FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 KIMOII2 (キモイイ・・気持ち悪くて気持ちいい)

440dsdshhhhgghgg7766hh.jpg

 最近、更新してないんで、貯まってますか?
 じゃchikaのキツイのを。『酔ってないんですけどね。』w。
 そうそう、これは筋のある話じゃないので、エロいノリで、どこから読んでもOKです。 
 KIMOII (キモイイ・・気持ち悪くて、気持ちいい!!)


19h_995bokd00123ps.jpg


 契約書を書かされて拇印捺印。
 それは淫語奴隷契約書。
 淫語の朗読して、ラバーを着込んで卑猥強烈、腰振りダンス。
 chikaは、念願チンはめゴム人形になれた悦びに打ち震える。
 次の予定は、ピタピタテカテカのレースクイーンコスプレで、股間の前をちんぼ型に膨らませての尻振り淫語人形。
 指マン、男潮吹きの快楽淫語娘、chikaに、ちんぽ頂戴!。

 「ちんぽ美味しいっ、ちんぽ美味しいっ。」
 連呼の果てに、馬乗り騎乗位でハメ抜いてっ!
 ケツまんこして、ケツまんこして、ピチピチ・ラバーキャットでハメ狂い。
 シーメール裸体に、ちんぽ&まんこと、お下劣卑猥淫語を書きまくられ、おフェラ奉仕のあげく、肉棒ハメられる。
 巨根に、けつまんこエグられ、濃厚精子をお口に受けたら、陶酔淫語人形chikaの出来上がり。

 最後の最後は、ラバーメイドコスプレで、セックス処理人形に成り果てる…。

18h_995bokd00123ps.jpg

 chikaです。
 ケツまんこ狂いの淫乱変態ケツまんこ女です。
 今日は、淫語狂いの変態オンナになります。
 みなさん、せんずりコイテください。お願いします。

 chikaのケツまんこ見てっ。
 chikaのケツマンコどう?
 貴男に見られてるだけで、ケツまんこ汁出てきちゃう。
 chikaの毛むくじゃらケツマンコどう?薔薇色してるでしょ?
 アナルピンクローズ!
 ちんぽは500本ぐらい入ったり出たりしたかな。
 チンポのカリ首がケツマンコの中の上のコリコリした肉リングにこすれるのが、いいの。いいの。
 アナル産道に届くくらい、生おちんぽで、デカマラ肉さおで、ズコズコいやと言うほど、チンポ汁でベトベトジュクジュクに、マラ責め・サオ責め・淫乱責め・電撃チンポ責めして~。

 お願い。お願いです。マラ狂いしたいの。チンポ狂いしたいの。
 なまハメして。おちんぽで、ケツマンコ狂いさせて。
 ケツマンコ狂いさせて、ケツマンコ狂いさせて、ケツマンコ狂いさせて。
 淫乱ど変態FUCKして下さい。

  …chikaが「ケツおまんこ」って100回言うから、聞いて下さい。
 あなたの耳に、ケツマンコいやというほど聞かせてあげる。

 「ケツおまんこ」って100回言うね。
 耳まんこかっぽじって聞いてね。
 それでせんずりこいて下さい。
 チンポしごいて、せんずり狂いして下さい。
 マラ狂いして下さい。
 いきり立ったド助平チンポ、ずりずり・ぶっこいて下さい。
 センズリして、まらシゴイて、してくれたら、そのどスケベザクロ色チンポ舐めてあげるわ。
 おフェらしてあげる。生尺八してあげる。
 chikaは、貴方にど助平の限りつくしたいの。

17h_995bokd00123ps.jpg

 chikaをあなたの淫乱妻にして下さい。
 なんでも言う事聞きます。
 淫乱な変態の事いっぱいイッパイ。やりまくりたいの。
 変態淫乱女って呼んで!
 ケツマンコ狂いのど淫おケツマンコ女って呼んで!

 貴方の為に、世界一の淫乱ケツおまんこ女になってあげる。
 雌奴隷にして下さい。
 性欲処理奴隷としてあつかってください。
 chika…精子と小便好きの変態偽女なの…
 小便飲みとケツ穴FUCKっ、サイコウに気持ち良かったの…

 「フェィク生理終わったばっかりのchikaのクサケツマン、もっといじってねぶってください。ああぁ奥が気持ちいい~!もっと奥かきまわして、駄目!イッちゃう、イッちゃう!」
 出したてホヤホヤの偽生理う○こ。
 チンコにたっぷり塗り付けて嗚咽に喘ぐイマラチオ!

 16h_995bokd00123ps.jpg


 ビッチビチのラバーコスを着けると、排泄も思うように出来なくなるから、前もっての浣腸が絶対に必要ね。
 ゴムにこびり付いたク○尿の匂いが好きだというドMも結構いるけど、chikaは嫌いよ。
 もっともそれも、自分の中のMスィッチが入るまでの話だけど。

 注入したお湯がそのまま排泄されるまで、徹底的に何度も浣腸するわ。
 おまけにお尻にバルーンプラグを詰めてパンパンに膨らませて密栓すると、絶対に外れないし、拡張も出来て一石二鳥。

 ここまでやると、相当疲れているけど、今からが本番。
 これでやっとラバー装着。
 肉体的な前処理をして、初めてラバーをつけた全くの別人、別の「物体」になった自分と向き合うことができるわけ。
 ラバーの靴下をこっそり履くだけで、普通の仕事をしていても、妄想が刺激されて快感の水域が低くなるchikaの体質。 その時は人知れず、4回もこっそり昇天しちゃったわよ。

 chikaはラバーをつけたら、単なる人間の形をした快楽装置にしか過ぎないのよ。
 ラバーを手に取った瞬間、その妖美な光沢と生地のしなやかさに、否応なく神経が高ぶるの。
 しばらくのあいだ、愛しい男を愛撫するように、ラバーの表面を指先と掌全体でその感触を存分に楽しむの。
 胸の異様なまでの高鳴りが、自分の耳に、外の音みたいに聞こえて来るわ。
 一瞬も早くラバーに袖を通したい気持ちを必死で押さえ込むの。

 いよいよね。
 慎重に爪先からスーツの中に入りながら、その肌触りの心地良さと、圧迫感・密着感に目眩を覚えつつ、chikaは別の生命体に生まれ変わっていくの。 
 クチュ、キュラ、ドロン。

 足首、ふくらはぎ、膝、腿。順番に、慎重にゆっくりと、chikaの身体がゴムの中に詰め込まれて行くわ。
 お尻と腰周りは特に注意深く、丁寧に身体に沿わせてやるの。
 ラバーがぬるると肌に張り付いて来るわ。
 爪に気を付けて、新しい皮膚を移植するように……。
 ウエストから上部は、呆気ない程簡単に、ラバー空間に納まってしまったわ。
 ファスナーをしっかりと閉じて、chikaは完全に新しい肌を手に入れる。
 恐る恐る鏡の前に立ってみる。
 大好きな瞬間。
 淫乱、ゴムゴムシーメールの誕生よ!

15h_995bokd00123ps.jpg

 『……これがchika、』なんど見ても慣れる事がないわ。
 その頃には、もう抑えが効かなくなている。
 ほかのボンテージアイテムを取り出し床に並べたわ。
 そして絨毯の上で、芋虫のようにのたうち、うごめいてスーツの感触を思う存分味うの。

 乳房もペニクリも、身体中一分の隙間もなく、人工の皮膚に覆い尽くされ、纏わり付き、締め付けられ、何処までも吸いついてくるラバー。
 横たわりうごめくchikaは、他人の目からは、きっと現代美術のオブジェか人外生物としか認識出来ないわね。
 chikaは名も性別も年齢も無い、一個の無機物に成り果ててしまうの。

 キツイ、でも温かい。
 果てしない快感。
 寸分の隙間もなく密着し、吸い付き、身をよじる度に敏感な部分にも容赦無く喰い込み、張り付き……呆気ないほどたやすく果てそうになるけれど、それを我慢する。

 合皮の黒いコルセットを重ねて着る事にするの。
 キャットだけでは攻撃的じゃないから。
 コルセット状の胴体部の紐を、思い切り締め上げてやるの。
 さらに膝上ブーツを履くわ。
 グローブも嵌めて、ほぼ予定通りの武装が完了。
 さあ貴方、行くわよ。
 責めるわよ。
 淫語責めよ。

14h_995bokd00123ps.jpg


 「イヤーッ!チンカスいっぱいこびりついてるぅ。chikaの舌でゆっくり溶かして、舐め取ってあげるね。」
 ついでにチンカス、お口の周りのラバーにこすり付けると、ゴムと混じってとっても、くさーい良い匂い。

「すごい、貴男のチン汁ドクドク出てきたよ。もっと出して。いっぱい頂戴!chikaの喉ケツマンコに流して、詰まらせて!沢山、沢山出してっ!お願い。」

「ケツメドいじられるの変な感じだけど、でも気持ちいい。そんなに奥まで入れないで。chikaの臭いク○がついちゃいますぅ。あっ駄目、気持ちいい。もっとねぶって下さい。ケツマンコちょー気持ちいい!」

「ケツメドパクパクいってる?chikaのすっぱいケツマンコもっとねぶって!ああん直腸ネチョネチョしてるぅ~!」

「ケツマンコぐちゃぐちゃいってる?ね、気持ちいいですか?chikaのク○ケツマンコ。気持ちいいって言って。乳首もっといじって!ねぶって!」

「うんち出ちゃう!chikaの一番汚いク○、ここでひり出してもいいの?もっとケツケツマンコもいじって、あぁっ!出ちゃう!臭いのでちゃう!」

「貴方の肛門、舐めさせて!そう、気持ちいい?もっと吸ってあげるね。舌の先がニガ甘くて美味しいよ。もっと力んで。肛門のヒダまで綺麗にさせてね。」

「chikaのク○アナルもっと見て。ヒクヒクしてる?貴方の臭チンポ、早く欲しい。生で欲しいの。入れて、入れて、あぁぁああ・・ズリリって奥まで入っちゃいました。もっと、もっと奥までぇー!直腸掻き回してぇ!」

「宿便出ちゃうぅ~!カリがズルズルって、腸のヒダがヒクヒクしてるの!早くちょうだい!あなたの温かいク○ザーメン。chikaの喉ケツマンコに流し込んで!たっぷり飲ませて下さい!」
 湯気の出てるチョコバナナ、美味しそう!!!

「chikaのク○フェラ、気持ちいいですか?」

13h_995bokd00123ps

「貴男、何日も洗ってないでしょ?このパンツもズボンも。クサマラ早くほしいのぉ。」

「イヤーッ!チンカス、いっぱいこびりついてる。chikaの舌でゆっくり溶かして、舐め取ってあげるね。」

「もっと感じて。まだ出しちゃ駄目だよ。chikaの喉マンコ、濡れてるでしょ?ずっと奥まで入れて欲しいの。そう、そう、もっと奥まで突いて」

「chikaのクサけつマンおいしい?お願い、もっとねぶって、ヌルヌルにして」

「すごい、貴方、チン汁ドクドク出てきた。もっと出して。いっぱいちょーだい、chikaの喉マンコに流して詰まらせて!沢山、沢山出してっ!」

「ねえ貴方、ケツメドの臭い好き?chikaの肛門もっと見て、嗅いで。そう、そう、いやん、ねぶってくれるの?きもいい・・きもいい・・」
「きもいいわぁ!」

「肛門パクパクいってる?chikaのすっぱい肛門もっとねぶって!直腸までネロネロ舐めて!」

「けつマンコぐちゃぐちゃいってるでしょ?ね、気持ちいい?chikaのク○マンコ。気持ちいいって言って。乳首もっといじって!ねぶって!」

「そんなに突いちゃうの?アナル産道がドクドクいってる。掻き回して!そう、もっと奥。直腸ヌルヌルにさせて!」

「うんち出ちゃう!chikaの一番汚いク○、ここでひり出してもいい?もっとケツマンコいじって、あぁっ!出ちゃう、臭いの出ちゃう!」
「どう?chikaのうんち。温かいでしょ。あれ?こんなに大きくなった。あなたも変態でしょう?ク○チンポ食べていい?」

「貴男の肛門舐めさせて!そうなの、気持ちいいの?舌の先がニガ甘くて美味しいよ。もっと力んで。肛門のヒダまで舐めさせて!」

「貴方のオチンポ綺麗になってきたよ。もうイキそう?chika、ザーメン飲みたいの。chikaの舌の上にドロドロ出していいよっ」

「chikaのク○アナル見て。ヒクヒクしてるでしょ?ここに、あなたの臭チンポ早く欲しいの。生で欲しいの。入れて、入れて、あぁぁああ!奥まで入っちゃった。もっと、もっと直腸掻き回して!」

「宿便出ちゃうぅ~!カリがズルズルって、腸のヒダがヒクヒクしてるの!早くちょうだい!あなたの温かいク○ザーメン。chikaの直腸で飲んであげる!」

12h_995bokd00123ps.jpg


 ペニクリも、chikaのペニクリも、こんなに勃起してる・・・ビンビンくるぅ、いやらしい~。
 あぁヘンズリ、ヘンズリまんこ、あぁ、おセンズリ大好きよ、chikaはセンズリ狂いよ。
 こんなにセンズリこいてたら、おマン汁で泡立っちゃうわよ、泡立ちマンコになっちゃうわ。

 センズリ狂いで、ゆるゆるけつマンコ、あ~変態なゆるゆるマンコ、変態ゆるけつマンコ、変態ゆるけつマンコ。
 chikaったら、なんてセンズリバカなの、
 あ~おケツまんこぉ、あ~変態ケツまんこぉ、指チンポが、けつマン汁でネトネト・・・けつマンコにずっぽり入っちゃう、あ~指チンポいい。

「貴男のズルむけチンポよく見せて、あ~ズルむけチンポ、ズルむけ勃起チンポ。ほら貴方、もっとチンポよじりなさい、chikaは、こんなにセンズリぶっコイてるの。だから、よじりチンポよ、よじりチンポ、chikaに頂戴ぃ!」

 そうよ、二人で向かい合ってのWセンズリよ。
「chikaのけつマンリング広がっちゃった、chikaのけつマンコ穴丸見えでしょ?」
 貴男の手コキちんぽ見ながらのセンズリ、あぁ、貴男のセンズリ見ながらおセンズリでイキたいっ。
 あぁエロちんぽ、エロちんぽけつマンコに入れてよ、あ~こすりたい、

 あ~けつマンコあぁゴツゴツくるっ、けつマンコにゴッツゴツくるぅ、
 あぁもっとチンポ頂戴、ゴリゴリのチンポ。
 あ~硬マラ、もっと硬マラ、あ~気持ちいい、
 硬マラ、硬マラ、あ~もっとはしたないことしたいの。
 あぁもっとスケベしたい、けつマンコとチンポでスケベしたい、けつマンコとチンポ、あ~スケベマラ~。
 さかりけつマンコ、さかるけつマンコ、さかりけつマンコなの、気持ちイ~っ、、けつマンコ、気持ちイ~けつマンコ。

1h_995bokd00123ps.jpg

「chikaのけつマン汁付きゴムパンティ、貴男の勃起チンポに被せちゃうわ。にゅるにゅるのけつマン汁がオチンポに擦れて・・けつマン汁の香りが・・・けつマン汁の香りが、あ~クッサ~イ!けつマン汁ゴムパンティでコリコリしましょう。」

 チンポビンタよ、お~っチンポビンタ、あ~あぁ反り返りマラになってる、チンポビンタ気持ちイ~の。
 チン汁びゅるびゅる飛ばすとこ想像する?
 チン汁出したい?
 溜め込んでるんでしょ、チン汁。

 けつマン汁浸しのゴムパンティにチン汁飛ばしたいんでしょ?
 変態、変態ね、貴方の変態チンポ、おケツでチンポこねくり回しちゃうわよ、こねくりチンポ。

 こんなに硬くなっちゃって・・・変態チンポね~。
 ケツズリでこんなに勃起するなんてチンポがchikaのおケツマンコに当たっちゃう。
 あ~チンポが、ケツマンコにこすれる、あ~ケツマンコ。
 あぁ、けつマンコ気持ちイ~。
 このチンポ、イ~わねぇ、あぁチンポ、おチンポ大好き、おチンポ大好き。

 見える~?ハメ穴、チンポのハメ穴、chika、もっとけつマンコ気持ちよくなりたいの。
 貴方のこのチンポ、口マンコで尺りたくなったわ。
 貴方のを、口マンコで、口マンコで尺りたい。
 おしゃぶりチンポ、口マンコでおしゃぶりチンポ・・・チンポ狂いしそう、おチンポ狂いしそう。

 そうだ、このチンポにchikaのストッキング被せてあげるね。
「変態ストッキングおチンポ、ストッキングチンポ、貴方、ストッキングチンポで感じる変態チンポね。」
 あぁ尺りチンポ、尺りチンポ、あ~チンポ尺ってると、センズリこきたくなるわ。
 あぁchikaにもセンズリこかせて。
 貴方、おちんぽ汁出たのね、あ~おちんぽ汁、べったり付いてる・・おぉクッサイ・・ちんぽ汁美味しい・・・。

11h_995bokd00123ps.jpg


 汗臭い肛門も、チンカスまみれのちんちんも、ダブルOKよ!

「湿ってる。解るでしょ? ケツケツマンコ。肛門、お尻の穴よ。酸っぱいケツの穴なの。触って、嗅いで。見たいでしょ?」

「うんち、うんちよ。黒くて、ねっとりして、ドロドロしたク○よ!」

「はぁぁぁ、上手よ。もっとベロで広げて。肛門ユルユルにして。ユルユル、ユルユル、指入れて掻き回してみて…」

「舐めちゃったの?その指舐めちゃったの?chikaの臭いク○がこびりついたの?一人で舐めちゃ駄目じゃない」

「変態チンポちゃんね。しょっぱいチン汁とあたしのク○汁が喉に絡みつくのがいいの」

「苦いよぅ!苦臭いよぅ!自分のク○しゃぶってるのよ。ねえ、もっと突いて!奥までこなきゃイヤよ!」

「chikaのク○フェラ気持ちいい?ほら、こうやって喉の奥まで入れてあげる。貴方の尿道にうんち詰めちゃうからね。チン汁もっといっぱい出さないと駄目よ。」

「出して、ク○スペルマいっぱい頂戴!う○こ臭いchikaのお口にぶちまけてっ!」

「むぐぅっっっ…もっと奥まで舌入れさせて  可愛いわね、お尻ちゃんと拭いてないから。甘苦いあなたのうんち君。もっと吸ってあげよっか?」

「して、して、お浣腸。ゆっくりね。そう。液をたっぷりぶち込んでちょうだい。1本じゃたりないの。お願いもう1本入れて、」

「いいの?chikaのク○だらけのケツマンコ、吸ってくれるの?病気になっても知らないから。」

「あなたも好きなのね。彼女こんな事させてくれないでしょ。部屋中がchikaのク○の臭いでいっぱいなの。こんなの好きでしょ?もっと身体中の臭い嗅いで。脇もお乳もオケツマンコも。」

「ク○だらけのしゃぶるから見てて。オチンポも綺麗にさせて…ザーメン飲ませて!ね、トローって口に流し込んで。」

「ローターひり出して、舐めるわよ。ク○カスがべっとりこびりついたローター。あなたも舌出して…ね。」

「いや~っん入ってくるぅ!肛門のひだにこびりついたうんちとチンカスだけで、もうヌルヌルなの~。突いて、もっと突いて!掻き回して!そう、そう、そう、宿便も引きずり出してっ!」

「あなたの硬い硬い一本グソ。chikaの腐れケツマンコにぶち込んで!もっと奥までよ。アナル産道が腐ってもいいのよ。クソマラ食べたい!クソマラ食べたい!クソマラ食べるんだから!もっと、もっと、いぐ、いぐ、いぐっー!」


10h_995bokd00123ps.jpg


「どこ見てるの?スケベなこと考えて、マラ、膨らましちゃってるんじゃないの?chikaのけつおまんこ見ながらズリせんコキたいと思ってるんでしょ?こんな風におっ勃ったマラ、こうやって指でシコシコシコシコしたら?」

「コスコス、ペニクリいじくる音聞こえるでしょ?あぁイ~ちんぼっ、変態ちんぼ大好きっ!」

 chikaの見せけつマンズリよ、chikaけつまんこ弄るの大好き、chikaおまんこ弄るの大好きなの。
 chika貴方への見せけつまんずりコキながら、イッちゃいそう!
 貴方のエロいマラ汁の匂い、プンプンしてくるわよ、淫乱なマラ汁、もっと嗅がせて。

 あぁぁ、けつまん汁まみれのこのゴムパンティに出して、エロいせんずり汁、い~のよ、コキ出して、こうやってゴムの手袋ハメたまんまで、ちんぼこ、センズって欲しいんでしょ?

 貴男、まらのコキ過ぎなんじゃない?
 でもchika、下品な色の黒マラ大好きよ。
 ちんぼの穴もパクパクしちゃって…限界ちんぼ大好き、ほら、もっと我慢してぇ。
 うーん、良いわねぇ。。・
 ほら、もう我慢しなくていいのよ、ほら、淫乱ちんぼ穴からいっぱい噴き出しなさい。
 そのおっ勃ったちんぼ、chikaのこのエロ~いケツで、こすってあげるわ。

17h_995bokd00123ps.jpg

 エロ~い飴ゴムパンティ。まんこに入っていくわよ、ほらゴリっゴリのこのちんぼ。
 chikaこうやってケツまんこ回しながら、自分でペニサネ弄るの大好きなの、
 あ~イ~わ、けつまんこ最高、バックまんこ気持ちいい。
 chikaのエロ~いケツ振り尻摺りでイッちゃうんでしょ?
 chikaのケツ肉ズリ、ほらイキなさい!

 chika妬かないから、他の女の純正おまんこに、このデッカイ勃起ちんぼ、穴ハメしてみて。
 金玉は?
 金玉はど~お?
 金玉弄りながらの穴ハメ、イ~でしょ?
 こうすると、ちんぼ興奮しちゃうでしょ?
 ニセまんこから抜いて、今度はchikaの口まんこにハメて。
 このチン汁まみれの口マンコの穴、ほら、これにもう一回ズボハメしなさい。ズボハメよっ!

 ニセまんこで一杯こすったエロ汁、chika欲しいの、飲みたいわ!
 見て、ラバーキャット越しに浮き出たchikaのペニクリのカリの形、はぁ・・いやらしいわ、chikaのちんぼいやらしいの。
 いやらしいchikaのちんぼ汁の音が一杯聞こえちゃう。
 貴方もchikaのちんぼ汁の音聞いてっ!
 chikaがせんずりコキながら、こうやって、自分のけつまんずりコイてるとこ、もっと見てぇ。
 けつおまんこほじくりながら、ちんぼイッちゃう!
 シゴキまら、シゴキまらイ~の!
 貴方の金玉汁の匂いするわ、ね?
 嗅がせて、ちん毛と金玉の混じったクッサイ匂いがするわ。
 この匂い嗅ぎながら、けつまんずり出来るchika、変態でしょ?

9h_995bokd00123ps.jpg

 貴男のピッタピタのビキニパンツちんぼ、chikaの口まんこの中に入れてしゃぶってい~い?
 chikaのマラ尺気持ちいいでしょ?
 ビキニマラ尺、大好きぃ!
 このカチンカチンの金玉揉まれるのはど~お?
 まん汁まみれの金玉よぉ。

「チンポ、大っきくなっちゃってるのかな?・・・chikaのチンポ」

「気持ちイイ?チンポ感じちゃうの?もっとヨガって」

「ヨガリチンポ、滅茶苦茶にしゃぶりたい・・・」

「はぁ~ぁ、これだけでchikaのペニクリも飛び出ちゃいそう」

「疼きチンポがたまんないんでしょ?」

「スケベチンポ、はぁ~疼きチンポ、ん~はぁ~ヨガリチンポぉ、はぁ~オネダリチンポ」

「凄い、チンポの中がドクドク疼いてる。」

「はぁ~気持ちイィ~、はぁ~スッゴイ気持ちイ~、はぁ~口マンコたまんない」

「あ~出ちゃう、んん出ちゃう、出ちゃう、出ちゃダメ、出ちゃダメ、あぁ~出ちゃいそうだね」

「もうギリギリだね、今にもチンポ汁飛び出してきちゃいそう」

「指マンコ、指マンコ、指マンコでほらぁ、シゴかれて・・・吸い出されちゃう、チンポ汁」


8h_995bokd00123ps.jpg


 男の言いなりになる快感、男に自分を見てもらって興奮して欲しいと願うズリネタ変身願望。
 チンポ好きの感極まった脳内アクメ。
 愛よりも一時的な快楽を優先する淫乱マゾの中出し懇願淫語連呼・・・

「センズリしたい、ンン~したいぃよお、はぁセンズリしたい、センズリ、あぁあぁはぁ、ヘンズリ」
 ラバーマスクの裏側、熱い、熱いよう。 
 汗と顔の脂でズルズルだよぅ。
 ゴム手でゴムの張り付いたこの顔、なで回すの、顔面センズリ。
 ゴム手でペニクリチンボしごき倒すの、ペニクリセンズリ。

「chikaのヘンズリ見て、貴方のチンポ勃たせて下さい。チンポ、チンポ勃たせて下さい、chikaのヘンズリ見てぇ~」
「男のセンズリ、男のセンズリ、はぁチンポズリ、チンズリ、見たい~。男のチンズリ見ながらセンズリしたい~」

「けつマン汁臭くてごめんなさい、ごめんなさい、」
「はい、けつマンコ喜んでます、はっはっ、見られてけつマンコが喜んでますぅ」

「サカリがついたけつマンコ、chikaの、はぁ、だらしないけつマンコ、ヨダレけつマンコですぅ」
「愛して欲しい、チンポでけつマンコ、愛して欲しい・・チンポ欲しい」

「生で、生でハメて下さい・・はぁ、ブチこんで」
「生のオチンポが欲しかったの・・生ハメしたかったの、したかったぁ・・生ハメしたかったのぉ~」
「chikaのけつマンコで、ハァハァ、楽しんで下さい・・たっぷりオマンコで楽しんで下さい、チンポで遊んで下さい」

「御免なさい!御免なさい!イッちゃう!お尻のおまんこイッちゃう!おけつ、イッちゃう!イッちゃう!イッ!・・・」
「chikaのドロドロけつまんこで、シゴいて、シゴいていっぱい出して、子種汁、欲しい、種付けして、孕ませて!」

7h_995bokd00123ps.jpg

 ケツおまんこ、ケツおまんこ、ケツおまんこ、ケツおまんこだよ。
 ほぉら、ケツおまんこだよ。けつまんこ。
 chikaのペニマメ勃起しちゃってるよ。
 おちんぽをこの乳まんこに挟んでね。

 やっばい。やっばい。
 chikaのペニクリ、超キモチいい。
 ビンビンでちんぽが反っちゃってるんじゃないのぉ!
 chikaのケツおまんこ、まんずりしたくなってきちゃった。
 ケツおまんこ、かきたい。
 ケツおまんこかきたくて。けつまんずりしたくて。
 アナタのちんぽは、もうビンビン。

「貴方、センズリしたいんじゃないの?すっごい、白っろいクッサーーーイ、ちんぽ汁出したいの?chika、ケツおまんこが、ペニかいてると、ケツおまんこが疼くーの。ペニがおっ勃っちゃうよー。」

「chikaのけつまんずり見てみて。ケツおまんこ穴、ケツおまんこ穴、超きもちいい。クリチンポがコーフンしてきちゃって勃起してるよぉ。chikaのまんずり見てぇ。」

 けつマンズリまんこ見てみてぇえ。
 ほらchikaのクリチンポも、ケツおまんこマメも喜んでるよお。
 金玉袋もパンパンになってるのぉ、、。
 まんずりズリズリして、あぁ…きもちいい。超きもちいい。

 アナタのエロエロなちんぽ、想像してケツマンズリするから、アナタだけにまんずり見せるからぁあ。
 chikaのケツマンズリみてみてぇえ。
 ケツおまんこきもちいい、ケツおまんこ超きもちいい。あっ、イっちゃう、イっちゃう、
 ケツおまんこイっちゃう。
 超きもちいい。
 まんずりして、ケツおまんこイっちゃったぁあ…。
 貴方に、すっごい見られてる。
 いっぱい見られて感じたい。
 ほーら、ここに貴男のちんぽこ挟みたいと思ってるでしょ?

3h_995bokd00123ps.jpg


「chikaのお尻すごい火照ってきてる。わかる?このお尻でどうして欲しい?やらしいこと一杯想像して、一杯見て。貴方のちんぽびんびん?もう。ちんぽびんびん?」
 chikaのけつまんこ見たい?
 食い込んだ形わかる?やらしい毛が超でてるぅ。
 湿ってきてるぅ?

 あなたも湿ってきてるぅ?カリの先湿ってきてる?
 貴方のカリの先から、何でてるの?
 ねばねばのね。白いやつ。

 chikaのお尻食い込むとこみてぇえ。
 ほら見て、あたしのいやらしいけつまんこ、いっぱいみてぇ。足がくがくしちゃう。
 ほら、chikaのことばで感じてぇえ。
 chikaのまんずりいっぱいみてぇえ。
 おちんぽどうなってるぅ?
 乳首勃ってるうぅ。びんびんに勃ってるうぅ。
 あたしのペニクリちゃん勃ってるうぅ。

 くりちんぽ、くりちんぽ勃ってるうぅ。くりちんびんびん。
 すっごい固い、chikaのくりちんすっごい固い。
 あなたのちんぽどうなってる?
 いっぱい我慢汁だしてる?くっさい我慢汁だしてるぅ?

 けつまんリング、ぱっくりしてる。
 すごいくりちん勃ってるう。すごい、くりちんギンギン。
 ギンギン、かんかん、すごい気持ちいいの。

 あなたのちんぽ想像させてぇ。
 いっぱいしこしこしたい?
 ケツおまんこぱっくり開いて、あなたのいきり勃ったちんぽ入れたがってる。
 いっぱい。あぁあ、入れたい、あなたのいきり勃ったちんぽ入れたい。

 あぁああ、ちんぽ、あぁああ、まんこ、まんこイっちゃう、あぁあ、ケツおまんこいっちゃう、
 ケツおまんこいっちゃういっちゃう。

6h_995bokd00123ps.jpg

 けつまんこグチョグチョいってるの、音聞こえるかしら?
 chikaのケツまんこは、如何かしら?
 発情してくださる?
 愛おしいですわ、とても、貴方のおちんぽが愛おしいですわ
 chikaのおまんこ汁で、あなたのおちんぽグチョグチョにしちゃおうかしら?
 chika、あなたのおちんぽで、おまんこの中、グチュグチュにして頂きたいの。
 chikaのおまんこに、あなたの勃起した、おちんぽを、ハメて頂きたいの。

「バックまんこしてっ、ねぇ、あなた!そのおちんぽ、chikaの淫乱なけつまんこに、あぁ、おまんこ、幸せ、とっても、幸せ」
 バックからこんな風に入れて頂けるなんて、嬉しいですわ
 凄いでしょ、chikaの穴、凄いでしょ、chikaのおまんこ。

「お願い、もっと、おちんぽ頂戴!おちんぽ頂戴!ねぇあなた、おちんぽ頂戴!」
 あなたの、おちんぽを、chikaに、もう一度、咥えさせて
 あなたぁ、こんなにおまんこが喜んでるの、あなたのおちんぽも幸せになってる?
 ど~お?chikaのお口まんこど~お?
 ちんぽ美味しい、ちんぽ美味しい

「あなたのおちんぽの、中身全部、全部、chikaのおまんこに出してぇ」
 男の、男のチン汁、はぁ美味しい

5h_995bokd00123ps.jpg

 おちんぽ想像しちゃうわ、あなたのおちんぽ、ヤリたい!ヤリたい!
 我慢してまんずり、けつまんずりコクの・・まんずり楽しいの、でもあなたのおちんぽ欲しい。

 おまんこ気持ちイイ、けつまんこ気持ちイイの、指でおまんこホジッてるの、ホジッてるの。
 けつまんこ見られたい、おまんこ、おまんこ見て、毛なしおまんこ見てぇ。

 せんずりコイて、せんずりコイてぇ~、ねぇあなたも。
 chikaも今、ペニクリコネてるの。
 今まで、ニセモノちんぽしゃぶってたら・・本物ちんぽ、ブチ込んで欲しくなってきちゃった。
 chikaのお口の中に、あなたのきんたま汁をブッ掛けて。

 chikaを折檻するため、ラバーをひんむき、後ろ手にしてロープで緊縛する貴男。
 折檻として乳房を鷲掴みに揉まれ、乳首をひねりつまみ上げられるchika。
 それでも背後から責める貴男の股間を、手首を縛られた手で物欲しそうにズボンの上から愛撫するchika。

4h_995bokd00123ps.jpg


 毎日、毎日、毎日、毎日…ケツおまんこ、ケツおまんこ、ケツおまんこ、ケツおまんこ、
 ケツおまんこ口から、臭っさいケツおまんこ、エキス流してしまうことばかり考えてしまうの。
 昨日の夜も、けつまんずりしてしまいました…ケツおまんこかきすぎて…超熟睡。
 おかげで今朝は気分爽快っ。
 おまんずり、ぶっこいてしまいました。

 あぁ…考えるだけで、ケツおまんこ汁垂れてきますワ。
 おまんずり…けつまんずり…おまんずりまんこ…あぁ…気持ち…いいぃ…
 男におまんずり…見られる…見られるところ想像したら余計にケツおまんこ汁垂れてきました。
 ラバーパンツの中、ケツおまんこエキスで臭っさぁぃの。
 ケツおまんこエキスで、べとべとです。
 どうしよう?とても興奮します。
 chika、ケツおまんこかくの大好きなの。

 gdddgcclr_ao1_500gggccc.jpg 昨日も今朝も、ケツおまんこずりずり、おまんずりぶっこいてます。
 こちらに来て、chikaのおまんずり、見ていただけるかしらっ?
 あぁあ…ケツおまんこ、ケツおまんこ、ケツおまんこ、ケツおまんこ。
 ケツおまんこすごい…気持ちいいですワ。
 クリちんぽが硬くなって…すっごく熱くなってきちゃった。
 あぁあ…ケツおまんこ、ケツおまんこ、ケツおまんこ、ケツおまんこ。
 臭さ~いケツおまんこ汁で、ゴムパンツの中ががべちょべちょ。

 ケツおまんこ、指に引っかかります。
 あぁあ、ビンビンに勃ってますぅ。
 あなたに見られて、気持ちいいです。
 chikaのおっ勃ちマラ見て、女のくせにちんぽがあるの。
 あぁ、クリちんぽ…おっ勃ちマラ見て、chikaのケツおまんこ…クリちんぽ…。
 chikaのケツまんことペニクリ…すごく固いです。
 あぁあ…ケツおまんこ…

「chikaが、ケツおまんこかきかきしてるとこ、しっかり見てくださるっ?」
 おちんぽの先から出る、金玉汁。
 金玉袋に溜まった金玉汁。
 いっぱい見せてちょうだい。

 もっともっと、おっ勃ててぇ。
 早く、青筋のぼこぼこたったおちんぽを見せて。ほらっ。
 おちんぽのいい臭い。ほらっ、もっと勃ててぇ。おちんぽ。おちんぽもっともっと勃ててぇ。
 臭っ。おちんぽ臭っ。

2h_995bokd00123ps.jpg


 chikaのお口まんこ気持ちいいですか?
 おいしい、おいしい、おちんぽ汁もっとだしてぇ。
 ほらほら。もっとおっ勃ててぇ。
 ほら、もっと臭っい、おちんぽ汁出してぇ。ほらっ。

 アラ、chikaとしたことが…あまりにも興奮しすぎて…貴男のおちんぽ汁が先っぽから出るところを見れなかったわ。
 もう一度、おちんぽ汁が先っぽから出るところを、見せてくれませんか?
 おちんぽおちんぽ。
 ほらっ。早く勃ててっ。
 chikaのケツおまんこ見て、沢山おちんぽおっ勃ててぇ。

 あぁああ、ケツおまんこ…ケツおまんこずぶずぶ。
 chikaのケツおまんこ、変態ケツおまんこ。
 クリちんぽも、おっ勃ててるわよ。
 ケツおまんこバックリ。バックリケツおまんこずぶずぶ。
 chikaのケツおまんこ汁見て、おちんぽおっ勃ててぇえ。
 あぁぁ、ケツおまんこバックリ。ケツおまんこずりずり。
 ずりずりケツおまんこ。ケツおまんこバックリ。ケツおまんこ。あぁぁぁ、ケツおまんこ。

 chikaのバックリケツおまんこ、イってしまいましたわ。
 ほらっ。金玉。金玉。早く金玉汁見たいわっ。金玉汁出るとこ見せてぇ。
 
3h_995bokd00123ps.jpg 
 
 どう?チンポコ挑発された?
 チンポコ硬くなってきた?
 貴男の硬~い、硬~ぁいチンポコ、chikaにこすり付けたいんでしょ?
 
 あなたのおチンポコ凄くイィ、あぁ~ぁオッ勃っちゃって、あなたのおチンポコ、オッ勃っちゃってるわ。
 chikaの生パンスト、貴方のおチンポコで臭くしてもいいのよ。
 ケツちんぽこ、ケツちんぽこ、ケツちんぽこぉ。
 おケツズリだけじゃ物足りないの。

 立ちマン、ペニクリ豆シゴキしてるのよぉ、あぁ~腸壁ズリズリこすれるわぁ、あぁお肉まんこズリよぉ。
 濃い~の出たわね、おチンポコ汁。
 おチンポコ汁見てたら発情しちゃう、あぁ~おチンポコまんこ汁。

 ほら見てぇ、chikaのいやらしい喰い込みまんこ、ゴムパンティ喰い込んでるでしょ?
 ゴムパンティはいて、おセンズリ、クチュクチュ。
 chikaは、おセンズリぶっコイてるの、朝から晩まで、あぁ気持ちいい~センズリ中毒なのぉ。

 いやらしいけつマンコ、いやらしいけつマンコ見てぇ、あぁペニクリ豆が感じる。
 あぁ変態ゴムパンティまんこ、偽のタンポン穴に突っ込んで、おまん汁いっぱいいっぱい吸い上げるの。
 あぁ変態おまんこ、変態まんこっ、あぁっ気持ちイィ、あぁセンズリ気持ちイィ~

 おデカマラ、あぁおデカマラが欲しくなってきちゃった。
 おまんこイッちゃいそう、おまんこイクわ!
 ちんこビンタ感じちゃうわ、ちんこでバシバシ頬っぺた叩いて!
 舌も、ちんこでビンタして、ちんこビンタ、ちんこビンタぁ!

 チンポ好き~。
 ね、chikaのデカ乳まんこよ、挟まれたい?
 chikaはチンポ好きなの、大好きチンポ、デカ乳まんこで貴男の挟んでもイイ?
 でもその代わり、ゴッツゴツのチンポにするのよ、このチンポ死ぬまで使うわ、気持ちよさそぉ、チンポハメした~い。
 ほら、けつマンコ穴見える?
 マンコ穴見てぇ、マン汁でベットリ~、おかまのオマンコど~お?

15h_995bokd00123ps.jpg

 けつマンコ幸せ!、あぁチンポ愛してるわ、チンポ好き、チンポ好きチンポ好き、あぁけつまんこイク~ゥ!
 ほらぁチンボコ染み、チンボコ染みが出来てるの、
 あぁ~チンボコくさ~い、チンボコ、チンボコくさ~い。
 chikaのオマンコ汁の染みを嗅いで呆れるほど発情しなさい。

 おまんこゴムパンティど~ぉ?
 頭から被っちゃう?
 貴方、お変態になるのよ。
 あぁ発情チンポ、発情チンポね~、
 chikaのマン汁の匂い嗅いで、こ~んなにオバカちゃんチンポになっちゃったのね。
 チンボコ、チンボコヌラヌラ、こうやってね、マンコに入ってるみたいでしょ?

 ゴム手袋の手マンコ気持ちいい?
 あぁ~ん、いっぱいドックドックドックドックって、金玉の底から搾り出しなさい。
 貴男に履かせた変態ラバーブルマ、ほじくるのよ、変態ラバーブルマ、男のケツの穴、ケツマン汁でね
 変態ゴムブルマをグッショんグショにして。

 あぁ~ん反り勃ってる変態チンポっ、あぁ~変態チンポしゃぶり上げたいわっ!
 しゃぶりたかったわ、このちんこ。
 ね、お口マンコ嬉しい?
 この真っ赤っ赤なお口マンコ。

 元は、男だから上手いわよ~、どうしたら一番気持ちいいか知ってるもん。
 それに貴男、ホントは男にしゃぶられたいんでしょ?
 男にゴムブルマ穿かせてする生尺八、最高だわ。

 貴方の、ゴムブルマ脇からはみ出ちゃってる!
 ん~チンポ、チンポぉ、ほら、お口マンコに中出しなさい!
 チンズリぃ~ね、見てぇ、発情しちゃってチンズリしてんのぉ、チンズリチンズリ、あぁキンタマズリも。
 ねぇお願い、おまんこ穴にブチ込んで。
 オネダリおまんこ、貴方のキンタマ便器にしてぇ、キンタマ便器にして・・。

 ホントに、chikaのおまんこ穴使って下さい、
 貴方のおまんこ女にして、あぁ、おまんこでせんずりブッコイて。
 貴方のおキンタマが凄く気持ちいいの!
 んんん、そお!おキンタマぁ!あぁおキンタマ気持ちいいわぁ!
 あぁchikaのけつまんこ、喜んでます!
 けつまんこ喜んでるっ!
 あぁイッちゃいます!
 おまんこイッちゃいますぅぅぅ!

2h_995bokd00123ps.jpg

 男のチンポを責めている時、心の底から楽しいの----。
 感じている男の目を見つめ、愛おしそうにチンポをいぢりまくり舐めまくりするの。
 静かにゆっくりとセクシーに淫語をしゃべりながら、男を追い込んでいくのよ・・・

「チンポ、大っきくなっちゃってるのかな?・・・chikaのチンポ」

「気持ちイイ?チンポ感じちゃうの?もっとヨガって」

「ヨガリチンポ、滅茶苦茶にしゃぶりたい・・・」

「はぁ~ぁ、これだけでchikaのペニクリ飛び出ちゃいそう」

「疼きチンポがたまんないんでしょ?」

「スケベチンポ、はぁ~疼きチンポ、ん~はぁ~ヨガリチンポぉ、はぁ~オネダリチンポ」

「凄い、チンポの中がドクドク疼いてる」

「はぁ~気持ちイィ~、はぁ~スッゴイ気持ちイ~、はぁ~口マンコたまんない」

「あ~出ちゃう、んん出ちゃう、出ちゃう、出ちゃダメ、出ちゃダメ、あぁ~出ちゃいそう」

「もうギリギリ?今にもチンポ汁飛び出してきちゃいそう?。」

「指マンコ、指マンコ、指マンコでほらぁ、シゴかれて・・・吸い出されちゃうよ、チンポ汁」

1h_995bokd00123ps.jpg

 男に責められている時、切ないくらい良い気持ち----。
 男の言いなりになる快感。
 自分を見て興奮して欲しいと願う、ズリネタ変身願望、チンポ好きの感極まった脳内アクメ。
 愛よりも一時的な快楽を優先する淫乱マゾの中出し懇願淫語連呼・・・。

「ペニ豆ズリしたい、んん~したいぃ、はぁペニズリしたい、ペニズリ、あぁあぁはぁ、ペニズリ」

「オセンズリ見て、チンポ勃たせて下さい、チンポ、チンポ勃たせて下さい、オセンズリ見てぇ~」

「男のセンズリ、男のセンズリ、はぁチンポズリ、チンズリ、見たい~、チンズリ見てセンズリしたい~」

「マン汁臭くてごめんなさい、ごめんなさい」

「はい、オマンコ喜んでます、はっはっ、見られてchikaのオマンコが喜んでますぅ」

「サカリがついたオマンコ、chikaの、はぁ、だらしないオマンコ、ヨダレマンコ」

「愛して欲しい、チンポでオマンコ、愛して欲しい・・チンポ欲しい」

「生で、生でハメて下さい・・はぁ、ブチこんで」

「生のオチンポが欲しかった・・生ハメしたかったの、したかったぁ・・生ハメしたかったのぉ~」

「chikaのオマンコで、ハァハァ、楽しんで下さい・・たっぷりオマンコで楽しんで下さい、チンポで遊んで下さい」

「御免なさい!御免なさいイッちゃう!おまんこイッちゃう!おまんこイッちゃう!イッちゃう!イッ!・・・」

「chikaのドロドロけつおまんこでシゴいて、シゴいていっぱい出して、子種汁、欲しい、種付けして、孕ませて」

19h_995bokd00123ps.jpg

 掃除機のチューブをすき間無く肛門に密着!
 噴火山のごとく盛り上がる充血した肛門から吸い出されるク○ゼリー!
 その快感に失神寸前!

 ぷるぷるゼリー浣腸
 あぁ、入ってくる。
 chikaの直腸、ゼリーとク○でぐちゃぐちゃ!
 吸い出してっ、思いきり吸い出してっ!
 chikaのケツケツマンコもっと広げてっ!
 もっと奥まで突っ込んで欲しいよぉ~
 ぐりぐりスピンぎもちいぃー!
 もっと回してっ、肛門ねぶって!

 …貴男のチンカス、いっぱいこびりついてる。
 chikaの舌でゆっくり溶かして、舐め取ってあげるね。
 ケツメドいじられるのすごい変な感じ。でもそれが気持ちいいの。
 そんなに奥まで入れないで。chikaの臭いク○がついちゃうよ。
 あっ駄目。気持ちいい。肛門気持ちいい!

 chikaのうんち臭い?でも温かいよ。
 ほらまたク○チンポこんなに大きくなっちゃった。
 このク○チンポ食べていい?chikaのク○アナルもっと見て。
 ヒクヒクしてる?
 臭チンポ早く欲しい。生で欲しいの。入れて、肛門いっぱい開いてるから。
 あぁぁああ!いつもより深い~!
 こんな奥まで。もっと、もっと直腸深く突いてっ!
 そんな太いバイブでごしごししたら、chikaのクサマンすぐイッちゃうよ~!

 貴男の指、ちょー気持ちいー!
 アナル産道の奥までガリガリに引っ掻いて!
 あぁっイクっ!
 またクサ汁出るっ!
 飛び散っちゃうよーっ!

18h_995bokd00123ps.jpg


「貴男、昔から変態だったもんね。いいよ。もっと色んな事しても…」
 糸コン浣腸、直腸注入!
 ドクドクたっぷり口内射精。
 もう出るよ…
 お口あ~んして
 すごい、チン汁ドクドク出てきた。
 もっと出して。
 いっぱい出してchikaの喉ケツマンコに流して詰まらせて!
 ザーメン沢山出してっ!お願い!

「chikaのアナルオナニー。たっぷり見せてあげる」
 双頭バイブ~直腸崩壊アナルスピン!

「chikaのクサマン、臭う?オシ○コとマンカスでベトベトの指、美味しい…」

「ちょっと硬~いク○。chikaの舌でゆっくり溶けてるの見える?苦いよ…すごく苦いんだよ。でも喉ケツマンコが欲しがってるの。見て、ほらっ飲んじゃった。貴方のベロチ○ポと今すぐキスしたい気分なの」

「いやん。こんなに太いバイブ。chikaの臭いケツマ○コにはめて。ネトネトにしちゃう。ねえ見てよ・興奮する?」

「いや~っ入っちゃった!肛門のひだブルブル言ってるの。いっぱい掻き回していい?でも、すぐいちゃうよ~!もっとゆっくりしなくちゃ駄目!直腸のヒダから宿便掻き出すんだからっ!あぁ、またイッちゃう、もっと奥、奥がギモじぃーっっっ!」

「chika、あの、ずっとオセンズリを禁じられてて、溜まってて、仕方が無いんです。マンコ自分でコスりながら、あん、チンポしゃぶりたい。あぁぁぁけつマンコ熱~い、あぅ、チンポ見てるだけでマンコが、あぅ、あぁヒクヒクしちゃう、マンコ穴がヒクヒクするぅ。」
 こんな激しくマラチンポ、あっあぁぁ、カチコチに腫れ上がったマラチンポこんな風に入れて貰いたいの。
 あぁ~幸せぇ、けつマンスリ、やっとコケてるぅ、ずっと、ずっとオセンズリしたかったの。

17h_995bokd00123ps.jpg

 あぁ~チンポしゃぶりながらオセンズリ出来るなんてあぁあぁ、チンポ入ってるぅぅぅ、硬くて、ゴツゴツしたチンポ入って来てるのっ、あぁぁ気持ちいいわっ。
 chikaだめ、もぉ、あっあっ。我慢できないわ!オセンズリ、あぁオセンズリ幸せ!
 あぁぁイク!イク!あぁけつマンコイク!マンコイクっ!あぁぁ~あマンコイクのぉぉぉ!!はぁぁあっ!
 
 ど~お?chikaのおケツ、はぁぁチンポ勃起するようにおケツ振ってるの。
 おケツ振ってたらなんか、あぁん、ケツマンコが濡れてきちゃった、はぁぁん、気持ちいいわぁ。
 あぁん、おケツにチンポ擦りつけたぁい、ゴリゴリに硬くなった、あん、チンポこすり付けたいわ。
 熱くなったチンポ、あん、こうやって、はしたない格好でコスってると、あん・・・なんてchika助平なのかしら。
 チンポぉ、チンポ汁ぅ、あぁ、おケツにチンポ汁ぅ、あぁ~あんクサ~イ、あぁドロドロって・・。

 オマンコ舐めて欲しいのぉ、
 あぁ、オマンコこすって欲しいのぉ
 ・・あぁ、言ってるだけでマン汁が、あぁ、溢れてきそう。
 ぁあ~嬉し~い、気持ちいいわぁ~、
 あっあぁ~久しぶりなのそうやって、はっ、あぁ~、ペニクリ擦られるの久しぶりっ。

 あぁっ、けつマンコの穴も気持ちいい、もっと突っ込んでぇ、指チンポしてぇ、もっとよぉ。
 chikaのぉマン汁の匂い嗅ぎながら、あっ、ペニクリしゃぶり上げて貰うと、あぁ、興奮するわ。
 あぁ~、マン汁がイヤ~、ヌルヌルでっ、あぁ~ヌルヌルでけつマンコ気持ち悪い。

14h_995bokd00123ps.jpg

 あぁ、chikaのこんな姿見て、せんずりコイてお願い
 こんないやらしい女見てせんずりコイてね~。
 指マラとちんぼしゃぶりでイッてしまいそう
 ・・マラ最高、チンポ最高・・あぁイクイクイクイクあぁぁ!!
 けつマンコ気持ちイ~、あぁ~、オマンコ気持ちイ~、あぁ気持ちイ~のマンコ、チンポ入って気持ちイ~。
 チンポ、チンポ、チンポ嬉しい、あ~オチンポ、オチンポ、オチンポ入って嬉しい~
 けつマンコ喜んでる、あぁイ~わぁ、チンポ、チンポ、硬いチンポっ、なんて気持ちイ~の!

 あぁいやらしい、あぁイ~、チンポイ~、チンポイ~、あぁチンポイ~!
 あぁ気持ちいい、けつマンコイ~!
 あぁダメぇ、ペニクリが、ペニクリが寂しがってる、ハメながらペニクリ、あぁペニクリ、あぁぁ~ちんぼ~。
 あぁもう我慢できない、生チンポ、生チンポしゃぶりたいわ、生チンポと生キンタマ見せて。

 キンタマぁ、キンタマ袋が、生のキンタマ美味しいわぁ、ここにキンタマ汁一杯溜まってるんでしょぉ。
 あぁ~反り返ったチンポ美味しい、血管びきびき喉の奥までチンポ咥えたい・・口マンコ気持ちいいでしょ?
 スケベ女の口マンコ、スケベ女の口マンコ、いっぱい頬張らせて、いっぱい尺八吹きたいの。

 おかまの尺八見てぇ、ど~お?口マンコ、おかまの口マンコど~お?気持ちいいでしょ?
 けつマンコしたい、オマンコしたい、けつマンコしたい、オマンコしたい、チンポ欲しい、チンポ欲しい、チンポ欲しい。
 ガニ股で、けつマンコ突き出して、クネクネ腰振って、回して、オセンズリかいてるの。
 あぁぁ~いやぁ。chikaは、世界で一番イヤらしいエロおかまなの。

16h_995bokd00123ps.jpg


 昨日の、オマンコ、良かったぁ、気持ち良かったぁ。
 あぁまたしたい、またすぐ入れて貰いたい、思い出しセンズリかいてるの。
 けつマンコ丸出しで、突き出して、あぁ、グショグショになったペニクリぃ、あぁ~今、シゴいてる。
 こんなchikaの姿見てズリセンこいてね、
 あぁ、これ見てズリセンこいて、ズリセン、ズリセンこいて、ズリセン。
 あぁ~イ~、スケベって言ってぇ・・
 オマンコ汁、オマンコ汁、マンコ汁、マン汁、あぁ~ビチョビチョビチョビチョ。

 あぁ見て、あぁ見てぇ、はしたない、はしたない、あぁイク!マンコイク!けつマンコイク!マンコイク!けつマンコイク!
 あぁイ~わぁ、あなたの女にしてぇ、オマンコ女にして、あぅぅ、あぁイ~、マンコイ~、チンポ気持ちイ~。
 マラ、マラチンポ、マラチンポいぃわぁ
 ハメてるとこ見てぇ、オマンコ穴見てぇ
 マンコ、マンコイク!イクけつマンコ!けつマンコイク!
 オマンコイク!オマンコイク!けつマンコイク!あっあ、マンコマンコ!










 

84tkbokd127pl.jpg   数量限定】ドM男の娘 肉便器 朝日みくる パンティと生写真付き


薄汚れた公衆便所で身動きとれないように拘束された…美しい男の娘!密室の空間で次第に自我が崩壊していく!敏感すぎる肉体はさらに過敏となり、男の肉棒を求め続ける!あらゆる性欲をしっかりと処理する肉便器と化す!完全な天性のドMがその被虐性を存分に発揮!手加減のない責めでイキすぎ…イキ地獄!超絶快楽主義!!























84tkbokd128pl.jpg   数量限定】私のお口とケツマ●コにあなたのオチ●ポミルク射精してくれませんか? 橘芹那 パンティとチェキ付き

女性よりもいやらしく女性よりも美しいニューハーフ「橘芹那」が自ら男を狩りに行き、プロ男優とのSEXを見せつけて誘惑。素人さんが勃起したのをいいことにお口でじゃぶじゃぶしゃぶり付き、口内発射。それでも満足できない芹にゃんはケツマ●コで素人さんのオチ●ポを咥え込み、自ら生挿入させ腸内発射の強要まで…。見ているこっちがハラハラしちゃう、美しすぎるビッチニューハーフ橘芹那の大暴走映像!



















23mnh00011pl.jpg   ニューハーフ調教

ニューハーフ上原のぞみをS気強めの千堂ゆりあが調教する。男を操り、その男と共にのぞみを責め立てる!女1人ニューハーフ1人男2人の4Pは驚愕!だが、のぞみも黙って犯られるわけではなかった…。


















1fset00064pl.jpg  ニューハーフ 美樹

カラダのラインも美しく、端正な顔立ちの超売れっ子ニューハーフ・美樹ちゃん。スタイル良し、おっぱい良し、感度良しと言うことなし!撮影前のハメ撮りで、アナルを突き上げられよがり狂う!粗相をしたバイト君にニューハーフ妻が強烈ピストンで中出し!若い男を誘惑して逆レ○プ!ハメてハメられてエロ度たっぷり、しかもめちゃカワイイニューハーフ美樹ちゃんを心ゆくまでお楽しみ下さい!



















250o2lnz7bbb.jpg  混沌王創世記・双龍 穴から這い出て来た男
  【無料・連載中】

異世界から、敵対する二人の王子が、神震ゴッド・クウェイクに弾き飛ばされ、地球の荒廃した未来にやって来た。
 王子のうち一人は、記憶を失なったまま、巨大防護シェルター外の過去の遺産を浚うサルベージマン見習いのアレンに助けられる。
 もう一人の王子はこのシェルターの地下世界・ゲヘナに連行され、生き延びるのだが、、。
 やがて二人の王子は、思わぬ形で再会する事になる。
 これより新世紀の創世に向けてひた走る二人の道は、覇道と王道に別れ時には交差していく、、長く激しい戦いの歴史の始まりだった。


















250bbbbdbhhfhrtrthtrtop.jpg  銀浪の飛沫は血、われ受肉して反転輪廻す 異世界・京奈夢華録
  【無料・連載中】


遠い未来、人類は環境汚染や多発する異常気象を止められずコクーンと呼ばれる地上珊瑚礁ドームに分散して細細と生活を送っていた。
 そこに他時空から、未来の地球の覇権をかけて『時の矢の種族』の侵攻が始まった。
 だがこの事を予見し、防衛策を施していた男がいた。
 男の意志を引き継ぎ『時の矢の種族』最強の女戦士と融合した映画屋・獅子吼響児と、彼の支援者である金髪令嬢ギラの運命は、過酷なものとなった。
 そしてさらに彼らの運命は、過去の平行世界における同時存在者達によって、大きく書き換えられていく事になるのだった。

※この作品は過去と未来を繰り返す二部構成になっています。又、性的な過激表現も一部、含まれています。それらをご承知の上、お楽しみ下さい。

















250KcL1qdd7w.jpg  アンプラグド 接続されざる者
  【無料・連載中】

近未来、世界中を覆う巨大な疑似仮想空間ネット・Ωウェブが隆盛を極め、時代はさらに最先端の仮想空間創造技術を求めていた。
 そんな中、内乱の続くバタラン共和国の政治リーダーであり思想家でもあるアッシュ・コーナンウェイ・ガタナが、Ωウェブの中で殺害されるという事件が起こった。
 統治補助システムであるコンピュータプログラム・ビッグマザーはこの事件を、従来の捜査体系に当てはまらないジャッジシステム案件であると判断し、その捜査権限を首都・泊居(トマリオル)の市警刑事部長岩崎寛司に委ねた。
 時を同じくして保海真言は、Ωウェブの中心技術を開発した父親から奇妙な遺産を受ける事になっていた。
























雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/09/15(土) 07:00)

 サマー・アイズ

otakunoie440.jpg

 今日はmayuです。
 お盆を挟んで、こちらのブログにはchika姉様もmayuも少し、ご無沙汰でしたね。
 二人とも、ちょっと色々、事情が重なっていたみたいです。
 今は、chika姉様も本業と、趣味?のWeb小説執筆を再開、mayuは相変わらず女装道からはかけはなれた仕事の毎日に戻ってます。
(あ~っ女装にどっぷり浸かっていた日々が懐かしい。)
 そういう事で、今回は少し昔の仕事にまつわった夏の思い出話をご披露いたします。

14tcd00199.jpg


 mayuの職場に最近、新しくアルバイトの専門学生が入った。
 店舗は駅直結のビルに入っているが、更衣室はビルの地下にある。
 その専門学生(太田君)は19歳でルックス的にはあっさり系の整った顔で、スリムな外見だ。
 面接に来た時は、「イケメンだな~…mayuのタイプだ!女性客にも人気が出そうだな…」と思った。
 勤務条件もクリアーしていたので、超人手不足だったこともあり、即決採用にした。

 最近の日常は、ごく平凡で、店長として忙しく働く毎日を過ごしていた。
 太田君が入店してくるまでの公休日の過ごし方は、chika姉様との交流がない時は、性処理の為だけに時々掲示板を利用したり、有料ハッテン場に行ったりしていた。
 女装子仲間達ともそういつも好きな時に遊んでいられるわけではないし、女装をして男を喰うのも手間を考えると時々億劫になる。
 太田君と出会ってから1度も性処理の為だけに男とは寝ていないことに気がついた。
 太田君がゲイなのか、ゲイだとしてもmayuのことをイケる相手として受け入れてくれる確信なんてなかったが、mayuの頭の中には彼と出会ってから太田君しか存在しなかったのかもしれない。
 恥ずかしい話ですが…太田君が入店して以来、mayuは何度も太田君でヌいた。
 そしてまさか太田君と理想的な関係に進展するなんて、夢にも思っていなかったのだ…。

13tcd00199.jpg

 今現在、1つだけ太田君に聞けずにいることがある。
 太田君が入店してすぐのことだったと思う…更衣室で太田君が制服を着たまま携帯を見ながら、あの大きなペニスを出してシコッていたことがあった。
 あの時の衝撃と興奮は今でも忘れられない。
 あの時、太田君がイク瞬間に「店長…」と言ったように聞こえた。
 その真偽も不明だが、太田君があの時携帯で何を見ていたのかがmayuは気になっている。
 太田君が入店してきて間もないあの段階で、太田君の携帯にmayuの画像なんて入っているはずは無いと思う。
 太田君がヌく材料になるmayuの画像を持っているのか…?。
 気になることだが、mayuはこのまま太田君には聞かずにおこうと思う。
 mayuがベッドから起き上がると太田君も目を覚ました。
 一瞬太田君と目が合った。

12tcd00199.jpg

「あっ…店長…おはようございます。」
「おはよう。」
 太田君は自分が全裸状態であることに気がついたのか、慌ててシーツを自分のペニス周辺に掛けた。
「太田君、コーヒー入れるよ~。」
「ありがとうございます。」
 mayuはボクサーを履いてキッチンのコーヒードリップのスイッチを入れた。
 テレビのスイッチを入れて、コーヒーが出来るのを待った。
 ベッドの上から太田君がmayuを見ていた。
「店長…ボクサーからはみ出しているから履いている意味ないですよ~。なんだかエッチですね~。」
「そっかぁ?起きたばかりだし…勃ってるのは仕方ないよな~。」
「えーっ?起きたばかりだからですか?」
「そうだよ。太田君も勃ってるだろ~?」
「はい…さっきまでは起きたばかりだから勃ってたけど…今は店長を見て勃ってます…」
「嬉しいことを言ってくれるな~。mayuも太田君の寝顔と全裸を見てたから勃ちっ放しだよ。」
 コーヒーを持ってベッドへ戻り、飲んだ。
 mayuが太田君のシーツを捲ると、太田君のペニスはビンビンに勃起していた。
 もちろんmayuのペニスもビンビンだった。

11tcd00199.jpg

「こうやって明るいところで見る太田君の体、きれいだね。改めて見るとココ(ペニス)もエロいね…」
 mayuは太田君の勃起したペニスを握って言った。
「店長のモノもですよ…。かっこいいし…。」
 mayuは太田君にキスをしながら、太田君の大きいペニスをしごいた。
 太田君もmayuのペニスに手を伸ばしてきた。
「店長…気持ちいい…。店長の…すごい…」
「太田君のモノもすごいよ…。」
「店長…コレ…欲しいです。」とmayuのペニスをポンポンと叩いて言った。
「あっ…スキン…無いや…」
「店長なら…生でも…。」
「ダメだよ…。大切なヤツだからこそちゃんとスキンしなきゃ…」
「大切?」
「うん。」
「ありがとうございます。」
「なんだか他人行儀な言葉使いだな~。まぁ、いいけど…。」
「じゃ…また舐め合って…。」
 お互いの勃起したペニスをしゃぶり合った。

 明るいところで太田君の大きいペニスを舐めるのはすごくエロく興奮した。
 太田君が「店長…」と言うと同時に射精した。
 mayuは突然過ぎて驚いたが、嬉しかった。
 太田君は射精した後もmayuのペニスを舐めながら手で竿をしごいてくれた。
 mayuもすぐに太田君の口の中に射精した。
 時計を見ると3時過ぎ。
 2人でシャワーを浴びた。
 シャワーを浴びながらキス…ビンビンのペニスをしごき合い…。
 太田君はまた射精した。
 その後、体を拭いている間も太田君のペニスは勃起したままだった。
 もっと2人きりで居たかったが、出勤の時間が近づいていた。
 mayuは太田君と車で店に向かい、店の近くで太田君を下ろした。

10tcd00199.jpg

 mayuが出勤して、1時間後…太田君が出勤してきた。
 太田君と時々目が合った。
 アイコンタクトで会話しているかのような感じで嬉しかった。
 太田君の休憩時間に合わせて、mayuも短い休憩を取った。
 更衣室で話した。

「なんだかドキドキしたよ…。みんなにバレないか…」
「僕も…。でも嬉しいな~」
「あっ…出勤までの1時間、何していたの?」
「うーん…秘密です。」
「何していたんだよ~?」
 太田君がロッカーを開け、カバンから何かを持って来た。
「コレ…買って来ちゃいました!」
 差し出した太田君の手のひらにはスキンの箱があった。
「コレがあれば店長と1つになれるでしょ?」
「サンキュ。」
 mayuはキスをして店に戻った。

9tcd00199.jpg

 日曜日の出勤時、わずかな休憩時間に太田君と更衣室で2人きりになれた。
「早くまた2人で過ごせるといいな~。僕、毎日、あの日の店長とのエッチを思い出して…セルフしてます。」
「mayuも太田君で2回…。」
「本当ですか?僕で?あぁ…嬉しいな~。」
「近々、また部屋においで。」
 mayuと太田君はキスをして、制服のスラックスのファスナーを下ろして、勃起したペニスを出して、お互いの竿をしごき合った。
 射精するまでの時間はなかった。
 休憩時間が終わって、業務に戻った。
 太田君も学業とバイトで忙しく、mayuも店長として店舗を回さなければならない。お互いプライベートで会う日がなかなか無いが、太田君と今の関係になれたことに感謝している。

 太田君がシフトに入ったのは8/10の金曜日。 
 太田君は17時~23時の勤務。
 この日はシフトが埋まっていたので余裕を持って店を回せた。 
 客入りは平均的だった。
 バイトスタッフ達にも45分の休憩をしっかり取ってもらえた。
 太田君が休憩に入った時、mayuも休憩を取った。
 更衣室でドリンクを飲みながら、わずかな2人きりの時間を過ごした。
 mayuは店を出て、太田君と地下の更衣室に向かって歩いている時には既に勃起していた。
 地下へと降りる階段で太田君が「店長…僕、勃っちゃって…」と言った。
 mayuも「mayuもだよ…」と言った。 
 急ぎ足で更衣室に向かった。
 いざ更衣室で2人きりになるとなんだか照れくさく、ドリンクを飲み干した。
 45分という短い休憩時間を壁に掛かっている時計を気にしながら、mayu達は椅子に座ったままキスをした。
 そして自然とお互いの制服のスラックスの上から勃起を握り合った。

8tcd00199.jpg

 時間が無いのは分かっていたが、我慢が出来ずにmayuは太田君のスラックスのファスナーを下ろして、太田君の勃起ペニスを出した。
 上反りぎみにそそり立った太田君の大きいペニスを生で握った。
 太田君もmayuのファスナーを下ろして、mayuの勃起を握り、ゆっくりしごいてくれた。
 既にお互いの勃起したペニスの先っぽは先走りでヌルヌルだった。
 チラッと時計を見ると、あと10分ほどしか時間がない。 
 店に戻る時間を考えると数分しか更衣室には居られない。
「太田君…もう時間がないよ…」
「あっ…本当ですね…」
「ゆっくりデキなくてゴメン…」
「店長、謝らないで下さいよ…。」
「ボクサーに先走りが付いちゃうから、少しだけフェラしてきれいにしよっか?」
「はい…」

 mayuは太田君の大きいペニスを軽くフェラした。
「あぁ…店長、気持ちいい…」
 先走りをきれいにするどころか、太田君の先っぽから更に先走りが溢れてきた。
 太田君もmayuのペニスを舐めてくれた。
 お互いのペニスの先っぽは先走りでヌルヌルのままだった。
 仕方なく内線電話の横にあったボックスティッシュを取って、お互いの先走りを拭いた。
 もう時間がない。
 そそり立ったお互いのペニスを制服のスラックスに押し込んで更衣室を出た。

「僕もだけど…店長、すごいモッコリが分かりますよ。」
「本当だな~。太田君も竿がくっきりだよ~。」
 店に戻るとすぐに太田君とmayuはエプロンを緩めに着用して勃起を隠した。
 23時になり、太田君は先に上がった。mayuは他のスタッフとラストまで勤務した。
 16日と17日は太田君はシフトに入っていなかった。
 なんとも淋しい2日間だった。

7tcd00199.jpg

 18日の土曜日、太田君は15時~21時のシフト。
 2日ぶりの太田君の笑顔、爽やかな接客を見ているとmayuは個人的にも店長としても嬉しかった。
 実際、太田君目当てと思える女性客も多い。
 16時過ぎ、mayuは週明けの食材の発注の為に店舗裏の倉庫に在庫確認に行った。しばらくすると、太田君が倉庫にやって来た。


「店長、ドリンクのストロー、何処にありますか?もう残り少なくなってますけど…」
「入り口横のダンボールに入っているよ~。今日は土曜日で忙しいだろうから、2袋持っていってよ~!」
「はい!」
 太田君がストロー2袋を持って、奥に居るmayuの方へと近づいてきた。
「今日、忙しくなるなら休憩取れないですよね?」
「うーん…出来るだけ皆の休憩回すつもりだけど…」
「もしバタバタして休憩取れないと…店長と2人きりになれないですね…」
「そうだな…ゴメン。」
「店長、すぐに謝るんだから~。じゃ、今のうちに今日の分のキスしたいですね…」
 mayuは発注書を棚に置き、太田君を抱き寄せてキスをした。
 太田君が舌を絡ませてきた。
 mayuが「あんまりキスすると…ココが大きくなるよ!」と言いながら太田君のスラックスの上からペニスを触った。
「もう勃っちゃってますけど…。」
 確かに太田君のペニスは勃起していた。
 更に太田君がキスをしてきた。

6tcd00199.jpg

「店長、早くゆっくり過ごせる日が来るといいですね…」
「そうだな。mayuも太田君と一緒に居たいよ…。そろそろ戻らないと皆に怪しまれるよ。」
「はい…。」
 太田君は店に戻った。
 18時前から怒涛の忙しさだった。
 気がつくと太田君が上がる時間になっていた。
 バイトスタッフ全員が休憩も取れないほどだった。

 19日の日曜日。
 太田君は17時~22時のシフト。
 太田君が出勤して来た時には既に忙しく、バタバタしていた。
 19時出勤の男子大学生のスタッフから電話が入った。
 体調不良で休みたい…との連絡だった。
 忙しく長電話している時間もなく、この段階で代わりのスタッフを探す時間もなかったので、とりあえず休むことを了承した。
 21時過ぎまで客入りは激しく続いたが、その後は落ち着いた。
 そして大学生スタッフの代わりに太田君にラストまで残ってもらうことにした。
 23時には店内も落ち着いたので、お客さんには関係ない所だけを少し早いがクローズ作業を始めた。
 定時には余裕で全ての作業が終わった。店のシャッターを下ろし、ラストまで残ってくれた女性スタッフと別れて、mayuと太田君は更衣室に戻った。

5tcd00199.jpg

「お疲れ様!残業になってしまったね…ありがとうな」
「お疲れ様でした。○○さん、体調不良なら仕方ないですよ。でも、こうして店長と2人になれたから…嬉しいです。」
「ありがとう。」
 mayuと太田君は制服のシャツを脱ぎ、ドリンクを飲んだ。
 mayuは自分と太田君のシャツをランドリーボックスに入れに立ち上がった。
「あっ、すいません。ありがとうございます。」
「おっ!いいよ。新しいシャツ、クリーニングから返ってきてるからね。」
「はい。」
 太田君がニコニコしていた。

「やっぱり店長、かっこいいですね。上半身裸の店長、なんだかエロいです!」
「そっか~?」
「はい…エロいです!引き締まった体で…」
「そんなことないよ~。最近は全然鍛えてないし…」
「ちょうどいい感じですよ~。あんまり鍛え過ぎてムキムキだと…ちょっとって感じになるし、ガリガリでもなく…ちょうどいいです!」
「そっか~。」
「店長、明日は公休日ですよね?」
「そうだよ。太田君は学校なんだろ?特別なんたらとか言う、自分で希望するなんて偉いね」
「はい、午前中だけです。バイトは入ってませんけど…」
「そっか~。」
「店長、これから店長の部屋に…」
「mayuは嬉しいけど…明日の学校、大丈夫?」
「はい!1日くらい寝なくても大丈夫です!」

4tcd00199.jpg

 mayu達は急いで着替えて、車で部屋に向かった。
 部屋に着いたのは午前1時過ぎだった。
 改めて2人きりの空間にmayuは少し緊張していた。
 恐らく太田君も緊張していた様子だった。
 お互いの頭の中には…いよいよ…ってことがあった。
 太田君もいつもより無口だった。

 リビングで太田君を抱き寄せてキスをした。
 すぐに太田君の手がmayuのスラックスの上からmayuのペニスを握ってきた。
 mayuも太田君のペニスを握る。
 デニムの中で太田君のペニスもギンギンに勃起していた。
「太田君、今日、いいの?」
「はい…でも…洗ってないから…」
「じゃ、シャワー浴びよっか?太田君、先に…。」
「一緒がいいです…」
「mayuも一緒に入りたいけど…洗うのに恥ずかしくないの?」
「あっ…そうですね…。店長、優しいですね…」
 太田君が浴室に行った。
 mayuはバスタオルを持って脱衣場に行った。
 太田君が服を脱いでいた。
 デニムを脱いだ太田君のボクサーからあの大きなペニスがはみ出していた。

3tcd00199.jpg

 しばらくして太田君がシャワーを終えてリビングに来た。
 腰にバスタオルを巻いていた太田君…ペニスはバスタオルを持ち上げるように勃起していた。
 mayuもシャワーを浴びた。

 リビングにはバスタオル1枚の太田君が座っていた。
 テーブルの上にはスキンの箱が置いてあった。
 mayuはスキンの箱を手に取って、太田君の肩を抱き、寝室に行った。
 そのままベッドでキスをした。
 お互いのバスタオルはすぐに剥ぎ取られ、ギンギンにそそり立った太田君とmayuのペニスを重ねた。 固く勃起したペニスが擦れ合う音とキスの音だけがしていた。

 お互いの気持ちを確かめ合うように、自然とお互いのペニスを握り、しごきあった。
 そして太田君がmayuのペニスを丁寧に舐めてくれた。
 mayuも太田君の首筋から乳首を愛撫。
 太田君は優しい甘えたような声で悶えていた。
 mayuが太田君の大きいペニスをしゃぶり始めた途端、「あぁ…店長、イッちゃいます…」と言って、太田君が腰を引いた。
 mayuは太田君が射精せずに済んだことを手で確認してから、太田君の穴を愛撫した。
 舌で太田君のヒダを舐めて、ゆっくり舌をヒダの奥に入れていくと、太田君の穴がヒクヒクと動いた。
 ローションをmayuの指と太田君の穴に塗り、ゆっくり太田君の穴に指を入れた。
 締まった太田君の穴が徐々に広がって、mayuのペニスを受け入れる準備が出来た。
 mayuはスキンを着け、太田君の穴にギンギンに勃起したペニスを当てた。

2tcd00199.jpg

「太田君、いい?入れるよ…」
「はい…店長…」
 mayuはペニスをゆっくりと太田君の穴に挿入した。
「あぁ…あぁ…すごい…店長の…気持ちいい…」
 太田君の体がわずかに震えた。
 mayuはゆっくり腰を動き出した。
 太田君はバイトの時の爽やかな声とは違う〔男の悶え〕の声を上げていた。
「あぁ…店長…店長…ソコ…気持ちいい…」
 mayuは徐々に早く激しくペニスを太田君の穴に突き刺していった。
 太田君の穴がmayuのペニスを締め付ける。
 mayuがグゥーとペニスを根元まで入れた瞬間、太田君のペニスからピュッ、ピュッ、ダラダラとすごい量の精子が溢れてきた。
「あぁ…気持ちいい…店長…もっと…」
 mayuはそのまま太田君の穴を犯し続けた。
 太田君のペニスは大量に射精したにもかかわらず依然とビンビン…。
 mayuはペニスを突っ込んだまま太田君の体の向きを変え、バックから突いた。
 mayuが激しく突く度に四つん這いになった太田君の腹に太田君のペニスがパチンパチンと当たる音が響いた。
 mayuはペニスを穴に入れたまま、後ろから太田君のペニスをしごいてやった。
「店長…ダメ…また出ちゃう…あぁ…出るっ!」
 太田君は二度目の射精をした。
 mayuはペニスを突っ込んだまま騎乗位に。
 太田君がmayuの上で腰を動かす。
 太田君のペニスはまだそそり立ったままだった。
 下から見る太田君のそそり立ったペニス…圧巻なくらいエロい!
 そして再び正常位。mayuは太田君にキスをしながらガンガンに突きまくった。
 太田君は聞き取れない言葉を発しながら悶えていた。
 太田君のペニスをしごきながら、mayuはピストンし続いた。
 そしてmayuも太田君の穴の中で初めての射精をした。

1tcd00199.jpg

 mayuが射精している時、「店長…すごい…イクっ!」と太田君も射精した。
「店長…しばらくこのまま…」
 mayuはペニスを穴に入れたまま、太田君を抱きしめキスをした。
「嬉しいです…今、僕と店長、繋がっているんですよね…店長の…大きくて固くて…」
「そうだな…繋がっているよ…mayuのペニスが太田君の穴に入っているよ…」
 その後、相当長い間、mayuのペニスは太田君の穴に入ったままだった。
 mayuがペニスを抜き、スキンを外し、ベッド脇のライトを点けた。
 シーツには予想以上に大量の太田君の精子が飛び散っていた。
 mayuは太田君がこんなにも感じてくれたんだぁ…と思い、嬉しかった。
 しばらくベッドでイチャイチャして、一緒にシャワーを浴びた。
 朝7時過ぎ、太田君は特別授業があると言って学校の為に身支度を始めた。
 こういう時も、ちゃんと学校に行く太田君がmayuは好きだ。
 










tcd00201pl.jpg   変態オトコノ娘 射精(イキ)まくり4SEX 胡桃レイ

胡桃レイは普段から女装して生活するオトコノ娘。白肌にピンクの乳首…下手な女より全然可愛いのに…股間には立派なチ○ポがそそり勃つギャップがたまらない!そんなレイの4SEXはどれもハードでド変態。巨根男とチ○ポしゃぶり合い、アナル生中出しに喘ぎ、M男を突きまくる逆アナルSEXと…計7発のザーメン射精!本作の見どころはレイのセルフ顔射。自分の顔にぶっかけるほど射精力のあるオトコノ娘…見たことあります?



















oppw00020pl.jpg   お●ん娘せっくしゅ ~爽やか美少年は本当はすぐスイッチ入っちゃうメス度高めな男の娘~ 雨音いつき

爽やかな少年の奥にイヤらしい雌を隠した男の娘いつき君。勃起したチンコを見ると発情してメスモード突入!自ら貪欲に求め小柄な身体と女の子みたいな声で快感を貪ります。乳首刺激で敏感になったアナルを犯されながら電マの刺激でドピュドピュ真っ白ザーメンを噴出しちゃうエッチな男の娘です!


















oppw00019pl.jpg   お●ん娘せっくしゅ ~透明感抜群な男の娘はちょっと弄られるだけですぐ透明汁溢れちゃう~ 白井かなた

少女のような透明感あふれる男の娘「白井かなた」デビュー!女の子さながらの滑らかで曲線的な身体に綺麗な15cmのち●ぽ!アナルは初めてなものの素質ばっちり!指に吸い付く柔らかアナルにバイブをぶち込まれても綺麗なおち●ぽはギンギン。初めてなのにいっぱい掘り込まれながらドロドロ精子を大量発射しちゃうちんぽ大好き男の娘になっちゃいました。




















118prb00036pl.jpg   おち○ぽミルクがいっぱい出る女装子・さくら

ドクドクッと大量にぶちまけるものすごい射精の連続!chapter1美少年から美少女へ…。メイクが進むにつれて女の表情へと変わっていくさくらちゃん。感じやすいカラダをじっくりといじめられ、限界まで高まった性感が大量射精を呼び込む…!!chapter2さくらちゃんが完全主観視点であなたに迫る!しなやかなスレンダーボディとエロテクでフル勃起必至!ガマンできないさくらちゃんは自ら腰を振りながらものすごい量の精液を発射してしまう…。chapter3初めて見る巨根に興味津々のさくらちゃん。じっくりフェラで味わった後は感じすぎるアナルにブチ込まれて激しいピストンに絶叫!

















tcd00200pl.jpg   生粋の女顔ニューハーフの童貞喪失ドキュメント 如月じゅり 波多野結衣

ド変態ニューハーフ・如月じゅりは、男性経験は100人以上でも女性経験はゼロ。そんな彼女の童貞を奪う本企画で筆下ろし役をするのはNHが大好物のAV女優・波多野結衣!じゅりのペニクリをフェラと手コキで射精させ優しく挿入して筆下ろし。初めての女性マ○コが相当に気持ち良かったのか腰振り止まらずそのまま快楽射精するじゅり。女に犯され4回も射精し、童貞喪失SEXを経験してますます変態さに磨きがかるのだった…。





















雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/09/01(土) 08:09)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア