FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 勃起するオンナ01
Masked-Rider-Mii-2.jpg

fn002ffff.jpg  オトコノコブームがようやく倶楽部の主要顧客年齢層まで押し寄せて来たってゆーのか、そんな状況なんです。

 それでもって、ウチのロールプレイなんかでも結構、対応が大変だったりします(笑)。

 基本、ロールプレイの原理は「成り切る」ってことなので、蝶々が毛虫になったり、毛虫が付け睫毛になったりの無理が効くのが当たり前、そこにはムチャもなにもない世界なんですが、、。

 「今日は美少年のオトコノコ」で、とか言わないでいつもの艶女でも充分楽しめると思うんだけどなー。

 (気を取り直して)~このロールプレイではchikaは、保健室の先生役とm属性のオトコノコのお姉さん役と、一人二役やってます。

 まあ「オトコノコ」をやってる会員さんは、一度で二度美味しいってことなんですが、こっちは演技上で、おねえさんのMと先生のSを切り替えるわけで、いつもみたいに興奮して自然にスィッチが入れ替わるんじゃないので、ちょち無理が、、。







l29js00002dps.jpg 

 
「んっー! んんっ、んんっんー!!」
「ふふふ・・・ここが、感じ易いのね? この、可愛らしい勃起乳首が。 ほぉら、こうすると・・・」
「んひゅー! んんっ、んぐっ、ぐふっふうぅぅ!!」

 ビクン、ビクンと、白魚の様な色白できめ細かな肌の華奢な裸体がベッドの上で跳ねまわる。
羞恥と欲情に肌をほんのり朱色に染めてchikaの長く綺麗な指先に嬲られる快感にうち震えている。
「ふひっ、ふむうぅぅ! うふんむっ、んんふっ! んんふううぅぅ!!!」
「あらあら・・・ここも、こぉんなに元気になっちゃって・・・イケナイ子ね、恥ずかしいのが可愛らしいショーツからはみ出しちゃっているよ? そんなお行儀の悪い子には、お仕置きね? ほうら!」
「ふむううっ! んんふうぅっ! ふひっ、んんふうぅぅ!」
 敏感な乳首と、これまた敏感な下半身の急所を嬲られて呻き声を上げる。
 まだ固さの残る10代前半の美貌を羞恥と快感の朱色に染めて、何かに必死に耐える風情でギュッと目を瞑ってその美貌を歪めている。

k29js00002dps.jpg

 chikaに、レズの快感を仕込まれながら嬲られている美少女・・・では無かった。
 その証拠に、リボンを散らした可愛らしい薄いピンクのフリルレースの3/4カップブラからはみ出した、ピクピクと勃起し切って震える乳首には膨らむ乳房は無く、同じデザインのフリルレースショーツからはビクビクと、痙攣する様にはみ出しているのは小さなペニスなのだ。

 chikaの方は、はち切れんばかりの見事なプロポーションの美体を、鮮やかなワインカラーのメッシュ地に美しい刺繍をあしらったブラ、ガーターベルト、Gストリングショーツのセットに包んでいる。
 もちろんGストリングショーツの中にぎっちり詰まった果実は熟れきったペニスだ。
 この少年で無くとも、その姿を目にすれば、その妖艶な美しさに誰しも欲情しそうな情欲溢れるビザール美ボディ。

 少年はベッドの上で、少女の下着を身に付けた格好で両手・両脚を拘束されて嬲られていた。
赤いマニキュアが美しく彩られたchikaの細く優美な指先と爪先で、感じ易い乳首を弾かれ、摘み上げられ、指の腹で乳首を押し潰す様に圧迫されながら、クリクリと弄られる。

j29js00002dps.jpg

 少年の乳首の鋭敏な痛みともどかしさが、快感に変わって背筋を通り、下半身・・・小さな、まだ皮を被っているペニスにリンクしてしまい、ペニスがビクビクと勃起する。
 そのペニスを柔らかくchikaの掌の中で扱かれ、玉袋をヤワヤワと嬲られて、快感に悲鳴が上がってしまう。
 もっとも赤いボールギャグを噛まされているので、くぐもった呻き声にしかならない。
「ふひゅっ! んんふうぅぅ!? んっんんふうぅぅ!!」
「あらあら、どうしたの? 『真澄』ちゃん? いけないわ、『女の子』が、こぉんなにクリを大きくさせちゃ・・・うふふ、苦しそうね、出したい? ねえ、真澄ちゃん? 出したいの?」
 自分の斜め上からのしかかる様に、下着姿の美体を密着させるchikaの甘く意地悪な声に、少年は涙ながらに頷く。
 chikaの美乳の感触が伝わる、彼女の乳首も興奮で勃起している。
 少年の拘束された細く色白で、体毛など無いかのようなすらっとした細い脚に絡めた美脚の根元の中心へ・・・chikaのGストリングショーツの小さな秘部はネットリと熱い液体に濡れ、少年の脚の素肌をも濡らしている。

h29js00002dps.jpg  少年は興奮と痛みと快感で、意識が朦朧としている。
霞みがかった様な視界の中で、艶然と微笑むchikaの美貌に向かって、何度も、何度も許しを乞う様に頷く少年。
 その姿を見たchikaが、嬉しそうに、しかし残酷な笑みを浮かべて微笑んだのを見た少年は、身体の奥深くからゾクゾクする様な得体の知れない快感に、全身が灼け蕩かされる様に感じた。
「うふふ・・・じゃ。真澄のお気に入りのやりかたで、逝かせてあげる。 頑張ったご褒美よ・・・」
 そう言うとそのchikaは、まず少年の口轡を取り外した。
 どっぷりと赤いボールの下から、涎が流れ出る。
 少年は、はあ、はあ、と息をつく。
 が、次の瞬間、少年の視界に飛び込んできたのは、クロッチ部の中心が熱く濡れて大きな沁みになっているワインカラーのストリングショーツに包まれた、形の良い美尻だった。
「ほうら、私の淫液がたーっぷり滲んだケツマンコショーツよ。 たっぷりと匂いを味わいなさい、真澄ちゃん・・・んんっ! うふふ・・・この子ったら・・・あはは! 顔の上に乗られて! いきなりペニクリを、ビクビク震わせちゃって!」
「んんっ! んんむうぅぅぅ!!」
「大好きだものねぇ? 顔面騎乗されるの・・・これで、乳首をこうやって、苛めて・・・」
 そういうとchikaは、少年の顔の上に跨ったままで、片手の指で少年の乳首を爪先でギュッと千切れそうになるくらい強く摘み上げ、捻り上げる。

g29js00002dps.jpg 「んんぎゅううぅぅぅ!!! んんひゅっ、んんひゅううぅぅぅ!!!」
「あはは! よいのね!? こうされるのが、いいんでしょう!? ねえ、おっしゃい、真澄! お前の淫乱スイッチは、ここなのね!?」
 そう言うと、chikaは残った片方の乳首も同じ様に摘みあげる。
少年は、ムッとする濃厚な淫臭の淫液を、顔の上で腰を盛大に振られて、顔中に擦りつけられ、惨めさと美尻の素肌の心地よさ、そしてchikaのケツマンコの淫らさに興奮が頂点に達する。

 そして敏感な性感帯である乳首―――弱い弱点を、痛みつけられながら嬲られる、激痛と同時に感じる脳天を突き上げる快感。
 乳首と直結していた少年のマゾ神経は、その快感をダイレクトでペニスに伝えた。
「あはは! やっぱりここね! 真澄、お前の淫乱マゾスイッチが入ったわ! ほら、ペニクリから我慢汁がもうこんなに溢れちゃって! 出したい? ドピュドピュって、白いイケナイ液を出したいの? ねえ、真澄? 『女の子』は出さないのよ!?」
「んんふううぅぅぅ! んんっ、だふぁしへぇ! ふぇーふぃ、どひゅどひゅ、だふぁしふぇえ!!!」
 美少女の様に美しい、下着女装した美少年はそれでも、快感嬲りの限界に来たようで、美しい美貌を歪めながら涙を流して、chikaのケツマンコの下でくぐもった悲鳴を上げながら懇願する。

f29js00002dps.jpg

e29js00002dps.jpg 「・・・んふふ、いいわぁ・・・でも、普通には出させないわよ・・・?」
 そう言うとchikaは少年のショーツの脇から指を滑り込ませ、可憐な蕾の菊座を弄り始めた。
 上体を倒しながら、まるで女性上位の69の体位の様だ。
途端に甘い悲鳴を上げる少年、菊座―――少年のケツマンコがピクピクと痙攣しながら、美女の指を1本、2本と咥え込んでいった。
「ふふ、凄いわ、真澄ちゃん。 貴女のケツマンコに、chikaの指が3本も。 ほうら、こんなに・・・」
「んひゅっ! ひゅううぅぅ!!」
 3本の指で肛道を繊細に嬲り、肛襞をキュッ、キュッと摩りながら前立腺を探る。
 やがてお目当ての弱点に辿りついた指が、少年の前立腺を焦らしながら嬲り始めた。
「んひゅうぅぅ! んひゅっ、ひゅふうぅぅ!!」
 ビクン、ビクンと、chikaの股の下で美貌を振り乱しながら、華奢な少女の様な美裸身を跳ね上げる美少年。
 小さなペニクリはビクン、ビクンと激しく上下して下腹部を打ちつける程だ。
 やがて少年のケツマンコから、ジュクジュクと淫らな音をたてて白濁した腸液が溢れ出て来た。
 それを片指で掬い、小さなペニクリの亀頭に擦り付けて扱く美貌のchika。
「んんっー! んんぐううぅぅぅ!! んんぐっ、ぐひゅうぅぅぅ!!!」

d29js00002dps.jpg 「うふふ、凄いわ! もうペニクリがバキバキよ! ケツマンコも淫液がドクドク溢れてきちゃって! いいわ、真澄! ドピュドピュ、イケナイ液をお出しなさい! でも良い事!? ケツマンコと同時に逝くのよ!? いいわねっ!?」

「んんひゅうぅぅ! ふぁ、ふぁひっ! ふぇふぃふり、ふぇふふぁんふぉと、ひっひょに、ひひまふうぅぅ! んんふぃふぃぃぃぃ! いふっ、いふぅぅ! いっふぁふうぅぅ!!!」

 chikaの指が、少年の前立腺をひと際激しく、グリグリっと刺激したその瞬間。
少年のケツマンコが千切れるかと思う位に強く、chikaの3本の指を締めつけながら痙攣した。
 同時に美しく柔らかい掌に包まれながら、肉茎を扱かれていたペニクリからは、白く大量の精液がドピュ、ドピュ、と噴き出す様に射精された。
 肛奥からジワッと痺れる様な、重く妖しい快感の波に攫われ、全身をゾクゾクっとする快感が駆け巡る。
 同時にchikaの柔らかな温かい掌の甘美な快感にペニクリが耐えきれずに、盛大に射精してしまう。
 弄られていないのに、両方の美少年マゾ乳首がビクビクと痙攣し、顔中に押し付けられたchikaのケツマンコの濃厚な淫臭に、頭が痺れる様な屈辱の快感に支配された。
 少年は美貌のchikaの股の下で甘く呻きながら、全身を跳ね上げる様にビクン、ビクンと痙攣させて、女装被虐の絶頂に達したのだった。

b29js00002dps.jpg 「うふふ・・・今日も可愛かったわ、真澄ちゃん。 私の可愛いお人形さん・・・明日もまた、たっぷり可愛がってあげるわ・・・」

 制服を着直し、乱れた髪を整えた真澄に、chika―――私立R女学院中等部の養護教諭である最遠寺先生が艶然と微笑みかける。
 綺麗な先生で、女生徒の悩み相談にも気さくに乗ってくれると、人気の女教師だった。


 保健室の窓の外から、年頃の少女達の歌声が聞こえる。
合唱部だ、真澄の姉の真輝は合唱部の副部長をしている。
あの声の中に、大好きな、綺麗な姉の声が―――そう思うった瞬間、真澄ははいたばかりの制服のスカートの股間の部分を、小さく盛り上げてしまった。
「うふふ、正直ね、真澄ちゃん。 ねえ、想像してみてよ? 昨日の放課後、場所はこの保健室・・・私と、貴女のお姉さんの真輝ちゃんが、全裸でおマンコを舐め合いながら逝きまくっている様子を・・・」

 妖艶そのモノの、この保健の先生―――養護教諭の最遠寺先生と、その美少女振りで中等部はおろか、高等部のお姉さま方からも密かな人気の、姉の真輝が・・・この、ついさっきまで自分が淫靡な快感に啼きまくっていたベッドの上で・・・
「あ・・・んふっ・・・んっ、んんっ・・・くうぅぅ・・・!」
 真澄は片手の指を、愛らしい美唇に押し当てて声を殺しながら、内股で前屈みになってスカートの股間の部分を抑え込んだ。
a29js00002dps.jpg  その愛らしい女装美少年の様子を満足そうに見ていたサドのドミナ女教師が、真澄の両手を取って顔を自分に向けさせる。
 そしてその美貌を近づけ、濡れた様な眼をした女装美少年の美唇を、自分の赤く彩った美唇で塞ぐのだった。
「んっ、ふうん・・・んっ、んちゅ、ちゅ・・・」
「んんっ、んっ、んちゅ、ちゅ、んんちゅうぅぅ・・・」
 舌を絡ませ、愛らしい美唇を吸い上げ、やがて小柄な女装美少年を抱き締めながら、サドのドミナ女教師がねっとりと濃厚な、熱烈なレズのキスを繰り返す。
 女装美少年―――真澄はその興奮と快感にうっとりと身を任せる。
 やがて制服のスカートを割って最遠寺先生の綺麗な指がショーツの間から、ペニクリをまさぐり始めても、その快感に身も心も任せたまま、淫虐の仕打ちに悶えていた。
「・・・んんふうぅ!?」
 不意に真澄の体が、ビクンッと震えた。
 そして聞こえる、10代半ばの少女特有のまだ固い、しかし甘く甲高い歌声―――姉の真輝が独唱しているのだ。
「んんひゅっ! んひゅ、ひゅむううぅぅ!!」
 ドピュ! ドピュ! ドピュ!

c29js00002dps.jpg

 姉の歌声を聞きながら真澄―――マゾの女装美少年は美しい女教師の手コキによって、可愛らしいショーツの中に再び、大量の精液を放ってしまうのだった。
「・・・うふふ、可愛いわ、真澄。 ちゃんとマゾッ娘の恥を晒せたご褒美よ。 そんな精液塗れのショーツは、気持ち悪いでしょう?」
 そう言うとドミナの美人女教師はスカートを巻し上げ、自分のワインカラーのGストリングショーツを脱ぐ。
「さ、これをお穿きなさい。 うふふ、家に帰るまで、一体何回、私のショーツを汚すんでしょうね、真澄ちゃんは・・・?」
 腰が抜けた様に保健室の床にへたり込んでいた真澄は、その淫液が沁みついた女教師のショーツを見上げながら、それを穿いた自分が帰路、人ごみの中を歩いている姿を想像して、再び激しく勃起してしまうのだった。

 ―――その日の帰路、真澄は2回、駅のトイレに駆け込み、女教師の淫液が染みついたショーツの匂いを嗅ぎながら、女子トイレで射精したのだった。



h_554b27rpl.jpg


Masked-Rider-Mii-2.jpg

 ってことで本文は軽く流して、今日の後半は、最近書き上げたchikaのWeb小説「リベンジャーズ・勃起する女」の宣伝です。
 chikaがTVの仮面ライダーシリーズの大ファンなのは、プププなんかをご覧の方は、よくご存じだと思うのですが、そんなchikaには長年の夢とゆーか、欲望がありました。
 それはオンナの仮面ライダーが登場しないかなーとゆーもの。
 実際にはそれに当たる女性ライダーが、TV上で数人登場してるんですが、chikaが描いているオンナ仮面ライダーとはちょっとイメージが違うんですよね。
 何が違うかって、そりゃ一言で言って「エログロ」さです。
 あは、ちょっと過激過ぎ?
 上品に文学的にゆーと「怪人に付きまとう隠された淫靡さを、オンナに」です。
 現実にないなら、chikaが書いちゃえ!!世の中に映画や漫画のノベライズがあるなら、これからの映像化を持ってる逆ノベライズがあってもイイィー!!って乗りで書きました(笑)。
 内容?タイトルの「勃起する女」で想像付くでしょ(笑)。
 でもchikaがお世話になってる電子出版元のパブーさんでは「お試しページ」があるんで興味があったら、ソレ読んでください。
 (もっとも、chikaらしいエロなページは他のページだって事、忘れないように)
 それとchikaのWeb小説は、楽天さんでも購買できるようになりました。
 そちらもヨロシクね。

 以上、宣伝オワリ!!・・・って次も宣伝しちゃうかもーーー。




2h_554b27rpl.jpg女装美少年 17 翔子


今回登場する美少年は、一切女装経験のない、初々しい好青年。プロのメイクによって見事に女性に変身した彼は、変態エロ中年に身体を触られ戸惑う。下着を脱がされ、勃起していない包茎の男性器を弄られ、ついに中年男のギンギンに勃起したイチモツを口に含まされる事になる。一生懸命扱いて男を射精させる女装美少年の姿には感動すら覚える。続いて女学生の制服に身を包みペニスチャンバラやアナル開発、そして挿入、射精へ。うぶな姿に萌える傑作。
























h_554b28rpl.jpg 女装美少年ザーメン 優子

女装美少年シリーズも、ついにザーメンぶっかけの域に到達した。すっかり女性になった優子は、ペニクリしごきで快感をむさぼる姿を激撮され、変態中年のオモチャと化し、その中年の友人も交えたぶっかけ精液まみれのプレイにのめり込んでゆき男たちのザーメンを顔に受けた後は、メイド服姿の奉仕女装となり肉欲の世界へと誘われてゆく。ダブルフェラや四つん這いに尻尾風ケツバイブ、本番挿入中の連発ぶっかけ精液まみれごっくん飲精の豪華絢爛絵巻。
















d_052353jp-001.jpg

ショタアイドルの過剰陵辱イベント

地下アイドル活動を行っているショタっ子が、とあるイベントに呼ばれ凌辱を受ける。

電マ ペニバンサンドイッチ ハイヒール踏み 腕輪フィスト

両手フィスト 大型ウナギ侵入 蛇口直結ポテ腹 顔面白濁

少々過激表現があります。

d_052353jp-002.jpg
d_052353jp-003.jpg


























































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2012/11/04(日) 09:18)

<<マインドコントロール 1 | ホーム | 届いてますか?暗黒宇宙デムパ。>>

コメント
  承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| # | 2012/11/09(金) 16:41 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/403-9d6a6e25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア