FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 小野小町壮衰図
 nhgrdd-13c.jpg

8a8a2.jpg  敢えてchikaが(豚インフルエンザ)と呼んでる「日本を覆い尽くす恐怖のインフルエンザ」に罹って、倶楽部を休まなくちゃならなかった数日間の間、chikaのマンションには色んな人々がやってきた。
 感染が拡大するわけだから来てはいけないのに、向こうからこっちの状況を知った上で押し掛けて来るのだから仕方がない。
 こっちが気を使ってマスクをすると「chikaさんの顔が見たいから外してくれ」だとか、、、。
 この子達は、自分の身体なんて多分「心の乗り物」程度にしか考えていないのだ。
 快楽の為には自分の体の改造だって簡単にしちゃうし、薬もOK、ある意味、のりピー。(のりピル?ノリピラー?あんまし語呂が良くない・笑)
 でも、表面的に、chikaはそんな彼らのあこがれの大先輩、、、に見えるらしい。

「まゆ、そうそう、よく○○公園とかいかなかったぁ。あたし、女子高生の結衣ってちょっと有名だったのよ。」
 どこからどう見ても、オフのリーマンにしか見えない彼の口からおねえことばが飛び出るとどうしても奇異に感じるし、こんな彼に会うと、chika達の世界ってプロとアマの差がやっぱ曖昧なんだなぁと思う。

「随分、年食った女子高生だったのね。」

 一方、このリーマン君を引っ張って来たマユは、どこから見ても女の子、彼とは先輩後輩の間柄だという。
「いいのっ、そんなのは。あたし位、綺麗な女装子がやる女子高生なんだから、おじさん達みんな喜んでたんだから、」

「やるのただだしね、」

「大体夜八時過ぎに行くのよ○○公園、マユも知ってるでしょ。お尻が半分はみ出てるイチゴ柄のパンツに白のスクールブラ、デニムのベストにお尻ギリギリのデニムの巻きスカートとか。制服だとか、そのものずばりの格好はお巡りさんとかに職務質問くった時にかえって難しいのよ。その服どこで手に入れたんだとかさ、ぱっと見てああこいつ変態だって思われたら、それはそれなりの対応で済むのよ。」

「僕は見破られたことないよ。はなから女の子だって思われてるから、そういう所から話は始まらないの、」

「・・・あらそう。で、トイレで着替えて、池のテラスに行きましたト。直ぐに一人に方が近づいてきて(結衣かい?)と聞いてくるわけ。
 無言で頷くとスカートの中に手が伸びて来て、お尻を触られるのよ。もちろんパンツの上からペニクリもね。でも他の人の視線が気になるのか、気の弱い人はすぐに行っちゃうんだけどね。今夜も中途半端な状態なのかな~ってそう思っていると、以前公園の野球場側で、いやらしく悪戯してくれたおじ様が近づいて来るの、常連さんね。
 そしていきなりスカートを捲くって、パンツを下ろして来るわけ。丸出しにしたお尻を触りながら(久しぶりだね、こんな格好をして、男を誘っていたんだろ。さっきも触られていたね、こんな風に)とかネチネチ言いながら、おじ様の手がお尻やパイパンのペニクリをいやらしく触って来るの。
 (もうこんなに先がヌルヌルになってるよ。外でこんなことされて、チンチンこんなにして、本当に変態だな。また見てるよ、もっとよく見せてやれよ)とか言ってそれまで池の方を向いていたのを、反対側に向かされんのよ。するとそこには更に二人の方が、ニヤニヤしながらこっち見てるわけ。
(この子は見られて感じる変態何だよ、そうだろ?もっと見られたり、触られたいんだろ?お願いしないと駄目だよ)そう言うと丸出しのお尻を叩かれちゃったりして。
 みんなグルね、そんなのすぐに判るからこっちも (結衣は見られながら悪戯されるのが大好きな変態です、沢山恥かしいことをして下さい)そんなノリ。
 直ぐに三人責め。お尻やペニクリを触られ喘いでいると、最初のおじ様がファスナーを下ろして、チンポ取り出すわけよ。屋外で下半身丸出しのまま、前に屈まされて、ペニスをおしゃぶりしてくれんの。
 凄く猥らになってき、続きは近くのトイレでお願いって感じ。あそこは最近出来たから綺麗なトイレで、簡単なベットもあるじゃん。」

「・・・ベッドって、あれベッドじゃないじゃん。障害者用だよ、、」

104bshd00013ps.jpg
 
「ベッドなの。四人でトイレに入ると直ぐにブラだけにされましたト。
 ベットに上がって四つん這いのポーズね。ステンレスのドアは傷も無くて、鏡みたいなの。そのドアにスクールブラだけの姿で四つん這いにされ三人がかりで責められている、恥かしい姿が写ってて最高だったわ。
 ペニクリを扱く方、片方の乳首を摘みながら、ペニスをしゃぶらせる方、お尻を責める方。いいよー、全身が感じまくって、恥かしい声を上げる自分が、また、ドアに写ってるし。
 そのうちお尻を攻めている方が(これは何だ?こんな物までしていたのか?)ってそう言うとアナルマンコに挿入していたゴム製のアナルパールをゆっくりと引き抜くの。あれも気持ちいいね。あーんってまた大きな声で喘いじゃった。(本当に変態で淫乱な奴だな、けつの穴までひくつかせて、男を誘ってやがる。こうされたいんだろう)みたいな芝居がかってわざと乱暴な口調でそう言っていきなり指を二本入れてくんのよ。
 (どうなんだ、けつの穴を弄られて、気持ちいいんだろ)そう言いながら、ゆっくりと指を出し入れ。
 (こっちもこんなになって、先っぽがヌルヌルしているよ)(こんなちっこいおチンチンでも感じているんだな)とか言葉責めシャワーって感じ?
 それでやっと仰向けにされるの。最初の叔父さんが用意していたローションを全身にたらされ、また三人がかりで責められるの。もう何が何だかわからないくらいに感じまくって、(お願いします、逝かせて下さい)と何度も口走るんだけど、それでかえってまた興奮するのね。
(逝きたいなら自分で逝ってみろ、嫌らしくオナニーして逝くのを見ててやるよ)とかさ、この辺、AVの見過ぎね。
 大人のおもちゃで買ったような安物のローションを更に垂らしてきて、大きく両足を広げ、ペニクリを扱き始めるの。ほかの三人はニヤニヤしながらそれ見てるの。
(本当にオナニー始めちゃったよ)(恥かしくないのかね、本当に変態だね)(アナルまで弄り始めたよ)とか口々に言葉で責めて来るのよ。」

009fefe.jpg 「あんたが乗ってくるからでしょ。」

「(もう逝きます、逝くところを見てください)みたいな奴隷ちゃんモードでそう言ってタップリと精液を出してそろそろ店じまいしようかなって思ってるんだけど、脱いだパンツで出したばかりの精液を体中に塗られちゃうの。
 そうしてドアの前にパンツを咥えさせられ立たされて、三人がトイレから出るまで、そのままの格好で居させられるのよ~。
 出したら終わりで、後は速やかに男モードに移行ってゆーのがマイルールだから、この辺から自分の趣味じゃないんだけど、根が淫乱だからやっぱり付き合っちゃうのよね。
 格好だけ最後の人が出ていって、また外から命令があるのよ。
 後ろを向いて、お尻を拡げアナルを晒せって。こうなったら体が自然に受け入れちゃうの。すると最後にパチンとお尻を叩かれ、むき出したアナルを軽く弄られて終わりなんだけど。
 叔父さん達がホントに行っちゃってからどうしようもなくてドアが閉まると、またベットに横たわってもう一回オナニーしちゃった。」

「あんたが一番、やばいじゃん」

「あんたに言われたくない、」

「ドラッグの話もしたら?chikaさんそっちの方はあまり経験ないみたいだし。」

 マユの瞳の底にちらっと挑戦的な光が宿る。なんだかこの子「chikaさんに憧れてます」とか言ってるけど、時々、ライバル心が見え隠れするのよね(笑)。
別にドラッグなんかに溺れたくねーよっ。___読んでるか?マユ____。


c196c6f565b3eec6f027d8216e.jpg 「・・ そん時わぁ、彼、いつも何種類かのハーブをミックスするみたいなんだけど結衣がハーブ初体験って言うこともあって単一銘柄だったんだって。
 すると15分くらいでそわそわしてくるのね。耐性が付いてないんで効きが早いんだって。その時はブーストにRとスプレーも用意してたみたい。早速吸うと速攻でへロってきてミニスカをまくられるともうペニクリはビンビン。
 基本設定が色白で無毛の結衣だけど、あれはカリでかのドス黒なの、それが鎌首振立ててるの。それ見ておもわず彼はしゃぶりあげるわよ、そいいうの大好物だから彼。
 しばらくしゃぶってると彼も効いてきたみたい。ブースト爆吸いするとへろへろになって来るのよ。
 思わずパンティをはぎとられてアナルを舐めもらったらヒクヒクしてきてしばらく舐められたあとエネマグラを挿入。するといきなりドカーンよ、大きな叫びでドライで逝っちゃった。
 自分じゃ分かんないんだけどブースト爆吸いしながらしてるから目の焦点が合ってないんだって。そこで追加のDをアナルに入れられちゃったの。
 ここまでまだ1時間半くらいしか経ってないのに、結衣は連続でドライで逝きまくってるの。凄いよね。
 もちろん結衣も彼もビンビンに勃ってる。彼も一緒にD追加したんでもう2人ともおかしくなってるし。
トロトロの結衣のアナルからエネマグラを抜いて、彼のビンビンを突っ込むと結衣はもう半狂乱で何回も逝ってさ。中がもうすぐ分かるくらいにヒクヒク収縮を繰り返してるの。
 30分くらいで我慢できずに彼は射精したかな。でも勃起薬飲んでないのにまだ彼のマラはビンビンに勃ってるのよ。結衣の方は、これも自分では気がつかないんだけど、白目むいて体全体が痙攣してたらしいんだ。うーん断続的にドライで逝ってるみたいな、、。
 それに結衣のそそり立ってるペニクリは先っぽから先走りなのか精液なのか分からないぬるぬるになっててとっても美味しそうだったって。
 彼ははたまらず上に乗って結衣のアナルに挿入したの。結衣のをデカいって思う間もなく彼ところてんしたみたい。
その間中、下で激しく腰を振ってると結衣はもうドライなのかウェットなのかわからんくらいにまた逝く、また逝くって叫んでるの。彼ももうドライで逝きまくり。
 彼、上から下りて今度は結衣のアナルに挿入・・・Dがすごい効いてるし。でも彼が少し萎えてくると結衣がディープフェラ・アナル舐めで勃たせてやるの。でまた挿入し合い。結衣がもうダメ、死ぬ死ぬって言いははじめかけた時に、部屋の電話がなったわ。
 フロントからだったんだけど、その時点で時計見ると4時間経ってた。休憩でチェックインしたんだけどすでに泊まりの料金になってた。
 彼は泊まりに切り替えてゆっくりできると思ったのか、一服しようとしてたんだけど、結衣は、もっとやってってマラとアナルをしゃぶりにいったの。完全に逝ってやがる・・・って彼思ったらしいんだけど、結局また舐めあい・入れ合いをしたんだ。もう彼も疲れて時間見るとやり始めて6時間くらい経ってた。結衣は何十回もドライで逝ったみたい。
これで結衣は普通のSEXができなくなったのかな?男とDから離れられなくなっちゃったってわけ。」

 リーマン結衣ちゃんが、先輩面してため口混じりのエロ話をするのは、マユに向かってだけで、chikaに対応するときは、凄く普通になるのがおもしろい。とゆーかchikaだって完全に男モードと女モードの切り替えを要求されるライフスタイルだったらこうなるんだろうけど。
 結局、話の最後はこのリーマン結衣ちゃんの「懺悔の時間」になった。マユが彼を連れてきたのは別のもくろみがあったみたいだけど、結衣ちゃんの方は最初からこの話がしたかったとゆーか聞いてほしかったようだ。

u90900ggcc.jpg 

 「ずっと変態やめてたんですが、また最近、疼いて仕方ないんです。今は未だ仕事をやめられないから、夏場はさらしを巻いてスーツ姿で普通に仕事してますよ。
 四・五年前位に、女性ホルモンや合ドラにはまり始めて、僕のカラダは女っぽい感じなんですよね。もう1年前位から変態やめたんですけど、たまにやっぱりアナルSEXを思い出して、特に溜まってるときは、フロあがりの自分の身体をみて、膨らんだお乳やあばらの下からくびれて丸いお尻、鏡に映して、せんずりこいたりしてしまいます。
 二・三ヶ月前、やっぱりアナルSEXの欲望に勝てず、ネットで知り合った人と濃厚SEXしました。今思い出しても最高でした。おっぱいしゃぶられて互いに69でオチンポしゃぶりあって、彼がくれた懐かしいRを吸い込みぶっとびました。
 すごく激しくお尻バック突かれて、僕は何度もイキました。最後は彼のオチンポしゃくりながら真っ白になってイキました。けど、その後でお尻の周りにコンジうつされて、やっぱすごく後悔しました。
 それ以来、絶対にSEXしちゃだめだって思い、まじめに生きようと、男の生活、仕事をがんばろうという気持ちにリセットするんですが、それでも、やっぱり、不完全な自分にどうしようもなく、寂しくなります。
 完全なNHにもなれなくて、かといって女性みたいな身体もどうしようもなく、不景気のあおりで仕事もやめられず、合ドラも禁止になってしまうしうまく思い通りにいかない事が続くと、自虐的に自分のカラダを性的にいじめてしまいます。
 おっぱいを痛いほど強く揉みしごいたり、自分でお尻をベルトでたたいたりしながら泣いてしまいます。最高に合ドラや男達とのSEXに溺れていた四、五年前を思い出すと胸がドキドキしてきて、お尻の奥が疼いてきます。
 一度疼いてくるとそれからは毎日毎晩、お風呂あがりに鏡の前でドキドキしながら(SEX大好き、お尻犯してほしい、)とか思いだして、 強制的に男達のチンポを口マンコしてることを想像しながら勃起しちゃいます。
 どんどん淫乱な自分にはまっていって、ただの想像では我慢できなくなって、アルコールをお尻の穴から飲み込んで、ディルドでズコズコ、お尻で酔っ払いながら、尻マンコを激しくディルドで掻き回しお尻だけでイクような快楽に溺れてしまいます。
けどまた、そんな自分に後悔してしまう繰り返しなんです。
 やっぱり、ホルモンと同じで、乳首やお尻でイクことを覚えたカラダは一生、男チンポを求めてしまって、お尻イキを止められないのでしょうか・。
 合ドラも今はなくて、男遊びもせずに、独りで慰めているんですが、以前のように合ドラで狂い、複数人に一晩中まわされて、激しく犯されて白目をむいて激しく絶頂していた自分を思い出して、もう一度、変態マゾ娼婦に戻りたいとも思ってしまうんですよ。」

giugiyyu.jpg 

  その時には「体は心の単純な入れ物じゃないよ。」・・自分の体と心の関係をもっと冷静に見つめてみたらと柄にもないアドバイスをしちゃったんだけど。

ww-01-atex-rub.jpg  昔読んでいたカルト雑誌に身体改造実践者の記事があってとても興味を覚えたのを思い出した。中でも特に男性器を完全切除した65歳のマルセル氏のインタビューと写真には魂を吸い寄せられるものがあったんです。
 氏によると男性器の完全切除を実施した後も、2週間おきに男性ホルモン投与を受け続けると、性的生活には感覚的な変化が訪れないのだとか。
(男→女の逆パターンなのね、、。)
 マルセル氏曰く「尿道に小指を入れてプレィできますし、勃起に似た感覚を楽しめ、絶頂に達します。以前とまったく変わりありません。」
 この辺りが、オンナになる為の手術と、身体改造実践者の「実践」の違いなのかなと思うんだけど、じゃあなぜ身体を弄るのかという疑問がでて来る。
 「1988年に私がエイズに感染していることが判明し、自分の性器を憎むようになり、去勢に興味を持ち始めるようになりました。」
 これがマルセル氏の自己分析。一番、引っかかってくるのが身体への「憎悪」という事なんですよね。そこには身体と精神は分離可能なものという「捉え」方がある。
 で次に「じゃあなぜ心と身体を切り離して考えようとするのか、、」そういう問題が出てくる。
 昔、養老孟司氏の「バカの壁」を読んでいて、その辺りを解明するヒントみたいなものを感じたんだけど・・やっぱりキーワードは「孤独感」だと思うのね。それも生理学上の孤独感ではなくてブンガク的な意味での。

 Sプレイをやる際には、例えば手にぴっちり填めたゴム手袋でM夫君の舌をいたぶる時、マウスリトラクターを装着させてると口が閉じないので便利は便利だけど、男の口の中なんて本音でゆーとやっぱり全然みたくない(笑)。
 倶楽部には純女のMプレイヤーもいるんだけど、この娘も職業M女で、ホントはMっ気がさらさらない。
 ただし彼女、こうゆープレイに対する「耐性」が、凄くあって、Mプレイの時は「自分の心が幽体離脱して」Mの自分とSのお客さんの行為を冷静に観察してるのだとか。
 その彼女は、鼻フックからウンコ喰いまでなんでも平気なんだけど、中でもマウスリトラクターを使わせての「被舌レイプ」が得意とゆーか、需要が多いのだそうです。
 彼女曰く「マウスリトラクターって、気持ちを引いて見ると、人の皮の奥に髑髏が見えて」きて「お客さんって深層心理ではそういう所で私から快楽を啜っている」んじやないかって言ってました。

 確かにマウスリトラクターが顔面に引き起こすグロさって一種独特ですからね。
 彼女の話と聞いてと、ゆーかマウスリトラクターのことを考えていて思い出したのが、京極夏彦の短編集「巷説百物語 」の一編、「帷子辻」です。

 京の外れは帷子辻に、京都町奉行所与力・笹山玄蕃の妻女「さと」の腐乱死体が捨てられていた。さとはこの事件の二か月程前に他界しており、その後、死体が何者かに盗まれ行方が判らなくなっていた。
 さとの変わり果てたその姿は、まるで小野小町壮衰図のように、見る者にこの世の無常を感じさせるものだった。
 事件の下手人は?そしてその目的は?

 ・・・・みたいな話なんだけど、ここに登場する小野小町壮衰図は九相詩絵巻とも呼ばれていて、昔の日本人が「美・生」に対して感じてた諦観が、よく現れているものなんですね。
 死体と向き合って生きてきた解剖学者の養老孟司氏が、鎌倉時代に描かれたこの「九相詩絵巻」を紹介しているそうです。

 「九相詩絵巻」には、女性の死体が風化していく順に九つの姿が描かれているんです。
 一番に生きていたときの女性の絵。二番に、死んだ直後、身体を洗い清める湯灌をした後、生前身に着けていた着物を身体にかぶせた絵。
 その後、死体が膨張し、腐敗し、鳥獣がついばみ、ついには白骨になるという順番ですね。
 養老氏は、中世の人たちが、日常生活で死体の九相をしっかり見る生活を送っていて自分の感性を形成していたの対して、このリアルさが失われたのが江戸時代以降であると言及しています。
 説法的に言えば、「どのような美しく飾られた女性であっても、死ねば腐り汚い姿となって骨と化す。何時までも美しいものはこの世には無い。“美”は時が経てば“醜”となる。絶対的な“美”など無いのだ。そんな果敢無いものに現を抜かし、心を囚われ人生を送る事は、大変虚しく愚かである。」と言うことですね。
 これを戦国時代までの人間は己の実感というか生身の生死観として身につけていたということです。

 所でchikaの小説サイトSMfのメインテーマの一つが「表層が本質を変容させる」なんです。
 まあぶっちゃけて言えば「人は外見」「綺麗、格好いいは善。醜怪、格好悪いは悪」「中身なんて関係ない」みたいな話ですが、実際、世の中はどんどんこの方向に転がり始めている。それも凄いスピードで、、。
 いつまでも現役ギャルでいたい母親の出現だとか、例を上げれば切りがないくらいにね。
 所が人間が「九相詩絵巻」の現実から逃れられるのかと言えばやはりそれは無理なんですね。そこで凄い葛藤や精神的倒錯が文化的レベルで発生する。
 chikaなんかはある意味、フェテッシュもその一つじゃないかと思ったりしてます。
 マウスリトラクターで美女の顔の皮を半分無理矢理はがしかけると、そこに普段隠されている歯茎や喉が見え、人の顔の本質的な輪郭は髑髏であることが見えてくる。
 そこには死と生が同時に存在する、すごく肉欲的な「九相詩絵巻」が繰り広げられているわけですね。

h_175dcrd001pl.jpg人形哀歌 REAL DOLL
 
これはある老人と人形の物語である…ある老人が人形(リアルドール・カオリ)と静かに暮らしていた。ある日、その静かな生活を借金取りが壊してしまう。金目のものを物色する彼らにとって人形は単なる高級ダッチワイフにしか見えない。人形を犯すチンピラ。老人は家を追い出され路頭に迷う事に。しかしその夜、魂の宿った人形は、チンピラに対し復讐を果たすのだった。 

 

 

 

 

 

 

 

h_312yobi18pl.jpgトランスラバー女のセルフフィスト

半透明の透けたセクシーなラバーキャットスーツで電マ挿入や極太ディルド挿入・セルフフィストと激しいシーンが…。キャットで入浴!野外!ローション塗り!電マ挿入!両手でお○んこの中に指を何本も同時に挿入して狂ったように喘ぐ女。この極太ディルドを入れながら激しく腰を振り挑発する女!

 

 

 

 

 

 

 

h_312yobi17pl.jpg

 ラバー・フェチ女の膣・崩壊フィスト

2種類のこだわりラバー衣装で異物挿入プレーや特大ペニスバンドファック&フィストプレーを展開!ベビーピンクのキャットスーツにフェラチオマスクの本格ラバー。ラバーフェラチオマスク・ラバーフィストグローブ・ラバーキャットスーツ。レズ用ディルドーの挿入!極太バイブ調教!凄いペニバン!特大ペニバンで強烈ファック!太い拳が突き刺さるフィスト!バナナ挿入。「バナナの曲がりがいいの」

 

 

 

 

 

 

 

436dega003pl.jpgポンプギャグ!

欧米SM(ボンデージ)界では様々な猿轡(緘口具)が登場します。その多様性は眼を見張るばかり。中でも、口腔にバルーンを挿入して膨らませるポンプギャグは、声を奪い、顎を押し開き、気管を塞ぐという、残酷極まるボンデージギアであります。本作は、そんなポンプギャグに焦点をあてて、全編にわたり、その魅力に迫ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

30js06dpl.jpg女装SM 6


ある日、友人から妙なバイトの話を持ちかけられた。金持ち夫婦の令嬢代わりとして、そこでお嬢様として過ごすだけで報酬がもらえるという。僕はそのバイトの話に乗ることにした。イヤになったら逃げ出せばいい…。

 

 

 

 

 

 

 

433gun00207pl.jpg 女装子レズ 4

某テレビ局にて、大好評の女装パラダイス。この作品から企画したとか、しないとか?兎にも角にも時代は、女装を求めているのは間違いない!最近、男女の性別が曖昧になってるとおもいませんか。女装した男と普通の女性がぺニバン装着し、エロ三昧。想像して股間を膨らます貴方はもう立派な変態です。未知の世界の扉はここにあります! 

 

 

 

 

 

 


雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/11/07(土) 08:52)

<<フェチるせぇるすまん | ホーム | ラバー同棲セカンドシーズン>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/211-554a2781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア