FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 強請る夜 後半
tdydp3isV01qad.jpg

「ひざまづけよ!」
 それは静かな、しかしドスの効いた声でした。
 ひざまづくchikaを見下ろした彼は、ズボンのジッパーに手をかけ、ゆっくりジッパーを下げました。
 そしてズボンの隙間に手を入れ、もったいぶりながら一物を取り出しました。
 その不遜な態度に似つかわしいチンポが姿を現しました。
 ズル剥けの亀頭はどす黒くカリも張っていて、それだけでいやらしい。
 その長さはchikaのそれより一振り長く、その太さはchikaをたじろがせるものでした。
 勃起こそしていませんでしたが、半起ち状態のような太さを維持していました。
 がっしりとした肩幅と鍛え上げられた体にふさわしい男根が目の前にあったのです。

2lboy00014ps.jpg

「しゃぶれ!」
 恐れつつも密かに、待ち望んでいた状況がこんな形で訪れようとは!
 亀頭をそっと口に含みました。
 chikaの口に彼の肉塊の生暖かい感触が伝わってきます。
 彼の剛毛からは汗蒸した雄の臭いが漂って来ました。
 彼の半立ちで重量感のある一物を、chikaはゆっくりと根元までくわえ込み、亀頭から根元までネットリとしゃぶりました。
 柔らかだった肉棒は、口の動きに反応して硬直し、太さと長さを増したチンポは、もはやchikaの口に収まりきれません。
 chikaは彼の亀頭、カリの部分、そしてチンポの裏筋をねちっこくしゃぶりました。

1cmf00032ps.jpg

「うまいか?」
「はい」
「しっかりしゃぶれ!」
 彼はchikaの後頭部を両手で押さえ、一気に腰を突き出しました。
「ゲボゲボッ」
 喉の奥まで一気に突かれたchikaはむせ返りました。
 苦しさのあまり涙が出ます。
 でも彼の手はchikaの後頭部をがっしりとつかみむせるchikaの喉に容赦なく肉棒を捻じ込んできました。
 彼も一瞬快楽の電流が走ったのでしょう。
「ああ~っ。」

2cmf00032ps.jpg

 時折、我慢できずに喘ぎ声を漏らすようになりました。
 刺激を受けマックス勃起した彼のチンポは、血管が浮き出し、唾液と先走りで黒光り、野獣のアギトと化していました。
 どのくらいchikaの口は彼に攻められたのでしょう。
 彼はズボンとブリーフを一気に脱ぎ捨て、開脚姿勢で腰を振り続けました。
 そのたびに彼の太腿の筋肉は、ピクピクと盛り上がりを見せます。
 彼の顔を見上げると、うっすら汗を滲ませ、恍惚の表情を浮かべていました。
 「うっ」とか「いいぞっ」と声をもらしながら、彼の興奮もまた絶頂へとひた走っていたのでした。
 腰の振り方が更に早まりました。
「あっ、ハッ、逝きそうだ!逝くッ!!!逝くぞ!」
 chikaの頭を握る彼の手に力が入り、彼は腰を最大限に突き出しました。
 次の瞬間、
「ビューッ、ビューッ」
 ・・・chikaの喉奥に精子がぶち込まれました。
 かなりの量です。

3cmf00032ps.jpg

 chikaは否が応でも飲み込むしかなりませんでした。
 粘着質なそれは、むせるような雄の匂いを発していました。
 そしてようやくchikaの口はこの野獣から解放されたのでした。
 しばらく口が閉じられないほど、顎の関節が麻痺していました。
 でも一撃を放った彼のイチモツは、息を乱し脱力しかけた彼の表情とは裏腹に、萎えてはいないのでした。
 彼は息を整えながら、上着を脱ぎ始め、とうとう全裸になりました。
 がっしりした大胸筋に、うっすらとした胸毛。
 その胸毛は、割れた腹筋の中央を細く伝い「ギャランドゥ」となり陰毛へと連なります。
 そしてchikaの口に精液を送り込んだ不遜な男根が剛毛の付け根からそそり立っています。
 鍛えられた無駄のない筋肉。
 それを覆うセクシーな体毛。
 そして卑猥な男根。
 悔しいほどに彼の体は淫靡でした。

4cmf00032ps.jpg

 chikaは机の前に立つよう命じられました。
 彼は背後からchikaの両腕をつかみ、机の上にその手を置くよう指示しました。
 そして、ケツを突き出せと言わんばかりにchikaの腰をぐいと引きよせたのです。
 アナルを犯される。
 日頃のchikaなら、それは快楽そのものなのですが、彼の男根の太さは並みではありません。
 やばい、ケツが壊れる・・・冷や汗が出てきました。
 彼は机の脇に置かれたボストンバックから、ボトルを取り出しました。
 それがローションであることは直ぐにわかりました。
 こういったモノを常に用意してる、彼はそんな種類の男だったのです。
 ローションの蓋を開けると、chikaのケツの谷間にそれをツーっと垂らしました。
 ひんやりした粘着液が流れ落ちます。
 それを片方の手で塞き止め、今度はその手がchikaの谷間をゆっくりと上へと這ってゆく。
 上へ下へ、ゆっくりと塗り広げられるローション。
 指がケツ穴を通過するたびに、chikaは腰をくねらせました。

5cmf00032ps.jpg

 本当にあの巨根が入るの?
 無理だよ。絶対に無理!
 これから起こるであろう恐ろしい現実に怯むchika。
 でもchikaの口から出るのは、快楽の喘ぎ声でした。
 ケツの谷間を上下していた彼の指が止まったかと思った次の瞬間、彼の指がいきなりchikaの穴にめり込んできました。
「ああんっ」
 やはりその快楽には逆らえません。
「なんだ、ズボズボだな。お前ネコなんだな?いつも使ってるケツ穴だよな。欲しがってるぜ!入れてください!って・・・」
 そして、二本目の指がねじ込まれました。
 ローションにまみれた彼の指はあっけなくchikaのケツ穴に入り、chikaの大腸のひだをグリグリとコネ回しはじめた。
 そのたびに、chikaの体は快楽に震えて腰が抜けそうになるのですが、彼の右手がchikaの腰をがっちりと支えていました。
「もう一本指いくぜ!」

12cmf00032ps.jpg

 三本目の指が挿入されました。
 圧迫感を感じながらも、chikaの穴がじわりじわり広げられていきます。
 四本目の指が入ると流石に苦しくなりました。
「痛いっ!待って・・・」
「何だよ。これで悲鳴を上げてちゃ、俺のチンポは入らないぜ。もっと広げなくちゃ。お前のためだぜ。いきなり太マラぶち込まれちゃ、たまんねえだろ?感謝しろよ!」
 そう言う彼は、一旦手を抜き、ローションを手に取り、両手に塗り広げました。
 そしてchikaの横に立ち、股間の後ろから左手で金玉をまさぐり、もう片方の手は萎えかけたchikaのチンポを鷲掴みします。
 親指が再び亀頭を刺激します。
 先程のゴツゴツした指の感触は、ローションのために、今度はヌルっとした感触へと変わり、先とはまた違うねっとりとした刺激を受けました。

11cmf00032ps.jpg

 chikaは再び腰が砕けそうな脱力感に襲われましたが、そのチャンスを待ち構えていたかのように、彼の左手がchikaのケツ穴にねじ込まれました。
 その手は、まるでフックで持ち上げるかのようにchikaの腰砕けたケツを持ち上げました。
 chikaは、亀頭を刺激されるたびに脱力し、そのたびに、彼の左手は奥へとねじ込まれ、chikaのケツ穴は益々広げられてゆくのです。
「おい、指がすっぽり入ったぜ。この勢いだと、手首まで入りそうだ!お前、相当なヤリマンだな?」
 嘘でしょフィストじゃあるまいし、今までそこまで入れられた経験はありません。
 異常なシチュエーションと錯綜した興奮で、自分の体の変化に心が追いつかなくなりました。
 穴から指を抜いた彼は、chikaのケツをのぞき込み、
「おい、もう開きっぱなしだぜ。入れてください!って、ケツが口広げて待ってるぜ!」
「そんな・・・」
「欲しいんだろ?俺のチンポが欲しいんだろ?お願いしてみろよ!」
「そっ、そんな太いチンポは入らないっす・・・無理っすよ。」
「でもこのまま、ケツ穴広げたままで、お前、いいのかよ?早くお願いしろよ!」

10cmf00032ps.jpg

「いっ、入れてください。でも、ゆっくり・・・ゆっくりお願いします。」
 彼は、巨根にローションをたっぷり塗り広げて2~3回しごくと、亀頭をケツ穴に押し当ててきました。
 彼の上反りチンポがchikaの谷間を上下します。
 彼の亀頭がchikaのケツ穴に宛てがわれました。
 やがてその亀頭に彼の体重がのしかかり、メリメリとchikaの穴に巨砲がぶち込まれてゆきます。
 指を入れられた時とは全く違う圧迫感。
「うっっっ~。まっ、まってっ。」
 chikaは耐えかねて手をだし、彼の挿入を阻止しようとします。
 彼はその手を振り払い、chikaの腰を両手で鷲掴みし、さらなる体重をかけててきました。
「待って!待って・・・」
 半泣きのchikaの声に、彼は一旦力を抜きました。
 腰をつかんだ彼の手の力が緩み、右手がすっとchikaの股間に伸び、萎えたチンポをぎゅっと握りしめました。
 ぬめったその手は、chikaの腹筋をなぞり徐々に上へ、大胸筋をまさぐり、その指が乳首に近づいて来ます。

9cmf00032ps.jpg

「ああっ!」
 チンポ以上に感じやすい乳首をつねられたchikaは声を漏らしました。
 chikaの体に電流が走りました。
 そのスキを狙うかのように彼の男根がわずかにchikaの穴にめり込んできました。
 再び乳首をつねられ、脱力した瞬間を狙って男根がめり込んできます。
 その行為が何度か繰り返され、ついに彼の腰がchikaの桃尻にぴたりとくっきました。
「全部入ったぜ!お前のマンコが俺のチンポを全部くわえてるぜ。スゲーや、こいつ。俺のチンポを根元まで受け入れた奴は、今までそうそういなかったからな。」
「chikaだって、こんなでかいのを受け入れたのは初めてです。」
 乳首を刺激された快感に気を取られている間に、騙し討ちを食らったのです。
 この圧迫感、今までに経験したことのないものでした。
 彼はゆっくりと腰を動かすのですが、chikaは、再び悲鳴を上げざるを得ませんでした。
 彼は、chikaの背中に覆いかぶさり、chikaの髪をつかんで後ろを振り向かせました。
 彼の顔がchikaの目の前にある位置です。

7cmf00032ps.jpg

「お前って、なかなかいい顔してるな。その顔見ると興奮するよ。お前のせいで、俺のチンポは、充血しすぎて痛えくらいだよ。わかるだろ?今更やめられねえよ。お前も俺に犯されて興奮したいだろ?一緒に楽しめよ。」
 次の瞬間、彼はchikaにキスをして来ました!
 彼の舌がchikaの口の中をかき回しました。
「いま、レイプされているのか?それとも彼に抱かれているのか?」
 chikaの頭は、先程から予想外の展開続きで益々混乱してしいました。
 そんなchikaをからかうように、彼の腰は再び動き始めました。
 chikaが声を出そうとすると、彼の唇でせき止められます。
 突かれる痛みとキスを食らう興奮が交互に襲います。
 chikaの体は、激痛と脱力を繰り返しながら、しかしその痛みの奥から、じわりじわりと、得も言われぬ快楽の波が押し寄せてくるのを感じ始めていました。
「ああっ、もっと突いて!」
 chikaは先程の拮抗とは真逆の言葉を口走りました。
 彼は再びchikaの腰をがっしりと握り、腰を大きく振り始めました。
 chikaのチンポは再び勃起しました。
 彼はchikaの腰を握りしめ、一定のスピードで突いてきました。
 グチュッ、グチュッ。
 ローションが泡立ち猥雑な音が部屋に響きわたります。
 彼との一体感に満足しながらchikaも恍惚を味わえるようになってきました。
「どうだ?気持ちいいか?」

8cmf00032ps.jpg

「気持ちいい~。こんなの初めてだよぅ。」
「俺も気持ちいいぜ!一緒に気持ちよくなろう!」
 彼の腰振りのスピードが徐々に早くなってきました。
「ああっ、気持ちいい!お前の中にぶちかますぜ!」
「ああ、いって。chikaの中でいって~!!」
「あああああっつ。行くぞ!逝くっ。」
 次の瞬間、chikaの腸内に彼の精液がほとばしるのを、chikaは腸内で感じました。
 彼はchikaの背中に覆いかぶさり、一瞬ぐったりしました。
 彼は、自分の肉棒をchikaのケツの穴に突っ込んだまま、chikaのチンポを握りしごき始めました。
「お前も出せよ!」そう言って、chikaの先走りでぐちょぐちょになったチンポをしごき始めたのです。
 彼のチンポがchikaのケツ穴に入ったままの状態で、上半身を起こされたchikaは、背後に密着した彼の胸板を感じながら、しごかれました。

6cmf00032ps.jpg

 先程からの快楽の延長で、chikaはあっという間に絶頂を迎えました。
「逝きそう・・・」
 そう言うが早いか、chikaのチンポから怒涛のごとく精液が飛び散りました。
 chikaのチンポは、彼のゴツゴツした手に包まれたまま、しばらく萎えることがありませんでした。
 彼はゆっくりとケツ穴から肉棒を引き出し、chikaを振り向かせました。
 そしてchikaを抱きしめ、濃厚なキスをしました。
 彼はchikaをきつく抱きしめて、chikaの耳元で囁いました。
「お前が気に入ったぜ!次はいつ来る?」
 、、、場末に流れる歌謡曲の文句じゃあるまいし。

 気持ち良かったけど、、、




lboy00021pl.jpg絶対無敵の究極ニューハーフPREMIUM BEST4時間

レディーボーイが厳選したニューハーフプレミアムBEST版。珠玉のシーメールのあらゆるエロが詰まった超お買い得作品。これを見れば彼女たちのすべてがわかります。






















lboy00014pl.jpg 金髪ギャルシーメール温泉痴情 美蘭

露出プレイに興味があった美蘭ちゃんの要望に沿って温泉地で青姦調教。まずは遊歩道で自慢のお尻を味見。チンポを擦り合わせると気持ちが高ぶったのかそのままそこで露出セックス。終わらない色情を抱き二人は旅館に向かうのであった。






















lboy00011pl.jpg 奇跡の国宝級ニューハーフ 華麗なるシーメール VOL.02 荒木レナ

どこからどう見ても女性にしか見えない今世紀最高のシーメール荒木レナ。見惚れてしまう程の透明感と華やかなオーラ、ちょっとあどけなさが残る愛くるしい笑顔。都内の某ホテルでまずはアナルおもちゃいじり。アナルが性感帯のレナちゃんは何度もイキまくる。肉棒でアナルを刺激すると絶叫し昇天する。彼女の完璧美BODYを見逃すな!



























ケツマン放浪記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/03/28(土) 08:29)

<<「私のチンボだと思って」ってディルドー使うchika女王様 | ホーム | 強請る夜 前半>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/482-db2a39c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア