FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 里中エリカになりたい男
bfuoop88xx.jpg

vlcsnap-2011-08-28-13h28m07.jpg  里中ちゃん、エナメルボンデージ来たーっ!って感じ(笑)。
 ボディラインに食い込むみたいにピッチピチのビッチビチじゃなかったけど、ちゃんと黒のエナメルコルセットしてたし、鞭代わりにバースバスター持ってたし、健康エロでボンデージもファッションギリギリラインで寸止め。
 淫靡ドロドロのどこかの誰かとはエライ違い、、。
あっと、そーじゃなくて今日のオーズは最終話なんだよなー。
忘れてたよ~。
 確かにボロボロ泣いたんだけどなー、何だかカタルシスにかけるってか、、あっ、勿論、高校野球中継のせいで感情の波が崩れたったのも大きいかもしんないけど。
 (Webなんかを見てると最終4話の評価が概ね高いみたいだし)
 それとウバァさん、彼の立場に立ってみると「瞬殺」された方が良かったよね~。
 ある意味、最後の最後まで「みっともなくて」ウバァさんらしい終わり方ではあったんだけど、もうちょっと製作サイドにウバァさんへの「愛」が欲しかったような。
「真木ちゃん、ウバァさんにメダル投入するの、もうやめてあげてぇ」って何度か心の中でお願いしちゃった。
 chikaってば、オシゴトでは非情になってどんどんM男君を追い詰めるくせにね(笑)。

vlcsnap-2011-08-28-13h27m40.jpg

20110720022209f04.jpg  ってな感じに番組の最終回そっちのけで「里中ボンデージ」に執着してたchikaなんだけど、実はこれにはもうJ一つ理由があって、この里中エリカを演じてた有末麻祐子ちゃんの雰囲気が、最近MAYUが連れてきた男の子に凄くよくにてて、それが影響してるのね。
 この子、彫りの深いハンサムってわけじゃないんだけど、女顔ってゆーのか素顔でも妙な色気のある子なのね。
 この子、実は女装コスプレするらしくって、MAYUとはそっち系で知り合ったみたい。
 携帯で、彼がお化粧してボンデージ着てる写真見せてもらったけど、確かにエロ恰好良い系。
 有末麻祐子ちゃんの雰囲気にある「ゴージャスな化粧をしても何処か若さ故の汗くささが残る部分」とかも共通してるし、、あっゴメン、麻祐子ちゃん(笑)。
 この里中ちゃん、自分じゃ、今流行のオトコノコでも、ゲイでもなくて普通だってゆーんだけど、話し聞いてるchikaからすると「頭の先から爪先まで、、」まあ判断はみなさんにおまかせしますが。








g104pshd00005ps.jpg

h104pshd00005ps.jpg  しばらくしてメール受信確認をしたら1件あったんですよ。
「近くにいます。よければどうですか?色々教えますよ」
 自己紹介を見る限りだと俺より年上だったから、少し怖い気もしたんですが、文面が丁寧文だったんで、なぜか少し安心しました。
 こういうことを体験することも、初めてだし、どんななのかわからないし当然躊躇したんですが、とりあえず勢いで返信してみました。
 というか昔、出会い系掲示板であったオンナもこんな気持ちだったんだろうななんて考えたりしてました。
「お願いします。○○駅ならすぐいけます。」
 そう返信してまた少し待ったんです。
 相手からすぐ返信があり、「じゃあいまからそこいくね、車で行きます」
 ええ!そんなに早く会うことになるの??
 ビビって正直ドキドキしてました。
「どうしよう、きちゃうよ、覚悟できてねえし・・」
「ほんとにこんなことやっていいのか、俺?後悔しないのか?」
 具体的に会う、というか、さっきまで妄想に過ぎなかった事の相手がいると思うとホント冷静になってきました。
 んで結果的に、「ブッチしよう、無理だ」に至ったんです。
でも相手からメール受信。
「ついたよ、どこにいればいい?」
 ・・シカト。
「もういるの?」
 ・・・シカト。
「おーい、もうまってるよ、連絡先は○○○」
 シカト・・・
 と思ったんだけどなんか申し訳なくなってきました。
 わざわざ俺のために来てくれてるんだよな。
 これで待たして現れないなんてひどくないか?
 昔オンナとの出会い系でブッチされて悔しい思いした俺だけに、そんな訳わからん「情け」の気持ちになってきたんです。
 それでちょっと間をおき、
「今から出ます」
 軽くシャワーは浴びていました。
 当然チンポ立てながら。
 これなら逆にチンポ舐められても問題ないだろうし。
 どうなっちゃうのか正直訳わかんないけど、とりあえず後やばくなるのが怖いんで、身元がわかるものはすべて置き、体ひとつで駅に向かったんです。
 確か小雨が降ってたと思います。
 チャリで駅まで走っている間、またチンポ立ってきました。
「ついにしゃぶるんだ」
「でも少し怖い、どんな人なんだろう」
 そんなこと考えながらすぐに駅に着きました。
 最寄の駅は人気が無くすぐに車がわかりました。
 ワンボックスで少し古めの車だったと思います。
 別に今風のDQNな車でもなくいたって普通の車。
 でもとりあえず少し手前でチャリ置いて遠めでどんな人か確かめようとしました。
 でも夜だったんで暗くてよくわからない。
「なるようになれ、とりあえずいくか」
 そんな感じで車に向かっていったんです。
 ここで少しまた不安になったけど、とりあえずすぐ逃げれる感じで助手席側から車内を覗き込んだんです。
 中にいたのは普通の「お兄さん」系の人でした。
 メガネかけてて痩せてて、とてもやさしそうな人。
 正直、拍子抜けした反面、ちょっとホッとしました。
 なぜかというと、正直、多分襲われてもこいつなら大丈夫。そう思ったからなんです。
 ポケットに護身用のナ○フもなぜか持っていたし^^;
 運転席から乗り出すように助手席のドア開けてくれたんで車に乗り込みました。

f104pshd00005ps.jpg

「はじめまして」
「こないかと思ってたよ・・」
「すいません、遅くなって・・」
 なにげない会話をしながら車は人気無いところにすすんでいきました。
「俺はこの人のをフェラするんだ」
「コスプレの妄想上の事じゃないんだぞ、ほんとにできんのかよ」
 そんなことを暗くなっていく窓を見ながら考えながらすごく緊張してきました。
 多分少し震えてたと思う。
 しばらくして車は住宅地として開発中の土地の一角にとまりました。
 人気はまったくありません。
 いわゆるカーセックスするには最高のスポットですね。
 車のエンジンを切ってお兄さんは、「とりあえず後ろいこうよ」といって運転席を倒して手際よく車をフルフラットにして言いました。
 それを見ている俺。完全にリードされている女の気分でしたね。
 フラットになるとお兄さんが先に後ろに行き「おいでよ」って促されてから俺もなぜか「すいません」なんていいながら2人で後ろに向かい合ってあぐらで座りました。
 なんとなく気まずい雰囲気。
 お兄さんもなんとなく切り出しづらそうだったように見えました。
「はじめてなんでしょ?」
「はい」
「この世界一回やっちゃうとはまっちゃう人いるんだよね」
「結構経験してるんですか?」
「まぁまぁかな。」
「俺は多分一回経験したいだけなんで今回限りだと思いますよ。」
「そういってもう一回やりたくなったりするんだよね」
 そんな会話をしたと思います。
 俺は緊張しまくりで、あまりお兄さんの顔みれなかったけどタバコを吸ってなんとなく緊張がとけてきました。
 そしてすこし沈黙のあと、お兄さんが一言。
「それじゃそろそろしゃぶってよ」
 めちゃドキドキしてきました。
 俺男だよ?しゃぶらせていいの?ってか俺はしゃぶっていいのか?
 女のコスプレはやるし、正直そん時は興奮するけど、チンポしゃぶるなんて実際には論外だろ。
 こんな思いがくるのと同時に興奮してチンポがまた立ってきたんです。
 そんな俺の前でお兄さんは躊躇無くジーパンとパンツを脱ぎ始めました。
 そして見えたんです。
 他人の立ってるチンポを生で見るのは初めてでした。
 あっchikaさんとかMAYUちゃんなんかは慣れっこなのかも知れないけど、普通の男はそんなの初めてだと思うんです。
 お兄さんのは、太さはなかったけど俺のより上にそってて長かったです。
 なによりも男の俺に対して興奮して立っているチンポになんとなく感動を覚えました。
「触って」
 お兄さんは横に体を倒しチンポを突き出すように腰を出しました。
 俺はなんとなく触りがたい、というか自分自身に許可が必要な気がして「触ります」なんて口にしてました(笑。
そしておそるおそる握ってみたんです。

e104pshd00005ps.jpg

 第一印象は暖かかったかな。
 そしてなんとなく違和感があった。
 いつものようにオナニーの時に自分のチンポをにぎってる感触が手にあるのに、自分のじゃない、みたいな。
 よくわからないけど不思議な感じでした。
「動かして」
 そういわれてちょっとづつ上下に手を動かしていくとビクビクし始めてお兄さんは目をつむったんです。
 こんなことしても、相手に見られてないとなんとなく大胆になれるもので、シゴキを激しくしながら口に亀頭を含んでみました。
 なんとなくしょっぱいような味でいままでにない感覚でした。
 生き物が口の中にいるような。なんというかよくわからない。
「ついにやっちゃったよ」
 そんな気持ちになりながらも、すげー興奮してて俺のチンポもビンビンに立ってたんです。
 段々調子に乗ってきて彼女にやってもらっているようにしごきつつ口で吸いながらなんて色々ためしてました。
 ときどき口の中でさらにしょっぱい液を感じました。
 というかしゃぶり始めてすぐ感じてました。
 なんとなく喉に絡みつく感じのしょっぱい液。
 多分いわゆる「ガマン汁」だったんだろうと思います。
 それが唯一気持ちわるかったけど、「うまいじゃん」「うう、気持ちいい」そんなお兄さんの言葉に、色々気持ちよくさせてみたいというか、逝かせてみたいという気持ちが強くなってる自分がいたんです。
 途中、お兄さんが起き上がり69の体制になろうと俺のズボンとパンツを下ろして俺のビンビン立ったチンポいきなり口に含んだんですけど、それがオンナより強すぎたのと、正直男の唾液が俺の体に付くのが気持ち悪くて一気にしぼんで来たんで「俺はいいです」って断って、フェラチオを一方的にやらせてもらったんです。
 どのくらいやってたんだろうか。
 20分くらいやってたのかな。
 途中、口の中でちんぽが一気に膨張したり、ビクビク動く感じを楽しんでたけど段々疲れてきて、もう無理って感じで口から離しました。
「少し休憩しよっか」
 そうお兄さんはいったんで俺はお兄さんのチンポにぎりながら「結構きついっすね」「なんかのどに絡み付いてる感じです」 みたいな会話を交わしたのを覚えてます。
 それでもう俺的にはよかった。ってか帰りたかった。
 んじゃそろそろ、、みたいな感じで話してたんだけど、相手もそこは男。
「逝くまでしてくれないの?」的な発言をしてきました。
 俺は結構きつかったんだけど、お兄さんとしては当然だろうと思いました。
 俺が逆ならオンナが途中でやめたら収まらないですからね。

d104pshd00005ps.jpg

 またしゃぶりはじめました。
 ここからは楽しむというより逝かせるつもりで。
 援交のオンナってこういう感覚なんだろうなって感じてました。
 いけーーいけーーー
 俺、彼女がする俺が逝きやすいテクをつかってみたんです。
 カリを親指と人差し指の間の輪で上下にこすりながら亀頭は吸いながら舌で舐めまわすみたいなかんじかな。
 お兄さんはうめいている感じで息遣い荒かった。
 ガマン汁もめちゃでてきてるの分かった。
 少し吐き気もしたけど、やり続けました。
 ほんと無心にやってたと思う。
 ドクドクが口の中で激しくなり、お兄さんが俺の頭抑えました。
「逝きそう、口に出していい?」
 そんなお兄さんをみて、また俺も興奮していてとんでもないこと口走ってたんです。
「いいですよ」
 そしてその時がきました。
 口というか喉のむかって生暖かいものが喉チンコに飛んでくるのをバリバリ感じました。
 お兄さんは少しだけうなる感じでしたが、逝き方というかそれは俺に似てた。
 なんとなくその時だけオンナになった気がした、というかオンナの気分を味わえたと思います。
 精液はちょっとだけ飲み込んでしまったけどまた吐き気を感じて若干戻ってきた(笑。
 俺がそんな感じで四苦八苦してるとお兄さんはティッシュを俺に渡して「ありがとね。すごい気持ちよかったよ」とか「うまいじゃん、初めてなのにびっくりした」なんていってました。
 なぜか結構うれしかったし、感動したのは確かなんですよね。

b104pshd00005ps.jpg

 俺の口でいった男がいる、そんな感じ。
 少し裸のままじーっとしてました。
 俺は感動というか何かよくかわらない感情の中にいて、お兄さんの方は射精後の脱力感からか、お互い無言でズボンを履いてタバコを吸っていました。
「うまいじゃん」
「喉だいじょうぶ」
 お兄さんは俺に気を使ってるのかやたら話かけてきて、それがちょっとウザイ感じだったけど、それはオンナに気を使ってる男の姿にそっくりだと思いました。
 俺としても、よくわからないけど、少なくとも今、車中では男同士というよりお兄さんが男で、俺は違う、女じゃないけど男じゃないというかそんな変な違和感がありましたね。
 それから駅まで送ってもらいました。
 不思議なことに心の中にほんとに小さくだけど、もう一回あってみたいなんて思ったりしました。
 好きとかそういうのじゃないんですが、もう一回やらせてほしいというか。
 お兄さんにまた色々教えて欲しいとかそんな感じだったと思う。
 始めはホントに興味本位でただ一度はフェラしてみたい、相手はだれでもいいなんて思ってたのに不思議だった。
 別れ際、俺は「もうやらないと思いますよ」と言いました。
 お兄さんは「今はそうおもってるかもしれないけど、またやりたくなるとおもうからそしたら連絡頂戴ね」なんていってました。
 確かにもう一回会いたいなんて少しは思ったけど、「ありえない。もうしねーよ。」と心の中でははっきりそう決心してたんですよね。

 俺の女装コスプレと、この体験が結びつくのは時間の問題でしたけど、コスプレイヤーの拘りみたいなのもあって、男とやるときは出来るだけ、最初みたく男の姿でやることにしてました。
 でもやってる時の頭の中では、その時々のコスプレ対象になってる女の子に自分が同化してるんですけどね。

c104pshd00005ps.jpg

 「ホントに男とセックスする時も、女装しないでスッピンでやるの?」と確認したんだけど里中君はそうだと言う。
 彼が女装して男に絡んでる姿は容易に想像出来るんだけどなぁ。
 コスプレなら女の子の格好をするわけで一応、性的な興奮もあるってゆーんだからそんな彼がわざわざ男の姿でいる理由がchikaにはイマイチつかめないんだけど、、。
 ネット上のトモダチから仮面ライダーエターナルの須藤元気が出色って話でそれ見たんだけど、里中君の雰囲気はあんなんでもないしな~。
 ホモの皆さんとは棲み分けが出来てるからそっち方面の情報が少ないからね、、この程度の理解なんだと言われればそうでもあるんだけど。
 以下の話は里中君の近状、、ここに登場する「彼」がMAYUの知り合いで、かなり浮気ぽい男らしい。

14otld00004ps.jpg

15otld00004ps.jpg  朝起きると全裸になって、軽くストレッチをしながら体を鏡に映してチェックするんですよ。
 お尻を広げ肛門の周りに毛が生えていないことをチェックして、手鏡でタマ袋の裏もよ~く見ないと、ちょっとでも毛が残ってると彼に怒られるんですよね。
 普通のゲイじゃなくてコスプレの方から入り込んできた人って、ひとそれぞれなんだけど、色んな事にすっごく拘りがあるんですよ。
 単純に男が好きなわけじゃないんです。
 で次は、中指でワセリンをたっぷり肛門に塗ります。
 肛門が温かくなって、ワセリンが溶け出してくると、指を差し入れしながら奥にも塗り込むんです。 
 そして横になり湯煎していた浣腸液を3本ゆっくり注入してアナルプラグで栓をしました。
 何分我慢できるか、お風呂や、軽い朝食の用意をしているともう大変、脂汗がでてきます。
 脂汗を浮かべながら俺もこまめになったなーとか思いますね。
 排泄を済ませてから入浴、彼に抱かれる前の準備って大変なんですよ。
 でも数時間後には彼のペニスを咥え、「エリカ」の体の中で射精してくれるんだな~と思うとわくわくしてしまいます。
 あっ・・里中エリカ、いいですよね、エロい社長秘書って事だけだから、特別これっ!といったコスチューム限定じゃないし、こんな時に使う対象としては頭の中で自分が同化しやすいんですよ。
 コスプレイヤーとしては物足りない対象ですけどね。
 午後、彼のマンションに着くとすぐに抱きしめられて口を吸われました。
 そしていきなり「脱げ!」ですよ。普通の大学生らしいラフな格好してるんですが、その服が、こんな時は自分がコスプレの時に着てる服みたいに思えるんですよ。
 完全にスィッチ入りますね。
 俺、密かに「心のコスプレ」って呼んでます。
 心が里中エリカをコスプレしちゃうんですよ。
 ソファーに座った彼の前で裸になると、エリカは立ったままお尻を向けます。
 彼の暖かい手で揉まれ、足を少し広げお尻を突き出すと舐めてきます。
 あっ、俺のは女装コスプレやる位だから、自分で言うのもなんですけどプリンプリンです。
 お尻から肛門に舌を這わせられるとジンジンと感じてしまい立っていることが辛くなってしまうくらいですね。
 俺はもう完全にエリカになって跪き、彼のファスナーを下げ、大好きな彼のペニスを頬張ってます。
 ズボンもブリーフも脱いでもらうとエリカのフェラ技が全開です。

8otld00004ps.jpg

 ベットに移っても咥えたペニスは離しません。
 彼の指がエリカの肛門に入ってきます。
 ローションを塗りながら掻き回してきます。
「ワンワンになって」と彼。
 最初、彼にこれを言われた時はさすがに引きましたが、今では慣れっこです。
 お尻を向けると生で挿入してきました。
 エリカは力を抜き根本までそれを奥に導きます。
 ゆっくりと動きだすとペニスの硬さ太さ長さを感じる、この感じが好きなんです。
エリカは彼の動きに合わせ肛門を絞めたり緩めたりします。 
 突かれると痛い時もあるけどその日は凄く良くて、自然に声が出てました。
 このまま突きまくって欲しい、って思ってたんです。
「もっと」
「突いて」
 彼の動きが早くなり彼の右手がエリカのペニスを扱きはじめました。
 エリカはシーツを汚さないようにとバスタオルを体の下に敷き、彼に「来て」とせがみました。
 あっ、この仕草は女とやってる時に見て覚えたんですねどね。
 彼も「いくぞ」と激しく突いて来ます。、
「あ~う~」
 同時に射精しました。
 エリカの肛門は収縮し痙攣して彼のペニスを刺激してた筈だと思います。
 時々、逆をやるようになってましたからそれも判るんです。
 ペニスが萎えて自然に抜けると、ブシュ~と肛門から彼の精液が流れ出て彼がティシュをあててくれるんです。
 余韻に浸りながら少し寝てしまいました。

6otld00004ps.jpg

 目覚めると外はまだ明るく、彼はぐっすりと眠ったままです。
 起こさないようにベットからバスルームに入りお湯を張ると、隣のトイレに座りました。
 ほんとこんな事やってると同棲してる女の気分が良く判るなぁって。
 ウォシュレットの水勢を強くし肛門を緩めて洗い流すと、精液とローションが流れ出てくるがわかりましす。
 幸い痛みも沁みることもなかったのでほっと一安心しました。
 何度も繰り返し綺麗にしてからお風呂に入りました。  
 彼を呼び入れ、べとべとになったペニスを綺麗にしてあげると言って、 口で奉仕します。
 実際の里中エリカも、こんな風に意外としおらしい部分もあるんだろうな、とか心の中で分析してみたり。
 そして最近始めた「儀式」の始まり。
 彼のおしっこをお口で受けるんです。
 これも一番最初に俺が「一度は男のをフェラしてみたい」って思ってこうなったのと同じですね。
 俺はこいう衝動にまったく耐性がないみたいです。
 さすがにおしっこの全部は飲み下しませんが、最後の一滴までお口にいただくと彼は喜んでくれました。
 暫く遊んで、二人で夕食に出かけようと着替えをしていると彼が悪戯をしてきます。
 エリカの肛門にワセリンを塗ると、アナルにコンドームに包んだリモコンローターを入れ、ラバー製のセミTバックを穿けと差し出すんです。
 抜けないようにと生理用ナプキンも当てろって。
 「俺、好き者の女装子さんじゃないんだけど」とかチラッと抵抗感がありましたが、エロな気分が俺の全てを押し流してしまいます。

7otld00004ps.jpg

 彼の手にある発信機で振動を強くすると うわっ凄い!いい感じ、でも抜けそう。
 外に出ると彼がリモコンでイタズラをしてきます。
 抜けそうなところにナプキンとラバーのセミTバックで押し戻されもう大変です。
 歩けないんです。
 椅子に座ると食事どころではありません。
 「止めろよ」と言って一口食べるとONにされて肛門が痺れる繰り返し。
 彼は笑いながらエリカをいたぶり続けました。
 部屋に戻ると脱がされてラバーTだけになり、咥えさせられました。
 亀頭を舌で包むように舐め、左手でペニスを扱き、右手でタマタマを揉みました。
 お尻を叩かれ肛門のローターは最強になり唸っています。
 電池が弱くなるとラバーも剥かれ、アナルバイブが差し込まれてピストンされました。
 次は、アノスコープを入れてきたんです。
 そして硬く冷たい姫万華鏡を押し込まれました。
 痛いけど我慢、さらに奥に入れてきました もう限界 壊れそう。
 エリカの声が頭の中で自分の声と重なるんですよ。
 限界は情欲の方もギリギリだったんで、彼のペニスをおねだりして挿入してもらいました。
 暖かいペニスは最高、一回目より激しいピストンでした。
 お尻は何度も叩かれ赤くなっています。
 お尻を鷲掴みされ激しく突かれました。
 二回目の射精も肛門の中で弾けました。
 ほんと俺が女だったら間違いなく妊娠してますね。

5otld00004ps.jpg

 彼とは小旅行もします。
 金は折半ですよ。
 俺の家は裕福ですからね。将来は家の仕事を継ぐ予定、そうでなけりゃ就職難のこの時期にこんなに遊べないですよ。
 それに彼に金を出して貰って負い目を作りたくないですからね。
 計画が立ったら数日前から念入りに脱毛、特に肛門の周りと玉袋は、彼が舐めたがるので鏡を見ながら丁寧に処理しておきます。
 コスプレやる時でもここまで念入りにはしません。
 夜から出かけるので、午後からは、浣腸してたっぷりワセリンを塗り、気分を盛り上げる為に口にはディルドーを奥まで入れてフェラの練習、そして黒のTバックを穿いて彼の車に乗り込みます。
 旅行に行くときは下着女装してます。
 俺にとって女の格好をするときはコスプレの時なんだけれど、彼はそんな女のコスプレをしてる時の俺に惚れていて、でもホントはゲイで、とまあ色々ややこしいんでね。
 結局、中をとる形で下着女装なんですよね。
 旅行に出るときは大体、最初の夜は、ラブホのSMの部屋に泊まる事が多ですね。
 郊外のファミレスの駐車場に止まると口を吸われました。
 彼のチンチンはカチカチ、ファスナーをおろしてチョイフェラのお返しをしてやりました。
 もうそれで俺の中の「俺」は、消滅してエリカしかいなくなっています。
 軽く食事してホテルに直行、SMの部屋が空いていました、室内が冷えていたのでこういう部屋は人気がないのかな?と思いました。
 彼はソファーに座り、お風呂の用意やお茶を入れている「エリカ」を見ています。
 そしていつものように「脱げ!」と、エリカは彼の言いなりに脱ぎます。

43otld00004ps.jpg

 Tバック一枚になると、「来い!」でしょ、彼の前にお座りして彼のを含み勃起させるんです。
 エリカが「凄いことは、風呂に入ってからだよ、」と言いながらチュパチュパ。
 言葉遣いは女を意識してるから、不自然だけど、さすがにおねえぽいですね。
 普段?普段は全然そんな口調にならないですよ。
 彼のを口の奥まで何度も吸い込みます。
 タマタマは左手で優しく揉みながら、亀頭は唇でチュウチュウと音を立てて、尿道口は舌を尖らせてつつくんです。
 カリも舌を絡ませて舐めてあげます。
 時々、デジカメのストロボが光ります。
 こんな下着女装写すなよーとイラッと来ますが、我慢です。
 口に溜まる唾液は全部飲みます。
 そうしないとキスしてくれませんから。
 最初の頃、男の精液どころか唾液だって気持ち悪くて仕方なかったのに不思議なもんですね。
 もっとも、エリカへのスィッチが入らないときは今でも駄目な時が時々ありますよ。
 彼の手がエリカの顎に、、、ディープキスです。
 時々唇を噛んできます。
 舌は強く吸われて痛いくらい。
 立って彼の服を脱がせお風呂へ行きます。
  彼のモノは体の割りに小さい仮性包茎なんです。
 エリカのはさらに小さく真性に近い仮性です。
 勃起したら剥くのが痛くて大変。

2otld00004ps.jpg

 お風呂ではソープ嬢のように振舞まって、彼の体を綺麗に洗い、湯船ではまた咥えてあげます。
 里中エリカの大冒険ですね。
 最近じゃ時々、ソープに行っても頭の中で逆の事を考えている自分がいたりします。
  部屋には、いやらしい産婦人科の椅子と天井から吊り輪がありました。
 彼は椅子を選びました。
 エリカの足は広げられて固定され肛門が丸見え、そばにビデオカメラがこちらをむいていて、小さなモニターには、エリカが咥えている姿が見えます。
  彼はエリカの肛門を舐め始めました。
 指にワセリンを付け、少しずつ入れてきます。
 アナルバイブが音を立てて入ってきました。
 ガラスの太い浣腸器には、暖めたぺぺローションが!
 もう十分柔らかくなった肛門に浣腸器がローションを注ぎ始めます!
 もう付き合いがドロドロだから、なんでも用意周到って感じですね。
 いよいよ挿入してくれるんだと思い、わくわくして口でもう一度しゃぶって硬くしたものがゆっくり入ってきました。
 エリカのチンチンも当然、固くなっています。
 でも射精することは許されません。
 まあこれはどちらかと言うと彼の命令じゃなくて俺自身が決めた部分が大きいんですけどね。
 そこあたりが心のコスプレなんですよ。
 エリカは潮を吹くかも知れないけど射精はしないですからね。
 彼のが根元まで入りました。
 ピストンが少し早くなって、奥にきたときに締めてあげると喜んでくれるので、うまく合わせるよう動きます。
 そうするとまた口を吸ってきます。
 「そろそろいきたいの}とエリカになって聞くと「ワンワンしろ」とか言うんです。
 ベットに移り、枕を二つおなかに当ててお尻を突き出すと、お尻を叩き出しました。
 痛いけど少しいいかも、またバイブが、デジカメもビデオも、浣腸器からまらローションが、そして後ろから激しく突いてきます。

3otld00004ps.jpg

 少しお腹が痛い!キテ!キテ!お願いキテ!って頭の中がエリカの声でガンガンします。
 彼のがエリカの中ではじけました。
 ドクドク、ピクピク。
 萎えて自然に抜けるのを待ちます。
 軽い便意があってトイレに座るとすぐ精液がブシュと滴る、少し沁みる、ウォシュレットで洗浄すると痛みがある。
 軟膏を塗って、一人でお風呂に入っていると彼が入って来るんです。
 今度は二人で全身泡まみれになって大騒ぎ!これは男の子のノリですね。     
 部屋ではデジカメとビデオの前で裸のままポーズをとらされるんです。
 恥ずかしいけど嬉しかった。
  ソファーに座り、お茶を飲みながら肩を抱かれいると幸せいっぱい。
 もう完全に「里中エリカの素顔」の世界ですね。
 TVを見ながらいろいろ話してました。
「 今日は何回してくれるの?」
 お尻であと1回したいな~と彼、お尻痛いからお口でさせて、お口に出して欲しいの、飲みたいのと言いました。
 エリカは彼のを頬張り始めました。
 手でしごきながら、タマタマを一つずつお口の中で転がし、喉の奥に吸い込んだまま首を振る。
 横咥えし少し歯を立てる。
 ワセリンを指に塗って肛門を刺激し、指を出し入れしたり、音を立てながら亀頭に吸い付く。
 そんな感じです。
 彼の息が荒くなって、足に力が入ってくるのが判ります。
 口の中の亀頭が膨らみだし勢いよく射精しました。
 エリカは口に溜まった精液を飲みました。
 口の中で柔らかくなって小さくなっていく彼のチンチンを吸い続けたんです。
 綺麗になるまで舐めてあげたかったんです。
 一瞬、あの初めての夜のお兄さんの事を思い出しました。

1otld00004ps.jpg

 それって「女装セックスそのものじゃん」って突っ込みを入れるのを止めました。
ホント、セックスっって超個人的なことなんですよねる








433std231pl.jpg女装娘限定! 立ちんぼニューハーフ 2


ニューハーフが女装娘専用の立ちんぼに扮した人気作が早くも第2弾!今回の主役は大人気韓流ニューハーフ「霧島レナ」お相手するのは同じココロの持ち主の女装娘だけ。男のままではお断りよ。車内で濃厚フェラ・ラブホテルで淫乱アナルセックス・クリチンポとアナルの同時オナニー。ネオンの妖しさがニューハーフを更に美しく引き立たせる。女装とニューハーフによる倒錯作品をお楽しみください。
























sal100pl.jpg勃起したペニクリがスクール水着を圧迫してしまうニューハーフ女子校生達2


ニューハーフ女子校生達が密着度の高いスクール水着を着てガチンコファック!!ニューハーフ美女達のセクシーな水着姿はペニクリが勃起することで印象が一変!股間にキツク食い込む水着を少しだけずらし美麗なアナルめがけて激挿入!イクッ!イクッ!と泣きそうな声で叫ぶニューハーフ美女のペニクリを握って最後のひと押し!アナルファックと手コキの同時攻めに耐え切れなくなったニューハーフ美女は水着が濡れるほどの大量射精!























104pshd08pl.jpg 露恥裏シーメール 綾咲さやか


巨大金玉ペニクリと愛くるしい笑顔で人気急上昇中の新人ニューハーフ綾咲さやかが野外露出に初挑戦!山の中に連れて来られたさやかちゃんは一般車も通る山道や自販機の前でペニクリ丸出し赤面羞恥!途中で見つけた建物に潜入し階段の踊り場でご奉仕フェラ!そのまま連れこまれ勃起チ○ポにアナルを犯され大絶叫!最後は山奥の空き地で野外プレイを行い、いつも以上に気持ち良くなったさやかちゃんは大自然の中で大量射精!!




























雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/09/03(土) 09:40)

<<リバーサイド ホテル | ホーム | 黒部先生と蝋燭>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/358-658218ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア