FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 Painted Skin
080905_huapi_gangban.jpg

 『中国妖怪人物事典』などによると、中国には画皮(ガビ )と呼ばれるモノがあり、一つは、人間の皮を使って行なう妖術のことをさし、呪詛をかけるときに人間の皮を祭壇の上に置けば、その呪詛がよく効いたという。
 また、人間の皮に化粧を施し、それをかぶって美女に化ける鬼もいたそうである。
で、この鬼の方の「画皮」が、中国において豪華キャストで映画化されたらしい。
 chikaは中国映画に全然詳しくない人なので、この映画の値打ちはまったく判らないんだけれど、それを敢えてここで取り上げるのは「人間の皮に化粧を施し、それをかぶって美女に化ける」ことにエロチシズムを感じたからだ。
 画皮(ガビ )などのファンタジーの構造を、蝦頭流に小難しく分析すると、「賤」なる者が、「貴」なる者の表層を真似て「貴」を偽る行為の物語化だと思う。
 画皮(ガビ )は賤なる者の「貴」への挑戦であり、冒涜でもあって、これはサディズム(裏を返せばマゾヒズム)と通底する感覚であると思う。
 画皮に引き寄せられるこの嗜好は、トビー・フーパー監督の「悪魔のいけにえ」で、囚われの美女が、はぎ取られたばかりの自分の恋人の顔の皮を被せられるシーンに興奮した変態マインドの持ち主chikaとすれば当然過ぎる結果なのだけれど。

 ここで一応、映画『画皮』の正式なご紹介
  「画皮」は、中国の古典小説「聊齋志異」の中にある怪談を映画化したもの。
夫婦役のヴィッキーとチェン・クンのほか、アクション映画の大御所ドニー・イェン(甄子丹)や、ジョウ・シュン(周迅)、スン・リー(孫儷)ら豪華キャストが話題になっている。
 映画では、将軍役チェン・クンの貞淑な妻を演じるヴィッキー。
女狐の妖怪、ジョウ・シュンに誘惑される夫を必死に取り戻そうとする一途な役。
怪奇、ファンタジー、ロマンスと、多くの顔を合わせ持つ話題作品「画皮」は、中国で9月28日から公開予定。先日、「画皮(Painted Skin)」の予告編とポスターが上海国際映画祭で公開された。




 ユーツベで見る限り、問題の皮を脱いだりするシーンは映画「コクーン」で宇宙人が地球人女性の人体スーツを脱ぐ場面とそう変わらず、『画皮』自体がこの映画では重要ではなさそうだ。
(勿論、これは当たり前と言えば当たり前なんだけど、映画マトリックスとかで登場するフェテッシュなコスチュームが実はかなり監督の中では比重が大きかったりするのと比べると、「性」の捉え方の差が感じられて面白い。ちなみに『画皮』はかなりエロチックな映画なのだそうだ。)

n_604kwx330rps.jpg  「悪魔のいけにえ」の話が出たので、今日はそちらの方もchika的な感想を書いておきたい。
 とゆーのはこの映画以降、本当に「怖い」と思ったホラー映画に出くわさないからだ。
 勿論、グロさで「怖い」と思わせるものはいくつかあったのだけれど、悪夢にうなされ目が覚めてから「本当に夢でよかった」と思わせるような、心理的圧迫感のあるビジュアルはchikaにとって、後にも先にもこの一本しかなかったように思う。
(勿論、もう一度見て同じ感覚になるかどうかは別の話。)
原題は【THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE(テキサス電ノコ大虐殺)】なんですが、題名が示すような血しぶき内蔵ドロドロのスプラッターではない。
 理解不能の狂気の世界に密閉される絶望感、不快感、そして淀みきった空気。血は実はほとんど映らないのにスクリーンを見つめる者の想像力だけで怖がらせる映画が「悪魔のいけにえ」。
 


chikaputonmask.jpg 「テキサスで墓荒らしが相次ぐ」というニュースが全米を震撼させていた。死体の一部分だけを持ち去るという異常な事件である。

  その頃、サリー、ジェリー、パム、カークの仲良し若者4人組は、サリーの兄で脚が不自由な為に車椅子に乗っているフランクリンとともに、旅行を兼ねてサリー兄妹の祖父の墓の様子を確認するドライブに出ていた。

 祖父の墓は無事で、ぬけるようなテキサスの青空のもとドライブを続けていた彼らだが、墓地の少し先で怪しげなヒッチハイカーを見かける。
 薄気味悪いという者もいたが、この日は酷い暑さで炎天下、彼を放っておくのも気の毒だと、親切な彼らはその男を乗せた。

 精肉が家業だという男と、祖父が精肉屋だったフランクリンは家畜の屠殺方法で楽しげに盛りあがっていた。女のコたちは明らかにその話題をイヤがっていたが・・・。

 やがて男は、その狂気を露見させはじめ、ナイフで自分の掌を切りつけたり、勝手に写真を撮って売りつけようとして拒否され車中でその写真を燃やしたり、あげくの果てにはフランクリンの腕を切りつけはじめる。
 若者たちはパニックに陥りヒッチハイカーを放り出す。

 幸いフランクリンの傷は深くはなかったが、当然車中の空気は暗澹と・・・。星占いに凝っているパムが、次々に不吉なことばかり言い皆の不安を否応なしにつのらせるだった。

 フランクリンの怪我もあり早々に帰ろうとガソリンスタンドで給油しようとする彼らなのだが、なにしろ僻地である。
 ガソリンスタンドであるのにガソリンがないという。給油が今夜か明日になるし、バーベキューを振る舞うからここで待てと店主に言われる。
 しかし不安に取り憑かれている彼らは、フランクリン兄妹の生家が近くにあり、小川もあるのでそこで一夜を明かそうということにする。
 店主はこの辺りのもんはよそ者を歓迎しない、気をつけることだと含みをもたせた忠告をするが、フランクリンは「よそ者じゃない、自分の父の家だから、」と皆を急がせた。

・・みたいな感じで彼らはやがて恐怖の異次元空間に密封されていくわけですが、そうこのヒッチハイカーが「レザーフェイス」の弟なんですね。
 レザーフェイスって、、続編が出るたびにただの馬鹿になっていった人なんだけど、最初は「サイコ」や「羊たちの沈黙」などに登場する猟奇殺人鬼のモデルになったと言われる全米を震撼させた人肉愛好女装趣味で連続殺人鬼のエド・ゲインが原型な人物。
 chika思うに「お稚児さん」趣味のレザーフェイスとかだったらもっと極悪非道ぽかったかも。
 サリーに、お手製のとっておきのお稚児さんの人体スーツを着せて、サリーのアナルを犯しながら「これは本物じゃねぇ」とかウゥーウゥー喚き散らし壁に立てかけてあるチェーンソーに手を伸ばしてサリーの頭の天辺にその歯を当てて、一刀両断。
 断末魔に痙攣するサリーの女体(とゆーかアナル)を味わいながら「うぉ締まるぅ、きついぜぇ」・・・とか(汗)。
 こんなのをスラスラ書けるchikaも結構、鬼畜だけど、なぜ「お稚児」さんを思いついたかとゆーと「レザーフェイス一家」を見てると、なんとなくホモセクシュアルで構築されたような「家族」を連想させるのよね。

 これから紹介するのは、あるオムニバスホモビデオの紹介文、かなりぶっ飛んでてインパクト強いんだけど、ちょっと文章が乱れすぎてて、読みやすいようにchika流に手を入れてあります。
 まあこれ読んでレザーフェイス一家に流れている「血のにおい」をかぎ取ってもらえればと思います。

ferachika.jpg 


BeotyyJAo1_500.jpg  こわもてイモ野郎達がホモセックスの限界に挑戦。シーン1は人気急上昇中の丸刈りこわもて筋肉質兄貴のブランデン・デイビスと、雄々しいスキンヘッド剛毛髭熊ガタイのジェイク・ダコタがレザー姿でお互いを求め合い雄キス。
 鼻息も荒くヤル気満々のジェイクは、ブランデンの足元に膝まづいていきなりブーツ舐めの痴態をさらけ出す。
 そしてあろうことかハーネスごと引っ張り上げられて、ブランデンの上反り勃起にフェラ奉仕。
 チンポをムシャムシャ頬張り、それを口から放した時にネチョーっと糸引く唾がエロっ!
 そしてブランデンが便器椅子に腰を下ろすと、ジェイクが潜り込んで下からけつ穴舐め。
 赤い舌が兄貴の毛生えアナルに分け入っていく。もちろんブランデンの亀頭は上向きっぱなしのビン勃起だ。
 ファックはその便器椅子に手を付く前傾のジェイクが、後ろからそのビン勃起挿される立ちマン!
 ボンボン掘り込まれてモロ感ジェイクはイェェェー!
 今度は自分が便器椅子に座らされて、雄汁ドビャっとぶっ放すまで下から突き上げられる限界射精!
 最後は再び潜り込まされた便器椅子から出した顔に、ブランデンの雄汁上からぶっ掛けられる。まさに「無様な人間便器」こそが彼らのフェチ。

 短髪にして見違える程雄臭くなった筋肉兄貴クリスチャン・アレバレズと、角刈り小柄なバルキーマッチョ、トレイ・キャスティールのこだわりはラテックス。
 筋肉質な彼らの体にぴったりと張り付くユニタードはテラテラのゴム製だ。
 しかもトレイのウエアは前と後ろがパックリ開いててケツもチンポもモロ出して凄んげぇイヤらしい!
 ラテックスの上からオイル刷り込み愛撫して、クリスチャンの股間のモッコリもラテックス越しだとこれまたエローい。
 ヌメヌメの床に押し倒して組み合うドスケベなオイルレスリング。
 最後は力でねじ伏せたクリスチャンが上からトレイに唇重ねて、次のステージにもつれ込む。
 もちろん負けたトレイが、クリスチャンの雄マラしゃぶる口奉仕。
 ラテックスの横チンってのもいいっしょ。
 そして、クリスチャンがトレイの顔にまたがり上から差し込む口マンコ。
 本番は四つん這いのトレイを後ろからクリスチャンがファック。
 腰を回すグラインド利かせた荒掘りにトレイがウォっ!ウォっ!アー!といい声の雄鳴き。
 滑って前に行こうとするトレイの肩を掴んで引き寄せパンパンパン。
 対面で突かれながらチンポ擦ると、滑りがイイからあっという間にトレイが頂点。
 あーっ!あーっ!と痙攣しながら開いた脚を閉じると黒いラテックスの上に白ザーメンがドックドク!
 さらにその汁すくわれて、口に運ばれ自汁食い。
 掘りイカせたクリスチャンもトレイの黒ラテックスに上掛け散らして、最後までラテックスを脱がないし、体位を変える時もまた組み合う2人のこだわりっぷりがいい。

7grrgr.jpg  服従させられ玩ばれてぇのが、鉄パイプにモロ手を上げて縛られたスキンヘッドのボクトツ系スティーブ・カーリスル。
 スティーブは壇上に膝立ちの青い目の自然体毛スジ筋ブレット・マシューズのチンポを目隠ししたまま全部飲み込むディープスロート。
 今度は同じスティーブでもスキンヘッドのイカついガチイモ兄貴スティーブ・トレバーが登場。
 スティーブの尻の谷間に顔突っ込みケツ舐める3P。
 後ろからグイグイ押されてさらにチンポ食わされるスティーブの乳首はクリップ止め。そして上下入れ代わると、トレバーの長マラも喉をカホっと言わせる深いフェラ。
 ようやく手首のロープ解かれ自由になると、今度はマットに押し倒されて、アナルボールでケツ調教。
 連なるボールは後になればなるほど大きく広がる直径。
 一番デケぇのまでケツにぶち込むと、持ち手をトレバーがイヤらしくフェラ。
 呻くスティーブの顔に乗っかり、ケツ舐めさせながらうらやましそうに見ていたブレットが、トレバーに正面から犯され、スティーブのチンポ口に突っ込まれる本番。
 もちろん体重かけてドスドスとチカラ掘りされるブレットの前チンは全勃起。
 タチるトレバーの形相も凄げぇ!
 そして欲張りなブレットのケツには張り型埋め込みグリングリンとドリル掘り。
 まんま張り型でイカされちまうブレットはやっぱりケツモロ感。
 トレバーに熱いザーメン顔射されて、汚れた顔のままスティーブもシゴいて果てたぜ。

 フルフェイス髭の体毛兄貴スティーブ・クルーズは椅子に縛られ、今回はすっぽりと頭から革マスクかぶったブランデンと、青い目にプックリ厚い唇のボクトツ系青年パーク・ワイリーに2人係りで奉仕させる3Pが最後の締めくくり。
 身動きを封じられ、パークにチンポむしゃ食いされて、スティーブにはキス愛撫&乳首攻めされるともう堪んねぇ。
 そしてブランデンが後ろからスティーブの首に腕を回すと、おもむろに頭上に持ち上げたのが何と電動バリカン!
 ブーンと不気味な音立て、みるみるスティーブの頭を丸刈りにしていく。
 その間もパークに自分の勃起をガツガツしゃぶられっ放しって凄げぇ画づら。
 坊主にされたところで、パークとともにブランデンの股間に膝まづき、雄マラ2人で奪い合い挟み舐め。
 パークはブランデンの後ろに回りこんでケツ舐めて、ガタイ兄貴を前後からのサンドイッチ。
 そして本番はパーク、スティーブ、ブランデンの順で繋がる三連結。
 ボンボンと真ん中のスティーブが腰前後して、一番前のパークまでギッチリとイキり勃ちなのもいい感じ。
 そしてパークも椅子に前傾のスティーブのケツを掘り返すリバ展開。
 遠慮なくボンボン打ち込んで、最後は背中一面に撒き散らす抜きガケだ。
 そして再び膝まづくスティーブの顔にブランデンが汁ブッカケ。
 首を曲げて顔を逸らそうとするスティーブの頭を後ろからパークが両手で押さえ込むのもエロっ!男はやっぱりこだわりだ!

 って・・・どんなもんでしょ?chikaが倶楽部でやってることとあまり差はないんだけど、やっぱ「男の世界」って感じ?
 力・服従・征服・コンプレックス、それらみんながセックスと溶け合っちゃうんだけど、溶け方の問題なのよね。錬金術みたいだけど。
 溶かす順番を間違えるとレザーフェイスが出現したりして。

あっ、そうそう、今までのは全部chikaの妄想で、正式には「レザーフェイス一家」の由来とか諸々は、映画化されてるそうです。


 

n_623dabr0372rps.jpg 『テキサス・チェーンソー・ビギニング』はトビー・フーパーの1974年の暴力映画の古典『悪魔のいけにえ』の近年のリメイク『テキサス・チェーンソー』の前編で、現代の恐怖を性格づける、拷問や底なしの邪悪を強調する映画だ。
 予想できることだが、『ビギニング』はまさにこの通りの映画で、テキサス州のへき地に住むヒューイット家の物語を元にしている。
 段々と、見ている者は、ヒューイット家の人肉への嗜好や通りかかる若者たちをわなにかけることに強い好みを持つ原因は何なのか、そして、とりわけ、いかにして若いレザーフェイスが大好きな動力工具を選択し、他人の人肉でできた仮面をかぶるようになったのかを学んでゆく。
 ホイト役のR. リー・エーミーは、奇妙な権威者として非常に印象的だ。
 ホイトは型破りの手段で烙印をつけられた法執行者で、今はテキサス州の人食いたちに特別の食事を提供している。
 フーパーのほかの2つの「虐殺」映画よりははるかに面白みが少ないが、『ビギニング』(フーパーは制作者の一人となっている)は、フーパーが監督した映画に対する賛辞というよりも、このシリーズをさらに残忍にして継続させたものと言える。

 まあ、こーゆーのは、夢を壊すようで(どんな夢や)あまりお勧め出来ませんが、前作で、彼氏の生皮を被ったレザーフェイスの姿を主人公が見てしまうシーンの代わりに、生皮をはがされた彼氏の姿を見てしまうシーンがあるそうなので、これが、あの恋人の皮を被せられるシーンにつながるなら見てみたいかも、なんて・・・ああ、chikaってつくづく変態ですね。








hmc00001pl.jpg美 少年ハルキ

 中毒患者のように恍惚の表情を浮かべるハルキ…もう普通の世界には戻れない。ハメられる喜びを覚えてしまったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24avgp021pl.jpg 
ま●こを履く少女 -純真無垢なるフットファック-

人気絶頂ロリ女優・河愛杏里ちゃんの華奢で可憐な拳が、長身淫乱美女・藤谷リリのワレメに吸い込まれていく光景だけで驚愕するのはまだ早い!!感極まるあまり、リリの肉欲は、杏里の細く伸びた脚にまで及び、未知の快感領域・フットファックへと進んでいく…。前代未聞の足姦レズプレイを、貴方は目の当たりにする事となる!! 

 

 

 

 

 

 

 

187snz00001pl.jpg SM COUNSELING STYLE 楓響

今日は自分の真の姿を告白して、相手に見せよっか。彼氏とのSEXはノーマルなの?じゃあ、彼氏見ててね、彼女の別の顔を…。スタイル抜群で超過激な女王様!!エピキュリアンな人々をSMトライアングル調教!!

 

 

 

 

 

 

 

 

13ulx05pl.jpg シーメールジャック VOL.5

大人気専属シーメール‘MONA’第3弾!今回は、今までのソフト路線からハード路線へ!といってもイジメてメス犬扱いするワケではございません。ラブホの待合室で大声で卑猥な言葉を叫ばせたり、目隠し&拘束で数人で筆イジリされたり、変態女装マン‘ジュンコ’と絡んだり、複数電マで責められた後にマワサレて顔面大量ぶっかけ!!…等々、盛り沢山でアナタをジャック!!


映画 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:9
(2008/11/08(土) 06:15)

<<ミニスカートの裏側に大量のザーメン | ホーム | オマンコの中からチンポが生えてきた。>>

コメント
 
ご近所のTUTAYAが半額レンタル中なので、
「悪魔のいけにえ」を探しに行ったたら貸し出し中だったので、
「テキサス・チェーンソー」を借りました、

ホラーにしては「テキサス・チェーンソー」かなり気軽に見れる感じのでした、紅茶でも飲みながらみたいな、

「テキサス・チェーンソー」にはchikaさんが「悪魔のいけにえ」で見た、皮かぶりはえがかれてませんでした、
chikaさんが「テキサス・チェーンソー」見たらがっかりすると思いますよ、

あ、でも一緒に「ま・こを履く女」借りました、
こっちの方が夢に出てきそうv-421
URL | はつかはジャスコ #- | 2008/11/09(日) 17:58 [ 編集 ]

 
昔、IWAジャパンにレザーフェイスってレスラー居たっけ
URL | もりひろ #- | 2008/11/09(日) 18:46 [ 編集 ]

 
はつジャスさん「ま・こを履く女」と「チ・ポを刺す女」どっちが美味しい選択?chikaは結構逆アナル得意だったりします(笑)。
もりひろさんは相変わらずスポーツ(格闘技?)ネタに強いですね。さすがは元お相撲さん。最近はメダリストがプロ格闘家になるってゆー風潮もなんとなく判ります。
URL | chika #- | 2008/11/15(土) 14:51 [ 編集 ]

 
「悪魔のいけにえ」のサリー役を演じた女優(マリリン・バーンズ)が引き続き出演しているフーパー監督の「悪魔の沼」は観ました?
こちらの彼女が超色っぽいですね。黒いガムテープで口をふさがれ、手足をベッドに縛られた白いキャミソール・フレアパンティ姿の彼女が、必死にもがき、泣き叫ぶ姿はそそられますな~。(裸よりも下着姿のボンデージが好きなほうで)。
URL | 通行人A #- | 2009/04/03(金) 17:45 [ 編集 ]

 
初めまして通行人Aさん。「悪魔の沼」は知りませんでした。ネットで見てたら、この映画、ある意味フーパー監督らしさは「悪魔のいけにえ」以上だとか。フーパーって加害者と被害者、どちらの側に立って作品を作っているんでしょうね(笑)
URL | chika #- | 2009/04/05(日) 15:40 [ 編集 ]

  マイナー変態映画ですが、おすすめです
「悪魔の沼」は未見ですか。
マリリン・バーンズ扮するフェイは家族で泊まったモーテルの変態オヤジに狙われた若奥さん。浴室で服を脱いでいたところを襲われ、ベッドに縛り付けられ監禁されます。彼女は幼い娘の母親という設定のため、「何も知らない美人ママが、下着姿での強制ボンデージで汚される」みたいなアブノーマル感が漂います。
もがいてもほどけない縄にいら立ちながら、美しい肢体をくねらせ(ちなみに、これはセックスしている時の肉体の動きらしい)、ふさがれたガムテープの下から黄色い悲鳴を上げ続ける若い母親と、彼女を探し求め泣き叫ぶ娘のシーンが繰り返し写されるという、変態チックな描写は現在の一般映画では無理では?観て損はしないと思います。
URL | 通行人A #- | 2009/04/06(月) 19:03 [ 編集 ]

 
これ、いろんな映画の拘束シーンのダイジェストが見れるサイトの「悪魔の沼」のページ。v-155
http://www.didvideodb.com/scenes.php?action=scene&id=22
本編でも、後ろ手に縛られながら逃げる彼女が捕まった後は、ベッドに縛られて失神している場面になるが、途中であのオヤジに中出しv-63決められている姿とか想像すると興奮する。(実際はどうだったんだ?)
拘束中の彼女は、やられ放題にされていたのだろうか?(もっとも、彼女が監禁されたのは、そうされることが目的だったと思うが)
しかし、この奥さんエロ~v-207。監禁部屋は彼女のフェロモンv-72がむんむん充満していそうだ~...
URL | eaten alive #- | 2009/04/07(火) 12:02 [ 編集 ]

 
「悪魔の沼」で、フェイが拘束された姿をあらためて観てると、「ねっとり」とか「ヌメヌメ」といった雰囲気が漂っていますが、これって彼女が食虫植物に捕らわれた獲物を連想させるからでしょうか。
「身動き出来ないヒロインが、肉体からじわじわとエキスを吸い取られて悶えてる」みたいな感じがするのですが...。我ながら妄想が過ぎてますな。(再三に渡る「悪魔の沼」のコメント、もういい加減にします...)

URL | 通行人A #- | 2009/04/09(木) 18:46 [ 編集 ]

 
期せずして「悪魔の沼」祭りになっちゃいましたね(笑)。eaten aliveさん早速動画見ましたよーん。ありがとう御座いました。でもオヤジの方がしきりと汗を拭いてやったり結構やさしいじゃんとか、、「あれ(ベッドで縄を緩めるためにもがく)って頭クラクラするのよね~。」とかchikaってば見当違いの事ばっかり考えてました(笑)。って事で 通行人Aさん、これまた「chikaには職業柄、どーも刺激が足りないなぁ」などと重ね重ねの見当違いを(笑)。
URL | chika #- | 2009/04/10(金) 12:51 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/108-37557df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア