FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 彼女は全身生感帯、そしてボールギャグ

iljoo.jpg 

014ff.jpg  自分の頭全体にゴムの革袋を被せて、さらにその上から革ベルトに繋がれた穴の開いたボールを、ベルトで顔に固定した上で口に頬張っている。
 ボールからはしきりと涎が垂れ下がり、その液をローション代わりにして男が自分のペニスを扱いている。もう果てるのかと思うタイミングで男はペニスを刺激するのをやめ、chikaが口にくわえたボールの表面を舌を突き出してなめる。
 その舌から逃げる為に顔をそむけようとしても無駄な努力だ。だってchikaの身体は壁にしつらえられた十字架に、キリストのように固定されているから。
 
 2008年のクリスマスイブに一人の女性タレントが都内の自宅マンションで遺体で発見された。
 元タレント、飯島愛=本名・大久保松恵36歳。
 chikaは飯島愛のファンでもなんでもなく、むしろどちらとといえば彼女の容貌やメディア上から発信される彼女のオーラには若干、拒絶感がある。
 それでも、随分、自分の心に引っかかる死である事は確かで、不謹慎な言い方だけど、むしろ彼女の死によって飯島愛という一人の人間がchikaに近づいて来たような気がするのだ。
 彼女の36歳とゆー年齢もそうだけど、自宅マンションで倒れているのを親族や親しい友人ではなく芸能事務所の関係者が発見し119番通報。  警視庁の調べでは、死後約1週間が経過していたらしい。そー言った諸々が、なんだか自分の死に様を予見しているような気にさせるのだ。

 その他、1992年にAV女優としてデビュー後、テレビでセクシータレントとして活躍、そしてテレビのコメンテーター。彼女の転身のありようも、我が身、我が意識と重ねてよく理解出来る部分がある。身体の魅力だけで勝負がにくくなったら違う部分を伸ばすしかない。
 例えば半自伝的な小説「プラトニック・セックス」を出版したこと。
 AV出演で性病感染した経験や、整形手術なども告白する衝撃的な内容でそれをベストセラーとした後、性感染症予防の啓蒙活動に関わったいきさつも、chikaが今のブログで「性犯罪の予防」をフェチストの視点で織り込もうとしているスタンスと共通する所だ。
 そして六本木のクラブに飯島愛が入店したのが16歳。chikaがこの道で仕事を覚え始めたのもちょうどこの頃。
 飯島愛の過去を≪愛は、男にハマると貢いでしまう癖があった≫≪愛は、愛に飢えていた。心底、飢えていた≫と表現した彼女の知人。
 chikaにそんな傾向はなかったけれど、男達に対して女王のように振る舞ってきた若い頃の自分と重ねれば、それは一枚の写真のポジとネガのような関係だったのかも知れない。
 相手から貢がれなければ愛されたような満足感が得られなかったのだ。

texlesbian.jpg  AV監督村西とおるさんが、飯島愛の死によせた追悼手記にある言葉・・「彼女は全身生感帯」・・が心に響く。

 彼女とは一緒にAVを作りはしませんでしたが、16-17年前、新潟ローカルのお色気番組で一緒にお仕事をしたのが最初の出会いでした。彼女はタレントのお仕事も始めていたころ。非常に神経が繊細な、いわば、りっしんべんのない「全身生感帯」の持ち主でございました。
 休憩時間でも、広告代理店のお偉いさんにお茶を出したり、肩をもんだりして、とても気を配っていた。「ロケ現場を見に行くんだけど、一緒に行かない?」って誘っても、彼女はプライベートな理由で断ることはせず、「はーい、行きます!」と素直についてきた。当時から、「こうやって周囲に気に入られて、のし上がっていくんだな、このコは」と思いましたね。
 AV出演のトラウマにも悩まされ続けたという飯島愛さん 彼女には、裸になって勝負してきた人にしかない凄みというのがあった。援助交際、整形、AVという修羅場をくぐり抜け、メジャーな舞台にまでのし上がった「飯島愛」、清濁合わせて飲んで壮絶な人生を歩んでいるのに、さわやかな「飯島愛」。自分をどこまで客観視できていたのでしょうか。
 TBSの「サンデー・ジャポン」でお話ししていたときも、とても礼儀正しかったですが、私は、担当のディレクターに「AV時代のことは絶対に触れないで」と言われていました。
 彼女は反抗的で、投げやりな気持ちでAVに出演していたのでございましょう。非常にトラウマになっていたんだと思います。AVに出た過去が向こう傷になって世間に評価されたということを彼女は消化できていなかったのではないか。
 素敵なパートナーと出会って、AVに出た過去がマイナスにならず幸せに生きているコもいますが、周りが彼女のさみしい部分、「生感帯」の繊細さをどれだけ理解していたのでしょうか。
 36歳という女盛りなのに、たった1人で亡くなって、知人に発見されるなんて…。胸につまりますね。


13joioio.jpg  「AV出演のトラウマ」が、普通の人には理解できないかも知れない。
 確かに村西監督が書いているように「AVに出た過去がマイナスにならず幸せに生きているコ」もいるけれど、そうではないハートの持ち主もいるのだ。
 それはその子の職業観や差別がどーのこーのと言ったレベルの事ではないし、又、やってきた事をどう捉えたかによって、その人の値打ちが左右されるよーな質のものではないのだ。
 村西監督が指摘する「AVに出た過去が向こう傷になって世間に評価されたということを彼女は消化できていなかったのではないか。」の分析にどきっとさせられる。
 飯島愛の死因に、それが関係するのかどうかchikaには皆目見当がつかないけれど、わが身にそれを置き換えれば、村西監督の言う「消化」が半分ほどしか出来ていないことに思い当たる。
 chikaだって「今のこの姿」になって、社会の中で自分の人生をスタートさせた事を、ある種のトラウマとして捉えている部分が正直言って心の中にある。
 ただそれは心の奥底にあって滅多なことでは、その悲しい貌を覗かせたりはしないのだけれど、、。
 ニューハーフの事を中国では「人妖」と呼ぶのだそうだ。人妖=あやかしの人。男と女の間というより人外の存在である。
 人が純粋な半陰陽で生まれ出る可能性はきわめて低いから医学的に見れば、男と女の中間などありえず、つまりそれは人外の存在なのである。
 だからこそその存在は、あやしい、、、chikaはそのあやしさに魅入られたのだけれど、時々、そのあやしさに自分を導いていったモノの正体を考えると、慄然とする時がある。
 両親の事、子供の頃の体験、喜びと悲しみ、それらと切り離されて意識を形成出来る人間がいるだろうか。
 ・・・勿論、ニューハーフの皆が皆わけありなのでない。
 特に最近の子たちは耳にピアスの穴を開けるように簡単に女に似せて身体をいじる。

1216956935_586384.jpg   最近、女子高生が大すきだという会員さんに荒木のぞみちゃんのDVDを見せてもらった
 そのイメージDVDの売り文句は「現役女子高生がボールギャグでよだれまで…ヤバ過ぎ…… 」。
 確かにこのDVDには制服姿ののぞみちゃんを後ろ手にして手錠をはめ、ボールギャグ咬ませるシーンがある。
 ボールギャグを奥深く咬まされて変形した顔を見せるのぞみちゃん。彼女がこらえ切れずに口元から涎がタラリと垂れる様子がアップで映し出される。
 頭から水をかけられタラタラとスカートから水が滴り落ちるのもおしっこ漏らしたみたいでなんとも扇情的だ……。
 彼女に対しては、正直、この手のDVDに出るのだから擦れたませた感じの女の子を予想していたんだけれど、しゃべりも、雰囲気も、仕草などにいたるまでいたって普通の女の子といった印象。
 特にしゃべっている感じからは良家のお嬢様といった雰囲気さえ伝わってくる。
 きわどいポーズを取らされイヤらしいアングルで撮らながらも、屈託の無い素直な笑顔を見せるのぞみちゃんを見ているとこちらが複雑な気持ちになってくる。
 もしこの子が飯島愛のように将来、有名なテレビタレントになったなら彼女のうちに「AV出演のトラウマ」のようなものがあリ得るのか、あるいはうずくのか疑問になってくる。

vspd00017ps.jpg  お互いの肉と魂が、もつれ合ってどうにもならない世界を知った上で「裸」を仕事として勝負するのとしないのでは結果が違うのかも知れない。
 結果が違ったのは飯島愛でありchikaとゆーことになるし、それはどーしようもないことだ。
 しかしchikaは「女になった過去が向こう傷になって世間に評価された」ということを消化しようと思う。
 chikaには文章がある。
 飯島愛にもブログやコメンテーターという表現があった筈なのだが、惜しむらくは他者へのサービスチャンネルとしての役割が大きすぎて、彼女を支え、強く練り上げていく手段にはなりなかったのかもしれない。
 「表現」は、他者が世界の真実を覗きこむ為の窓を開ける為の鍵であると同時に、自分自身を解体し再構成する作用も持っている。
 2009年は少しずつでもいいからsmfに小説をアップしていく積もりで
いる。
 chikaだっていつまでも体力勝負を続ける事は出来ないのだから。

104bshd12pl.jpgニューハーフ あい ゆう

遂に見つけてしまった!我々が追い求めていた究極美麗なふたり。性転換ニューハーフの「あい」と玉・竿有りニューハーフ「ゆう」の赤裸々ファック。画面せましとイキまくるニューハーフ達に興奮しっぱなし!!射精シーン有り、痙攣絶頂有りのマニア必見作品です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

43advr0276rpl.jpg倒錯求道者の夜 ラバースレイブ 4 中峰さゆり

倒錯求道者たちの性癖実演ステージ
倒錯求道者たちの性癖実演ステージ「マニアックナイト」シリーズ第5弾!ラバーの持つ妖しい魅力に取り憑かれたマゾ女の調教願望が大爆発!異常快楽を知った女の底知れぬ性欲が留まることなく暴走する!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

77crz00201pl.jpg女装M 痴女とニューハーフに犯される僕 

本当の貴方はココにいるかもしれない。誰しもが持つ変身願望、女装は身も心も変えてしまう。女の格好をした男【異常】だから虐められる。女物の下着に身を包む【倒錯】だからフェラチオしたくなる。性的に異質な存在【変態】ニューハーフと痴女に導かれ…。貴方は新しい性の悦びを知ることになるだろう。


雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2009/01/04(日) 14:22)

<<厚化粧のイゼベル | ホーム | 愛のピノキオ>>

コメント
 
 みなさま遅レスごめん!アーンド、明けましておめでとうございます。
 ブログの方は新年早々、薄暗い内容になっちゃったけど、2009年も蝦頭では、エロにフェチにますますがんばりますので、ドゾよろしく(笑)。
URL | chika #- | 2009/01/04(日) 15:58 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/122-af0bd5c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア