FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 三善英史の「雨」
 08gfdgdf-bbbb.jpg

anohitononioi.jpg  梅雨になると、どうしても思い出してしまう歌があります。の「雨」という曲です。
 「雨」自体は超有名なヒット曲なので、今でもテレビやラジオなどで「懐かしの」という冠付きでよく登場するので、皆さんご存じだろうと思います。
 chikaはこの歌を始めて聞いた時は、どんなにフェミニンな可愛らしい男の子が歌っているんだろう?って思ってました。
 リアルで三善英史さんを知った時は、自分がゲイだとカミングアウトされた初老の男性だったので、違う意味で三善さんに興味を持ったものでした。
 で、この前、たまたま会員さんとの会話の中で三善英史さんが登場して、面白い話をお聞きすることになりました。
 この三善英史さんが、1978年・ユニチャームの「シルコット」の化粧パフCMに女装して出演してたという事なのです。
 会員さん曰く、『男性タレントがテレビ等のメディアで女装姿を披露する時は、どこかしらその女装自体に、違和感とか笑える要素を作っておくという、暗黙の約束があるような気がするんだよね。それが、本人にとっての安全弁になってるみたいなんだ。躊躇なく隙のない女装姿を披露できるのは、chikaちゃん達みたいにゲイ・ニューハーフと名乗る、あるいはその予備軍である「その筋の人」だけだって事だね。ところが、この「シルコット」のCMに登場した三善英史の女装には、違和感も笑いの要素も全くないんだよ。そもそもが、あまりに女装が似合いすぎてしまう人なわけで。アイドルとして笑いに逃げられない女装・・・これはかなりリスキーな挑戦だったわけだ。』

 帰ってネットで調べてみたら、ありました、その女装写真とゆーか、当のCMソングに使われた「あの人の匂い」という曲のジャケット写真なんですが。
 女性しか決められない「決めポーズ」が見事に決まりすぎちゃてます。
 実際、三善英史さん自身もゲイをカミングアウトした番組で「僕がこういうこと(=女装)すると、いつもやってるように思われるじゃないですか。だからイヤだったんですよ」と語っていたらしいです。
 この写真からだと、女装癖を疑われる以前に、「ゲイなの?」というイメージをしっかり持たれた可能性大ですもんね、、。
 今と違って一昔前だと、アイドルにとってそーゆーのって致命傷でしょ。
 でその後の三善さんは、これが原因だったどうかは別にして、ヒット曲にも恵まれず泣かず飛ずの状態が続き、今に至っているとゆーわけ。
 男性と女性の真ん中のところをフワフワしてるような性のあやふやさが魅力だった三善英史さん。
 このCMで、なんとなく越えてはいけない一線を越えてしまったような・・・。

10h_616menc005ps.jpg

 話は変わって、chikaも生まれた時からニューハーフってわけじゃ勿論なく、それにはっきり自分はGIDじゃないって言いきれる自覚があるから、ある意味、この世の中に多く存在する女装子さんと同じような道筋を辿り体験もしたことがあります。
 ただしその期間や程度は「短く激しい」ものでした。
 でも最近、迷った時は「初心に戻る」って言葉を考えるにつれ、あの短かった「女装者」の頃のドキドキ感が、今の自分には大切なんじゃないかと思うことがしばしばあります。

 chikaの女装外出は既に高校の時には当たり前の事になっていました。
 その姿で男性から街でナンパされるなんて至極当然のことだったんですが、そんなchikaにも初めての「女装外出」と言える期間がないわけではなかったのです。

 街での本格的な女装デビューと言えば、正確には中学卒業を意識する頃だったと思います。
 初心な「ドキドキ」と言えば、今でも思い出深いのは、あの雨の日のことです。
 もうずいぶん前のことになりますので回想風に書きたいと思います。
 その日、学校を休んで日暮れ時の外出のためにせっせと女装の準備をしていました。

12h_616menc005ps.jpg
下着は赤のパンティ。
 白のブラにパンストを2つつめてつけました。
 どれも義理の母が、逃げるように家を出て行った時に置いていったものです。
 その日は思い切って、お尻にも詰め物をしてみました。
  自炊用に買ってあった、にんじんを程よい大きさ、ちょうどよい形に包丁で刻みます。
   まるで小ぶりのペニスのようです。
   まだその頃のchikaは大きいのはとても無理だったので、抜けにくくするため根元のところにちょっと括れをいれました。
   chikaはそのにんじんペニスにマヨネーズを塗りたくりました。
   そのにんじんをchikaは後ろからお尻の穴にそっとあてがいます。
   その瞬間、お尻のあながひやっとしました。
 ゆっくりゆっくりchikaは深呼吸しながらにんじんペニスを少しずつ埋め込んでいきます。
  やっと根本のくびれのところまでそれをいれたchika、は抜けないように注意しながらパンティをはきました。
   さらにその上からお気に入りのボディスーツを着用し、きついのをがんばって股間の間のホックを思い切り引っ張りパチンと止めました。
   これでにんじん君が抜けなくなります。
   上から義理母が残した淡いピンクのブラウスを着ます。
   スカートは膝ちょっと上丈の紺でした。
   少し前後にボックスの入った(派手な服装が好きだった義理母にしては)、すごくノーマルなスカートです。
 この頃のchikaは、義理母の残した衣服の中でも普通のOLっぽい衣装を好んで着ていました。
  上からは薄手の紺色のカーディガンを羽織りました。
   かるく化粧をし、セミロングのウィッグをつけると準備OKです。
   化粧をするあいだ座った椅子が、お尻に埋め込んだにんじんペニスを押し上げます。
   ちょっと考えて、chikaはボディスーツの股ホックを横にずらし、ペニスを外に出しそこに穴を開けたパンストから外に出してみました。
   これでペニスが直にスカートの裏地に触れます。

13h_616menc005ps.jpg

 11h_616menc005ps.jpg その日は、すこし雨が降っていました。
   chikaは細かい花柄模様の傘を持ちハンドバッグを肩にかけました。
   もう外は薄暗くなってきています。
   chikaはそっと玄関をあけ、外にはだれもいないことを確認しました。
   さっと玄関の鍵を閉めパンプスのコツコツいう音にドキドキしながら大通りのほうに行きました。
   その日は、ちょっと離れた自動販売機でジュースを1本買って来るつもりでした。
   この頃のchikaは、外出女装では初心者で、しかもまだ中学生なのであまり大胆なことはできませんでした。
 でもその頃のchikaには、刺激としてはそれで十分だったんです。
  自動販売機はバス停の近くにありました。
  もしタイミングがよければ、バスがとまらない時間なので誰にも会わなくてすみます。
  本当はちょっと誰かに見られたい気持ちもありました。
 その時の興奮を期待してと言うより、自分の女装がどれくらい通用するのか、いや通用するという自信もあったように思います。
   でもその日は幸か不幸かタイミングが悪かったようです。
 ジュースを買うまでは周りにはだれもいませんでした。
   下のほうの取り口からジュースを取るのに、かがんだ時、お尻に埋め込んだにんじんペニスがchikaの腸を中で押します。
   その刺激と、かがんだときに膝丈のスカートから除くぴったりそろえた両膝がとても自分のものとは思えないくらい色っぽくてドキドキしました。
   気持ちも少しは楽になって、抑えるものはスカートの布地だけのペニスも硬くなって下からスカートを押し上げ始めています。

9h_616menc005ps.jpg

   そんなchika、はジュースを取り終わるまでそのことに気が付きませんでした。
   バスが到着していたのです。
   ぜんぜん音が聞こえていませんでした。
   バスから降りる通勤らしい人々は、もう道を歩きはじめています。
   でも自動販売機でジュースを買っている女装姿のchikaのことなどまったく気にしていません。
   chikaのペニスはびっくりしたせいか一瞬でしぼみ、押し上げていたスカートの布地も元に戻りました。
   逃げるわけにもいかないchikaはジュースをそのまま胸に抱えるようにしてかさを深くさしました。
   そして帰宅する人たちの間にはいり自宅への道を歩き始めました。
   もうどきどきして硬くなっていたペニスもなえ、スカートの生地に触れるか触れないかになっています。
   でも歩くとスカートの生地がペニスにあたりとても心地がいいのです。
   chikaはなるべくひざが内側を向くように歩き、気持ちよくパンプスのコツコツという音を響かせながら人の流れにのって歩きます。

7h_616menc005ps.jpg

   この程度の高さでも、ヒール付きの女性靴でこんなにきびきび歩いたことがないので気をつけないと転びそうでした。
   chikaは、そのまま人々の間にまるで普通に通勤から帰宅する人のように自宅まで帰り着きました。
   chikaは自宅に付くと玄関の鍵を内側からかけ胸をなでおろしました。
   やはり誰もchikaが女装しているとは思わなかったようです。
   普通にスカートをはいた年若い女性が、帰宅途中に自動販売機でジュースを買っていたと思ったのでしょう。
   でもちょっと不自然なところもあったかも知れないので何人かは「この女性、ちょっと変」位は思ったかもしれません。
   そのことを思うと、chikaは興奮してきました。
   しぼんでいたペニスがまた急激にかたくなってきたのです。
   硬くなってきたペニスは徐々にchikaのスカートをしたから押し上げ始めます。
   chikaはそのまま玄関でスカートの上からペニスをさすり始め、下駄箱の角にお尻に差し込まれたにんじんペニスをあてがい、自分でぐりぐり押し上げながら、右手でペニスをスカートの生地ごと優しく握り、さするとあっというまに射精していました。
 果てたchikaは、そのまま玄関のふちにすわりこみしばらくその余韻に浸っていました。


6h_616menc005ps.jpg chikaのことですから、女装外出に慣れるのはあっと言う間でしたが、それでもこれは自分の家からの出発で、少しは安心感がありました。
 高校に入り、覚えたとゆーのか、必要上のことだったのですが、駅のトイレなどで女の子に変身という事もやり始めました。
 これはこれで、最初の頃は興奮したものです。
  最初の頃は、それでも家以外の変身には抵抗があって、男姿で着てきたものは、一度すべて脱いでしまった方が、踏ん切りがついたものでした。
  その頃、多目的トイレと言えど大阪の駅トイレで余り綺麗なものはなかったのですが、その駅のものはちょっと前に改装されたようで、駅構内だというのに、その中はきれいなものでした。
  ベビーベッドを引き出しそこにバッグを乗せ、大きめのビニール袋を出して、手始めに着ていた高校の制服ブレザーのボタンを外しました。
 しわにならないように、丁寧に畳んでしまいます。
 父一人・息子一人の生活でしたから、この様な作法は自然に身についていました。
 つとめて何も考えないようにしながら脱いだスニーカーの上に乗り、腰のベルトを引き抜きスラックスから足を抜きます。

 その日は、ちょっと寒かったのですが靴下も同じように脱ぎました。
 ネクタイは結び癖を伸ばしながら丸めて、ワイシャツもアンダーシャツも脱いで袋にしまいます。
    振り返るトイレの鏡に映るのは、細い首筋につややかな黒髪を這わせた少女めいた顔の…下着一枚の若い男。
   無駄な脂肪も過剰な筋肉の凹凸もない体つきは、女性だったらさぞかし好まれるのでしょうが、そこにあるのは生っ白い肌をした男子高校生の自分自身です。
5h_616menc005ps.jpg   男でも女でもどちらにも自然に見えるよう整えた形の良い眉をひそめて鏡に映る男に背を向けます。
 黒のボクサーを脱いだ後を、真正面から見たくないからです。
 数年してからパトロンめいた男性と出会って、女性めいた身体作りを意識して食生活を改善し出したのですが、この頃は体脂肪が殆どありませんでした。
   脱いだ下着も袋に入れて、バッグの中身を出したスペースにしまいます。
 今度ベッドにのせたのは、ひとまとめにした服の入った別の袋です。
  結んだ口をほどきつつ自身の身体を見下ろせば、やや痩せ気味の均整の取れた裸身に、一つだけ年齢には不釣り合いな箇所が目につきます。
 引き締まった下腹のさらに下…成熟したペニスの付いた股間は、子供のように毛の一本もありません。
   何故か溜め息がでて、それを振り切るように袋の中に手を突っ込みました。
 昨晩、この時の為に順に着替えられるよう詰めたので、目的のものはすぐに取り出せました。
  白地に紺の細いストライプの入った、シンプルなデザインのブラジャーとショーツ。
   ヒップハングのショーツに足を通し、身体の前でホックを留めたブラジャーをずらしながら引き上げストラップを両肩にかけます。
   あるべき膨らみのない胸元で健気に丸いラインを描く紺のストライプは、なんだか見ていていかにも残念な感じでショーツの前は女性にあるまじき隆起で突っ張っています。
 でもchikaは生の女性そのものになりたいわけではないので、鏡の中の姿に密やかな満足感を覚え、さらに満足を得るために再び手を動かしました。

4h_616menc005ps.jpg   次に取り出したのは、柔らかな手触りの白のブラウス。
 合わせの両側や前面の切替えの内側に細かく共布のフリルが施されていて、上品な可愛らしさを醸している。
  腕を通してツルツルしたボタンをはめていきます。
 U字型の切替えは胸の一番高いあたりに付いているので、ブラジャーに元から入ったパッドだけしかなくてもさまになります。
 知り合いの女友達から手に入れたピンクと黒のチェック柄の制服プリーツスカートを出し、これも身に着けました。
 裏地がないので、ミニ丈ではふとした拍子に捲れてしまわないか心配になります。
 今ならそういったアクシデントもお楽しみの一つかなと思える程になりましたが、その当時は気を付けなければと自分自身に念を押していました。
   慎重に片足ずつ、薄いグレーのニーソックスを穿きます。
 家からの変身でよく穿いていた黒いソックスは腿の半ばまでくるものでしたが、この日は新調の制服スカートに合わせて、ちょうど膝のすぐ上までの長さのもでした。
   スニーカーを履き直し、また姿見に向かいます。
 白い頬をうっすら上気させた、「女の子」がそこにいます。
 セミロングの黒髪が肩にかかるフリルブラウスは、整った顔の清楚さを引き立て、ピンクのミニスカートの下から伸びる細い両足は、ニーソックスによって年相応の色気を主張しています。
   薄い胸板もショーツだけでは隠しきれなかった性器も、今は可憐な布とすらりとした腿によって、華奢な少女の身体つきに変わっていました。
  扉や壁越しに聞こえていた、電車の音も喧騒も忘れ、しばらく自分自身の姿に見入ます。
  少女の服を身に着けた、男の自分。
「目立たないけれど何処か不良ぽい」という周囲からの認識からは外れるこの格好に、自分自身に欲情を抱くchikaがいます。
8h_616menc005ps.jpg  『可愛い、、』
 『最低の変態、、』
 相反するセリフは、どちらもchikaの求めるものです。
「女の子」として愛されることと、同時にそれを断罪され虐げられること。
 どうしてこんな性癖になったのか自分でも分からないけれど、この甘美な妄想に浸る間はたまらなく満ち足りているのです。
  もっとも、それはすぐに我に返るまでの短い時間ですが。
 陶酔の…夢の後に訪れるのは罪悪感と、これから味わうであろう甘美な屈辱に対する不安や怯え・・・当時のchikaは内心では本当にそう感じていたのです。
  この格好は、今日の自分へのご褒美と…相手を楽しませるための衣装。
  着替えで乱れた髪を整え、耳にかけていた分を頬に流します。
 黒髪が幾筋か覆うことで、エラこそありませんがchikaのやや鋭角的な輪郭が柔らかな印象になります。
 時間があるのでバッグからポーチを取り出します。
 軽く睫毛を持ち上げ、乾燥や日焼け予防も兼ねて薄くフェイスパウダーをはたきリップを塗り直します。
 chikaの少女「めいた」顔は、その服装と演出によって変化していきます。
 荷物をまとめ、最後に姿見の前に立った頃には、どこに出してもおかしくない「女の子」が映っていました。

3h_616menc005ps.jpg


 雨にぬれながら たたずむ人がいる

 傘の花が咲く 土曜の昼下がり

 約束した時間だけが身体をすり抜ける

 道行く人は誰一人も 見向きもしない

 ・・・・


osiri.jpg



d_049005pr.jpg

オレっコ男の娘学園生活~今日からお前は肉便器だ!~


離せよ! 縛るな!
男のオレにこんなもん着せてナニしようってんだ、この変態ども!

入学初日に「肉便器係」に指名された男のコが拉致られ、従順な性奴隷に調教されてしまいます。


●独身体育教師の性のはけ口に…

●変態化学教師から新型媚薬の実験体に…

●保険医からア○ルの健康診断…

●休日は先輩のオモチャにされ…

●用務員の童貞オッサンと…

●お偉方の接待を…

d_049008pr.jpg

d_049008jp-002.jpg きっとかわいいオトコのコだから 童話編


もや○もんのゴスロリ男子、結○蛍が童話ネタでハード調教されたりラブ和姦したり。

女性陣3名に調教されてアナル・乳首責めや緊縛自分フェラされる調教パートと、
沢○とラブ和姦してハッピーアクメする和姦パートの2タイプのエロシーンを収録。
漫画30P、没ラフ2P、おまけペーパー4Pの全38P。















otld011pl.jpg初情 オトコノ娘アイドル ~M属性オトコノ娘どれい調教日誌~ 早乙女優華


肉体的苦痛を与えるごとに輝きを増すM属性オトコノ娘の早乙女優華ちゃんをSMプレイで快楽地獄責め!!薄暗い倉庫内で手足を拘束され剥き出しになったペニクリを電マと手コキで容赦なく攻められた優華ちゃんは激射精!ムチ、ロウソク、強力電マの刺激とアナルファックの快楽が津波のように押し寄せ、ニューハーフ2人男2人で繰り広げられる濃密な4Pファックで臨界点を迎えた優華ちゃんは淫らな声を上げ絶頂大量射精!!















tcd00095pl.jpg ド変態ニューハーフ!!前立腺破壊限界潮吹き大量5発射!! 愛原みき withまりか


イケばイクほど感度が高まるド変態潮吹きニューハーフの愛原みきチャンが登場!!手足を拘束され性感帯に軽く触れられただけでデカペニクリがフル勃起!卑猥なアナルは執拗な前立腺刺激で何度も絶頂を迎える快楽地獄!潮吹き女王のまりか&二人の男達と繰り広げる全身潮まみれの白熱4Pファック!「当たるぅ!」と何度も叫びながらアナルファックでマジイキしまくったみきチャンは歓喜の大量5発潮吹き悶絶絶頂!!































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/06/16(土) 08:42)

<<同僚OLの制服とか美容院の雰囲気に発情しませんか? | ホーム | インディアン・サマー>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/391-6dfffaab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア