FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 一人フェチ、二人SM。

tuba.jpg


 シャケハチさんからコメントの中で「月光の囁き」という映画の名前が出てきて、それと繋がった状態で、昔「SMとフェチ」の比較について際だったモノがあったのを思い出しました。
 それはフェチの本質は「ひとり」でありそれに対し、SMは「ふたり」という関係性の上に成立するという説です。フェチを中心に考えればこの比較の論旨はある部分で正鵠を得ていると思います。
 ただSMが本当に「ふたり」であるかは微妙な所だとおもうけれど、、、。その辺り、映画「月光の囁き」が実に見事に描いていて、SMとフェチに両足を突っ込まれている方は、是非ごらんになると良いだろうと思ったりします。


月光の囁き
監督: 塩田明彦
  フェチという「変態」がテーマなのに、良いお酒の如く楽しんだ後、快い余韻がある映画。変な言い方なんだけど淡々と展開する「透明な変態映画」なのです。
 「変態」さんには、ある種の免罪符的な酔いをもたらす映画でもあります。この世界に余り関係のない人(そんな人いるのかなぁ~)には、ちょっとカーブのかかった青春純愛映画に見える筈。
 大林宣彦監督の映画かツルゲーネフの「初恋」を思わせるような北原紗月(つぐみ)と日高拓也(水橋研二)の恋が始まって、やがて拓也が犯した「変態」への咎としてほろ苦い破局が待っている映画なのかと思いきや、この二人、微妙なハッピーエンドを迎えるのです。


 夕暮れの誰もいない教室、冗談半分で差し込んだ日高の鍵が、あこがれの人である紗月のロッカーを偶然に開けた。そのロッカーの中から、紗月のブルマーを取り出し、顔に押しあて「紗月」を吸い込み恍惚に震える拓也、、、。
 そして時が経ち、今までは「あこがれ」に過ぎなかった紗月からの告白によって、自分とは相思相愛の関係だった事を知る拓也。風邪で休んだ拓也の家に、高校を休んで訪れる紗月。「風邪が移る。」「かまへん。」紗月自らが望んだSEX。
 その紗月と結ばれた拓也は「その夜、紗月の分身(フェテッシュ)達を燃やした。」。でもそれで収まらないのが「変態」の業です。
 後半、拓也に「神様が僕をこう生んだ」と言わせるシーンがあるんですが、正にその通り「変態」は決して治りません。
 そんな拓也を知って「正常側」にいる紗月は、拓也に「変態」の一言を投げつけます。逆に「誰にも言えない俺の姿を知ってくれている紗月」あるいは紗月と言う名の「女」のフェテッシュを追い求める拓也。
 それに対して、拓也の「試せない愛」を試そうとする紗月は、やがて「普通の女子高校生」の性意識から逸脱し始めます。


 この逸脱を紗月のサディズムの発露と見るのか、その他のものとして受け取るのかはこの映画を見る者の自由なんですが。


 でも、この映画どうしてここまで透明でリリカルなんでしょう。水橋研二の眼が綺麗だからか?つぐみのキャラクターがそうさせるのか?
 足フェチの場面だって相当にエロだけどAVのそれとは対局の位置にあるみたい(なにアップで撮るかどうかの違いだって?)。
 で、ふと思ったのは、この二人の年齢設定が上ならどうなるのかしらという事、、。すべての事に、おずおずとそして純粋に余裕もなく手探りで生きていた時代。
 その時代の中では「恋」が際だっているだろうが、勿論、個人の思いでは変えられない「変態」という性だって含まれているんだと思います。
だからこそこの映画は透明なのかも知れない。ラストに流れるスピッツの「運命の人」は、この物語が永遠のファンタジーである事を感じさせます。



 塩田明彦監督作品には、男たちの気を惹くためにギプスを装着する美女が登場する映画もあります。映画の題名はそのまんまの「ギプス」。
 話は、偽装ギプスの女・環と、なんとなくMっけが混じったレズぽい関係に陥ってしまった和子が、二人の関係を逆転させようと匿名で仕掛けた危険なゲームを中心に展開します。
 そのゲームとは、男を殺害してしまった環を和子が陰で強請ること。所が環は逆に、脅迫状に書かれた要求額500万の手配を和子に手伝わせようとするんですね。それに対して和子は、強請っているのは「実は自分だ」とも言えず、環の誘惑に落ちて、金の工面の為にギプスをはめて男たちを誘う羽目に。
 この映画の面白さは、和子が最初、普通の女性として描かれていることですね。
 和子は、たまたま出会ったに過ぎない美しいけれど一風変わった雰囲気を持った環に、ほんの少しだけ興味を感じてつき合い始めるわけなんですが、環のギプスが偽装だということを知った(さらにそれを心の中で受け入れてしまった)時点で、二人の関係性が抜き差しならないものになってしまうという部分が肝なんです。
 人は、通常(普通)でないものや、出来事を「異常」だと認識して、それを自分の心の中から破棄する能力を持っているわけですが、時々(いや往々にして)、「異常」さそのものに魅入られてしまう時があるんですね。


 北原紗月と日高拓也の「フェチ」を挟んだ恋愛。環と和子の「フェチ」を挟んだ支配被支配的レズ関係。面白いですね。さて『フェチは「ひとり」、SMは「ふたり」』と言えますでしょうか?


PS
 話はそれますが、身体を著しく欠損(奇形を含む)した女性に対してしか性欲を感じないという男性も本当にいらっしゃるようです。一度だけお客様の紹介で、そうゆー男性とお相手をした記憶があります。
 脚の左膝から先を折り曲げ、太股の裏に密着、さらに黒のビニールテープでグルグル巻きにして、ラバースーツを一着分余分に潰して、片足のないラバー女王様を擬装した上でのプレイでしたが、余り満足された様子はありませんでした。
こーゆー男性は「本物」でないと満足されないでしょうね、、キット。

DS1111.jpg


11armd00063-34.jpg 滴る唾液の宴 GAGをくわえた乙女達

ボールギャグを装着することにより、ゆっくりと、そして多量に流れ出す唾液。その唾液を口で受けたり、手ですくい体に塗りつけたりと、唾液の量と匂いに陶酔する3人の乙女達…。その他にもさまざまな器具を使うことにより、口から唾液が垂れ流し状態となっている様子を楽しめる作品です。









月光の囁き ディレクターズカット版 月光の囁き ディレクターズカット版
水橋研二 (2003/08/21)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る








ギプス ギプス
佐伯日菜子、鈴木一博 他 (2002/05/15)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

映画 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/06/26(火) 20:30)

<<偽造オンナchikaの憂鬱しゃぶれどもしゃぶれども | ホーム | 妹・肉の蝋人形>>

コメント
 
クリックしたら、いきなりアタシの名前が出て来たんで驚いちゃいました。「月光の囁き」「ギブス」とも、かなりマイノリティな映画でしたが面白いモノでした。塩田の作品では、この後に作られた「害虫」までは作家性が出てて良かったんですが「黄泉がえり」や「どろろ」といった、バジェットの高い作品は頂けませんね。

ところで、アタシの好きなフェチ映画といったら、子供の頃から女性理髪師に憧れていて、大人になって念願叶い女性理髪師と結婚をした理髪師フェチの男の話を描いたフランスの巨匠パトリス・ルコントの「髪結いの亭主」と、自動車事故の時に得た興奮が忘れられずに、何度も事故を起こして昇天してる人間達を描いたデイヴィッド・クローネンバーグの「クラッシュ」なんかは、かなり逝っちゃってますね。

英国の名女優シャーロット・ランプリングの出世作「愛の嵐」もナチスとユダヤ人の禁断の世界を描いていて、かなり面白かったです。
URL | シャケハチ #- | 2007/06/29(金) 21:42 [ 編集 ]

 
「髪結いの亭主」はまだ見てません。この映画、いつか見ようとは考えていたんですが、最近、映画見るのも心の体力が必要みたいで(笑)。頭、空っぽの痛快娯楽作なら見る気が起こるんだけど、今度は時間と体力も問題で(笑)。
URL | chika #- | 2007/07/01(日) 21:10 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/25-b61a2a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア