FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 トータル・リコール 起動するラバー 後編

giugiuiug.jpg
 
0c97c4a7.jpg  トータル・リコールのケイト・ベッキンセールと言えば、映画「アンダーワールド」を思い出します。

 彼女がこの映画で着ていた黒のラバーキャットスーツが売りに出されたそうですが単品で60万円くらい、彼女が羽織っていたレザージャケットなどが付くと120万円だったとか。高いのかやすいのかよく判りませんね。

 ちなみにchikaのお古は洗ったりしない状態(ってか使用直後)の方が高く取引されているようです。

 スタッフに「chikaちゃーん、それ脱いだら、此所においといてねー。」みたいなニコニコ顔で言われるときは大体、chikaのラバースーツはそーゆー末路を辿っているようです。
















h51cmn00098pl.jpg

 突然玄関のチャイムが鳴って私は目覚めた。
 催眠状態からいきなり現実に戻されたような感じがして私は頭を振った。
 時間の感覚を失いかけているのだろう。
 私はふらつく足取りで玄関に行き、ドアを開けた。
 自分が素っ裸の人形状態であることに気づいてもいなかった。
 また例のパッケージが地面に置いてあった。
 今度は今までのものより大きかった。
 私はそれを家の中に引きずり込み急いでドアを閉めた。
 箱を開けて見る。
 一番上の部分に一本のサウンドクッキーがあり「まず最初にこれを聞いてください」と注意書きがあった。
 私はディスクの上に転がっていた耳掛け式のSCプレーヤーを、マスクに造形された偽物の耳に入れた。
 だが聞くことができたのは、「サーーー…」という微かな雑音だけだった。
 私はそのままの状態で、お構いなしに箱を調べ続けた。
 サウンドクッキーが入っていた梱包材の下にパッケージに入った衣服があった。
 引き抜いてみると、エメラルドグリーンのフェミニンなジャケットとスカートが出てきた。
 プリンセスラインの2ピースのスーツのようだ。

a51cmn00098pl.jpg 

 私はこの時気づくべきだったのだ。なぜ箱の中に入っているのがお遊び用のメイド服等ではなく、純正婦人服なのかということを。
 エロバーチャルどおりの付属品なら、当然、コスプレ色まるだしのペラペラ素材のチープなメイド服でなければならないはずだった。
 だがそれはしっかりした生地で縫製された高級感のあるフォーマルな女物のジャケットとスカートだったのだ。
 その婦人服が、いくら華奢とはいえ男性の私にさえサイズもぴったりなことに、大した疑問も抱かず、私は迂闊にも荷物の奥を調べつづけた。

 梱包材をかき分けると、なんと底の方から、マネキン人形用のディスプレイスタンドのようなものが出て来た!
 それはエロバーチャルで使用されていた物とまったく同じ製品だった。
 高さは約25センチで直径は70センチ近くあった。
 驚いたことに、黒い革製の足首までのブーツがその土台に取り付けられていた。
 ヒールの高さは10センチ以上あった。
 そのブーツはサイドジップ式で、ジッパーの先に鎖でつながった頑丈な皮製の足枷がある。
 そして小さな南京錠もついていた。
 私はさらに興奮しながら箱の奥を漁りはじめた。
 何組かのステンレス製のポールを探し当てそれらを組み立ててみた。
 一方の端は土台の中央に開いた穴に収まった。
 もう一方の端が私がくわえ込んだお尻のディルドーの底にちょうどはまることは、取扱説明書を読まなくても理解できた。

g51cmn00098pl.jpg 

 私はベッドルームに荷の中身のすべてを移動させた。
 そして全身を映すことができるベッドルームの鏡の前でディスプレイ台を組み立て始めたのだ。
 次に箱の中に入っていた服を着て、身支度を整える積もりになっていた。
 私はどうしてもそれを着けなければならない強迫観念に縛られていたのだ。
 とにかくその時、私がやりたい唯一の事がそれだった。
 服以外に箱に入っていた様々な付属品の中に女性用のコルセットがあった。
 私はまず自分のウエストの上にコルセットを当て、紐で縛ることから始めた。
 幸いにも、ハトメのレース部分はフロント側になっていたので作業は簡単だった。
 私は紐をきつく絞めると、レース部に沿って小さな金属製の掛け金がついているのに気づいた。
 金属のフックを反対側の掛け金にすべり込ませるため私は紐をきつく締めた。
 掛け金がカチッと小さく音を立てそれをひとつづつ絞める度に、私の興奮は高まった。
 そして私の全身を覆うボディスーツのディルドーが再び私を刺激し始めるのを感じた。

f51cmn00098pl.jpg

 私の頭の中で声が鳴り響き始めた。
「コルセットのひもを結びなさい!」とそれは言っていた。
「固く、固く、締めなさい!」
 私はそれに従うしかなかった。
 それにそれが女物のスカートを履く唯一の方法だった。
 ついに最後の掛け金がチッと音を立てると、私は改めて鏡で自分の姿を見た。
 今までよりいっそうウエストは細くなっていた。
 次に私は白いブラウスを取り上げた。
 それは長い袖と衿にチュールレースをあしらった、光るサテンのブラウスだった。
 そのなめらかな素材に腕を通し、なんとかボタンをかけた。
 次に私は脚の上にストッキングを履いた。
 それはボディスーツのなめらかな表面をいとも簡単に滑っていった。
 私はコルセットの上にガーターを装着した。
 そして次はスカートの番だった。 
 私は足の上をスカートを引き上げていった。
 いままでさらけ出していた股間部分が隠されたにもかかわらず、不思議な事に今度はスカートを履いたという新たな羞恥が沸いてきた。
 私はサイドのジッパーを引き上げた。
 そしてそれはカチッと上部で音を立てて閉まった。それにはロック機構も付いていたのだ。

e51cmn00098pl.jpg

 スカートはコルセットの上からさらに私のウエストを締め上げた。
 最後に上品なエメラルドグリーンのノーカラーのジャケットを羽織る番だ。
 ウエストをシェイプさせた女らしいラインのスーツだった。
 ボタンをかけると、コルセットで限界まで締めたウエストの上にジャケットがぴったりとフィットした。

 私は付属品のセミロングのウィッグを着け、鏡の前で自分の姿を見た。
 私の顔はプラスチックのように見えたが頬骨が出て女性らしく見える。
 顔の部分もウエストと同じく、部分によって微妙にスーツの素材が違うらしい。
 締まる所は締まり、膨らむべき部分は補正しているようだ。
 無防備に開いた唇は不安だが何となくエロチックだった。
 そしてコルセットは私に完璧な女の体格を与えていた。

 私は自分の姿を一通り見終えると、今度はアクセサリーで最後の身支度を整えなければならない衝動にかられた。
 他の付属品が入っていた箱と比べると、幾分高級そうな箱を開けると白い大粒のパールのネックレスと大ぶりの白いコサージュが入っていた。

d51cmn00098pl.jpg

 身支度を終えると私はリビングルームに戻ってまだ黄色の液体が入っている残りの瓶を探した。
 私はベッドルームに戻ってサウンドクッキーを聞きながらベッドに横たわった。
 私はボトルに口をつけた。
 開きっぱなしの口で、それを飲むのは苦労したがなんとか液体を飲み干した。
 液体が体内に入ると私は体が暖かくなるのを感じた。
 その暖かさは腕と脚に広がった。
 そしてすぐに全身が非常に熱く、ヒリヒリしだした。
 私は高揚感に包まれた。
 しかし私はディスプレイ台に乗らなければならなかった。
 それが今私が考えられる唯一のことだった。
 それは私の頭で反響していたのだ。
 『スタンドに乗りなさい!スタンドに乗りなさい!足を靴に固定しなさい!ポーズをとりなさい!スタンドに乗りなさい!』

c51cmn00098pl.jpg  私はそういう天の声を聞いた。
 確かに聞き、そう認識したのだ。
 私は展示台に乗り人形になりたかった。
 私はベッドから降り、ディスプレイスタンドに歩いていった。
 ボディスーツはまだ私を刺激していた。それはだんだん強くなっているようだった。
 私は台に乗らなければならなかった。
 立ち上がり、足を靴にすべり込ませた。
 私はサイドのジッパーを締めて、ジッパーに繋がる鎖の先にある足枷のストラップを自分の足首に締めた。
 カチッと音がした。
 鎖は土台から出る鎖と南京錠で繋がっていた。

 初めて履くヒールのあまりの高さに私は不安を感じた。
 私はスカートをたくし上げ、スタンドの上のポールの先端部にディルドーの底が合うよう位置を整えた。

 私はポールの上にゆっくりと身を沈めた。
 ポールの先端部にきちんとジョイントされるとディルドーがカチッと音を立てるのを聞いた。

 位置を合わせるために腰をかがめた状態だったので私の膝は少し曲がった状態だった。
 このままだと疲れてくるので私はゆっくりと足を伸ばした。
 同時にスタンド上の、私が組み上げたステンレス製のポールも伸びた。

 足を伸ばすとポールが立っているスタンドの方からカチッカチッと別の音が聞こえてきた。
 ポールが微妙に押し上がってきてディルドーは私の肛門にさらに押し込まれてきた。
 さらに5センチ近く上がってきて、私は姿勢は直立状態になった。
 だがそのおかげで慣れないヒールで立つのが楽になった。

b51cmn00098pl.jpg

 私は無意識のうちに女らしいポーズをとっていた。
 私はサウンドクッキーを聞きながら鏡で自分の姿を見た。

!!

 これは、まるでブティックのショーウィンドウの中のモデルじゃないか。
 それに私はこんなポーズをいつ覚たんだ?
 街中の高級婦人服店の前を通り過ぎ、横目で見る事はあってもいちいちマネキンのポーズまで覚えていないはずだ。
 左腕は軽く肘を曲げ腰に手を当て、右腕は体からやや離して手首を外側に向けていた。


b51cmn00112pl.jpg

 私は美しかった。
 自分のの姿に驚愕した。
 私の心の奥底にこういう願望があったのだろうか?
 それにしてもこの姿はどうだ。
 ありきたりのセーラー服でもない、派手なキャパ嬢の衣装でもないましてメイド服でもない。

 これは既婚女性のフォーマルな衣装ではないのか?
 子供の入学式に向かうヤングミセスといった落ち着いたなかにも華やかな感じが、メイドのようなコスプレ色を排除して妙に現実的だ。

 仮に私の中に女性化願望があったとしてもこんな意外な姿は想像したことも無かった。

 私は動きたくない気持ちだった。
 もはや女性型のマネキン状態だった。
 もし私が店の窓にいたならば誰も男だと気付かないかも知れない。

a51cmn00112pl.jpg

 私は部屋の中で一人立ち尽くした状態でトランス状態に陥っていた。
 私は、周囲の環境をぼんやりと気にしているだけだった。
 私の心はバーチャルのストーリーをなぞりながら、白昼夢を漂っていた。

 時間は過ぎた。
 辺りは暗くなっていた。
 私はディスプレイスタンドの上で寝入っていた。
 だが私は倒れなかった。

 人形状態だった。
 私は深いことは何も考える事ができず、ただひたすら幸せだった。

b51cmc00099ps.jpg

 私は、ぎくっとして目が覚めた。

 最初に気付いた事はサウンドクッキーが完全に停止していた事だった。
 それから自分がどこにいるかを思い出した。
 私は、鏡で自分の姿を見た。
 私はマネキンが自分を見返しているのを見た。

 そのマネキンが自分であるのを思い出した。

 ここ数日私はいったい何をしていたのだ?

 私は自分の行動について考えた。
 本当に奇妙でぶっとんでる事をしてきたに違いない。
 だんだん記憶が蘇って来た。

 確か女の人形になるという考えに没頭していた。
 だがそんな気持ちはもう消し飛んでいた。

 急に今までのことが私の頭にフラッシュバックして来た。
 私の頭はここ最近で最もクリアーな状態になっていた。

 突然、私は自分自身に何をしていたか思い出した。

 あの変な液体を飲んで、自分でこの姿勢に固定したのだ!
 私はここを降りなければならなかった。

 この女物の服を、そしてスーツを脱がなければならなかった。
 私は足を動かそうとして、お尻にポールが刺さっていることに気づいた。
 そして腕は固く、ぎこちなく、動かすのが困難だった。
 私は靴に手をやろうとしたが、屈む事ができなかった。


 自分の体がこんなに硬くなっていなくても屈む事はできなかっただろう。
 なぜならウエストを固く締めるコルセットとお尻のポールが邪魔をしていたからだ。
 体の力を抜くと、スーツと私の体は自然と、元の女らしいポーズに戻り始めた。
 私はパニックになりかけた。
 私は足を動かそうとした。
 だがブーツは台にしっかり固定されていた。
 私は足元を見下ろした。
 いつのまにかブーツから足枷、土台へと通じている鎖が台の中にいっぱいまで巻き上げられていたのだ!
 私は自分の足を靴から引き抜こうとした。
 だがブーツなのでどうしても不可能だった。
 それにブーツのサイズも小さめだったのだ。
 私はポールとディルドーの継ぎ目の所に何とか手をやった。
 自分の体を持ち上げようとしたが無理だった。
 私はスタンドに乗ってポールの上に体を合わせた時ディスプレイスタンドからカチカチなる音を聞いていた。
 そして私の体は上に押し上げられたのだ。
 私はブーツで足を固定され、肛門の棒で陳列台に固定されていた。
 何でこんな事になった? a51cmc00099ps.jpg
 私はブーツを履く時も、脱ぐ時の心配など何もしていなかった!
 スーツを脱ごうと首の後ろに手を伸ばした。
 指が首の後ろをまさぐると、驚愕した。
 着用口は10円玉ぐらいの大きさにまで縮んでいて硬化しスーツごしの指にはひっかかりすらしなかった。
 私はスカートを脱ごうと試みた。
 だがロックされた留め金はこの指では到底はずせそうになかった。
 固く合わさったジャケットのスナップボタンも同様だった。
 私はマウスピースの嵌った、しゃべりにくい口で叫び始めた。
 だが唇はエロチックに丸く無防備に開いているにもかかわらず内部のマウスピースのポリマー素材が口中の水分を吸って膨らみくぐもった声しか出なかった。
 間接は固かった。動かすだけで力を必要とした。
 そして疲れて脱力すると元のポーズに戻ろうとした。、
 私はのたうちまわって自分自身をひっくり返そうとした。
 だが無理だった。バランスを崩そうと体を素早く揺らす事態が不可能だった。
 暴れるのを諦めて鏡を見た。
 その姿は目が覚めた時から何も変わっていなかった。
 フェミニンなリアルドールのままだった。
 動くことができなかった。
 鏡を見つめ続けていた。事態を打開しようにも取れる動きはほとんどなかった。

 a51cmc00100pl.jpg ヤバイ
 本当にやばい。
 なんという事態だ。
 このままでは餓死してしまうだろう。
 異常を察知して誰かが私の事を探し出す、つまり会社の連中が動き出すまで最低2週間以上はかかるだろう。

 その前に死んでしまう。

 私は泣きたかった。
 だがそれすらできなかった。
 突然バイブレーターが動き出すのを感じたのだ!

 やめてくれ!
 こんな時にそんなものは欲しくなかった。
 だが自分の意志でディルドーの動きを止める事はできなかった。
 快楽と振動が私の全身をつらぬいた。
 刺激は押さえつけられた亀頭にも与えられ続けている。
 そして生命にかかわる恐怖にもかかわらず
 オルガスムが近づいているのを感じていた。
 私は絶頂に達して果てた。

 だがもし仮に周りに人がいても、私がイッたとは誰もわからないだろう。
 私の筋肉はほとんど動かなかったからだ。
 さらに動きづらくなっているような気がする。
 少し動くだけで全身の筋力を必要とした。
 そして脱力すると元の位置に戻った。


            *****

b51cmc00100pl.jpg


 私は、一日中、そこに立っていた。
 辺りはもう暗くなり始めていた。
 部屋に差し込む光が薄れているのを見る事ができた。
 私は努めて落ち着こうとした。
 焦ってはだめだ。
 何らかの残虐で悪質な罠が私に向けて仕掛けられたのだ。
 そしてそれには突破口が無いように思われた。
 衰弱して飢え死にするまでこのまま立ち続けなければならないと想像した。
 2週間も休みを取らなければ良かった。
 エロバーチャルに没頭するために、同僚にはわざわざ旅行に行くとまで言っていたのだ。
 なんという事だ。
 このスーツから出る方法は無かった。


 425091.jpg 私は物音を聞いて物思いから醒めた。
 玄関のドアが開く音だ!
 待てよ、誰も私のマンションの鍵を持っていないはずだ。
 誰が入って来たんだ?!
 泥棒か?!だったらもうどうしようもない。
 私は驚きと焦りで口から心臓が飛び出そうだった。
 それから声が聞こえた。
 女の声だ!
 複数の足音が玄関を通り過ぎる音がする。
 私のベッドルームに入って来るようだ。
 救出に来てくれたのか? 
 救助隊が?
 何が起こってるんだ? 
 状況がまったく理解できない。
 2人の女がまるで勝手知ったるように無遠慮に私の寝室に入ってきた。
 手に書類を持ったリーダーらしき人物は、ブラックレザーのつなぎの上に白衣を着た30後半から40歳ぐらいの女だった。
 髪をひっつめ、冷たそうな目に濃いアイシャドーをしている。 

 もう一人は年齢不詳で、白衣の女とは違い、部屋着のようなスパッツとカジュアルなセーターを着て、髪は特におしゃれに気を配っていないようなセミロングのパーマそして茶色のサングラスを掛け、顔にはニキビの跡が見えた。
 そのぽっちゃりした体は中年太りのようにも思える。
 リーダー格らしき女が私の目を覗き込んで言った。
「フフフ、すっかり合格、準備完了ね。」
 彼女は顔を横向けてパーマの女の方を向いた。
 もう一人の女は部屋の中を見回していた。
 何が合格なんだ?
 泥棒ではないことは確かだった。
 もし彼女らが私の事を、そしてこの状況を知っていてここに来たのなら私を救い出してくれるつもりだろうか?
 私は助けを求めようと、くぐもった声をあげた。
 部屋の中を見回していた女は、荷の入っていた大きなダンボールを見つけるとそのムチっとした体を屈めて中を調べだした。
 どうやら私は見逃していたようだが、まだ箱の中に何かあったようだ。
 女は長い肩紐の付いた女性用の白いハンドバッグを持ってこちらに来た。
 その白いハンドバッグを私の肩パットの入ったエメラルドグリーンのジャケットの肩に掛け、腰に手を当てた私の左手の指に バッグの紐の根元をからませた。
 そして笑いを堪えられないように肩を震わせながら顔に嘲笑を露にして言った。

sk1qe0.jpg 「クックックッ…、忘れ物よ、可愛い奥さん」

 同時に部屋の外で作業をしていた若い女スタッフのクスクス笑う声が聞こえた。

私は顔から火が出そうだった!
幸いにもマスクのせいでそれは悟られなかったが。
とにかくこの場から逃げたかった。
穴があったら入りたいとはこのことだ。
こんな恥ずかしい思いをしたのは生まれて初めてだった。
 リーダー格の女は手に持った書類の束を私の目の前にかざした。
女は私に書類の束をみせつけた。

「見てごらん」

 女は静かだが逆らうことを許さない口調で言った。
 どうやらアダルトバーチャルのタイトルの羅列のようだ。
 だがどこか見覚えがある。
 これは私が通販で購入したアダルトバーチャルのタイトルだ。
 膨大な量だ。大手からマイナーレーベルまですべてだ。
 一体どうやってこんなものを調べたんだ。
 女がページをめくっていくとタイトルに赤丸がついたものが多くあった。
 それは特にコアなSM作品だった。
 私が驚きながらリストを見ていると、隅でゴソゴソしていたパーマ女がやって来て私の目の前にラップトップの画面を開いて見せた。

 何を見せようというのだ?

!!

 これは私がよく見る、特殊な性的志向のアダルトサイトのリストだ!
 お気に入りのフォルダの階層奥深くにあるものばかりだ。
 こんなものまで調べてあるのか?! いつどうやって?
 某巨大掲示板のスレッドリストまである。
 いったいいつから、そしてどこまで私の事を調べてあるんだ?
 私は彼女らのあまりの用意周到さ、巧妙さに驚き、ゆっくりと息を吸った。
 リーダー格の女が言った。
「あなたはね、たくさんのテストを優秀な成績でクリアして、最終の選別テストにも適合したのよ。これから先、あなたがどうなるか?想像付くわよね。これからがあなたのトータルリコールよ。」







n_62710drj20050pl.jpgアンダーワールド スペシャルエディション.


ビルの屋上から楽々と地上に降り立つ一人の美女。彼女の正体は吸血鬼「ヴァンパイア」の女戦士セリーン。ある時、彼女はヴァンパイアの宿敵、狼男族「ライカン」が人間の青年医師マイケルを追いかけていることに気づく。不審に思ったセリーンはマイケルの行動を追跡。そして、彼に直接尋問している最中、ライカンたちに急襲される。セリーンはとっさにマイケルを助けて逃走するが…。


















h_697meel19pl.jpg ちんこギンギン美肌ニューハーフ アナルフィスト.

 

ド変態M女の美肌ニューハーフ柊舞。ちんこ以外はほとんどオンナ。男達との猥褻3Pファックでアナルの奥深くまで責められ、連続絶頂。容赦のない手コキとアナルファック同時刺激で快感悶絶。驚異の10回射精。アナルフィストされ喘ぎながらペニクリの先端から透明な愛液が滴り落ちる。


















51cmc00100pl.jpg インモラル天使 Season2 のはらももか.

病気の父を救う為、巨乳女子校生ももかは謎の組織【スミレカイ】にその身を捧げる事に。いたいけな少女を次々と食い物にする男たちの正体とは?処女を犯され、苦痛に呻き、羞恥に叫ぶ、穢され朽ちた制服天使の痴態。




















51cmn00112pl.jpg 汚辱のバイオランナー 拷問捜査線 牧瀬ひかり 飯倉えりか.

時は人間とバイオロイドが共存する近未来、人類存亡の鍵を握る女・HIKARIとそれを追う秘密警察。『殺すなんて勿体ない…死よりも恐ろしい生き地獄を味わわせてヤル!』捕らわれた彼女は無事に生還出来るのか? 





















h_616menc020pl.jpg 男の娘おちんちんランド 美女装子もえちゃん 放課後ミルキーウェイ.

男の娘おちんちんランドに、もえちゃんが今度は制服で帰ってきた!!今回は友情出演で、もう一人の男の娘アイドルが夢の共演!!!プレミア間違いなしのWおちんちんランド!!見逃したら、絶対損します!!




















55aikb015pl.jpg 女装おと娘 アイドル #4.

人気シリーズ「おと娘」第四弾は大人気おと娘「橘芹那」と新人おと娘「佐倉ゆうき」の二人のおと娘が登場!憧れの先輩おと娘芹那ちゃんが禁断の世界をエッチに指南。芹那ちゃんのオチンチンが僕の尻マ●コを犯してる~。しかも芹那ちゃんの彼氏と一緒に初めての3Pも体験しちゃった。先輩!もっとエッチな事教えて下さい。


























雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/04/13(土) 09:51)

<<夜の旅 夜の民 | ホーム | トータル・リコール 起動するラバー 前編>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/415-95c4d601
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア