FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 苦い旋律
22119987654.jpg

UnpluggedWorld2.jpg  「目川探偵事務所物語」をリライトし終えて、ちょっとホッとしてるchikaです。いやーエロと中間小説の融合って難しいー、特に同じエロといっても性倒錯とか扱うとね。
 でもこの分野での先人がいらっしゃるんですよ。
 その方の名前は梶山季之氏。

 氏の場合は中間小説が「大なり」で倒錯性描写は「小なり」ですが、もしかして本当は梶山季之氏も倒錯性描写を目一杯書きたかったんじゃないかとchikaは推測してます。
 だって氏の書かれる例えば女装者の感覚なんて、ご本人にその趣味かなければなかなか文章化出来ないと思うんですよ。
 恥ずかしながら「目川探偵事務所物語」に登場するオトコノコ探偵助手リョウが目川に示す仄かな恋愛感情だって、まだchika自身がおぼこかった頃、年上の男性に抱いていた恋愛感情をベースにしてますから(笑)。

 chikaがこの道に目覚め始めた頃読んだ梶山季之氏の「苦い旋律」は、今でも文章書くときにその影響が出てるなーと思います。
 主人公の曄道征四郎は、外資系女性下着メーカーの若き社長。で勿論、女装者です。
 もう一人の登場人物であるマルーセル佐紀は言わずもがなのニューハーフ、曄道のガールフレンドです。
 AVでも最近「女装子専用、立ちんぼニューハーフ」とゆービデオシリーズがあったりしますね。
 chikaなんかはこの言い回しでゆーと「女装子占領、ニューハーフSM女王様」って所でしょうか?
 このマルーセル佐紀、名前からすると当然、そのモデルはカルーセル麻紀姉さんでしょうね。
 下にちょこっとご紹介するのは曄道が初めて女装して外出するクライマックスシーンです。

h104kcod04ps.jpg

g104kcod04ps.jpg  三面鏡の前に、バス・タオルを腰にまとった、一個の男性が坐っていた。
 曄道征四郎である。
 彼は、すでに顔に白い化粧をほどこし、目ぼりを入れ、ルージュを塗っているところであった。
 青いアイシャドーが、彫りの深い顔立ちを、更に引き立たせている。
 マルセール・佐紀は、すでに化粧や着つけを終えて、高い踵の靴を穿き、ジュータンを敷きつめた床の上を、踊り子よろしく歩き廻っている。
「あなた・・今夜は、どのカツラになさる?」
 佐紀はきいた。
「平凡なのがよくない?」
 曄道は答えながら、上手に唇を塗りわけてゆく。
 化粧が済むと、彼は、ベッドの上に、佐紀が並べた女性の下着をとって、手際よく身にまとうのだった。
 今夜は、ブルーに統一してあるらしく、パンティも、ブラジャーも、すべて水色である。
 曄道は、それを着ながら、
「佐紀...。そんな網目のストッキングや、そんな十五センチのヒールを穿いて、外は歩けないわよ...」
とたしなめている。
「わかっているわ」
と、マルーセル・佐紀。
 シームレス・ストッキングをつけ、水色のスリップを頭からかぶって、曄道は上品なスーツをとりだす。

   aeergwrftet45dd.jpg ――ああ。
 曄道征四郎は、この札幌の街で、大胆にも女装して、外を出歩こうという気持ちらしいのである。
 そして恐らく、その目的のために、半女性ともいうべきマルセール・佐紀は、札幌へ呼ばれたのであろうか。
 女装して、夜の街を歩く。
 それは、〃女装マニア〃と呼ばれる人々にとっては、一種の願望なのだそうであった。
 そして、女性と間違えられ、
「お茶でも飲まない?」
と、同性から誘われたりすると、最高のエクスタシー状態になると云う。
 実に奇妙な心理であるが、曄道は、東京では果せないその願望を、この異郷の地で試みようと、しているのではあった...。
 平凡な、セットされたカツラを、二人はかぶり、ヘアピンで留め合った。
 そして、コートを着、ハンドバッグを手にする。
 曄道は水色のハイヒール、佐紀は真紅のハイヒールを履いた。



 どこからみても、二人は 〃女性〃だった。いや、女性そのものだった。
「部屋の鍵を、忘れないでね?」
 曄道は、そう云いながら、佐紀を抱いて接吻し、
「あたし、サポーターをつけないと、興奮して駄目みたい.....」
と囁く。
「コートがあるから、大丈夫よ....」
 佐紀は微笑した。
「だって、喫茶店に入ったときは?」
「バッグを腿のところに、載せておけば大丈夫」
「本当に、いいかしら?」
「心配しなくても、誰も、男だとは思わないわ」
「胸が、どきどきよ?」
「それは、そうでしょうね......」
 佐紀は、曄道の唇を吸って、
「あたしだって、凄いわよ?」
と云う。
「ホテルの人に、怪しまれないかしら?」
「佐紀が万事、うまくやるわ」
「頼むわね...」
「あまり長く散歩しないで、一時間くらいで帰って来ましょうよ」
「ええ、わかったわ」
 曄道征四郎は、すでに女になり切った、低い声音である。
「街で、声をかけられても、澄ましていること。これが秘訣なの....」
「わかったわ」
「では、行きましょうか.....」
 佐紀は、先輩らしく振舞い、先に部屋を出て、左右を見廻し、
「いいわよ、あなた・・・・・・」
と低く叫んだ。(中略)

e104kcod04ps.jpg

 曄道征四郎は、生まれてはじめての体験に、異常な興奮を覚えていた。
 エレベーターから降り、フロントを横切ってゆく時の、あの妖しい、息苦しい胸の鼓動といったらなかった。
 ハイヒールの細い踵が、ジュータンに喰い入り、歩き辛い。
 ブラジャーで胸を、ぐっと絞めつけられている。その感触が、また、彼には、たまらないのだ。
 ホテルの前で、タクシーを持つ。
 ボーイが、佐紀と彼とを見較べ、
 <ほう、美人だなあ....>
というような顔をしている。
 タクシーに乗るとき、彼は佐紅を真似して、尻の方から先に座席へ入れた。
 そうして脚を揃えて、車内へすーっと引き入れるのだ。
「行き先は?」
 運転手がきいた。
「薄野よ」
 マルーセル・佐紀はそう云って曄道に微笑みかけるのだった。
 そして、ハンドバックから長い婦人用のパイプをとりだし、器用に煙草をつけて、ライターを鳴らすのである。

f104kcod04ps.jpg  曄道は緊張していた。
 コンパクトをとりだして、そっと鏡の中を覗いてみる。
 女の顔があった。
<大丈夫かしら......>
 彼は、そう、女のように心に呟く。
 間もなく薄野の盛り場へ着いて、二人はタクシーを降りねばならなかった。
「いよいよ、本番よ.....」
 マルセール・佐紀は微笑して、ゆっくり彼の腕をとった。

 映画館の並んでいる、明るい大通りは、流石に気がひける。
二人は電車通りをさけて、裏通りを歩いてグリーン・ベルトのある大通りへ出た。
「どう? はじめて、外出した気分は」
 佐紀は、悪戯っぽく云うのだ。
「まだ、胸がどきどきしてるわ」
 曄道は、俯き加減に、水色のハイヒールの尖端を見ながら、歩いている。
「ほら、みんな、私たちを振り返って、みてるわよ......」
 佐紀は、いちいち報告する。
 曄道は、なかなか顔を上げられなかったが、やっと暗がりに来たので顔をあげた。
「もっと、堂々としなきゃ駄目!」
「だって、怖いのよ.....」
「みんな、あなたが男だとは、思ってないわよ....。平気でいなさい.....」
「そうかしら?」
「喫茶店へ、入ってみない?」
 佐紀は揶揄するように云うのである。

 手術をうけて、半女性となった佐紀は、女装が板についているから平気だが、密かに女装を愉しんでいた彼には、外を歩くということが、物凄い 〃大冒険〃 のように、感じられたのである。
酔った男たちが、通りがかりに、
「よう、お嬢さん! お茶でも飲まないかい?」
と声をかけたり、中年の紳士が、立ちはだかって、
「つきあってくれない?」
と、執拗にからんて来たりした時には、流石にひやひやしたが、マルセール・佐紀は手馴れたもので、
「約束があるから、だめ!」
と、ピシリと撥ねつけるのだ。
 そして、男から声をかけられるのを、密かに愉しんでいる風情であった。

 三十分くらい歩くと、曄道は疲労を感じた。ハイヒールが窮屈なのと、緊張のためである。
「もう、帰ろう.....」 
彼はそう告げて、タクシーに手を上げた。
と.......その時である。
 先刻からニ人を、尾行していた浮浪者風の少年が、いきなり女装した曄道に体当りをくれためであった。
「あツ!」
 不意を喰って、彼はよろけた。
 その次の瞬間、少年は、彼の手から離れて地面に転がったハンドバックをつかむと、狸小路の方へ駆けだしたのだ.....。
 タクシーは、急停車し、運転手が、
「大丈夫ですか?」
と窓から声をかけてくれた。
 曄道は、自分の足の捻挫よりも、カツラのずれの方が心配である。
「かっぱらいだア! つかまえてくれえー!」
 運転手は、大声で叫んだ。
 曄道は、これには慌てた。
「佐紀! 逃げよう!」
 彼は、ささやいた。
「そうね」
 マルセール・佐紀は、タクシーの運転手に、
「怪我したらしいわ。ハンドバッグはよいから、ホテルへ連れてって!」
と云った。
「えッ、いいんですかい?」
運転手は、吃驚したような声をだして、それでも痛そうな彼の顔をみると、
「病院へ行った方がいい」
と告げた。
 病院へ行ったり、警察へ行かされたりしたら、女装の秘密が表沙汰になる。
「ホテルの医者がいいの」
 佐紀は、狼狽しながらそう運転手を、制止したのであった......。


 どうです?
 『曄道は、自分の足の捻挫よりも、カツラのずれの方が心配である。』なんて台詞は、普通に書けるように見えて実は体験者でないとその心理がなかなか言葉に出来ないって思うんですよねー。
 それに多作で有名だった梶山季之氏の作品の中には、この「苦い旋律」以外にも性倒錯ピープルやその描写がわんさか登場します。
 例えば日本列島を襲った石油ショックを背景にしてその危機を救おうと石油開発事業に情熱を注ぐ三星商事の社長広崎皎介を中心に描かれた作品「血と油と運河」には、主人公を刺そうとするユダ役の女装趣味男性が登場するんです。

a104kcod04ps.jpg

d104kcod04ps.jpg  木島宏は、肉色のパンティ・ストッキングを穿きはじめた。
彼は、ストッキングを穿いた時、はじめて自分が 〃女〃 に変身したと云う実感を味わうのだった。
 しなやかな、ナイロンの感触。
 爪先だとか、陣などのシームの汚れ。
 肉色に、すっぽり蔽ってしまうパンストの魔力。
<ああ、女になれるんだわ>
と、彼は思う。
 木島は、その時、すべてのことを、忘れていた。
 三星商事が、危機にさらされていることも、そして自分の妻が、不貞を働いていることも--。
 そこには、男でありながら、女の服装をして、アベックで(本来、アベックとは、一緒にと云う意味である。むろん、男女のカップルでなくてもよい。日本人には、誤解されている外国語があって、アベックとは、男女のカップルだと思い込んでいる。
 なにも男と女でなくても、女と女でも、アベックなのであるこカクテル・パーティと云うのは、カクテルを飲むパーティではなくて、呉越同舟--つまり、敵も味方もー緒にカクテルになるから、そう呼ぶのである)横浜を散歩することに、ワクワクしている不可思議な姿があったのだ...。
 横浜の中華街で、食事をしている時、木島の男性自身は、怒張し切っていた。
 なまじっか、高級な中華レストランを選んだばっかりに、ボーイは、金髪のカツラとも知らず、
外人だと思い込んで、
「マダム、マグム……」
と連発する。
「メイ・アイ・イントルデュース・マイセルフ?」
などと、下手な英語で、自己紹介をしたがる。

c104kcod04ps.jpg  木島宏は、そのたびに、痛いほど、怒張を覚えた。
 今日は、コルセットを締めず、ナイロン・パンティ一枚である。
 だから、昂奮するたびに、スカートが、むくむくッ揺れる。
 それを隠そうとして、ストッキングの脚を組む。
 すると、股の間で、熱い火柱が揺れ動くのであった。
 みんな、女として見ている。しかも、外国の女に--だ。
 それだから、余計に昂奮する。
 ゾクリ、ゾクリとする。
 股のあいだに喰い込んでいる、ナイロン・パンティの感触。
 ストッキングの、ゆるやかな緊縛感。
 化粧のすべての羞らい。
 ぎゅッ、と締めつけるような、ハイヒールの痛さ。
 ない乳房を、糊塗しているブラジャーの中のスポンジ・ケーキ。
 金髪のカツラの重さ。
 マニキュアざれた爪の朱さ。
 ・・・すべてが、彼にとっては、恍惚の対象である。

 それを身に、しっかと纏い、変身して、食事している妖しい楽しさ。
 彼は、たまらなくなった。
 食事の途中で、オナニーに立とうかと思った位である。
 ニ人は、食事のあと、山下公園を散歩して、モーテルに戻った。
 その散策の時の、なんと云ったらよいか、快よい思い出と云ったら!
 彼は、それを考えただけで、ゾクゾクして来る。
 ハイヒールで闇歩する。
 スカートの内側では、ピサの斜塔みたいなものが、揺れ動いている。
「おッ! いい女だなァ」
 なんて、通行人がすれ違いざまに呟く。
 これが、こたえられない。
 みんな白人の女だと、思い込んでいる。

b104kcod04ps.jpg

『 スカートの内側では、ピサの斜塔みたいなものが、揺れ動いている。
「おッ! いい女だなァ」
なんて、通行人がすれ違いざまに呟く。
これが、こたえられない。』

「ピサの斜塔みたいなもの」の言い回し、それに「これが、こたえられない。」の言い切り、勉強になりますわん(笑)。








433tko00110pl.jpg接吻女装レズ 2 オンナになって女とキスをする。唾液まみれの絡み合うベロとベロ

女になって女とキスする!唾液まみれのレズ接吻!!!絡み合う舌と舌。唾液まみれの接吻。女装して女性とキスをしたい甘えたがり草食系男子から絶大な支持を受けるシリーズの続編です。7人の女がそれぞれのシチュエーションで唾液まみれのレズプレイに耽る。男と女のギラギラしたキス手コキ満載!


















d_046942pr.jpg

女体化変態アナルマゾ・陽子 恥辱の公開奴隷歩行


痴漢冤罪で逮捕された男性が、女体化されていろいろと酷い目にあうお話です。


d_046942jp-001.jpg

d_046942jp-002.jpg

d_046942jp-003.jpg

























雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2012/04/07(土) 15:21)

<<偽オバマ・偽MJ | ホーム | 「目川探偵事務所物語」が、やっと完成。>>

コメント
 
梶山先生の著作は古書店でもあまり見かけなくなっちゃいました。
私が文章でのフェチ(当時はなかったいいまわしですが)に目覚めたのは梶山先生のが一番ですねえ。
次いで戸川昌子先生ですか。
横溝先生みたいな再評価ブームは・・こないでしょうね。
URL | 海老沢 #- | 2012/04/09(月) 00:55 [ 編集 ]

  Re: タイトルなし
今日は海老沢さん。戸川昌子さんの作品で面白いのってあります?
URL | 最遠寺近緒 #- | 2012/04/21(土) 09:04 [ 編集 ]

 
古書店で買ったものが見つからないんですが。
双葉文庫の短編集「霊色」で・・
幼少時にコンドームを被せられたためゴム恐怖症になった男が登場する「ゴムの罠」
工場から盗んだマネキンに生きた女性が封じ込められていた「蝋の肌」
がフェチ的に印象深いです。
他にも長編「透明女」や「蒼い悪霊」に精巧な仮面が登場するのも戸川先生らしくて好きでした。
URL | 海老沢 #- | 2012/04/25(水) 01:20 [ 編集 ]

  Re: タイトルなし
海老沢さん、お返事有り難うございました。chikaも調べてみますね。
URL | 最遠寺近緒 #- | 2012/04/29(日) 09:57 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/384-c306ede5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア