FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 狼君、赤ずきんちゃんの着心地は?

PM-LittleRidingHood01.jpg

5greere.jpg 上下の画像はネットで見つけた「赤ずきんちゃん(ROTKAPPCHEN)」のイラストです。
 なんだ凄く「来る」ものがあってここで紹介させてもらいました。
 「赤ずきんちゃん」の話は、いろいろと変遷を繰り返して来たようで、古くはスウェーデンの民話『黒い森の乙女』などに類話が確認されているようです。
 元の民話では、赤ずきんが騙されておばあさんの血と肉を、ワインと干し肉として食べるシーンがあったり、狼が赤ずきんに「針の道」と「ピンの道」などの二つの道を選ばせるシーンがあったりするそうです。
 現代のホラー映画の作りと一緒ですね。
 それとか赤ずきんが着ている服を一枚一枚脱いでは暖炉に放り込むというシーンも(笑)。
 どうも現代人は、童話と聞くとその内容は「教訓」にあると刷り込まれているのですが、過去においては童話ってゆーのは「警告」、あるいは単なる「娯楽的刺激」だったようですね。

 童話と言えば昔から一つ気になってしかたのないものがあるんです。
それは「アラジンの魔法のランプ」に登場するランプ魔神達が何故、自分の「ご主人様」に反逆しないのか?ってゆー疑問なんですよね。
 人間より遙かに強い力を持つ彼らが、自分が閉じこめている壺を空けてくれたという理由だけで、人間に隷従する必然性が納得出来なかったんですね。
 強力無比な妖怪・孫悟空と非力な人間・三蔵法師の関係は、初め「緊箍児」という強制力で繋がれていたし、後には「緊箍児」なしでも、そこに使命感や信頼関係が発生してるから、それはそれで良く理解出来るんだけど。
 ランプ魔神達は封印を解いてくれたお礼に、その人間を主人として使えるというのが、どうしても理解出来なかったわけ。なぜなら彼らの所有する力が、人間に比べてあまりにも強大すぎるから。
 でも、魔法のランプに不信感を抱いていたchika少年は、社会的に強い力を持つ男共をひざまずかせ、ある時はその頭に小水をかけるオンナに変身する事によって、支配の関係と隷属の関係は、微妙に違うんだと気が付きました(笑)。
「ほ~ぅら欲しいかぃchika様のデカチンポ」とか言いながら、いかにも社長・会長然とした男達のほっぺをペニクリでシバいたり、、。

 ・・そう「ランプ」や「壺」は、高度な心の働きの象徴として物語に登場してるんですよね。
 イスラエル紛争なんかを見ていると「国」が魔法のランプのように見えたりする。
 力による「支配」と結果としての「隷従」は、大きな「面」としてクロスするのだろうけれど、必ずしも同じものではない。
 まあ、こんなことをエロブログで書いても仕方がないけれど、ベトナム戦争なんかがそれの実例だし、イラク戦争の顛末などを見てるとアメリカは同じ様な歴史を繰り返しているだけ。
 契約が既に成立している魔神と人間との関係に、お題目にしても「自由と解放・民主化をもたらす」とかいいながら割り込んでいくんだもの。
 これじゃまるで「馬鹿みたい。魔神は、色んなしがらみ無視して壺から出た途端に(ご主人様)を取り殺せばOKじゃん。」と考えていたヤンキーchikaとあまり代わらない。

010tweewwewe.jpg  ・・逆に、かの渋谷バラバラ殺人事件では、歌織容疑者にも、初めは「壺」に相当するものがあったに違いないと思いますね。
 まあ、こちらの方は壺から出してもらった途端に、己の魔力を発揮しちゃった感じがしますが。
 夫の三橋祐輔さんは歌織容疑者に殺される直前、彼女の変化にどんな感触を抱いていたのかなぁと気になる部分がありますね。
 報道によれば、祐輔さんさんが歌織容疑者にぞっこんで、それこそ自分の総てを捧げるような姿勢であったものが、やがて立場が逆転して、、、とあるんだけれど、たとえそうであったとしても妻の殺意の予兆が感じ取れなかったわけはない筈で、「壺」の取り扱いを間違えるとやっぱり怖いなぁと。
 そしてこの事件、ランプの魔神から、童話繋がりというわけでもないんだど、ふとグリム童話の「カエルの王子様」も思い出してしまいます。
 「カエルの王子様」って善意に解釈すると、蛙が王女にふっかけた無理難題は、「王女がどこまでちゃんと自分との約束を守れるか?」の試練と、その答えに対する「報酬」を判りやすく子ども達に伝えたモノと解釈出来るんだけど、この童話にはそんな善意の解釈では収まりきれない部分が沢山あります。
 まさに「カエルの王子様」の収まりの悪さは、歌織容疑者の犯した事件のような現実の手触りそのものじゃないかと。
 いくら相手と交わした約束でも、あるいは自分の父親に諫められた「ものの道理」だとしても、うら若くてプライドの高いオンナが、醜いカエルに対して「ベッドインだけはお断り」とキレるのは、現実では充分にあり得ること。
 けれどこの童話は、王女がカエルを壁にたたき付けて殺してから、逆にカエルは美しい王子として再生します、、この辺りが凄くシュールで不気味。
 現実では勿論、カエルは生き返らないし、王女は王子と幸福な結婚などしないわけなんですが。
 歌織容疑者にしてみれば、自分が結婚したのが「美しい王子」という虚飾の生活で、気付いてみればその相手は実は只のカエルだったという逆「カエルの王子様」だったのかも知れない、、。   しかし「カエルの王子様」の初版であるこの文章

『王女は二本の指でカエルをつかみ、階上にある自分の部屋に連れていきました。
 自分はベッドに入り、カエルを横に寝かせるかわりに、壁に向かってピシャッと投げつけました。「これでわたしもゆっくり休めるわ、いやらしいカエルめ」。
 ところがカエルは死んで落ちたのではなく、ベッドの上に落ちると、美しい若い王子の姿になっていました。彼は王女の大切な仲間となり、王女は約束した通り彼を大切にし、二人は満足していっしょに眠りました。』

 読めば読むほどエログロでシュールですよね。
 耳年増だけどバージンの高慢知己な小娘が、いかにも汚さそうにペニスを指でつまみ上げている様子から、、快楽の泉を掘り当ててしまって、逆に男の総てを許容してしまうオンナの性みたいな、、、そんなのも想像できるし、、、皮膚感覚的にカエルって結構いけるのかも知れないとか(汗)。 
少なくともchikaはカエル肌の王子様になら抱かれていいかも(笑)。

PM-LittleRidingHood02.jpg

146exrd00006-38.jpg69コカンズ
スリリングなカーアクションで大ヒットした「60セカンズ」のエロス・パロディ。69秒でどんな女でもイカす事ができる伝説の男が次々と美しい獲物をモノにしていく。???ってか、このビデオ、結構ラバーコスチュームが登場してきます。しかもそんなにマニアチックじゃないから「ラバー入門編にぴったりかも。」


433gun202pl.jpg 女装子レズ 2
女性の下着に身を包み綺麗にメイクをしてみれば、アナタも素敵なレディに大変身!いつの間にか仕草や言葉使いも女っぽくなるから不思議です。気持ちと姿が女性になっても、本物の女の子を目の前にすれば小さなパンティーを圧迫するほどペ○スが疼いていきます。間もなくレズと女装子たちの乱交パーティーが始まります!!
雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2007/06/21(木) 12:29)

<<妹・肉の蝋人形 | ホーム | んっくぅ、、舌も吸って良いよ、、。>>

コメント
  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| # | 2007/06/21(木) 16:00 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/23-20aec4cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア