FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 失楽園
006okpip.jpg


127187184542xx.jpg  「ワタシハ欧陽菲菲デス。アノォ台湾カラ来タネ、ドーゾヨロシクオネアイシマス!謝謝!!」っていう物まねから始まる、この会員さんの「ラブ・イズ・オーヴァー」は最高です。

自称、小柳ルミ子似のナイスミドルな菲菲ちゃん(笑)は、この蝦頭にも何度かご登場願っています。

『 初めておしりに指をいれてオナニーをした時?
なぜかわかんないけど、指をいれると、アナルがひろがったりとじたりして空気の漏れるような音がしてね、その音がちょうど女性がSEXするときの腟放屁のような感じでさ・・・一本だった指を二本ねじ込んじゃった。
大胆ってか、もうアナルに指を入れようとする時点で出来上がっちゃってるからイケイケよね。
指を入れる前の時点で前でずいぶん興奮してるから、アナルに指を入れて前を触らずに逝っちゃった。
こういう状態になるまでちょっと時間がかかるって聞いてたから、その時点で、わたしもう戻れないんじゃないかなーって気がしたわ。
でも本当に問題なのは、アナルオナニーじゃなくて、男のくせに男に抱かれるっていう妄想の方なのね。自分じゃホモは嫌とか思ってるし、、。
昔からAVなんかを見てる時でも、妄想上じゃすでに変態淫乱娘なのよね、で。男なのに男性のペニスで愛撫されよがり狂う自分を想像しちゃったり、AVを見てる間、自分もこの女優みたいになるんだとか、いろんな体位で愛されたいとしか思えなくなってるの。
男性の経験はもちろん、アナルでのオナニーの経験もほとんどない状態の時だって、いつもおしりがひくひくとうづいていたんだもん。
当然そんな妄想を抱きながらアナルオナニーするようになってたわね。
最初は指で、そのうちアナル棒とかディルドね。
時間はちょっとかかったけど徐々にアナルも柔軟になったし、そこそこ拡張されて、そんなに意識しなくても肉体的に自然にアナルで快感を感じる事も出来るようになったわ。
こういう倶楽部でchikaなんかと遊んでるからガス抜き出来てるけど、あのまま行ってたら、マゾってこともあるし、男との関係で行くところまで行ってたような気もするなぁ。
chikaみたいになれたらそれもいいけど、わたしじゃ絶対無理だし、、。
まあ今の状況がベストかなって思ってるの。』

b30dmbc001ps.jpg

  約束の日、chika様は幾つかの拘束具を持参されました。
わたしが以前からMだと言っていたからです。ただ、わたし自身、本格的なSMプレイの経験は無かったので、それらの道具を見ても期待と不安が半々という感じでした。
  お風呂で身体をきれいにした後、指の分かれていないグローブと、足首と腰が短い鎖でつながったベルトをはめられました。
  立つ事が出来ないわたしは四つんばいでいるしかありません。
 chika様は無言で革の全頭マスクを取り出し、わたしの耳に耳栓をはめた上からマスクを被せました。
 革の匂いに頭全体が包み込まれたと思ったら、その後、口の中に何かが押し込まれました。
  口に当たる部分は開口具になっていて鎖でつながったゴム栓がはめられてるのが後になって判りました。
  視界が全く遮られ、耳栓のせいで聴覚も奪われた状態で、四つんばいでいると、次に何をされるか全く分からない状況、、そんな被虐的な状況にわたしのペニスは今にも爆発しそうに勃起してしまいました。
  でもchika様はペニスには一切手を触れず、ラバーグローブにぴっちりと包まれた指をアナルに入れてきました。
アナルを十分開発していたので、普段なら女のように喘ぐところですが、開口具のせいで、ろくに声も出せずヨダレが口の中でダラダラ流れ落ちました。
  声を出せない分、わたしは腰を振って自分の淫乱をアピールしました。
 しばらくそんな状態が続き、chika様の指が抜かれたかと思うと、今度はアナルにchika様のペニクリがあてがわれズブズブとわたしの中に入ってきました。
  ドッグスタイルで光も音も無い世界の中、アナルを犯されていると、いつも以上に興奮し、間もなく頭の中が真っ白になってしまいました。
快感と言うより圧倒的な興奮、ワケがわかりませんでした。

a30dmbc001ps.jpg

  chika様は腰の動きを止めると、初めてわたしのペニスに手を伸ばしました。どうやら、わたしはトコロテンで射精してしまったようです。
  すると開口具の栓が外され、流れ落ちる貯まった唾液に逆流するようにchika様の指が口の中に入ってきました。
 その瞬間、自分の精液の味がしました。
  chika様はわたしが放出してしまった精液をわたしの口に戻したのでした。
  さすがに自分の精液を口にしたのは初めてだったので、首を振って逃げようとしたのですが、chika様のもう一方の手が頭を押さえこんでいるので逃げられません。
  また開口具のおかげで口を閉じる事も出来ません。
わたしの口の中は自分の精液だらけになりました。するとアナルに挿入されていたペニクリが抜かれ、今度はわたしの口に入ってきました。
  フェラには慣れていましたが、口が閉じられないので、いつもとは違います。
そのうちchika様の両手がわたしの頭を掴み前後に振り出しました。
フェラしているというより完全に口を犯されているという感じでした。
  そしてchika様の大量の精液が喉の奥に放出されました。
最後の一滴まで放出するとペニクリが抜かれ、再びゴム栓がはめられてしまいました。

d104magd00026ps.jpg


c104magd00026ps.jpg   わたしはすでに四つんばいでいる事も出来ず床に崩れ落ちましたが、そんなわたしのアナルに再び何かが入ってきました。
今度はペニクリではなくバイブでした。
  さらにchika様の手は、わたしの萎えたペニスをしごき始めました。
  すでにわたしの頭の中は真っ白で意識が飛びそうになっています。
それ以降の事は夢うつつで殆んど記憶に無いのですが、ふと気がつくと拘束具は全て外され、ベッドの上でchika様に腕枕されている状態でした。
すごくいやらしかったよ、と笑いながら言うchika様の前でわたしは恥ずかしさのあまり顔を背けてしまいましたが、わたしが今まで経験した事のない快感を感じた事は間違いありません。
  その日以来、chika様の専属マゾ牝としてのお付き合いが始まりました。
chika様の命令で常にパイパンを義務づけられ、アナルには24時間バイブをはめられています。
そして毎週必ず見知らぬ男性に抱かれる事も義務づけられました。
  chika様と会えるのは多くとも月一度ぐらいなのですが、chika様に会うたびに、どこでどんな男性に抱かれたのか詳しく報告させられます。
  わたしの報告した内容がchika様のお気に召さなければ、抱いてもらえません。
ですから、よりいやらしい報告をするために、下手ながら完全女装して夜な夜な娼婦のように出歩くようになりました。
昼間はまだサラリーマンとして働いていますが、自分の中では完全に女装娼婦になってしまいたい気持ちが日増しに大きくなっているのを感じています。
  こんなわたしは大丈夫でしょうか、、。


a104magd00026ps.jpg 上のテキストは実際のプレイを土台にして、会員さんの性的ファンタジーを交えて書いています。
「専属マゾ牝」なんてありえませんし、「毎週必ず見知らぬ男性に抱かれる事」なんかも義務付けられるわけがありません。
でもそれこそがポイントなんですよね。
   この会員さんの場合、ネックになっているのは「通常のサラリーマンから女装娼婦奴隷に墜ちてしまうという不安感」そのものが性的ファンタジーになっているということなんです。
   実際はこの会員さん自身は相当な地位を既にお持ちだし、女装遊びと言っても会員制倶楽部という安全圏の中の事だから、墜ちていく心配ということは殆どないわけですが、だからこそ、逆に若い頃に感じていた墜落の快感が忘れられないというか、何度も何度もその妄想が顔を覗かせるようです。





4tcd049ps.jpg

  chika様は普段は知的なムードの優しい雰囲気の人ですが、わたしがマゾの本性を曝け出すと人が変わったように厳しく責めて来ます。
でも基本的にはわたしの体を気遣ってくれてるようです。
先日の金曜日の夜もchika様に可愛がって頂きました。
待ち合わせ場所のパーキングのトイレで着替え、車の中でお化粧を整えてchika様を待ち、わたしの横に停めたchika様の車に乗り変え、夜の8時間頃にホテルへ。
少し汗ばんだ体をシャワーで流し、もう一度お化粧を直してセクシーな超ミニのワンピースにお着替え。
それなのにchika様の意向でカップレスブラにTバックのパンティだけの姿に戻らされて部屋の床の上に座ります。
いつもは最初は優しく徐々に厳しくなるパターンなのに、この日は最初から厳しい口調で責められました。
後ろ手に縛られ乳首にはクリップをつけられ「あたしと会ってない時に一人で慰めただろ」と言われました。
「してないです」と本当の事を言っても、わたしの頬を軽く打って「変態のお前がしてないはずがないわ、本当のことを言いなさい」と乳首を挟んだクリップを引っ張り、もう片方の手でペニクリを弄られました。
痛みと快感を同時に与えられ、わたしは一瞬で淫乱なオカマ奴隷に変身します。
それを確かめたchika様が「鞭が欲しい?」と耳元で囁きかけてこられたので「はい」と答え膝をついて上半身をベッドに預けるような体勢で、chika様に差し出すようにお尻を突き出しました。

3tcd049ps.jpg

後からいつ襲ってくるか予測のつかない痛み。
肉体的には苦痛しかありません。
でも体とは別の快感があるんです。
  苦痛に堪える快感なのか?それともサディストの性欲を受けとめる悦びなのでしょうか?
 お尻に容赦ない鞭の痛みが走り、わたしが一瞬仰け反ると「尻を叩かれたいんだろ?だったら逃げないで尻をふって催促するの」わたしは命令に従い、お尻をクネらせておねだりのポーズをとり、何度も何度もお尻を鞭で打たれました。
  鞭の調教が終わると再び後ろ手に縛られ、スキンをはめたローターをアナルに挿入されました。
  ベッドに腰をかけたchika様と向かい合う状態で立たされ、アナルに入ったローターの振動で自然にペニクリが膨らんでしまい、それを見たchika様がペニクリに触れてきました。
  本当は弄って貰いたいくせに…体を捩って「やめて」と言いました。
  それを拒否する事で女性のような気持ちになるからです。

1tcd049ps.jpg

   chika様がローターのスイッチを入れたり切ったりを繰り返すので、わたしは堪え切れなくなってしゃがみ込んしまいました。
   後ろ手に縛られたまま、犬のようにchika様の股間に顔を埋めました。
口と鼻を上手に使って、chika様の股間の匂いを楽しんだ後、ファスナーを引き下げます。パンタロンの前あきファスナーからにょきっと現れたchika様のP…。
   長さも太さも小ぶりですが女性を感じさせないくらいに元気に立っていて、愛とおしさが込み上げます。
茎の根元からチョロチョロと舌を這わせ、カリの裏側をペロペロ…そしてお口でパックリと…。
   その後一旦休憩になって、トイレに行こうとしたわたしをchika様が引き止め、強引に浴室へ連れていかれました。
向かい合ってしゃがみ込んだchika様がわたしのペニクリを掴み、早く出すように催促します。恥ずかしくておしっこが止まっちゃった感覚。
   でも我慢しきれずにチョロチョロっと漏れ始めると、栓を抜いたように勢いよく放たれ、chika様がそのペニクリを掴んで自分の胸に浴びられました。
   chika様の綺麗な恍惚の表情を見て、なんだかそれが自分であるような奇妙な感覚に陥りました。
そのまま浴室でchika様の身体を洗ってあげ、代わりにchika様からアナルのお掃除をして貰い、再びベッドルームへ。
   既に下着は脱ぎ捨て、お化粧は半分落ちた汚カマ状態…。
ベッドに仰向けに寝たchika様の横に寄り添い、唇を重ね足の指先から乳首まで舐めつくしました。
そして体勢を入れ替えてchika様からの愛撫。四つん這いされ、お尻に顔を埋め舌先でアナルを責められます。
これが凄く気持ちいいんです。ニョロニョロっていた感じ、まるで金魚がアナルで蠢いてるみたいな感触。
それと同時にペニクリにも愛撫を加えられ、徐々にchika様の舌先がわたしのアナルの中に入ってきます。
   わたしはいきそうになるのを我慢して入れて欲しいとお願いし、ようやくchika様のおちんちんがわたしの中に埋め込まれます。

2tcd049ps.jpg

   性処理の道具としてわたしの穴が使われている…。
そう考えると、幸せな気持ちになります。
そしてchika様がフィニッシュ。自分の精液と違ってchika様の精液の美味しいことは判っているのですが、今日のchika様はそれを許してくれる雰囲気ではありません、、。
   わたしはchika様の目の前でスキンをつけペニクリを慰め、放出した精液をchika様に差し出します。
chika様はそれをちらりと確認して、わたしに口を開けるよう命令してからそれを飲ませてくれます。
ああchika様の精液が飲みたい。今度は飲ませて、、。
   また会って貰えるのでしょうか?捨てられる日が来るのでしょうか?不安でいっぱいですが、今は幸せです。



2juc00428ps.jpg

 1juc00428ps.jpg   男性と性的パートナーシップを結んでいる間は「その男性に捨てられるのではないか?」とゆー感覚がかなり強くあるようです。
もしかしたら、女装子さんの場合はそれは女性のそれよりもっと現実的で切ないものかも知れませんね。
そしてその感情が「もっともっとオンナになりたい」という形になり、精神的に女装を強化する働きを持つ場合が多いみたいです。
chikaは、男装をして「彼女」たちの相手をする男としてプレイをする事が結構たくさんあります。
「行きずりではない男との性的な深い関わり」。これが一番、実生活では深入りをすると後戻りが難しく、また破滅へのリスクが多いことだからでしょうね。







  以前の女装の楽しみ方は、化粧をしてウィッグをつけ、セクシーな下着をつけて写真撮影。
最後はバイブでアナルオナニーみたいな感じでした。
そしてその写真をネットの女装子掲示板に投稿したりして楽しむのです。
ところが最近、実際に男の人とエッチしたいという願望が抑えきれなくなって来たのです。
そこで以前に何度か男モードで下見に訪れている市内某所のハッテンサウナに意を決して出かけました。
個室で化粧し、ウィッグをかぶり、お気に入りのランジェリーをつけ大部屋に向かいました。
自分ではまあまあだと思っていても、最近のオトコノコ達にはかなう筈もありません、相手にしてくれる人がいるかしら??と不安に思いながら布団の上に座っていると、ほどなくある青年が近づいてきて、無言でわたしの体を手で舐めまわすように触って来るのです。
「俺?チカオ。」
勿論ホントの名前とは思えませんが、こちらの問いかけに応えてくれるだけでも好感が持てました。
それに凄い美少年なんです。

3juc00428ps.jpg  チカオ君は後ろからわたしのオッパイを両手で揉んできました。
そしてそのうち仰向けに倒されショーツをはぎ取られました。
チカオ君はわたしの足を広げ、ちんぐりがえしの状態にして、あそこをまじまじと眺めました。
わたしのあそこは包茎短小で、普段は親指くらいしかありません。
だから恥ずかしくてたまりませんでした。
チカオ君はわたしのペニクリ、タマタマ、アナルと恥ずかしい所をペチャペチャといやらしい音をたてて舐めまわしました。
わたしは初めての快感に声を殺して悶えていまいました。
すると今度はわたしの顔の上にまたがり、大きくなったペニスを見せつけ黙って催促しました。
わたしは目の前にある大きくそそり立ったモノに理性をなくし、生のままむしゃぶりつきました。
夢にまで見たおちんちんをわたしは夢中でしゃぶりました。
しばらくするとチカオ君はフェラを制止し、持参したゴムをペニスに被せました。わたしはローションをアナルにたっぷりと塗りました。
チカオ君はそそり立ったモノを正常位で挿入してきました。
「痛っ!」。
激痛が走りました。
拡張してきたつもりでも、巨根をいきなり入れられ、わたしは痛さで身をよじりました。
チカオ君は最初はゆっくりとピストン運動をしていましたが、やがて激しく腰を前後に振り始めました。
チカオ君がわたしの中に勃起したペニスを突っ込み夢中で突いている、と思ったら何ともいえぬ喜びと興奮に包まれました。
わたしはチカオ君の耳元で「お願い!最後はお口に出して」と囁きました。
間もなくチカオ君は絶頂の手前でペニスを引き抜き、素早くゴムを外し、ペニスをわたしの口にねじ込んできました。
その瞬間、大量の精液が口の中に注がれました。
わたしは先っぽをチューチューと吸い上げ、最後の一滴まで飲み干しました。
幸せの味がしました。
チカオ君はことが終わると「気持ちよかったよ」一言言い残して去っていきました。
わたしは脱力感のなか、口に残る精液の味とお尻の穴にまだ太いものが入っているような感覚の余韻に、しばらく浸っていました。
チカオ君の雄の性処理の道具になったような屈辱感と、チカオ君がわたしの体を使って果てていったという満足感が複雑に絡み合っていました。

a104shed54ps.jpg

これなんかは定番になりつつあるショートなロールプレイです。
このケースでは会員さんに、わざとメイクをあっさり目にするようにアドバイスしています。
軽く女装した程度の男よりの状態 で、男に犯される倒錯感を演出する為です。
心の女装で逝くと言ったらいいでしょうか。
  chikaは何度かこの蝦頭の中で「快楽=死」みたいな公式に基づく考察を述べてきましたが、勿論その公式の上に立って「バランスさえ崩さなければ問題ないじゃないか。死の危険のない程度に、適度な快楽を味わえばよいじゃないか。」「死ぬまでやるなんてバカ。命を落とすような快楽追求など意味無し。」という常識的な提案もしてきました。
しかし「バランスを崩すこと自体に快楽がある」と、テレビでもよく見る博学卓識の荒俣宏氏は指摘しています。
いわゆる「破滅欲」ですね。
フロイト一派ではタナトスと命名されている「死への欲求」というものでしょうか?
「蕩尽と、刹那的な一瞬の行為、破壊と破滅が、快楽の特徴であり、快楽を本気で求めると生を蕩尽させ死んでしまう」、、。
ぶっ飛んだ純粋快楽主義者ほどは、バランスを崩していないフツーの人が日々味わっている快楽の裏にも、うっすらとはですが、死と破滅が、毒のようにあることは、覚えておいた方が良いかも知れませんね。
もっとキモチよくなりたいという衝動の影には常に危険が潜んでいることも。



b104shed54ps.jpg

104shed54pl.jpg

ニューハーフVSニューハーフ 不純同性肛遊 学ランニューハーフと女子校生ニューハーフ

学校で禁止されている男女間のいけない交際の「不純異性交遊」をニューハーフ同士がしていたらという妄想を映像化。学ランを着たニューハーフと女子校の制服を着たニューハーフが互いのペニクリと肛門を使って「挿れて挿れられ」イケない事を沢山しちゃいます!!完全撮り下ろしで人気ニューハーフ6名収録!!射精シーンも多数収録されてます!!

h_436daga00016pl.jpg

猿轡のこだわり 16 布さるぐつわ連続装着 3

生意気な女の抗う声が、口に布きれを装着することによって心地よいくぐもりとなってゆく…何を言おうとしているのかなんて、知ったことではないのだ…




104fsmd10pl.jpg
初姫 大きなペニクリは好きですか!? ニューハーフ彩瀬まい


モデル系べっぴんニューハーフ彩瀬まいちゃんがデビュー。ドMなまいちゃんはバイブでアナルを責められた後チンポをねだって、スパンキングされながら大昇天! 激しく犯され快感で漏れ出る喘ぎ声が止まらない…そんなカノジョの凄さは留まることを知らない絶倫度にあり! オナニーで! ハメられて! 18センチの巨大ペニクリから飛び散る大量のザーメンが計4発も! 初めてながら責められ、舐められ、挿れられまくる149分間です!






















111mhd00052pl.jpg 美人女医の悦虐調教 羞恥倒錯診療

女医の奏のもう一つの顔は、医療プレイを得意とする女王様。白衣の下に隠されたボンテージとインテリジェンスに富んだ奏先生に調教されることを妄想し続けたM性の患者・佐藤は、病気でもないのに数十回に渡り診察に通い詰めていた。「奏先生に気に入られれば特別治療をお受けできるとM仲間に聞き、通い続けていました。どうか調教を受けさせてください!」と迫る佐藤を奏は断るが、何度も懇願され、そこまで言うならM仲間にも誰にも言わないとの約束で、診察室の鍵を掛けた。その瞬間から、秘密の調教部屋での特別診療が始まる…
























kaz00070pl.jpg Fantasticフェラチオコンピレーション8時間!

ディープスロート・玉舐め・亀頭吸引・裏筋舐め…。口をすぼめ、欲望のままに男のイチモツにシャブり付く!尿道の奥からザーメンを吸い取る極上フェラチオ25人25発射!フェラ三昧!もう精子が出ません…。
















































 




雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/10/30(土) 08:49)

 ブタラバー
1286913820224.jpg

index:キテレツ大百科 ブタゴリラ
二次元裏@ふたば

画像ファイル名:ブタラバー


    キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

a7a5f2e9.jpg …    10/10/13(水)05:04:23 No.98556468

    いつもこんな格好かよ・・・

…    10/10/13(水)05:04:59 No.98556478

    だから早朝はこういうの反則だって!!

…    10/10/13(水)05:05:01 No.98556480

    ラバーフェチはなんでもありかよ…

…    10/10/13(水)05:05:34 No.98556492

    頭おかしいんじゃないか(いい意味で)

…    10/10/13(水)05:05:35 No.98556493

    「らっふぁい」

…    10/10/13(水)05:05:55 No.98556510

    これで店に出てきたら怖いよ!

…    10/10/13(水)05:06:01 No.98556514

    ブタラバーで限界だった

…    10/10/13(水)05:06:36 No.98556530

    バーカ!バーカ!

…    10/10/13(水)05:07:05 No.98556545

    メシ食って戻ってきたらなんだよこの騒ぎ!

…    10/10/13(水)05:07:33 No.98556552

    この姿だと大根の意味合いが変わってくる

…    10/10/13(水)05:07:43 No.98556555

    え!真空パックフェチって亜種じゃないんですか?

a7a5f2e9b.jpg …    10/10/13(水)05:08:22 No.98556569

    サラダバー!

…    10/10/13(水)05:08:55 No.98556579

    >「らっふぁい」
    「ラッバァい」でもいいかもな

…    10/10/13(水)05:09:52 No.98556601

    ここあ!
    ここあそふとだ!

…    10/10/13(水)05:10:26 No.98556620

    ああ発明品ってそういう…

…    10/10/13(水)05:11:08 No.98556637

    ぶたらば!

…    10/10/13(水)05:11:40 No.98556650

    友達にサルグツワとかいるんだよね

…    10/10/13(水)05:12:23 No.98556663

    アァオゲレツ大百科ってそういう…

…    10/10/13(水)05:15:00 No.98556712

    やめろよまるでカオルちゃんがブタゴリラって呼ばれて喜んでる変態に見えるだろ!!

…    10/10/13(水)05:15:48 No.98556725

    変脳スレで普通にありそうで困る

…    10/10/13(水)05:16:27 No.98556738

    「あ、ブタゴリラじゃないか」
    「ぶほぉ!」
    「おーいブタゴリラぁ」
    「ふほぉ!」
    「あらブタゴリラくん」
    「んほぉぉぉ!!」

…    10/10/13(水)05:16:35 No.98556741

    トンガラバーとつるんでるのだね

…    10/10/13(水)05:17:51 No.98556772

    ブタゴリラは酷い名前だがこのブタラバーはブタラバー以外の名前で呼べないほどのフィット感

…    10/10/13(水)05:18:44 No.98556787

    「(作者)」は酷い生物考えさせたら天下一品だね!!

…    10/10/13(水)05:19:13 No.98556797

    >やめろよまるでカオルちゃんがブタゴリラって呼ばれて喜んでる変態に見えるだろ!!
    元々カオルって名前が女っぽくて嫌だから自分でブタゴリラって名乗ってるんだろうが!

…    10/10/13(水)05:19:34 No.98556811

    「(作者)」よ
    かおるちゃんいじめるんじゃない
    たけしにしなさい

…    10/10/13(水)05:20:17 No.98556828

    ブタとゴリラは単品だと悪口っぽくてイヤだから
    ブタゴリラって名乗ってるんだぞかおるちゃんは!!

…    10/10/13(水)05:20:32 No.98556839

    >「(作者)」は酷い生物考えさせたら天下一品だね!!
    ただのラバーフェチじゃないっすかこれ

bgka_sa_02.jpg …    10/10/13(水)05:21:37 No.98556864

    >>やめろよまるでカオルちゃんがブタゴリラって呼ばれて喜んでる変態に見えるだろ!!
    >元々カオルって名前が女っぽくて嫌だから自分でブタゴリラって名乗ってるんだろうが!
    俺のことはブタゴリラと呼んでくれ!もちろんカオルという名前が嫌だからだ!それだけだからな!

…    10/10/13(水)05:21:46 No.98556866

    朝にこれはつらい

…    10/10/13(水)05:22:59 No.98556892

    ブタゴリラはこれにして新シリーズとかやってくんねえかな

…    10/10/13(水)05:23:53 No.98556905

    >ブタゴリラはこれにして新シリーズとかやってくんねえかな
    情操教育に悪いから静岡だけで放送な

…    10/10/13(水)05:24:12 No.98556910

    ラバーのテカリ具合が顔に見えるのが嫌だ

…    10/10/13(水)05:24:44 No.98556917

    狂気が垣間見えたよ…

…    10/10/13(水)05:24:50 No.98556918

    「いつもそのかっこうで暑くないナリか?」
    「んほぅっ!」

…    10/10/13(水)05:25:27 No.98556932

    これはガンスルーするな、勉三さんは

…    10/10/13(水)05:25:40 No.98556934

    「んほっ!ふぁっほっぅ!」
    「ほらブタラバーもああ言ってるじゃないか」

…    10/10/13(水)05:26:24 No.98556945

    言葉が分かるのかキテレツ…

1snyd00072ps.jpg

…    10/10/13(水)05:27:15 No.98556963

    なんか放送時間的な意味でガキの使い思い出す

…    10/10/13(水)05:27:31 No.98556971

    ガキの使いじゃねえやごっつだ

…    10/10/13(水)05:27:34 No.98556975

    OPも全部ブタラバーに差し替え

…    10/10/13(水)05:27:51 No.98556978

    >なんか放送時間的な意味でガキの使い思い出す
    笑ってはいけないって条件でこれはきつい
    ブタラバーって

…    10/10/13(水)05:28:09 No.98556985

    笑いすぎて頬が痛い

…    10/10/13(水)05:28:14 No.98556986

    睡眠不足すぎる…

2snyd00072ps.jpg

…    10/10/13(水)05:29:06 No.98557002

    睡眠不足より酸素不足が心配だろう

…    10/10/13(水)05:30:12 No.98557026

    栄養不足も心配だ
    大好きな野菜も食えねぇぞ

…    10/10/13(水)05:30:19 No.98557030

    父ちゃんと母ちゃんは普通にカオルって呼ぶんだろうか

…    10/10/13(水)05:30:52 No.98557040

    ほっはぁっ(らっしゃい)

…    10/10/13(水)05:31:02 No.98557044

    ブタラバー、ラッシャーイ

…    10/10/13(水)05:32:05 No.98557062

    これ空気穴ありませんよね…

…    10/10/13(水)05:32:11 No.98557066

    プリンセスラバー

…    10/10/13(水)05:32:18 No.98557070

    今日から豚バラを純粋な目で見れなくなる

…    10/10/13(水)05:32:31 No.98557075

    >父ちゃんと母ちゃんは普通にカオルって呼ぶんだろうか
    ブタゴリラ状態でもカオルって呼んでるんだからそうだろ

…    10/10/13(水)05:33:04 No.98557083

    MIOちゃんとか反応に困るんじゃないのか

…    10/10/13(水)05:33:22 No.98557087

    時々酸欠でぶっ倒れて痙攣しながら見切れてそうだな

…    10/10/13(水)05:33:50 No.98557099

    ブタラバー「んほっ!んほほぉっ!ほぉっ!」
    トンガリ「それを言うならキャベツじゃなくて差別でしょっ!」

    ボカッ!

    トンガリ「ママーーー!」

3snyd00072ps.jpg

…    10/10/13(水)05:34:59 No.98557122

    >「んほっ!ふぁっほっぅ!」
    >「ほらブタラバーもああ言ってるじゃないか」

    >言葉が分かるのかキテレツ…
    キテレツが妙に冷静で、キテレツが仕組んだことに見える

…    10/10/13(水)05:36:49 No.98557145

    んもぉう!それを言うならビンテージじゃなくてボンテージ!

…    10/10/13(水)05:37:12 No.98557151

    野菜は全てビシッとラップで包まれてるんだよね

…    10/10/13(水)05:37:44 No.98557160

    好きな野菜はナス

…    10/10/13(水)05:37:45 No.98557163

    アロマ企画とかSODの領域だ…

…    10/10/13(水)05:38:01 No.98557166

    野菜好きってまさか・・・・

…    10/10/13(水)05:38:21 No.98557172

    >野菜は全てビシッとラップで包まれてるんだよね
    いや、ここは野菜も全部ラバー包装ってのはどうでしょう

…    10/10/13(水)05:38:29 No.98557173

    酷過ぎてあごがいたい…

…    10/10/13(水)05:39:19 No.98557186

    とりあえず発言全てに和訳テロップが付く

…    10/10/13(水)05:40:26 No.98557203

    呼吸の度にペコペコ口元がへこめば完璧だな

…    10/10/13(水)05:40:27 No.98557204

    >>野菜は全てビシッとラップで包まれてるんだよね
    >いや、ここは野菜も全部ラバー包装ってのはどうでしょう
    黒一色の八百八

…    10/10/13(水)05:41:13 No.98557215

    見切れててもうるさい呼吸音

…    10/10/13(水)05:42:02 No.98557232

    >栄養不足も心配だ
    >大好きな野菜も食えねぇぞ
    はらるはらふぃれるぞ!(アナルから入れるぞ!)

…    10/10/13(水)05:42:16 No.98557237

    >黒一色の八百八
    お前…まだ早朝だってのに笑いが…

…    10/10/13(水)05:42:44 No.98557245

    「よーし、できたぞ」
    テーッテテーッテテレテテーテッテッ

    [グリセリン液]
2rbd00089pl.jpg

…    10/10/13(水)05:43:12 No.98557256

    ゴリラコラかなーと思ったらもっとおぞましい何かだった

…    10/10/13(水)05:43:20 No.98557257

    声に出さない独り言は普通の音声だったりする

…    10/10/13(水)05:43:24 No.98557260

    この状態で恐らく周りが見えてるであろうという驚異

…    10/10/13(水)05:45:13 No.98557281

    何故か店先に普通に置いてある掃除機
    「今包みますねー」ギュィィーンブゴッブボボボ

…    10/10/13(水)05:46:02 No.98557295

    なんでラバーの上から帽子をかぶってるんだよ!

…    10/10/13(水)05:46:47 No.98557313

    ンフーンフー

…    10/10/13(水)05:47:19 No.98557327

    見切れててても動くたびに画面外からゴムの擦れあう音がするんだな

…    10/10/13(水)05:48:11 No.98557350

    この物語はブタラバー視点で進むんだね

…    10/10/13(水)05:48:15 No.98557351

    >見切れててても動くたびに画面外からゴムの擦れあう音がするんだな
    笑いを堪えるいつものメンツ…地獄絵図だな

…    10/10/13(水)05:49:20 No.98557367

    小学生の段階でラバーフェチは危険過ぎる…

…    10/10/13(水)05:50:30 No.98557382

    みよちゃんは多分視線を合わせず別の話をしながらブタラバーの乳首をねじったりする

…    10/10/13(水)05:52:13 No.98557414

    >みよちゃんは多分視線を合わせず別の話をしながらブタラバーの乳首をねじったりする
    絶対パドル持ってるな

…    10/10/13(水)05:52:53 No.98557426

    >見切れててても動くたびに画面外からゴムの擦れあう音がするんだな
    「困った事になったナリ」
    「とにかくベンゾウさんに聞いてみよう」
    キュッキュッ
    「そうねそれが一番いいわ」
    パツンッ ペリペリ

…    10/10/13(水)05:54:51 No.98557460

    朝から笑い殺すつもりか!

…    10/10/13(水)05:55:27 No.98557469

    >この状態で恐らく周りが見えてるであろうという驚異
    「熊田ぁーっ、教科書くらいちゃんと読まないか!」
    「フゴォフゴォー!」

…    10/10/13(水)05:57:30 No.98557501

    「キテレツぅ~!ブタラバーがまた痙攣してるナリぃ~」

…    10/10/13(水)05:57:47 No.98557508

    >「熊田ぁーっ、教科書くらいちゃんと読まないか!」
    >「フゴォフゴォー!」
    お腹痛い

…    10/10/13(水)05:59:36 No.98557534

    「どうしたナリかブタラバー?顔色が悪いナリよ?」

ygu87777.jpg

…    10/10/13(水)05:59:38 No.98557535

    >「キテレツぅ~!ブタラバーがまた痙攣してるナリぃ~」
    大丈夫、蹴ったら治る蹴ったら(ドゴオッ!!

…    10/10/13(水)06:00:49 No.98557555

    (膨らんだり萎んだりするマスク)

…    10/10/13(水)06:03:50 No.98557599

    これと遠距離恋愛してるタエちゃんが奇特過ぎる…

…    10/10/13(水)06:04:54 No.98557611

    「今日はホースが付いてるから安心ナリー」
    ホースの行き先はもちろん股間

…    10/10/13(水)06:05:28 No.98557619

    過去に行ってブタラバーがいつからブタラバーかみるナリか?

…    10/10/13(水)06:05:32 No.98557622

    >これと遠距離恋愛してるタエちゃんが奇特過ぎる…
    勿論タエちゃんもタエラバー
    ラバーだけに

…    10/10/13(水)06:05:39 No.98557624

    >「今日はホースが付いてるから安心ナリー」
    >ホースの行き先はもちろん股間
    突然鳴り出す道具出す時のあの音

…    10/10/13(水)06:07:08 No.98557639

    >これと遠距離恋愛してるタエちゃんが奇特過ぎる…
    何かのリモコンを肌身離さず持ってるよ
    気まぐれにON-OFF切り替えてブタラバーの事を何時も想ってる

…    10/10/13(水)06:07:11 No.98557641

    「だからブタラバーのはノイローゼじゃなくてチアノーゼ!」

…    10/10/13(水)06:10:21 No.98557671

    >「だからブタラバーのはデリカシーじゃなくてエクスタシー!」

…    10/10/13(水)06:14:15 No.98557719

    わかった、声じゃなくてこいつだけ字幕が出るんだな

…    10/10/13(水)06:21:23 No.98557803

    >気まぐれにON-OFF切り替えてブタラバーの事を何時も想ってる
    んぼぼぉおぉ!?

…    10/10/13(水)06:23:34 No.98557834

    >んぼぼぉおぉ!?
    ブタゴリラ君どうしたの?きめぇよ

…    10/10/13(水)08:12:11 No.98559850

    台詞が…台詞が完璧に再生されるんだ…
    たすけて

…    10/10/13(水)08:55:41 No.98560745

    最近の小学生は進んでるなあ…

e77crz00233pl.jpg

b77crz00233pl.jpg ブタラバー カオル

廃屋。いや違った、格安料金で彼が借り受けている田舎屋敷の中で、chikaの『開発』が始まった。
また、目隠しされて屋敷の奥まった部屋に入る。
今日の目隠しはレザーではなくて、分厚い幅のあるラバー布だ。後頭部の髪の毛が巻き込まれる感じがしないのは、後ろで縛る部分とかを細くするような工夫がしてあるのかも知れない。手の込んだことだ。それでもラバー特有の圧迫感や密着感は充分ある。
カオルのこだわりなのだろう。
「これSMで使う道具でしょ?」
カオルは憮然とした声で、
「違うよ。厚みだとか質感だとか色々考えて特別に作ったものだ。まあラバーに慣れる為のトレーニング用だよ。そのうち頭から首の根本までの全体を覆うマスクをして貰うけど、それも玩具みたいなもんじゃないからね、凄いよ。そこらへんの安っぽいまがい物と一緒にされたら困るわけ。」
部屋で裸にされて新しいブリーフみたいなものを履かされた。それに足首を通す前に、そのブルンとして冷たい生地で下半身をマッサージされる。悔しい事に、その感触がすごく気持ちが良い。
これもラバーで出来ているようで前の開きはなく、はきおわるとchikaの腰にぴったりと吸い付く。
「今はいてるの女物のゴムパンティ?」
chikaもただなすがままになっているのではない、カオルのズボンの上からペニスを掴んで揉んでいる。
相手が動くし、こちらは目隠しだから優しく愛撫というわけには行かないけれど、それでも充分、刺激を与える事が出来ている筈だ。
「そうだね・・・chikaが着けるとブリーフじゃなくてパンティと言った方がピッタリだな。」
「へへ・・・ストリップショーのお兄さんになった気分」
「胸があったら充分、お姉さんでも通る。腰を色っぽく動かしてごらん、」
chikaはストリップダンサーがやるように、見えないカオルに向かって腰を振り出した。彼を挑発するように。
chikaは自分の体型に自信があった。自分の体が男好きがするのもよく知っている。男としては腰骨が大きいのだ。乳房はまだ大きくないけど、ヘテロでも小さい乳房が好きだという男は沢山いるから、そちらの方はchika程度の膨らみで充分。第一、服を着たらバストなんていくらでも誤魔化せる。
カオルがごくっと生唾を飲む音がした。
「ふふ・・・いいね。それがこれからもchikaの武器になる。」
男娼としての値踏みをしてくれてる?こんな場面で?、いやに冷静だ。カオルの欲望はchikaよりも、ラバーを着けたchikaに注がれるのだろう。

d77crz00233pl.jpg

a77crz00233pl.jpg 「貴方って我慢強いんだ。」
「開発中だからね!」
彼はchikaの手を取ると後ろに回した。
そして革の拘束具を手首に嵌めだした。
「縛るの・・・?やっぱりSM・・・?」
カオルは手を止めて言った。
「ああ・・・嫌かい?『開発』中は君の自由を奪いたいんだ。SMは『苦痛』も与えるけど『開発』は快楽しか与えないよ、だから大丈夫、ラバーの味を知って貰う前に逃げて欲しくないからね。まあchikaなら大丈夫だろうけど。」
「・・・」
chikaは何も言わなかった。
こーゆー相手でも、危険が無ければ縛られるのは嫌いじゃない。
でも危険じゃない『遊び』は、面白くない気もしている。我ながら呆れる性分だ。
彼はまた彼の言う『開発』を再開した。
chikaの両腕は後ろで組み合わされて、手首にされた革帯に付いているゴムバンドで巻かれ、ぱちんとホックで固定された。
肩の下の両方の太腕に、やはり革の帯が巻かれ、それに吊るように手首の帯の輪にバンドが通された。手を下げようとしても太腕が引っぱられ下げられない。
自然に胸が突き出る。
chikaは興奮で少し呼吸が速くなった。心のどこかで貧乳の自分の乳房を恥じていて、それを無理矢理さらけ出された事に興奮してる?サドのくせにマゾ。
期待感で、ラバーのパンティの下でペニスが少し堅くなった。でもぴっちりとした生地に邪魔されて完全に勃起することが出来ない。
カオルが耳元で囁いた。
「だんだんとそこが濡れてきて大変なことになるだろうね?」
カオルは、chikaを背もたれのない椅子に座らせた。
膝を両側にある膝当ての様な台に当てて、そこに革バンドで拘束した。背を伸ばす習慣を付けるための馬の鞍みたいな椅子があるけど、どうもこれも開発に関する『探求品』らしい。
chikaは背を曲げるのがかえって苦手で、こういう姿勢はへいちゃらだ。
座る部分は自転車のサドルの様で、会陰に当たる部分が盛り上がっている。ラバー越しの圧迫に、chikaは少し溜め息を突いた。くやしいけれど上手くできている。
カオルがそれを見て言った。
「男の子の会陰は、色々な性に関係する神経やら管が通っているんだ。漢方では強精の為にそこに針を打つこともあると言うよ。セックスした後、そこを押すと気持ちいいだろ?」
chikaの女装してる時の姿を充分知っているくせに、カオルはあえてその事を無視している。カオルが「男、男」と言うのは、chikaの気を引くための作戦かも知れないが、chika自身、女装時の自分にウェイトを置いているから、こういう無視の仕方にはついついムキになってしまう。
それが相手の思うツボなのだけれどそれが止められない。

c77crz00233pl.jpg

f77crz00233pl.jpg 「・・・男の子の体のことは何でも知ってるみたいね?」
「・・・正しくは、味わうための知識、だね。ラバーで調理する。出来上がりは果てしなくオンナに近いが、まあそれはとりようだ。僕らみたいな人間は表面的な性別にはあまり興味がない。」
「あは!変態!そんなのに自分の人生のエネルギーの大半を使ってるわけ?」
「・・・君のような子がこの世に生まれる限りはね、さあ、無駄話はこれくらいにして始めるよ!いいね?」
時々、かっこいい台詞をスラリと言う。たかがラバーフェチのバイセクシャルなくせに、、。
カオルは、chikaの膝下のバンドを少しきつめに締めると、さらにふくらはぎと伸ばした足首もバンドで固定した。
我ながらよく手入れしてると思えるエロチックな脚、それをカオルはそっと撫でた。 愛情というより己のフェテッシュに対する鑑賞方法の一つのように思えた。たぶん、この肌の上をラバーの皮膜で覆ったらどうなるのだろうかと考えているのだろう。
長い膝当ての台に、chikaの臑から足の甲まで当たっている。クッションがあるので痛くはない。
膝で立って腰を上げる事も出来る。
「・・・これ、ホテルなんかにあるセックスの時に使う椅子でしょ?凝ってる、、。後ろから責める時、具合が良いんじゃない?」
カオルは、上からぶら下がっていた鎖に、chikaの組み合わされた手首の輪を繋いだみたいだ。後ろに倒れることがそれで防がれる。
「・・・そうだね。そうされたい?」
今はそんな気もないくせに、判ったような口を叩く。その内、chikaのアナルの虜にしてやる、、。
「さあ、いよいよ映画の『ヘル・レイザー』みたいになってきたよ。気分はどう?」
カオルは、ラバーできつく覆われて盛り上がっているchikaの陰部を撫でた。
「あん!」
感じすぎてchikaは拘束された体をよじった。
カオルはchikaの唇にキスをしてくる。
片手はchikaの股間をまさぐったまま。感じる感じる、ラバーの越しの刺激のもどかしさ。いやそれこそがラバー自体の刺激なのか。
「ん・・・ふ・・・」
chikaは自分から彼の舌を求め彼の口の中を探った。そして見つけた彼の舌が、今度はchikaの口の中に入ってきた。
chikaのパンティの中のペニスは堅くなり、きついラバーを押し上げようともがいていた。お願い、助けて、、。開放してっ。
厚い生地だけど、ある程度柔軟性もある様で、しかもchikaの体温の所為か、カオルの手の中でペニスの形にラバーが盛り上がっている。
カオルは口を離すと、chikaの耳元で囁いた。
「凄く堅くなってるね・・・中は君のカウパー氏腺液でねとねとになって強い臭いを放っているだろうね。僕、それを嗅ぎたいな。」
これはカオルの言葉での『愛撫』だと分かった。
chikaを肉体だけではなく、精神的にも興奮させようとしているのだ。

dadsfs14.jpg

   だからラバーとかBDSM系じゃねーから!!
    >マットブラックは暴徒鎮圧や強権振るう時の威圧色だから!!

…    10/10/15(金)06:28:44 No.98703382 del

    フゴフゴフゴフー

…    10/10/15(金)06:29:17 No.98703389 del

    ほらブタラバーもああ言ってるじゃないか

…    10/10/15(金)06:30:20 No.98703405 del

    ブタラバーはいつも乱暴で困るナリよ

…    10/10/15(金)06:32:08 No.98703433 del

    ブタゴリラバーじゃだめなのか

…    10/10/15(金)06:33:03 No.98703448 del

    たんなる太ったラバーフェチにゴリラの要素はないからな

…    10/10/15(金)06:33:55 No.98703457 del

    (キュッキュッキュッ)

…    10/10/15(金)06:34:36 No.98703472 del

    んも~ブタラバーったら
    それを言うなら「問屋が卸さない」でしょ~(トンガリの声で)

…    10/10/15(金)06:36:05 No.98703491 del

    恋のブタラバ

…    10/10/15(金)06:36:20 No.98703496 del

    ねぇブタラバー
    いつもどうやって食事してるの?

…    10/10/15(金)06:36:26 No.98703498 del

    「らっふぁい」

…    10/10/15(金)06:37:31 No.98703509 del

    >「らっふぁい」
    朝だから駄目だった

…    10/10/15(金)06:38:59 No.98703529 del

    なんでぇ!薫のやつめ!
    ラバー屋がラバーフェチじゃなくてどうするってんでぃ、ラッシャイ!

…    10/10/15(金)06:40:45 No.98703553 del

    ブタラバー君って本当にラバーが好きなのね(みよちゃんの声で)

…    10/10/15(金)06:41:06 No.98703557 del

    >フゴフゴー!
    >フゴーフゴーンンンンンー!
    >(なんでぇ!薫のやつめ!ラバー屋がラバーフェチじゃなくてどうするってんでぃ、ラッシャイ!)

…    10/10/15(金)06:41:19 No.98703560 del

    店先に並ぶラバーで覆われた大根やカボチャが見えた

…    10/10/15(金)06:42:10 No.98703576 del

    特価!
    南米製天然ゴム!

…    10/10/15(金)06:42:40 No.98703582 del

    オナホからタイヤまで何でも取りそろえおります

…    10/10/15(金)06:42:57 No.98703586 del

    野菜も真空パックしてくれるんだよね

…    10/10/15(金)06:43:39 No.98703593 del

    キフェレフー!

…    10/10/15(金)06:44:22 No.98703611 del

    >ねぇブタラバー
    >いつもどうやって食事してるの?
    このホースを口に差し込むナリ(肛門に繋がるホース)

…    10/10/15(金)06:44:52 No.98703618 del

    (定期的に聞こえる本気で咳き込む声)

…    10/10/15(金)06:45:09 No.98703621 del

    >キフェレフー!
    なんだいブタラバー
    また航時機を貸せっていうのはやめてよ

…    10/10/15(金)06:45:14 No.98703626 del

    キテレツゥ~それよりこの状態で呼吸が出来てるのがおかしいナリよぉ~ワガハイ怖いナリー

…    10/10/15(金)06:46:07 No.98703634 del

    (呼吸すると口の位置がわかる)

…    10/10/15(金)06:46:08 No.98703635 del

    >キテレツゥ~それよりこの状態で呼吸が出来てるのがおかしいナリよぉ~ワガハイ怖いナリー
    フゴッフゴー!!(ネギ坊主に殴りかかるブタラバー)

…    10/10/15(金)06:46:27 No.98703638 del

    熊田ァ
    ラバーペッティングばかりして勉学をおろそかにするんじゃないぞ!7bvcbvc.jpg


…    10/10/15(金)06:47:27 No.98703651 del

    >このホースを口に差し込むナリ(肛門に繋がるホース)
    こ、コロちゃん!
    ブタラバーくんが明らかにおかしな動きし始めたけど本当に大丈夫だスか!?

…    10/10/15(金)06:47:39 No.98703653 del

    どうしたんダスかぁ~ブタラバー君~

…    10/10/15(金)06:48:36 No.98703666 del

    脳内再生率がハンパない…

…    10/10/15(金)06:48:55 No.98703670 del

    (ギュッ ギュッ  ギュッ)

…    10/10/15(金)06:50:09 No.98703691 del

    あらら~こりゃまたすごいッスねブタラバくん
    全身ピンクッスか

…    10/10/15(金)06:51:48 No.98703724 del

    ブタラバー以外は脳内で完璧に再生できるけど、
    ブタラバーの音が未知数すぎる

…    10/10/15(金)06:52:07 No.98703730 del

    まったくブタラバーのラバー好きには我輩ほとほと呆れるナリよ
    ベンゾウさんもブタラバーに何か言ってやってほしいナリ

…    10/10/15(金)06:52:45 No.98703737 del

    >ブタラバーの音が未知数すぎる
    俺は空気を入れた風船を二つ擦り合わせた時の音で脳内再生される


…    10/10/13(水)18:22:39 No.98582661 del

    呼吸が出来ないだろ

…    10/10/13(水)18:22:56 No.98582672 del

    怪人か

…    10/10/13(水)18:23:05 No.98582679 del

    圧迫フェチナリよ

…    10/10/13(水)18:26:19 No.98582851 del

    ブタラバーなり

…    10/10/13(水)18:26:21 No.98582855 del

    ふごぅぉっふぉっふぉぁっ!
    ほらブタラバーもこう言ってるじゃないか

…    10/10/13(水)18:27:42 No.98582934 del

    >呼吸が出来ないだろ
    し、死んでる…

…    10/10/13(水)18:27:56 No.98582948 del

    ああブタってそういう

…    10/10/13(水)18:28:37 No.98582985 del

    BODY

…    10/10/13(水)18:29:26 No.98583029 del

    これとブタバタ-で脳がやられた

…    10/10/13(水)18:30:08 No.98583073 del

    >ふごぅぉっふぉっふぉぁっ!
    >ほらブタラバーもこう言ってるじゃないか


    なんでキテレツはわかるんだろう…
    ひょっとしてこれも奇天烈斎の発明?

…    10/10/13(水)18:30:38 No.98583100 del

    トンガリコーンとかもやったのか

…    10/10/13(水)18:31:06 No.98583124 del

    ブリもやたら丁寧な仕事でやばかった

…    10/10/13(水)18:31:16 No.98583134 del

    ブタゴリラって名前が
    すごくお似合いに思えてきちゃうよね

…    10/10/13(水)18:32:14 No.98583200 del

    どっかまとめてうpしてくれよ!

…    10/10/13(水)18:32:31 No.98583218 del

    それは役目じゃなくてアクメでしょブタゴリラ!
c51cmf00005ps.jpg

…    10/10/13(水)18:32:53 No.98583234 del

    ブタラバー
    ブタレバー
    ブタバター
    ブリ

…    10/10/13(水)18:33:50 No.98583286 del

    仕事中に何こか思いついたけど耐えられなかった

…    10/10/13(水)18:34:11 No.98583309 del

    あら、ブタゴリラくん…なにやってるの?
    ふごっふごっふぁん!
    あぁ、ブタゴリラがね

…    10/10/13(水)18:34:29 No.98583320 del

    >>どっかまとめてうpしてくれよ!
    >最近こういう奴増えたよね
    いいからしゃぶれよ

…    10/10/13(水)18:34:32 No.98583324 del

    あとブタバラとフラバー

…    10/10/13(水)18:34:56 No.98583336 del

    ミヨちゃんもラバーです

…    10/10/13(水)18:35:09 No.98583353 del

    ブタもいたな

…    10/10/13(水)18:35:12 No.98583358 del

    フラバーは懐かしい気持ちになれた

…    10/10/13(水)18:35:42 No.98583389 del

    ブタって下に書いてあるのにゴリラなのは吹いた

…    10/10/13(水)18:41:55 No.98583722 del

    >ブタもいたな
    マジかよ…ストレートすぎる…

…    10/10/13(水)18:45:23 No.98583917 del

    カメラから見切れててもゴムの擦れるキュッキュって
    音がテレビから聞こえてくるんだよね
    ってレスが想像に耐えられなかった




nfg00003pl.jpg ドイツSMフェチ 3

新シリーズ『超変態!!ドイツフェチ・SM』の第三弾となります。ドイツインフラガンティレーベルのフェチ作品から良いところだけを厳選し編集した1本。全編デジモザ仕様。フェチ発祥の地ヨーロッパ。その中でもアブノーマルポルノの中心であるドイツ製フェチズムを存分にご堪能頂ければと思っております























36dksw00246pl.jpg 男装フェラ

カラダは女だけどココロは男…複雑な想いに揺れる『男の娘』たち。思春期を迎えて自分が女だと気づいたボク、父親に真実を告げられたボク、野球選手になりたかったボク、執事として仕えてきたボク、性同一性障害に悩むボク…。『どうかな…ボクのフェラチオ…気持ち良いかい?』華奢なカラダに白い肌、綺麗な顔立ちの『男の娘』達が、懸命な姿でチ●ポをしゃぶる姿は美しい…。























rbd00089pl.jpg 会員制秘密倶楽部 南青山娼婦館 堕落した偏愛女教師 当真ゆき

教師・ゆき。彼女は、ある男から選択を迫られていた。彼氏がギャンブルでした借金を保証人として今すぐ返すか、1年間だけ秘密倶楽部で働くか…。彼女は決意した。会員制秘密倶楽部で働くことを…。


















 
1dvdes00348pl.jpg 鼻からゴックン30発 -スペルマ・スニッフィング- 村西まりな

衝撃の問題作ついにリリース!今回は美少女女優・村西まりなが精子を口からごっくんするのではなく、なんと鼻からザーメンをごっくんしちゃいます!しかも濃厚かつ大量射精の30発!女優魂が炸裂した、鼻から吸って口から出すイリュージョンゴックンは必見です!今まで見たことない刺激的な映像にあなたもきっと虜になる!

















otokonoko4.jpgオトコノコ倶楽部 VOL.4―カワイイ女装美少年の専門誌 (SANWA MOOK)



























雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/10/23(土) 08:45)

 さよならイエスタデイ
yiuyii22.jpg

1mhad00029pl.jpg  今年の夏には、どーゆーわけかTUBEの「さよならイエスタデイ(Re-newed Singles)」がカーラジオからよく流れていて、この曲ってよく聞くとヤリマン女の歌にしか聞こえず、居心地の悪い思いをした。
後でこの曲、TUBEがはじめて女目線で書いた詩だとゆー事を知って、やっぱ男が女に偽装してオンナを表現すると、こーゆーエロ女になるんだって妙に納得しちゃった。

別れ間際には 無傷じゃいられない
やるせないお互いに
涙の初恋

もうすぐ私も普通に嫁いでゆくわ
今となりゃ懐かしい
目眩のくちづけ



※あなたの胸の中で少女を
脱いで女になったあの夏
火傷しそうなほどに燃えて
消えたロマンス
憎んでも 恨んでもいいから忘れないで
本気だった愛してた
さよならイエスタデイ※

叶わぬ約束は今でも憶えてる
少し不良のあなたの背中
タバコのにおいがした

△あれから数えきれぬ男と
夜をともにしてきたけれど
愛と罪の駆け引き憶えて
戻れぬ純情
ゴメンね 許さない
大嫌い でも大好きよ
矛盾だけに正直だった
さよならイエスタデイ△ 


2mhad00029pl.jpg  「あなたの胸の中で少女を脱いで女になったあの夏」とか「あれから数えきれぬ男と夜をともにしてきたけれど愛と罪の駆け引き憶えて戻れぬ純情」とか笑って良いやら悪いやら。
って事で今日はchikaのはじめてのアナルセックスについて書きます。時期的に言えば、chikaがまだ女装でお小遣いを稼ぐなんてことを始めてない頃、まあフツーの高校生みたくバイトしてた頃の話です。
 勿論、chikaの場合は、それまでおぼこかった男の子がある日突然急に男と男のセックスに遭遇したってわけではありませんから、これを「初体験」みたいな感じで書くのは気が引けます。
夢うつつの中で男の人からまるで愛玩動物のように愛撫され、知らない内にアナルを指で犯されたり、ペニスの先端をあてがわられたりというようなことは幼い頃に既に沢山ありました。
 ですがこの時のように、chikaが自分がまだ男だと自然に思えていて、しかも「男に男として犯された」という感覚をはっきり意識したのは、これが最初だったのではないかという気がします。

 二人が置かれた状況や立場については余り説明したくありませんし、これをお読みの方は多分、そんな事には興味がないだろうと思います。
  ここでは相手の男性の名前を仮にBさんとしておきたいと思います。

3mhad00029pl.jpg


 仕事の追い込みに入った頃で、その日はとうとう終電がなくなり、仕方なく部屋に備え付けのソファベッドで一眠りしようと思っていると、同じように居残っていたBさんがニッカウィスキーの大瓶を持ってきて一杯やろうと言うのです。
  バイトと違って正社員は気楽なもんだなと思いながら、すでに仕事は一段落ついていて、これ以上何かをする気力もわかず水割りに付き合う事にしました。
  このころのchikaは、法律上は勿論、嗜好の上でもアルコールは駄目だったのですが、何ごとに置いても背伸びをして大人に見られたいという気持ちが先行するするような心の状況でした。
  Bさんは、仕事場では顔見知りではあったもののそれまでほとんど口をきいたこともない人でした。
大したつまみもなく飲み続けていると大瓶を4分の1ほど空けた頃に無性に眠くなり、まだ飲み続けるBさんを無視して簡易ベッドに横になり寝入ってしまいました。
  どれくらい時間が過ぎたのか、ふと下半身に違和感を覚え暗闇で目を凝らしてみると、下半身にかけていた毛布の下で何かが蠢いています。と同時にchikaのペニスにぬるっとした感触を感じフェラされていると悟りました。

DDART_janitor_punish_2.jpg


(まさかBさんに・・)

  すぐにBさんを跳ね除けようとしましたが、恥ずかしさとあまりの気持ち良さにしばらく動けずにいると、快感が増して来てペニスがどんどん勃起して来るのが分かりました。 そのうちフェラをするBさんの両手が、シャツの下から差し入れられたかと思うと、両方の乳首まで這い上がって微妙にそれを刺激し始めました。
思わず「ああっ」と声を出してしまうほどの快感。乳首でこんなにも強く感じてしまう自分が信じられず、頭が混乱してきました。
ブラジャーで覆っている時には仮想的に感じる時はあっても、男としての乳首は感じないものだと思っていたからです。
その後も乳首の周辺から中心に向かって弾くような愛撫が続き、とっくに目を覚ましているのがバレバレなほどchikaは喘いでしまいました。
その間もフェラは続けられそ、の頃にはもうBさんの舌を拒否する気もなくなり、すっぴんの男姿のままとしては、生まれて初めて体験する快感に身を任せてしまいました。
そのうちBさんの舌がペニスを離れアナルに向かい、chikaの片足を持ち上げ腰を浮かせるとアナルの周辺を舐め始めました。

1avnm00018pl.jpg

(ああ、気持ちいい・・)

  それは男としては屈辱的なポーズなのですが、快感に翻弄されているchikaにはさらに快感を増殖させる行為に他ならなかったのです。乳首で感じてしまった以上の驚きと戸惑いを感じました。
  自分の事を普通の男だと見なしていたはずのBさんに、乳首とアナルを同時に責められるという異常な状況に、chikaの興奮は頂点に達し、今まで堪えて来た「女の喘ぎ声」を断続的に上げてしまっていました。
そしてBさんの舌と唇でほぐされたアナルにBさんの無骨な指が這い回り始め、そのうちにひんやりした感触と共に指が1本ゆっくりと差し込まれました。
  後で思えば何かクリームのようなものを塗られたわけですが、とすればBさんは最初からchikaを自分のものにしようと狙っていたのかも知れません。

2avnm00018pl.jpg

( 、、ばれる筈ないのに、とゆーか、chikaの場合、男モードの時と女モードの時は完全に切り替わるし、バイトやってる時はスケベなことなんかまるきし考えないし、、、それともこういう趣味の男にはこっちのことが匂いでわかるのか?)

 chikaのアナルは大した痛みもなくBさんの指を飲み込んでしまいました。それどころかBさんが再開したフェラの快感とアナルで感じる気持ちの良い指の動きで(もっと動かして欲しい)とさえ思ってしまいました。
chikaの気持ちを察知したのかBさんは指を2本にしてきました。かなりの圧迫感ですが、すでに自ら両足をM字に開き、Bさんに協力するようになっていたchikaは、勃起したペニスに絡みつくBさんの舌から送り込まれる快感で、そんなことは全く気にならない状態でした。
 Bさんはアナルに指を出し入れしながら体を横にずらし、ペニスを咥えていた口でchikaの乳首を責めにかかります。とうとう本格的に目覚め、さらにその快感を味わった乳首、、、その乳首の快感をどん欲に味わい尽くそうという本能がchikaを支配していました。

3avnm00018pl.jpg

  その瞬間、chikaは「ああっ!!」と驚くほど大きな声で喘いでいました。
またしてもアナルと乳首の二箇所責めです。chikaはBさんの思うがままに喘がされてしまいます。
  そしてBさんの顔がゆっくりとchikaの顔に近づいてきてキスをしようとしましたが、自分の姿は完全な男モードで、さすがにBさんの分厚い唇が近づいてくるとそれを受け入れる気になれず顔を背けてしまいました。
  それでもBさんはchikaのうなじに舌を這わし、耳たぶを舐め荒い息を吹き込んでくるので、chikaはぞくっと身を震わせてしまいました。
  それからBさんの舌は、chikaの乳首からペニスを何度か行き来し、その間にchikaのアナルはすっかりBさんの2本の指をスムーズに出し入れできるほどに解されていました。
  頃合いと見たのか、Bさんは体を戻すとジャージを脱ぎ捨てペニスを取り出しました。極太で浅黒くずる剥けのペニスで、Bさんはそれをchikaのアナルの周辺に当てがい、ずるずるとなぞり始めました。
  勿論、次に何をされるのかは察知できました。でもそれはchikaが女の姿でいるときに知ったことばかりなのです。
その頃のchikaの女装というのはある意味、男と女の境目を行き来するためのスィッチのようなもので、この時のchikaは、いくら興奮したと言ってもやはり男なのでした。
  これまでのBさんの責めで快感が最高潮に達していたchikaですが、さすがに「それだけは堪忍」と哀願するように口にしていました。
  でもBさんは何も答えずにペニスの先っぽをアナルにあてがい、少しずつ体重をかけて挿入しようとします。

4avnm00018pl.jpg

「ねえ、だめだって」と切羽詰るchika。

  でも確実に亀頭はchikaのアナルを押し広げ、大きい痛みも感じないままとうとう先っぽがつるっと入ってしまい、そのままゆっくりと奥まで進んできました。
「あっー」と絶望的な声をあげるchika。
そんな事にはお構いなしに、Bさんは奥まで挿入し終えるとchikaの腰の下に毛布を押し込み、chikaに圧し掛かるように体を重ねてきます。
そして体を密着されたBさんに耳元で「もう僕らは一緒になったんや」と言われた時に、chikaの中で何かが弾けたような気がしました。
男に、男モードの状態でアナルを犯されている!! chikaはこの状況に異常に興奮していました。
 Bさんはchikaの耳に息をかけながら「女の子みたいな声出してるで」とか、「アナルにおちんちん入れられて、乳首を弄られて、そんなに気持ちええんか?」と言葉でも責めてきます。
その時、Bさんとchikaは頬をすり寄せ合っているような体勢でした。これで奥まで挿入された時に小さくなりかけていたchikaのペニスが少しずつ力を回復してきました。
 そしてBさんがゆっくりと動き始めました。出し入れされる感触がいつにもましてたまらなく気持ちよかったのを覚えています。
「あっ、あっ」と断続的に喘いでしまい、Bさんに耳元で「気持ちええんか?」と聞かれ、それでも必死で首を横に振り認めようとはしませんでした。
 Bさんはかさにかかって責めてきます。微妙な強弱をつけたり何かを探り出すように奥襞を擦ったり。
その頃Bさんはchikaの首の下に片腕を差し入れ、まるでchikaの顔を抱きかかえるかのようにして頬を寄せ耳元に言葉を吹き込んでいました。
 chikaはまさにBさんにされるがまま女の子のように扱われていたのです。時々見かけた職場のBさんは仏頂面ばかり、、、Bさんにこんな一面があったとは・・・。
 そしてBさんに腰を打ち付けられ女のように喘がされている最中に、再びキスを求められ、今度はなすすべもなくBさんに唇を奪われてしまいました。
いったん受け入れてしまうともう歯止めが利きません。
舌を吸われ、口内を舐め回され、Bさんのねっとりと濃い唾液も何の抵抗もなく飲み込み、いつのまにかBさんの背中に両手を回している男姿のchikaがいたのです。

 c433gun00211pl.jpg

 その頃chikaのペニスは完全に勃起状態に戻っていて、BさんがストロークするたびにBさんのお腹で擦れたまらない快感が押し寄せてきます。
 chikaの口を存分に味わったBさんは再び耳元で「ケツを犯されてるのにこんなに勃ってる、好きやなぁ」と囁きます。
この言葉でchikaはいっそう高みに押し上げられます。chikaが切羽詰った喘ぎ声を出すようになるとBさんが「逝きそうなんか?」と、唇と唇が触れるか触れないかの微妙な距離で聞いてきます。
唇は許したものの、まさかこんな状況で男に挿入だけで逝かされるなど絶対に認めたくないという妙なプライドがあり首を横に振ると、「逝っちゃったらどうするよ?」「僕の男になる?」と意地悪く聞いてきます。
 答えずにいるとBさんは両手を万歳のように挙げ脇を執拗に舐めたり、体をずらして乳首を舐めたり、一層chikaを高みに押し上げ、あらんばかりの喘ぎ声を出させたのです。
 そして再び「アナルだけで逝っちゃうの?」と聞かれそれでもまだ首を横に振ると、「まるで女の子やな。そんなにオマンコ気持ちええんか?」「オマンコだけで逝ったらほんまに女の子やな」と言いながら唇を弄びます。
そしてBさんの腕に抱きかかえられた状態で再び唇を吸われ、激しくストロークされてchikaはもうトロトロの状態で、達する一歩手前まで追い込まれていきました。
 このまま続けられたら逝かされることは分かっていました。
まさか男モードの時に、Bさんに挿入されおちんちんを一度も扱かれることなく、アナルだけで逝かされてしまうなんて。
 ほんの何時間か前まで単純にBさんの事を、只の知り合いの同性で、女装時ならいざ知らず、男モードの時には性的な関わりなど微塵も起こり得ないと考えいたのに・・・。
でもそんなことを思えば思うほど余計に興奮が高まってしまいます。

b433gun00211pl.jpg

 Bさんが追い込みに入りました。
またしても唇と唇を合わせながら囁きます。「ほら、逝きそうなんやろ」「これで逝ったらもう僕のもんや」とBさんが言い激しく腰を打ちつけます。
 もうどうしようもなく感じてしまい「ほら、逝くんやろ」と言われ乳首を捻られると、とうとう「あぁ、いきそう」と口走ってしまい、今度は耳元で「僕の男になっちゃえよ」と囁かれるともうだめでした。
「あくっ、いっ、いくー」と叫び、上に乗っているBさんを跳ね上げるように何度も痙攣して逝きまくりました。恐らく大量の精液が出ていたと思います。
痙攣が終わるとBさんに口を塞がれて長い間舌を吸われました。
 そして耳元で「これで僕の男や」と言われると「・・・」となぜだか観念しました。
しばらくするとBさんがまた動き始めました。当然ですがBさんは逝ってませんから極太のペニスは勃起したままです。
逝った後のchikaのアナルの締りが良くなったのか、Bさんは前にも増して激しく奥を突いてきます。
この頃にはchikaの一番感じる部分がはっきり分かっていたようで、執拗にその襞の部分を刺激してきます。
 まさか二度立て続けに逝かされることはないと思っていたのですが、5分もしないうちにその自信はぐらついてきました。
その間もBさんは耳元で囁き続けます。
「もう女になったんだから何度逝ってもかまへんで、君はもうオンナなんやからなぁ」
「ほら、ここが感じるんやろ」
「またいきそうなんか?」
 またしても徐々に極みに押し上げられてしまいます。
そしてBさんが「そろそろいくで、奥にたっぷり出さしてもらうからな」と言い、chikaの唇を吸いながら腰を打ちつけてきます。
そしてとうとう「あっ、いく」と言いながら腰を押し付けたまま激しく痙攣し、chikaの最奥に大量の精液を2度3度と放出しました。
温かい精液が勢いよくchikaの奥襞に吐き掛けられた瞬間、chikaは不覚にも「あっ、また逝くーっ」と2度目の極みに押し上げられてしまったのです。

d433gun00211pl.jpg

 Bさんの精液の温かさと勢いとで完全に打ちのめされ、男を剥がされてしまった気がしました。
Bさんがchikaの口を味わった後に「僕の精液で逝ったんか?」と囁くと素直に頷いてしまいました。
「もうすっかり僕の男になった」と言われるとchikaは自らBさんの分厚い唇を求めていました。
Bさんに女にされた夜、結局明け方まで犯され続け、男の姿では初めてのフェラも経験し、Bさんの言うことには何一つ逆らえなくなっていました。
 今思えば体位はずっと正上位でした。
Bさんはchikaをがっちり抱え込み、常に耳元で囁いたり、口を吸ったりついばんだりしてchikaを放さないのです。それもchikaがたった一晩で男を引っぺがされた理由のひとつかも知れません。
耳ともでいやらしい言葉を吹き込まれ、chikaも言われるがままに「chikaはBさんの女です」とか「オマンコの奥を突いて欲しい」とかを一晩中言わされ、身も心もBさんに支配された気になりました。
 最後はBさんに中出しをおねだりするようにさえなっていました。
明け方、空が白みかけた頃にようやく開放されました。別れ際にも激しく口を吸われたっぷりと唾液を飲まされました。

a433gun00211pl.jpg

  あの夜から二日後、トイレで小用をたしていると扉が開いてBさんが入ってきました。間一日はさんでBさんとはと顔を合わすこともなく、「あれは一夜の悪夢」、Bさんだって自分がホモだって職場で気取られたくないだろうから、そう大ぴらなことはしないだろうと思っていました。
Bさんは「よう」と言いながらchikaの横に立ち小便を始めると、右手でズボン越しにchikaの尻を掴みアナルに指を突き立ててきます。
chikaは何も言えずにただ頬を赤らめ下を向いたままでした。
すると小便を終えたBさんがトイレに入れと顎で示します。
一昨夜のことをなかったことにするにはこの時拒否しなければいけなかったのでしょう。でもchikaは言われるがままに一番奥の個室に入ってしまったのです。

鍵を閉めたBさんはchikaを便座に座らせるとchikaのペニスを取り出しchikaの口元に近づけてきました。
一昨夜、さんざんchikaの最奥を突き、何度も逝かされ、chikaを女に変えたペニスを目にした途端、chikaはボーッとしてしまい何の抵抗もなくそれを口に含んでいました。
舌で裏筋をなぞるとBさんのものがピクンと反応しあっという間に勃起し始めました。chikaは夢中になって唇でピストン運動を繰り返します。
すると口からペニスを抜いたBさんがchikaを立ち上がらせて後ろ向きに壁に手をつかせようとするのです。
(まさか、ここで・・)と驚くchikaを尻目にchikaのズボンと下着を片足から抜き取ったBさんは、chikaに足を開かせアナルに ポケットから取り出したクリームを塗り込んできました。
「クリームを用意してるなんて、完全に目を付けられてる」と思いながらもchikaはなすすべもなく両手を壁に突いたまま下を向いていました。
 chikaのアナルが緩んでくるとBさんはchikaのペニスにもたっぷりとクリームをつけ、アナルに先端を当てがい腰を前に進めてきました。
 さすがに多少の痛みはありましたが、先端が入ってしまうと何なく奥まで挿入されてしまいました。
脈打つBさんの熱いペニスが上襞に当たり何とも言えず気持ちが良く、一昨夜の乱れに乱れたchikaの痴態を思い出し体に火がついてしまったのです。
 さらにBさんがシャツの下から両手を差し入れ乳首を愛撫し始めると喘ぎ声を抑えるのに必死でした。
Bさんが無言のままゆっくりと動き始めペニスを上襞に押し付けるように擦り上げます。時折右手でchikaのお尻をパシッと叩きながらスピードを速めてきます。
 chikaはあっという間に高みに押し上げられどう歯を食い縛っても声が漏れしまいます。
Bさんに強引に後ろを向かされ口を吸われた後、腰を引きつけられ一際強く2度3度と叩き付けられると、chikaは「ああっ」と短い叫び声を上げ壁に向かって放出してしまいました。
 chikaが痙攣してアナルが締まったのか、Bさんも後を追うようにchikaの奥襞に大量の精液を吹きかけたのです。女にされた哀しさか、その勢いと温かさにchikaはもう一度体を痙攣させたのでした。
後始末をしたBさんが出て行くと鍵を閉めしばらく便座に座り込み動けませんでした。昼間にトイレでバックから犯され、またしても一度も扱かれずに逝かされた上に中出しされたのです。
 やはりおとといの出来事は現実で、chikaはBさんの思うがままに扱われる女にされてしまったことを認識せずにはいられませんでした。

 持ち場に戻ってもボーッとして仕事に手がつきません。
アナルにはまだBさんのペニスの感触が残ったままでした。夕方になり帰ろうとするとBさんが部屋に入ってきました。
周りに人がいたのですがchikaが帰り支度を始めたのを知ったBさんは、「もう帰るの、一緒に出ようか」と何気ない調子で言って来ました。
「ああ」と答え2人で連れ立って建物を出たところで、「これから僕の部屋においでよ」と有無を言わさない調子で連れて行かれたのです。

btbbb1_01.jpg

35chchyy.jpg  部屋に入るとすぐに抱き寄せられディープキスをされました。
Bさんに股間を弄られるとあっという間に勃起してしまいました。お互いに服を脱ぎ万年床のような布団に寝かされるとBさんが覆い被さって布団をかけました。chikaの体に割って入ったBさんはchikaの耳元で「昼間、興奮したやろ?」「バックは良かったか?」と煽ってきます。
「もうすっかりオマンコだけで逝けるやろ」「僕の種付けでまた逝ってしもうたし」と畳み掛けられ、Bさんの勃起したもので股間を擦られると思わず「あっ、ああん」と喘いでしまいます。
Bさんはchikaの口をねっとりと吸いながらペニスの先端をアナルに擦り付けてきます。
乳首も吸われすっかりM字状態にされたchikaは早くも蕩けそうになってきました。Bさんがchikaの耳元で囁きます。
「ほら、入れてって言うてみ」
「入れて・・」
「女になってんやろ。ちゃんとおねだりせな」
「Bさんさんの逞しいおちんちんをオマンコに入れて下さい」
「入れてどうして欲しいんや?」
「奥をかき回して、いっぱい突いて欲しい」と甘えてしまいます。
「目茶苦茶にして欲しいんやろ?」思い切り頷くchika。
もう欲しくて欲しくてたまりません。
いったい一昨日の夜までのchikaはどこにいったのでしょう。こんなふうになってしまうとは想像さえつきませんでした。
今や男に正上位で貫かれ乳首を吸われてよがり声を上げ、トコロテンで逝かされた挙句に男の精液をねだってしまう男の姿をした「女」に変えられてしまったのです。いかに素地がったあったとは言え、たった2日間の事です。
Bさんのものが挿入されてきます。かすかな圧迫を感じただけであっという間に奥まで差し込まれました。
「正上位とバックとどっちがええ?」
「正上位・・」 と答えるchika。
そう、昼間のバックも感じたのですが、chikaはBさんに耳元や口元にいやらしい言葉を吹き込まれながら、正上位で抱き抱えられて犯される事に喜びを感じていたのです。
もうchikaにとってBさんは愛しくて逞しい「ご主人様」になっていたのかも知れません。
Bさんが動き始めます。
chikaのアナルはすっかり慣らされてしまい、感じる部分を擦ってくるBさんのストロークに女のような喘ぎ声を上げさせられます。
chikaの腕はBさんの背中に回され、Bさんが求めるがままに舌をからませ唾液を嚥下します。
一時はBさんのキスを拒絶したのが嘘のように、chikaからも積極的に舌を絡めていました。
Bさんのストロークが早まります。確実に感じる部分を責めてきます。もういつでも逝きそうな状態で断続的に喘いでいました。
「また女になるんか?お前あの時の顔綺麗やからな。ほんまにオンナ抱いてる気になるで」
「あぁ、女になっちゃうよ、女にされちゃうぅ!」
「お前オマンコ、気持ちいいんだろ」
「いい、すごくいぃ」
「どうして欲しい?外に出そうかなぁ」
「いやぁ、お願い、中に・・中にして!!」
「そんなに中に出して欲しいんか?なんでやねん?」
「あぁ、だってぇ、奥に噴き付けられるとすごく感じる・・」
「ふふ、もう完全に女やな、けど僕のいうオンナの意味判ってるな?」
「はい、女です。そやけどBさんの男ですぅーー」
 もはやchikaの歯止めは利きませんでした。Bさんの腰に回した手に力を込め少しでもBさんとの結合を深めようとします。Bさんはストロークを一段と早めながらchikaの口を乱暴に吸います。
 chikaはあっという間に押し上げられ、Bさんの口を振りほどくと「あー、逝く、逝くっ、逝っちゃうーーー」と大放出したのです。
 なんとBさんの名前をオンナの恋人気取りで「○○」と呼びながらしがみついてしまったのです。たまらない快感でした。突き抜けそうでした。


別れ間際には 無傷じゃいられない
やるせないお互いに
涙の初恋

もうすぐ私も普通に嫁いでゆくわ
今となりゃ懐かしい
目眩のくちづけ

※あなたの胸の中で少女を
脱いで女になったあの夏
火傷しそうなほどに燃えて
消えたロマンス
憎んでも 恨んでもいいから忘れないで
本気だった愛してた
さよならイエスタデイ※

叶わぬ約束は今でも憶えてる
少し不良のあなたの背中
タバコのにおいがした

△あれから数えきれぬ男と
夜をともにしてきたけれど
愛と罪の駆け引き憶えて
戻れぬ純情
ゴメンね 許さない
大嫌い でも大好きよ
矛盾だけに正直だった
さよならイエスタデイ△ 





51cmf005sopl.jpg 女装娘アナル倒錯 艶茎のサクリファイス

私、先生にクリチンポを捧げます。オトコノコ肉奴隷の衝撃。女装ドライブ!店舗&屋外にてペニクリ弄り三昧の挙句に地下拘束。強制アナル羞恥ダンスに涙目ながらも右手の速度が加速する!前立腺直撃アナルFUCK!























h_339prv039rpl.jpg 変態は美少年

響き渡る淫らな泣き声…
























h_330b8pl.jpg 女装美少年 6

今回は、どこから見ても女性と見紛う美少年が登場。可憐な衣服に包まれたその姿は、並の女性を遥かにしのぐ、驚愕の美しさ。街ですれ違っても、誰もが女性と信じて疑わないことでしょう。






































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/10/16(土) 09:27)

 ボディコン・フェテッシュアイコンの逆襲
cdskkkn95.jpg

3soe00287ps.jpg  おませして中尊寺ゆっこの漫画を読みながら、どーせなら敵の(敵って誰?)裏の裏をかいてオヤジギャルになっちゃる!!と青雲の志を抱いた小オトコノコも今や立派な「ちょい悪オヤジギャル」。
ボディコン?確かにあの頃、一時期、戦闘服みたいな肩パッドとかワンレン前髪のトサカにちょっと憧れてたような、、。
 極細ピンヒールのハイヒールとか、大胆なバックベアの超タイトなエナメルボディコンぐらいまではなんとかなったんだけどなー、トサカがね、、、でも当時からなんとなく「なりたい自分」の志向がそっちじゃないってゆーのが判ってたかも知れない。
でもバブル景気崩壊後の失われた10年を経た今でも、いやそれだからこそなのか「ボディコン」って、一つの独立したフェテッシュアイコンになってるみたい。
 って事で今日の話題は「ボディコン」、、。まあその前に「ボディコン」についてWikiでもう一度おさらいをしておきましょう(笑)。

ボディコン

 ボディコンはボディ・コンシャス(body conscious)の略で、和製英語。ニットなど女性の体に密着する素材を使い、胸から腰のボディラインを強調した服(多くはミニのワンピース)を指す。conscious は「~を意識する」という意味。

概要

1981年のミラノ・コレクションでアズディン・アライアが、身体に添ったデザインのドレスを発表した。これをボディ・コンシャススタイルという。日本では略して、ボディコンと呼ばれ浸透した。ピンキー&ダイアンなどの DCブランドから、さらにシルエットをシェイプしたスタイルのボディコンファッションが生まれた。元々は女性の自己主張、解放を目指すファッションの動きの一つでもあったが、日本では主に遊び着として広まり、特に1980年代のバブル期以降にブームとなった。
1990年代前半に一世を風靡した東京・芝浦のディスコ、ジュリアナ東京 (1991年-1994年)にはワンレン・ボディコン・爪長・トサカ前髪、といったファッションの女性が多く集まり、マスコミでも話題になった。荒木師匠こと荒木久美子に代表される、ジュリアナ扇子(通称「ジュリ扇」)を合わせたファッションのタレントもこの時期のメディアにしばしば登場した。一般OLと風俗嬢の区別がつかなくなったバブル期ファッション。

そーなんですね。元々は「女性の自己主張、解放を目指すファッションの動きの一つ」だったものが、日本じゃ結果的に「一般OLと風俗嬢の区別がつかなくなったバブル期ファッション」とゆー形になったって事が日本文化を考える上での注目点だと思うんですが、蝦頭はそうゆーのを追求するブログじゃないので、このフェテッシュアイコンとして結晶化してしまった後の「ボディコン」を、ほんの少し解体しながら味わってみようと思います。

1soe00287ps.jpg

 chikaのご贔屓にしてくださる会員さんの中で「ボディコン」大好きさんがいらっしゃいます。ここでは仮名をあざとくも「ジュリアナ」とさせていただきますが、今日はこの方を中心に。
 あっ、ジュリアナって勿論、「ジュリアナ東京」にもかけてありますが、それ以外に「ジュリの穴」「ジュリのアナ」「ジュリアナ」ってのもあって、例によって女装趣味の会員さんです(笑)。
でもジュリアナちゃんの場合は女装子っていう括りより、属性としてはドラァグクィーンに近いのかなぁ。
「ジュリの女装は、男の自分が理想とする(変態女)を演じてるって感じなの。女装はその通り道であって同時に結果なわけ。ジュリの理想の(変態女)は、男の要素と女の要素が合体したニューフィメール。」
「顔なんかファンデーションから厚塗りして完璧にメイクしてる時もあれば、逆にアイメイクとリップだけで済ませるときもあるわね。そういう時って、少し男の要素が出て、女の要素と男の要素がミックスされた感じで面白いのよ。女装は完璧に女を演じきる快感もあるけど、ジュリの場合は、男の要素も出した時のほうが変態が強調されてもっと興奮するの。ミニスカから出ている足の毛をグロにならない程度にあえて残したりして、部分的に男の要素を露出すると、完璧な女を演じるよりももっとセクシーだったりする場合もあるのよ。」
「よしてよージュリアナァ。確かに本場のドラァグクィーンにはそんな人もいるけど。でも日本人のすね毛とか真っ黒で太いから、同じにはならないよ。細くて茶色い感じのまばらなすね毛がストッキングからうっすら見える程度がchika的には限界だけど、、。」
 みたいな会話が出来って、結構気さくな方です。

2soe00287ps.jpg

xxssL04.jpg  ジュリアナちゃんはアイメイクに拘ってます。
彼女曰く「一番のお気に入りはプッシーキャットアイメイク」。うーんマジ直訳すると「おマンコ風目ばり」(汗)。時々、このアイメイクに付き合わされちゃいます。
 大きなメイク用の鏡の前に一緒に座らされて見学(笑)、、ってゆーか、この時点で実はプレイに入ってるんですが。
 ジュリアナちゃん、メイク中はあそこを愛撫されてはち切れそうにしてても絶対手元が狂いません・・すッスゴイ。

「このメイクのいいとこって目を大きくくっきりセクシーに演出してくれるところなの。慣れると簡単だし見ためもセクシーでしょ。」

 こんな会話、お客様の女装子さんとしてていいのか?いいんじゃないとか自問してる内に、ジュリアナちゃんは眉毛の下にブルーのシャドーを満遍なく塗り始めます。
それから間をおかずに、まぶたの外側半分をダークブラウンを使ってブラシで擦って塗っていきます。その手際がいいのに感心。
 外側から内側までやさしくブラシで擦り境界線をぼかす手つきも堂に入ったもの。
 ジュリアナちゃんは黙々とアイライナーで目のふちをくっきり描き、ブラシでスモーク気味にぼかして淡いイメージに仕上げていきます。
 両まぶたの外側をもう一度ダークなシャドーで色をつける頃には、目に立体感が、、。
あっという間に仕上げのアイラッシュ!!ラッシュは長くて濃いものがお気に入りだとか。
 最後にグルーで自分のまつげの上に固定して作業終了。
その日の気分でシャドーはシルバーとかゴールド、場合によればパープルなどいろいろ変えてみるんだとか。
 楽しんでますねぇ「女装」ライフ。

 そしてお楽しみと言えばジュリアナちゃんのお楽しみのもう一つは、チェーンアナルオナニー。
時々、chikaもプレイの一環として手伝わされますが、本気で女王様モードに入ってないと辛いときも、、。

c434flav00032ps.jpg

b434flav00032ps.jpg 「ジュリは変態を極める努力をしてるのよ。どうせ変態なら頂点を極めた方がきもちいいじゃない。ジュリは基本的にはマゾ、判るでしょ。自分を犯すことが大好きで、自分の体が実験台にしていろいろやってる内にある時点で苦痛を乗り越えると、それがすごく快感になっちゃうことを発見したの。
ペニスにチェーンが入れられるようになるまでにいろいろな変態行為をしたわ。
ジュリは金属、特に光るものね、チェーン、クロームメッキ状のピカピカな金属とかのフェチでそういうのに凄い興奮を覚えるの。
ジュリ、いつもイヤリングはピカピカな大きいクリップイヤリングをつけてるでしょ、、それとかチェーンベルトとかネックレスなんかのジャラジャラした金属を身につけると一気に勃起しちゃうの。
それがだんだんエスカレートしていって、チェーンに犯されてみたいと思ったのがきっかけ。最初はペニスをチェーンベルトなんかで緊縛したり、亀頭の細くなってるところを縛ってみたり。
亀頭に擦れたり喰い込むチェーンの金属の感覚に酔いしれて、もっともっと刺激をもとめたくなったの。
それで最初はペニスの先の下側の皮、筋のところに針で穴を開けてピアスのリングを通してたの。
ジュリが一番セクシーだと思うのは、笑うかも知れないけど水道なんかの洗面所のふたについてるチェーンとリングなのよねー。
丸いチェーンの先についているリングを亀頭の皮の筋に縫込み、ピアスの出来上がり。リングの下にはチェーンがつながれていて、そんなペニスはサイバーでとってもセクシーなの。
そうしてるうちにあけた穴にチェーンを通したりして犯していたらとうとう穴が大きくなっちゃって筋がきれちゃったの。
ペニスの皮はかえってむきっ放しになっちゃたからジュリはますます興奮しちゃった。もっと金属に犯されたいと思うようになっていろいろな金属を穴に入れたくなったの。そう穴という穴にね。
だって変態なんだもん。とどまるところを知らずに、エスカレートよ。肛門にもチェーンを押し込んだり、、、一番のジュリのお気に入りは、太い金メッキ状の引き出しなんかに使うチェーンの取っ手があるでしょ、あれを連続してつなげて作ったアナルプラグ。お手製よ。
直径は4センチから5センチはあるわね。先っぽから徐々に太くなっていくソフトクリーム状のセクシーなジュリだけのアクセサリーなの。
完璧に女装して、そのアクセサリーに油をいっぱいに塗ってペニスをしごきながら肛門に一気に突っ込むの、最期に出す瞬間はもうメチャメチャ気持ちいいよ。」

a434flav00032ps.jpg

d434flav00032ps.jpg そんなお話だけ聞くと、ジュリアナちゃんって金属フェチみたいに聞こえるけど、実際はこの金属フェチ「ボディコン」と深く繋がってるんです。
例えばジュリアちゃんは自称「究極のカーデガンフェチ」だったりもします(笑)。

「こだわりはVネックボタンタイプのタイトロングカーデガン。フェミニンなシルエットを強調するためにも色は黒が断然ベストね。レーヨンなんかのタイトな繊維はウエストのくびれを強調してくれるからより女性らしさを引き出す事ができるわね。ほっそりとしたウエストラインの演出とさらに極めつけはピッカピカのゴールドメッキ加工のボタン。括れたBODYラインの中心でピッカピカに光るゴールドボタンがエッチで魅惑的なの。ジュリ的着こなしだとカーデガンだけでボディコン風にぴったりと着るのがベストね。カーディガンからすらりと出た足をさらに決めるには黒でタイトなオーバーニーソックスかな。アクセントにシルバーかゴールドの大き目のバックルでエナメル製の光るベルトとか、ジュリアナ時代に流行ったチェーンベルトとかがすごくセクシーでゴージャス。ベルトはコルセット風に幅の太めなのをタイトに装着して、よりウエストを搾り取る感じで装着するといいわね。」
ね、ぴかぴかチェーンとボディコンとの関係がなんとなく判るでしょ。
それにジュリアナちゃんの定番女装オナニーはこんな感じ。


 変身したジュリの身体に喰い込むボディコンドレス。ジャラジャラと音を立てるチェーンベルト。極限までに括れたウエスト。卑猥に輝くイヤリング。メタルピンクの口紅。
ジュリは今夜もボディコン変態女に変身よ!
今夜も変態全開で踊り明かしちゃおー!
 ベットリとした熱帯夜はムラムラとした気持ちになるの・今夜はジュリアナナイトよ! いつもよりハードにメイクしてタイトなミニスカボディコンにニーハイストッキング。
 バックルベルトでウエスト極限まで絞込みハードコアテクノのCD再生!
激しいビートが部屋全体をもてあそび、ジュリは激しく腰を降り始め、激しくセクシーなビートに乗って頭はトランス状態。
興奮は増し、女へと変身してゆく自分をミラーで眺めながら、ジュリはさらに激しく踊り狂うの。
ハードなテクノは室温をさらに上昇させてお部屋は熱帯ダンスフロアー。
激しい大爆音が熱帯夜の部屋ををさらにさらに蒸し暑くする・さあジュリ扇子を振り回してジュリアナワールドの始まりよ!
あーーん!!もう快感でたまらないわ!!
さあ誰かジュリアナのお立ち台になるのよ!!!グリグリあそこを踏んであげる。
メイクもハードに決めるわ。ブルーとシルバーのアイシャドーにブルーの扇子。きつめのアイメイクでエッチで危険な女に変身よ!!
限界まで腰を振り続け、激しいダンスでジットリと汗がにじみ出てくる。
締め付けられる違和感がやがてなんともいえない快感へ、ウエストのベルトがタイトに食い込むのー。
極限にまで絞り込まれたウエストは美しくも卑猥なオブジェ。
ウエストを極限まで細く見せるようにしてるのよ、ほっそりとくびれたウエストはもう女性そのもの。
どう?興奮するでしょ?
汗でベットリとした身体に容赦なく絡みつくボディコンがジュリを確実に犯してくの。
身体からにじみ出る汗が密着したドレスをさらにきつくきつく締め付けジュリは快感度を増してくの。
 肌と服が一体になってジュリの身体のラインを搾り出すわ。
スピーカーから飛び出す激しいビートは絶頂に達してジュリの興奮はさらに高まってゆくの、べっとりとした身体はまさにBODYCONSCIOUS!!
 耳を劈くようなハードなテクノはジュリの脳を刺激して、やがて快楽神経がジュリの性感帯を刺激し始めるの。
柔らかかったアレはやがて硬いジョイスティック。
ミニスカートの内側はジュリのヌルっとしたアレでべとべと、本気汁ももう出そう。
ザー汁出すのを我慢しながらさらに激しく腰を振ってベットへ。
 ベットの上に乗っかり激しくダンス!ダンス!ダンス!
汗だくの身体にベットリとシーツが絡んでくるわ、ああ、、気持ちいいわ!!!!!
ラブラブドキドキラブラブあのときの興奮を!!
 さあお立ち台に上って、今夜はイクまで踊りまくるわラブラブドキドキ。
今夜は一滴も残らず絞り取ってあげる。
ドキドキラブラブドキドキ、どう、興奮するでしょ?。あたしはジュリ、変態ボディコン女のジュリ穴女王よ!。

e434flav00032ps.jpg

 そんなジュリアナちゃんとロールプレイをする時は、まあ大体、こんなシナリオです。chika?勿論、この時はラバーボディコン!(終わったあとは凄い汗、もうこうなると一種のダイエットです。)


 東京は今夜もうだるような熱帯夜。そんな熱帯夜の中ぎらぎらと光るネオン街の派手なホテルが舞台。
ここは女装フェチやSMその他変態愛好家専門の会員制ホテル、その地下にあるアンダーグランドセクションはオールナイトで今夜もほぼ満員(ようするに秘密の変態ジュリアナ東京ってこと)。
 全面クローム仕上げのピカピカなドアを開けると、たちまち激しいテクノサウンドがドアから漏れ出す。
フロアはむせ返るほどの湿気と熱気が立ち込めてる。壁全面ミラーのピカピカなフロアの中央には巨大なお立ち台が設置されてる。
天井からはセクシーなシャンデリアが、フロアー四隅から照らされるクラブライトが、お立ち台を犯している。
壁両側を見ると巨大なスピーカーが設置され容赦なく性的なテクノが鳴り響く
その巨大なお立ち台は、ゴージャスな肌ざわりのシルク仕上げのふわふわなベットマットレスになっていて、全てのマットレスの縁はピカピカのゴールドめっきの鋲が打ち込まれている。
中央のハイテクコンポの連奏CDが切り替わり、新たなハードなテクノの曲が始まると同時にドレスルームから登場したchikaとジュリ。
二人のけばけばしいメイクは観客の興奮を誘い、同時に鼻を劈くような香水の香りも。
ゴールドやシルバーのピッカピカのイヤリングやチェーンベルト、ジャラジャラなチェーン仕上げの派手派手なブランドバッグをひけらかし、超ミニスカボディコン、ウエストを極限なまでに絞り取ったジュリアナベルト。
くびれたウエストを犯すそのベルトのバックルは中央で派手に輝きバブルの時代を彷彿とさせる。
それはジュリアナテクノ女装王の象徴でもある。
がんがんと鳴り響くセクシーかつおびただしいハードコアテクノ。
身体が揺れる度に激しく揺さぶられるイヤリング。
左右に腰を激しく振り続け、二人の体はネットリとした汗に塗れそのべっとりとした世界は二人をどろどろの世界へと引きずりおろす。

434digi00103pl.jpg

  踊りながらの女装レズ。二人絡み合う舌は唾液でいっぱいになり、ジュリのピンク色のべっとりとした唇から、唾液がこぼれ出し、、chikaの魅惑的なピンクの口に流れ込む。
二人の唾液は体内で絡み合う。
二人を容赦なく洗脳支配するテクノサウンド。
その高音と重低音がやがてジュリとchikaの脳裏を刺激し興奮液がやがて性感中枢神経に達する。
二人のペニスはお互い身につけているネックレスやチェーンベルトなどのメタルアクセサリーと引けをとらないくらいの硬さと光沢を増して、やがてピッカピカな肉製ジョイステイックと変形する。
はち切れるほどに大きくなったペニスの表面の皮はいやらしいシャンデリアのライトを浴びてピッカピカに反射している。
二人はお互いのペニスを交互にしごきだし、尿道からは粘ついたクリスタル状の愛液がべっとりとにじみ出てくる。
お立ち台ベットはぐっしょりと汗でまみれベトベトの快感地獄と化していた。
ジュリはお立ち台ベットに四つんばいになりミニスカートをめくり上げアナルを突き出して交尾の体制を取りはじめた。。
chikaが甘く怪しい目つきで、首を差し出すように誘い合図をすると、chikaは黒エナメル製の首輪をジュリに装着する。
「ジュリアナァ、、このチンボの生えた雌犬、、」口の形でchikaがそう叫んだのが判る。
けばけばしいゴールドの太いチェーンでつながれたその首輪はchikaのチェンベルトに固定され、ジュリはchikaの支配下に。
ジュリは四つんばいになり、激しくchikaを挑発。
chikaはいきり立ったピカピカなペニスを一気にジュリアナの肛門に滑り込ませる。

b-8b.jpg ズりゅりゅ。
あああん。。。chika、、、いいわ。。。ジュリをもっと支配して。。。
激しくピストンするchikaの括れたウエストは、きらきらと輝いたチェーンベルトとジュリアナベルトで美しく曲線運動を作り出し、ハードコアテクノと一体化する。
腰を動かすたびchikaのチェーンベルトのジャラジャラとした音とシャンデリアに反射した輝きがジュリのあえぎ声とテクノが一体化、最強にエッチなサウンドになる。
お互いのボディコンの中はあせでまみれ、タイトなボディコンはいっそう二人の体を絞り込む。
ハードなテクノがクライマックスに達してジュリは最高潮に達するの。
あーんん、、、いいわあああーーー!!!








b-8.jpg 女装美少年6(B-8) [DVD]


























77lia501pl.jpg 女装娘(オトコノコ)ヌード ~フニャちんから勃起まで~ 1

可愛くない女ならキレイなニューハーフがいい。射精の出来ないニューハーフなら、射精の出来るキレイな女装娘がいいに決まってる。今や現代は女装娘の時代。ふにゃチンから勃起までの過程を撮りたいのに、カメラを向けられると既に反り勃つチンポの姿が。恥らう子にノリノリな子。心は女な彼女たちのありのままを見てください。ハードな内容ではないので女装の入門編にもどうぞ。























tcd050pl.jpg 百合薔薇 ニューハーフと女装子と痴女優

完全な男性は一切登場しない、ニューハーフと女装子と女性による、倒錯のレズビアンの世界「百合薔薇」。ニューハーフと女装子による濃厚なレズシーンでは夢のダブル発射が実現!その他にも射精シーンが多数収録されてます!












































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2010/10/09(土) 08:47)

  ゴム手袋人間の冒険
bgf25ssbb.jpg

f172remu00032ps.jpg  ゴム手袋をして手コキをする。
ゴム素材の性質上、それが肉棒に吸着するので、かなり気持ちいい感触になる。
ここで言うゴム手袋はchikaが普段、プレイで着てるラバーキャットに付属するものじゃなく、普通に市販されている「ゴム手袋」だ。
ゴム手袋以外にも、ラテックス、サテン、エナメル、ビニールなど、手袋の素材を変えることで異なる感触を楽しめる。
この性的嗜好、まあ考えて見れば、行為自体は単純なもので、特別「変態」ってわけじゃない。でも普通じゃないことも確か。
それは多分、人が自分の手をぴったりともう一つの「膜」で覆う「手袋」という状態のモノ自体を、性的行為に使う事にインパクトがあるのだろう。
判りやすく言うとトイレ掃除で手を汚したくない為に填めるゴム手袋で、チンポコを弄られる興奮(笑)。
だから実用的な触感としてはどうかは定かではないけれど、女子中学生が使った毛糸の手袋や、婦人用の革手袋なんかもおおいにOKなのだと思う。
手袋フェチが高じて最近、「革手袋を填めた女性」になりたくて女装に目覚めてしまった真澄という名の会員さんがいる。
ちなみに眞澄は本名だ。
さすがに倶楽部外で女装するときは真澄は使われないらしいが、結構、男でも女でも使えるこの名が気に入っているとのこと。(実態は女装とゆーよりお姉キャラタレントさん寄り)
真澄さんの女装は手袋フェチのついでみたいなものだからプレイでもあまり登場しない。
それに単純な「手コキ」もわざわざ内の倶楽部にいらっしゃってまでするものでもないので、自然にプレイは「手袋」を中心にしたロールプレイが多い。
「貯まってる」時は、chikaを「全身ゴム手袋化」させて、ローションまみれのグチョグチョアナルセックスになるけど、、。



e172remu00032ps.jpg  長かった入社式がやっと終る。この会社は色々な手袋類を扱っている商社だ。
新入社員の一人である前原眞澄は、この会社に入れたことが嬉しくて仕方なかった。
何故なら、眞澄は幼い頃からゴム手袋やビニール手袋に異常なほどの興味を示し、一時はその姿に両親も不思議に思うほどの人間だった。しかし、さすがに小学校のころからは隠れてそれらで遊ぶようになっていたが。
そして彼の手袋に対する偏愛は社会人になった今まで続いているのである。
この偏愛は、思春期の頃から異性にゴム手袋を嵌めてもらって苛められたいという具体的な欲望に変化していた。
しかし、普通の人間から見ればゴム手フェチが単なる変態性欲でしかないことを悟ってからは、それを他人に打ち明けることも実行に移すこともできなかったのである。
眞澄の両親も昔のことは忘れてしまったのか、別段、眞澄がこの会社に入社することを訝しがらなかった。
それどころか両親は、偶然にも大学で一緒だった息子の幼なじみのchikaが一緒に入社したことを彼から聞いて逆に安心感を覚えたようである。
眞澄とchikaとは一時恋人としてつき合っていたが、眞澄の方はとうとう自分の性癖を明かさずじまいで深いところまではいかず、今はまた元の幼なじみに戻っていた。
入社式も無事終り、その帰り道。
「そやけどchikaちゃんもへんぴな会社選んだもんやな」
「なに言うてんの、今の時期就職できるだけでもラッキーやし、完全週休2日やし、給料もそこそこええし、ええとこだらけやん。それやったら眞澄はなんでここ選んだん?」
「それは・・・、同じや。休みあるし・・・それに・・・」
それ以上は言えなかった。まさか「女子社員にゴム手袋嵌めて苛めてもらいたいから」なんて言えるわけがなかった。
「それに何?」
ハンサム系の美人だがどこかそそられる顔をしているchikaが意地悪そうに微笑んで、思いもしなかったことを口にした。
「実は、あたし知ってんだ。眞澄のひ・み・つ」
眞澄は心臓が止まりそうになった。

d172remu00032ps.jpg  
「な、何を知ってんねん。ええかげんなこと言うなよ」
「はは・・無理せんでええって。ダテに幼なじみやってへんでぇ。あたしハッキリ覚えてんねんから。私らが幼稚園行ってた時にな、あんた、幼稚園の裏に干してあったピンク色のゴム手袋、パンツの中に入れて遊んどったやろ。その時は何してるんかわかれへんかったけど、最近インターネットしてて「ゴム手袋フェチ」がおるって分かったん。そしたら急に昔のこと思い出して絶対これに間違いないって思ってん。おまけに、入った会社がこれやろ?どない?図星やろ!」
まさに図星だった。眞澄自身忘れかけていたことを、ここまで指摘されては観念するしかないと思った。
「・・・・・見てたんか・・・・おまえ。そしたら、まさか・・・」
「そうや、そのまさかや。あたしみたいな可愛い娘にゴム手袋嵌めた手で苛められたかったんやろ? 結構、察しがええやろ?手袋の会社やからいうて、そんな事が簡単に実現する筈ないけど、違う会社やったらもっと可能性ないからな~。」
もう、眞澄は何が何だか分からなくなっていた。まるで、自分の考えていることがchikaにはお見通しのように思えたからだ。夢にも見なかった展開に、もはや完全に言葉を失ってしまった眞澄に、さらにchikaは追い打ちをかけた。
「今からうちによらへん。エエことしたるから。」
社会人になっても箱入り息子の眞澄に較べ、chikaは大学に入った時から一人暮らしをしていたが、2年前からは同じように大学に進んだ妹のMAYUと今は二人で暮らしているのだ。
そのことを知っていた眞澄はchikaの言う「ええこと」の意味も判らず「あほかいな!MAYUちゃんとは顔見知りやし、第一、幼なじみにそんなことされたないわ!」と冗談めかして応えた。
MAYUはchikaに比べると少しぽっちゃりとしていて、姉妹とは思えないほど女のしたたる美人である。
「ふーん、そんなに強がっててええの?そっちがされたなかってもな、あたし、前からいっぺん眞澄のこと苛めてみたかってん。何やったら会社の同期の子らに、あんたの秘密バラしてもええねんで」
まったく、厄介なことになったと眞澄は内心思ったが、よく考えてみると、またとないチャンスでもあったのは確かだった。
あんな性的な話をした後の「ええこと」なら大人の遊びに違いなかったからだ。chikaとは恋人解消の仲とはいえそれなりのことは済ませている。
それにしてもchikaがサディストだったとは、今の今まで分からなかった、、。
ゴム手袋を嵌めた女性に苛められたいという欲望がひょんな弾みで一方的に叶えられるかも知れないが、この状況がかえって眞澄の中で一種の怖さのようなものを感じさせていた。

c172remu00032ps.jpg 「わかったよ。行ったらええんやろ、行ったら」
「何よ、その言い方は。どうせ変態マゾのくせに」
「ちゃうわ!幼なじみのよしみで言うてんのや」
「わかった、わかった。ほんなら話は決まりや!・・・さぁ、どこに買いに行こかなー」
「何を?」
「何をって、決まってるやん。あんたの汚いとこ触っても手が汚れへんようにな、あんたの好きなモン買うねん」
電車に揺られること30分、眞澄らが来たのはchikaのアパートの近くのドラッグストアーだった。
「えーと、どこかな・・・あ、あった」
そのコーナーには色とりどりの炊事用のゴム手袋やビニール手袋が陳列してあった。
「へー、結構いろんな色あるやん。眞澄に選ばしたるわ。3~4組選びぃな」
大量のゴム手やビニ手をchikaと目の前にして、眞澄は何か変な気持ちだった。しかし、さすが、長い間ゴム手フェチをしてるだけのことはある。迷う事なく自分の気に入った4組のゴム手・ビニ手を選び出した。
一つはピンクの光沢のあるビニール手袋、同じく光沢のある紫のビニール手袋、赤のゴム手袋、そして白の薄手のビニール手袋である。
そして、何より全てMサイズを選ぶことを忘れなかった。
「よっしゃ、ほんならそれ買うてきて」
「なんや、俺が自分で買うんかいな」
「当たり前や!何であたしが買わなあかんの」
渋々1,400円余りを支払って店を出た。10分ほど歩くとアパートに着いた。アパートと言っても2LDKある。姉妹で一部屋ずつと、リビングまである贅沢さだ。
「さあ、どうしたろかなぁー」
部屋に入ってリビングに座るなりchikaは得意の意地悪そうな顔で言った。幸いMAYUはまだ帰ってないようだ。
「なー、頼むわMAYUちゃんが帰って来るまでに帰らせてぇな」
「あほやなー君は、何で4つも買うたと思ってんのよ。それにな、もうMAYUも知ってんねんで、あんたのことは」
「言うたんか!?」
「当たり前やん。年頃の女の子もな二人、三人集まったらエッチな話で盛り上がんねんで。あんたの話題が出てけえへん訳がないやんか。まして普通のエッチの話とはちゃうからな、興味津々や。さあ、無駄話もこの辺にして、はよ服脱がんかいな」
突然の命令に戸惑う眞澄。
だが、当然の事ながら、はい分かりました、というわけにはいかない。
「ほら、ぐずぐずしてたらあんたが気にしてるMAYUが帰って来るで。それとも会社のみんなにバラされたいん?」
ここが、ヘルスだったらすぐに脱いだだろう。
「もう、タイムリミットや!」
そう言うと、chikaは買ってきた手袋が納めてある袋の中から紫のビニール手袋を取り出し、スーツ姿のままゴボゴボとそれを両手に嵌めたのだ!

b172remu00032ps.jpg

「しゃーないなぁ、この子は。自分で脱がれへんねんなー」
まるで子供に話し掛けるようにchikaは眞澄のスーツを脱がし始めた。軽く抵抗する眞澄だったが、chikaは思いのほか腕力があった。
紫のビニール手袋を嵌めた手でスーツを脱がされるというのは、何か異様な雰囲気を醸し出すものだ。
この異常な状況の中、顔では何とか平静を装ってたものの、とうとうパンツ一丁にされた真澄の前部は正直に反応してしまっていた。
「あれ?きゃはは!何これ」
そう言いながらchikaはおもむろにパンツの上からペニスを掴む。
「あーっ!」
「やっぱりな!思った通りや。もう、そんなにビンビンにして!」
最後に残ったパンツさえも剥ぎ取られて、眞澄の怒張が露呈される。
「どない?ビニール手袋嵌めた女に脱がされるのは。うれしい?」
「うれしいも何も、これから一体どうするつもりや?」
「あんたのおチンチンは正直やのに、うれしいんやったらもっと喜びぃや」
その時、ガチャッと玄関の鍵を開ける音がした。
a172remu00032ps.jpg 「ただいまー」
MAYUが帰って来たのだ!この状況を見るなり
「きゃっ!・・・おねえちゃん、なにこれ・・・」
「ええタイミングに帰ってきたやん。ほら、前に言うとったやろ?眞澄のこと」
「えっ!?あー、そう言うたら、言うてたなぁ」
眞澄がゴム手フェチだと知った時から冗談半分で、二人でゴム手袋して苛めたろか、などと話していたものの、まさか本当にするとは思ってなかったMAYU。
「さ、そこに置いてあるから、どれでも好きなやつ嵌めや」
少し躊躇したMAYUだったが、すぐに吹っ切れたのかピンクのビニール手袋を選び、両手に嵌めた。
「一応こっちは二人やけど、安全のために手だけは縛らせてもらうで」
そう言うなりchikaはナイロンの紐で眞澄の両手首を後ろ手に縛りあげてしまった。
その恥ずかしい格好のままchikaの部屋に連れて行かれると、chikaに言われMAYUが黒ビニールのゴミ袋を持って来て、ベッドの上に敷いた。
「その上に座りや。あんたが今日、会社で“大”してたやろ。ふとんにウンコついたらイヤやからな」
なんと屈辱的なことを言う女や、と思いながらも眞澄に流れるマゾの血が、怒るという感情を押さえ付けて、素直に眞澄を簡易シートの上に座らせる。
chikaはそんな眞澄の横に座ると、MAYUにも反対側に座るように命じた。まさに、両手にゴム手女状態だった。
「あたし、まさかあんたがこんなにゴム手袋が好きやって思わんかったわ。せやけど今思たら、あんた掃除のおばちゃんが嵌めてる紫のビニール手袋とか、うつろな眼で見てたりしてたなー」
そう言いながら指先で眞澄の敏感な部分を弄ぶchika。ゴム手袋の指先の滑り止めが適度な刺激を与えるのか、出て来たガマン汁がビニール手袋の指先を濡らしローションの役割をする。
「うっ!うっ!」
感じすぎて声にならない眞澄。
「ほら見てみ、むっちゃ感じてるで。MAYUも触ったり」
眞澄の太腿の上に手を置いていたMAYUが、その手をゆっくりとペニスに伸ばした。

g172remu00032ps.jpg

「すごーい!むっちゃ硬い」
一方、さっきまで先端部分を弄んでいたchikaは、今度は袋の部分を右手の掌の中で転がすように弄ぶ。
MAYUには敏感な部分を、chikaには袋をそれぞれ弄ばれ爆発寸前になっていた眞澄。しかし、もうイク気になっていた眞澄の願望はそう簡単には叶えられなかった。
「あほ!まだイッたらあかんで。せっかくこんな重装備してんねんから、もっと汚いモン触らな面白ないわ」
眞澄は、chikaが何を言っているのか分からなかった。
「眞澄、ちょっと立って。MAYU、そのビニール、床に敷いてくれる?」
 手早くビニールのゴミ袋が床に広げられる。そして、ビニールの端を指で示すと、
「ここに膝ついてから頭を床につけて」
 言われた通りにやってみるが、後ろ手に縛られているので前につんのめってしまい、思わず肩で体を受け止める。
それから頭を床につけてみると、ヨダレを垂らした自分のペニスが目に飛び込んできた。さらに、chikaの紫の手が、そのヨダレをすくうように脇腹から入ってくる。

7ryrtytre.jpg 「もう、こんなにヨダレ垂らして!」
chikaは、大量に出てきた眞澄の粘っこいガマン汁を手に取り、ゴム手袋の指先で“にちゃにちゃ”といやらしい音をさせる。
「なぁMAYU、男にもGスポットあるん知ってた?」
そう言いながら無防備な眞澄のアヌスに、ガマン汁のついた紫色の指で触るchika。
「ああっ!そこだけはやめてくれ!頼むから・・・うっ!むむむ・・・」
そんな悲痛な叫びもむなしく、昼間“大”をした時に完全に拭き取られていなかった物と汗とガマン汁によって、chikaのビニール手袋を嵌めた中指は“ずぶずぶ”と、いとも簡単に根元まで入ってしまう。
そして、なおも中で指をくねらせ“Gスポット”を刺激するchika。
「これでええわ、MAYU、前シゴいてみ」
「うわ、おねえちゃん、すごいわコレ。ビンビンや。はちきれそうやで!」
嬉しそうに言うと、ピンクのいやらしいピカピカの手が前後に動き始めた。かつて味わったことのない快感に襲われる眞澄。
「あっ、あっ、あっ、イクっ!ををををー!!」
雄叫びのように声をあげると、あえなく射精させられてしまった。chikaが指を抜くと、指先に茶色の粘土状の汚物が付着している。
「あっ、ウンコついてるわ!そやけど、イク時ってよう締まるんやなぁ」
眞澄にとって、これ以上の屈辱はなかった。MAYUもザーメンでべとべとになった手を見て、「すごい、ようさん出したなぁ。溜まっとったんちゃう?」
あまりの刺激のキツさに意識がボーッとしている眞澄。その横でchikaは指先に付いた眞澄の汚物を、親指と中指とで“ミチャミチャ”と音をさせながら、
「なんか、変な気持ちやわぁ。こんなキチャナイもん触ってても平気やねんから・・・」
「いややで!おねえちゃん、付けんとってや!はよ洗てきいな」
「あんたもその辺触りなや!あたしの部屋やねんから!」
そんな、くだらんことでケンカせんと、はよ解放してくれ、と心の中で思っていた眞澄。
今は、イッた後のなんとも言えぬ脱力感しかなかった。
「あー、面白かった」
手を洗いに洗面所に行っていた二人が、そんなことを言いながら帰ってくると、ようやく縛られていた手を解放された。
ガマン汁やザーメンで汚れたビニール袋を片付けながらchikaの吐いた言葉が、眞澄を絶望のどん底に叩き落とした。
「あたしの指にウンコつけた罰や。今度は会社で苛めたるからなっ!」


fdfds016.jpg

ネットで以下のようなQ&Aを見つけました。Qは黒革手袋フェチの男性が発信してるようですが答えているのは、この男性が望んでいるような「本物の女性」かどうかは判りません。(自分で答えてるんじゃないの?という「答え」もあり)
フェチは百人百色の世界ですが、それでも間口が広くて意外に「同好の士」を見つけやすいモノもあれば、それほどおどろおどろしい印象を与えないフェチにもかかわらず広がりを持たないものもあります。
まあ前出の眞澄さんのように、自分好みのフェチシーンを手に入れるためには、良き協力者(笑)を得てのロールプレイが一番手っ取り早いと思いますが、、。

Q: 女性に伺いますが、黒い革手袋をはめると、ふざけて人の口を塞ぎたくなる衝動は起きますか。黒い革手袋にはドラマ等の美人殺し屋のイメージがあります。これは女性一般に共通の印象でしょうか?

A; 私も、一言コメントします。 革手袋で人の口を塞ぎたいとは思いませんけど。
ドラマの見すぎです。 声を出させないようにするなら、ハンカチ等でさるぐつわしますかね?殺し屋、スナイパーも革手袋しますけど、手が滑らないようにするのと、火傷防止。
スパイが、ロープで降りてくる時も、皮手袋します。 程よく滑り、手の怪我防止。
レスキューやパイロットの活動時も、手袋はめてます。怪我防止です。
私もナイフで手が切れない、黒皮手袋持ってますよ。非常用ですけど、冬に車の運転時に、手が冷たいから愛用してます。 でも緊張で、汗かきますから。
余談ですが、クロロホルムをハンカチに染み込ませて、口にあてがっても、失神はまずしません。
臭くて、暴れるだけです。ドラマの影響ですね。 間違いです!!!!
薬品泥棒は、トルエンとクロロホルムを物色するそうです。 薬品庫には施錠して、防犯装置が付いてます
間違いを犯す、若者に記載しておきます。 盗み出せません。



A:違いますね。ドアノブをまわしたい。なぜか、昔からですが。
滑らないのと、静電気がおきないのと、他人の汚れに触らないから、もちろん自分の指紋も残らない。面白いので、参加させていただきました。


Q:女性が初めて黒い革手袋をはめるのは何歳から?
先日地下鉄に乗っていましたら、女子高生が黒い革手袋をはめていました。その姿は珍しく、わたくしには高校の制服と黒革手袋はミスマッチだなと思いました。
ズバリお尋ねします、あなたが初めて黒革手袋をはめたのはいつでしたか? そのときの状況やあなた自身の感想、周囲の反応なども教えて頂ければ幸甚です。どうぞ宜しくお願いします。

A:cumaco
母が黒革手袋をいくつか持っていました。
大人になったらこういうのをするんだと漠然と思っていました。
実際革の手袋をするようになったのは、25を過ぎてからです。
はじめはスエードの茶の手袋でした。
その後紺なども使いましたが、黒革手袋は正直まだです(もうすぐ40ですが)。
いつか素敵な黒のコートを買ったら、それに合わせて黒革手袋もいいな、と思っています。

さっそくのご回答有難うございます。近所に公立高校があるのですが、きのう、自転車通学の女子高生が黒い革手袋をしているのを見ました。黒革手袋というのは大変強いアクセントになります。男性にとっては「フェチ」の対象にもなるのですが、女性はあまりその点はご存じないのか、気になさらないようですね。
それでも、cumacoさんのように、何らかの想いを持っていらっしゃる女性がいて下さるのはとても嬉しいことです。有難うございました。

Q:周りの目は変わります?あなたが黒革手袋をはめると...
.わたくしは子供の頃から女性の黒革手袋にフェチを感じるのですが、見られる女性の立場で、黒革手袋を熱く見つめられた事はおありですか? また黒革手袋のとき普段と異なる態度をされた経験はおありですか。ぜひ教えて下さい。

A: huchinobesuzuna
去年の話ですが、クラスの男子に机の上に置いていたわたしの手袋を手にとって何かされているるところを目撃しました。匂いを嗅がれていたと思うと少しゾクゾクします。


ご回答有難うございます。すずなさんは大学生でしょうか?
「ゾクゾク」とおっしゃっているのは、あまり不快、キモイって感じではなかったのですね。これからも黒い革手袋のこと、とくに「女殺し屋と黒い革手袋」の関係などについて、いろいろ教えて下さい。本当にお友達になりたいくらいです(感謝!)


pgfds0147.jpg


引き続き眞澄さんのお話。

フィレンツェのアルノ川にかかるベッキオ橋を渡りきったところに、マドヴァ・グローブスという手袋専門店があるの。
日本で売っている手袋は手首までの短いのが多いわけ。
冬でも半袖セーターが多い私は(もちろんコートの下にはジャケットを着るけど)手首より長いのが欲しいのよ。
去年の秋、東京に行った時に新宿伊勢丹で買ったのも長めのやつ。
他にも機会があれば色々探すんだけど、長いのがたまたま見つかっても気に入った色が無く泣く泣く諦める事が多いのよね。
旅行した時、バッグのグローブホルダーに下げていったのは伊勢丹で買い求めた手袋。でも、ちょっと大きめなので、これもイマイチなのね。だから、手にぴったりのもので、おしゃれなデザインのが欲しかったの。
お店は思ったよりも遙かに小さなお店。
でも、棚にはぎっしりと手袋が詰まっている。私はともかく長いのが欲しいと随行員さんに通訳してもらったの。
いくつか出してもらうけど、ウィンドーにあった、手首のところの内側の革の色が表と違って、折り返すと、その色が表に出、折り返さずにそのまま長いままで使うと、縁からほんの少しその中側の革の色が見えるという2通りの使い方が楽しめる、おしゃれなデザインのが気に入ったわ。
それが在庫で無ければ、凝った編み込みがしてあるものね。でも、出来ればその中側が凝っている方が欲しくて、希望の色を探してもらった。
外側の色は黒で、中は紫。私はたまに紫色のコートを着るので、それに合わせたかったの。chikaも知ってるでしょあの紫の。
紫の手袋って普段着ることの多い黒のコートにも合うし。サイズは、お店の人に手を見せるだけでぴったりの大きさを出してくる。
さすがね。ショーケースの上には、肘を乗せる小さな丸いクッションがあって、そこに肘を乗せてつくと、お店の人が手袋を被せてくれる。あれはいいわね。
表面は出さなかったけど、手袋を填められているときかなり感じてた、、。
革だから最初はきつめだけれども、そのうちなじんで伸びてくるから、一番初めは被せてくれるのよ。
私は手袋のサイズって、指の長さよりも、手のひらの周りの大きさによって違うんだって思っていたら、間違っていた。
指の長さでサイズが決まるんだそうね。手のひらの周りは、きつい場合は特殊な棒で伸ばしてくれるわけ。  
第1候補の手袋をはめてもらって品物をチェックしたら、一部、縫い目がはじけてた。すぐにそれを指摘して探してもらったら、お店には無いけど、近くの倉庫を探してくるとのこと。
少し待って欲しいと言うので、待つことにしたの。
その間、私のグローブホルダーが、お店に入った瞬間から目に付いていたらしく、見せて欲しいと言われ、見せたわ。
でも私のはエルメスのじゃない。エルメスのだったら、それだけで3万円くらいする。そう言うところは私ってケチなので、似ているものを三越で買ってきたの。
お店の人もエルメスでないのはすぐに判ったとのことだったけど、実際に同じようなもので、使っているお客を見たのは初めてだったらしく「とてもエレガントだ」と褒めてくれたわ。
センスのよいイタリア人に褒められるのは何よりも嬉しいよね。随行員さんも「これはいいですね、エレガントだし、(無くさないように)実用的だし」と言ってくれた。
そんなことを話しているうちに手袋を倉庫から持ってきてくれた。
あって良かったと思いながら、早速はめてみたら、今度もはじけているところを発見。どうやらこのデザインの手袋には、その時は縁がなかったみたいね。
お店の人もすごく恐縮していて、工場側にクレームをつけると言ってたわ。
明日12時まで待てるならば、工場から取り寄せるのだけれどもと言ってくれたけど、それでは間に合わないので、諦めて、第2候補のを買ってきたの。
これは内側にカシミヤで裏が張ってあって凄くる暖かい。自分用の手袋っていざ買うとなると実用本位になっちゃうのね。でも値段は…伊勢丹で買ったものの約半額!安い~! 縄で緊縛するか、革で締め上げちゃうかの文化の違いよね。


眞澄さんによると自分のフェチ願望を人間関係の中で叶えようと思ったら「がっつく」とかえって、そのチャンスが遠ざかるんだそうです。
兎に角、その世界の片隅でもいいから、常にそこに漂っていてアンテナを立ててること、それが大切だそうで。

5dfds.jpg

きっかけになったのは、ネットで知り合った優奈ちゃんと、たまたまポールスミスの革手袋の話になったことなの。
どうしてポールスミスの革手袋の話しになったのかは覚えていないけど、とにかく優奈ちゃんはポールスミスの革手袋をするだけで鳥肌が立ってぞくぞくしちゃうらしいのよね。そしてポールスミスの革手袋で手足をなでると体がぴくぴくしてくるらしいの。
でも「なんでポールスミスの革手袋なの?本当なの?他の革手袋じゃだめなの?」って、なんかそれ見てみたいと言う事になって、じゃあ会ってみようかと言う話になったの。
そこで2人共、よく知っている大きな本屋さんの前の自動販売機の前で待ち合わせする事になったのよ。
なんだか、どきどきものね。
どきどきしながら待ち合わせの場所へ向ったわ。
車で行ったの、下心なんてないよ。私の場合、色事関係は大概お金で手にはいるし、性格が用心深いからリスクがつきまとうようなことはしないし、それに何度も言うけど、がっついたら駄目。
で本屋さんの駐車場の車を止めて、車の中から待ち合わせ場所の本屋さんの前の自動販売機を覗いて見ると、まだ待ち合わせ時間前だから優奈ちゃんは来てないの。
でも自販機の前には女子高生が1人自転車に乗ったままで、こちらも人待ちのようす。
10分後。待ち合わせの時間になっても優奈ちゃんが来ないのよ。
どうしたのかな~って思ったら。優奈ちゃんからメール。
「到着したよ~」
「えっ?どこ。」
「自販機の前にいるよ。」
えっ。もしかしてと思ったら自販機の前にいた女子高生に見えたのが、やっぱり優奈ちゃんだったの。

「優奈ちゃんは21歳って聞いてたから、、でもどうみても16,7位にしか見えないよね。」
「よく言われる。特に今日みたいに白いブラウス着てる時は、制服みたいに見えちゃうのかもね。」
そんな話から始まって、車の中でぺちゃくちゃお話していたら30分くらいたっちゃって、それから優奈ちゃんのアパートが3分位の所にあると言うので優奈ちゃんのアパートへ移動したの。
そらからまたぺちゃくちゃぺちゃくちゃ、女装子効果だよねー。まあ昔から話好きだったけど。この雰囲気が身についてから、女性の方が警戒しなくなったゆーのもあるし。
それにネットの上だったけど付き合いは長いから警戒心がないっていうか、こっちも手の内見せてるし。天然入った不思議系女子だけど、別に優奈ちゃんって「革手袋の皮の匂いを嗅いだだけであそこが濡れちゃうんです」みたいな女の子じゃないしね。
それで話が、弾みながらポールスミスの革手袋の事に・・・・
「じゃあ試してみようか。」
そう言って優奈ちゃんがポールスミスの革手袋をもってきたの。
優奈ちゃんが持ってきたポールスミスの革手袋は茶色の革手袋だったわ。
触って見るとしっとりとした感じの柔らかい革なの。裏地はカシミアになっていて手首の所にスナップボタンがついてたわ。
そして優奈ちゃんがポールスミスの革手袋をはめたの。
「ねえ。見てみて」
そう言われて優奈ちゃんの手足を見ると「わ~っ本当だ。鳥肌がぶわ~って。」
その肌を触って見るとざらっとしてるのよ。で今度はポールスミスの革手袋をとってみるとす~っと鳥肌が消えてつるつるのお肌に戻ってるの。
またつけると鳥肌がぶわ~って。
もしかしたらこの手袋自体に問題があるんんじゃないかって、私も試してみたんだけど肌の状態自体は全然変化無。
そして私がポールスミスの革手袋をしたまま優奈ちゃんの手足を触って見ると、優奈ちゃんがぴくんぴくんって痙攣するの。
なんか面白いくらい。面白がって暫くやっていたら優奈ちゃんが「も~やめてお腹痛いよ~」って言うんでやめたんだけどね、
でも面白いやら不思議やら。ん?別にそれ以上の事はなんにもなかったよ。お姉キャラの面白叔父さんが、それ以上のことやったら犯罪だよ。


    女の子「見て、お母さん。真っ赤な手袋がおちてるよ。」
母親「あら、中身もはいってるわね。」



422exvr00006pl.jpg夢の手袋コキッ!

アナタは手袋でコカれたことありますか?毛糸手袋の暖かくも細かな繊維の感触、医療用ゴム手袋の薄いゴム生地越しに伝わる体温、家庭用ゴム手袋の冷たさ、革手袋の独特の高級感…。素手には無い違和感のある新感触に酔いしれてください。しっかりとチ●ポを捕縛する滑り止めの効いた感触は、正に夢の手袋コキッと言えるでしょう!

























h_102nsps098pl.jpg女体を味わい尽くすマニアックエロス 『顔舐め・接吻』

美顔は汚すほどいやらしい…。お化粧したての奇麗な顔を容赦なく歪ませ舐めたおす!!歯茎をほじり、鼻の穴に突っ込み、頬をつねり…それでも感じるスケベ女の顔!!顔舐めをテーマにしたフェチドラマシリーズ。























12bur00199pl.jpg 革手袋手コキ研究所

「イク時は手コキで、しかも革手袋着用で!」と、何とも我儘な男の欲望を実現してくれる嬉しい作品!ちょっとマニアックですが、一度体験したら忘れられないんです!!革手袋着用だといつものフィニッシュ時に比べて発射量がハンパじゃなく多くなっているのは…何故?























h_436daga00013pl.jpg猿轡のこだわり 13 全頭マスク連続装着2 顔の無い女

全頭マスク・ホグタイ・スリープサック…女は絶望の地獄に堕ちた…



雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/10/02(土) 08:41)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア