FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 ケツマン放浪記 風雲編 2
tumblr_n60kj0JXmu1sci853o1_.jpg

vvggffyyy.jpg  ある時期、普通の人達から見たらアブノーマル過ぎる男遊びをしていてさえ、それよりももっと泥沼に溺れるような爛れきった週末を過ごしたいときがあった。
ホルモンバランスが完全に狂っていたんじゃないかと思う。それとも精神か、、。
 堕ちた快楽……、汚泥にまみれて蠢く快楽……、グロテスクに歪んだ快楽……への過度な欲求。
 大人になった今では、それらが一種の自傷行為のようなものである事は容易に理解出来るのだけれど、当時はただ自分の中に真っ黒な獣がいてそれが暴れるのだと考えていた。

 その土曜日の夜、chikaは襟と袖にファーの付いた黒レザーのハーフコートに網ストッキング、黒エナメルのピンヒールを履いて毒々しい色のネオンが燦く通りを歩いていた。
 いつものように念入りにメイクしているが、その夜はケバい方向にかなり寄せていた。
 お水のお店のホステスに見えるかもしれないし、もっと怪しい生業の女に見えるかもしれない。
 ルージュを、本来の口唇の形よりも大きく描いて好色感を出し、下の口唇の脇にはスケベホクロを描いてある。
 口唇に厚みを持たせるのとスケベホクロの組み合わせは洋画を見て編み出したテクニックで、かなりの効果があるとわかっていた。
 いつもの派手系の若いOLの扮装とは趣を異にしているのでいっそう男どもの目を魅くし、ナンパされる回数も多い。
 けれど今夜のchikaのターゲットは普通の男じゃなかった。
 だから、ずっと、あっちの通り、こっちの通りと歩いて、これは! と思えるオトコを物色していた。
 歩き疲れ、ひと休みしてコーヒーでも飲もうかと立ち止まったとき、その男がいた。
 ファッションヘルスと称される手コキ専門店のどぎついネオンを少し離れたところから眺めている中年男だ。
 頭髪はバーコード状態、丸い狸顔、短身というか、脚が短くて腹が出ている。皮脂の多量分泌のせいか、おでこや鼻が光っている。
 見れば見るほど安サラリーマンであるのが一目瞭然だった。

 f104pshd00009ps.jpg

 グレーのスーツは体にフィットしていない。量販店の吊るしを特売で買うような経済力なのだろう。
……絶望的なまでに女にモテないタイプ、容姿は最悪、見るからに貧乏サラリーマン、職場ではうだつがあがらず、少ない小遣いから捻出した金で若い娘に手コキしてもらおうと淫欲をあらわにしているスケベおやじ。
 申し分のないターゲット。
 別に馬鹿にしてるわけじゃない。さすがに寝ても良いとは思わないけど、普段なら親愛の情さえわく人種だ。頭から拒否する積もりはない。chikaはこうみえても苦労人だから。
 でも今夜はそういった感覚はない。だって今夜のchikaは「墜ちる」為に、気持ちまで高ビーな女に変身してるんだから。
 あわよくば、狙いを付けたあの男の頭の禿げ上がり具合が精力家の証しであれば……。
 chikaは、その男のほうに近づいていった。
 chikaが横に立つと、短足の中年男はやや見上げるような格好になり、顔いっぱいに驚きの表情を見せた。
 chikaは、とびきりの誘いかける笑みを見せる。
「chikaと遊ばない?」
「えっ?」
 chikaはコートの裾を開いた。男の視線が、すぐさま、chikaの脚に注がれる。
 荒い網目の黒ストッキングに包まれた美脚を、股間を巧妙に覆い隠しながら見せつけてやると、男は生唾を呑みこんだ。
 紛れもなく男の脚なのに、色ぽい女の肉体の一部に見える、、魔術に近い。
「いくらや?」
「遊んでくれるん?」
 ここは目線の威力を見せるときだ。

e104pshd00009ps.jpg

 chikaとひと晩過ごしたら、一生忘れられないぐらいの体験をさせてあげるわよ、と目で語ってやる。
「いくらなんやって聞いてる」
「×枚でどう?」
「…………」
 男は押し黙り、思案している。
「高いな……」と、男が呟く。
「あたりまえでしょ。あんたみたいな薄汚いエロおやじが、chikaみたいなベッピンとタダでやれると思ってるの?」
 こういうな情けない男には高飛車に出るのが一番だし、一旦、そういう出だしでやると、chikaは最後までそう出来た。
「でもね、chikaを満足させてくれたら、安くしてあげてもいいわ」
 怒るべきかどうしようかと迷っている男に、今度は優しく甘い声音で囁いてやる。
 実際には、この男に支払能力が無くても構わない。
 稼ぐなら、もっと他に色々な方法と相手がいる。
 これはゲームなのだから、chikaがプロデュースするゲームの規則に従ってくれる男でありさえすればいい。
 そして、商談は成立した。
 売る商品は、chikaの身体……。
 ラブホに入ると、男は上着とネクタイを外した。
 すぐにでもchikaに襲いかかりたいのだが、強い態度に出る勇気がなくて、仕方なくベッドに腰かけているという風だ。
 chikaは彼の横に座った。
 chikaのほうはまだコートを脱いでいない。
 実は女装の男だ、と正体を明かしてびっくりさせてやるのは、もっと後にしようと思っていた。

d104pshd00009ps.jpg

「はやく脱いだら」
「え……?」
「chikaのマンコに入れるんでしょ」
 居丈高に言ってやると、わかった、という風に頷いて、シャツを脱ぎ、ズボンも脱いでゆく。
 明るい灯の下で見ると、顔が脂ぎっている。
 どこかで安酒を飲んできたのだろう。
 顔面が赭くなり、汗ときつい体臭と日本酒の匂いが混じり合って不快に臭っている。
 ブリーフと黒靴下だけの、ほとんど裸になった男の体を見ると、不快感と侮蔑がこみあげてくる。
 腕や肩のしまりのないたるんだ肉、でっぷりとふくらんだ腹部……。
 chikaは自分で自分の身体をコントロール出来る大人の男を多く知っていた。
 腹を空かした犬がエサを前にしてハアハア、と喘いでいるような表情……。
 いやだいやだ……、こんなエロおやじに抱かれるなんて、と嫌悪感がフツフツと沸きあがってくる。
 というか無理矢理にでも、その感覚を高めていたのが事実だ。
 chikaは、立ち上がり、男に背を見せて前屈みになり、、コートの裾から中に手を入れた。
 そうして、穿いている下着を脱ぐ。
 黒いスキャンティ……、いかにも娼婦っぽいやつ。
「ほら」
 と、男に放り投げてやる。
「マンコの匂いがするわよ。嗅いでみたら?」
 男は喜色を浮かべ、黒いセクシー下着を皮脂の浮いた鼻に当てた。
 ペニスとアナルの匂いなのだが、酔っ払ったエロおやじにはわかるはずがない。
 再び、chikaは男の横に座った。
 濃艶なメイクと動物性のパヒュームが、このエロおやじを悩殺している。
「マンコの匂いがする?」
「あ、……ああ」

c104pshd00009ps.jpg

 chikaは手を伸ばして男のブリーフの上から勃起したペニスに触れた。
 薄布を通して肉棒の灼熱が伝わってくる。白い布に先走り汁の染みがひろがってきている。
「それ、いやらしい匂いがするでしょ?」
「…………」
「あんたはスケベおやじだから、いやらしい匂いが好きなんでしょ?」
 オドオドとした目つきで、卑屈に頷く。
「そのいやらしい匂いのするマンコに、これをハメたいでしょ?」
 と言って、ブリーフの上からやわやわと摩ってやると、男は歓喜の表情になり、膨れた肉塊がさらに硬度を増す。
 chikaは、くるっ、と皮を剥くようにしてブリーフの前をまくった。
 怒立したチンボが跳ねるようにして姿を現す。
 肉茎を握ってやると、見ているこっちが恥ずかしくなるぐらい男の顔が助平に崩れた。
 こんなブタ男であっても、青筋を浮かせた男根を手の平に包みこむと、自分の淫蕩の血が沸き立つ。
 chikaには、その正体が男であっても素敵な男に抱かれる値打ちがある、というロマンチックな願望が肉欲のベースにあるけれど、 それだけではない。
 時々ただの淫乱ではなくて、腐蝕といってもいいほどにアブノーマルに傾斜した肉欲が頭をもたげるのだ。
 ある種の食べ物が腐敗醗酵によって独特の美味を持つように、chikaは腐り歪んで強烈な快感を味わいたいという欲望がある。
 chikaは、全裸の男を仰向けに寝かせて、彼の体の上に跨った。
 まだコートを着たままだ。
 このエロおやじはchikaを女だと信じきっている。
「生か……?」
 chikaが騎乗から挿入を企んでいると悟った男が驚きをあらわにして言う。
「生でマンコに入れさせてあげるってのに、何か文句あるの?」
「いや、そうじゃなくて……」
「病気が心配なら、女を買うなんてことしないで、自分でマスかいてたら?」
「…………」
 この男の言いたいことはわかっている。
 ゴム無しの生挿入させてくれるなんて……、と感激しているのだ。
 美人の娼婦が本当は男だと知らずに……。

b104pshd00009ps.jpg
 
「ほら、入れるからね。このチンポ、しっかりおっ立てて」
 chikaは片手で男の竿幹を軽く握り、もう一方の手はコートの中にしまった。
 自分のペニスを押さえつけておいて、男だと露見しないようにするためだ。
 激熱した亀頭が菊門の入口に触れた瞬間、さすがに、「んんっ!」と呻きそうになったが、この男の前では弱みを見せられないので辛抱した。
 ラブホに入ってすぐ、化粧を直してくるからと言って洗面所に行き、アナル孔にローションを塗りこんである。
 肛管壁に塗布したゼリー状の潤滑剤は体温にあたためられて溶けて粘膜襞に馴染んでいる。
 ヌルヌルネバネバの粘度の強いものを使っているので、ちょうど女の蜜液と同じようになっているはずだ。
 男のペニスの角度を微調整し、アナル穴の口に押しつけ、
「chikaのマンコ、濡れてるの、わかる?」
 と、男の顔を見ながら言ってやる。
 うんうん、と頷き、男は自ら腰を突き上げてくる。
 もう待てない、一刻もはやく媚穴にインサートしたい……。
 このエロおやじときたら、理性をすっかり失って淫獣になってしまっているではないか。
 chikaも男だから、この感じはわかる。
 もう少し焦らせてやってもいいのだが、chikaのほうも、早くこの淫欲根を尻穴で喰わえこみたい……。
 chikaは、ゆっくりと腰を沈めていった。
 雁の部分が通過するまでの、強圧にアナル口が拡げられる感触……痛みとも痺れともつかない被姦の快悦に、chikaは顔をしかめて歯を食いしばってしまう。
 そして、雁の張り笠が通り過ぎると、あとはゆっくりと奥まで貫かせてやる。
 この、ずぶずぶ……と侵犯されてゆく感覚もたまらない。
 肛門の環状粘膜管で男の硬い肉棒を味わいながら、
「どう、chikaのマンコ?」
 と訊いてやると、男はうれしそうな顔で頷いた。

 a104pshd00009ps.jpg

 
「マン汁でトロトロになってるでしょ?」
 と言いながら、chikaは腰を上下に動かしはじめる。
「締めつけてあげてるのが、わかる?」
 chikaの淫熟アナルは収縮して男の欲情しきった竿棒を搾り上げ、と同時に、硬化した責め棒に肛内襞膜を摩擦され、chikaはえもいわれぬほどの糜爛快感に酔っているのだった。
 けれど、この痴戯の主導権はあくまでも自分が握っているのだ。
 手綱を放してはいけない。
「よく締まるマンコでしょ。うれしい?」
 腰を使ってピストン犯を加えながら、chikaは男の顔をじっと眺め続けた。
 女装した男の排泄孔に喰わえこまれているとも知らず、このエロおやじは嬉々となって顔面を真っ赤にしている。
 額から禿げ上がった前頭部に玉の汗を浮かせ、鼻の頭にも汗粒を噴いている。
「中で出したりしちゃダメよ。わかってる?」
 女の経験が豊富なら、アナルと膣とのちがいはわかるかも知れない。
 けれど、このブタ男に尻穴と女穴の区別がつくはずもない。
「中出ししたりしたら、承知しないからね」
 と、きつく言い、男が射精を懸命にこらえているのがわかり、会心の勝利感がchikaの背筋をゾクゾクさせる。
 女を騙り、女になりきって男を誑かすには、こういう方法もあるのだ……。
 ブタおやじは、もうこれ以上、こらえきれそうにないようだった。
 それは男の表情と、尻穴で締めつけている感触でわかった。
 今、射精されてしまったら、せっかく捕獲した獲物を嬲る楽しみが、その時点で終わってしまうかもしれない。
 chikaは腰を引いて、ぬぷっ、と男のペニスを抜去した。
 噴出せずにいてくれる保証があれば、もっとアナル結合の肉淫に興じたいのだけれど……、仕方がない。
「何よ、そのもの欲しそうな顔は?」
「もう……終わりか……?」

4h_697josk01ps.jpg
 
 chikaは男のかたわらに横座りになり、上半身を傾け、男に濃艶メイクの貌を近づけていった。
 大量に発汗してぶざまな裸身をさらしている男は、淫売性交が終了してしまったのか、と心配している。
 いきなり、
 パシッ!
 と、男の頬にビンタを食らわしてやると、男は、何をするんだ? という感じで怒りの表情になった。
 こんなブタ男であっても、男の矜持は持っているのだ。
 いやな匂いのする汗をいっぱいかいているブタのくせに……。
「ふふふ……」
 と誘惑的な笑みを見せ、chikaは男の勃起したままの肉棒を握った。
「chikaのマンコ、よかった?」
 まだ怒りは消えていないが、うんうん、と頷く。
「もっとマンコに入れたい?」
「ああ、……入れさせてくれ」
「その前に、しゃぶって欲しくない?」
「…………」
 chikaはもう一度、男の頬を、パシッ! と叩いた。
「チンポをしゃぶってあげる、言ってるのよ。返事ぐらいしたらどうなの?」
「……しゃぶってくれ、たのむ」
 と、ブタの欲望をあらわにして声をふるわせた。

5h_697josk01ps.jpg

 ルージュを蠱惑的なまでに赤く塗り込め、下の唇の脇には男を惑乱させるホクロまで描いているのだ。
 どんな男であっても、この紅い口唇に咥えてもらいたいと願うはずだ。
 ブタ男のおまえなんかにはもったいないけどね……。
 自分を興奮させる為に、さらにサド気質を演じる。
 chikaは身体をずらせて男の下肢にしなだれかかり、男のそそりたったペニス棒を頬張れる姿勢になった。
 目と鼻の先に、湯気をたてているような昂奮状態の亀頭がある。
 オスの臭いが濃く漂ってきて鼻を衝く。
 これは、この男を悦ばせるフェラチオではない。
 chika自身が楽しむための口淫愛撫なのだ。
 血管の浮き出た怒張肉幹を握っているのはほっそりとした白い指で、きれいな長楕円形に整えられた爪は輝くレッドのマニキュアが塗られている。
 自分が見てもどう見ても、男の手指とは信じられない。
 chikaは、その光景にうっとりとなった。
 そして、朱唇を開いて舌を伸ばし、黒紫に光る笠面を舐めてみる。
 すると、「ああ……」と、男の情けない喘ぎが洩れた。
 バカな奴、女装した男にフェラチオされているとも知らずに……。
 chikaはぱっくりと口中に男の肉塊を納めた。
 松茸状の怒立を口腔で味わうとき、朦朧となるほどの恍惚に見舞われる。
 これは相手がどんな男であっても同じだと思う……。
 男の勃立ペニスが心底好きなのだ。
 chikaは口舌淫戯に夢中になっていった……。

 6h_697josk01ps.jpg

 いったん男のペニスを口から出し、唾液にまみれてヌラヌラ光る亀頭を眺めていると、やはりたまらなくなってくる。
 肉竿にくっきりと残っているルージュの赤い輪が生々しい。
 こんなつまらない男の持ちものであっても、はちきれんばかりに膨張しているチンボを間近で眺めると息苦しくなってきて、自分の倒錯淫乱の本性をあらためて自覚してしまう。
 chikaは、裏筋舐めに移った。
 青筋ビキビキに発熱怒張している茎肉に口唇を這わせてゆく。
 ハーモニカを吹くようにして紅唇をすべらせ、雁裏くびれのウィークスポットには舌を強く摺りつけて、特に念入りに攻めてやる。
 そうやって、ハーモニカフェラで舌を何往復もさせていると、男の尿道口から先走り汁が溢れてくる。
 chikaは、その粘汁を舐めとって味わってみる。
 嘔吐感が伴う、しかし、単なる女装ホモ性交を超えたアブノーマル淫欲を満たすためだ。
 さらに、chikaは、男の太腿の間に顔を突っ込むようにして、玉袋を舐めはじめた。
 むっ、と汚臭が鼻腔に流れこんでくる。
 垢と汗と尿の入り混じった臭いだ。
 男のブタ顔を思い浮かべると、さらに不快感がつのり、ねじくれた快感が沸騰してくる。
 男は時折、うう……、とか、ああ……、とか呻いて、chikaの濃淫フェラチオに喜悦している。
 けれどこの口淫奉仕は、決してこの男を悦ばせるためにやっているのではない。
 男を愛して、男に悦んでもらうなんて、ちゃんちゃらおかしい。
 あくまでもエゴイズム、自分の歪みきった淫蕩の血を満悦させるためなのだ。

8h_697josk01ps.jpg

 chikaは、男に半身を起こさせてベッドの枕板にもたれさせ、両脚をM字に開かせた。
 そして、chikaは、男の脚の間にぺたんこ座りになった。
 この格好でフェラチオすると、男から自分の顔面がよく見える。
 艶やかな髪の美少女……この男は若くてとびきりの街娼を買ったと信じているのだから、そういった街娼になりきるのだ。
「ほら、生尺してるところをよく見とくのよ」
と言って、chikaは男の肉棒を握り、頬にふりかかる髪を手でうしろに梳き流し、舌面で雁裏を摺り上げてやる。
 涎を垂らしそうなほど淫楽に呆けたバカ面をさらして……。
 この程度の男を騙して惑わすのは簡単だ。
 だいたい、コートを着たままのを不審にすら思っていないのだから赤子の手をひねるようなものだ。
 女と遊び慣れた男なら、もう嗅ぎつけられているだろう。
 雁裏だけでなく裏筋を何度も下から上に舐め上げ、その間、もう一方の手の指先で陰嚢をくすぐるようにして刺激してやる。
 そうして、男がchikaの口元を注視しているのを確認してから、亀頭に舌を這わせる。亀頭傘面のレロレロ舐めだ。
 鈴口を丹念に責め、ガマン汁のトロトロ液を啜りながら猥淫にねぶりまわすchikaの赤い口唇を男に見せつけてやるのだ。
 コートの下では、chikaのペニスはもう痛いほどに勃起している。
 さっきまで、この男の肉根をアナルで喰わえこんでいた余韻が残っていて、chikaの快楽曲線は上昇し続けている。
 次は、ぱっくりと口中に咥えこみ、吸引と舌の乱舞摩擦だ。
 舌の表と裏を使っての回転擦り上げ……。
 chikaも男だから、どこをどのように責めればいいのか熟知している。
 咥えたままで顔を前後に動かせる。chikaが主導権を握るマウスファックだ。
 膣穴同様に温かく濡れた口腔で吸って絞めて……。
 ドバッ、と爆ぜた。
 ザーメン噴射はchikaの咽喉の奥を直撃し、搾ってやると、次々と濃粘スペルマが溢れ出てくる……。

  9h_697josk01ps.jpg

 不覚にも口内射精されてしまった……。
 と、chikaは洗面所の鏡に向かって語りかけた。
 けれども、それは自分に対する言い訳、見栄のポーズ、あるいは、電流を逃がしてやるアースかもしれない……自制を失ってしまう一歩手前で踏みとどまるための。
 本当は、決して不覚などではなかった。
 男が発射する予兆はあったし、その兆しを察していた。
 けれど、そのまま男を昇天させて噴出した精液を一滴も余さず飲みこんでしまった。
 うがいを繰り返して口中をきれいにしても、あのネバネバが歯茎や舌にこびりついているような触感だ。
 胃の腑に流れこんだザーメンは気持ち悪くて吐気がおさまらない。
 そのくせchikaのペニスは屹立したままなのだ。
 ヨーグルト状の汚濁男汁が食道を通るとき、あやうく暴発して漏らしてしまいそうだった程だ。
 chikaはコスメポーチを取り出して顔を直しにかかった。
 パフでパウダーをはたく。
 そして、口唇だ。赤く濃く、ケバくエロく。あのブタ男を悩殺する淫唇でなければならない。
 chikaは紅筆を使って入念に口唇を赤く塗りはじめた。
 ここから後のシナリオはふた通り用意してある。
 相手の出方によって、どちらを選択するか決まる。
 chika自身は、成り行きがどちらに転んでもかまわない。
 ここでこの爛れたゲームを終了してもいいし、もっと爛れた深泥に溺れてもいい。
 それはあのブタ男次第だ。
 chikaはメイクを終えて、鏡の中の年若い妖女を眺めた。
 chika、一体、お前は何者?
 目元はグレーのシャドウと濃いアイラインで強調し、口唇はくっきりと鮮烈に赤い。
 ふふふ……、と婀娜な笑みを浮かべてみる。
 男を惑乱させる嬌態も完ぺきだ。魔少女。
 chikaが戻ると、男はベッドの枕板にもたれたままだった。

7h_697josk01ps.jpg
 
「ふふふ、女に飲んでもらったことなんて、ないんでしょ?」
「ああ……、はじめてや」
「もう一度、マンコに入れたい?」
「…………」
「マンコの中に出させてあげるわよ」
 艶然と笑みを見せて、男をじっと見つめる。
 顔は戸惑った表情になっているが、ペニスは反応してきた。
 放出し終えたばかりで萎え垂れていた男根がムクムクと鎌首をもたげてきたのだ。
「おまえのチンボは正直やね、ふふふ……」
「…………」
「一発やるのも、二発やるのも、値段は同じだよ」
 と言ってやると、男の顔に安堵の色が浮かぶ。
 やはり、お金の心配をしていたようだ。
 情けない男だ。容姿がブタなら、中身もそれに比例してる。
 女を買って遊ぶのに、財布の中身を考えながらびくびくしているのだ。
 今夜は哀れみの感情が一切わいてこない。
「ルージュを塗りなおしてきたのよ、わかる?」
「…………」
「この赤い口唇、いいでしょ?」
「……ああ」
こういう男は女からは相手にされない。

10h_697josk01ps.jpg

 たとえ相手が娼婦であっても、女心をくすぐるような褒め方をして楽しく遊ぶ、というような粋な配慮ができない。
 自分の目の前の欲望を満たす事だけで精一杯。
 やっぱり、ブタだ……。
「この口唇でしゃぶってあげるわよ」
「…………」
「そのあとで、マンコに中出しさせてあげる」
 と、言いながら、chikaはコートのボタンを外していった。
 そして、男が生唾を呑みこむ表情を見つめながら、コートの前を、ぱっ、と開いた。
「……お、おとこ……」
 まさに晴天の霹靂、いきなり強烈なパンチを見舞われた表情だ。
 chikaはコートを脱ぎ、足元にすべり落とした。
 コートの下は黒いシースルーのビスチェ、ビスチェからのガーターで黒網ストッキングを吊っている。
 この格好の上にコートを着て、週末の夜の街にやってきたのだ。
 コートの下に何を着ているのか、すれちがう人にはわからない。
 けれども、娼婦になりきるためのエロ下着の上にコートだけ、というスリリングさがたまらない……。
 すでにパンティは脱いでいるので、太腿の間に垂れているペニス根に男の目が釘付けになる。
「……ニューハーフだったのか……」
 男が自分に言い聞かせるようにつぶやいているのを見て、騙されるおまえがバカ、と軽蔑の視線を向けたが、それはほんの一瞬の眼差しにすぎなくて、chikaは、女の艶然とした笑みを浮かべた。
 そして、黒レース地に透けて見える悩ましい胸のふくらみに手を入れて、シリコンゴム製の偽乳房を片方、外して取り出し、男に見せつけてやる。
「ふふふ……、残念だったわね。ニューハーフじゃないわ。このおっぱいもニセもの」
 もう一方の乳房パッドも外して平らな胸になると、顔だけが女の美粧男だ。
 chikaは、パッドをベッドのシーツの上に放り投げ、男のほうに近づいていった。
 洗面所を出るときにパヒュームをたっぷり使っているので、媚艶メイクと黒いエロランジェの視覚効果に加えて、嗅覚にも惑乱刺戟を与えているはずだ。
「ふふふ……、珍しい若い淫売女を買ったと思ってたのにね」
 このあたりがターニングポイントになる。
 怒り狂って帰ってしまうのか?
 それとも、chikaが男だとわかっていても、美人女装の少年の虜になってしまうのか……。
 立腹しているようすはない。
11h_697josk01ps.jpg
 
 けれど、chikaがコートを脱ぐ直前までは勃立していた男のペニスは萎えてしまっている。
 chikaはベッドにのぼり、男に添い寝して胸にしなだれかかっていった。
 嫌悪を見せて引く気配はない。
 悩殺香水のむんむんの匂いに包みこまれて痴痺してしまっているのか……。
 chikaは、男の顔に、自分の紅粉貌を近づけていった。
 男の汗の臭いが鼻を衝く。
 ブタ顔に浮き出た皮脂のギトギトが醜悪だ。
 さらに接近して、真っ赤なルージュリップを男の口唇に重ね合わせてやる。
 男は引かない。
 蜘蛛の巣に絡めとられても逃げようとはしない。つまり、chikaの虜囚になってしまったのだ。
 口唇を離し、
「ほら、確かめてみれば」
 と、chikaは男の手首をとって、自分の下肢に導いた。
 chikaのペニスもいったんはしぼんでいる。
 けれど、このブタ男を意のままに繰ることによって、また、痛絶に勃立してくるはずだった。
 男の手がおそるおそるchikaの男の証に触れた。
「まちがいなくチンポでしょ?」
 と、言いながら、再び、男の口唇に軽くキスしてやる。
 こうして、女郎蜘蛛の糸を絡みつかせてゆくのだ。

3h_697josk01ps.jpg

「chikaのマンコ、よかったでしょう?」
「あ、ああ……」
「男のお尻の穴だったのよ」
「…………」
「男のお尻の穴を女のマンコだと思ってたみたいね」
「…………」
「女のマンコの穴よりよかった?」
 chikaは甘い声音で誘うように言いながら、手を伸ばして男の肉棒を握ってやった。
 優しくやわやわと揉撫してやると、男の欲望が肉茎に流れこんできた。
 自宅に帰ると、chikaはバスルームに直行した。
 あのブタ男の臭いが体のあちこちにこびりついている。
 一刻もはやく洗い流してしまわなければ……。
 chikaはメイクを落とし、ボディソープをたっぷりと使って身体中を清めてシャワーの熱い湯を浴びてからバスタブに裸身を沈めた。
 ようやく人心地がつく。
 そうして、タオル地のローブに身を包んで、ドレッサーの前に座った。
 秘密の手帳を取り出す。
 今日の日付を書き、その横に髑髏マークを記入する。
 普通ならブタ男なんか釣果に数えられるわけがない。
……けれども、今週末は外道を求めて夜の街に出たのが事実だ。
 どうしようもなくめちゃくちゃに歪んで爛れたいときが、周期的にやってくるのだ。
 chikaはベッドに入り、枕もとのスタンドを消して眠ろうとした。
2h_697josk01ps.jpg

……あのブタ男は、chikaが男であってもかまわないから、もういちどやらせてくれ、と懇願した。
「ふふふ、お尻の穴に入れたいの?」
「……ああ、入れたい」
「男のお尻にチンポをハメるの、何ていうか知ってる?」
「…………」
「男色というのよ。ホモよ」
「…………」
「まともな男のすることじゃないよ、わかってる?」
 そう言いながら、男のそそり立った肉棒を赤いマニキュアの手指で摺り上げてながら焦らしてやる。
 相手の実態が男か女かはもうどうでもよくて、淫欲ではちきれんばかりに膨張した肉竿を甘く熟した肉穴に挿入したいのだ。
 そのオス特有の発情がよくわかるからこそ、焦らして弄んでやるのだ。
 白肌に黒レースの官能衣装を身に纏った美艶女装少年に惑わされた哀れな男……。
 日頃の入念な手入れを怠らない肌は、すべすべと白磁に輝いている。黒のセクシーランジェに映えるのだ。
 しかし、嬲ってばかりではいられない。chikaも濫淫に狂ってしまいたい夜なのだ。

h_697josk01ps.jpg

 chikaは眠ろうとしたが眠れなかった。
 つい二時間ほど前の出来事が脳裡に鮮明に浮かんでくる。
「ほら、入れなさいよ」
 と、chikaは膝裏をかかえて、アナル丸出しの恥辱被姦ポーズで誘ったのだ。
「あんたが掘りたいお尻の穴よ」
 男の目にはchikaの股間のすべてが見えている。
 マングリ返しではなくてチングリ返しの姿勢なので、chikaの玉袋も屹立した男根も丸見えだ。
 ノンケの男なら、ここで、いくらなんでもためらうはずだ。
 けれども、chikaには自信があった。
 このブタ男は、もう後戻りできない。
「さあ、ハメなさいよ。女のマンコだと思って入れたんでしょう。気持ちよすぎて中出ししそうになったんでしょう?」
 煽ってやると、男は獣のように襲いかかってきてchikaを犯したのだった……。
 こんなつまらないブタ男に組み敷かれて犯されているなんて……、屈辱以外の何ものでもない。
 好意を持てない相手に肛犯されるのは快感と言えるのだろうか……、ネガティブな快感とでも言うべきか、暗い色に彩られた快感で あるのは確かだ。
 chikaは膝裏をかかえていたのだが、男はchikaの手を払いのけるようにして自らの手でchikaの両脚を抱えこんだ。
 ひっくり返されたカエルのようにM字に開いた脚ごと押しつぶされたようになって肛門抽送の激ファックだ。
 男の頤から粘汗が滴ってくる。
 怒張した硬肉棒が容赦のないピストン往復でchikaの肛肉を抉り抜く。
 息を継ぐのも苦しいぐらいに、男は攻め犯してくる。
……果たして、これは快感なのだろうか。
 と、chikaは皓い歯を見せて紅唇から悶え呻きを発してのたうちながら、頭の中の醒めた部分で考えていた。
 肉欲の快感というような正統的なものではないとわかっている。
 肛門性交の倒錯……、男どうしの淫媾……、それらを超えた歪みがある。
 だから、chikaのペニス棒は痛いほどに屹立してしまっているのだ。


2h_697shem01ps.jpg  


……もう寝なければ。

……もう少し楽しめるのかと思っていたら、男はあっけなく射精してしまったのだ。
 ううう、と情けない声を出して、chikaの直腸めがけて噴出した。
 二回目だというのに大量の精液を。
 男は萎えた男根を抜いてから、chikaの身体の上におおいかぶさってきた。
 chikaを抱きしめてキスしようとしたが、chikaはするりと身をかわして逃げた。
 トイレで中腰になって、漏れ出るザーメンを脱ぎ捨ててあったパンティで拭き取る。
 そして、用意してきていた新しいパンティをはき、化粧を直してからコートを着た。
 男はベッドに仰向けに寝ていた。まだ裸のままだ。
 「ほら、持って帰りなさいよ」
 chikaは精液まみれの黒い下着を男の胸に放り投げ、コートのポケットからゴールドに輝くシガレットケースとライターを取り出した。
 煙草を、塗り直したばかりの真っ赤な口唇にくわえる。
 男は何か言いたそうにじっと見つめている。
 火を点け、フー、と煙を吹き出してから、
 「そこの乳パッドもあげるわよ。男とホモセックスした記念に持って帰ったら?」
 と、言ってやる。
 男は物言いたげにchikaを見つめたままだ。
「何よ?」
 紫煙をくゆらせながら訊くと、おずおずとした口調で、キスさせてくれないか、と言い出すのだった。
「chikaは男なのよ。男とキスしたいの?」
「男でもかまわないから……」
「ゲームはもう終わったの。わかる?」
「また会ってくれるか?」
「女装の娼婦を買いたかったら、土曜の夜にあのあたりを探してみたら?」
 ……けれども、あのブタ男とは二度と性交することはない。
 あんな男は一度で十分だ。
 ちがうブタ男を捜す夜が訪れるかもしれないけれど……。

1h_697shem01ps.jpg


h_554b50pl.jpg 女装美少年 31 奈々


フェミニンな美少年ダイスケくん。顔つきがどことなく中性的で、昔から女装に興味をもっていたが、普通に彼女がいて普通にアパレルで働いている。我々女装のプロによって初めて女装美少年「奈々」に生まれ変わる。さっそく変態中年二人がセクハラ。声はまだ男のままで恥ずかしがるナナ。その股間は露になった亀頭が大きく勃起している。男の手で感じてしまっていることを頑に否定する奈々。しかし性感はどんどんと高まりついには男の陰茎を口淫。一線を超えたナナは快感にまかせるまま男の体にむしゃぶりついていく。 「奈々は女の子になります」「おもちゃになります」「おまんこも犯して…!」奈々の菊門に太い陰茎がめり込んでいく……。
















h_887gjds003pl.jpg 凌辱女装美男子3 夢斗

奴隷的凌辱プレイの連続!!夢斗、崩壊!!絶世の美貌をおもちゃにされ、初めて覚える屈辱的快感!






























ケツマン放浪記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/07/12(土) 07:53)

 ケツマン放浪記 風雲編 1
 48txiYom41tncbrio1_.jpg


1rzz3m4280.jpg「chikaのお尻の穴、気持ち良かった?」
「いや、まいった……、すっかり堪能させてもらったよ」
「あんっ! やめて、そこ弱いんですぅ……」
「この、ほそっこいうなじ、ええ髪の匂い……たまりまへんな……」
「ちょっと又、シャワー、浴びて来るね」
 と言ってchikaは、背後からからみついて首筋にキスしてくる男を払いのけるようにしてベッドから下りた。
「シャワーが済んだら、もう一発やで。私のムスコ、またこんなになっとる」
「うっそー……」
 chikaはキラキラと笑みを浮かべながら男に背を向ける。
 バスルームに入って、自分の肩甲骨に届く長さの髪を巻き上げてタオルでターバン状にカバーしてから、シャワー栓のスイッチに触れる。
 熱い湯が全身に降りかかる。
 (ああ……気持ちええわ……)
 こんな風に、週末の土曜日はchikaになりきって過ごす。
 でも一頃みたいに、公園や海岸とかでの荒っぽい事は避けるようになって来た。
 殆ど不登校生徒であるchikaには、他の曜日でも一緒だけれど、一応、学校がある時は後ろめたい気持ちが少しは残っているからだ。
 男である自分がchikaという名の美少女になってにぎやかな繁華街をハイヒールで闊歩し、一夜のアバンチュールを求める……。
 すれちがう男たちは、皆、必ずといっていいほどchikaに注目する。
 おおっ!すげえエエ娘やないか、という賛嘆の目、こんな美少女と犯りたい、という酔っ払いおやじ達のいやらしい目……。
 そんな視線を浴びるのが、めくるめく快感になっていた。
 見た目重視の為に、サポーターできつく固定してあるペニスが発熱し膨張して痛くなる。
 その疼きがたまらない。
 その夜の男は佐藤と名乗った。
 本名かもしれないし、偽名かもしれない。
 どちらでもいい。
 佐藤は誘い方が抜群だった。気障で歯が浮くような台詞を使うのにそれが板に付いている。

11h_893gjds00001ps.jpg

「土曜の夜も更けて、ひとり寂しくしているお姫さまのお名前は?」
 ショットバーの隅っこでひっそりとグラスを傾けて正体不明の美少女のふりをしてたら、いきなり、そう言われた。
 彼氏にフラれたの? などと、つまらない常套句で誘いをかけてくるタイプの男ではなかった。
 年の頃は四十代の半ば、遊び慣れた風で、きちんとしたスーツ姿で、会社員の匂いがした。
 精悍な目つきのくせに、性にはだらしなそうな唇が好みだった。
 本物の遊び人の相手をするには危険がありすぎる。それについては嫌というほど色々と勉強してきた。
「chika」
 と答えたら、「それじゃ、チカ姫のエスコートをさせてもらえませんか?」
 と、渋くて素敵な笑みをたたえて言うので、こちらもお得意の謎のほほ笑みで返事をした。
 これだけの会話で、お互いの意思が疎通していた。
 そのあと、ホテルのベッドを前にして口唇を重ね合わせたところまでは正体を見破られていなかった。
 けれど、抱擁されて佐藤の手が胸元に伸びたとき、偽乳房で胸のふくらみをつくっているのを察知された。
 ここが勝負の分かれ目、chikaにとってはひどくスリリングな瞬間だった。

10h_893gjds00001ps.jpg

「そうか、……お姫さまは、実はお姫さまじゃなかった?」
「うん、がっかりした?」
「いや……」
 佐藤の顔が戸惑いを隠しきれない。
 女を装ったchikaの魅力が試されるときだった。
 chikaが男だとわかって撤退するのか、それとも、男だとわかっても、chikaの小悪魔的な色香に屈してしまうのか……。
佐藤は屈した。
 シャワーを終えて、桜色に染まった自分の裸身を姿見に映してみる。
 顔だけ見ると男好きのするいい美少女だ。時々、どきっとするような成熟した女の表情もちらほらと混じっている。
 まあ、そのように見えるメイクをしてあるのだけれど……。
 肩は撫で肩気味で、ほっそりとした華奢な身体に平らな胸、腋の下や脚の無駄毛は勿論、念入りに処理してある。
 ただ一点、股間に垂れている男根だけが美少女の完成を裏切っている。
 けれども、平板な胸とペニスを持つ倒錯美少女を、佐藤という男は堪能してくれた。
 chikaは顔にパウダーをはたきなおし、紅筆を使ってルージュをくっきりと塗りなおした。

9h_893gjds00001ps.jpg

 そして、最近手に入れた××社の高級香水を耳たぶのうしろ、胸、尻朶につけた。
 これは動物性の濃厚な味わいのパヒュームで、情交のときに使うことにしている。
 男の匂いを消し去り、妖しくも淫らに男を翻弄するためのツールだ。
 勿論、若い男子高校生の臭いを女装の下に求める倒錯した男も多いが、今日はchika自身のお楽しみだから、これを使う。
 バスタオルを胸にまいて腋の下で留め、chikaは宴の閨へと戻った……。
 ベッドの枕板にもたれて煙草を吹かしていた佐藤は、chikaがベッドに腰かけるや否や、chikaを抱き寄せて口唇を奪った。
 煙草のヤニ臭さとお酒の匂い……、壮年の男の味がする。
 ノーマルな男なら吐き気を催すはずだろうけど、chikaはこんな接吻の味が好きだ。
 まさにこのときこそ、自分は女には興味が無くて、男が好きな変態なのだ、と実感する瞬間だった。
「あら、付いちゃった」
 と、口唇を離して、chikaは真っ赤な長い爪の指で佐藤の口唇にべっとりと付着した自分のルージュを拭ってやった。
「シャワーを使ってる間、待ちきれなかったよ」
「だって、あなたがいっぱい出してくれたから、いちどきれいにしてこなくっちゃ、と思って……」
「こうして顔だけ眺めていると、とても男だとは思えんな。君って高校生くらいだろ?」
「あら、そう見える?」
「髪の毛も、男の髪じゃないし、」
「そうかなー?」

8h_893gjds00001ps.jpg

 chikaは頭に巻いたタオルを外し、しなやかに首を二度、三度と振って自慢の髪を波打たせ、手櫛でうしろに梳き流して見せた。
 この頃はほとんど高校も行っていなかったし、生活費も「女」で稼いでいたから、髪の毛だってそれ仕様なのだ。
 その仕草はいかにも女っぽい艶かしさで、男の視覚に訴えかけるのをchika自身が最もよくわかっている。
 佐藤は即座に反応し、chikaの細肩を抱いた手に力をこめて引き寄せ、chikaは腰かける姿勢から佐藤にしなだれかかる姿勢になった。
「こんなに色っぽい女なのに、ここにはこんなものが生えてる……」
 佐藤の手は膝の間から太腿に這い上がってきて、勃立しつつあるchikaの男根を男のごつい手で撫でる。
「あんっ……」
 と、chikaは腰をくねらせて喘いだ。
「本当を言うと、私は男とやったのは初めてなんだよ」
「でも、お上手でしたよ。初めてだなんて、ほんと?」
「ウソじゃない。私は女遊びはしているが、男と遊んだことはない。世の中には凄い美人のニューハーフがいるのは知っている。美女をそろえたニューハーフ・クラブに行ったこともある。形のいい乳房を見せて裸踊りをしているのを見てるとな、そいつらが男だなんて信じられん。どこから見ても女だ。しかし、男だとわかっているからそそられん。私にはその気はないと思ってた。……まさか、こうなるとはな……自分でも驚いている。ほれ、触ってみ」
 もちろん目で見てわかっているのだが、chikaは言われた通りに腕を伸ばして、佐藤の肉棒を握ってみた。
 硬く怒立し、熱く脈打っている。
「あらら、もうこんなに元気になってる……」
「chikaのせいだぞ」

7h_893gjds00001ps.jpg

 灼熱した責め肉棒を掌に包みこんで触感すると、えもいわれぬ陶酔感に見舞われる。
 この男は、今、chikaに発情しているんだ!
 今さっき、chikaの肛門に挿入して、あまりにもアブノーマルで刺戟的な昂奮を味わい、その糜爛した快感をもういちど味わいたくて勃起してる……。
「chikaのも元気になってきたぞ」
「いやだ……」
 と、シナをつくって恥じらいを見せ、腰をくなくなとくねらせてみせる。
「しゃぶってくれ」
「下品ねー」
「さっきもしゃぶってくれたやないか。chikaのおしゃぶりは絶妙だ。その赤い口唇を見てると我慢できなくなってくる」
「じゃ、そのあとで、いっぱいしてくれる?」
「ああ、もちろんだ。私はな、今、女を知ったばかりの少年のような気分なんだよ。今まで知らなかったのが損をしたような、もったいないような、そんな気分なんだ。男の尻がこれほどええとはなあ……」
「そんなにほめてくれるの、うれしいわ。それじゃ、お口でね」
 chikaは体の位置を変えた。
 横座りをさらに崩すような格好になって佐藤の下腹部にしなだれかかり、細指に握りしめた肉棒を間近でじっくりと眺めてみる。
 女の淫汁で磨かれてきた黒魔羅だ。
 鼻先に迫る黒紫に艶光りする亀頭から強烈な牡臭が漂ってきて、chikaはめまいがしそうなほど頭がクラクラとなった……。

6h_893gjds00001ps.jpg

 自宅に戻ったchikaは、お気に入りの黒いシースルーランジェリーに着替えて、ベッドの横のドレッサースツールに座った。
 メイクを落とすのはもう少し先にする。
 バスタブに身を沈めるのも先。
 半分仕事みたいなSEXの後なら、すぐに身体をリセットするんだけど。
 夜が明けるまでは今日の情交の余韻を楽しみたい。
 今夜は稀にみる大成功だったから……。
 chikaはその頃愛用していた秘密の小さな手帳を取り出して、今日の日付、次にSATOUと書き、秘密のマークをふたつ描いた。
 彼が射精した回数だ。
 これは戦闘機パイロットが機体に描く撃墜マークのようなもの。
 自分の色香で相手を何度射精させることができたか……。
 あるいは、釣果の記録、勿論釣り上げた魚の記憶を呼び戻すために……。
 鏡に映る自分の貌にじっくりと眺め入り、しばらくの間、見惚れてしまう。
 最近、自分でも吃驚するほど、綺麗に化けられる。
 理由は分かっている。
 卒業目前にして、もう上の学校への進学も諦め、なんとかこの生活スタイルでやっていこうと思い始め、気持ちが吹っ切れかけているからだ。

5h_893gjds00001ps.jpg

 そして実際、男達は作られたこの偽の容姿にのめり込む。
 この真っ赤にルージュを塗りこめた口唇でフェラチオしてやると、佐藤は今にも爆ぜそうなほど喜悦した。
 佐藤のペニスが剛直して感じまくっているのは、chikaが男だから、わが身のようによくわかる。
 舌をからめて吸い、舌面を強く摺りつけ、いやらしく、ひどくいやらしく舌と口唇を使ってやるのだ。
 男が何に反応するのかはわかっている。
 あのとき、口淫愛撫しながら、chikaの男根も暴発しそうなほどそそり立っていた。
 そうやって、フェラチオ淫戯を貪っていると、佐藤のほうから求めてきた。
 もちろん、女装ホモの倒錯淫楽のキモはアナルセックスにあるとchikaは考えていたし、また、自分の淫欲も肛門へのインサートを烈しく望んでいたけれど、今日のchikaは焦らしつづけ、相手から要求があるのを待っていたのだった。
「chika、もう待てないよ……」
「どうしたいの?」
「入れさせてくれ」
「男のお尻だよ」
「chikaのなら、男でもかまわん……」
 chikaは獣の姿勢で這い、尻丘を高々と掲げて犯入を待った。
 その体位がもっともエキサイティングなのだ。
 後ろから、犬の交尾のように犯されると、身も心も淫らに爛れて、甘い毒に全身を冒されてゆくような感覚になり、chikaのペニスも激淫怒立してしまうのだった。

4h_893gjds00001ps.jpg

 佐藤はchikaの細腰をつかんで、熱くて硬い亀頭を肛口に圧しつけてきた。
「あんっ……」
 と、切ない喘ぎを洩らせてしまう。
 そして、息つく暇もなく、太棒が嵌め入れられ、chikaはのけぞって咆哮にも似た嬌声を発した。
 硬立肉棒で抉じ開けられ、肛道が裂けそうになって腰の奥が軋み、痛苦なのか悦楽なのかよくわからない充填感に泣き声のような喘ぎ悶え声をあげてしまう。
 実際のところ、よくわからないのだ。
 女が膣穴に挿入されて喜悦するのは粘膜触感からの摩擦刺激が快感神経を昂ぶらせる割合がかなり高いはずだと思う。
 確かに、肛門壁粘膜で感じ取る男の肉棒は、泣きたくなるほど気持ちいいときがある。
 けれども、chikaの場合、それだけではない。
 自分は男なのに、男に肛門を串刺しにされている、という事実に酔わされてしまうのだ。
 それは淫靡なホモ情交の歪んだ酔いでもある。
 自分がまともな男ではない、という屈折した羞恥が快感を増幅させているのもわかっている。
 だから、肉体レベルよりも精神レベルの昂奮のほうが大きい。
 今夜が大成功だったのは、佐藤という男が、初めて男色を体験したからだろう。
 それがなければ、わざわざこちらから夜の街を歩いたりする必要はない。
 自慢ではないがchikaのような人間を好む男は幾らでもいたし、しかもそれには「お金」まで付いてきた。
 なぜこちらから出向くのか?
 女色を積み重ねてきた壮齢の男に、初体験のホモ行為を挑ませるほどにchikaという名の女装男には魅力がある……ということを  証明するのが一つの快感だったからだ。
 最初、chikaが生挿入を求めたとき、佐藤は躊躇した。
 ためらいをはっきりとは口にしないジェントルさを見せたが、ためらっている気配は伝わってきた。
 排泄孔を使う性行為なのだから無理はない。
 けれども、その躊躇よりもchikaの妖しい色香が勝ったのだ。


3h_893gjds00001ps.jpg
 
「chika、おまえって、男を誑かして、ほんとに性悪の小悪魔だね」
 と、鏡の中の美少女に向かって語りかけてみる。
 至福の刻だ。
 そして、chikaはベッドのシーツの上にひろげてある淡いピンクのシルクパンティに目を向けた。
 その上品でエロティックな女の下着は濡れていた。
 いや、べっとりと男の体液にまみれている。
 chikaは、ホテルから帰ってくるタクシーの中で、じわじわと漏れ出してくるのをこらえていたのだ。
 二度目の放出だったにもかかわらず、佐藤は大量の牡汁飛沫をchikaの直腸腔に浴びせかけた。
 中出しされた悦びもあるが、それよりも、男が我慢できずに射出してしまう肛門性器を自分が持っている悦びのほうが大きかった。
 女の膣性器よりも収縮力が強く摩擦係数の高い極上肉穴で男を惑溺させた満足感……。
 肛孔から漏れた精液は半透明の水糊状になって、なまめかしい女の下着の船底にひろがっている。
 帰ってきて着替えたとき、脱いだパンティはベッドの上に置いたのだ。
 それに付着している精液は、言わば戦利品のようなものだ。
 もうさっきから、chikaのペニスは熱を帯びてそそり立っている。
 蝉の羽根のような黒い布地を突き上げているのは、女の顔の下腹部に生えたまさに「男のチンポ」だった。
 chikaは下肢の間に手を伸ばしてペニスを握りしめた。
 そして、絞り上げるようにしてしごきあげてみる。
 ガマン汁がねとねとと染み出して黒いランジェリーを汚してしまっている。
 ランジェリーの裾をまくりあげて、膨れ上がった亀頭がカウパー腺液で光っているのを眺め、赤い爪の指の腹で摩ってやると、ズキ ンッ、と快感刺激が腰から脳芯にまで響いてくる。
 ホテルで佐藤に背後から貫かれているとき、うつ伏せに這ったchikaは淫根の鈴口のあたりをシーツにこすりつけて男同士の肛門媾合を楽しんでいた。

2h_893gjds00001ps.jpg

 強壮な牡の淫欲を菊孔肉管で受け入れる悦びは女装ホモにとっては恍惚の戯れなのだ。
 佐藤がchikaの下腹部に手を伸ばしてきて、
「chikaも昂奮しているぞ」
 と、屹立している肉棒に触れた。
「あっ! いやんっ……」
「chika、これをしごいてほしいのか?」
「あ、あっ……、んんっ……」
 尻穴を責めたてられながら、男の手で淫摺りされるとたまらなくなる。
 佐藤は女色に通じているだけあって、すぐにホモ淫行の勘所がわかってきたようだ。
 そして、不覚にも、chikaは射精してしまったのだ……。
 ビビビッ、と電気が走ったようになり、ドクッ、と肉茎の内部を熱い流れが駆け抜けた。
……漏出してしまったのは、考えれば考えるほど不覚だった。
 性行為の主導権はあくまでも自分が握っているはずだったのに。
 佐藤との情交を、その生々しい記憶をたどっていると、もう一度、自分の手指で抜かなければ眠れそうになかった。
 性欲に関しては、chikaは筋金入りのエゴイストだと思う。
 SEXにおいては自分の愉楽が最優先されるべきであり、それは決して相手と分かち合うものではないのだ。
 男を惑乱させる美少女になりきるのも、自分の性嗜好を最大限に満たすためだ。
 妖艶美少女になった自分に男が発情しているのを見るとすごく昂奮する。
 その次にホモセクシュアルの性行為がくる……。
 chikaはスツールから立ち上り、ベッドに寝そべった。
 かたわらのパンティを手に取り、顔を近づけてその臭いを嗅いでみる。
 佐藤から搾りとった精液。
 発情させて肛門穴に入れさせてやって、そして噴射させた勝利のトロフィーと言えなくもない。
 chikaは仰向けに寝た。
 佐藤のペニス棒をフェラチオしたときの食感、アナル挿入されたときの充足感……、佐藤と抱き合ったときの体臭……、諸々の記憶を隅々まで思い出しながらゆっくりと勃起男根を自淫してゆく。
 たっぷりと時間をかけて疲れ果てるまで、日曜日の早朝の儀式は続く。
 脂粉の匂いが染みついている黒いランジェリーに白濁した濃厚ザーメンをぶちまけるまで……。


1h_893gjds00001ps.jpg
 


「チーちゃんって、いつも思うけど、すごい量、食べるね」
「何言ってんのよ、美容師ってのは重労働なんだからさ、たくさん食べないと体がもたないのよ」
「でも体はでかいから、元から体力あるでしょ」
「そういう問題じゃないの。chikaは少食すぎるからそう思うだけ」
「chikaはまともに学校も行ってないし、これくらいで十分」
「そうだよね、それにもうすぐ卒業だし、これからますます小食になる」
 ふたりの女装青年は楽しそうに笑った。
 chikaが彼女を「チーちゃん」と呼ぶのは、彼が女装しているときには「知香」と名乗っているからだ。
 同じチカなので意気投合した部分もある。
 知香は美容師をしていて、chikaは知香の勤めるヘアーサロンに通って髪の手入れをしてもらっていた。
 chikaは当時としては珍しい高校生のセミプロ女装者だったが知香もサロンもそんな事には拘らなかった。
 何事に付けても「プロ」というものはそういう物だとchikaは思っていた。
 時刻は日曜の深夜、知香は明日が休日なので、しっかりと女装してchikaを誘う。
 ファミレスで、知香の旺盛な食欲を前にしてchikaはコーヒーを飲んでいた。
 今朝の自慰は盛大に精液を噴き上げて終わった。


 g2bsfu006pl.jpg


 それからメイクを落としてバスに入り、昼間は死んだように爆睡していた。
 月曜は単位確保の為に少しだけ教室にいて、後はトンズラする積もりでいる。
「卒業したいのなら、せめてそうしろ」と言ったのは担任教師だった。
 担任教師がいい人で良かった。
「チーちゃん、そのヘア、また染めた?」
「うん、まえよりもゴールドにしたからきらきら金髪だよ。夜だからわかりにくいけど、昼間だとすっごいゴージャス」 「へえ……」
 知香は身長が176センチもあって、目鼻の造作が大きく、懸命に女装しても、誰が見たってオカマなのだ。
 そこで、知香は考えた。いっそのこと外人風に造ってみようと。
 肩先まで伸ばした髪をブロンドに染めているが、美容師だから問題はない。
 遠目には白人娘に見えなくもない。
「葵ちゃんに会ったよ、あの子、鼻を整形したんだって。いちだんときれいになってたよ」
「ふうん……」
 葵は、知香にとっては憧れを越えた伝説的存在だ。
 葵と知香は同じ店で美容師をしていて、たまたま訪れた某ニューハーフ・ショーパブのママが葵に惚れこみ、日参して口説き落とし てニューハーフデビューさせたのだ。
 本名は「まもる」と読ませる「葵」だが、そのまま源氏名が「あおい」になってしまっている。
 葵はすぐに売れっ子になり、ニューハーフお水の階段を上って行き、今や有名な超高級ニューハーフクラブのナンバーワンになっているらしい。
 chikaはいちどだけ、葵を間近で見たことがあった。


f2bsfu006pl.jpg


 知香といっしょにショッピングしていた夕暮れ時で、同伴出勤だとかで、葵は身なりのいい中年紳士と腕を組んで歩いていた。
 あのとき、chikaは、ひと目で「負けた」と悟った。
 相手はプロフェッショナルだ。
 お金のかけ方がちがう。
 それに、葵はすでに性転換手術していた。
 どうみても女、というより、まぶしいぐらいの美貌だった。
 口惜しさはあったが、カテゴリーがちがうのだから納得はできていた。
 逆に葵を見て、プロではないアマチュアがどこまで男を誘惑できるのか、chikaはチャレンジする意欲が湧いてきたものだ。
「chikaはぜんぜん体をいじってなくてそれだけの美人なんだからさ、卒業したらさ直ぐにニューハーフになったらいいのに」
葵の話が出ると、知香はいつもこの話題にに振ってくる。
「うん……」
 と、生返事しておく。
 その頃のchikaはプロのニューハーフになろうとは思っていなかった。
 乳房を造ってまで女の身体に近づくつもりがなかった。
 基本的にはホモセクシュアル、男の体で男と性交するのが望ましいし、男の身体のままで妖艶美少女に変身して男を惑乱させる楽しみを満喫していた。
 決して、身も心も女になりたいなんて考えてはいなかったのだ。
 知香は黒のエナメルのミニスカートにニーハイブーツをはき、黒のレザーのブレザーを着ている。
 脚が長いからミニスカとブーツがよく似合う。エナメルの光沢が妖しくて、ボンデージルックにもう一歩というところまできている。
 それに、こういう黒い衣装だと金髪が映えるのだ。
 chikaはプリーツスカートにサンダル履き、上はざっくりカーディで、OL娘が近所のコンビにちょっとお買い物ぐらいの出立ちだが、 メイクには時間をかけて念入りに仕上げてある。
「chika、それで、戦果はどうだったの?」
「なかなかやったね」
 日曜の夜に知香がchikaを誘い出すのは、chikaの土曜の尻淫ラブアフェアの成果を聞きたいからなのだ。
 知香も男が好きなホモセクシュアルだけれど、アナルセックスしてもらえるパートナーがいない。
 聞くところによると、ディルドウや電動バイブを使ってひとりで楽しんでいるらしい。
「そいつのチンポ、大きかった?」
「並サイズだったよ」


e2bsfu006pl.jpg


 chikaは、相手のペニスの大きさはあまり重要ではないと思っている。
 細くて短くて勃起力が弱いと物足りず、馬並みに太くて長すぎるのも困りものだが、あまりに両極端でない場合はサイズよりもフィーリングだった。
 たとえば反り返り方が見事だとか、黒艶光りが素晴らしいとか、見た目に惚れ惚れとする部分と、この男にペニスを挿れられて嬉しい、という部分に分けられる。
 さらに、自分の心理の昂揚度もあって、性交とは総合的なものだから、性器サイズだけをうんぬんすべきじゃない。
「ねえねえ、どんな男だったのよ?」
 と、知香が催促する。
 そこで、佐藤という男が声をかけてきた経緯から話しはじめてやると、知香は目を輝かせて聞き入るのだ。
 知香はchikaにとって大切な親友だった。
 ふたりとも女装ホモだから、何の隠し事もなく接することができる。
 chikaは実体験が豊富で、知香はチャンスに恵まれていないだけのちがいなのだ。
 網にかかったノンケ男を料理する手順としては、まずフェラチオからだ。
 chikaが男だと判明してから口舌技を使うこともあるし、まだchikaが女だと信じて疑わない時点で濃淫フェラチオ攻撃に入ることもある。
 ケース・バイ・ケースだった。
 要は、いかにして相手の男を虜にしてしまうか、一夜限りの淫戯をどういう風にコントロールするか……。
 これがアバンチュールの醍醐味でもある。
 佐藤は、chikaが男だとわかっても萎えなかった。
 胸の偽のふくらみを触らせてやったのも、この男なら大丈夫という確信があったからだ。
 確信がなければ、先に口淫奉仕で相手を夢見心地にさせてしまって、後戻りできなくさせてしまえばいいのだ。
「生チンポをおフェラって、いいなあ……」
 知香はもう、身を乗り出してきている。いつもこうなのだ。
「ほら、男のチンポって快感ポイントに個人差があるじゃない?」
 と、chikaは昨夜の生々しくも淫らな記憶をたどりながら知香に話してやる。
 これはこれでchikaの週末の楽しみのひとつでもあった……。
 

d2bsfu006pl.jpg


 口淫行為で男を喜悦させながら、chikaは触診するように佐藤のウィークポイントを探っていた。
 手のひらに包みこんだ肉幹の浮き出た血管の脈動や、舌面で感触する亀頭傘面の硬度の変化が彼の反応を知る材料となる。
 chikaも男だから、そのあたりの微妙な変化は、わが身のようにわかるのだ。
「カリの裏側ね、やっぱりふつうの男よ、女遊びはしてても、あんまり変態なのは経験してないみたいだった」
「あのネクタイの結び目みたいなのって、誰でも感じるよね」
「カメを咥えてね、カリの裏責め、こうやってレロレロ」
 と、chikaは、紅唇を半開きにして舌を伸ばし、舌面でペニス棒を舐め摺り上げるようすを再現した。
「きやっ! エローい!」
「チーちゃんもやってみなよ。生チンポを手に入れたときのために練習しとかなきゃ、ほらほら」
「こう……?」
 知香とchikaは深夜のファミレスの隅っこの席で模擬フェラチオを始めた。
「ベロはね、縦方向と横方向ね、円運動も混ぜて、カリのくびれをなぞったりしてね、いろいろしてやるの」
「うわー……、あたしのあれ、立ってきちゃってるんだけどな……」
「ははは……、チーちゃん、もっと舌の動きをいやらしくしないとオトコは悦んでくれないよ」
「こう……?」
「カリの裏って、要注意なんよ。チンカスが付いてるとき、あるからね」
「げげっ……」
「汚い?」
「chikaもホモだから、汚いってわけでもないと思うけど……」
「そうだよね。許せるオトコと許せないオトコがいるってことよね」
「でもさ、コーフンしてて好きな男だったりしたら、喜んでチンカス舐めちゃうかも」
「チーちゃん、あんたって、chikaより変態」
「おフェラはもういいからさ、次」
「ふふふ……」


c2bsfu006pl.jpg
 
 佐藤はchikaが男だとわかってから、男色行為になることを承知していた。
 だから、chikaは佐藤の手をとって肛門穴に誘い、彼の人差し指を媚孔に導いた。
 アナルセックスを断固拒絶する心理の持ち主ならば、このあたりでわかるのだが、佐藤は嫌がらなかった。
「入れてみてくれる?」
 佐藤は嫌悪を示さず、むしろ好奇心を見せはじめていた。
「男の尻は初めてやけど……」
 と言いながら、佐藤は人差し指の第二関節あたりまで押し入れてきた。
「どう? 女のオ○コより気持ちよくさせてあげるよ」
「chika……、締まるぞ」
「締めてるもん」
「ヒクヒク絞ってる……」
「でしょ? 女のオ○コの何倍も強く締めつけてあげる」
「…………」
「生で入れてくれる?」
「…………」
 ここで佐藤は躊躇を見せた。
 糞便の通る排泄穴だから、ホモ性向がなければ、よっぽどの変態でないかぎりためらうのは当然だ。
 chikaは佐藤の手首を握って、菊孔から指を抜かせた。
「ほら、見て。あなたの指、きれいでしょ?」
 佐藤は自分の指を、今までchikaのアナル管に挿入していた指を眺める。
「きれいに洗滌してあるの。あなたのような素敵な殿方にかわいがってもらえるように……」
 と、甘えた声音で媚びると、佐藤は目を指先からchikaのほうに向けた。
 その目は決断していた。
 よし、今宵はこの女装した青年の尻の穴を掘ってやろう、と。
「これを塗ってくれる?」
 と、chikaは小さなボトルを佐藤に差し出した。
「何だ? これは」
「chikaのお尻は、女のオ○コとはちがうの、だから、ラブジュースのかわり」
 chikaはわざと女性性器を露骨に表現した淫語を使う。
 男の自分が口にするのは何でもないことだが、艶麗な美少女の濃いルージュの口唇から発せられると効果が絶大なのだ。
 言葉が媚薬のように相手の脳細胞を刺戟する。
「ああ、そうか……。マン汁のかわりか、なるほど……」
「あなたのこんな立派な責め棒をもらうんだから」
 と、片方の手指を佐藤の屹立ペニスにからませながら、媚びた眼差しを向けてやると、もう彼はすっかりその気になっているのがわかる。
「それじゃ、お願い」
 chikaは佐藤に背を向けてベッドのシーツの上に這った。
 両腕は胸の前に置いて上体を沈みこませ、臀丘を高くかかげて佐藤の視界に訴える。女の丸みはないけれど、シミもキズもない白磁の尻肌には自信がある。
 潤滑ローションを自分で前もって塗りこめておいて、準備万端にしておくこともできるが、相手に塗ってもらうほうがウォーミングアップの昂奮度がちがう。

b2bsfu006pl.jpg


「さっき、あなたの指、入れてくれでしょ。あんな風にして中にまで塗ってくださいね」
 と言い、待っていると、ヌルヌルとした感触の指先が肛穴に侵入してくる。
「あんっ……、あんん……」
 chikaは思わず甘い声音の喘ぎを洩らせてしまう。
 もちろん、自身が感じているせいもあるが、悩ましい喘ぎを発して佐藤を惑乱させる狙いもある。
「チーちゃん、要はさ、コントロールテクニックなんよ。オトコに主導権を握ってると思いこませて、実はこっちがコントロールするの。うまく誘導してやるとね、スケベ男は単純だから、いい気分になってチンポをそそり立たせちゃうの」 「ふーん……」
「ほら、ローション、アナルの中に塗るのって、かなりいやらしいじゃないの。それをオトコにさせたげると、けっこう悦ぶんよ。指でさ、アナルの穴をいじくったりするわけでしょ。オトコだからね、アナルもオ○コもいっしょ、血が昇っちゃってるから、穴にハメたい、って昂奮しまくりなんよ」
 女の膣穴を指でホジるのと、濃艶美少女に変身した女装青年の菊穴をホジるのと、もうこの段階では大差ないはずだ。
 佐藤は女遊びには通じていると豪語するだけあって、ホモセクシュアルの淫交には制動がかからなかったから、あとは酔い痴れるほどの糜爛したアナルセックスを味わせてやればよい。
「chikaのここ、マン汁で濡れたオ○コみたいになってきたぞ」
「ああん……、はやく入れて」
「よしよし、私のチンポで泣かせてやるからな」
 細腰が掴まれ、灼熱硬化した太魔羅の先が肛口に触れると、
「ああんっ!」
 と、のけぞってしまい、さすがに冷静さを失いそうになる。
「チーちゃん、ここんとこが最高なんよ。獲物を釣り上げた瞬間の歓び、わかる?」
「うん、わかるわかる」
「佐藤ってオトコとは初めてでしょ、だからね、どんな風に犯ってくれるのか……、心臓パクパクになってて、chikaのカメったら、ガマン汁でズルズルになってんの」
「chikaの話聞いてると、あたしのカメちゃんも濡れ濡れだよ」
「カリのとこが通過するまでがきついんよね。あんまりエラの張ったチンポだと痛いしさ」
「うんうん」
「カリが通ると、あとは、ずぶずぶ……って、入ってくんの、たまんないわよ」
「うらやましい……」


a2bsfu006pl.jpg


 佐藤は最初、おそるおそるといったようすで抽送を開始した。
 初めてのアナル性交に迷いを隠しきれない。美少女を装っているが、相手は紛れもなく男なのだ。
 私はホモじゃないぞ、まさかこんなことになるとはな……。
 男のケツにチンポをハメているんだ……。
 chikaには、佐藤の心理が手に取るようにわかる。
「いいわ……、もっと……」
 と、chikaは励ますように媚声をあげた。
 戸惑った腰使いから探るような感じになり、やがて自信に満ちたピストン往復になってくる。
 その間ずっと、chikaは佐藤の腰の動きに合わせて下肢をくねらせていた。
 そうして、腰を止めて、佐藤がchikaの背中におおいかぶさってきた。
「よく締まる穴だ」
 と、chikaの耳元で昂奮気味に囁いた。
「お気に召した?」
「何事も食わず嫌いは駄目だということがよくわかった」
 と言って、佐藤の手がchikaの胸元にまわり、乳房の無い平らな胸部に手のひらがさまよった。
「うふふ……、残念でした。おっぱいはないの」
「そうだった……、これは衆道だった」
 佐藤は自分に言い聞かせるように言い、そして、chikaの匂わんばかりの黒髪をかきあげて、横から首筋にキスしはじめた。
 化粧と香水の匂い……、この男は根っからの男色者ではない。だから、女の濃艶が必要なのだ。
「あんっ! あんん……」
 と、chikaは上半身を身悶えさせて大げさに喘ぎ、佐藤を悦ばせてやる。
「chikaって、もうそこまでゆくとアマチュアじゃないな……、おっぱいなしでノーマル男を陥落させるんだもん」
「chikaの青春だからね」
「生入れの中出しでしょ」
「もちろんよ。ゴム姦なんて物足りなくって」
「やっぱ、中出しはいい?」
「いいに決まってるって。女装ホモならアナルに中出しだって、避妊なんて考えなくていいんだから」
「そうよね、ぜったい、いいわよね」


moborosi2mijni.jpg


 佐藤は再びピストン往復を開始した。
 彼の鼻腔は濃艶脂粉に充たされ、だがしかし、女装青年の肛門を犯している倒錯が歪んだ昂奮をつのらせているはずだ。
 それは、肛道を圧する彼の淫根の膨張を粘膜壁で感じとれる。
 そうして、数秒も経たないうちに、佐藤はchikaの媚肛に搾り取られるように爆ぜた……。
「うわあ……、もう満腹」
「チーちゃん、それだけ食べたらおなかいっぱいになるって」
「胃袋じゃなくって、chikaの話で満腹だって」
 知香はそわそわしはじめてきている。
 その理由はわかっている。
 chikaの体験談を聞いてペニスが勃起してしまった知香は、はやく帰って自淫したいのだ。
 chikaの生々しい話をなぞるようにディルドウを使い、休日の前夜はたっぷりと楽しむつもりなのだ。
 じゃあ、帰ろうか、とふたりとも立ち上がった。
「chika、その髪、長くなってきたね」
「うん?」
「切る?」
「ぼちぼちカットしなきゃと思ってたとこなんよね」
「ガッコでポニーにしてるんでしょ。長くなりすぎ」
「うさんくさい目で見られるけどね、慣れてるからいいし……」
「予定見てさ、予約入れといたげるから」
「うん、ありがと」
「時間が決まったら電話するね」
「うん。おねがい」










tcd00150pl.jpg 美人ニューハーフ捜査官拷問調教 美しさの代償~人身売買組織単身潜入緊縛拘束高圧電流拷問絶叫ファック濃厚2射精!! 中澤チュリン

風俗街を根城に女たちの人身売買を生業にする裏組織に絶対的な美貌で迫るニューハーフ捜査官・中澤チュリン!!しかし偽情報の網にかかりチュリンは裏組織に捕まってしまう…身体を縛られ逆さ吊りにされた状態のハードなムチ打ち尋問に激悶絶!口を割らないチュリンに襲い掛かる無慈悲な高圧電流拷問に限界絶叫!人身売買の商品として過酷な調教を続け男達のチンポに絶え間なく犯される濃厚2射精アナルファック!!

















h_874pltn006rpl.jpg 美少年から美少女へ ご奉仕オトコノ娘 メイド

美少年から美少女へ…『可愛い』は決して女の子だけのものじゃないんです。オチンチン、アナル、その全てを捧げてオトコノ娘メイドが『SEX』ご奉仕致します。「ご主人様、ボクの身体、女の子より気持ちいいよ…』






















lboy00013pl.jpg ニューハーフアナルフィスト チン潮噴射 Splash 滝見ちあき

史上最強のスプラッシュフィスト極上ニューハーフ降臨。水源が枯れるまでお漏らしし続けるデカチンシーメール滝見ちあきのアナルはどんなものでも丸呑みするメス穴ブラックホール。拳を腸までねじ込み怒涛の連続アクメ。
























opbd00104pl.jpg早●田卒業 最強射精シーメール 望月ちはやBEST 8時間

タマ有りサオ有り高偏差値ニューハーフの全作品を、ほぼ丸ごと収録したBEST!クリチンポも優秀で、シーメール乱交、濡れマンコにペニクリFUCK、ドMアナルレイプetc、完全勃起ザーメン射精しまくり!
























otld00041pl.jpg メンズ乙女倶楽部 絶倫ナチュラルビューティ快感交尾ペニクリ潮吹き濃厚ザーメン絶頂2発射! 桜あやな

女性とのエッチよりも男性のチンチンを入れられる方が大好きな桜あやなちゃんが快感AVデビュー!!最初は緊張気味だったあやなちゃんも男優のチンチンを見せられ濃厚フェラ&じっくりイラマチオ!敏感なアナルにチンチンを入れられ自ら腰振り淫乱騎乗位アナルファック!勃起ペニクリに電マを押し当てられ快感に悶えるペニクリ潮吹きアクメ!あやめちゃんはアナルファックと手コキの同時攻めに我を忘れてイキまくる絶頂濃厚射精!


















tcd00147pl.jpg 黒パンストが似合う美人ニューハーフ女医 ぶっかけセックス治療 彩乃彩

パンストを見ると無性にセックスがしたくなってしまう難病パンスト症候群。ニューハーフ女医の彩乃彩ちゃんが悩める患者たちを救うため村中の男達を診察して徹底調査!パンスト姿の彩ちゃんが美脚で患者を誘惑し丁寧な触診で患者のチンポはビンビンに勃起!射精機能を確認する濃厚アナル性交!彩ちゃんのペニクリを逆挿入するピストン注射!複数の患者が取り囲む大量ぶっかけセックスで採取は完了!彩ちゃんも大満足射精!!



































ケツマン放浪記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/07/05(土) 08:24)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア