FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 インディアン・サマー
megawa.jpg

2h_554b22pl.jpg インディアン・サマー

 インディアン・サマー(Indian Summer)とは、枯れ葉が落ちはじめ、寒さが身にしみ始める晩秋に、突然よく晴れ上がった暖かな日がくることがありますが、それをそう呼びます。
 日本語では、小春日和ですね。
 どうして「インディアン」という言葉がつくのかというと、インディアンたちが厳しい冬を向かえるために冬支度をする日なのだからだそうです。
 インディアンの伝説では、神様が冬眠前にキセルでタバコを吸い、その煙が暖かな一日を生み出す、と言われているそうです。

 チカオが塾の帰りに暴行を受けた。
 相手は見知らぬ男だったという。
 すぐ警察に届けようとしたのだが、チカオ自身が嫌がって必死に止めるのでとうとう私も折れ、泥だらけの服を脱がせ風呂に入れた。
 念のためアヌスを調べたが、幸い裂傷はなく、少し赤く腫れている程度だった。
 そこを見ているあいだ、やはり恥ずかしいのかチカオは腰をもじつかせ、全身を桃色に上気させる。
「そいつはぼくのお尻に無理やりオチンチンを入れて・・・」
「でもだんだんぼくのオチンチンがヘンになってきて、おしっこ漏らしちゃったの・・・」
「・・・それからぼく・・・ぼく、もっとしてって、言っちゃったの・・・どうしよう?お兄ちゃん、ぼく・・・ヘンタイになっちゃったの?」
 事件の経緯を語りつつチカオは次第に呼吸を荒くし、幼いペニスを勃起させる。
 そのエロティックな姿、仕草に、浅ましくもたまらず興奮してしまうと、チカオはこちらに流し目をしつつ小さくつぶやいた。
「お兄ちゃんにだったら・・・よかったのに、・・・」
 その一言でついに本能が暴走し、犯罪者に蹂躙されたばかりの柔蕾に己の欲望を挿入してしまった。
「ああっ・・・! お、お兄ちゃんの、とっても熱くって、大きいっ・・・!!」

d_047812jp-001.jpg


 浴室でチカオを組み伏せ、絡みついてくるような腸壁に蕩けながら、二重の禁忌を犯す悦びに浸りきる。
 そしてチカオの処女穴を穢した男を憎むとともに、その辛い記憶を上書きしてやるという思いでひたすらチカオを犯し続けた。
「も、もうダメ! オチンチンが、おもらしっちゃう!!」
 駅弁スタイルでなおも貫いていたときついにチカオがそう叫び、自分の腹に幼い精液をぶちまけた。
 その絶頂を見、感じながら、こちらもついにチカオの中に放ってしまった。

 翌日から、チカオが夜更けにこちらの部屋に忍んでくるようになった。
 私は一日中深い罪悪感に打ちのめされていたのでチカオの姿を見たときは硬直したのだが、ベッドに潜り込んできたチカオに、股間をまさぐられ、意味ありげな視線を送られるともう理性が保たなかった。
「あんっ、お兄ちゃんのおチンチン、気持ちいいよおっ!」
「お兄ちゃんのセックスであの男のしたことを忘れさせてっ!」
「ぼくのウンチの穴でもっとおまんこしてぇ!」
「ああそんなっ?! 入れられながらオチンチンしごかれちゃうなんて!!」
「イかせてぇっ! そんなにきつく握られたら射精できないよぉっ!」
「だめぇ・・・おしりだけでイっちゃうっっ・・・そんな、今ゆるめられたら両方ともイっちゃう! 気持ちよすぎて死んじゃうよおおおお!!!」
「はぁっ・・はぁ・・はぁ・・・・・・こ、ここまでするなんて・・・もうお兄ちゃんのコレ、忘れられない・・・お兄ちゃんチンポの奴隷に、ぼく、なります」
 全裸で息絶え絶えになりつつ潤んだ目でそう言われ、こみ上げる愛しさで思わずその細い肢体を強く抱きしめる。
 チカオはそれを先ほどの言葉を了承したしるしと思ったのか妖しく微笑み、それから目を閉じて寝息を立てはじめた。

d_047812jp-002.jpg

 サマードッグ サマーサンタ

 サマードッグとは夏休みに家族がペットの犬に一緒に別荘に行き、そのペットの犬を捨てたり、忘れて、逃げて山奥で野生になり凶暴化する野犬のこと。

a51cmv00039pl.jpg

g51cmv00039pl.jpg  今、chikaの目の前にいるのは、どう見てもサマーサンタクロースだ。
 赤い服に赤い帽子、 ひげはないしおじいさんでもないけれど、やっぱりサマーサンタクロースだ、たぶん。

 今日は海開きの日。もうサマーサンタを信じる歳でもないし、親にプレゼントをねだるのもどこか気恥ずかしかったので、別に何も期待せずにベッドに潜り込んだはずだった。
 人の気配と物音を感じてふと夜中に目を覚ますと、誰かがベッド脇にしゃがみ込んでいた。
「…だれ?」
 ベッドサイドの小さな明かりでも、それが両親じゃないことはわかった。
 chikaが寝ぼけながらも身体を起こすと、chikaに背を向ける形でしゃがみ込んでいたその人が驚いた顔で振り向く。
「やあ、起こしちゃったかな」
 まだ若そうな、背の高い男の人だった。
「誰?…まさか泥棒?」
「やだなあ、どう見てもサマーサンタだろ」
「サマーサンタなんているわけないじゃん」
 2年生の弟だってそんなことは知っている。
「最近の子供は夢がないなあ」
 苦笑すると、自称サマーサンタクロースのお兄さんは床に置いてあった白い袋の中から、どぎついピンク色の棒みたいなものを取り出した。
「チカオくんにプレゼントだよ」
 何でchikaの名前を知っているんだろうとか、この人は誰でどうやってchikaの部屋に入ったんだろうとか思いつつも、chikaの視線はサマーサンタさんの持つピンク色の棒に釘付けだった。
「…何それ」
「サマーサンタさんが子供にあげる物だもの、おもちゃに決まってるだろう?」
 何故かサマーサンタさんはうれしそうだ。
「ガキじゃないんだから、もうプレゼントなんていらないよ」
 ぷいっと顔を背けたchikaに、サマーサンタさんはにこにこ微笑みながら尚もピンクの棒を見せつけてくる。
「…何」
「これはね、良い子にあげるおもちゃじゃなくてエッチな子にあげるとっておきのおもちゃなんだよ」
「…!、chikaはエッチなんかじゃ…」
「そう?それじゃ、確かめてみようか」
 サマーサンタさんはあっさりとchikaをベッドに押し倒すと、パジャマのズボンの上からchikaのおちんちんを撫でた。
「あ…っ!?」
「自分でここを触って気持ち良くなってたんでしょ?」
「やぁ、ちが…」
 ズボン越しに触られただけなのに、自分で触るのと違って嘘みたいに気持ち良い。
 chikaが一瞬抵抗を忘れた隙に、サマーサンタさんはパジャマのボタンを外してもう片方の手を 胸へと伸ばした。
「ちょ、どこ触ってんだよ!」
「乳首小さいね、かわいい」

c51cmv00039pl.jpg

 言うなりチュッと音を立てて吸い付かれる。
「ひあぁ」
 変な声が出てしまって、思わず自分の口を手で押さえる。
「家族には聞こえないから声出していいよ」
 胸元に顔を近づけたまま喋るものだから、乳首に吐息がかかって、くすぐったい。
 身体をよじろうとすると、唇と舌で乳首をぐりぐり刺激される。
「や、」
 気を抜くと変な声が出てしまいそうで、ぎゅっと身を縮めて与えられる刺激を受け流そうとするけれど、緩急をつけて胸をいじられ、同時にズボンの上からおちんちんの形を確かめるようになぞられてしまうと、たちまちわけがわからなくなる。
「ぅあ…」
「かわいいよ、チカオくん」
 やがてぷっくりと膨らんだ乳首から口を離したサマーサンタさんは、にっこり微笑んでキスをしてきた。
「んぅ…」
 初めてのキスなのに熱い舌を入れられ、口の中をなぞられたりchikaの舌と絡められてしまって頭がぼうっとしてくる。
 長い長いキスの後でchikaが息を乱しているうちに、サマーサンタさんは白い袋から何かのチューブを取り出すと、いきなりchikaのズボンをパンツと一緒に下ろしてしまった。
「やぁっ!?」
 途端、ぞくりと肌が粟立つ。
「ふふ、勃ってる」
 与えられた刺激に反応してしまったchikaのおちんちんに、サマーサンタさんは軽く触れた。
「ふ、あ…っ」
 それだけでchikaのおちんちんは切なげにぴくんと跳ねる。
「力抜いててね」
 耳元で囁くと、サマーサンタさんはchikaのお尻の穴の周りを円を描くように撫で、
チューブの中身を塗り付けた指を中に入れた。
「ひ…っ」
 お尻の中に指を入れられるなんて思ってなかった。
 ぬるぬるするチューブの中身が滑りを良くしているからか痛みはあまりなくて、むしろぞわりとした不快感が先立つ。
「やだやだっ、気持ち悪い」
サマーサンタさんの腕の中で身体をよじると、なだめるみたいに軽く唇を吸われた。
「良い子だから我慢して」
「ん…ぅ」

d51cmv00039pl.jpg

 唇からも、お尻からも、くちゅくちゅ水音がしている。
 その音がやけに耳に響くようで、よくわからないけど恥ずかしい。
 お尻にもう一本指が入れられて、中を探るようにあちこち動かされる。
「…ふあぁっ!」
 気持ち悪いばかりだったはずなのに、指がある一点に触れた瞬間chikaの身体は勝手にびくりと跳ねた。
「ここ?気持ちいいの?」
サマーサンタさんはにやりと笑って、その一点をぐりぐりと押してくる。
「あ、や、だめぇぇ」
 身体ががくがく揺れる。
 そこに触れられる度、頭が真っ白になる。
 お尻がきゅんきゅんしてサマーサンタさんの指を締め付け、すっかり勃ち上がったおちんちんはびくびくと切なく震える。
「ねえチカオくん」
 突然指が止まり、サマーサンタさんがchikaの顔を覗き込んでくる。
 はーはーと上がりきった息をどうにか整えようとするchikaに、サマーサンタさんがにっこり笑って囁いた。

「プレゼント、欲しい?」 f51cmv00039pl.jpg
 誘うようなその一言に、なけなしのchikaの理性はすっかり崩壊してしまう。
「欲しい…ちょうだいっ」
 サマーサンタさんに縋り付くようにしてプレゼントを求める。
 サマーサンタさんは指を抜き、あのピンク色の棒にチューブの中身をたらすと、それを指の代わりにchikaのお尻に入れた。
「うぁ…!」
 指二本より太いそれを、さっきの気持ち良いところに当てられて思わず悲鳴をあげてしまう。
「まだまだ、これからが本番だよ」
 言うなり、サマーサンタさんはピンクの棒のスイッチを入れた。
「ひあぁぁぁ!」
 衝撃が身体を走り抜ける。
「イッちゃっていいよ」
 サマーサンタさんは楽しそうにそう言うと、chikaのおちんちんをぱくりとくわえ、ぢゅっと音を立てて吸い上げた。
「や、だめ、いあぁぁぁ…っ!!」
 がくがくと震えながら、chikaはサマーサンタさんの口に射精した。
 振動を止めたピンクの棒をchikaから抜き取ると、サマーサンタさんは穴の周りをゆっくりと指でなぞりあげる。
 と同時にchikaのおちんちんから残りの精子を吸い出し、すっぽりと口で覆ってから幹を綺麗に舐めとった。
「ん、あぁ…」
 今達したばかりなのに、chikaのおちんちんはまたぴくりと反応を見せてしまう。
 どうしよう、気持ちいい。
「あれ?どうしたのチカオくん」
口を離したサマーサンタさんが、わざとらしく首を傾げる。
「……ぉ…がぃ…」
「聞こえないよ?」
「おねがい、もっとしてぇ!」

e51cmv00039pl.jpg  恥も外聞もなく泣き叫ぶchikaに、サマーサンタさんは満足そうに目を細める。
「欲張りな子だなぁ…。ねぇチカオくん、もっと素敵なプレゼントが欲しい?」
「欲しい、欲しいよぉっ」
「じゃあ上手におねだりできるかな?エッチなチカオくん」
 もうchikaは快感を求めるばかりで、自分が何を口走っているのかわからなくなっていた。
「おねがいです、サマーサンタさん。すてきなプレゼントをください。
 エッチなぼくを、もっときもちよくさせてくだしゃいっ」
 喘ぎながら懇願する。
 サマーサンタさんは素敵なプレゼントを見せつけるように、chikaの口元に持ってきた。
 chikaは必死になってプレゼントにしゃぶりつく。
「んっ、んぅ…」
 さっきのピンクの棒より一回りも二回りも大きいそれは、小さなchikaの口には到底収まりきらない。
 それでも夢中で舌を這わせ、しょっぱい液体を舐めとっていると、サマーサンタさんはやがて満足そうに小さく息を漏らしてchikaの口からプレゼントを抜きとった。
「メリーサマークリスマス」
 そう言うと、サマーサンタさんはchikaのお尻の中にプレゼントを入れた。
「んあぁ、…くぅっ」
 裂ける、と思った。
 実際裂けていたのかもしれないけれど、サマーサンタさんがchikaに覆いかぶさってやさしくキスをしてくれていたのでそれは見えなかった。
 慣らされていたはずなのに、指やさっきの棒とは太さが全然違う。
 ぎちぎちと音が聞こえてくるような気がした。
 痛い、キツイ。
 勝手にぼろぼろ涙が流れる。
 ひぃひぃと泣きながら喘ぐchikaのおでこに、サマーサンタさんは触れるだけのキスを落としつつ大きな手で頭をなでてくれる。
「深く息吸って、吐いて。…そう、いい子だ」
 それを繰り返して、chikaの呼吸が整った頃、サマーサンタさんはゆっくりと中で動き出した。
 同時に、痛みで縮こまったchikaのおちんちんを手でしごいてくれる。
「はあ、は…っ」
「苦しくない?」
 痛かったし苦しかったけど、やめてほしくなかったからchikaは無理して笑う。
「だい、じょぶ、だから…」
 太くて硬くてとろけそうなほど熱い、サマーサンタさんのプレゼント。
「チカオくん、気持ちいい?」

b51cmv00039pl.jpg

「きもちいい、きもちいいよぉ」
 いつの間にかchikaは、サマーサンタさんに合わせて腰を振っていた。
「かわいいよ、チカオくん。サマーサンタさんからのプレゼント、しっかり受け取ってね…っ」
「や、もうだめイッちゃうぅっ!」
「chikaも出るよ…っ」
 身体の奥に熱い飛沫を感じながら、chikaは意識を失っていった…。
 目が覚めたのは、すでにお昼に近い時間だった。
 喉が渇いていて、身体じゅうが痛くてけだるかったけれど、chikaはきちんとパジャマを着て眠っていたらしい。
「…夢?」
 ふと手を伸ばすと、指先が布団の中で何か固いものに触れた。
 おもむろに掴み出してみる。
 ピンク色の、棒状の物体には確かに見覚えがあった。
…夢ではないらしい。
「こんなのより、…サマーサンタさんのがいいのに」
 いい子にしていたら、サマーサンタさんはまた来年プレゼントをくれるだろうか。
「……とりあえず、勉強がんばろ」
 呟くと、chikaはもう一度ベッドの中に潜り込んだ。


tcd095pl.jpg ド変態ニューハーフ!!前立腺破壊限界潮吹き大量5発射!! 愛原みき withまりか

イケばイクほど感度が高まるド変態潮吹きニューハーフの愛原みきチャンが登場!!手足を拘束され性感帯に軽く触れられただけでデカペニクリがフル勃起!卑猥なアナルは執拗な前立腺刺激で何度も絶頂を迎える快楽地獄!潮吹き女王のまりか&二人の男達と繰り広げる全身潮まみれの白熱4Pファック!「当たるぅ!」と何度も叫びながらアナルファックでマジイキしまくったみきチャンは歓喜の大量5発潮吹き悶絶絶頂!!
















opbd00076pl.jpg顔も声も100%少女シーメール 星月レナ COMPLETE BOX

顔(整形ナシ)も声(変声期ナシ)も100%美少女シーメール「星月レナ」の2作品がほぼ丸ごと入ったBEST!圧倒的な人気だったデビュー作から、中出し、3P中出し、浣腸と可憐すぎる顔・声で悶絶し激感射精まで見せてくれる興奮必至の1本!






















h_554b22pl.jpg 男の娘◆ レズビアン


以前の作品で人気だった女装子二人が合体!互いに口紅を塗り合う耽美な映像は夢世界。女装が完了した二人の外見は、完璧に女性そのもの。さらに舌を絡ませ、身も心も女となり、レズビアンの世界へと浸って行く。舐めて、舐められ、肛門に指を入れ、美しき二人の世界は二本のそそり立つ男性器をも巨大クリトリスと認識し、大クライマックスへと向かって行く。途中からは男性をWフェラ。最後はレズに戻って挿入大射精。女装を超えた美の人類進化!















otld00011pl.jpg 初情 オトコノ娘アイドル ~M属性オトコノ娘どれい調教日誌~ 早乙女優華


肉体的苦痛を与えるごとに輝きを増すM属性オトコノ娘の早乙女優華ちゃんをSMプレイで快楽地獄責め!!薄暗い倉庫内で手足を拘束され剥き出しになったペニクリを電マと手コキで容赦なく攻められた優華ちゃんは激射精!ムチ、ロウソク、強力電マの刺激とアナルファックの快楽が津波のように押し寄せ、ニューハーフ2人男2人で繰り広げられる濃密な4Pファックで臨界点を迎えた優華ちゃんは淫らな声を上げ絶頂大量射精!!


















































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/26(土) 09:40)

<<三善英史の「雨」 | ホーム | その後の「アナル一刻館」>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/390-c52fcea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア