FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 プリカム
2vcxvcx.jpg

aniyoru2.jpg   「アニメの夜」を読まれた方からメールを戴いて、「第三章で描かれている茶水宇蘭と金田少年の関係はひょっとしてchikaの依頼調教を下敷きにしてるの?」という御質問がありました。

 小説の中では、茶水宇蘭は金田少年を可愛がっているだけで女装やMを仕込んでいるワケではなく(金田少年は茶水と再会した時点で「開発」済み)、ど二人の関係はちらかとゆーと、お人形を相手にするみたいにただニャンニャンしてるだけなんですが、chika自身はそんな感じで年下のおこちゃまと恋仲に陥ったという体験はなく、これらの描写の裏付けは確かにメールのご指摘の通り「依頼調教」時の体験とゆーか、そのムードが下敷きになっています。
 第一、女装だとかM調教だとかの依頼が来るという事は、該当する本人にその素質が十分あるわけで、調教やってる最中は嫌でもレズ色満開な、シュガー・ベイビー(ボーイ)・ラヴな世界になってしまいます。

 会員さんから初めてその子を紹介された時、手足が長かったので、きっとあそこも大きいんじゃないかと思ったんですが、chikaの見込みどおり、実際この調教奴隷候補君は大きな男根を持っていて、更に核弾頭たる亀頭が充分発達していたのは嬉しいことでした。
 いくらお仕事とはいえ、いかにも女の子したオチンチンのちっちゃな少年を調教しても面白みはありませんから。
 ここでご紹介する少年の名前は、「アニメの夜」の下敷きになっている鉄人28号の主人公・金田正太郎からお借りして「正太郎」とします。
 又、今まで何度か「依頼調教」についての話を書いてきたことがありますので、今回は特にコックリングなどの小道具なし・正統「寝技の伝授・そのディテール(笑)」について詳しく書いておきたいと思います。

ggfeede087.jpg

b1sdmt00326ps.jpg  正太郎の乳首を、まずは指で次に舌で感じさせ、それで起ってきた若いペニスを握り締めては、しごきながら乳首のブツブツを舐ったり、尖らせた舌先で丹念にくぼみを突いていったりします。
 正太郎は直ぐ逝きそうになりますが、そうはさせず身体を反転させて彼を雌犬の形にしてから、今度は肛門を舐ります。
 親指で強く引いてアヌスをめいっぱい拡げてやり、舌を深く嵌めては肛門筋のリングと直腸をねぶり、ペニスを右手でやわやわとしごいてあげて、左手では乳首を擦ります。
 正太郎の鼓動は早まり、いかにもルージュが上手く乗りそうなその口から絶えず漏れる喘ぎは、可愛らしく、この子への愛情がふつふつと湧き上がって、思わず絶頂に導いてあげようって気分になってしまいます。
 けれど絶頂寸前に寸止めされる快感も教える必要があるので一旦行為を止めて身体を返してやり、彼のよく発達した亀頭を咥えこみます。
 亀頭の傘の根元をウンプウンプと唇で強くしごきながら、舌先を鋭く尖らせてそれを尿道口に挿しこんでは抽送します。
chikaの舌は先端の2センチぐらいを凄く細く尖らすことが出来るんです。
 右手の指を一本さらに二本と肛門に挿し込み前立腺を圧迫しながら左手は乳首を攻めます。
 亀頭がぷわっと膨れ、逝きそうになると金玉袋とペニスの根元を強く握り締めて寸止めします。
女の子のような言葉で大声を出すと、自分も相手も性感が強まりより興奮を昂めることを教え、好きなだけ叫ばせます。
 今度はディープスロートです。
 ペニスの根元を唇で強く咥えペニスの下部の尿道沿いの柔らかい溝を舌で擦りたてながら、亀頭を咽喉奥で咥えて頭を上下させてしごき立てます。
 同時に指を無理やり三本、狭い肛門に挿入して抽送しながら片手は乳首を抓み立てます。
 途中何度も寸止めして正太郎を泣かせますが、最後までこの責めを続けて、最後の最後にフィニッシュを迎えさせます。
 ペニスの筒元と前立腺を圧迫して射精を小刻みに断続させ、射精の快感を長引かせることも教えます。
 若い精液は濃くて寒天状のつぶつぶも多く、量はchikaの口に貯め置くことが出来ないくらいで半分はこぼれます。
 震える正太郎の身体を抱きしめキスして、この絶頂液の大半を正太郎の口に送り込み男の身で精液を味わって飲むことを教えます。

c1sdmt00326ps.jpg

 また直腸の奥のS字結腸や膣の奥の子宮頸孔で、亀頭を吸引された経験を持つ男はこれが出来ない相手との性行為が無味乾燥に感じられるようになるものです。
 前門、後門と口腔に同時に挿入される、あるいはペニスを膣ないし後門に嵌めながら肛門から嵌められ同時に口にも挿入され、口、膣、肛門に射精される快感を覚えたらそういったセックスが止められなくなるのです。chika自身もchikaの男女共のお客様もそうです。
 このような、人には言えない性技以前にも、うなじや乳房乳首、口腔鼻腔耳孔、膣男根、肛門や皮膚の性感帯への口や舌、手を使った精妙な愛撫も必要です。

a1sdmt00326ps.jpg

 正太郎にはそのような性愛行為のいくつかを施し彼自身も行使出来るように仕込みます。
 「依頼調教」というと、SM行為という関係性を受け入れさせるトレーニングととられがちですが、素材込みでchika達に注文されるのは、そういった事は当たり前過ぎる前提であり、調教の目的は、どちらかと言うと性欲処理技術を彼らの身体と心にたたき込むことにあるわけです。
 しかし面白いもので、これらの技術は一旦彼らの中に根付くと後は勝手に成長するものなのです。
 勿論、その成長の度合いは個人によって違います。chikaのようにそれを職業としている人間以上に「上手く」なる子たちも当然います。

d143mld02ps.jpg

b143mld02ps.jpg  依頼者の会員さんの別荘に招待されて、正太郎ともう一人の美少年との性交パーティに参加した時のことです。
 この美少年はハーフで正太郎より一つ年下なのですが、すでにこの世界で長く生きていた子で、街で会員さんが知り合ったようです。
 会員さん曰く、「この子、ウエンツ瑛士みたいな顔してるでしょ。中身はバリバリの日本人なの。でも・・綺麗な顔してるくせに女装には理解ないし、ホント言って自分好みじゃないんだけど、病気がないのとテクニックが半端じゃないところが気に入ってて手放せないの」との事。
 確かにこんな子が側にいて、自分の好みにドンぴしゃなら、正太郎を調教依頼に出す必要はないわけで、、、。
 正太郎によると彼の性技はすごいものがあり、正太郎が経験した相手の中でも最高の部類に入るそうです。
 chikaが寝室に入ると巨大な寝台の上で三人が既に絡み合っていました。
 chikaが調教した性奴隷正太郎と女装した会員さん=アンナと件の少年です。
 正太郎とアンナさんは右腹を下にして互い違いに横になりそれぞれの口で相手の右乳首を舐り左手はお互いの左乳房乳首を愛撫しています。
 これは乳首69とchikaが勝手に命名してアンナさんや正太郎に教えた形です。
 長く伸ばされた正太郎の右手は、やや細身の真紅のディルドを握って、アンナさんの雄膣を抜き挿ししています。
 一方少年の方は、大きな正太郎のペニスよりも更に巨大な白人系ペニスをアンナさんの肛門に割り込ませスラストしています。
 三人の喘ぎ、なかんずくアンナさんの絶叫は広い寝室に反響しています。

g433tko00101ps.jpg

e433tko00101ps.jpg  そそり立った正太郎のペニスの周りには大量のガマン汁が水溜りを作っていて、アンナさんの下半身周りにも男愛液の水溜りができています。
 その量から、もう三十分以上もこうして絡まりあっていたようです。
 三人の汗と愛液の臭いは強烈で、少年の独特の体臭とあいまってchikaの嗅覚を刺激し、強い勃起から遠ざかることが多くなったペニクリも自然に堅くなっていました。まあ一種の性の森林浴ですね。
 chikaを確認した正太郎は自分の肛門を侵してくれとしきりに身振りをしますが、久しぶりに正太郎の雁高大ペニスを見たchikaは、口の方に唾が湧き出して目が離せません。
 プレイヤーとして仕事をしてる時には滅多にないことなのですが、この日はゲスト扱い、そういった心理が働いていたのだと思います。
 先ずは正太郎のペニスを味わいたいと言うと、「chikaの好きにして」とアンナさんがそう応えてくれました。
 子供の握りこぶしほどの亀頭を口に含んで、その表面の滑らかさと実質の硬さとを味わい、雁下の結び目から尿道の口を舐めて懐かしい正太郎のガマン汁の味と香りと粘り気を堪能しました。
 次いで正太郎の20センチを根元まで飲み込んで咽喉奥で亀頭をぐりぐりしました。
 これはS字結腸で亀頭を吸引するのと並んでchikaの必殺技です。
 正太郎もこれを施されたのは久しぶりらしく快感の溜息を漏らしています。
 本当は正太郎の方が、先にはめてもらいたかった様ですが、ご主人のアンナさんが先ほどchikaにマスターの権限を与えたので、正太郎は自分を押さえたようでした。
 15分余り大ペニスを口の中で楽しんだ後、いよいよchikaが正太郎に教え込んだ肛門から直腸へと届く「嵌め」を、再確認させてもらいます。
 自然な肉の疼き以外に、卒業生がchikaの教え込んだ内容をどれだけ自分のものにしているのかと、妙に、醒めた意識もどこかにありました。

f433tko00101ps.jpg

c433tko00101ps.jpg  正太郎の形の良い大きな亀頭が肛門の筋肉を軋ませて侵入する瞬間は絶叫したくなる程の快感です。
 ここでは遠慮する必要も無く、(いや逆にそれが求められているので)意識して大声で艶良く叫びました。
 ペニスが直腸の奥まで届くとS字結腸で亀頭を咥えこみます。
 亀頭を締め上げられたまま正太郎が、相手の快感を掘り起こそうとペニスを抜き挿しするわけです。
 「どう?まだまだ先生は追い越せないでしょ。」そんな風に頭の中で下らないことを考えて、気持ちを持っていかれないように頑張ります。
 ペニスを抜かれる時はS字結腸に引きずられて直腸が反転し、めくり返って肛門口まではみ出しす感じです。
 一転押し込む時は直腸内壁同士が擦れ合い、正太郎のペニスの血管の硬い張り出しがめりめりと肛門筋を擦るんです。
潤滑液やゼリーを使いすぎるとこの快感は味わえません。
 chikaの場合、少量の唾液やガマン汁のぬめりは借りますが、むしろ乾いた状態で軋むペニス、肛門孔でのみ味わえる鋭く深い快感でないと物足りなくなっていて、そういった事が直感的に理解できているのも「教え子」故の事かも知れません。
 正太郎が大腰で抜き差しするたびchikaは大声でニャーギャーと叫びます。
 正太郎のディルドと少年の巨大ペニスによって二穴責めで犯されているアンナさんの吠えるような叫び声にも負けない大声が出ています。

b433tko00101ps.jpg  その内、アンナさんに繋がりながらも姿勢をずらしてきたウエンツ君似の少年の顔がchikaの上半身に届くようなり、彼はその口でchikaの乳首を、手でペニスを弄って来ます。
 一方正太郎も、さすがにchikaが仕込んだ性奴隷だけあって、強い快感をchikaの乳首とペニスに送り込み、chikaを射精の昂みへと押し上げようとします。
 いくら二人の少年に炙られても、こちらはプロ、ここで逝ってしまう訳にはいきません。
 臍下の丹田チャクラに力を溜めて絶頂の昂みにたゆたって、快楽が突き抜けてしまうことを防ぎます。
 これはまさに職業がらの事、プレイの度に仕掛ける側が人生に何度もないような絶頂を向かえていては、かえってお客様に失礼、かといって「嘘逝き」は論外です。
 この快楽状況をキープするのはchikaだけ、つまり正太郎にはまだまだ必要の無い技です。
 この状態では、興奮して肥大した前立腺に締め上げられて狭窄した尿道を通ってガマン汁が、次に尿がちびりちびりとほとぼしります。
 前立腺の中を通る尿道は灼熱して痛みに似た快感が続きます。
 こうなるとアーともオーともつかない絶叫がchikaの咽喉奥からほとぼしります。これは意識してのことではありません。
 喉がカラカラに乾くので少年を促して特有の臭みを持った唾液を口移しに貰います。この少年の接吻技術は巧みで、舌も長いので暫らくは口腔愛撫も楽しむことにしました。
 咽喉奥で長い舌の先端を咥えてやると少年は驚いたようです。そんな彼を無視して口腔よりも乳首のほうが快感が強いので、少年の舌を乳首に戻させます。

a433tko00101ps.jpg  その内、正太郎の腰使いが荒くなりペニスと亀頭が一段と膨れ上がったと思うとS字結腸を押し広げて熱い精液を大腸深く撃ち込んできます。

 chikaも危うく射精の昂みから打ち出されそうになりますが、かろうじて踏み止まりました。
 射精後も正太郎のペニスは衰えることなく大腰のスラストは続きます。
 若い正太郎たちの下半身は抜かず三回どころか、抜かず十回くらいの力を持っています。
 アンナさんは既に何回も逝かされているようです。
でもケツマンコの良いところは何回逝かされても硬い一物で突かれている限り、快感を貪れることです。

 ディルドと太いペニスと正太郎の乳房乳首愛撫にも堪能したと見えてアンナさんは、みんなに小休止を命じました。

d433tko00101ps.jpg

3sal00069ps.jpg  四つのグラスをトレイに載せて現われた全身ラバーキャットにエプロン姿のメイドが、それぞれのグラスにワインを満たします。
 アンナさんがchikaの為にと、用意してくれた女性だそうです。
アンナさんは「ラバーウェアは既製品で安物だから彼女にサイズが合っていなくて見た目イマイチだけどね。」と笑います。
 小柄で痩せた感じの女性で、ラバーの先端とかのあちこちが余った感じでした。
 ファッション的には全然「ノー」なんですが、chikaの場合、女性のこんなダブダブのラバー姿を見ると猛烈にSのスィッチが入ります。
 顔の方はこれもややオーバーサイズの全頭ラバーマスクに覆われていてその表情は読み取れません。
 ただマスクから覗く目はいかにも興味津々といった感じでキラキラと光っています。
「彼女の方も一度、ニューハーフとやってみたかったそうよ。chikaも相手が純女さんでもラバー着てたら、燃えるでしょ。」
メイドはゴムのエプロンを脱ぎ捨て、ワインを楽しんでいる chikaのまだ固いペニクリを握りながら乳首を舐めてくれます。
「全頭マスク被ってこんなサービスしてくれるんだぁ、フツー、女の子って顔は嫌がるよねー。」と感激の声を上げたら「一緒に楽しんでね、このベッドを使ってちょうだい。私と正太郎はむこうのラブチェアで楽しむことにするわ、そうそうシーツも換えなくちゃね、」と言ってアンナさんがウエンツ少年に指示を送ります。
 少年がガマン汁と尿、精液でびしょびしょのシーツを取り替えます。
 ラブチェアのアンナさんと正太郎は対面座位で嵌め、乳房乳首を弄りながら接吻を始めます。
 chikaはベッドにラバーメイドを押し倒し、ゴムの股間から剥き出した彼女のバギナにペニクリをねじ込みながら、ウエンツ少年には同じく乾いたペニスをchikaに嵌めるよう命じました。
 ペニクリがラバーメイドの狭いおまんこに軋みながら陥入していくと、同時に少年の巨大なペニスがchikaのけつめどを軋ませながら侵入してきます。
(この子、太くて大きいだけじゃなく強度もあるんだ、さすがハーフ、いいとこ取りしてる、、でもちょっと巨大すぎ、、アンナさんが彼を持て余し気味なのはそのせい?)
 少年のペニスの余りの太さに肛門筋が悲鳴を上げ、ぷつっと肛門孔が切れる痛みと同時にずるっとその亀頭が陥入したようで、切れたところを擦りながらペニスが入ってくる痛みは耐えがたく絶叫するばかりです。
 一方、ラバーメイドのきついおまんこはいわゆる三段締めで、金属のリング三つ位にむりむりにペニスを通すような痛みがありました。
 ラバーメイドもAの形に大きく開いた咽喉の奥で激しく短い息をしています。

1sal00069ps.jpg


 その内、ラバーメイドがchikaの乳首を少年が耳をねぶって来ます。
 耳と乳首から送り込まれた快感が全身を震わせながら走って行き、ペニクリとケツマンコの痛みは嘘のように強い快感に変わっていきます。
 たちまち本気の射精感に襲われますが、例のコントロール法で射精の昂みにたゆたうことでそれを逃がしてやります。
 少年に命じて突き込みの角度を微妙に調節させては、彼にS字結腸を無理やり抉じ開けさせます。
 そうして最大級の亀頭をしっかり咥えてやると、さすがにこの少年も驚いたようです。 でも街で鍛えていたのか直ぐに心得て大腰をつかい、直腸を肛門から引きずり出さんばかりにスラストしてきます。
 chikaは絶叫が止まらず涙と鼻汁とよだれを垂れ流すばかりです。
 ラバーメイドの方はchikaの口腔と乳首を舐ってくれ、手を後ろに回して金玉袋をやわやわと揉んだり引っ張ったりしてくれます。
 chikaは絶叫のため乾ききった咽喉をラバーメイドの甘い唾液でうるわしながら肛門とS字結腸で少年の極太ペニスと亀頭を締め上げます。
 抜き挿しのスピードとリズムを変えながら、この姿勢に飽きるとchikaが上体を立てて少年とは背面騎乗位、ラバーメイドとは対面座位の形で続行します。
 少年の太いペニスは何度もブワッと膨れ、chikaのS字結腸を押し開けて大量の射精液を大腸の中に送り込んできます。
一時間の間に5、6回射精したようです。

2sal00069ps.jpg

 ラバーメイドも数回逝ったようで、そのたびchikaのペニクリを更に締め上げます。
chikaは射精の瞬間の絶頂快感にのたうちながらも実際の射精はせず、前立腺液と尿をラバーメイドの意外に幼く細くて浅いバギナにダラダラと流し続けたのです。
 少年の極太ペニスが10回近く射精した頃でしょうか、ついにその大量の射精液が大腸に浣腸効果をもたらしたようです。
大腸が蠕動し始め便意が強まってきました。
 便意をこらえるため直腸と肛門を絞めるとペニクリは膨らみます。
 ただでさえ太い少年のペニスはいっそう太く硬く感じられ、ラバーメイドのまんこ筒はいっそう狭くchikaのペニクリを締上げることになります。
 絶頂快感はますます昂ぶり、便意も耐え難くなった時、太いペニスがブワッと膨らみ最後の射精液をchikaに射ち込んできた瞬間、この夜四時間余り薄い精液を作り続け溜め続けてきたchikaのダムもついに決壊しました。
 僅かばかりの精液をラバーメイドのバギナに発射すると、同時に大量の排出液で少年の太いペニスをchikaのケツマンコからはじき出したのです。

 後で聞くと正太郎はそんなchikaをアンナさんに抱かれながら呆然と見ていたそうです。
 うーん・・先生失格?



30rgn001pl.jpg

 名古屋SMクラブ「アブソルト」在籍 現役女王様 山田亜美女王のエナメル調教

 HIBIKI女王様がプロデュースするHIBIKI女王様のレーベル、「レジーナ・アブソルト」誕生!第1弾!カリスマ山田亜美女王様のエナメル調教!!!M男の‘エナメル願望’が実現する!!頭の先からつま先まで「エナメル」に包み込まれた美しき女王様のエナメル調教フルコース。



30ft101pl.jpg

女王様に、乳首汁が出るくらい乳首をイジられたい!!

叫び出したくなる永遠に終わらない乳首いじり!







雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/02/05(土) 08:34)

<<アルゴラグニー | ホーム | 女装子縄師しのぶさんの退会>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/325-26076794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア