FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 友達の輪(3) ハッテン猿(前)

4401mcccfffmnn6.jpg


 mayuです。
 おかげさまで、女装ライフも堪能して、良いお盆休みを過ごせました。
 その体験談はいずれ又の機会にmご紹介させていただきます。
 今週と来週は、つい最近始めた「友達の輪」シリーズの第2弾です。

    ・・・・・・・

 その日俺は会社の先輩達と飲んでいた。
 俺だけ帰る方向が違うので、先輩達はおのおの先に帰ってしまった。
 明日は休み、久しぶりにサウナにでも行く事にした。
 ここはノンケも行くサウナだが、密かにハッテン場にもなっている。
 この世界に入りたての俺は、最近この事を知った。
 5階のシネマルームと仮眠室がハッテン場になっていた。
 俺はガウンに着替え、風呂にも入らず真っ直ぐにシネマルームに向った。
 土曜のわりにはすいている。
 シネマルームの1番奥の真中のちょうど、スポットの下に25歳ぐらいの兄貴が、座椅子に座り、両足はあぐらを崩した様な格好で熟睡していた。
 薄暗いシネマルームのスッポトを浴びて、兄貴はエロいオーラに包まれていた。

19b00040pl.jpg

 その左隣にホモおやじがいた。
 多分兄貴の股間を触っていたのだろう。
 いや絶対に触っていたのだ。
 この後、俺にもそれがハッキリ確信出来た。
 俺は兄貴の右下の座椅子に座った。
 そっとおやじを見る。
 寝たふりをする。
 兄貴を盗み見た。
 超カッケー、髪は栗毛セミロングで顔は伊藤英明似、身体は伊藤よりもすじ筋だ。
 ガウンがハダケて丸見えだ。
 スゲーすじ筋、胸筋は乳首の下のところが1番の盛り上がり、スゲーいい形に盛り上がっている。
 腹筋は6個に割れ、ボコボコに盛り上がっている。

18b00040pl.jpg

 臍の形もかわいい。
 そして股間……勃起。
 完全に反りかえっている。
 長さは20㎝はないが、18㎝はある。
 太さもさすが太い、カリはエラが張っている。
 パンツの上からでもハッキリ分る。
 パンツのテントの頂点は大きなシミが広がっていた。
 俺はそっと兄貴の方を向いてから又、目を閉じた。
 2~3分後、ホモおやじが動き出した。
 俺はソット目を開けた。
 おやじは60代、ハゲである。
 おやじは右手で兄貴のちんぽをソット触っていた。
 親指と中指で亀頭や竿、又5本の指で金玉を愛撫していた。
 竿を上下する内に兄貴の我慢汁が噴出す。
 テントの先端にシミでてしまう。
 俺は兄貴の勃起したちんぽを見ていると、自分自身も完全に起っていた。
 この後20分ほどおやじは愛撫を続けていた。

17b00040pl.jpg

 しかし兄貴は熟睡中、ちんぽをギンギン起たせ口を半開きにさせ、寝息をたてていた。
 おやじは俺が覗いているのを知っていたようだ。
 兄貴のちんぽを触りながら、俺を見てニヤッと笑った。
 俺を手招きした。
 俺は兄貴の真下へ移った。
 おやじは俺の右手を握って、兄貴のちんぽを握らせた。
 スゲーデケー。
 俺のちんぽは反りかえってビクツいた。
 兄貴のちんぽをパンツの上から愛撫した。
 優しく、エロく、いやらしく、兄貴の勃起したちんぽを愛撫した。
 兄貴のちんぽからは我慢汁が次から次へと泉の様に流れ出てきた。
 俺のちんぽもビクツキ小刻みに震え、我慢汁でテントにシミが出来ていた。
 しかし兄貴は起きない。
 俺は夢中で愛撫し続けた。
 俺の股間を見ていたおやじは、俺のちんぽを握って来た。
 俺はおやじにちんぽを握られるのはいやだった。

16b00040pl.jpg

 断るとすんなりと受容れた。
 俺は我慢出来なくなっていた。
 男との経験はそんなに多くない。
 こんなカッケーノンケの?兄貴のデカちんを触る事がない。
 兄貴のちんぽを直に触りたい、扱きたい、嬲りたい。
 俺は筋肉質の左側の太股とパンツの隙間に右手を伸ばした。
 そして中へ、そっと入れた。
 金玉に触った。
 玉袋は伸びきっていた。
 金玉も大きい。
 そして左手でパンツを持ち上げ、右手はさらに奥へ…。
 兄貴の股間にそびえ立つちんぽを握った。
 我慢汁のせいか、ちんぽは湿っていた。
 ズキンズキン脈打っていた。
 暖かかった。

15b00040pl.jpg

 兄貴のちんぽを鷲づかみに握り、パンツの裾を左手で持ち上げ、引っ張り出した。
 外気の空気に触れ、オスの匂いがむっとした。
 その瞬間、ほんの一瞬兄貴はうっすらと目を開けた。
 そして両足を投げ出した。
 その拍子で金玉もパンツから飛び出た。
 しかし又目を閉じて寝息をたて始めた。
 5分経った後、おやじは待ってましたとばかり、兄貴のちんぽを握った。
 兄貴は起きない。
 おやじは愛撫する。

14b00040pl.jpg

 我慢汁が流れ出す。
 亀頭を愛撫する。
 我慢汁が流れる。
 手を離して、俺に兄貴の勃起したちんぽを見せる。
 6個に割れた腹に、それは乗っかりヒクツイテいる。
 小刻みに震え、鈴口からは我慢汁が溢れ、鍛えぬかれた腹筋と太い竿に流れている。
 この行為を数回繰り返した後、おやじは兄貴のちんぽを口に入れた。
 兄貴はまだ起きない。
 おやじは上手そうに咥えている。
 俺は我慢出来ず、自分のちんぽを握っていた。
 おやじは始めゆっくり生尺していた。
 舌で亀頭や竿を嬲りながら、頭をゆっくり上下に振って、右手の掌で金玉転がしながら…。
 兄貴が起きない事をいい事に、おやじのバキュウムフェラが始まった。
 数分後、状態は変わった。
 兄貴が目を覚ましたのだ。

13b00040pl.jpg

 ああん、んなにしてる……。兄貴が慌てて言った。
 ホモおやじは兄貴のその声で口からちんぽを出し、ビンビンに起ったちんぽの亀頭を嬲り、そして太竿の根元まで扱く。
 この行為を2回ほど繰り返して席を立った。
 おやじが手を放したので、デカちんは勢いよく鍛えぬかれた腹筋に、音をたててぶつかり跳ね返った。
 その瞬間、兄貴のデカちんは射精を始めた。
 うう、ああ~ァァ…。兄貴は射精の瞬間、腰を浮かせ仰け反った。
 1発目、兄貴の頭上を越え後ろの壁へ命中、
 2発目、自分自身に顔射、
 3発目、カッケー割れた胸、
 これと同時に兄貴は腰を降ろした。
 4発目、6個に割れた腹、その後は亀頭から溢れるように、竿に幾重にも流れ落ちた。
 精子は兄貴の金玉まで流れ落ちていった。
 この射精と快感で兄貴はおやじを追う事が出来ない。
 このまましばらく、放心状態だった。

12b00040pl.jpg

 ハッキリ言って俺はこのままシコリたい気分だった。
 こんなかっこいいノンケの?兄貴のいく瞬間を、見る事が出来るなんて幸せだと思った。
 俺はこの頃、男との経験がほとんどなかった。
 俺のちんぽはこれ以上無理だと思うほど起っていた。
 兄貴は我に返り、脇に置いてあったタオルで、顔、胸、腹を拭き、まだ硬さの残るちんぽの亀頭にタオルをあてた。
 敏感なちんぽのため兄貴の身体はビクツいた。
 そして兄貴は半起ちのちんぽをパンツにしまった。
 その後、兄貴は壁に命中した精子を拭いた。
 精子は壁まで流れ落ちていた。
 多少悔しそうに拭いていた。
 不意の射精が原因なのか、ホモおやじを捕まえる事が出来なかったのが原因なのか、俺には判らない。
 兄貴は席を立った。
 俺は勃起が納まるまでしばらくそのままで居た。
 そして俺は兄貴を追った。

11b00040pl.jpg

 各階を見たがいない、そのまま風呂へ行った。
 俺はガウンを脱ぎ中へ入った。
 兄貴は入り口の横にあるシャワーを浴びていた。
 さっきまで気がつかなかったが、兄貴は背が高かった。
 180㎝はないがカッコイイぐらい背が高い。
 そしてあの鍛えぬかれた筋肉。
 ボディーソープをつけ、シャワーの温水が跳ね返る。
 頭から浴び、胸、腹、股間とお湯が流れる。
 俺は兄貴のあまりの美しさにドキドキした。
 そしてちんぽはビンビンになった。
 俺は股間にお湯を掛け湯船に入った。
 兄貴は身体を拭き、サウナへ。
 俺はちんぽが多少納まるのを待ってサウナに。
 中は俺たち2人だけだった。

10b00040pl.jpg

 兄貴は股間を隠していない、兄貴のデカちんは丸見えだった。
 多少半起気味だった。
 俺は少し離れて座った、俺の股間も兄貴に見える様に…。
 「よく来るんですか?」俺は聞いてみた。
 「いや、たまにしか来ない。」と俺を見ながら兄貴は言った。
 「飲んだ帰りですか?」
 俺も兄貴を見ながら聞いてみた。
「彼女と別れてのやけ酒さあ。」
 兄貴はタオルで顔を拭きながら言った。
「そうですか、すげーカッコイイのに、それにデカイですよね。」
 俺は照れくさそうに言った。
「俺オクテだから、、まあちんぽはデカイとよく言われるなあ。」
 兄貴は半起ちのデカちんに手をあてた。
 兄貴は彼女の事、セックスの事などいろいろ話してくれた。
 バリバリのノンケだった。

9b00040pl.jpg

 ただ、乳首とアナルが感じると恥ずかしそうに言った。
 ソープではいろいろやってもらうみたいだが、彼女では無理と言った。
「ホントデカイですね……。」
 俺はシゲシゲと見た。
「ところできみのそれは何んだい。」
 兄貴は俺のちんぽを見ながら言った。
「これはコックリングっす。」
 俺は金のコックリングをつけていた。
 兄貴は不思議そうに見ていた。
「朝起ちの時なんかスゲービンビンになりますよ、勿論セックスの時なんかも…。」
 俺はちんぽのコックリングを触りながら言った。
「そうなんだ、ああ、一発やりてー、はめてー。」
 兄貴はデカちんを握りながら言った。
 さっき出したばかリなのに、又抜きたいなんて。
 多分、男じゃなく、女とマジにやって感じたいんだなあ、と思った。
 そのまま兄貴は、デカちんを擦っていた。
 デカちんは100%勃起した。

8b00040pl.jpg

「デッケー、ほんとデカいっすね。俺も起って来ました。」
 俺のちんぽは見事起った。
 コックリングも手伝ってか、ビンビンだ。
 腹の上にビクンビクンと脈打っている。
「スゲー元気だなあ。」
 兄貴はニヤ付いて言った。
 そのままデカちんを2~3度扱いて言った。
 じゃお先…。
 右手を振り出ていった。
 目で追って見ていると、軽くシャワーを浴び、風呂を出ていった。
 俺は兄貴を追って出た。
 ラウンジやシネマルーム、トイレなど探したがいない。
 最後に仮眠室へ行った。
 カーテンをそっと開けた。
 入り口のベットに2人ほど寝てたが、後はいなそうだ。
 その時微かに、ちんぽを扱いている音と喘ぎ声が聞こえた。
 そっと奥へ行ってみる。
 真中あたりのベットで寝ている人の足が見えた。
 そっと覗いた。
 デカちん、扱いている手、兄貴の顔、そっと入り口にもっどて、カーテンを音が出る様動かし、兄貴のベットの向いに横になった。
 これから兄貴と俺との淫らな関係が始まるのだ。

7b00040pl.jpg

 兄貴のベットを見ると、兄貴は寝たふりをしている。
 ガウンはハダケ、パンツは大きなテントを張っていた。
 勿論、俺のちんぽはビンビン起っている。
 俺はおもむろにパンツをめくり、勃起したちんぽを扱いた。
 手にローションをつけグジョグジョ音をたて扱いた。
 ちらっと兄貴はこっちを見た。
 ハッキリ目を開けこちらを見た。
 「あっああ、あっ、あっ。」と声を出しながらグジョグジョと亀頭中心に嬲った。
 兄貴と目と目が遭いそうになった。
 俺は目を瞑って、そのまましこった。
 しばらくして、ちんぽをパンツにしまった。
 俺は寝たふりをしていた。
 そのまま張ったテントは小刻みにビクンビクンと動いていた。
 兄貴はそっと目を開け、俺を見ていた。
 次に兄貴は俺の事を寝たと思ったのだろうか?
 又、しこりだした。
 デカイちんぽを音をたてグジョグジョと、又乳首も愛撫したり、いつもやる様にやっているんだろう。
 俺はわざと寝返りを打った。
 兄貴は慌ててデカちんをしまった。
 俺は又ちんぽを出し嬲り始めた。
 しばらくして又、止め、ちんぽをしまった。
 兄貴も時間を置き、デカちんを扱き始めた。
 そんな事を2回ほど繰り返した。
 兄貴はもう我慢出来そうにもない様で、声を出し、亀頭を嬲り、竿を扱き、金玉を揉み、乳首を摘み、アナルを愛撫していた。
「ああ~いいい、うんん、おうういいいよう。」
 兄貴は乱れていた。

6b00040pl.jpg

 このノンケの兄貴を犯したいと俺は思った。
 まだいって欲しくないと思った。
 俺は右手をパンツに当て勃起したちんぽを握った。
 兄貴はそのまましこっている。
 俺も我慢の限界だ、パンツを降ろしちんぽを嬲った。
 俺のちんぽからはグジョグジョ音が出ている。
 兄貴は気が付いた様だがもう止まらない。
 俺の方を見てニヤリと笑った、そして今だと思った。
 俺は兄貴の隣のベットに移った。
「俺、兄貴のセンずり見てたらビンビンになっちゃったよ。」と兄貴のちんぽを見ながら言った。
「お前もスゲーエロいずりセンだなあ。」
 兄貴は俺の目をじっと見据えて言ってきた。
「兄貴これスゲー気持ち良いっすよ。」
 俺はローションを見せた。
「なんだこれ???」兄貴は聞いてきた。
「ずりコキローション!!!」俺はニヤつくて言った。
「どう使うんだ???」兄貴は目を輝かせた。
 俺は右手にローションを付け兄貴のちんぽを握った。
「うう、効くぜぇ、あああ、いいい。」
 兄貴は仰け反った。

5b00040pl.jpg

「ねぇ!兄貴、奥の柱の影のベットに行こうよ。」
 俺は奥を指差し言った。
「ああ、いいぜぇ。」
 兄貴は軽く答えた。
 二人は奥のベットへ移った。
 このベットは端にあるため少し幅が広い、このベットに二人で横になった。
 互いにちんぽを握り合った。
 ローションに濡れたちんぽはグジュグジュ音をたてた。
「ああ、いいぜぇ、そこカリのところ感じる……。」
 兄貴のデカちんはよがって、我慢汁が吹き出ている。
 兄貴は空いている左手で自分自身の乳首を愛撫し出した。
 そろそろだと思い、俺は兄貴に体位の変更を言ってみた。
「兄貴、座ってやろうぜ……」兄貴に言うと快くうなずいた。
 俺達は向かい合って座った。
 俺の両足は兄貴の左右の太股の下に回し、身体を兄貴に引き付けた。
 そして互いのいきり起ったちんぽを握りあった。
 兄貴のデカちんを嬲りながら、乳首を愛撫した。

4b00040pl.jpg

 ああう、うん~ん、スゲー感じる。兄貴は目を潤ませ感じていた。
 俺も、だんだんちんぽが熱くなってきた。
 伊藤似の兄貴の抜きテクは結構感じた。
「ああ、兄貴、女とやってるみたいだ。」
 俺はよがりながら言った。
「お、俺もスゲー感じるよ、ホント女抱いてるみたいだ…。」
 俺の腰に両足を絡めて兄貴は言った。
 もう限界だ、これ以上兄貴に扱かれたらいってしまう、俺は次のステップへと進んだ。
 俺は兄貴の乳首を吸った。
「おおお、ああううん、うううんんん。」
 兄貴のちんぽはビク付いた。
 そして俺は左手にローションと唾液をつけ、兄貴のアナルを愛撫した。
 そう、俺の口は兄貴の左右の乳首。
 また、俺の右手は兄貴のデカちん。
 最後に俺の左手は兄貴の初アナル。
 兄貴は狂った様に、声を殺しながら喘いだ。
 そしてそのままベットへ倒れた。
 俺は兄貴の上に乗り、3点攻めをそのまま続けた。
 兄貴の両手は俺を抱きしめている。
 雄たけびを上げながら喘いでいる。
 こいつのケツに入れたい、
 こいつと一つになりたい、
 こいつを俺のモノにしたい、
 俺は上半身を起こし入り口を見た。
 もうこの部屋には、俺達以外は誰もいない。

3b00040pl.jpg

 俺は兄貴のケツに顔を埋めた。
 アナルに舌をつき入れた。
 左手でケツの肉丘を愛撫し、右手でデカちんを嬲った。
「おおうんん、いいぞう、ああもういきそうだあ。」
 兄貴は低くうめいた。
 これでいかれちゃ困るぜ。
 俺はすばやく自分のちんぽにローションをつけ、兄貴の両足を九の字に曲げ、持ち上げた。
 女の舌や自分の指では開発しているが、それ以上太いものを食わえ込んでいない、
 処女のピンク色したアナルが丸見えになった。
 俺は一気にアナル目掛け突き刺した。
 俺のちんぽはずずずずっつ、とスムーズに兄貴のアナルに入った。
「ううんんん…。」
 息を殺て兄貴は仰け反って、俺のちんぽを全て受容れた。
 俺はゆっくり腰を動かしながら、上半身を倒し乳首を吸った。
 兄貴のデカちんは取りあえず無視である。
 しかしズキンズキン脈打っているのが判る。
 何故なら、脈打つたびアナルに伝わって来ているからだ。
 乳首の愛撫を両手に変え、兄貴にキスしてみた。
 始めは顔を叛けたが、唇からは喘ぎ声が止まらない。
 隙を見て、唇を重ねた。

2b00040pl.jpg

 今度はすんなり上手くいった。
 兄貴の喘ぎ声といっしょにネトッと湿った舌が絡んで来た。
「うっぐ、うう、うっぐ、ううんんん。」
 兄貴は俺の舌を吸っている。
 俺は思った、兄貴はこれで落ちたのだ。
 男と始めてのキス。
 指以外にいれた事のない処女アナルに、ちんぽが入っている。
 もう後戻りはできないぜぇ、ノンケの兄貴よ。
 兄貴の両足を俺の両肩に掛け、俺の腰は激しく兄貴のアナルを突いた。
 兄貴の上半身は海老ゾリになって、俺のちんぽを受けている。
「あ、兄貴、スゲーよう、マンコみたいだ。」
 女性の膣の様にグジョグジョ音をたてている。
 兄貴のアナルの奥は俺の我慢汁とローションと腸汁で、溢れかえっている。
「うおおお、こんなの始めてだア、もっと突いてくれエ、もっとだあああ。」
 兄貴は雄獣の様に頭を振り乱し、女の様に俺の腰に両足を組、両腕を俺の背中に回して引き寄せた。
 そして俺の唇にむしゃぶりついた。

1b00040pl.jpg

「ううう、うあがあああ、うがくくくうううう。」
 兄貴は言葉にならない喘ぎ声で感じている。
 兄貴のアナルは痙攣を始めた。
 俺もこれ以上はもう無理だった。
「兄貴、俺いきそうだ。」
 俺は上半身を起こし兄貴の両足を、又俺の両肩に掛け力いっぱい腰を振った。
「うおおお、スゲー、俺もイクゾウウ。」
 兄貴は俺の目をじっと見つめて言った。
 俺の右手を兄貴のデカちんに添えた。
 ああいいい、スゲー、スゲエェェェッッ、中でだせェ。兄貴の射精が始まった。
 その瞬間アナルが、キュキュッと音がするほど絞まった。
 ああ、兄貴のケツ絞まる…。
 俺も兄貴の中へ出してしまった。
 兄貴の精子は兄貴の頭上を越え壁に命中。
 2回目だと言うのに勢いがある。
 兄貴の顔や胸や腹に大量の精子が降り注いでいた。
 俺はその上に上半身を倒した。
 兄貴はソット俺を抱きしめた。

440mlxaaazLZ.jpg





h_1169blmc00004pl.jpg Be My Bride... ウェディングドレスに憧れ続けた美少年 女装子DEBUT 葵23歳

ブライダルのスタッフとして働く美少年、葵君(23)。彼が幼少期より心に秘めていた願望は、ウェディングドレスを着てみたいという事。ブライダルの仕事もその願望が高じて始めたとの事。女装願望があるわけでもないらしい。スタッフは彼の夢を叶えることにした。ただし、女装AVに出演するという条件と引き換えに…。















btis00070pl.jpg 美少年強制女装屈辱アナル絶望アクメ 風香

風間は人懐っこい顔が受けるのか、女には不自由しないモテ男。だがその顔とは裏腹にとんだDV野郎だった。被害報告を受けた「男性女体化研究所」は早速、拉致監禁。女装の上、「風香」と名付けられ、あらゆる手段で強制的に女としてイカされる。しかし電動ドリルがケツマ○コを直撃する頃には、倒錯的な快感に目覚めはじめ、とうとう悦楽の叫びを上げるのだった!













b00050pl.jpg 女装美少年 31 奈々

フェミニンな美少年ダイスケくん。顔つきがどことなく中性的で、昔から女装に興味をもっていたが、普通に彼女がいて普通にアパレルで働いている。我々女装のプロによって初めて女装美少年「奈々」に生まれ変わる。さっそく変態中年二人がセクハラ。声はまだ男のままで恥ずかしがるナナ。その股間は露になった亀頭が大きく勃起している。男の手で感じてしまっていることを頑に否定する奈々。しかし性感はどんどんと高まりついには男の陰茎を口淫。一線を超えたナナは快感にまかせるまま男の体にむしゃぶりついていく。












b00047pl.jpg 女装美少年 29 恵那

中性的な外見のケイスケ君。彼は普段AVを観ていてもついつい男優の方を見てしまうそう。そんな彼がプロの手によって女装美少年「恵那」に生まれ変わる。ソファーに座る恵那に監督と変態中年がにじり寄る。知らないオジサン達に乳首を触られ身を固くする恵那。しかし股間のでっかいブツはむくむくとスカートの下で膨らんでいた。おじさんがそれをじゅぽじゅぽと下品な音をたてながら咥えていく。「AV女優になれてうれしいです」菊門を開発されながら手コキ「ミルク出ちゃうっ!」と豪快な発射。













b00039pl.jpg 女装美少年 25 志保

長身のイケメン保志くん。友達とふざけて女装したのが忘れられず、美少年出版社に応募してきた。普段のセックスでは受け身なヤリチン保志くんが女装をすると、敏感すぎる美女装娘「志保」に生まれ変わる。変態中年が二人がかりで志保の性感帯を責めて行く。中年の中指が可憐な菊門に入ると「きもちいいです…上の中が気持ちイイです」と素直な反応。すっかりとろマンになった菊門に男は陰茎を沈めていく。陰茎に貫かれている志保の脚は男の腰をがっしりと掴んでいた。志保はたしかに21歳の女である。














b00036pl.jpg 女装美少年 22 尚美

純朴そうな美少年ナオトくん。以前バイト先の仮装イベントで女装したところ、変態おじさまに「かわいいね」とふざけた感じでお尻を撫でられたのが忘れられず、より完璧な女装をすべく出演。プロの腕前で尚美になった彼に変態中年二人の手が伸び……プリ尻を露にされアナルを舐められ感じてしまう。中年の口淫と菊門愛撫で未知の快感を得、自らも中年の陰茎を咥えこんでいく。興奮でとろとろになったケツマ○コで中年の陰茎を受け、身も心も女に。最後のバイブ責め大量ミルク発射は必見!!













b00023pl.jpg 女装美少年 15

一見普通の男の子。それなのに女装をすると、まるでホンモノのオンナノコ。しかし最初はまだ照れがあるのか、明るく振る舞う女装娘。だが現れた二人の変態中年にジワジワと言葉巧みに攻められているうちに、目つきが変わり、その精神は女性へと変貌を始めるのだった。男根型巨大クリトリスをしごかれ、舐められ、肛門型おまんこに指をぶち込まれ、ついには変態オヤジのイチモツが挿入。身体は男でも精神は完全なる女となった彼は大量射精で天へ。
























































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2017/08/26(土) 07:02)

 お盆休みのお知らせ
bb00026ps.jpg 

 今日はmayuです。
 暫くの間、ちょっと遅れたお盆休みを取らせていただきます。
 chika姉様は、相変わらず二つのお仕事に没頭中です。
 なので、今回はちょっと休憩です。
 お詫びに、、と言っては変ですが、mayuが女装した時に一番似てると言われてる「ゆうや(華神)」君のビデオスナップを。
 あっ、ちなみにmayuはゆうや君より少し年上です。
 ボディは彼と一緒でちょっとゴツイです(恥ずかしー)。

11b00025pl.jpg 


10b00025pl.jpg 


9b00025pl.jpg 


8b00025pl.jpg 


7b00025pl.jpg 


6b00025pl.jpg 


5b00025pl.jpg 


4b00025pl.jpg 


3b00025pl.jpg 


2b00025pl.jpg 


1b00025pl.jpg 




440kkkunpra.jpg 









雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/19(土) 07:06)

 友達の輪(2) 咥えていいとも!


440hjoiooooffff22.jpg

「あぁぁ!くはぁっ!」
 射精とは違う何かがこみ上げてきました。
「だめ、漏れちゃう!止めて!止めて!とめてぇ!」
 体がのけぞって、足が伸びきった状態で、ボクは人生初の潮吹きをしました。
 射精ではないので、勃起はしたままです。
 先生はまだひねりを続けていました。
「あぁぁ…うぅぅ…また…出…る…!」
 同じように体がのけぞり、二発目の潮吹き。
 男なのに女のように潮を吹かされて、あえいでる自分に驚きました。
(やばい…気持ちいい!もしかしたら…)
 そんな感じに考えていました。
「二発とも結構な量だったね。」
 先生は満足そうでした。

17btis00079ps.jpg

 潮(お○っこ?)とガマン汁でぬるぬるになったボクのチンコを先生はゆっくりとしごいています。
 射精できそうで、少し足りないくらいの絶妙なスピード。
「お願い、もっと早くしてくだ…さい…!」
 のたうちながら、必死でお願いしましたが、先生の手はスピードを上げませんでした。
「気持ちいい…いけない…いきたい、いきたいよう…」
 歯を食いしばりながら、必死で懇願するのですが、全然聞き入れてくれませんでした。
 先生は手を止めると、今度は丸ごと口に入れてしまったのです。
「あぁん!」
 女みたいにあえいでしまいました。
 先生の頭を抑えたのですが、頭を抑えても先生の舌はどうしようもなかった。
 舌は中で亀頭を舐めまわしたり、割れ目に差し込んで、動かしたりと、やりたい放題でした。
「あぐぅぅぅぅぅ、あぁぁ、だめぇぇぇ…」

16btis00079ps.jpg

 体がのけぞったり、前に折れたり、横に振れたり、もうあえぎまくっていました。
 先生はしばらく楽しむと、ピストンのように、口から出したり入れたりを繰り返し始めました。
 10秒もしないうちに射精に向うボク。
 その状態でも、舌は亀頭をいじめていのです。
「出る!出ちゃう!先生!早く、口から出して!出して!」
 必死でこらえるのも限界が来てるのに、先生はそのままピストンを続けています。
 先生は飲み込む気でした。
「先生!いく!いく!いっちゃうぅぅぅぅ!」
 体が反って、射精しました。
 先生が思い切り、ボクのチンコを吸うから、強制的に出されてるように、どんどん出ていく。
「あぁぁぁぁぁぁ…」

15btis00079ps.jpg

 射精が終わるまで、ひたすらあえいでいましたが、出し終わると、もう何もしゃべれませんでした。
 どんなセックスよりも激しく新しい快感を短期間に一気にぶつけられ、体中が疲れ切っていました。
「はぁっ!はぁっ!はぁっ!」
 息が切れました。
 先生はしばらくボクの頭をなでると、ジュースを持ってきてくれました。
「今日はこれで終わり。明日以降来るかは自由だから。」
「はい…」
 そうは答えたものの、ボクの答えは決まっていました。
 さらに先に進みたくなっていたのです。
 一日で先生はボクを洗脳したのです。

14btis00079ps.jpg

 次の日、朝起きると、全身が疲れ切っていて、夕方まで寝ていました。
 そして、次に起きた後、ボクは先生の玄関の前にいました。
 昨日の快感を考えるとボクは我慢できなかったのです。
 チャイムを押します。
「来たんだね。」
 先生に向え入れられたボクは昨日と同じベッドルームに入りましたが、ボクは驚いてしまいした。
 ベッドの上にはいろいろな長さ、形の棒が並んでいたのです。
「今日はこれ使って、将生君を女にしてあげるから」
 本来なら、こんな棒でアナルを開発されるなんて辱めは受けたくないはずでしたが、昨日の快感を与えてくれた先生への信頼感からか、それを断る気になりませんでした。
「はい…」
 ボクが答えると先生はボクを連れて、風呂場に行きました。
「しゃがんで、う○こする時みたいに、力んでみて」
 ボクが力むと、シャワーを当ててきました。
 先生は丁寧に洗っていきます。

13btis00079ps.jpg

「うぅぅぅ…」
 浣腸されてるみたいに洗浄されてる感じでした。
 洗浄が終わると、ベッドに戻り、四つん這いになります。
 先生がオイルを手に付けて、背後に入るのが見えます。
 肛門に指が当たって、ヒヤッとしました。
 丹念にアナルに塗り込まれます。この時点で少し気持ちがよかった。
 しばらくすると、するするするっとアナルに先生の指が入ってきます。
「はぁっん!」
 体がビクッとしてしまいます。
 先生の指は最初は出し入れされるだけでしたが、少し経つと少しぐりぐりと拡げるようにいじってきました。
「あ、ちょっと!…あうぅぅ…」
 指1本とはいえ、アナルの中をかき回されるのは初めてでどう耐えればいいかわかりませんでした。
 ボクはシーツをギュッとつかんで、耐えていました。
 気持ちがいいのか、痛いのか、くすぐったいのかわからない感覚でした。
 唐突に先生が指を一気に引き抜きます。

12btis00079ps.jpg

「わぁぁ!」
 突然、抜かれて、強制的に排泄をさせられる感じでした。
 先生が指2本にオイルを塗りたくっています。
(まさか…)と思ったと同時に、指が2本入って来ました。
「ぐぅぅぅ」
 歯を食いしばります。
 同じようなピストンでも異物感が全然違います。
 直腸に詰まってる指がピストンされるだけで、壁が擦り上げられるようで、頭までズーンと響く快感が走ります。
 気づくとすでにチンコはビンビンになって、汁が垂れていました。
 先生の指が中で曲がる感覚の後、チンコの裏を先生の指先がぐりぐりと擦る。
 前立腺攻めです。

11btis00079ps.jpg

「だめぇ…」
 話す暇がないくらい快楽が次々と襲って来ました。
 その前立腺の中でも感じてしまう場所があって、そこを擦られると我慢できないのです。
「はぁはぁはぁ…あっ…はぁ…はぁ…あんっ」
 先生は満足したように指を引き抜くと、3本に増やした指で丹念に穴を拡げました。
 アナルが指3本を飲み込むくらいに拡がってしまったのです。
 先生が十分に拡げた後、先生がボクを上に向かせました。
 先生はギンギンになった、先生のチンコにオイルを塗っていました。
 光る先生のそれはとても大きくて、黒く筋が立ってて、エロかったのを覚えています。
「入れるよ。」
「はい…お願いします」
 ボクはもう待ち遠しかったのです。

10btis00079ps.jpg

 先生が開発してくれたアナルを犯されたら、ボクはどうなっちゃうんだろうと考えていました。
 先生はゆっくりと中に入れてきました。
 指なんかとは比べ物にならない大きさ、熱さ。
 そして、今までとは違い、少し凹凸があるのをアナルで感じました。
「うぅぅぅぅ…」
 息を吐きながら、腰あたりがジンジンする不思議な快感に耐えていました。
 先生はズン…ズン…とゆっくり突いて来ます。
 いつものように(犯されてる…男に掘られてる…)と考えるだけで、興奮しました。
 先生のテンポで快感が襲ってきて、もう口を閉じていられませんでした。
「あっあっあっあっ…」
 先生がつくたびに、「あっ」っと声が漏れてしまうのです。

9btis00079ps.jpg

 先生はしばらく慣らした後で、その動きが突然激しくなりました。
 ガンガンとさっきのボクの弱点周辺を突いたり、こすり上げたりしてくるのです。
「あうっ、はげっし…い…、はんっ!はぁっ!うっ!あんっ!」
 女子のようにあえいでしまいました。
 ボクはもう先生の女みたいでした。
「あぁぁ!あぁぁ!」
 先生のリズムであえぐ。
 先生のチンコが奥の方まで入り込んでくると、おなかの中を突き上げられてるみたいでした。
「ダメ!激しすぎ!いく!いく!いく!いくぅぅぅ!」
 ボクのアナルが締まると先生も「いい。ボクもいく…!」と中にぶちまけました。
ボクは「うぁぁぁぁっーーー!」と雄たけびをあげながら、たくさんの精液を周りに体にぶちまけました。

 事が終わり、先生がチンコを引き抜くと、どろっと先生のが流れ出ていきます。
 先生のセックスの激しさのせいで、ボクはアナルを締められず、流れ出る先生の精液を止められなかったのです。
「はぁ…はぁ…」
 ボクがベッドの上でぐったりしてると、先生はボクをなでながら、言いました。
「今日はこれで終わりではないよ。」
 先生はぐったりしているボクをうつぶせにしました。
「締まらないうちにちゃんと開発しとかないとね。」
 先生はボクの手足を軽く拘束しました。
 足は折り曲げて縛り、手は後ろに縛られました。

8btis00079ps.jpg

「これは…」
 ボクが恐くなって聞くと「これからするのは苦しくなるくらい気持ちいいから、抵抗できないようにしとかないと。でも、これを乗り切ればいろんなことできるようになるから。」
「はぁ…」
 ボクは内心少し期待してしまっていました。
 オナニーしたときは1回出すと、もうする気もなくなるのに、まだ全然気持ちよくなりたかった。
 先生は太いチンコの形の棒を手にとりました。
 先生のくらいあるその棒にオイルを丹念に塗っています。
 先生はボクを仰向けにすると、ゆるくなっているボクのアナルに太い張形をねじ込みました。

「あうぅ!」
 貫かれる瞬間の衝撃が突然来ると、痛いわけではないのですが、苦しくなって来ました。
 先生はその太い張形を出し入れしました。
 ズコズコと貫かれる。
 気持ちいいんだけど、すごい異物感で苦しいのです。
「あぐ!あぐ!ぐぅ!ぐぅ!」
 押し込まれるたびに叫んでしまいます。
 さっきいったばかりのチンコがビンビンになっているのがわかりました。

7btis00079ps.jpg

「だめ、壊れる…止めて…」
 脳みそが破壊されそうでした。
 気持ちいいのか、苦しいのか、もう全然わからなかった。
 チンコの先から、精液がじわじわと漏れて行きます。
 常時いってるみたいな状態なのです。
「いく!いくぅぅ!」
 体がのけぞって、一気に絶頂へ。先生は手を止めました。
「はぁ、はぁ、はぁ…」
 もう、意識が飛びそうでした。
 先生は奥まで張形を押し込むと、それが中に入ったままにするように器具で止めました。

6btis00079ps.jpg

「え?」
 ボクが次はなんだ考えていると、カチッという音がしました。
 張形が震え始める。
 これはバイブだったのです。
「あぁぁぁ…だめぇ…」
 腰全体を振動が伝わりました。
 アナルだけじゃなくて、チンコまで伝わって来ます。
 先生は椅子に座って、ボクをみています。
「はぁぁ、はぁぁぁ…」
 もう立たなくなったチンコからも、とろとろと精液が流れます。
 体はべたべたでした。
 いきんでも、バイブは外に出ず、いくとアナルが締まって、さらに追い詰められるのです。
「い……く……」
 もう体が飛び跳ねることもない。
 少し身震いするだけでした。
「また、いっちゃう…死んじゃう…」

5btis00079ps.jpg

 今度は静かに体がのけぞって、ゆっくりいくみたいでした。
 もう限界だと思った時、先生はバイブを止めて、引き抜きました。
 声も出ず、体がヒクッとだけしました。
「よく頑張ったね。これでおしまい。」
 先生はボクの体を風呂で洗いました。
 先生の手が触れるだけで、感じてしまうのです。
 全身が性感帯になったみたいでした。
 きれいに洗われた後、ボクは先生のベッドの上で寝てしまいました。
 もう動けませんでした。


 次の日もボクは自主的に先生の家へ行きました。
 体の節々が痛かったものの、性欲が抑えられなかったのです。
 先生はボクを迎え入れて、どのようなプレイをしたいかを聞いてきました。
「シュンスケはもう開発が終わったから、だいたいのことはできるよ。」
 ボクは恥ずかしかったけど、自分の考えを口にしました。
「本気でセックスしてみてほしいです。」
 ボクは先生が手加減しているのを知っていました。
 一度、全力で先生を味わってみたかった。
 先生は静かにベッドに座ったボクに、キスをしてきました。
 先生の舌が入って来ます。

4btis00079ps.jpg

「ん…!」
 何だか感じが違う。
 びっくりしたけど、受け入れました。
 自分の性感が変化しているのでしょう。
 先生はやはりキスがうまかった。
 舌を吸ったり、口の中を犯された気分。
 先生はそのまま、ボクのTシャツを脱がすと、横たわらせました。
 先生もTシャツを脱ぎます。
 先生の体は固くて、大きかった。
 ボクは先生のキスを受けながら、先生の体に手をまわしていました。
 何分続いたかわからないキスが終わった後、ボクは上半身に情熱的な愛撫を受けました。
 乳首へのキスから、脇に這う手、首筋を舐められて、ボクは愛撫を受け続けていました。
 先生はボクに下を脱ぐように言うと、自分も脱ぎました。
 先生のチンコはギンギンにたっていて、反りかえっていました。

3btis00079ps.jpg

「将生にそんなこと言われて興奮しちゃった。しゃぶってくれる?」
 たしかに、先生のそれは昨日よりも大きく、固そうでした。
 先生の男の臭いが鼻をつきます。
 ボクは女子がするようにそれを丹念になめまわしていきます。
 先生の臭いがボクを興奮させます。
 本当にボクは先生の愛人になったんだ、ボクはそう思いながら、先生のを頬張りました。
 先生は一向に射精はせず、ボクの下手なフェラを楽しんでるみたいでした。
 先生はうつぶせになって、69みたいな体勢になると、ボクのアナルを拡げはじめた。
 昨日散々に犯されたアナルはいとも簡単に広がってしまって、ボクは先走りを滲ませながら、悶えました。
 そうやっている最中にも先生の指がボクの中を掻いていきます。
「じゃあ、始めようか」
 先生はボクの口から引き抜いて、正常位になり、先生の大きなチンコをボクの愛人マンコに挿し込みました。
「あぁ…」
 先生のチンコが奥まで入ってきて、リズミカルにピストンします。
 貫かれる感じで、抜いては入れてきました。
「あん!あん!…」
 声が出始めました。

2btis00079ps.jpg

 先生は3回ぐらい浅く入れて、1回一気に深く挿し込みました。
 浅めの回で高まった期待を深い1回が解放していく、そんな感じです。
「んっんっあぁぁっ!」と、恥ずかしさも忘れてあえぎ続けて、短い間にいってしまいました。
「い…く……!!!」
 ボクはいっても先生はいってなくて、より激しく犯されました。
 1回1回深くえぐりこんでくる。
 あえぎながら、先生の射精を待つ間にも、何回もいって、ボクのチンコはぐちゃぐちゃになっています。
 先生はしばらくすると、挿し込んだままボクを上にのせて、横になりました。
 騎乗位です。
 自分の気持ち良いところにあてることができる。
 でも、自分で快楽を認めて腰を振らなきゃなりませんでした。
「あんっあんっあんっ」
 先生の上ではねながら、あえぎます。
 1回先生の上で痙攣するくらいの絶頂を迎えたけども、先生はいかないのです。
 アナルはボクから出た液で、はねる度に、ぐちゃぐちゃと卑猥な音をたてています。
 先生はこれでしばらく休めたのか、1回抜いて、ボクを四つん這いにさせました。
 バックでつき始めます。
 先生の太くて長く、反りかえったのを、後からえぐり込まれると、息がつまりそうでした。
「ぐぅぅ…」
 鼻水を垂らしながら、あえぎます。
 ボクがいくたびにアナルが自動的に締まって、さらに気持ち良くなりましたが苦しかった。
 普通にしてても快楽でダメになりそうなのに、アナルを締めないと先生がいく前に、ボクが死んでしまいそうでした。
 先生の動きが少し速くなって絶頂の準備に入ったのが判りました。
 先生のチンコがどんどん張ってきて、アナルがいっぱいになります。
「あぐ、あぐ…苦し…い…」

1btis00079ps.jpg

 ボクは意識が飛びそうな中、先生の絶頂に備えました。
 昨夜の経験で、いくときには先生のは大きく波打って、ボクはそれでいってしまうから。
 しばらく、ボクが死にそうになってる時、突然先生のが波打ちました。
「いくよ」
 先生がボクの中にぶちまけられます。
「いくぅぅぅぅ…」
 ボクは、先生がすべて出し終わって、腰を離すと前に倒れ込みました。
 足はつりそうで、体は疲労で動きませんでした。
 恥ずかしいけど、ボクは失禁してしまった。
「今日はもうこれ以上できないな」
 先生は満足げに言って、ボクを浴場に抱いていきましたが、ボクは全く動けず、先生の手がボクの体をなでて、遊びみたにアナルをかかれるたびに、ボクは力なくあえいでいました。






h_1169blmc00006pl.jpg 2017年度No.1男の娘 降臨。TAO

引き締まった体にキュートな笑顔。性格も◎の超美形女装子、降臨!間違いなく今年度NO.1の逸材!アナルは経験が無いということでじっくりホジホジ。穴が開いたら極太チンポをドーン!苦しそうな顔してましたが徐々に気持ち良くなって、精子をピュッピュ飛ばしながらアヘ顔になってました!変態の素質あるよTAOくん!

















lboy00045pl.jpg カリスマ円光JKは男の娘 Riona

カリスマ円光JK(女装校生)のRIONA。実はアナル解禁は今回が初めて。円光おじさんに優しくアナルをほぐされている時はちょっぴり緊張ぎみだったけれど、次第にアナルが快感に変わっていき、最後はチンポ3本の3Pまでしちゃいました。アナル処女RIONAの初めてを見て下さい♪
















h_995bokd00088pl.jpg 【僕たち男の娘】カリスマ5天王集結 最強4時間SP

【僕たち男の娘】が誇るカリスマ5天王、《橘芹那》・《みやび音羽》・《ゆきのあかり》・《大島薫》・《荒木レナ》!!彼女たちの媚薬漬けSEX、オナニーで大量潮吹き、快楽に溺れる3PSEXなど…こんなに豪華で濃厚な内容のBESTは【僕たち男の娘】にしか出来ない!!自信を持ってお送りするBEST版!!















h_995bokd00087pl.jpg キレイすぎる男の娘AVデビュー! アナルとチ●コに媚薬を塗られて絶頂SEX まゆり

まさにクールビューティーなまゆりちゃん。ど緊張しているはずなのに尿道に媚薬を塗り込まれ開始早々からフル勃起!ケツマ●コにもたっぷり媚薬を塗り込んで、淫乱変態女装娘の出来上がり。ぺニクリもケツマ●コも気持ちよすぎて理性もぶっ飛び悶絶しながら大絶叫!初めてのAV撮影なのに乱れすぎちゃった男の娘を是非お楽しみください!


































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/12(土) 07:25)

 友達の輪(1) 咥えていいとも!
440thiuxtric.jpg

 「chika姉さんは今まで何本くらい咥えて来たんです?」と聞いても、返ってくるのは謎めいた微笑みばかり。
 確かにchika姉様くらいになると、お仕事とプライベートを足せば、ちょっと今まで食べてきたおチンポの本数なんて、もう数え切れないかも知れないですね。
 で、こっちは女装暦は長いものの、所詮は身体をいじる度胸もない素人なので、有り余る程の性体験はありません。
 さて、ネタが、、、あるにはあるんですが、一応、自分なりに「この部分は公にしたくないな」と言う領域もあるのでブログには、、。
 そんな感じで悩んでいるmayuです。
 でも思い浮かんだんです。
「そうだ!その手があるんだ!」。

16idrk00002ps.jpg

 つまり友人の力を借りるのです。
 類は友を呼ぶ、です。
 女装子やゲイの知り合いは結構います。
 彼らに体験談とかを語って貰えば良いのです。
 中には、声を掛けた瞬間にホイホイ乗ってくる友人もいました。
 そうなんです。
 彼らは披露したがってるんです。
 それでは、その第一弾をご紹介させていただきます。

13idrk00002ps.jpg


 国語の先生27歳、と言っても臨時講師なんですが、この人と放課後の宿直室で2人きりになった時に抱かれて以来、ボクはこの人の虜です。
 ボクの先生は、ちょうど先生氏と別れたばっかりと言うこともあったのか、もの凄くボクの体を可愛がってくれました。
 先生は、見た目は凄く大人しそうな、目の綺麗な、ふわっとしたイメージの人です。
 ところが、Hでは全然違ったんです。
 初め、放課後の教室で話をしていたんだけど、その内に先生が「ねぇ、キスしていいか?」って聞いてきたんです。
 先生のこと嫌いじゃなかったし、興味もあったから、「いいですよ」って簡単に答えました。
 初めは普通の軽い唇が触れるくらいのキスでした。
 でも、先生はそれだけでやめてくれませんでした。
 気が付くと、先生はボクを宿直室に連れ込み、ベッドの上に押し倒していました。
 私も何がなんだかわからなくなってきて、先生にしがみついていました。

12idrk00002ps.jpg

 もう先生のキスは唇ではなく、首筋に移っていました。 
 ボクはただ「気持ちいい」って言い続けてたそうです。
 そっと制服の上から股間を撫でられて、体がビクビクしていました。
 段々声が溢れ始めた時、先生が耳元で「廊下に響いちゃうね」って笑いました。
 ハッと気付いたボクは、先生を押しのけて、起き上がろうとしました。
 ところが、普段の先生からは想像できないほどの力で押し返されたんです。
「先生のこと嫌いになった?」
 聞いてくる言葉は、信じられないくらい強気で、「そんなハズはない」という自信が込められていました。
「嫌い…じゃない」
「これ、いや?」
「いやじゃない…」
「じゃ、させて」
「でも…」
「何もしなくていい。先生にさせて」
 そう言われて、今までのとは違う、凄く深いキスをされました。
 先生の舌がボクの舌に触れた時、もうどうなってもいいと思いました。
 ワイシャツのボタンが外され、胸を直接手で撫でられ、ただ喘ぐしかありませんでした。
 先生の唇が段々と下に下りてきて、右の乳首を口で、左を手で転がされていた時には、もう勃起はビンビンで、ガマン汁でグチャグチャになっていました。
 足で先生の腰を、手で先生の頭を抱きしめて、おかしくなりそうなくらい感じていました。

11idrk00002ps.jpg

 先生がボクの制服と下着を一緒に脱がしてくれた時、早くして欲しくて、自分から抱きついて、ボクも先生の服を脱がせました。
 先生は女物のパンティを穿いていました。
 ボクはパンティ脱がし、勃起にしゃぶりついていました。
「あっだめ!!」
 先生が凄く色っぽい声を出して、ボクを抱きしめてきました。
 そのままずっと舐めていると、先生の息もドンドン荒くなってきて、突然ボクの肛門に触れてきたんです。
 もうトロトロになっていたので、先生の指が簡単に滑っていきました。
 先生は、ボクのトロトロのガマン汁を指に取ると、それを肛門にそっと塗って擦り始めました。
 気持ちよくって、気持ちよくって、恥ずかしいのも忘れて腰を振っていました。
「寝て」そう言われて、もう一度仰向けに寝ました。
 先生はボクの両足を大きく開かせました。
 すぐに閉じようとしましたが、先生の体が入り込んでいたので無理でした。
 それどころか、膝に手を当てると、肛門を上に向けるようにして、ボクの足を押したのです。
 恥ずかしくて恥ずかしくて堪りませんでした。

10idrk00002ps.jpg

 先生は肛門を指で大きく開くと、「ここ、凄く綺麗だ」と、うっとりした声で呟いてくれました。
 先生は、ボクのまだ何も入れられたことないところに、何度も何度もそっと触れてきました。
「ねぇ。すごく濡れてきてる。溢れてるわよ。ヒクヒクしてる」
 そう言って小さく笑われると、恥ずかしくて、いっそめちゃくちゃにかき回して欲しいくらいでした。
「ダメ、恥ずかしい」
 やっとそれだけ言った時に、今までとは違う柔らかい感触がしました。
 先生が肛門を舐めてくれてたんです。
 初めての舌の感触は、強烈なほど気持ちよくて、「ダメ、ダメ」と繰り返しながら、先生の頭を抱え込んでいました。
 一旦口を離されて、どっと気が抜けた瞬間、今度は亀頭を噛まれました。
 指で肛門の入り口を優しく撫でられながら、亀頭を歯で軽く扱かれるんです。
 段々頭が真っ白になってきて、先生に強く噛まれた瞬間にイッてしまいました。
 生まれて初めて、体が痙攣するほどイってしまって、勃起がビクビクと脈打ってしまいました。
 「イっちゃった?」と聞かれて、ボクは夢中で頷きながら、先生にキスをしました。
 先生の口の周りは精液でトロトロで、キスはボクの精液の味がしました。

9idrk00002ps.jpg

 やっと落ち着いてきた時、まだ先生の手がボクの肛門にあることに気付きました。
「先生、手…」と言うと、先生は「中に入ってるのわかる?」と言って、指を動かしました。
 何がゾクゾクッとする感じが体中を走って、「…はぁっ、あっ」抑えきれない声が出ました。
「今、中に入ってるよ。ホントにしたことないんだ。すごく、きつい…」
 そう言うと、指を円を描くように動かし始めました。
「痛い?」
「ううん、痛くない。して。して」
 ボクはもう自分からして欲しいと口にしていました。
 すると、先生は円を描くように動かしながら、出したり入れたりし始めたんです。
 段々変な、今まで感じたことのない感覚が襲ってきて、夢中でしがみついていました。
 そして、声も出なくなるくらいよくされた後、「自分で拡げて」と言われて、自分の両指で肛門を大きく拡げさせられました。

8idrk00002ps.jpg

 そして、先生は勃起を舐めながら、肛門に指をたくさん入れてくれました。
 この時は少し痛かったけど、先生が勃起を凄く激しく舐めてくれたので、それどころじゃありませんでした。
 前から流れてきたものを付けて、指が4本入りました。
 全然痛くなくて、それどころか、間の部分を挟むように両手で擦られて、一度目よりずっと激しくイッてしまいました。
 もう体中の力が入らなくて、グッタリしていると、先生が優しく何度もキスをしてくれました。
 ボクは先生の勃起に体を擦り付けました。
 先生の足の間にボクの足を絡めてしがみついていると、ボクの太股に温かいトロッとした感触がありました。
 先生も、ボクと同時に射精していたんです。
 ボクはそっと手を伸ばして、先生の勃起に触りました。
 「あっ」 先生は可愛いらしい声をあげて、ボクの腕に爪を立てました。

7idrk00002ps.jpg

 その声を聞いた途端、ボクもしてあげたくて仕方なくなって、「ボクもする」と言って、先生を押し倒しました。
 でも先生は、「じゃ、一緒にしよう」と言って、ボクの勃起にもまた触れてきたんです。
 ボクは先生にも気持ちよくなって欲しかったから、「ダメ、ボクがする」と言って聞きませんでした。
 そうしたら、先生は少し意地悪そうに微笑むと、「じゃあ。69しようか」と言ってきました。
 「じゃ、先生の顔跨いで」と言われたんです。
 まさか自分が上になるとは思わなかったので、「できない」と言うと、先生は「だったら、横向きでしよう」と言ってくれました。
 ボクは先生の方に足を向けて横になり、先生の足の間に顔を近づけました。
 先生はボクの肛門を開いて「赤くなってる」と言いながら、入り口を舐め始めました。
 ボクは我慢できなくなって、先生の肛門を大きく開いて、いきなり中に舌を入れました。
 そして、ガマン汁が溢れている先生の勃起や玉袋、肛門襞まで舐めまくりました。
 「あっ」先生が声をあげた時、熱い息がボクの肛門にもかかります。
 もう夢中になって舐め回しました。

6idrk00002ps.jpg

 ボクが舌を動かす度に、ボクの肛門でも先生が舌を動かしてくれます。
 ボクが顎を動かすと、「いや、いや」言いました。
 ボクの顎は、先生の肛門にピッタリとくっついていたのです。
 ボクは先生の肛門をそっと撫でながら、尿道口に舌を深く刺し、顎を小さく動かしました。
 すると、先生は声をあげて大きく仰け反り、ボクの肛門の中に一気に何本もの指を入れ、勃起を吸い上げてきたのです。 
 ボクも、ひどく感じてしまって、先生の肛門の中に3本もの指を出し入れしながら、勃起をきつく吸ったり、舐めたりしていました。
 ボクは、また段々おし○こがしたくなるような感覚に襲われてきて、足がガクガクしてきました。
 でも、先生の肛門もひどくキツくなってきて、勃起は硬く尖っていました。
 ボクは、またイキたいのを我慢して、もうめちゃくちゃに先生の肛門をかき回し、先生がしてくれたように亀頭を歯で扱い、最後に肛門に一気に4本指を入れてしまいました。
 すると、先生は「ああっ」と大きな声をあげて、今まで一番深く指を差し入れてきました。
 ボクは、前立腺に指が当たった瞬間にイッてしまい、先生の顔に射精してしまったのです。
 先生も同時に、大きく仰け反りながらイッていました。
 全身の震えが治まらず、先生の勃起に顔を埋めてしがみついていると、先生がボクの肛門にきつくキスをしてくれました。

5idrk00002ps.jpg

 今度は四つん這いにされました。
「いいかい、いくよ」
 先生の勃起が、ボクの肛門に徐々に埋まっていきます。
 痛みはなく、全身が痺れるような感覚でした。
 根元まで埋まった後、徐々に先生の動きが速くなりました。
 ヌチャヌチャ‥いやらしい音が宿直室に響きます。
「いい、いい、でる、でる、でるよ」
 その声で、ボクもまたイッてまい、初めての体験でトコロテンでイッてしまいました。
 正気に戻ってから、顔に射精してしまったことを思い出し、大急ぎで先生に謝ったら、
「いいよ、気にしないで。でも、スケベだって証拠ね」と言って、クスクス笑われました。
 先生とは今でも続いています。
 見た目のお坊ちゃまとは大違いの、凄く強引な人です。
 でも凄くHで、凄く可愛い、大好きな人です。

4idrk00002ps.jpg

 先生との関係も数週間が経ちました。
「愛人になれってこと?」
 思いのほかすんなりと愛人という言葉が出てきました。
「どんなことするんですか?」
内容を聞いてみようと思いました。
「そうだな…変態に聞こえるかもしれないけど、君をどんどん調教していきたいかな。痛いこととかはしないけど、ボク、少しS気味だから。」
「…少しだけ、考えてもいいですか?」
 とりあえず、考えてみようと思いました。
「わかった。興味なければ、忘れてもらっていいからね。もし、決心できたら、家まで来てくれ。」
 その日の夜、先生の家の前にボクはいました。
 (もし、やっぱり無理なら、断って、出ていこう。でも、先生みたいな人なら…)
 そう思っていました。

3idrk00002ps.jpg

 インターホンを押しました。
 待っていたかのようなスピードで先生がドアを開けました。
「来てくれたんだ。」
 先生は嬉しそうでした。
 中に入ると、小ざっぱりとした部屋で、整理整頓されたきれいな部屋でした。
 部屋に入って、すぐにボクは言いました。
「まだ決心がついたわけじゃないんですけど、物は試しと思って…」
 先生は普通に笑っています。
「そりゃ急じゃ無理だよね。愛人なんて。今日で嫌なら、やめていいから。」
「はい…」
「じゃあ、始めようか」
 先生は大きなベットのある寝室のドアを開けました。
 寝室には大きなキングサイズのベッドが置いてあった。
「じゃあ、服脱いでくれる?」
 先生は言いました。
 ボクはゆっくり服を脱ぎました。

2idrk00002ps.jpg

 自慢じゃないけど、ボクはスポーツしてるので締まった体をしてます。
「意外といい体してんだね。きれいな線だし。」
 先生は腰に手を回して、撫でてきました。
 くすぐったいような、気持ちいいような感じでした。
 持ち上げられるようにして、ベッドに押し倒される。
 先生のカサカサした指先が乳首を撫でてきました。
 女子とセックスしても、そんなことをあまりされたことはなかったので、結構きます。
 しばらくすると、自分でも乳首が硬くなってるのがわかりました。
「先が硬くなってるよ」
 指先がそこを狙ってきます。
「あふっ」
 体が少し反応してきてるのがわかりました。
 体が熱かった。
「チンコこんなにしてる 笑」
 先生の手が下に張って行って、ボクのチンコを握りました。
 ギンギンになっています。

1idrk00002ps.jpg

「あぁぁ!」
 突然強い先生の手に握られました。
 先生の手はしごくというより、こねくり回す感じで、仮性のボクのチンコを剥き始めるのです。
 先生の顔は下に降りて行って、玉袋を吸い始めました。
「そこはダメです!」
 手で払おうとしたが、先生は気にせずチンコ全体を舌で愛撫して行きます。
 裏筋から、鈴口のところを舌で何回も往復されて、ボクのチンコはもうぐちょぐちょでした。
「はっ…はうっ…あん!ダメ!あぁ…」と先生の愛撫にそろえて声が漏れてしまうのです。
 ふと顔を話すと先生は剥いたチンコの首のところに指を当て、くりくりとひねり始めていました。
 一番敏感なところをそんな風にされて、思わず体を起こしてしまったのですが、ボクには刺激が強すぎて、シーツを握りしめることしかできませんでした。

(続く)










dasd00395pl.jpg 天然美少女ニューハーフ Debut 泉水らん

皆様、お待たせしました。ニューハーフ界に期待の新星がやって参りました。この可愛さは異常です!B94のFカップ爆乳!ニューハーフに少し興味がある人なら、この子がオススメです!アナルセックスではドライオーガズム『イクッ!』を初体験します!『可愛さ・おっぱい・ちんちん』すべてが規格外です!ぜひご視聴ください。





























dasd00391pl.jpg NH相互性感マッサージ 月島アンナ

パイパン巨乳ニューハーフの月島アンナ専属2本の企画は相互性感マッサージ。オイルで全身の血流が良くなった彼女のペニスはいつもより勃起中。M男さん必見!ガチガチに膨張したおちんちんで逆アナルを挿入。爆乳を揺らしながらたっぷり中出し。痴女としての才能も開花!?ご堪能ください。





























avop00319pl.jpg 天然美少女ニューハーフ 城星凜 引退

AV業界に新たな風を吹きこんだニューハーフ女優「城星凜」。アイドル級の可愛さでありながら、愛おしくなるほどの巨チン、引き締まったアナルに私達は脱帽をした。引退するのは誠に悔やまれる。最後の華を飾るために用意した舞台は「ハメ撮り」「童貞の筆おろし」「連続手コキ」「顔射3P」。ありがとう星凜ちゃん。





























dasd00390pl.jpg キャットラバーズ 城星凜

今回のキャットラバーズはニューハーフAV女優!勃起したデカチンにフィットしたラバースーツ。敏感なちんちんはゴム越しでびくんびくん。男のアナルにずっぽし挿入。未公開映像を特典収録。
































































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/05(土) 07:02)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア