FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 ウラングラスと窒息プレイ

hidatakayama.jpg 

 連休中の「地方出張デート」で、わざわざ何度も行ってる高山なんかに寄らなくても、とは思うんだけど、都会の隠花植物だって人並みにゴールデンウィーク気分を味わいたいじゃない。
 で、高山に行ったらいつも立ち寄るのが宮川朝市。
 宮川朝市の、一番の見所は何と言っても店番してるおばちゃんにお婆ちゃん達だね。洒落たお店の抜けちゃたマネキンさんを見るのも楽しいけれど、彼女たちも可愛いよ~。
 お弁当広げて朝御飯してるおばあちゃんとか、商売そっちのけでカッパノベルス読んでるおばちゃんとかもう最高。
 そして宮川朝市通りが始まる鍛冶橋には、お互いが向き合うように立っている「足長像」と「手長像」があるんだよね。
 この像は嘉永元年に名工谷口与鹿が高山屋台の恵比寿台にとりつけたものを模したものだとか。
 手長像を初めて見たときは布袋大黒とオランウータンのキメラかと思った程、その姿は印象深くて、グロテスクだった。そーいえば外人さんがしきりにこの像をカメラに収めていたっけ、、。
 手長足長・・・ 元は中国の仙人なんだそうです。「足長」は海の幸を得るために脚が長くなり、「手長」は山の幸を得るために手が長く特化した。
 これが「夫婦」だというのはいくらなんでも谷口与鹿さん「そら無茶でっせ。」と言いたくなるけど(笑)。第一、そんな身体だと夫婦の営みが、、えーっっとあーやってこーやって、、。意外といいかも!セックスは創意工夫です(笑)。

 ところでみんなはウランガラスって知ってる?高山の「木の国館」では、実際にこのウランガラスにブラックライトを当てて黄緑色の蛍光を見せてくれます。、、その光はホントに「怪しい」って感じ。
 実を言うと、chikaはこのウランガラスにもう一度「出張デート」先で出会う事になるんだけど、それはもう少し先の話。
 ウランガラス、、なんというのかなぁ、その見た目に反してゴージャスじゃなくてチープ、、その光の安っぽさに辟易してあまり見ていたくはないんだけど、印象が強いから怖々又見てみたくなるという感じの不思議さ。
 名前の通りウランガラスって、ガラスの着色剤として微量のウランを混ぜたものの事なのね。
 普通の状態で見ていてもウランのお陰で、うっすらと黄色や緑色をしてて、今chikaたちが持っている知識とはまったく別の視点で、着色料としてウランが利用されていたわけ。
 ウランが発見されましたのは、今から約200年ほど前、1830年代からヨーロッパで製造が始まってボヘミア地方を中心に、食器など各種のガラス製品が大量に作られましたんだって。
 勿論、今ではアメリカなんかで僅かな量が生産されてる状態で滅多にお目にかかれない代物になってるわけなんだけど。
 このウランガラスのチープさに絡まるようにしてあるのが「放射能」っていうイメージ。「放射能」についてchikaたち日本人には特に強いタブー観があるよね。
 勿論、ガラス製品自体は身近なものだから、日本に限らずウランガラスの衰退は、放射能への忌避感と共に、ガラスの着色技術の発達によって運命づけられていたようなものなんだけどね、、。
 でもウランガラスに含まれるウランは微量だそうで、健康には全く影響がないって話。興味がある人は「はまって」みたらどうかと、、コレクションの対象としては穴場じゃん?と、かねがね思ってたんだけど、あったんだよね~これが。
 しかも今回の出張デートのお相手さんの所に、、。


 chika達のプレイを飾り棚の上から黄緑色の蛍光を放ちながら静かに見守っていたのは、そのウランガラス、、。
 そして今回の殿方は、せっかく高山方面まで来たので、「Aさん」じゃなく谷口与鹿さんにあやかって「与鹿さん」と呼ぶことにしました。
 与鹿さんのビザールプレイにかける創意工夫、じっくり味わってください。chikaはかなりびびってましたが、、。

01fvf.jpg 

09fvv.jpg  プレイに使えるような「離れ」を持ってる田舎の豪家へ出向くのはそんなに珍しい事じゃないけど、ゴールデンウィークの最中に家人を旅行に出させて自分だけがデリバリーSM嬢と楽しむというケースになると、そのプレイ内容を含めて色々な意味で「特殊」なことが多いんです。感覚的には「ハイドさん」に拉致られてるみたいな(笑)。
 離れの中の一室に案内されると、すでにそこには沢山の合羽が床に置かれていました。その他にも拘束のために使うベルトや手錠が何本もあったし。
 その時のchikaの格好は、上半身は体にぴったりと貼り付いたブラウス、下半身には深くスリットの入ったミニスカート、スカートの中は心もとないほど小さなパンティだけ。 エロいといえなくもないけれど、chika的には結構普通の格好、、通常なら入浴シャワーを経てプレイ用のコスを着用してから事に及ぶんだけど。与鹿さんにはそういう手順は必要ないようです。
 それでも衝立の影で服を脱ぐchikaをチラチラと見ていたのは、おそらくchikaがニューハーフだからでしょう。
「どれでも好きな合羽を着てくれましたまえ。しかし最低3枚は重ね着してくれ、一番上にはこの黒色のビニール合羽を着てくれるともっといい」と言われました。
 どれでも好きな物を選んで良いと言われれば気前が良くて自由って感じだけど、3枚以上合羽を重ね着、さらに一番上は黒色なんだから、ちっとも「気前が良くて自由」じゃない上に、今回のお相手の気難しさがひしひしと、、。
 「あっ、これはライトSMって感じじゃないな」って、すぐに判って、緊張しながら服を脱ぎ終えると「合羽を着る前に手にこれをかぶせるよ。しかし肌が柔らかいな、、」と、与鹿さんにビニール袋をかぶせられ、さらにその上からゴム手袋をはめられました。
 すぐに手の中にジワッと汗がにじむのがわかりました。
 同じように脚にも、つま先から太ももが入る大きなビニール袋をそれぞれにかぶされ、それをビニールテープで固定されたのです。

「どれを最初に着る?」
 chikaは、汗で薄いビニールが密着する感触を思い出し、こーゆー人は多分あの感覚が好きなんだろうと考えて、透明で薄い素材でできている合羽を指差し「これにします」と言いました。
「いいよ、それにしなよ。それはゴミ袋のような薄さだけど、多少引っ張ったりしたぐらいでは破れない素材で、できててね。試しに思いっきり引っ張ってごらん。」
 その通りにしてみたら少し伸びるだけで一切破れることはありませんでした。

 ビニール袋で覆われた手足をなんとか動かし、透明ビニール合羽を着込みました。すぐに全身に合羽が密着して汗が滲みはじめます。
「フードもかぶってもらうけど、このフードは鼻の穴しか開いてないからね。先にキミの希望通り、口にビニールテープを貼ってあげるよ」と与鹿さんが言い、chikaの口を黒色のビニールテープで厳重に塞いでしまいました。
 勿論、chikaは「口にビニールテープ」なんて事を希望した覚えはありませんが、すでにプレイは始まっていて、chikaは与鹿さんがいうような「拘束好きのオトコオンナ」を演じる他ないわけです。
「よし、フードをかぶせてやろうか。」
 ゆっくりフードがchikaの頭を覆って行きます。chikaはとまどいながらビニール越しに与鹿さんの動きを見ているしかありません。
 フードも透明なビニール素材でできているので、視界を奪われることはありませんでしたが、唯一開いているはずの鼻の穴が小さいため、かなり呼吸が苦しい状況でした。
「このフードは私の自作で2枚組みになってるんだ。もう1枚のフードもかぶせるとさらに息苦しくなる」と言って与鹿さんは、chikaの顔を眺めながら2枚目のフードをかぶせ、その上から幅広のビニールテープで、きつく目と鼻以外の部分を巻きつけ始めます。
「・・・・・んぅぅ・・・」
「いいなぁ並の女よりそそるよ」
 ビニールテープが顔面を圧迫して来ます。しかも小さな呼吸穴しか開いていないフードを2枚もかぶせられているので、かなり息苦しい・・・・・そんなchikaを与鹿さんは、嬉しそう見ています。

「さあ、後はこの2つの合羽を重ね着してくれ。と言ってもかなり動きづらい状態になってるだろうから手伝ってあげるよ」と言われ、真っ黒のビニール合羽とズボンを2枚着せられました。
 全身から汗が噴き出し合羽が素肌に密着しています。
 呼吸もかなり苦しい・・・chikaはゴム手袋を嵌められました指でフードを引っ張るようにして、なんとか空気が呼吸穴から入ってくるようにしていました。
 そんなchikaの様子を見て与鹿さんは「大丈夫、すぐに呼吸は慣れるよ。大きく息を吐いて、ゆっくりと息を吸ってみるんだ」と声をかけてきました。
 言われるままに試してみると、ほんの少し呼吸が楽になった気がしました。

「これを履いてくれ」と今度は黒いゴム長靴を渡されました。
 このゴム長靴も与鹿さんの自作品らしく、伸縮性が高い素材でできており、引っ張るようにしてそれに足を入れていくと、つま先から太ももまで完全にゴム長靴で締め付けられるようになりました。
 chikaにとってはお馴染みのラバーなんですが、与鹿さんの差し出すこれは、まったく雰囲気が違う物でした。ファッションとは縁遠い代わりに、ゴムとしての禍々しい魅力に溢れていました。
「いよいよ完成だな。最後にこれをつけよう。」
 そう言いながら与鹿さんは、chikaの合羽ズボンのベルト通しに、頑丈そうな黒革製のベルトを通しました。
「どうだい、こういう合羽を着せられました感想は?と言っても話すことはできなかったな」と与鹿さんは興奮したように話しかけて来ます。
 相変わらずchikaは、指でフードを引っ張るようにして、なんとか空気が呼吸穴から入ってくるようにし続けていました。

「ここに胡座の体勢で座ってくれ。」
 その通りにすると、手に持った長めの革ベルトで胡座に組んだchikaの足をきつく固定します。
「足を動かしてみて」と言われましたので、足をばたばたさせようとしたのですが、胡座に組まれました両足はびくとも動かせません。
「仕上げはこれだ。」
 与鹿さんから金属製の手錠を見せられました。
 それは特殊な手錠で、手首に嵌める部分がリストバンドほどの幅広になっており、手首を痛めないように内側にはゴムが貼り付けられていました。
「面白い手錠だろ。SMクラブとかではあまりお目にかからないはずだ。何しろ実用本位だからね。嵌められた人間が手錠の痛みを感じないようにこんな形になっているんだよ。逆に言うと何時間も嵌め続けさせれるってことだけどね。」
 そう言い終ると、その手錠をchikaの腰ベルトの背中側に持っていき、南京錠でベルトとそれを固定してしまいました。
「どうかね、合羽を重ね着した感触は?今、鼻の穴以外はすべてビニール製の合羽で密封されてるわけなんだが、、ゴムが好きだと聞いているんだがね。これは序の口だよ。さあ自分で背中に固定している手錠を嵌めてくれるかね。私はこれを一度嵌めたらしばらくはその後手の手錠は外さないつもりでいる。これからどうするか、君が自分で決めるんだ。」
そう言い終ると与鹿さんはじっとchikaを見つめたまま何も言わないのです・・・。
 デリバリーSMと言っても、相手は「会員候補」の方ですから、それなりに身元はしっかりしていて、こんなプレイでも滅多な事は起きない事は判っているのですが、主導権が完全に相手にある場合には不安がつきまといます。
 勿論、ここまできて、いまさら止めることはできません。手探りでまずは左手を背中に回し手錠を嵌めました。
 なかなかロックがかからないので強めに手錠を押さえるようにするとガチリッと音がして、手首を痛めずに同時に隙間なくロックがかかりました。
 残された右手は、まだビニールフードの中に空気が入るように指でフードを引っ張るようにしたままです・・・そうしているのは、この状態で右手にも手錠を嵌めると息ができなくなるのではないかと不安でたまらなかったからです。
 本当にこういったディープなプレイヤーに出会うと、受け身のままで、自分がどこまでいけるのか見極めるのが難しいのです。
 逆に言えばお客様の方も、chikaの事を、どこまで遊べる相手なのか瀬踏みをしている状況なのですが。
 与鹿さんは何も言いません・・・ふぅぅぅぅ~ふぅぅぅぅぅぅ~・・・chikaの呼吸音だけが部屋に響いています・・・
 chikaは決心して右手をゆっくりと背中に回しました。


04uuiiiu.jpg 

 もがき続けて懇願するchikaに向かって「そんなに喜ぶなんて意外だよ。だって4分もビニール袋で窒息させられるなんて聞いたら普通は逃げ出すはずなのに、君は嬉しさに身を震わせているじゃないか。君は、私がいつか出会いたいと願っていた通りの窒息Mだ、本当に嬉しいよ。」と与鹿さんは言いました。
 んんんっっっっっっっっ~~~~~んぐっっっっ(違いますぅぅぅぅぅ~一度解いて下さいぃぃぃぃぃ)。
 実を言うと半分演技で、半分は本気だったんです。
 この意識配分がプロのM女として適切なのかどうかよく判りませんが、chikaはMをやるといつも、こうなります。
 そんなchikaに構わず与鹿さんの話は続きました。
「君の早く責めを受けたい気持ちは分かるが、いきなり4分もビニール袋をかぶるのは止めておいた方が良いよ。少しずつ・・そうだな15秒づつビニールをかぶる時間を長くして慣れさせた方がいい。君の体が大事だからね。」
 妙に優しい口調が、さらにchikaを不安にさせます。
 chikaが嫌がっているのを分かった上で意地悪く言っているのではなく、完全にchikaが責めを望んでいると信じきっている口調だからです。
 確かにchikaの売りは「サドでもマゾなニューハーフ女王様」だし、ラバー・呼吸制御系、OKな人なんですが、「窒息M」と正面切って言われれば、それはそうではないような、、。
「少し拘束を変えてみよう」
 そう言って与鹿さんはchikaの頭部からビニールフードを脱がしました。
 久々に新鮮な空気を大量に吸い込むことができました。
 ビニールフードがchikaの呼吸をどれだけ大きく制御していたかを感じさせられた瞬間でもありました。
「目を閉じてっ!」
 与鹿さんの言葉や様子の変化に不安を感じ、何か抵抗するとさらに過酷な責めを受けさせられる気がして黙って命令に従うことにしました。
 両目にベッタリとビニールテープが貼りつけられ目の前が真っ暗になりました。
 目蓋を開けようとしましたが、ビニールテープに阻まれてしまい動かすことができません。オトコなのにオンナに見えるこの「顔」が売りなのに、、と思うまもなく、「そのままジッとして」という命令が下りました。
 ゆっくりと硬いヘルメットのような全頭マスクをかぶせられ、首元でギュッと締め付けられる感触がありました。
 これも初めての感触です。倶楽部で使う全頭マスクの中にはファッションではなくハードボンデージ用のものもありますが、ここまで固くはありません。
 さらに両手を握り締めた状態で、その上からテープでグルグル巻きにされます。
 一方、足の拘束が解かれて、足全体が開放感に包まれましたが、痺れていてすぐに立ち上がることができない状態でした。
「ほら立って、少しだけ移動しよう」
 与鹿さんに体を支えられるようにして視界を奪われたまま数歩移動するとベンチのような長椅子に寝転がされました。
 固い革製のベンチのようでひんやりとした感触があります。
「両足を真っ直ぐに伸ばして。」
 言われるままに従うとベンチに取れ付けられているらしい革ベルトで足首、膝下、膝上、太ももをガッチリと締め付けられるように拘束されました。
 両足はベンチと完全に固定されてしまいビクとも動かすことができません。
「これから手錠を外すよ。特製の革拘束具で拘束し直すから、手は後に回したままにしてること。」
「3分間を超える窒息責めは、革拘束具を使って体の動きを完全に封じておかないと暴れまわったりして関節を痛めたりするかも知れないんでね。これには素人だとかプロだとかは関係ないんだ。」と言われました。
 一瞬ですが両手の拘束が解けました・・・与鹿さんの「責め」の興奮をこちらの主導で高めるチャンスです。
 別に先ほどの「素人だとかプロだとか」の言葉に意地として反応したわけではなく、オカネを戴いている限りは、なんの反応もない、ただの人形であってはいけないのです。
「じゃあ、手錠を外すぞ」
 ガチャリと音がして長時間嵌められていた手錠が外されました。
 自由になった両手を使って、激しい勢いで、、上半身をくねらせながら頭にかぶらされてしまった硬いヘルメットのような全頭マスクを脱ごうとしました。そうすることで与鹿さんの加虐の炎をより大きくすることが出来るからです。
「おい、手は後のままだと言っただろ!」
 与鹿さんの叱るような声が響きます。
 chikaは必死に全頭マスクを脱ごうとし続けます。勿論、身体をよじりくねらせながらです。全頭マスクの内側に響くchikaの叫び声は、妖しいくぐもり声として与鹿さんに届いている筈です。

 kousoku02.jpg

しかし、当然、両拳を握り締めた状態でテープでグルグル巻きにされている状態では、全頭マスクを外すことは出来ません・・・。
 何か首の辺りで固定されているらしく、強引に押し上げるように脱ごうとしても首に痛みが走るだけで全頭マスクは一切脱げる余地はありませんでした。
「手を後ろにしろと言ってるだろ!」
 再び与鹿さんの怒声が響きました。かなりヒステリックに叫んでいるので、どこまでが興奮なのか、演技上の怒りなのか?微妙な部分で、そこがchikaを不安にさせました。
 chikaは全頭マスクを剥がそうとする演技から、今度は動きを足の拘束を解くことに変更しましたが、実際こちらの解除も(演技どころではなく)やはり拳をグルグル巻きにされている手では革ベルトさえ外すことができません。
 chikaに残されました手段は、手を後に回さずに、芋虫のようにのたうち回って抵抗の姿勢を示すことだけでした。

 バシィィィッッ!!!大きな音とともにchikaの上半身に痛みが走りました。その何かの正体は目を封じられているので分からなかったのですが、鞭のようなもので叩かれたようです。
 でも、その痛みで少し安心しました。
 与鹿さんはちゃんと鞭打ちの強度を加減をしています。というかこのようなプレイに、おそろしく場慣れしてるようです。これならchikaもプレイに本気で突っ込んでいけそうです。
「言うことをきかないと悪い子はおしおきだ!」
ビチィィィッッ!!!
んぐぅぅぅぅぅっっっっっっ~~~(痛いぃぃぃぃ~~~)
「おら、手を後に回せ!」
バチィッッッッ!!!
んぎぃっぃ~~ぐんむんっっっ(止めてぇぇぇ~~~痛いぃぃぃぃ~~~)
「まだ抵抗するのか、もう1発だっ!」
バッチィィィッッッッッ!!!今度は股間を叩かれました。
んぎぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!~~~
「どうだ、まだチンボに鞭を喰らいたいか?そんなになってもチンボは急所なんだろう?何発でも言うことをきくまで叩いてやるぞっ」
 バチィッッ!!!ビシィッッッ!!!バシィッッッ!!!
んぐぅっぅぅぅ!!!~~~うごぅっぅぅっっ!!!~~~んぐぐぐぅぅっっ!!!~~~
(止めて下さいぃぃぃ~~~痛いぃぃぃ~~~言う通りにしますぅぅぅ)
 chikaは完全に征服され、与鹿さんの命令に従う他は無く、両手を後に回し両手を後に回し腕組みするように重ねました。
「よしよし、素直になったね。少し生意気な子をおしおきする気分も味わえて楽しかったよ」
 与鹿さんは、今度は自らchikaの頭部を覆った全頭マスクを剥がしてくれました。この時は、これからも普通のプレイが展開されるものだと安心していたのですが、、。

kousoku01.jpg 

 ・・・これは後で判った事ですが、30センチぐらいの長さの頑丈な革でできている筒状の拘束具を与鹿さんは用意していたようです。
 筒の中は2つに仕切られており、それぞれの穴に右腕・左腕を通すようにと与鹿さんに説明と指示を受けました。
 目をテープで塞がれているので、与鹿さんが介助する形で右手・左手を穴の中に通します。
 肘下から手首までがスッポリと拘束具の筒の中に収められてしまいました。
 筒上の拘束具の外側には両腕を束ねるように拘束するためのベルトが5本取り付けてあり、それを締め上げると両腕は後手に腕組みしている状態で、束ねられるように固く拘束される仕組みになっていたようです。
 さらに筒の中から腕を抜けないように、それぞれの手首に筒の穴より大きいサイズの手錠を嵌められました。
 万一、5本のベルトが緩んでしまっても手錠が筒に引っ掛かり拘束が解けないように考えられているとの事、、、。
 その上その5本のベルトも絶対に緩まないように各ベルトは小さな南京錠でロックするという念のいれようです。
「どうかね、腕は絶対に後手の状態から動かせないだろう?」
 起こされていた上半身もベンチに仰向けに寝かされ、腰、わき腹、胸、首をベンチに取り付けられている革ベルトで締め上げられベンチに固定されました。
 この拘束ベンチは、頭を乗せている部分だけが下に倒せる構造になっていて、与鹿さんが何か金具のようなものを押すとその部分が倒れ、chikaの頭だけがガクンと落ちそうになりました。
 頭以外をすべてベンチに拘束されているので、頭だけが仰向けの状態で垂れ下がり逆さに部屋の床を見ているような体勢になっているようです。
 もちろんchikaの目は塞がれているので部屋の床は見えず真っ暗なままなんですが。
ややあって与鹿さんから、ベンチのこの部分だけが倒せるようにしてあるのは、窒息責めに使うビニール袋を頭にかぶせやすくしているためだと聞かされました。

 もうchikaには抗う術は全く残されていませんでした。
自ら手錠を嵌めた瞬間から、完全に計算された拘束を受け続けることが決まっていたようです。
 あの瞬間が「踏み絵」の瞬間だったわけです。いくらプロのSM嬢相手でもこういった危険の伴うプレイを展開する場合には、プレイヤーの側にも相手に対するそれなりの値踏みが必要だったのでしょう。
 chikaの方も、プレイという枠組みを超えて、もう耐え続けるしかない・・・窒息の苦しさにもがくことすらできない拘束を施された状態では、すべてを与鹿さんに任せて強制的に受け入れるしかできないのだと思いました。
 こういうお仕事を続けていると、少なからずこーゆー腹の括り方をしなければいけない場面があるのもです。

aroma01.jpg 

aroma02.jpg 「ビニールフードは、かぶせない代わりにこの特製のビニール袋をかぶせてあげよう。自慢のアイテムだよ。これは非常に薄く柔らかいビニールで作られた袋で、君がわずかに息を吸っただけでも、すぐに君の鼻腔に密着して窒息させることができるようになっている。破こうとしても伸びるだけで絶対に穴が開いたりすることがないから窒息責めには最適のアイテムと言えるだろうね。」
 ・・・・・・・・・勿論、chikaは何も答えることは出来ません・・・・・もうすべての責めを受け入れるしかないのです・・・
 無駄にもがいて体力を消耗しきってしまえば、いざと言うときの備えがなくなるので動きをセーブしできるだけ呼吸を整えておくことにしました。
「ふふふ、すべての責めを受け入れる覚悟ができたようだね。まずは3分15秒間でいくか、、我慢してもらうよ。」
 ゆっくりと特製ビニール袋が頭にかぶせられようとしています・・・不安な気持ちが働いて、無意識に後頭部をベンチに押し付けるようにして、ビニール袋をかぶされないように抵抗しようとしました。
 ガタンッ!!突然、ベンチの頭を支えていた部分が倒れ、頭だけが宙に浮いている体勢にさせられました。
「いくら窒息Mの君でも長時間ビニール袋をかぶせられると思うと無意識に抵抗してしまうのは仕方ないことだね。私も経験があるが、独りでオナってる時にはせいぜい1分ぐらいしかビニール袋をかぶり続けられないものだからね。だからこのベンチは改造してある。これなら抵抗のしようがないだろ」

 頭の先から首へと特製ビニール袋がかぶされていきます。ビロードのような柔らかい感触が顔の表面を撫でていきます。軽く息を吸うと、鼻の穴から汗や唾などが混ざり合ったような異臭がしました。
「いい匂いだろ、この特製ビニール袋には今まで私に責め抜かれた奴隷達の汗や涎が染み付いてるからな。」
 実際にはそんな事はないにしても、そう言われるとそのような匂いがする気がしました。
 そう言い終ると与鹿さんは、chikaの頭の先から首までにかけて、押さえつけるように撫でて特製ビニール袋の中の空気を抜いてから、首元をゴム紐で軽く締め付けるようにとめてしまいました。

 窒息責めが再開されました・・・早く時間が経つのを祈るしかない・・・ゆっくりと、浅く息を吸い込みます。
 ペチョリ・・・いきなり特製ビニール袋がchikaの鼻腔に貼りつき、わずかな呼吸も許しません。
 息が吸えなくても、息を吐いてしまうことになります。
 ふぅぅぅぅ~~~最小限の息を吐くようにしたが、吐き出されました空気は首元から特製ビニール袋の外に漏れ出てしまいます。
「息を吐くことはできても、ほとんど息を吸うことはできないだろ。ビニールが君の顔の形に沿って貼りついているぞ。いいなあぁ、独特だよ。オンナともオトコとも違う色気がある。」
ぐぅぅぅ~~~(息ができない~~)
んぐぅんんんっっ!!!ぐむぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ~~~(もう苦しいぃぃぃ、許して下さいぃぃぃ)むぐぅぅっっっっっっ!!!(ビニール取ってぇぇぇ)
 ねっとりとビニールが顔面に貼りつきます・・・・・
 ペニクリに差し込まれました責具をグリグリッ回され激痛と窒息の苦しさにもだえながら、気を失いそうになったところで3分15秒の窒息責めから解放されました。

aroma03.jpg  これから、4分間もビニール袋をかぶせられましたまま耐えられるようになるまで、過酷な責めが繰り返されることをchikaは受け入れられる?このまま放棄しちゃう?
 そんな躊躇をしながら、何度も窒息責めが繰り返されました・・・責具で快感と激痛を、特製ビニール袋で窒息責めを同時に受け続ける・・・
 けれど3分間の窒息責めを受けたところでついに体がビクビクッと痙攣を起こしたようです。
 そのたびに責めは中断され、再び窒息責めが再開されるが3分を超えると体の痙攣が治まらないようになりました。

「どうやら、この責め方では4分が限界だね。もう少し窒息の苦しみを紛らすように工夫が必要かな、、」
 再び特製ビニール袋がchikaの頭にかぶせられました・・・・・これまで、ここで窒息責めを受けた奴隷達の汗と涎にchikaの汗が混ざり、特製ビニール袋はひどく臭い匂いがしました。
「いい匂いだろ、だんだんこの匂いが嗅ぎたくて嗅ぎたくて仕方なくなるよ。窒息奴隷はこの匂いを嗅ぐと興奮する生き物だからね」
再びゴム紐で密封されてしまいます。
 不思議なことに、与鹿さんの言葉通りこの臭い匂いが嫌でなくなっています。むしろ媚薬のようにこの匂いを嗅ぐと興奮が高まって来るのです。
 過酷な窒息責めを受け続けたおかげで、2分程度はジッと我慢できるようになっていました。けれど、そこから先は拷問のような過酷な責苦に変わるのです。息苦しさに身もだえが始まります。

 ポトリ・・・突然顔面に熱い滴が落とされ、その熱さに身を捩ろうとしたが拘束されました体はわずかに震えるだけでした。
 ポトッ・・・んぐぅぅぅぅっっ(熱いぃぃぃ)ポトリ・・・んぐっ!!(熱いぃっ)ポトリ・・・むぐっっ!!(痛いいぃっ)
「どうだね、顔面密封ロウソク責めだよ?特製ビニール袋はこの程度の熱では溶けたりしないからね、安心して顔面で蝋の熱さを楽しめばいい。」
 ボタ・・ボタ・・ボタ・・ボタ・・ボタ・・ボタ・・・・・容赦なくロウソクがchikaの顔面に垂れてきます。
 んぐぅぅぅっっっ~~~(熱いょぉぉぉ~~)んぐっんぐぅっ!!(止めてぇぇ止めてぇぇ)
 あまりの熱さに後手に拘束された腕にも力が入ります。しかし拘束具はchikaの両腕を決して自由にはしません。

h_279thd00002ps.jpg 「、、もうすぐ3分経過だ。今度は顔面に付いたロウを取ってやろう」
 バチィッ・・・・・顔面を鞭で叩かれました!。
んぐぉぉぉぉぉぉぉ~~~!!!(痛いぃぃぃぃぃぃ)
 ビチィッ・・・・・ロウソク責めの熱さなど比べものにならない痛みが顔面を襲いました。冗談!!いくら手加減したからって顔は駄目っ!顔はニューハーフの命なんだからっ!
 ぐぅんむぅぅぅっっっっっっっっっっっっっっ(痛いぃぃぃぃぃぃ止めてぇぇ。)
バチンッ、バチィッ、ビシィッ・・・・・部屋中に顔面を鞭で叩く音が響き渡っています。実際には音ほどのダメージが加えられていないことは判っていても精神的な圧迫感は凄い物です。
「ついに3分15秒経過だぞ。あと45秒だ、好きなだけもがいて呻いて窒息責めを楽しめんでくれたまえ」
 鞭で叩かれるのが止まると恐ろしいほどの息苦しさが襲ってきました。
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~
ベタッ・・・ビニールが鼻の穴を塞ぎます。
ぐぅぅぅぅっ~~~~~~
ぺトッ・・・何度を息を吸おうとしてもビニールがもの凄い速さで収縮し顔面に貼りつくのです。

 あぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅっっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!自分の大きな呻き声が部屋中に響いているのが判ります。
「あと10秒で・・・4分・・・」
 与鹿さんの言葉が途切れるように聞こえました。
 気付いた時にはビニール袋が外され、与鹿さんの覗き込むようにする顔がchikaの目の前にありました。
「よく私のために我慢したね。4分は無理だったが3分50秒もビニール袋をかぶり続けてくれた奴隷は君が初めてだ。」
 優しくchikaの顔を撫でながら与鹿さんは話し続けます。
「君も相当長い時間窒息責めを受けたからかなり体力を消耗しているはずだろうね。だが、もう少し頑張って私の願望を叶えてくれないか。それが終わったらゆっくりと休むといい。」

h_279thd00003ps.jpg  再び胡座に足をベルトで、両手を後手錠で拘束されました。いくら抵抗しても無駄だと思ったので素直に拘束を受け入れるしかありませんでした。
 ゆっくりと頭の上から特製ビニール袋がかぶせられるのが、見えなくても匂いで分かるようになっていました。
 与鹿さんが胡座拘束されているchikaの背中側に座り、足はchikaの胴を締めるように、両腕はchikaの首に回して抱きしめるような体勢をとっています。
「これまでの君の窒息している顔を見てて、もう私のチンボも我慢の限界なんだよ」
 chikaの腰の辺りに与鹿さんのいきり立ったペニスが当たっていました。
「今からどんなに苦しくてもがいても4分間は完全窒息密封するよ。だが窒息責めを早く終わらせるチャンスもやろう。後手錠のまま私のチンボをつかむんだ」
 言われるように右手で与鹿さんのペニスを握ると、そこからドクンドクンと脈打つような感触が伝わって来ました。
 握った右手の上から大量のローションが垂らされ、chikaの手と与鹿さんのペニスがヌルヌルベトベトの状態になります。
「よし、始めるぞ。ビニールで密封されたら私のチンボを撫でたりシゴいたりしてイカせてくれ。私がイッた時点で窒息責めを終わらせてあげる。イカせることができない時は4分間はビニール袋をかぶせたままだ。」
 ビニール袋の中の空気を抜くようにしてからゴム紐で顔面を密封されました。
 後から与鹿さんが、自らの右頬をchikaの左頬に密着させて来ます。右腕はchikaの右肩から首に回すようにして抱き寄せます。
「もう始まってるぞ。私は君がビニール袋の中で窒息に悶える顔をゆっくりと眺めながら楽しませてもらう」と与鹿さんが言うと、彼は空いてる左の手の平でchikaの鼻をビニール越しに軽く塞ぎ始めました。

 chikaは不自由な後手錠拘束の体勢のまま、ゆっくりと優しく与鹿さんのペニスを撫ではじめました。
「うん、気持ちいいぞ」
 手探りで尿道の辺りをチロチロと指で撫で回す。与鹿さんのペニスがピクッと反応しています。
「・・・んっ・・・いいぞ、その調子だ」
 けれど、しばらく同じところを撫で回していると与鹿さんのペニスは反応しなくなって来るのが判りました。

 んぅぅぅぅぅぅぅぅ~~~~1分程度息を止めて我慢していたのですが、思わず息を吐いてしまいました。
 与鹿さんにビニール越しに手で鼻の辺りを軽く押さえられているので、吐いた空気はビニール袋の外にすべて漏れ出てしまいます。
「1分経過だ。そんなやり方では私を4分以内にイカせることなんてできそうにもないな」
 亀頭と竿の段に指を小刻みに震わすように這わしてやりました。また与鹿さんのペニスがピクッと反応します。
「いいぞ・・・うまいじゃないか」
 ビニールがchikaの呼吸を奪い始めてから2分ほどが経過しているようです。
「どうした。早くイカせないと窒息の苦しさでチンボを撫でている余裕がなくなるぞ」
 さらに呼吸が苦しくなっていきます。与鹿さんにビニール越しに頬同士を密着させられ、左手で鼻を塞がれているので吐いた息を再び吸い込むことすらできません。
んぐぐぐっっっっ(苦しぃぃ)

 どうすれば与鹿さんが感じるのか?それを探る余裕がなくなって来ています。ビニールが鼻を塞ぐたびにペニスを触るchikaの手の動きが止まってしまうのです。
「ビニールがすごく君の顔に密着しているぞ。その表情が興奮させるんだ。そのまま4分耐えるのを選ぶのか?それとも私をイカせるのか?」
 時間は3分を越えようとしているようです。呼吸が激しくなります。けれど、いくら呼吸を激しくしてもビニールはchikaの鼻を塞ぎ続け、少しも息を吸わせません。
んぐっっっっっっっっっ~~~~(苦しぃぃぃぃぃぃぃぃ)
んぐんんんんんんんぅぅぅぅぅぅぅぅぁぁぁぁぁぁぁ~~~~(早くイッて下さぃぃぃぃぃ)

 無我夢中で与鹿さんのペニスを右手でしごきあげました。残された左手を使って金玉をコリコリと刺激します。
 ぎゅうっと与鹿さんのchikaを抱きしめる力が強くなりました。ペニスもピクピクと反応している。
「・・・ぐ・・・いいぞぉ・・・気持ちいい・・ぞ・・」
 言葉からも与鹿さんが感じているのが分りました。
 必死に竿をしごき、玉をコリコリ刺激し続けます。すでに4分が経過し窒息の苦しさがchikaを責め続けます。
 んぐんっ!!!!!(息がっっっ)うぐぅぅぅっっ!!(苦しっっっ)むぅぅぅぅ!!(早ぐぅぅぅぅ)んぐっっっ!!(イッでぇぇぇ)

 与鹿さんは体をビクビクとさせらがら、胡座拘束されたchikaの体にしがみつくように抱きついて来ます。
 与鹿さんも我慢しきれない状態に近づいているのが全身から伝わって来ます。けれどchikaの窒息責めの限界も近づいているのです。
「・・うっ・・・もう少しだ・・・私をイカせてみろ・・」
 んぐん!!!(苦ちぃっっっ)
 むぐんっっ!!!(苦しぃっっっ)んっっっっっっっ!!!(苦ひぃっっっ)
苦しさにもがきながら、もの凄い速さでペニスをしごきあげます。
 んんんんんんんんんんんんんんんんっっっっっっッッッッッッっっっっっっっっっっっぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ~~~~~(おねがひぃぃぃぃぃ早くイッでぇぇぇぇぇぇぇっっっっっっっっっっ)
 ドビュゥッ!・・・右手に与鹿さんのペニスから精液が飛び出る感触がしたと同時に、chikaの目の前が白くなりました・・・・・・・
 気が付くと、ビニール袋は外され、目に貼られていたテープもはがされていて眩しく感じました。

h_279thd00001ps.jpg 

 どのくらい時間が経ったのだろう・・・まだ呼吸が完全には整っていなことから数分程度なのかも知れない。
 相変わらず胡座の体勢に後手錠のまま拘束され続けていました。
 部屋の奥で冷蔵庫の中からジュースを取り出している与鹿さんの姿が見えました。
「気が付いたようだね。君は見事に私の願望を叶えてくれました。本当に可愛いヤツだ」 その言葉を聞いて、ようやく窒息責めから解放されると安堵の気持ちがchikaの中に押し寄せました。このプレイはchikaにはきつすぎる。
 早く拘束も解いて欲しい・・・口はテープで塞がれたままだったので、その意志を伝えることはできませんでした。
「君も相当疲れたろ、少し寝て休息した方がいいな。拘束されたまま責め果てさせられ、眠りつく姿も私は好きなんだよ」
 まだ解いてもらえない・・・これだけの責めに耐えたのは、与鹿さんに満足を与えた上で解放されたいためだったのに、まだやりたいと・・それが叶わないことが言い渡されました。
「契約の10時間は拘束を解かないから。まだ、あと7時間もある。これからがもう1つの楽しみなんだよ。10時間もそんな体勢で拘束され続けていると、どんな呻き声を聞かせてくれるのか、どんなもがき方を見せてくれるのか・・・想像するだけで興奮する。」
 抵抗する気力もなくchikaは再び目をテープで封じられました。そして肘の上にも手錠が嵌められ腕の動きを完全に封じられました。
「私はこの手錠での拘束が気に入ってる。ロープの緊縛も楽しいが、絶対に解けない絶望感を味あわせるには金属の手錠が一番だな。胡座拘束のまま疲れ果てて眠りにつく姿も最高に私を興奮させてくれるよ」
「あっ、それと言い忘れてたが小便をしたかったらその合羽の中に漏らしていい。君が合羽を着たまま汗や小便でグチョグチョになっていく姿を楽しませてもらう。まぁ、ゆっくりと拘束奴隷になった気分を楽しんでくれたまえ」


 与鹿さんの言葉通り過酷な窒息責めを受けた疲れからか、chikaはいつの間にか眠ってしまったようです。
・・・・・どのくらい寝ていたのだろう・・・
 目をビニールテープで塞がれているので時間の経過が分りませんでした。
 後手錠拘束されているので肩、肘、手首の関節がきしむように痛かった。着せられている合羽が汗で全身に貼りつき、まるでビニールで全身を梱包されているような感触でした。
 目が覚めたのは関節の痛みと尿意のため・・・いつの間にか急に尿意を強く感じていたのです。
 普通ならM男の口に小便を放出してるのに・・・けれど、もう与鹿さんには責具で強制排尿させられているし、窒息責めに悶えるボロボロな姿も見られているので、プライドの為に我慢することは余り意味がないように思えました。
 じょろぉぉぉ~
 ほとんど我慢することなく小便を漏らしてしまいました。生温かい小便が合羽の中に流れ足先を覆っているビニール袋の中にまで伝っていきます・・・

33dfbz00001pl.jpg 「ついに小便かね。いいぞ、好きなだけ汚れるといい。奴隷が震えながら汚れていく姿は私をどんどん興奮させるからね」
 んんんんんっっっんんん~~~(もういいでしょ、拘束を解いて下さい~~~)
声にならない呻きで懇願しましたが与鹿さんは一切無視しているようでした。
「君、たいした我慢もせずに小便漏らしたが、後で匂いが臭くなってくるのを分かってないようだね。倶楽部ではそんなに長時間放置しないんだろうね。汗と小便が混ざるととんでもなく臭いよ。私にはそれも楽しみの一つだから良いけどね。」
 全身に何枚も合羽を重ね着して拘束されているので、全身から汗が異常に噴き出る。噴き出た汗が漏らした小便と混ざり蒸発し始めると異様な匂いが立ち上ってくる。
 んぐぅぅぅぅぅぅ~~~(臭いですぅぅぅぅぅ)んぐっっっっっぅぅぅぅぅぅぅ~~~(肩が痛いですぅぅぅぅ~~~)
 約束の10時間が過ぎるまでもう一度眠りたいと思ったけれど、関節の痛みと臭い匂いが気になって眠ることができませんでした。
 ただ胡座拘束を施されましたまま時間が経過するのを待ち続けるしかないというプレイ・・・・・
 関節が痛くて仕方がないのです。
 後手錠で肘を絞るように拘束され、両手首も手錠を嵌められ腰ベルトにつながれているので、腕のどの部分もまったく動かすことができません。
 一体、何時間経ったのだろう・・・目も口も強力な粘着ビニールテープで塞がれているので時間を確認することができません。
 関節の痛さからかなりの時間が経っているはずと考えたかったのですが、こういう形で後手錠拘束を施されましたこと自体が初めてなので、chikaの経験値からは関節の痛さから時間の経過を探ることはできませんでしした。

「かなり拘束された感覚を楽しんでいるようだね。奴隷として拘束を施され被虐感を感じてみたいと思っていたんだろ。絶対にその拘束は解けないし、解かないから存分に楽むといいよ」
 与鹿さんが解かないと言った限り、契約の時間が切れるまでどんなことがあっても解いてもらえないのだろうと思いました。
 その覚悟はすでに今までの責めでできていました。関節の痛みと臭い匂いが辛かったが、できることなら約束の時間まで、こういう形の完全拘束に身を任せて味わってみようとさえ思えてきました。
「どうやら奴隷の自覚が芽生えてきたようだね」
chikaの心が読めるかのように与鹿さんの言葉が聞こえました。
「奴隷にはこれをかぶってもらおう。心配するな、窒息責め用じゃなくてただの全頭マスクだから鼻の穴は開いてる」
 と言ってchikaの頭にゆっくりとそのマスクをかぶせた。
 元々、目をビニールテープで塞がれていたので何も見えなかったのが、全頭マスクをがぶらされるとさらに目の前が真っ暗になりました。
「よし、又、奴隷らしい格好になったぞ。テープで目を塞ぐだけじゃ、万が一取れてしまうと拘束の被虐感に身を任せている君も興冷めしてしまうだろしね。この全頭マスクは簡単には脱げないからその心配も無い。君専用の小さな牢獄だよ。」
 chikaの気持ちも少しずつ変化しているのだろうか・・・どうせなら約束の時間までは完全な拘束を施されたいと願い始めていたのです。
 全頭マスクが頭全体を締め上げる感触はお馴染みのものだけれど、今回のそれはまた格別な感じがしていました。
 また静かに時間が経過していきます・・・・・解けない手首を動かそうとして拘束感を楽しみました。
 汗と小便と匂いすら心地良くなっている。臭い匂いから逃れられない拘束に酔っていたのかも知れません。
 べったりと全身に貼りついた合羽の感触も楽しんでいました。

aroma04.jpg  被虐感をたっぷりと全身で味わっていたかったのですが、締め切った部屋の中ので合羽を着て胡座の体勢で拘束され続け、体力が急速に消耗していくのが自分でも分りました。
 なにより拘束姿勢を変えて欲しかった・・・各関節がきしむように痛い・・・けれど、それを訴えるために言葉を発することすらできないのです。

 また、いつの間にか眠ってしまったようでした。しかし目覚めても何も状況に変化はなく胡座に厳しく拘束されましたままです。
 もう相当な時間が経っているはず・・・関節の痛みも気になりましたが、それ以上にほんの一瞬だけでいいから拘束を解いてもらい自由に腕や足を動かしたくて仕方ありませんでした。
 ぐんむっっっっっっっっ~~~~~~(一度だけ解いて下さいぃぃぃぃぃ)
chikaの呻き声を聞いて与鹿さんが言いました。
「ぼちぼち完全拘束の次の段階に進んだみたいですな。解いて欲しいのに解けない・・これからが本当の完全拘束を味わう時間の始まりですよ。まだ時間はたっぷりある、しっかりと悶えてくれたまえよ。」

 その後、何度も呻いて悶えて懇願を繰り返したのですが、そのたびに与鹿さんからは「時間はたっぷりとある、ゆっくりと楽しめ」の言葉が繰り返されるだけでした。
 chikaは捕らえられ拘束され続ける被虐感を楽しむ余裕がなくなってきていました。
拘束を解いて欲しい・・・それが叶わないのなら、せめて今の時刻だけでも知りたい・・・そう考え出した時に、時間の経過を絶対にchikaに分からせないように全頭マスクをかぶせられたのでは?との考えがよぎりました。
 けれど、そう考えたところで今のchikaにはどうすることもできないのです・・・できることは施された拘束に無意味に抗うだけ・・・・・・

 あまりにも長い時間が経過している。
同じ胡座の姿勢で拘束は続いている。
目をビニールテープで塞がれました上に全頭マスクをかぶせられ、真っ暗闇の中で過ごしている。
 与鹿さんに言葉をかけられたのも何時間も前に思える。
 与鹿さんが近くにいるはずだと思っているが、その気配が感じられない。
・・・・・・一体どうなっているのだろう・・・誰もいないの?・・・ずっとこのままなの?・・・・・
 不安でたまらなくなる。
けれどchikaは待つことしかできない。
完全手錠拘束を解くことはできないのだから・・・・・

 自分の中ではさらに長い時間が経過する。
あれからも何の変化もない。
暗闇と拘束されましたchikaがいるだけ。
 不安よりも何も変化がおこらない状況に焦り、気がおかしくなりそうな感じがしました。
 ・・・・・お願い・・・いるなら何か言って下さい・・・何でも言うことを聞きますから・・・このまま暗闇で拘束されるのは耐えられない・・・・・お願い・・・・・


このままだとchikaは闇の中に溶けて消えてなくなってしまいます。

そんなchikaの様子を与鹿さんは、ブランデーを舐めながら息を殺して観察し続けていたのです。
それが与鹿さんのメインのプレイなのでした。

 契約の時間が過ぎて全ての戒めが解かれたとき、部屋の飾り棚に置かれたウラングラスがぼんやり怪しく光っているのが印象的でした。


h_403zmx00005pl.jpgローションとゼンタイとニューハーフ 藤崎まい

ニューハーフとゼンタイ男とのゼンタイ悶絶2穴プレイと大量のローションのヌルヌルプレイ!























h_324dbk00003pl.jpg人権剥奪ボンデージテープ完全拘束 上原美菜

気の強い女ほど、自由を奪われると無気力に陥る。抵抗さえも奪う拘束力。その瞬間、女は卑劣な行為を受け入れ始める…。























orgavgl00026pl.jpg人間酷包 友田真希

首絞めで、もがき苦しみ、ヨダレを垂れ流す苦悦の表情。断頭台で陵辱調教ファック。大の字に張り付けられバイブ&デンマ責め。電流手袋で指マン!電流が膣内、クリトリスを駆け巡り痙攣絶頂!アヌスに大量ローター、極長極太ハリガタを子宮内部までぶち込まれボコ腹しまくり。巨根ハードファックで白目ムキ精神崩壊絶頂!


雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/15(土) 08:29)

<<「ヤンキー君とメガネちゃん」・・この世はすべてロールプレイ | ホーム | KIMOII(キモイイ・・気持ち悪くて気持ちいい)>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/285-5449dbc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア