FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 溶かす!
Saienji-novel2.jpg
 chikacut2.jpg ニューハーフSM女王様の羽蘭は、地方出張先の顧客自宅である縄生屋敷で、悪魔祓い儀式に巻き込まれしまう。
  だがそれは単純な悪魔祓いではなかった。
  目の前で、「柱」に自分の顧客を奪われた羽蘭は、義憤に駆られ行動を起こすのだが、居合わせた若きエクソシスト雨降野青年の助力も空しく窮地に追い込まれていく。
  そしてそんな羽蘭達を助けにやって来たのは「あの男」だった。

  ・・・・・・・
 
  今回UPしたテキストは、「激走!!まぼろしトラック2 涅槃戦争」に登場するもう一人の主人公、雨降野守門を中心にした物語の冒頭部抜粋です。
  守門は高名なエクソシストであった父の死後、自分の将来を決めあぐねていたのですが、ある事件をきっかけに父の跡を継ぐことになります。
  この抜粋場面は、エクソシスムに従事していた父の日記を守門が読んでいるシーンです。
 物語ではこの直後にサタンジという異次元からの使者が、守門の元に訪れ彼に父の残した秘密の遺産を手渡す展開に繋がって行きます。


   短い文章ですが、お楽しみを。


Haeckel_Cyrtoidea.jpg

{補注}1

 ジョン・ジョージ・ヘイ。 1909年、イギリス生まれ。金目当てに6人の人々を殺害、その後硫酸で死体を溶かし犯行を揉み消そうとした。通称「サセックスの吸血鬼」。

{補注}2

 1823年、イギリスのマッキントッシュが、ゴムの溶剤として、石炭乾溜の副産物であるソルベントナフサが適していることを発見。ソルベントナフサは安価なため、この発見は防水布の量産を可能にし、彼は工場を建設した。こうして、ゴムで防水処理をした雨具が、人々の生活の中に入っていく事となった。
 今でもイギリスでは、レインコートをマッキントッシュ(mackintosh)と呼ぶことがある。

9jklo00001ps.jpg

   1944年9月、ヘイはドナルドを自宅の地下アトリエに招待した。
   この時の殺害の瞬間については、ヘイ自身あまり記憶にないらしい。
   ともかくヘイは、ドナルドをガス管のパイプで殴り殺し、ナイフで咽喉を切り裂いた。
   流れ出る血をコップに受けようとしたが、うまくいかなかったので、傷口に直接唇をあて、それを舐めたという。
   ヘイは逮捕後、「コップに何杯も血を満たして飲み干した」と証言したが、これは人体の構造上不可能な事である(血液には催吐性の物質が含まれている)。
   おそらくヘイは、その血を舌でチロリと舐めたか、口いっぱいに含んだのち、吐き出したと推測される。


7jklo00001ps.jpg


   その夜、ヘイはふたたび血をしたたらせる森の夢をみた。
   しかし今度は今までと違って、男から杯を受け取り、血を飲んで満ち足りることができたのである。
   ここでは、はっきりと夢と現実の逆転が行なわれている。
   ヘイはドナルドの死体を処理する為に、墓場から金属製の樽を拾ってきてアトリエに運びこみ、そこに自動車部品を加工するための硫酸を満たした。
  ドナルドの死体は、硫酸樽に放り込まれるとすさまじい白煙をあげたので、ヘイはその場から逃げ出さなくてはならなかった。
  戻ってくると死体はすでにあらかた溶解していた。
  下水の蓋をあけ、そこに残りを流し込む。
  こうしてドナルドの残骸はロンドンの河口を経て、やがて海へと流れ去っていったのである。
  翌1945年7月、次にヘイはドナルドの両親を殺害した。
  ヘイは彼らに、ドナルドの失踪について「あなた方のご子息は徴兵忌避のため身を隠した」と説明していたらしい。
  ヘイには、このような口先や、いくつかの犯罪的才能があったが、その中でもひときわ優れていたのが、筆跡偽造の技術であった。
  のちにスコットランド・ヤードの鑑定家が、「詐欺犯罪史上、まれにみる傑作」と絶賛したほど、その腕前は見事だったらしい。
  マクスワン夫妻は殺され、息子と同様に硫酸風呂で溶かされた。
  ヘイは以前の経験を踏まえて、いくぶん慎重になり、防毒マスクをかけ、ゴム手袋とゴム長靴を着けて死体処理を行なったという。

5jklo00001ps.jpg

   ヘイはゴムエプロンを抱きしめたあと、タオルで拭き取りきれなかった血や色々な液体が付いたゴム手袋で口と鼻を覆った。
「うーん」
   深呼吸をすると「他の奴らはどうしてこの匂いがきらいなんだ?」「このエプロンなどいつまでも脱ぎたくないし、身体から外したくないくらいなのに・・・・・」と頭の中で呟いた。
   そしてヘイは暫しの間、地下室の片隅ですごしていたが「あぁ、もう気持ちを切り替えんとな」と、今度はそれを言葉にしてからゴムエ プロンを外し、ゴム長を脱ぐとゴム手袋を名残惜しそうに外した。
  次に作業着と作業用に用意した下着を脱ぐ。
  その下には飴色のゴムで出来たブラジャーが姿を現す。
  パンツを脱ぐと、やはりブラジャーと同じ飴色のゴムで出来たパンティーを履いていた。
  ヘイには女性になりたいと言うような願望はない。
  単に女性用の下着、いやゴム引きの肌着に執着していただけだ。
「凄いぞ・・・・・」
「1日中履いてたから、ムレムレだな・・・・・」
  ヘイは苦笑すると、その上から折り目のきっちり付いたズボンを履き、白いシャツを着てジャケットを羽織った。
  いつものヘイの姿に戻ったわけだ。
   そしてヘイは時を置かず自慢の書類偽造技術を使って、マクスワン家の遺産をそっくり詐取することに成功した。
  この時の防毒マスクにゴム手袋とゴム前掛け・長靴のヘイの姿は、あちらの世界に強く焼き付けられ、以降それが逆輸入の形で「JJH」の主な姿として、実体化したようだ。
  後に、このJJHは、憑依体の真の姿として度々こちらの世界にも現れ、我々の手を焼かせることとなる。


 2jklo00001ps.jpg


 ヘイは部屋に入ると、真っ先にバスルームへ飛び込み、熱いシャワーを浴びる。
  自らが悪魔に成り代わる為だ。
  丹念に全身をソープで洗う。
  ヘイのお気に入りの香がバスルームに漂う。
  少し、香が強いが、生臭さを消すためにあえて匂が強よめで消臭効果のある物を使っている。
  湯上がりの素肌の上からバスローブをひっかけて、居間に戻る。
  作りつけのクローゼットを開くと、キャスターの付いた大きな衣装ケースを2つ取り出す。
  その1つのケースの蓋を開けると、ヘイは大きく深呼吸をする。
「やはりいい匂いだ!」
  そこには黒革で作られた、様々な服やベルトのたぐいが入っていた。
  暫く、革に顔を埋めていると、今度はもう一つのケースを開けた。
  こちらケースの中には、やはり黒色の衣服らしき物が入っているが・・・・
  こちらは革の匂いではなく、ゴムの匂いが充満していた。
「うーん!やはりマッキントッシュの匂いもいいな!」
  中から、ゴム生地で職人に作らせた服を取り出すと、それを抱きしめるようにして頬をすり寄せる。
「気持ちがいい・・・・・・」


1jklo00001ps.jpg 
 
  そう、ヘイは現在でいう極度のラバーフェチであり、革フェチでもあったのだ。
  二つの大きな衣装ケースにはラバーとレザー、大量の衣服とベルト類が収納されていた。
「さて、今日はどなたにしようか?」
  ヘイは嬉しそうに、ケースの中を物色する。
  やがて、黒いゴムでできた全身を包むキャットスーツと呼ばれる上着とスボンが一体となっているワンピーススーツをとりだした。
  パンティー、グローブ、ソックス、コルセット、そして全頭を覆うマスクを床に並べる。
  すべて黒く艶やかな光を放つゴム製の物ばかりだ。
  まず、パンティーを手にすると、裏向きにひっくり返す。
  そこには、突起物と細いカテーテルがついている。
  そう・・・ゴムで出来たディルドゥがアナルに挿入されるように取り付けられているのだ。
  さらに表に向かって男根と睾丸を模したゴムのディルドゥが生えている。
  ヘイは、その内側の突起にたっぷりとローションを塗りつけると少し、頬を上気させながら足を通す。
「うん!」
  まず、後方からアナルに挿入していく。
「あ、あぁぁぁぁ・・・・・」
「き、きつい・・・・」
  アナル用と言っても、かなりの太さをもつため、排泄時のように力んで括約筋を広げる必要がある。
「い、いや・・・・・!」
「で、でそうだ」
  ぐっと肛門が開いたかと思うと、ズルッ!とディルドゥが体内へ滑り込む。
「あ、あっ!!」
  思わずヘイの口から喘ぎ声が漏れる。
「ふー、入った・・・」
「毎回、キツいな・・・」
「ちょっと太すぎたか?」
「でも、これくらいが気持ちがいい!」
「ああぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・」
  たっぷりと塗ったローションのヌルヌルした感触がヘイの体内へ進入し、思わず身震いをする。
  そして今度は細いカテーテルを消毒液に浸けると、尿道に差し込む。


1dasd00263pl.jpg
 
「うん!」
  強い痛みに眉をしかめる。
  少しカテーテルを引いてみて、抜けてこないことを確認する。
  そのカテーテルのチューブを前方に飛び出したゴムペニスの中心に差し込んでいきチューブの先端がゴムペニスの尿道口か少し飛び出したところで止める。
  このカテーテルの先端にはゴムの蓋がついている。
  次はディルドゥをしっかりと根本まで押し込み、その上からゴムパンティーをキッチリと引き上げた。
「す、凄い・・・」
「腹の中が・・・・、い、いっぱいだ・・・・・」
  ディルドゥ付きゴムパンティーをはいたヘイの股間は巨大なペニスを持った悪魔のようだった。
  次に、ゴム専用の滑走剤である脂を内側に塗ったゴムキャットスーツに脚を通すと、爪を立てないように慎重にそれを上に引き上げる
  フロントファスナーは4つのスライダーが付いていて、好きな場所で細かく開閉できた。
  4つのスライダーを腰の位置まで引き上げ、1つ目を覗いて残り3つのスライダーを下げる。
  こうして股間のゴムペニスだけが飛び出す形にファスナーを調節すると首もとまでファスナーを引き上げて全身をゴムで包み込む。
  やや小さめのキャットスーツは全身をピッチリと締め上げるように密着していく
「ああぁぁぁ・・・・・・」
「この締め付けられるようなゴムの感触、・・・・・・・」
  うっとりとしながら、ヘイは次にソックスを履き、その上から膝上まである動物の爪が付いたニーハイラバーブーツに脚を通す。
  ブーツをピッタリと履き終えると、ブーツの太腿の部分に付いているベルトと、足首にも付いている小ベルトをキユッと締め上げる。
  ブーツの太腿を絞めるベルトは赤いゴムの薔薇の蔦模様の二本線が入っていて、アクセントとなっていた。
  今度はコルセットだった。
  これも厚手のゴムで作られ、ボーンが何本も入っていて、ウエストをしっかりと締め上げサポートしてくれる。
  後ろは紐で編み上げとなっていて自由に締め付け感を調節出来る構造だ。
  前はファスナーになっていて、自分での装着が容易にできる。
  さらに、ファスナーを絞めた後に何本ものゴムベルトで更に身体を絞める事が出来るアンダーバストタイプコルセットを使う。
  骨盤まで覆うロングタイプだ。
  キッチリとゴムコルセットを締め上げると、ウエストがギユッとくびれて男とは思えない魅惑的なプロポーションが出来上がる。
  更に、悪魔の顔を形どったラバーマスクを装着する。
  目と口は開いているが、鼻の部分は呼吸用の小さな穴が二カ所あいているだけである。
  このマスクは後頭部が編み上げ式になっていて、ヘイ一人で装着するのはたいへんなようだたが、彼にとってはその時間も儀式の一環だった。

7dasd00263pl.jpg

   ヘイはかなり長い時間、三面鏡の前で後頭部の編み上げに悪戦苦闘する。
   やっとのことで、悪魔の顔を型どった全頭マスクを自分の顔にピッタリと装着し終えるとキャットスーツとマスクの繋ぎ目である首の 部分をそれぞれに覆い重ね、その上から幅のある厚手のゴム製首輪を嵌めしっかりと首に密着させた。
   さらにそれをバックルで絞めると、そこにある施錠用の突起を穴に通し、南京錠を掛けてしまう。
   それが済むと、コルセットの上から幅広のゴムベルトで出来た胴枷を着ける。
   ここからは自らに呼び込もうとする悪魔を逃がさないための工夫だった。
   これも首輪と同じ構造になっていて、南京錠で施錠出来る。
   もう一つ、ブーツ足首にも同じゴムの足枷を装着し、南京錠で施錠してしまう。
   そうすると勝手気ままにはブーツも脱げなくなってしまうのだ。
   ここまできて、やっと悪魔の爪の生えたグローブが登場する。
   最後は、そのグローブの手首に首輪等と同じラバーの手枷を嵌めて、南京錠で施錠してしまう。
「ふー」
   ヘイは大きく溜息をつくと
「これで彼らが私に取り付いた時には、彼らは私の身体から逃れられなくなる。」
   ヘイは首輪・胴枷・足枷・手枷のそれぞれを施錠した南京錠の鍵を金庫に入れておいた。
   小型だがしっかりした作りの頑丈な金庫で、タイマーで開閉ができる。
   予め、タイマーをセットし、明日の夜11時にならないと金庫の鍵は開けられないようにしてある。
   つまり、ヘイは明日の夜11時まで、全身を包む悪魔を模したゴムから逃げられないと言う訳なのだ。
   もちろん、ゴムの衣服だ、引きちぎればそれまでだが・・・・
   これは、無意識の内に大切な物を破壊しないと脱ぐことが出来ないと言う精神的な面での抑止力となるのだ。
   こうやってヘイは殺人の後には必ずこうやって自らに悪魔を宿すようにしていたのだった。

6dasd00263pl.jpg

   ヘイの手による次の犠牲者は、ヘンダーソン夫妻である。
   夫のアーチボルド・ヘンダーソンは上流階級相手の富裕な医師で、妻ローズも医師の家に生まれた評判の美人であった。
   ヘイはヘンダーソン夫妻が家を売るために出した不動産広告を見て、買い手を装い彼らに接近した。
   もちろんヘイの手段に過ぎない家の売買は、不成立に終わったが、その頃にはヘイは彼らの懐にもぐりこむ事に成功していた。
   彼はヘンダーソン宅にしばしば招かれ、夜をともに過ごした。
   ヘイは応接室のピアノで夫妻のために、ブラームスを奏で、常に愉快な話題を提供し、洒落たジョークを飛ばして彼らを退屈させなかった。
   とくにヘイは夫妻の飼っているセッター犬を可愛がった。
   ヘイは並外れた犬好きだったらしい。
   サイコパスの特徴のひとつに「動物虐待癖」というパターンが見られるが、また同時に、「過度な動物愛好」というパターンも存在する。
   動物愛好家のサイコパスは、人間の命には無感覚なのに対し、動物の命は宝物のように扱うのが常である。
   もしくはJJHがこちらの世界の動物を非常に珍重したのかも知れない。
   少なくとも「彼ら」の動物観が、人間の動物に対して持つ価値観からは、かけ離れたところにあるのは確かだった。
   私はそういった例をいくつか見てきた。
   1948年2月、ヘイはヘンダーソンを地下アトリエに招き、射殺。
   次いでローズをおびき出し、殴殺した。
   ヘイはふたりの血を舐め、件のコスチュームに身を固め、硫酸風呂に放り込んだ。
   一昼夜も経つと、夫妻の体は溶けた巨大な砂糖の塊のようなものに変わり果てていた。
   ヘイは彼らの死によって8000ポンドを得たが、それではまだ足りなかったようで、ローズの筆跡を真似て、遠方にいた彼女の兄を呼び出した。
   兄はまんまと騙され、ヘイの硫酸風呂につかる一歩手前まで近付いていたものの、その直前に、彼の実母が急逝したためロンドン 行きがとりやめになった事で、難をまぬがれたのである。

4dasd00263pl.jpg


  1949年2月20日、ジョン・ヘイは隣人であるコンスタンス・レーン夫人を連れて、警察署の窓口を訪れた。
「われわれはオンズロー・コート・ホテルに滞在している者だが、同じホテルの住民であるディーコン夫人の姿が見えないので、心配している。」
  口ひげをはやした気障な身なりの小男は、彼に対応した警官にそう言った。
  デュラント・ディーコン夫人は69歳になる富裕な老婦人で、2月18日の朝に出かけたきり、姿を消したという。
  レーン夫人が、「じつはここにいらっしゃるヘイさんが、ご自宅のアトリエに夫人をご招待されたんです。夫人は付け爪とマニキュアのご相談にのってもらいたかったそうで、それで……」なおも言いつのろうとする夫人を制して、ヘイは「いや、ディーコン夫人は待ち合わせの時間にお見えにならなかったので、それで心配しているのです」と言った。

a49avop00058ps.jpg

   警察は夫人の失踪について、詳しい事情を聞くべく、コート・ホテルのヘイを訪ねた。
   ヘイは警察に協力的だったが、その話はとりとめなく、あまりに調子がよすぎた。
   担当刑事に同行した婦人警官は、帰途の車内で、「あの男には――ジョン・ヘイには好感が持てないわ。いえ、それを別にしても、あの男は怪しい。彼が警察に来たのだって、何かを誤魔化す為じゃないかしら。」と言った。
   果たして担当刑事がヘイの身元を洗ってみると、彼には詐欺と窃盗の前科が複数あることがわかった。
    2月26日、とうとうヘイ宅の「地下アトリエ」に警察の捜査が入った。
   警官達はそこから、ガスマスク、ゴム手袋、血のついたゴムの前掛け、最近発射された形跡のある38口径の銃、デイーコン夫人が着ていたはずのコートのクリーニング預り証などを発見した。
   2月28日、ジョン・ヘイは逮捕される。
「夫人はどこにいる?」
   そう詰め寄った刑事の鼻先で、ヘイはせせら笑った。
「彼女はもうこの世にはいませんよ――。跡形もなく、すっかり消えうせてしまいました。硫酸で始末したんです。レオポルド通りに溶けかすが残っていますが、夫人は影も形もありません。死体がなくて、さて、どうやって殺人を立証するというんです?」
   青くなる刑事をよそに、ヘイは休憩を希望した。
    そして紅茶とチーズとサンドイッチをつまんだのち、供述をはじめた。
   しかし、「ディーコン夫人が完全に消滅した」というヘイの言い分は誤りだった。
   警察はヘイが、ディーコン夫人の溶液と、溶けかすを捨てたという庭を捜索した。
   そして24フィート四方の土地から、表層の土を3インチ、慎重に剥がし、スコットランド・ヤードの法医学研究所に送ったのである。
  その中から、さまざまな遺留物が発見された。
   かかとの骨と骨盤の一部。足首の骨。ヘアピン。胆石。入れ歯。ハンドバッグと中身。そして28ポンドの黄色い脂肪の塊である。

cv.jpg

   1949年7月、ヘイの裁判は行なわれた。
   弁護側の証人である精神科医は、ヘイを「偏執病的気質の持ち主であり、養育環境によってさらに助長されたとみられる妄想性精神異常」と主張。
   しかし陪審員はたった17分で、ジョン・ヘイを有罪にした。
   判決は死刑である。
   その判決後、法廷地下の控え室に連れていかれたヘイを見て、我が同僚である教誨師が「あの男に、心ばかりの慰めが必要かどうか尋ねてくれないか」と看守に言った。
   看守はヘイのもとへ行き、尋ねた。
「神父さまが、面会に来ようかとおっしゃってるが」
「さあ、あまり意味がないように思うがね。きみもそう思わないか?」
   ヘイはそう言うと、紅茶をゆったり飲み干して微笑んだという。
   彼はその半月後の8月6日に処刑され、無縁仏として葬られた。
   獄中での彼の希望は、マダム・タッソー蝋人形館に自分の肖像が展示されることであった。
   以下はそれに関する遺言書の中の一文である。
「私は、自分が公判中に着ていた衣服を、私の人形に着せるべく、マダム・タッソー蝋人形館に寄贈されることを望む。同じく私のお気に入りのソックスと、ネクタイもつけていただきたい。なお、タッソー館の管理人が、私のズボンにつねにきちんと折り目をつけておくよう、注意されることを切望する。獄中で皺だらけにしてしまったが、これは不快である。人形に使う際には、もっとぴったりした線を残していただきたい。」


b49avop00058ps.jpg

   JJHと、とりあえずの呼び名は付けてやったが、ヘイにとりついた者は、あちらの世界のどの1柱だったのか?
   そのやり口からして、あの洒落者の悪魔か?
   そしてその進入路は?
   やはりヘイのあの夢なのか?


   そこまで読み進んで守門は父の残したノートを閉じた。




171bwsd00003pl.jpg壊される女。vol.7 私が、消えた。

顔面崩壊、まんぐり返し、水責めで呼吸が止まる寸前まで…。女が涙を流して何かに耐える姿には感動する…それが嫌悪か苦痛か羞恥かは別にして。























36doks00082pl.jpg顔面ひでぶアクメ

万引き女子校生に天罰を!華麗なボディコンダンサーの顔面崩壊!変顔面接で羞恥心を煽る!素人ドMな人妻モデルさんを騙す!見られるだけでも恥ずかしい顔をさらす彼女達の股間を電マの刺激が襲い、羞恥と恍惚の入り混じった『ひでぶな顔面』がさらに歪んでいく…。普段の美しいイキ顔も収録されておりますので、その絶妙なコントラストをお楽しみ下さい。



















49nitr00071pl.jpg 素人マスク性欲処理マゾメス 5

マスクが美女の変態性欲を解放する。今度のマゾメスは私生活でM調教された熟女が登場!!性奴隷のキャリアが長いぶん乱れ方もハンパない!!ご主人様を求めてAV出演を決めたドM熟女は期待感もMAX!!荒々しく爆乳をわしづかみにされると股間はすでにグチョ濡れ!!フェラは激しいイラマチオ、拘束、緊縛、スパンキングとSMプレイのフルコース!!マ○コを電マとバイブで刺激してアナルもたっぷり弄ります。ダッチワイフ扱いされて悦ぶ真性マゾの熟女たち!!

















422exvr00012pl.jpg 顔面拘束フェラ

長身美少女の可愛い口に、くっさいチ●ポをねじ込む悦び。開脚拘束されたおっとり系美少女の口に、フル勃起チ●ポを抜き差しする悦び。不安げな表情の爆乳美少女の口内を、好き放題に味わい犯す悦び。生意気そうな金髪ギャルの恥辱の姿を眺めながら、激しいイラマで汚す悦び。顔面の自由を奪われた6名の女達が、されるがままに男達の欲望を受け入れる…。



















49nitr00082pl.jpgNITRO CORE BEST 8時間

NITROレーベルから初のベスト発売!変態ドMマスク女、アナルSEX、2穴FUCK、老人・キモ男とのツバ飲み性交、浴尿、ザーメンぶっかけ、淫語調教、近親相姦こ○もチ○ポとの乱交など、マニアックなプレイの数々。アブノーマルなSEXの世界に、マニアの方はもちろん、初心者の方でも新たな性の発見があり、満足できることでしょう。20タイトル、変態的エロスが凝縮された珠玉の傑作集です!

























































エロ小説 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/08/30(土) 08:41)

<<女装親父狩り | ホーム | ケツマン放浪記 風雲編 3 「クロスロード・感染」>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/468-fbf27b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア