FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 危ない橋でも行かなきゃ辿り着けない場所がある
fhhf004.jpg


q9gfdgfdfdsdsgbbbh2.jpg  chikaの小説「12人の彼女達」の中には、ラバーフェチやボンデージに関する短編が二つ含まれています。

 ラバーフェチの青年が自分の目の前にニューハーフの姿で現れた同級生にラバーを着てくれとせがむ話を盛り込んだ「June 皮膜の世界」、クリスマスの夜、都会の片隅で全身ゴム尽くめの妖しセックスを繰り広げるニューハーフと女装青年の姿を描いた「クリスマス・ローズ」です。

 人間は、自分の知見からしかその想像力を広げられないといいますが、うーん、正にその通りで「June 皮膜の世界」も「クリスマス・ローズ」も、ほぼ体験談の延長線上にありますなぁ(笑)。

 で中にはこんな危ない体験も。


 chikaは届いた箱から、拘束具一式を取り出して、暫くそれをながめていた。
 いつもながら心ときめく瞬間だ。
 黒くぬめったように輝くボンデージスーツはハイヒール一体型で、乳首のところにはそれ用の突起があり、陰部から会陰にかけて目立たぬよう繊細に作られたファスナーがある。
 全頭マスクには内側にペニスギャグがあり、眼の部分に同じようなファスナーがあって、鼻の穴の周囲はなぜかゴムが分厚くなっている。
 X型の手首拘束具に、大きさの違う8の字型の拘束具が5つ。
 2本の肉厚のベルト。
 そして革ベルトとリングで作られたハーネスと、密かに肥後ずいきを混入させた特製オイルローションのボトル。
『あちらのは無骨なのが多いけどけっこうセクシー。作りもしっかりしてる、先ずは合格。』
 説明書の通り、って言うか挿し絵の通り、ボンデージスーツと全頭マスクをローションで湿らせ、他の拘束具は装着しやすいようにベッドの上に配置しておく。
 後で楽しめるように、テレビの後ろにビデオカメラを仕掛けてスイッチを入れ、そして部屋の中央に来ると、脚を肩幅に開いてカメラを見つめ、ゆっくりと衣服を脱ぎはじめる。
 ビデオは自分一人で見ても良いし、お楽しみの前にその相手と一緒に見てもいい。

b77psi00124ps.jpg

a77psi00124ps.jpg  体のラインにぴたっとまとわりついた白いセーターを脱ぎ、部屋の端へわざと大きく放り投げる。
 この日は白色の珍しくブラジャー。
 次にタイトスリムのジィーンズを腰をゆっくりと振りながら下にずらしていく。
 同色のTバッグショーツと、自惚れじゃないけれどみんなが女王様脚と崇める引き締まった美脚がカメラに写り込むように意識する。
 最後はブラジャーもショーツも脱ぎ捨て素っ裸になり、カメラ目線で演技するかのように肢体をくねらせながらローションをなまめかしく体に塗りつけていく。
 かなりの厚みを持つボンデージスーツは、身体とスーツの双方のローションのお陰で薄いゴムのスーツのようになり、首のところを左右に引っ張ると肩幅ほどに開いた。
 その空間に両足を入れ、ストッキングを履く要領で足先を最奥のハイヒールまで入れる。
 スーツを胸までたくし上げ、乳首を突起のところに収め、そして両手を差し込むと首の空間がタートルネックセーターのような感じで自然に閉じた。
 全頭マスクは、両眼のファスナーを開き、半分裏返すと内側に突出したペニスギャグを口に咥え、顔からかぶり後頭部のファスナーを引き閉じホックをかけた。
 呼吸穴を鼻の穴に合わせるとベルト状の首輪を締める。
 この首輪にはリングがあるけれど説明書にはリングの用途が記されていない。
 たぶんデザイン上のものだろう。
 カカッ、、、ヒールをフロアに打ち付けながら手を腰に当ててポーズをつけ、鏡の前に立ってみる。

5feti00020ps.jpg

 オイルローションが上手くラバーと皮膚の間に極微の膜を作り、同時にそれがラバーとの生理的な接着剤になってスーツと素肌の境目が曖昧になる。
 拘束されているのに拘束されていないという不思議な感覚。
 ヘソの形や偽大陰唇の形、縦に割れた腹筋のラインもハッキリわかり、引き締まって補正される為に、乳房の形も格好良く、いつもより更に上を向いている。
 引き締まった尻肉の下には臀溝と言う横皺が無く、滑らかな曲線でchikaのスレンダーな太ももに流れて込んでいる。
 chikaは元から、ぽてっとした感じの体型ではなく、細身の外人ダンサーのようなプロポーションだけど、こうやって顔の表情をなくし黒檀の上に粘膜をまぶしたような全身の輝きを見れば、黒人の生身のダンサーみたいと言うより、自分自身が何か別の生き物のように見え、この変身自体が、chikaのお気に入りの一つでもある。
 chikaは鏡の中の姿に、自分の中にあるナルシストの気質を満足させてやる。
『カッコイイ!ほかの女やNHはヒップ垂れやごつごつか、入れすぎでこんな格好は絶対似合わない』素直にそう思った。
 この体型の為に、それなりの努力もしてるし。
 次にゴムのように伸びてくれるハーネスをTシャツを着る感じで装着する。
 さらに二の腕を片方づつベルトでハーネスに固定する。
 特殊な革とリングでカップの無いブラジャー状のハーネスは乳房の周囲を囲むデザイン。
 でも、手首 そして足首と背中をつなぐリングが背中というよりは首の後ろという高い位置にあるのは一人で遊ぶには一瞬ヤバイかもとかんじさせた。
『でも、この位置の方が装着しやすいから』

4feti00020ps.jpg

  今度は床に座り脚を前に投げ出した。
 8の字状の湿った拘束具をショーツをはく要領で、太もも上部 膝上 膝下 足首 ハイヒールに次々と装着していく。
 2本の美脚が1本にキチンと揃えられた。
 力を込めてみると革がゴム状に伸び、握り拳が2つ入るほどに開く。
 手首拘束具と背後にくるベルトをフックで接続し、もう一端をハーネスの首の後ろのリングに手探りで接続してそのまま背中にブラ下げた。
 次に例の8の字状の足首拘束具のリングに背後にくるベルトを接続し、そのもう一端をグィーーンと手前に引き伸ばし、これも手探りで首の後ろのリングに接続した。
 そして全頭マスクのファスナーを閉じた。
 最後に暗黒の中、ベルトを背後にやりながらうつ伏せになり、手探りで両手首をx型の手首拘束具にねじ込んだ。
 全身を革ベルトで拘束した、黒檀色に輝く逆海老縛りの女体が出来上がった。
『でもこれ、ホンとに簡単』
 曲げた手足を伸ばしてみる。
 と、ベルトや拘束具が伸びて手足がずり抜けそうになる。
 なんだか全身ハンモックに入った感じ。
『オット!脱出も簡単かあ!スリル無いのがちょっとねえ』
『このペニスギャグも噛み心地いい 最近、弱い男が多からね。あれなんだか・・眠くなってきた、あの風邪薬のせい?』・・  chikaはウトウトと眠り込んでしまった。
 勤め先のクラブからの帰りがけに「ちょっと風邪気味なのよね」ってぼやいてたら、同僚から「病院で貰った風邪薬が余ってるから飲んでみる?」って言われたのを、今朝起きがけに飲んだのが悪かったのか、、まさかコレが今日の午前中に届けられるって思ってなかったし、、。
「これ少し眠くなるけど、良く効くよ」って同僚の言葉を、実際甘く考えてた。

1feti00020ps.jpg

6jufd00177pl.jpg 背中に拘束した手首を上へねじ上げられる痛みで眼を覚ました。
 気が付くと顔や身体中に異様な圧迫感があり、ハイヒールの踵が尻に当たっている。
『セルフボンデージの最中に眠っちゃうなんて初めて』
 寝覚めの少しぼんやりとした頭で、無意識に手足を伸ばそうと力を込めた。
 ところが・・
「ン!?」
 ハッとした。
 手首がビクともしない、曲げた脚が伸びない。
 首の後ろのリングと足首をつなぐベルトが伸びないのだ。
 双脚を拘束した8の字型の拘束具も緊縮してまるで革靴の底のように固くなって、太ももとふくらはぎの筋肉に食い込んで固まってしまい、ピタリと閉じたまま開くこともできない。
「ングウウウウウ!!」
 今度は全力で手足を引っ張る。
 背後のベルトがビンと張ってchikaの肢体がググッと反り返る。
いつの間にか革の収縮性が失われている!。
『なによこれ!やっぱりペアでやるギアなんだわ。最初緩いのは装着を簡単にする為なんだ!』
 chikaは驚き、無意識にもがきはじめた。
 と、次の瞬間ギャグの下から無意識に声をあげていた。
「ンンッ!」
『うそっ!背中のベルトが 極まってる!』
 もがきに合わせ、肩関節と膝頭が床から浮いて床と擦れはじめた。
『これって!これってやばいよ!』
 背中にラバーの覆いで蒸発できない冷や汗が滲む。
 雁字搦めに拘束したchikaの体がジリジリと逆海老にストレッチされていく。
 そのストレッチを自分の意思で止めることができず一方的に逆海老反りが増してくるのだ。
 乳房の根元も絞られ、ボンデージスーツも乳首をつまむように縮みだし、股間にも食い込みはじめた。
 さらに肥後ずいき入りのオイルローションが追い討ちをかけ、隠微な刺激から逃れようが無い。

5jufd00177pl.jpg

4jufd00177pl.jpg  いつものような胸から太ももまで床に着いた「アメリカン・ホッグタイ」の感覚しか知らないchikaは、全身の皮膚や粘膜から隠微な刺激を受けながら、ヘソを支点に胸と脚が反り上がってくる状態に焦りとまどう。
『海老反りが激しくなってくる、そしたら身動きは、私の身体はどうなるの!まるでプロレス技の逆海老固めだわ 誰にもマンション教えていないし、誰か来てもインターホンに出なきゃ帰っちゃう 眼も見えないし音も聞きづらい、このままじゃ脱出どころか助けを呼ぶことも出来ないじゃない!』

『開放されるアテのない拷問みたいなボンデージなんて冗談じゃない!』
 自由を奪われた空想をしながらも実際には自力で自由になれるのがセルフボンデージの大前提なのに。
 命取りになるような拘束が現実になってしまうことなど決して望んではいない。
「ンウウウ!フグウウ!ングウウ!」
 黒檀色に輝くスーツを着て海老反り状態で呻き声を上げる。
狂ったように暴れてみる。
 身動き出来るうちに一刻も早く脱出しなければ拷問縛りの体勢で固まってしまう。
 それから先はどうなるのか、想像も付かない。
 でも都会には不審な孤独死が一杯あって、そのウチの幾つかの死の理由はこの手のものだという事をchikaは知っている。
 せめて海老反りだけでも開放できれば・・。
「グエ!ウッ!ウッ!」
 うつ伏せから横に倒れて頭を床にぶつけ手首足首を拘束具から引き抜こうと必死に腰を前後に振ってのけぞる。
 のけぞる度に太ももの筋肉がビンと張り、尻肉がヒップアップ運動のようにギュッと盛り上がり、くびり出された乳房がプルルと震える。
「ンウウウウウ!ンウッ!ンウッ!ンウッ!」
 まるで海に逃れようと甲板上を転げまわる釣られたカツオみたい。
 けれど固まった拘束具は手足をがっちりつかんで離さない。
 海老反りがきつくなり、腰を前後に振ることが出来なくなってきた。
 今度はゴロゴロと転がりはじめる。
 くびれた腰をねじり、きつく補正された己が曲線をうねらせてゴトゴトと音をたてて転がっていった。
 そしてついに部屋の隅まで転がると壁に当たって止まった。

3jufd00177pl.jpg


1jufd00177pl.jpg 「ヒフーッヒフーッヒフーッヒフーッ」
 息が苦しい。
 暴れ続けたたchikaは全力疾走直後のような息苦しさに襲われる。
 ハーネスが縮んで胸を圧迫しているだけじゃない、オイルローションと汗が混じり、ボンデージスーツがより強く肌に密着し皮膚呼吸が途絶状態にしてるのだ。
 双乳をゆすり上げるようにして、腹筋を大きく波立たせながら、鼻の穴で強烈に空気を求める。
 突然、テーブルの上に置いた携帯電話の着信音がマスク越しにくぐもって聞こえた。
 この携帯は近しい者にしか電話番号を教えていない。人によってはこの状況からchikaを救ってくれるはず。
 chikaは咄嗟に音のする方へ転がりはじめた。
 バックの体勢で尻がテーブルの脚に当たった。
 腰をひねり反動をつけると3度4度と尻をテーブルの脚に不器用にぶつける。
「ンン! ヒフーッヒフーッ ンン!」
『お願い 切らないで』
「ヒフーッ ンン! ヒフーッ ンン!」
『もう少し!・切るなあ!!』
 着信音が途絶えた。
「フグウウウウウ!!」
(チキショーーー)
『なんとかして携帯を落とすか、ナイフでベルトを切るかしかないわ』
 chikaは鎖骨から伸びる首の筋肉を立てて苦しさを増した呼吸をなんとか調えようとする。
 ハーネスからくびり出た乳房をゆすり、股間は偽陰唇の形がわかるほどはりつき、さらにファスナーが陰部へ食い込もうとしている。
 なかなか呼吸がおさまらない。
 でも、chikaに休んでいる暇は無い。
 横倒しでは重力が背後のベルトにかからず張力が弱くなる。
 その為ベルトは急速に緊縮していく。
 下腹部が前にせり出てきた。
『はやくベルトを切らなくちゃ』
 テーブルからキッチンへ行くにはカウンターを迂回する必要がある。
眼は見えなくても自分の家だ。おおよその見当はつく。
 ナイフのあるキッチンへ転がろうと海老反る肢体4度5度とねじる。
 しかし今度は重心が背後にきたので容易に転げられなくなっていた。
「ンン!!ンン!!ンン!!ングウウウウ!!」
 必死に全身に力を入れてねじる!。
 重心の移動を感じ、ゴロンとうつ伏せになったその瞬間、腰と太ももに今まで以上の激しい痛みが走る。
「ウウウウウウウ!!ングウウウ!!」
 苦しい!
 chikaは顎を仰け反らせ悲鳴を上げた。
 何者かが怪力で頭と足を背後でくっつけたかのように感じたのだ。
 重心のかかり方が、相当やばくなってる!
 胸と脚が、引かれた弓のように激しく反り返り、筋肉をひきつらせ、それ自体の動きがchikaを床に転がらグラぐら揺れさせる。
 乳房も陰部も床から浮き、完全にヘソ周りの筋肉だけで立っているような激しい逆海老縛りの体勢。
 横倒しのせいで背中のリングと足首がかなり接近していたので、うつ伏せになった瞬間上体と太ももが上に向かってグンと反り上がったのだ。
 そういう仕様なのだろう。

2jufd00177pl.jpg

 新体操や曲芸で見られるような芸術的な美しい体勢。
 しかもラバーで黒くてかりながら光るスーツと革ベルトで雁字搦めに拘束した女の形。
 ボンデージマニアでもある自分自身がこの姿を見ることができれば、輝かしいばかりのオブジェのような美しさにゾクッとするだろうと朦朧としつつある意識の中で思った。
 けれど残酷なまでのその美しさの代償に支払った逆海老縛りでうつ伏せの姿勢は、悲惨なまでの苦しさを与えてくる。
 しかも、もがけばもがくほど、ファスナーが陰部をこすって隠微な刺激を与えられる羽目になっている。
『苦しい 息ができない』
 chikaは苦痛のあまり再び横倒しになろうともがくけれど、横に倒れることができない。
 倒れるどころか背後のベルトは容赦なく縮み、ギシギシと音をさせながらchikaを激しく海老反らしていく。
「ハグウッ!ンウ!ンウウウ!」
 頭を振り、引き締まった尻肉のエクボの下をビクンビクンと引きつかせ、腰を金魚運動のように左右に振りそり上がった太ももを頭と同じ方向にねじる。
『早くベルトを 苦しい このままじゃ気が狂っちゃう』
 思い切り仰け反れば後頭部が足先にくっつきそうになった。
 プロレス技をかけられたような苦痛に耐えながら、転がるのはかえって動けなくなると思った。
 そして揺り篭のように前後に揺れはじめた。
「ンン!・・・ングンン!・・・ンン!」
 1センチでもナイフのある方へ近づこうと必死に体を揺らす。
 しかし、眼が見えず、へそ周りしか床に着かぬ逆海老縛りが自由に方向転換できるはずがない。
 ゴト、ゴト、と腰骨と肋骨が床に当たる音をさせながら斜め横にジワジワ進み、キッチンから離れていく。
 しかも強烈な逆海老反りと苦痛で次第に体を揺らすことさえ困難になってきた。
 どうするchika、、。

・・・さてさて、この続きはいずれ又。




migd438pl.jpg絶世の美少女装子デビュー 男の娘?ニューハーフ?それとも美少年? 橘芹那

女性よりも女性らしくて可愛らしい絶世の美少女装子デビュー!!男の子には見えないほどの美しさと、女性の様な容姿には不釣合いの巨大ペニスを併せ持つ美女のガチンコSEX!!形はチンポ、気持ちはクリトリスの巨大ペニクリを愛撫されながらアナルでハメまくります!!1度きりの人生、コチラの世界もちょっとだけ覗いてみては!?























h_554b19pl.jpg女装美少年 13


これぞまさに美少年!女装前からただならぬ雰囲気を醸し出す彼が女装すると、その容姿は女性そのもの!しかし可憐なるミニスカートをたくし上げると、勃起したペニスが現れるのは衝撃の映像。アナルを責められ悶絶勃起、男に舐められさらに勃起、男を舐めて超勃起!!ペニス擦り合わせや肛門挿入をされて大量射精。コスチュームを着替えてオトナっぽい容姿で再び男とエロ行為。ここでも肛門性交で再び噴出射精!なんて素敵な世界、あなたも是非。

























433gun458pl.jpg ニューハーフ初嬢 AVデビュー あや

復活した人気シリーズ「初嬢」に問答無用の可愛さをひっさげて光臨した「あや」。女と見間違う程に華奢なカラダとギャルのような風貌。そしてたまらなくキュートな笑顔。キスが大好きな彼女は、撮影中も愛のこもったキスを存分に見せクリチンポを尖らせる。また、絹のような優しい手つきで自分自身を昇天させる顔はまるで天女。ニューハーフ史上、もっとも美しいといえる「あや」のデビュー作。必見です!




























1star00325pl.jpg 美人潜入捜査官 羽田あい


ブラック・ラバースーツを身に纏い、闇の組織と立ち向かう「羽田あい」颯爽と潜入するも敵に捕らわれてしまう。高貴で剛健な女が鎖で繋がれ連続イカセで潮が爆噴射状態!イキ狂い震える身体を押さえ付けられ、脈打つ塊を淫汁で溢れるマ○コにぶち込まれ大量の連続中出し!繰り返される淫虐から快楽の波に溺れ、堕ちて行く!

















qoaf2dx.jpg

ボンデージな愛、、、
























雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2011/12/17(土) 09:41)

<<メタフェチ | ホーム | マークX>>

コメント
  承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| # | 2011/12/22(木) 19:20 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/370-0c8953da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア