FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 チェリーボーイハンター列伝 亮のケース
ypbarpPc1ro2.jpg

pvceig.jpg  これは知り合いの同業者から聞いた話(大抵、こーゆー前振りの場合は、本人の話が多いんだけど)。
 えっchika?ホントに違うよ(笑)。
 こんな時間に毎朝起きて活動するなんて無理!
 日曜日の朝に無理かた起きてる状態にして、自分の好きな特撮番組みるのが精一杯だし、それにしたって長年の習慣だから出来てるだけでね。
 何よりそんなにセーヨク強くないし(笑)。
 この人の場合は、ドラッグ系ってかゲイってか身体なんか全然弄ってないから今でもゼツリンって感じだから、こんなことやるのよね。
 餌食になってる若いボウヤ達にもあんまり同情してないし、だってイザとなってヤだと思ったら充分体力的に抵抗できるもん、つまり同意の上ってコトだよね。
 まあそれからゲイの自分に本格的に目覚めるのか、ちょっとワープしてオトコノコしならがら、こっちの道に来たりして(笑)。
 チェリーボーイハントはchika達の世界の底辺を広げる運動の一環なのかも(笑)。






10crpd00295ps.jpg

 私の前に立つ高校生。
 満員電車に揺られながら夢うつつ。そうして揺られながらチンポがむっくりしなれたりを繰返してる。
 そんな現場を「狩り」の度に見ていて、今日は触ってやると決めていたのよ。
 その日も私の前に立って吊革に捕まって寝だした彼。
 降りる駅が同じ振りをして、駅に到着するのと同時に席を立ち上がり彼の亀頭を指先で摘まみ、クリックリッと捏ね回したわ。
 華奢な身体に似合わない大きな亀頭の感触を確かめるの。
 数回捏ねたときにびっくりしたような表情でヤンワリと手を払い除けられたわ。
 こっちはお化粧もしてない男モードだけど、微妙に他の男とは違う部分があるのを彼が気付いたかどうか。
 でもこの瞬間、目を合わせて直感的にこの子はシャブれると感じたわ。
 いつの日にか必ずこの子の大きなチンポを喉の奥で味わいたい。そしてケツを覚えさせて私の穴奴隷にしてやりたいわってね。

9crpd00295ps.jpg

 あれ以来姿を見せなくなった彼。
 こっちもお仕事が忙しくなって定点観測もおろそかになり、彼のことをすっかり忘れかけていたんだけど、たまたま再会した狩りの日の朝、彼が私が狩り場にしてるいつもの電車に乗ってきたの。
 彼、目があって、やや恥ずかしそうにしながら私の横に座ってきた。
 えっあのこと覚えてる?
 一呼吸おいて話しかけてみた。
「高校生だよね?夏休み?」
 話しかけられて少し戸惑いながらも彼が「・・はい」と答えたわ。
 「この前の事覚えてる?」と聞くと、無言でうなずいたの。
 あの時の直感は当たってたってわけよね。
 それに何かを期待してそれに伴う覚悟もしてきてるなと思って、電車を降りて彼と話す事にしたの。

8crpd00295ps.jpg

 降りたのはラブホが多いT駅。
 ちょっと待ってと言い、お店に適当な用事の電話を入れといたわ。
 これで心置き無く時間を取れる。場合によっちゃ泊まりでも。
 取り合えずチェーンのカフェに入りありきたりの会話から始めたの。
 彼の名前は亮。
 今は落ち目だけっど、昔飛ぶ鳥を落とす勢いだった若手ゴルファーと同じね。
 歳は16歳で進学校に通っている。
 家族は兄と両親の4人家族。
 将来は国立大に入りたいそう。
 切り出すタイミングが難しいかったけど、「そうなんだ。深夜まで勉強しているから電車でも寝ちゃうんだね」
 「でも、電車には私服警官が乗っているから、あんなに勃起させていたら変態と間違われて逮捕されちゃうよ?」と言うと顔を強ばらせて「そんなつもりじゃ・・」と必死になる可愛い彼。
 「でも女性の目の前で股間に手をやるだけでセクハラと言われるくらいなのに、あんなに勃起させてちゃ変態扱いだよね?女性にしたら眠いときに起っちゃうとか、男の事情なんて解んないんだからさ」、
 「だから触って悪いとは思ったけど、あれは私からの注意しろよっていう警告だったんだよ」
 と言うと「でも、起っちゃいますから・・。(あなたは)いつもああいう風に触ってる訳ではないんですか?」と聞かれ「もちろん」と答えた。
 「私も男だし、君位の歳には同じように満員電車で起ってなかなか治まんなくて困ったことも経験したよ」と言うと、バツが悪そうに照れ笑いした顔がまた可愛い。
 どうしても彼の穴が欲しくなってきちゃった。

4crpd00295ps.jpg

 「やり方が悪いと余計に溜まっちゃうよ?」と言いながら手で輪っかを作り上下させる。
 彼が「どんなやり方がいいのですか?」と心配そうな顔で聞いてきた。
 笑顔で「じゃあ、今日一回だけ教えてやるよ」といいながら彼の腕の辺りをポーンと叩いて席を立った。
 店を出て二筋裏にあるラブホへ彼を半ば強引にエスコートしたわ。
「パッと入ってサッとすませるよ」。
 中に入ると不思議そうに見入っているから、一通りシステムを説明してあげた。
「じゃ始める前にシャワーで綺麗にしようよ。お互い恥ずかしいじゃん?私が先に行ってくるから、色々と見ときなよ」
 彼の前で服を脱ぎそそくさとシャワーに向かったわ。
 彼はベッドに横になったり座ったりしてたみたい。
 シャワーから上がり彼に行くように促したわ。
 本当は見たかったけど、服を脱ぐ間は顔をそらしてあげた。
 その代わり、彼がシャワーを浴びているその背後から忍び寄り「ちゃんと洗ったのか?」とチンポにタッチしたの。
「チョッ止めてく・・だ・・」言いかけて息を飲んだ彼。
 目の前には私の血管バリ浮きの硬く勃起したチンポがあったからね。
 それ、しっかり見てから視線を落とす彼。


3crpd00295ps.jpg

「がっかりすること無いじゃん亮は16歳なのにこんなに大きいじゃん?」
「クラスでも一番大きいでしょ?」と言うと
「他人のは見たことないから」、
「じゃあ大人の勃起したのも見るの初めてなんだね」、
「うん・・何か凄いですね」、
「先がでかくて、なんか全然違うんですね」と言いながら今度はまじまじと見てるの。
 流してあげるからと彼を立たせて頭からシャワーをかけたわ。
 そして前を向かしたら半起ちになっていた。
 私は我慢できなくなって、彼の前に膝ま付くや否や彼のチンポを吸い込んだの。
 彼は反射的に反抗したけどチンポはガチガチに硬くなってきたわ。
 学生だから、正に消しゴムの固さよね。
 ヌルヌルの塩味が口に広がったところで、仁王立ちした彼の股ぐらに潜り込んで戸渡りから穴へ舌を這わせたわ。
 彼から小さな吐息がもれるの。
 それを合図とばかりにケツたぶを両手で開き、穴をシャブリまくったわ。
 腰が引けて逃げようとするたびに「ケツをつきだしてっ!」、
「気持ちいいの?やっぱり変態野郎ね!」と罵倒しながらチンポをしごいてやると「んはぁ・・ん・・ん」と吐息が洩れて凄く感じてるみたい。


2crpd00295ps.jpg

 ろくに水も拭かずに雪崩込むようにベッドへ押し倒したわ。
 彼に「しゃぶってる顔を見るのよ」と言って彼が見やすいようにしながら尺ると、チンポがびくびくと動いたわ。
 シワの少なく着色の薄いキンタマを一つずつ口に含み舌先で刺激すると、こそばゆいと言って笑うのが初々しいかった。
 この時のタメに用意してるローションを身体に垂らし体を重ねたわ。
 ソープ嬢がやるボディ洗いの要領で全身を刺激しながら乳首とチンポと穴をまさぐってあげたわ。
 それから四つん這いにさせて指を穴に挿入したやったの。
 ローションと解しで一本はスルッと奥に吸い込まれたわ。
 指先を軽く曲げ力を入れないようにして前腹方向を掻き出すように刺激したあげると、また彼の吐息が激しくなってきたわ。
 彼は穴にセンスがあるようだったわね。
 人差し指と中指をクロスさせ捻りながら穴に挿入したの。
 「んう゛ー」と唸りながらも腰は引けてなかったわ。
 根元まで入れてツイストさせて抜いて、ひねり入れるを繰り返しやったらかなり緩んできたわ。
 更にローションを追加して指三本をねじり入れて掻き回したの。
 グチャグチョと淫靡な音が響き彼の切ない吐息と交ざったわ。
 指を抜きケツを両手でしっかりと押さえてガチマラを穴に合わせゆっくり力を込めると亀頭の半分位入ったわ。
 痛いと言ったけど「スグに気持ちよくなるから我慢するんだよ」といって、片手でチンポを押さえてねじ込んだの。
 頭さえ入ってしまえば、後はすぐに根元まで、、飲み込まれたって感じね。

1crpd00295ps.jpg

 二呼吸程おいてゆっくりと深く掘り込んだわ。
 部屋には彼の吐息と淫靡な音が響いてたわね。
 私、穴掘りの時のあの一時が好きなの。
 パンパンと腰を打ち付けると好いところに当たるようで穴がキュッと締まったわ。
 仰向けにして正常位で挿入するとまた違った所に当たるのが好いようで、幼い顔をくしゃくしゃにしてあえいでいるの。
 顔を近寄せキスしようよというとコクンと頷いたわ。
 最初は軽く唇に触れ彼の目を見るともっとしてのアイコンタクト。
 今度はディープに彼の口を頂いたわ。
 口を合わしたまま舌を絡め唾液を交換したの。
 にちゃにちゃになった彼の頬にキスをして身体を起こして、彼のチンポを扱きながらピストンを早めてあげると萎えていたチンポもガチガチに勃起してきたわ。
 すると「ああ・ああ・」、「往きそう?往ってよ、ホラ」、「うーうー・・ぁがッ」と声にならない声を出して射精したの。
 ザーメンが何本も糸を引くように頭を越えていくのを見て、私も頂点に達したわ。
 タップリ種付けしたそのままで、彼のチンポのカリ首を手のひらでクルクルとなでまわしてたわ。地獄車ね。
 初めての射精直後の亀頭責めに身体を硬直させて唸っている彼。
 彼のあまりの締め付けでチンポが音を立てて抜け出ちゃったの。
 一分もしないうちに大量の潮吹きしたわ。
 面白いから何度も潮吹きさせて絞り取ってやった。
 彼のチンポの先が真っ赤になってたわ。
 大体そんな感じ、後は省略ね、あと二発射精させてその日は別れたわ。
 メアドを交換したけどこちらからは送らないことにしてるの。
 私の目的は達成したし、彼のザーメンも頂けただけで十分だからね。
 一度食べたら、もう童貞じゃないもんね。
 













qrda015pl.jpg完全ラバーの女王様とM男 アナルフィスト 山田亜美

フィットしたラバーによって、くっきりと表れる女王様のボディラインに興奮する。密着する【第2の皮膚】ラバーの肌触りと艶めく光沢に感じるフェティシズム!全身をラバーに包まれたM男もその拘束感と圧迫感が癖になる…。そして女王様の拳でアナルを犯され、フィストの快楽に溺れるM男…。アナルフィストに感じるM男を見て、さらに激しく拳を動かす女王様!M男を快楽で狂わせるアナルフィスト!
























mgmc00037pl.jpg 本物女王様と本物女装娘の女装SM

本物女王様に脳を女にされ、身体も女にされ、ドライオーガズムでイカされる女装娘!女装という倒錯世界の中で責められ、果ててゆく悦び…。女性に変身して貴男に潜んでいる『女』の部分をさらけ出す!



雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/09/14(土) 11:22)

<<Mm- STOP THE WORLD 4 | ホーム | Mm- STOP THE WORLD 3>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/432-56564b70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア