って好きな人の前に跪いている気分って判ります?
 でも、その時、ボディサックまで手を出していたら、二人ともそれこそ蟻地獄に堕ちて破滅していたかも知れませんね。
アハハ、、これは極私的な実感です。
ボディサック自体に罪はありませんです(笑)。


antlion2.jpgPS 今日のエントリーで昆虫の話を書いていて、仮面ライダーのモチーフが何故、昆虫なのか。
その中でも何故バッタなのかとゆーことを考えてみました。
公式にはバッタは環境汚染に対する自然のシンボルだとか、訳の判るような判らないような説明があるようですが、chika的には作家石ノ森章太郎が、単に「異形」の者が大好きだったに過ぎなかったのではないかと思っています。 異形作りには狼男とかコウモリ男なんかが、てっとり早いわけだけれど、石ノ森章太郎としてはそんな手垢の付いたものは扱いたくなかっただろうし、残るのは、鳥類・魚類、、、でもこの二種は生活圏として人間と接点が少ない。
  昆虫って、ほ乳類からかなり遠いところにある陸上の生物だったので、異形を作り出す上で石ノ森章太郎には、人間と掛け合わせるにはぴったりな生き物だったのではと思います。
 ただ蜘蛛と人間の合体だと、これは間借りなりにもヒーローとしては成立しないので、親しみのあるバッタ、カブトムシ、トンボ辺りにターゲットがいったんでしょうね。
 人間のキメラ相手にバッタを選んだのは、今日の平成仮面ライダーシリーズを見るまでもなく造形的に大正解だったような気がしますが。


30js01dps.jpg


女装SM 1


女の子になって、女王様に責められたい。冴えない兄とキャバクラで働く美人の妹「蘭」の兄妹は2人暮らし、兄はふと妹の下着に目を止める。仕事から帰ってきた蘭はそこで、自分の下着をつけた兄の姿を見てしまうのだった…。

BDSM | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/22(土) 04:47)

 僕のバットマン、そして恋敵キャットウーマン

gygyygy.jpg


 atusi07b01.jpg


  これウチでは最近キテます。
健康ソックスではありません。
 足コキ、アナル責めの最新ギアなんです。唯一の欠点はスタイリッシュじゃないってこと(笑)。

 スタイリッシュと言えば「キル・ビルVol.1」でサド女子高生、妖怪大戦争では鳥刺しサド女妖怪こと鳥刺し妖女アギと、なんだかサドサドな栗山千明ちゃんが、日本タンナーズ協会が主催する「2007ベストレザーニスト」に選ばれたそうだ。
 その時のポスター撮影が黒いライダースジャケットに、網タイ・ロングブーツでハイキック。
 この賞、毎年「最もレザーの似合う女性」が選ばれるものらしく、これまでに米倉涼子ちゃんとか、シレーヌ冨永愛ちゃんが受賞。
 千明ちゃんは「レザーは大好きで、毎回かっこよくて芯のある方が選ばれてるので光栄です」と答えたとか。
 千明ちゃんの女王様ぶりは別にしてレザーやっぱりいいですね。
日曜日の朝、オタクchikaが時々見てるゲキレンジャーって戦隊ヒーローものがあるんだけど、ここに登場する敵役(というより一種のライバル)の理央ってゆー男の子もレザージャケット着てるんですが、革製ハーネスから見える肩の丸みとか腕の付け根とか、エロいですよ。
 こういうエロさって、子ども心には「かっこいい」って形で最初は刷り込まれるんだと思うんだけど、昔は悪のヒロイン・コスチューム一本でしょ。バラエティに欠けてたんだよね。
 中には例外的にウルトラマンの銀色ゴムスーツみてホモセクシャルとラバーフェチが結合しちゃったコアなお子さまもいる見たいだけど(笑)。

batman-robin2.jpg  ソー言えばchikaもそんな一人だったのかも(汗)。
 chikaがモヤモヤしたものを感じたのはTV版バットマン(但しレンタルビデオで借りたモノなのか再放送でみたものなのか、はたまた実際にそんなのがあったのか今となっては不明なんだけど) そんな記憶の混乱が生み出した不思議なバットマン物語はこんな感じ。

『キャットウーマンはバットマンの相棒ロビンを拉致し、ロビンに化けバットマンに接近、罠に陥れようと画策する。危うしバットマン!果たしてバットマンはキャットウーマンの変装を見抜き、ロビンを助け出せるのか?』みたいな。
 バットマンとロビンの関係が、只でさえ怪しいのに、輪を掛けて、バットマンとキャットウーマンは微妙な恋愛関係にあるし、この倒錯した三角関係が妙に萌えでしたね。
 おまけにキャットウーマンの変装シーンではロビンの顔のラバーマスクを彼女が自分の顔からくにゃくにゃと剥がすシーンがあったような。
 もちエロエロキッチュなロビンとキャットウーマンのコスチュームはあのままで入れ替わり、、、。


  「ちょっと調べてくる」と言ったきり帰りの遅いロビンのことをバットマンは心配し始めていた。
幾多の危機をかいくぐって来た機転の効くロビンに滅多な事がある筈もないのだが、それ以外のロビンに関する気がかりが彼にはあったのだ。
 それはキャットウーマンの存在だった。
どうやらキャットウーマンはバットマンに強い関心を抱いているようで、その様子を目の当たりに見ているロビンが、いらぬ心配をしているのだ。
 バットマンはロビンを愛していた。
そうでなければ、まだ年若い少年を、犯罪者達と戦わざるを得ない自分の暗い運命のパートナーとはしなかっただろう。
 ただキャットウーマンに一片の魅力も感じなかったのかというとそれは嘘になる。
キャットウーマンには自分と同じ匂いのする「影」がある、それが彼を惹き付けていたのは事実だった。
「詰まらぬ焼き餅を、、それがロビンの判断力を鈍らせなければいいのだが、、ジョーカーを初めてとして我々が相手をする犯罪者達は一筋縄ではいかない曲者ばかりだ、、。」
 ・・・バットマンがマスクの下にある暗い瞳を更に深く沈ませ始めた頃、バットケイブにバットバイクのエンジン音が鳴り響いた。
 ロビンの帰還だった。
 バットバイクから飛び降りるロビンの足元が危うかった。
思わず駆け寄りロビンの肩を抱き留めるバットマン。

cat3.jpg 「どうした。何かあったのか?」 
ロビンのタイツの下から彼の若々しい体温が伝わってくる。
そして微かな女性用の香水の匂い。
移り香か?
ロビンが他の女性と?
あり得ない、、ロビンは決して女を愛さない、いや愛せない男なのだ。
「もしかして私への当てつけなのか?」とバットマンは想像する。
「その為に、抱けもしない女を無理矢理抱いてきたのか?」
そう思うとバットマンは急にロビンが愛おしくなった。
 バットマンがロビンを抱きすくめると彼は一瞬驚いたように身を竦めた。
だがそれは束の間だった。
一拍もおかずロビンの手がバットマンの股間をまさぐっている。
「今、欲しいんだ。」
消え入るようなロビンの小さな声だったが、そこには燃えるような欲望の火種が見えた。
「どうした声が変だぞ?」そう言うバットマンの言葉を遮るようにロビンの口がバットマンの唇をすくい取る。
 ロビンの「舌」が変わっていた。・・柔らかい。
 動きも違う。いつもなら手の中ではね回る魚のような動きをするのに、今日は口腔の中の総てを舐め取るような、、、それに押しつけた太股に感じるロビンのペニスは半起ちのままだ。
 身体が柔らかすぎる、そうとう疲れているのか、体重をこちらに預けてくる。
 負けん気の強いロビンには滅多にないことだったが、それがバットマンには反って新鮮だった。『何かあったのか?』
 今にも溶け出してしまいそうなロビンの身体を抱きながら、バットマンはささくれ立つ疑惑の波を消し去るコトは出来なかった。
 だがそれ以上に彼に抱かれるロビンの反応は、バットマンのささいな疑惑など流し去るほどの刺激に満ちていた。
 バットマスクの側面にうっすらと浮かんだ耳蓋を甘噛みするロビン。
「ブルース、、僕のことホントに愛してる?」

・・とかなんとか、この続きは連休中に更新?するかなぁ(笑)。


 


104wshd00002-4.jpg
今日は「リオ」繋がりってことで、、。


天然もぎたてシーメール 星野リオ



img.jpg

淫ら涎とラバーが絞まり熟れ肌に

鎖に繋がれ監禁された熟女の口元をギャグボールで塞ぐと、大量の唾液が熟れ肌に流れ落ち、ラバーが黒い光を放つ。男達は身動きできない熟女の身体に酸味の利いた大量の唾液を垂らし弄んだ。淫獄に墜ち、肉奴隷と化した熟女は男達の肉棒を求め、涎を滴らせながらペニスを呑込み腰を滑らせた。卑猥を極めた光景が目の前に広がる。


雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/15(土) 06:00)

 ガッツンガッツン動いてペニバン

9064-73871.jpg


P1010077.jpg  前回に続いて倶楽部ネタを、、、とゆーか蝦頭は本来、百人十色のフェチ世界探求ブログ(笑)なんだけど、その探求先のハイヒールを初めとするフェチ大御所は、一回りを終え、もう細部末端のフェチ世界しか残っていないのです。
 例えば「踏みつぶしフェチ」とか、、踏みつぶされる素材と踏みつぶす靴の形状、果ては、その靴跡の形状までフェチ対象になる世界には、さすがの変態女王chikaもちょっと理解が及ばないとゆーか、うーん、微かにその靴を履いているのは女性であって、決して朝青龍のような男性ではないとゆー事にマゾヒズムの発露を感じなくはないのですがね~(笑)。
 そーゆーのを舌足らずなフェラする、もとい無理矢理分析するより、SM倶楽部風俗のこぼれ話を書いている方が気が楽なんですよー、ぶっちゃけ。
 でもこのネタ書くと必ず翌日に「blogを楽しく拝読させて戴きました。ところでチカ様とどうやったらプレイできるのですか?」という類のメールを何通か戴くのですが、その「blog」に、chikaの勤め先のSM倶楽部は会員制で同会員からの紹介制で入会出来るんだと何度も書いているのですが「そんなの関係ねぇ。」って感じですね。


016.jpg 「だからチカ、一度お相手して差し上げたら、、チカのホントの強烈さ(女王様ぶり)はブログだと判らないんじゃない。大抵の自称M男は自尊心根こそぎやられて立ち直れなくなるよ。」 とか冗談言ってくるのが今日の話題の提供者であるKさん。
 インテリぽい方でこの人をモデルに短編を一本書いた人なんですが、この人、相当なグルメでもあるんです。


「1870年12月25日に某レストランが出したクリスマスメニューなんだ、カンガルーのシチュー、ゾウのコンソメスープ、オオカミのあぶり肉…このメニューなんだか判るかな。」
「判った。それって、みんな動物園の動物でしょ、悪趣味。」
「正解。まあ悪趣味と言えば悪趣味かな、、。某ってのはパリの有名なレストランなんだよ。1870年の末から翌71年の冬までプロイセン軍に包囲されたパリは食糧不足が深刻になったんだよね。まあ、いわゆる兵糧責めだな。結局1871年1月28日に当時の政府はプロイセンに降伏。これが後の革命政府パリ・コミューンの樹立まで繋がっていくんだけど、私が感心するのはそっちじゃなくて、動物園の象までレストランで喰っちゃうパリ人の美食家ぶりだね。これが日本だとお涙頂戴の(象の花子)ってことになるだろ。その辺りのエネルギーとか方向性の違いって大きいなって思うわけさ。」
 その話を聞いてから、フランス料理の歴史を調べてみたら、フランス革命で今までの宮廷料理が解体されてそれが市民の食文化に移り変わって行ったみたいで、これも血と肉の歴史とゆーか、「食」がすごっくダイナミックな時代の流れに直結してるんだなーと。
 うーん日本の食文化とはかなり違う。
 それだとかマリー・アントワネットの「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」に相当するような、凄みのあるお馬鹿ぶりが、今までの日本の歴史にあったかなぁと。(腐敗ニッポンも、これからどんどんこーゆーの増えるとおもうけど)

tem51002-03.jpg
 chika語録の中に「欲望に追いつく技術なし」ってゆーのがあるんだけど、パリレストランのクリスマス動物園メニューってある意味、欲望と技術の蜜月状態を表しているようで、えげつないけど反面わくわくする部分がありますよね。
 ネットを流していたら、アダルトグッズにも同じ様な欲望と技術の蜜月状態があるんだなぁってゆーのを発見しました。
 これって大阪の快楽工房レジーナってゆーアダルトショップの製品のことなんですが、ユーザーの「女王様」の言によると
「これは(レジーナのペニバン)ねー、ぶっちゃけかなりしっかり腰に固定されて使いやすいです。うん。普及市販品のゴムと紐だけのヤツの安定の悪いことといったら!みなさんご存知でしょう?」
・・あるある、アハハ、chikaはそーゆーペニバン一回で使うの止めました。
「ラバーや革製の安定感のいいペニバンもいろいろ出回っていますが、重かったりでかかったりするんですよね。レジーナのペニバンはビジュアル的に、フェティッシュさという面で、それらに比べたら負けるとは思う、うん。」
 chika達は完全にビジュアル重視なので「重い」も「でかい」も我慢の子なのだ。第一、ペニクリを内側に折り込んでその上からペニバン付ける事自体すでに超じゃまくさい(笑)。
「でも、軽いつうのが!すげえ実用的!実用面で考えたら、レジーナのほうがいいのではないかと思います。(中略)それにレジーナのヤツはボタンでキッチリ留めてあるんで、ガッツンガッツン動いても安定感かなりあります。まるで自分のチンコのよう!は言い過ぎかもしれませんが、それぐらい動き易いです。位置がズレたから直さなくちゃ、ウンショウンショ、とゆうかっこわるさ&面倒くささもなくなってよ!ヲホホー。」
 ・・この辺りはかなり魅惑的ですね。プレイの間中のディルドーって一種のご神体、無様な真似は絶対に出来ないんで、chikaなんか装着時の捻れとかディルードー勃起の微妙な角度だって気にするぐらいですから。
 でそーゆー欲望に絡んで、使いでとか、形状に対する拘りにかけるエネルギーとか知恵ね。ここんとこ「大きい」でしょう。
 この辺りが、これからの日本を支えていく最も重要な部分なんじゃないかと(笑)。
 で話が大きくそれた所で本日のふぃるどワークはお終い。

PS とか書いてる時に、『遺体は短大同級生2人 長崎市のラブホテル、無理心中か。』のニュースが飛び込んできて、ペニバンと聞くと、SMかレズしか思い浮かばないchikaには、ちょっと複雑な気分に。もし社会的な偏見で追い込まれての結果なら、chikaが彼女たちに変わって関係者男性のアナルをペニバンでザクロ状にしてまわりたいような。でもたぶんきっと色々な要素が絡み合っていたんだろうねぇ、、合掌。

 2007/09/07 七日午前十一時ごろ、長崎市(長崎県庁から南東に約800メートルの繁華街近く)のラブホテルの男性支配人から「ベッドで若い女性が動かなくなっている」と110番通報があった。
 長崎署員が駆け付けたところ、五階の一室のベッドであおむけで倒れている長崎市内の私立短大生(19)の遺体を発見。首に絞められたようなあとがあった。同じ部屋のトイレで、同市内の私立短大生(20)がカーテンレールにひもをかけて首をつって死んでいた。 調べでは、二人は同じ短大の二年生で友人だった。目立った外傷や着衣の乱れはなかった。室内は荒らされておらず、財布なども室内にあった。部屋は鍵がかかっていた。遺書はなかった。
 二人は六日の午後、一緒にこのホテルに入室したらしい。県警は、無理心中の可能性が高いとみて、ベッドで見つかった短大生の遺体を司法解剖して詳しい死因を調べている。
 その他、赤木圭一郎と美輪様のラブロマンスのニュースが聞こえてきて、こちらの方は是非、蝦頭で詳しく取り上げたいですね。


「飼育の虜」 変態マゾ男とペニバン女 【第一章】



23pst01dps.jpgペニバン女「一色あずさ」が変態マゾ男を斬る!艶かしい口元から罵声を連発し、顔面を踏みにじり、股間を弄ぶ。極めつけはペニバンでバックから突きまくる!!そして男は自ずと刺激を求め「飼育の虜」となる…。

 


私的文化論 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/08(土) 06:00)

 シーメールバブルバベルバブル訂正

bbb02.jpg


 t2007082312tettou.jpg




 


世田谷に“鉄塔女”…自力で50mよじ登り「助けて」交際相手の名前を連呼しながら…


 現場は川崎市高津区との境で、近くに多摩川が流れる閑静な住宅街。
22日午後10時50分ごろ、若い女性が高さ約50メートルの送電線の鉄塔に登り、助けを求めているのを近所の人が見つけた。 
警視庁成城署によると、女性は都内に住む28歳。鉄塔の頂上付近で交際相手の男性の名前を連呼しながら「助けて」と叫んでいた。
 同署員が説得を続けたところ、自力でゆっくりと降り始め、約2時間20分後、地上約10メートル付近で東京消防庁のレスキュー隊に救助された。
詰めかけた約150人のやじ馬からは拍手が起きた。


   皆さん「鉄塔女」ですよ、「テットウオンナ」、好きやわぁこのシュールな響き、言霊ってゆーのは巧まぬ所に宿るんですね。
 彼女が何で鉄塔に登ったのか今となってはもーどうでもよくて、その事実と・・・夜の闇に浮かび上がった白い脚、アノ妙にエロチックな光景だけが重要なんです。
 投光器にパンティが白く輝いて、あれが酔ったニューハーフだったら、パンティの端からペニクリがボロンって覗いて、、、、なんて連想じゃなく、映画キングコングを何故か思い出してしまいました。
 キングコングは愛のために超高層ビルに登ったんですよ。結局は自分の身を滅ぼす愚挙であったとしてもそれを誰が笑えるでしょうか、、。
 所で、送電線を鉄塔に繋ぎ留める方法は、大別して2種類あるんだそうです。
 ひとつは腕木から碍子連を垂らしその先に送電線を支持する懸垂型鉄塔、もうひとつは碍子連で送電線を引っ張り留める耐張型鉄塔。(みんな付いてこれてる?)
 この耐張型の鉄塔を女鉄塔、懸垂型の鉄塔を男鉄塔と呼ぶそうですよ。
 男鉄塔女鉄塔「おとこてっとうおんなてっとう」・・うーんこちらも味わい深い。
 言葉もそうだけど、鉄塔って急にボーンって立ってるのが面白いね。
しかも必ずしも人里離れた山や森の際に立ってるわけでもないし、、それに絶対に回りの風景とは溶け込まないし、ある意味チャーミングな存在。
 とまあそんなわけで(どんなわけやねん!!)鉄塔みたいな蝦頭娘2.0専用の画像BBSを作ってみました。
 その名も「シーメールバブルバベルバブル」、、、脱力しましたぁ?
レンタルサービスして下さってる運営者さん曰くサーバーはあちらの国らしくて、、過激なものもOK?と勝手にchikaは想像してますが、今まで何度も画像BBSを立ち上げてはへたらせているchikaのこと、ゆるーい気持ちでやって行きたいと思います。
 どうぞフェチぃのがあれば遠慮なく投稿してやって下さいませ


h_105srxv00267-14.jpg金の穴 ゴールドラッシュ
豪華絢爛! 命懸けの金粉ファック!! 7人の美女…その白い柔肌に金粉を塗りたくります。金粉巨乳、金粉フェラ、金粉の舞、金粉でろでろ愛撫、金粉3P、刷毛で女体塗り、金粉ベロチュー、そしてキラキラ光る穴にズブリ!! なんと、スケベな汁も金色です。 ビラビラも、割れ目も、お尻の穴だって……どうぞ隅々まで御鑑賞ください。


ksg00001-35.jpgガスマスクBONDAGE 安部真由美
某ファミレス店員をSM調教!張り付け拘束鞭打ち、胸へクリッピング&スパンキングで責め立てる。最後は強制ガスマスク装着で顔面拘束!閉所と窒息状態の中、本気で泣き叫ぶ!この恐怖に耐え切れるのか…。


 




お友達紹介 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2007/09/03(月) 20:45)

 スロッビング・グリッスル(脈打つ男根)2

entendred5226.jpg

red_latex.jpg  フェラで搾り取ったザー汁を口に貯めておいて、舌を使ってそれを相手の顔に返して行く。
勿論、両手は殿方の乳首とホーデンへの愛撫を忘れない。
 「止めろよ、汚いな」・・・・ってそんなのあり?あんたM男でデリバリーを申し込んだんじゃないの。
 真正のマゾじゃないってのは今までのプレイで判ってるけど、、、。
 会員制クラブって、お客様の敷居を高くする事で得られるメリットもあるんだけど、デメリットもある。
 それは新規顧客の獲得。現会員さんからのご紹介が一番手堅いんだけどそれだけでは経営がなりたたない。
 だってSMがメインなんだから「珍しい店があるんだ」では済まないもの。
 で倶楽部が考え出したのが、現会員さんが紹介してくれるオトモダチの居住範囲とか親交の度合いを広げてもらって、こちらからその方の所に出向くというシステム。
 よーするにこの出張デートには新規顧客開拓ってゆー側面もあるわけで、それなりの責任もあれば、相手の方がこちらのことをよく判っていないというリスクもある。
 まあ金沢の場合はそのリスクの典型ってこと。
 でも金沢で受けた地方出張デートの痛手を「プププ」にしつこく書いてたら、結構そのエントリーにコメントを戴いて、、たぶん皆さん気を使ってくれてるんだなぁって、ちょびぃっとずつ元気になってるchikaでおま。


 昔、街でアイドル系の女の子が真っ赤なレザーの長ランを着込んだポスターを見た事がある。 一体何のCMなんだかそれもはっきりしないんだけどTVで見たような見ないような、それが印刷物になって店頭に貼られてあった。
 chikaなんかが町中でじっーとそんなポスターを眺めていたら怪しまれるんでチラッとしか見られなかったけど、そこにはどっしりとそして汗をかいて湿ったようなレザーの質感が充分写し出されてた。
 女の子って男の子の学ラン着るだけでも何となくエロチックな気分になるらしいけど、それが応援団が着るようなレザーの長ランだよ~。ラバーもいいけどレザーもネって(笑)。
 ラバーの臭いって、頭の奥が痺れるような何処か薬品ぽい甘さがあるけど、レザーは「異物」というか「他者」の臭いがあるんだよね。
 着心地だって拘束感はラバーに少し近いけど、なんだか違う動物に抱かれているって感じは独特だもん。
 初めてレザーパンツを買って素足を通した時の事を今でもはっきり覚えてる。お店の女の子はchikaの事「モデルみたいに脚が長いからレザーがよく似合うよ。」って言ってくれたけど「みたい」は余計(笑)。
 その日は、部屋に帰ってもどかしい想いで、、、「革」がぐっと私の肌に食い込んできて、その後しゃがみ込んだり革の表面を撫でたり、、大変だった。
 この感じ、言葉に還元すると「蹂躙され乱暴に抱かれる着心地」って事になるのかしら。
 でもあの真っ赤なレザーの学ラン、最後はどうなっちゃうんだろう?どこかの資材置き場に眠っているんだろうか?あんな癖のある副、普通の状態じゃ使い回し出来ないだろうしね。
 今みたいにネットオークションもなかったし。
 そうなんだよね~、人間に突出した刺激を与る「モノ=フェテッシュ」は、それに付加される価値が強烈すぎるんだよ。
 、そういえばあまたのアダルトグッズの最後の行方はどこなんだろう?みんな上手く闇から闇へと葬りさるのかしら。
 でも最近、ゴミの分別が盛んだから大変だろうな。「夢の島」に捨てられたディルドーの小山が出来上がっていたりして、、シュール。
 おっと今日は、そんな話じゃなくて、chikaがまだゴムの病気に掛かる前のレザーフェチの話、つまりよく言うじゃない「迷った時は原点に戻れ」って(笑)。・・まだ金沢引きずってる、、。


CFle.jpg  【114】私の妄想と願望・・・・・ 革きち - 07/2/5(月) 18:01 

私が常日頃いだいている妄想と願望とは、凄くキレイなミスターレディになって全身革で身をつつみ街中を歩いて周りからいやらしい視線をあびてみたいです!黒革のブラに黒革のパンティ、黒革のコルセット、その上から黒革のワンピース、黒革のオペラロンググローブ、黒革のニーハイブーツ、そして黒革のトレンチコートと言う感じでしょうか!とにかく革以外の素材は身につけたくないのです!それともうひとつは私は革フェチのミスターレディでパートナーは本当の革フェチの女性で二人でレザーを着てショッピングに行きたいですね。もちろんレザーを買いに!そしてその後は二人でレザープレイをおもう存分楽しむ事です・・・・・もう革なしではダメな私なんです。


 上はあるレザーフェチ専用BBSのスレッドからの引用、なんとなく女装を始めた頃のchikaのフェチ傾向と似てる所があるので引用しちゃった。
  そういえばノーマルな女装用品以外で、初めて自腹で買ったフェテッシュグッズは全頭レザーマスクでしたね。
 女性下着とか化粧品とかは全然平気で買えたのに、レザーマスク買うときは凄く勇気が入りました。
 すっかり女の子してた時期で、一方は普通のお店、もう一方はアダルトショップなんだから、当たり前と言えば当たり前なんだけど。
 ラバーに填り込むのはもう少し後のことで、当時のパトロン的な人からマスク着用を強要された部分もあって、最初はラバーに対する嫌悪感みたいなものも少しあったし。
 chikaの身体が正真正銘のドロドロオカマ快感体質に変化して、レザーがマテリアル以上の意味はないようになってからですねラバーは、、。
 そんな感じで色んな意味でラバーとレザーはchikaにとって違いがあるんですよ。
でも一番違うのは、レザーは「男根的な存在」でラバーは「アナル的」ってことかな。
  えっ?そんなに哲学的な意味じゃなくてchikaのペニスがスロッビング・グリッスル(脈打つ男根)として機能してたのがレザー時代で、正真正銘ペニクリになってからがラバー時代という話なんだけど(笑)。                                                  
bb_chika.jpg  倶楽部に勤めだした頃は若いとゆーことだけで大事にされてて結構我が儘が効いたんですよね。
 例えばオーダーメイドのプレイスーツを簡単に作ってくれたりしたので、このレザーフェチとラバーフェチが混じったようなプレイスーツを持ってました。
(今でも企画書が通ればネットを通じて海外の珍しいラバースーツを取り寄せてくれたりしますが、あくまで企画書経由で、「おねだり」は効かないのです。とゆーか国内で手作りオーダーする方が高い。)
  今は着れませんね、、何故かってゆーとこのスーツ、高い勃起係数が必要だからです(笑)。
 当時はプレイがあまり上手くなかったchika、とゆーより倶楽部自体がショーパブみたいな要素を取り入れてて、こー見えてもダンスのまねごとみたいな事してたんですよ。
 一応、倶楽部にはフロアスピーカーがあってそこから重低音が効いたダンス曲のビートがズンズン、、出番だぁ、ドキドキおしっこしたぁいみたいな。
 暗転していた舞台の中央にスポットライトがあたって、そこに革のボンデージスーツに網タイ、エナメルブーツ姿のchika登場(恥ぃ)。 顔にはアイマスク、手には一本鞭、、笑っちゃう程、すっごく普通な女王様スタイルなんだけど、ちょっと違うのが身に付けている股間のレザーボンデージパンティ。
 いわゆるデルタエリアで、縦真一文字にくっきりと浮きだしているのはクレバスの割れ目じゃなくてチンポ山脈。
 この仕掛けは、ショーツの中心部辺りを縦細長のハート形に縁取ってくり抜き、そこを極薄の半透明ラバーに代替え。そこから見えるのはまるでチンポの真空パック。
 お客様の視線は全部戴きですね。こっちも見られてるってゆー刺激もあるし、なにより若いから、ペニクリの大きさと硬度はショーの間中、ずーっと変わらなかったですね。
 スポットライトが股間のペニクリに上手く当たるように計算して、その光がゴムの表面で反射したり屈折したり、そうするとペニクリの長さとか太さとか反り返りの角度なんかが凄く誇張されるわけ。
 ホント、自分で見てても判るんだけど、チンポの先端の膨らみからカリ首のカーブラインまでもう、くっきり。
 客席の興奮が伝わってくると、ラバーに覆われている股間部分が、付け根から真上に向けて縦真一文字にさらに怒張して裏筋の血管まで浮き出してるの。
 ドックンビクビクまさに、スロッビング・グリッスル。
正直、ステージの上で射精してしまった事も何度か。
 こーゆー体験をしてると、大昔から「男根信仰」が存在してる理由がよく判ります。
射精感覚も含めて男根って、力と飛翔感覚の象徴なんだよね。
 あー、なんだか若い時のこと思いだしちゃった。
 花芯も硬くてペニスもカチカチ、、、今度、カナザワに会ったらぶん殴ってやろう、、、それかちょっと重たいけどレザーバインダーアームとか持っていって奴の動きを封じてから、拘束専用のレザーマスクで顔面雁字搦め、フィニッシュはchika様の黄金水かけて高級ホテルに放置プレイとか、、。
 無理ぽいか、、でも何処かで真っ赤なレザーの長ランが見つかるかも、その時は全身ブラックラバーキャットの上に長ラン羽織ってカナザワの前で仁王立ちだよ。 もち股間のジッパー開けて、そこからはスロッビング・グリッスル!!


 HeartShaped.jpg


801pins0001pl.jpg  PS 前にも蝦頭娘で紹介したことのある超絶Jカップ娘・松嶋まりなちゃんのイメージDVD「BUST LANGUAGE」のご紹介。
 ・・ってchikaはこれ見てないんだけど(汗)。
日本人女性がラバー着てエロ媒体に露出してるの見るとどうしても応援したくなっちゃってサ。
 それにまりなちゃんて本気のラバー好きだから尚更です。
AV女優さんで、時々ラバーご着用があるけど、どこまで「好き」なのかなぁ、彼女たちにとってラバーは、やっぱ変な小道具に過ぎないんだろうなとか思うとゴムの病気なchikaはつまんないんですよ。
 だったら何で見てないんだよ~とか言われそうだけど、その原因はたった一つ、まりなちゃんのキョニュウ。
前のエントリーでは「巨乳でも許す。」とか書いたんだけど、やっぱ生理的にどうしても無理みたい。でも、まりなちゃん自体は好きなんだから矛盾してる(笑)。
『まぁまぁな程度のヘビーラバーも着ました。前からマスクは好きでしたが、ヘアー付きのマスクに憧れていて、今回念願叶ってかぶることが出来ました。しかも、真っ白なラバーテディーも超の付くお気に入りです。これもまた、ホワイトのラバーが着たいと前々から思っていました。ラバーといったらブラックが一般的だし、だからといってレッドも飽きたし、ラバーは汚れが付くと取れにくいので、一番軟弱的なホワイト、憧れていました。実はこのホワイトのラバーとヘアー付きのマスク、購入したものの一年以上も寝かせていました。何か特別な時に着たいと思っていたからです。』 
 このDVDに関するまりなちゃんの文章・・・すごく共感しちゃうよ。
 ヘヤー付きってか、コロ助トップのラバーマスク可愛いよね~。
 倶楽部じゃ淫汁飛び交うヘビープレイの時はあんまり使えないけど、ビジュアル前面に出す時には必須アイテムだし。
 パッケージの裏に、まりなちゃんがコロ助トップ被ってる写真がちぃいちゃく載っていたんで紹介しときますね。


n_801pins0001ps.jpgBUST LANGUAGE/ 松嶋まりな


フェティッシュの女王として君臨する松嶋まりなの最新DVD。ラバーやエロティックなコスチュームで彩る極上フェチ映像を満載。痴態の数々をお楽しみ下さい。  


 


 


                                                             







雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/01(土) 06:00)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア