FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 さよなら夏の日 前
biavvdddkk-03.jpg

 もう廃れてしまった感がありますが、「本当は怖いグリム童話」とか「本当は○○」シリーズってのが、昔ありましたね。
 でも今思うと、「なんで、怖いモノを怖くないように見せかける努力を無にするんだろう。そんな本当を知って誰が得するんだろう」って考えちゃいます。
 だってある程度、年齢を重ねた方ならお分かりになるだろうと思いますが、殆どの人は、昔の辛くて身も蓋もない過去は忘れるか、都合の良いように粉飾して記憶の中にしまい込んでいますよね。
 これって「過去の失敗から学ぶ」ってゆー点だけ外さなければ、全然、悪い事じゃないですよ。
 だって過去の悪い部分に囚われて、よりよい明日を模索できないんじゃ意味ないですもん。

 って事で、下に書いたのは正に「本当は怖い○○」の逆バージョンです。
「思い出の美化」ですね。
 悪いことjyない、って思ってます。
 それでも「本当は怖い」のが好きな人は、自分の頭のなかで「怖く」して楽しんでくださいネ。

g118prb00009ps.jpg

 チカオ、14才中学3年生。
 おっかな吃驚、「変態」というの名の外海に漕ぎ出す。
 まだちゃんと学校にも通ってるけど、すでにあっち方面の心と体の準備はOK(笑)。

 やられた!とうとうって感じ、、、。
 てか、挑発したチカオも悪いんだけど(自分の態度?あれってたぶん挑発なんだろなあ、、、)
 そしてその相手がなんとびっくりの高校生(だってあの時、彼、制服着てたと思う)、その頃は、たぶんお父さんくらいの年齢の人となんかなるんだろうなーと、漠然と思ってたんだけど、、。

 夏休みに入ってからパパリンの仕事の関係で、毎日朝早く電車でパパリンの手伝いに行ってた。
 いつもは7:36発の電車に乗るんだけど、その日はパパリンのお仕事が山場らしく、最後の追い込みって事で、6:05頃の電車に乗ったんです。
 で乗りなれない時間帯の電車は、車両の縄張りってか、便利な車両がわかんない。
 だから適当に乗ったら、、、。
 4人掛けの座席が結構(てか、ガラガラ)空いてんのに立ってる人がいたんですよ。
 しかもチカオのことじろじろ見てるし、、、。
 そう、その人こそチカオのファーストフレッシュミート!
 ガキンチョが初めて食べることになった血の滴るレアステーキ。
 チカオは、パパリンの言いつけで作業がしやすいようにとTシャツと、下は体操着のブルーの短パンで現場に行っていたのです。
 それがそもそもの間違いだったみたい、、、。

f118prb00009ps.jpg

 チカオは4人がけの座席の窓際に座って、足の間の床にバッグを置いていました。
 で、あっと言う間に爆睡モード突入(これはいつもの事です、こっから約40分は寝られるんだから)
そんでいつもの事、そう!朝立ち!
 だいたい爆睡してから20分後に全身を「ビクッ!!!」と痙攣させて目を覚ますと決まって朝立ちしてました。
 でその日もいつもの様に「ビクッ!!!」と痙攣(ガラガラで油断してたのか、いつもより派手に踊ったみたい)して目を覚ますと、やっぱギンギンに朝立ち状態。
 しかも短パンで更にトランクスだから、テント張ってんのが分かる分かる。
 で、その股間のすぐ向こうに灰色のスラックスがあったんです!
「ん?」
 チカオは何か意味も無くびっくりして「わっ!」と叫んじゃいました。
 んで、ゆっくり顔を上げると件のファーストフレッシュミートが目の前にいたって訳。
「おいおい、そこら中空いてるやんか、、、」と思いつつ、でも「かっこいい、、、結構タイプかも」などと考えてたりして、、、。
 チカオのチンチンはこういう状況でもそう簡単に萎えないで、まだ短パンの生地を思いっきり持ち上げていました。
 そしてふと気がついたんです。
 目の前のお兄さんも何だか勃起してる?
 チカオの顔を覗き込むようにお兄さんが上目ずかい(これがまたセクシーというかかわいいというか、、、)でチカオを見て、ついに口を開いたんです。
「それって朝立ちだろ?」
 なんとストレートな言い方!
 純情な(!)チカオは何とも言えず黙ってました。
「寝てるときずっと見てたら、ムクムクってあっという間にそうなった」
 見てた・・なんだかなあ、、、いつからここに座ってたんだ?とか思いました。
 チカオが黙ったまま外を見ていた(一応股間のテントを手で隠してね)ら、ついにびっくりな質問が飛び出しました。
「お前、知っててこの車両に乗ってきたんだろ?」
 何で「お前」なんだ!とか思いつつ、「何が?」と訊き返しました。
 お兄さんが上半身を乗り出して、チカオに近づいて一言言いました。
「ハッテン車両」
 ぎょえー!!!そうだったのか、、、どうりで乗った時の空気が何かいつもと違うと思った、、、。
「マジ、、、」
 言っちゃった、、、。

e118prb00009ps.jpg

 このセリフはどう考えても自分がそう言うことを知ってると認めているセリフやん!!
 お兄さんの右手がチカオの股間に伸びてきて、短パンの上から朝立ちだか何だかわかんなくなったチンチンを軽くつつきました。
 それから今度は先っちょから付け根にかけてチンチンをなぞったんです。
「あうっ!」て感じだった。
 でも、これでいかされちゃダメだとなぜか思って、周りを見回すとこれまたびっくり。
 もうかれこれ30分は過ぎてるのに、乗客は殆んど増えてない!
「心配しなくてもこの車両のこの時間はこんなもんだよ。特に今夏休みやからな」
「隣に座るよ」
 言われてなぜかスペースを空けてやるチカオ(何やってんだぁー!!)
「△△中だろ?ガラが悪くて有名だよな」
 よく知ってる。この人、かなりのマニア?
 なぜかバレバレ、、、。
「にしてもかっちかちだよなぁ、、、硬さは負けたわ」
 お兄さん、さっきより大胆にチンチンを握ってきた。
 きゃー!!!
 そっから「むけてる?」だの「チン毛は?」だの言われてたけど、恥ずかしいけど興奮しててはっきり覚えてない、、、。
「生で触っていい?」とか言いながら短パンのゴムんとこから手をいれて、更にトランクスのゴムもこじ開けて、生チンを触られた。
「いきそうになったら言えよ」
 っていわれたとたん、限界点到達!!!
「でる!」

d118prb00009ps.jpg

 お兄さんの耳元で呟いたつもりだったんだけど、どうなんだろ、、、。
 お兄さんがすかさず手で先っちょガードしてくれた。
 ドピュ!ドピュ!、、、気持ちよかった! 
 しかし後が大変!なんせ一倍量の多いだろうチカオの精液がお兄さんの手やチカオのまだチョっぽしのチン毛や、いったと言うのに まだまだちんちん君にベットリ!
 しぶしぶチカオのバッグからタオルを出して(ポケティじゃ間に合わん!)
 短パンの中に突っ込んだ。
 あーパパリンのトコでは一杯汗かくのにこのタオルもう使えない。
 しゃあないので、お兄さんの手を先に拭いてやって、邪魔だからその手を外に追いやった後、一人むなしく残りの精液を拭き取る。
 でも、お兄さんの手際のおかげで短パンのシミだけは免れた(さすがプロ!)
「それにしてもすんごい出たな!」
 とかいいながら、さっきチカオの精液にまみれた手を鼻に近づけてクンクンやってる!
 嗅ぐなっつの!!!
 そうこうしてるうちに、下りる駅に到着。
 チカオが下りるとお兄さんも下りた。
 「何だよ!まだついてくんのかよ」とか思ったら、「じゃな!」とか言ってさわやかな笑顔を振りまきながらさっさと反対の出口に歩いていった。

「今度会ったらチカオがやってやる!!!」とか無茶苦茶なこと思いながらタオルをホームのくず入れに投げ入れてこの出会いは一旦終了しました。

c118prb00009ps.jpg

 この間のハッテン車両でお兄さんにやられてから、なんだかお兄さんの事が気になってしょうがなかったんです。
 普通ならこの時点でビビリまくっているってゆーか、トラウマになってて良いはずなのに、全然平気なんですね。
 で、次の日から3日連続で同じ時間の同じ車両に乗ったのに、、、いない!!!
 あきらめて、それからあの電車には乗ってなかったんだけど久しぶりにその電車乗ろうと駅に行ったら、待合室にお兄さんめ~っけ!!!なんです。
 めっちゃうれしかった!!!

b118prb00009ps.jpg

「今からバイクでどっか行かね?駅前に止めてあるんだ」とお兄さんが誘ってきました。
「やっと免許取れたんだよ。だからバイクも買って、メットも2つ、。今日は用事あったんだけど、後に回せるしさ。正直言うと、お前のことあの時からずっと気になってたんだよね。」
 お兄さん、照れてる!かわいすぎる!!!でも感動!
 それにチカオもこの日手伝いとかじゃなくここに来てたから私服だったしお兄さんも私服だった。
 だからそっこー出発する事になった。
 お兄さんがバイクにまたがって、エンジンをかけたお兄さんに促されて後ろにまたがった。
 お兄さんが振り向いて言った。
「お前バイク乗んの初めてか!」
「うん!」二人とも叫んでる。
 お兄さんがチカオの両手を掴んで自分の腹の所に巻きつけた。
「しっかり抱きついてれば大丈夫だから!そのうち慣れる」
「うん!」ってうなずいたらメット同士が「コツンッ」って当たっちゃった。
 お兄さんが笑ってた。

k483dkf00002ps.jpg

 バイクが走り出す。思わず後ろにひっくり返るのかと思った!
 ギュッってお兄さんに抱きついた。
 何だか頼もしい。メットが邪魔だった。
 知っている海岸線も走った。
 気持ちがいい!最高!
 時々信号で止まるたび、「大丈夫?」って心配してくれた。やさしいんだ。
 そしたら何個目かの信号で止まった時、お兄さんが言った。
「何かおれ!チンチン立っちゃってる!」
「マジで?」
 なんて言いながらチカオなんかお兄さんに抱きついた瞬間から立ちっぱなしなんですけど、、、。
「触ってみ!」って、通勤ラッシュの信号待ちでそんな事できるわけがないっ!
 でも我慢できず、周りの視線を確かめてゆっくり手をお兄さんの股間に持っていった。
 、、、ないじゃん、、、チンチン、ありゃ?な~~い!!!
 あんまり股間を探るのもなんだか気が引けてあきらめた。

j483dkf00002ps.jpg

「なんでよ!」
「だって無いんだもん!」
「もっと下だぞ!おれトランクスだから!」
 なるほどね!
「右?左?」言いながら(なんて会話だ!)って思った。;
 信号が青になったので「青だよ!」また走り出す。
 結局触らずじまい!
 てかチカオはバイクの振動だけでいっちゃいそ、、、。
 それマジだったりして、、、。
 わかんなかったけど、そんな感じだったんで、お兄さんのおなかを「トントン」って軽くたたいた。
 お兄さん、ちょっと振り向きかけてしばらく走ると道路が少し広くなった所に止まってくれた。
「どうした!」メットの前を開けて目を覗かせて言った。
「トイレ!」としか言い様がないよ、、、。
「そっか!わかった!」
 言ってまた走り出した。
 ゆっくり走って~って感じだった。
 10分ほど走ってやっと公園を見つけた。
 トイレの傍にバイクを止めてエンジンを切った。
 バイクから降りるとまだ体が振動しているようだった。
 二人ともメットを取った。

i483dkf00002ps.jpg

 チカオのチンチンはギンギンだった。お兄さんは、、、。
 とにかく自分の事で精一杯だった。
 トイレに入って行くとお兄さんもついて来た。
 トイレには誰もいない。
 ラッキ~!
「さっき触ってくんなかっただろ!」
振り返るとなんとお兄さんがグレーの半パンのチャックを開けて勃起中のチンチンを出して立っていた。
 仁王立ちってやつ!
 だから刺激すんなっつの!
「やばい!!」
 チカオが小便器(ほんとは個室に入るつもりだったのに、、、)の前にたって半パンのボタンを外してチャックをおろしながらトランクスも下ろすという慌てぶりを見て「どした?」って言ってお兄さんが近づいてきてチカオの股間を覗いた。
 見るなあ~~~~~~~!!!
 でもだめだった、、、。
 チカオがチンチンをやっとトランクスから出したとたん、快感が走った!

h483dkf00002ps.jpg

 横でお兄さんが見てんのに始まっちゃった。
 ドピュッ!ドピュッ!
 両手は服を押えるのがやっと。
 チンチンは真上を向いてる。
 一発目がチカオの前髪にジャストミート!!!
 2発目はかろうじて除けた。
「何だよ!すっげーな!」
 そりゃすごいでしょうよ、手も使わずにまるで手品?
 でもあまりの快感(これってオナニーよりいいかも!)に声も出せなかった。
 射精も終わって我に返った。
 お兄さんと目が合った。
 少し間があって、お兄さんの顔が近づいてきて、軽くチュッってキスしてくれた。
 なんだかすごく幸せな気分になった。
 何も言わないでくれてアリガトウ、、、だった。
 ふと自分の下半身を見た。
 な!なんちゅう格好!ケツは半ケツ!ちょっと割れ目が見えてる!
 チンチンは精液でベトベト!

g483dkf00002ps.jpg

「ちょっと待ってな」ってお兄さん、個室からトイレットペーパー取ってきてくれた。
「拭いてやろっか」
「うん」ていってチカオシャツを両手で押えてお兄さんが拭いてれてるの見てた。
 (人が来ないかと気が気じゃなかったけど、、、)
 精液がチンチンの先っちょからテロ~って垂れて、キンタマまでベトベトだし、チン毛とかもベトベトだったから結構時間かかった。
 トイレットペーパーを個室で流してきた。
(オーイ、お兄さん、チンチン出しっぱなし!しかも立ってるぅ!)
 半パンを上げてシャツも元に戻した。
 「前髪は?」お兄さんが言ったので思い出した。
 鏡の前に行って映すと、ストレートの前髪に精液がついていた。
 トイレットペーパーで拭いて水で流すと一応きれいになったみたい。
「おれもいきたくなっちゃった」
 横を見るとお兄さんが、勃起しているチンチンを握っていた。
「チカオ、どうすればいいの?」
「いいよ、自分でする。見てて」
「でも」
 チカオもお兄さんに何かしてあげたかった。

f483dkf00002ps.jpg

 でも、始めちゃった。
 さっきチカオがドピュッってやった同じところに立って、チカオとおんなじ半ケツ状態になった。
 チカオはやっぱ外が気になって一旦外に出て人気が無いのを確認してきた。
 戻ると、お兄さん、ケツの割れ目が半分見える状態で右手を動かしてる。
「こっち来てみ。もういくかも」
 チカオはお兄さんのそばまで行くと股間を覗き込んだ。
 赤黒い、でっかい亀頭が見えた。
 チン毛もふさふさしてた。やっぱ高校生は違うね!なんて思った。
 顔を見たら、目が合った。チンチンとギャップありすぎのかっこいい、かわいい顔。
 目を閉じて、ちょっと口を開いて、なんかいきそうだった。
 「いく?」って言ったら「うん」って、「見てて」って。
 チカオ、また股間を覗き込んだ。
 手の動きが速くなってた。亀頭の先っちょも光ってた。
 「いく!」
 出た!すんごい勢い!おしっこみたくジャーって感じ!便器に当たってビシャ!って音したし。
 いっぱい出た!

e483dkf00002ps.jpg

 終わったかな、と思ったら手でチンチンぎゅーってやってチンチンの中のをにゅーって搾り出してた。
 お兄さんと目があってチカオもチュッてキスしてあげた。
 チカオは個室からトイレットペーパーを取ってきた。
「拭いてあげる」って言ったら「あんがと」ってこっち向いた。
 チカオん時と違って、ちゃんと手で持ってたから、先っちょだけ拭いて終わった。
 つまんないからしばらく観察した。
 何もかもが大人だなと思った。
 長いし太いし亀さんでかいしチン毛もいっぱいあるし、、、。
 でも顔は、、、何だかなあ!
 チカオの観察も終わって、お兄さんはまだ勃起しているチンチンを半パンにしまった。
 その日はそれからマックで朝飯食って、ぶらぶらしてから吉牛で昼飯食って、またぶらぶらしてから帰った。
 全部おごってくれた。
 出すって言ったのに「いい」って。
 またツーリングの約束をして別れた。

d483dkf00002ps.jpg

 ついに約束のツーリングの日。
 この前の事もあってちょっと心配だったんで、家を出る前にオナニーやって抜いた。
 おかずはお兄さんと一緒に撮ったプリクラ。
 もう服着てたから、飛ばないように先っちょティッシュでガードしてフィニッシュ。
 いや~お兄さん最高!てか、めっちゃ出た!(昨日の夜もやったのに、、、)
 そうそう、お兄さんがフルネーム教えてくれた。
 学校も。17才の結構、偏差値高い高2。でも半分、不良。

 いつもの駅で待ち合わせ。
 二人バイクにまたがった時、久しぶりなので、ぎゅうう~って抱きついちゃった。
 ほんの数秒だけど。
 その日の目的地は、山ん中のキャンプ場。
 途中、コンビニで食料とか買った。
 何回か休憩しながらAM11時頃やっと到着。
 なんとお兄さん、部屋を予約してた。
 受付で鍵を受け取ってキャンプ場の中をしばらく走るとちっちゃな家がいくつかあって入り口の前にバイクを止めた。

c483dkf00002ps.jpg

 「うお~!!!」ってチカオが背伸びをしたら、お兄さんがポンポンってチカオの股間を軽くたたいて、「今日は大丈夫だったじゃん!つまんね~!」だって。
 そりゃあねって感じだった。
 でも、今日だって始めバイクに乗ってしばらくはチンチン元気になっててちょっとハラハラしたけど。
「なんだよぉ~~!」ってチカオもお兄さんの股間にタッチ!しっかりチンチンの感触がわかった。ちっちゃいときもでっかいんだ!

 荷物を持って中に入った。
 結構広い。
 お兄さんがドアを閉めて鍵もかけた。
「シャワーあるよ。汗流してくれば?」ってお兄さん。
 何か、二人っきりの空間って照れる。
 でもマジ汗はかいててきもかったから「じゃあ入る」って言って、脱衣所に入った。ドアを閉めて、鍵がついてたけどかけなかった。

 あと半パンとトランクスって時に、「チカオ」ってドアの向こうからお兄さんの声。
 来た!って思った。
 それに初めて名前で呼んでくれた。めっちゃいい!!
「な~に。お兄さん」
 チカオも初めて名前で呼んだ。はずい~~!
「一緒にシャワーしたい」
 チカオはドアをあけて「いいよ」っていった。
 お兄さんが入ってきた。
 なぜかドアを閉めた。
 少し離れたところでお兄さんが脱ぎだした。
 チカオも恥ずかしかったのでお兄さんにケツを向けて、半パンを脱いだ。
 さてトランクスって時に、後ろからお兄さんに抱きつかれた!
 チカオ、動けなかった。
「おれ、チカオのこと、かわいくてたまんない」ってお兄さんが耳元で言った。
 チカオの胸とか腹筋のあたりをお兄さんの両手が撫でてる。
 たまんなかった。
 徐々にチカオの股間に降りてきて、ギンギンに勃起したチンチンをトランクスの上から撫でた。
 チカオのケツにお兄さんが股間を擦りつけてる。
 まだ半パン穿いたままだったけど、そん中に、硬いものがあるのがわかった。
 チカオ、手を後ろに回して、お兄さんのチンチンをズボンの上から撫でた。
「んん」って感じてた。
 お兄さんの手がチカオのトランクスのゴムんとこから入ってきて、生チンを握った。
 棒をゆっくり上下にしごいた。そしてキンタマもコロコロってやった。
 チカオは頭ん中が真っ白になった。

b483dkf00002ps.jpg

 お兄さんがチカオの体を自分に向けた。
 しばらく見つめ合った。
 やっぱかっこいい!!
 お兄さんがキスしてきた。
 チカオはお兄さんに全てを任せようと思った。
 お兄さんの舌が入ってきた。チカオは舌を絡ませた。
 てか、初めてだったから絡まなかった?
 キスしながら、お兄さんの手がまたチカオのトランクスの中に入ってきた。
 チンチンを握ってしごいた。
 もうやばかった。「いくかも、、、」ってチカオ(早すぎ!)
 そしたらお兄さん、びっくり発言!!「チカオの、飲みたい」だって!
「だってチカオ、汗かいててきったねーじゃん」って分けわかんないこと口走る!
 お兄さん、チカオの乳首舐めて胸から腹筋、おへそ、そしてトランクス下げちゃった。
 お兄さんがチカオの元気君をパックンチョ!あ~れ~~~~!!!
 クチュックチュッってやっただけでもう限界だった。
「出る!」
 やっちゃった。
 ついにお兄さんの口ん中に出しちゃった。
 お兄さんがチカオのチンチン咥えてるの見ながら、ドピュッドピュッて。
「、、、お兄さん、、、」て言った。
 静かな脱衣所の中に「ゴクッ」っていう音が響いた。
 マジ飲んじゃった!
 口からチンチンを抜いた。
 チカオのチンチンてかってた。それに糸引いてるし、、、。
「飲んじゃったの?」
「うん」
「大丈夫?」
「なにが?」
「だって、、、」
「チカオの、美味かった」
 超はずい~~~!!!でも何だかうれしかった。

a483dkf00002ps.jpg

 お兄さんが立ち上がった。
 チカオは顔を見ながら、(この口でチカオのチンチン咥えて、チカオの精液ごっくんしちゃったんだ、、、)なんて思ったりした。
「チカオもお兄さんの、飲みたい」って思い切っていった。
 お兄さん、びっくりしてた。
「マジ!でもいいよ、無理しなくても。チカオといられるだけで満足なんだから、チカオ」
「無理なんかじゃない!」って言って抱きついた。
 なぜかお兄さん、チカオのチンチンを握って、「ほんと元気だよな」って言った。
「だって、お兄さんといるから。だからこうなっちゃってんの!」
「あんがと。うれしいよ、チカオ」
「だから、飲みたい」
 チカオはしゃがんで強引に半パンとトランクスを脱がした。
 目の前にお兄さんのでっかい元気君が現れた。マジでっけ~!それにキンタマも!
 チカオは、チンチンを握った。
 亀頭の先っちょを見ると透明の液が出てた。
 チカオは、ゆっくりしごいた。
 お兄さんの体がちょっとビクッってなった。
 どうやったらお兄さんが気持ちいいのかわかんなかったから、とりあえず先っちょの液を亀頭に延ばした。
 お兄さん「アッ」とか言ってた。
 恐る恐る、チンチンを咥えた。
 ちょっとしょっぱい。
 汗のせいかなって思った。
 あんまり奥に入れすぎてちょっと「おえっ」ってなっちゃった。
 ゆっくり動かして、裏ビデオ(男女もの)で見たような感じで亀頭のくびれとかを舌の先でチロチロってやったり先っちょの割れ目をレロレロってやった。
 しばらくやってるとお兄さんがチカオの頭を両手で持った。
 お兄さんの顔を見るとチカオがフェラしてるのを見ながら、気持ちよさそうな顔をしてた。
「ほんとに飲んでくれんの?」ってお兄さん。
 チカオ、チンチン咥えたまま「んん」ってうなずいた。
「いきそ」ってお兄さん。
 チカオはお兄さんのお尻に両手をあててスタンバイ。
「いく!」って言ったとたん、チンチンがブワッってちょっとおっきくなったと思ったら、口の中に精液がドクドクと出てきた。
 チンチンの先っちょに舌を当ててたから、出てくるのがよく分かった。
 なんか口から溢れそうで、1回ゴクッって飲んだ。
 でもすぐまた溢れそうになって、結局、射精が終わるまでずっとゴクゴクしてたと思う。
 チンチンを咥えたまま上を見るとお兄さんがこっち見てた。
 はずかし~~!でもお兄さんのいった後の顔も、キュート!

 チカオはゆっくりお兄さんのチンチンを口から出した。
 精液とチカオの唾液でデロデロだった。
 立ち上がった。「気持ちよかった。あんがと」ってキスしてきた。
 まだ、チカオの口の中にお兄さんの精液が残ってる感じがしてたけど、まいっか。
 その後は、二人でシャワー浴びて、PM4時頃まで、ずっと全裸(変態?)だった。











2tcd165pl.jpg 白濁液の沢山出るゆりあのペニクリは好きですか? 美咲ゆりあ


美しくエロいニューハーフ美咲ゆりあの沢山出る白濁液ザーメンはお好きですか?引き締まった身体に欲情をそそる美アナル、下着姿でもわかる圧倒的な色気に男たちはひれ伏しチンポを容赦なくシゴかれ痴女的なペニクリに犯される逆アナルファック!常に快楽を欲しがり極太の肉棒をアナルに挿入されたゆりあは艶やかに喘ぎまくる!段々と激しくなる腰振りにゆりあのペニクリは限界まで勃起して放たれる濃厚白濁ザーメン絶頂2射精!!


















2tcd162pl.jpg サラ金ニューハーフ社長…射精の瞬間 仕事の後のご褒美縛りアナル責めSEX 濃厚ファック本気快楽3射精!! 美咲ゆりあ


サラ金会社を経営する敏腕ニューハーフ社長の美咲ゆりあ。貸した金を回収する為ならどんな手でも使うゆりあが返済の遅れた学生のチンポを徹底的にしゃぶり、借金を踏み倒し夜逃げした男を捕まえ容赦ない逆アナルファック!タレコミをした情報屋への報酬にゆりあは自らのアナルを差し出し、頑張ったゆりあへのご褒美は会長との縄縛りプレイ!美しき身体をキツク縛り上げられ極上のアナルへの刺激に果てなく絶頂する本気3射精!!


















sal00205pl.jpg クリチンポのある純愛 ニューハーフビアンの世界4時間 熱く激しく絡み合う同性愛ディープキス濃密アナルセックス快感本射精全15人


美女ニューハーフ同士が敏感なクリチンポをねっとりしゃぶり合い、勃起したクリチンポを発情して擦り合わせる全15人の濃密なレズ快楽コレクション!見惚れるような極上の身体と股間に生えたおちんちんの狂おしく美しいギャップ、ニューハーフだからこそ表現できるアナル挿入クリチンポ交尾快楽!愛する相手でいつも以上に勃起したクリチンポは限界まで刺激され大量濃厚ザーメンが射精される極上ニューハーフレズ!!


















118prb011rpl.jpg 木口凛、AVデビューします。


新人美女装子ギャル・『木口 凛』が緊急独占AVデビュー!天性の美貌&メガペニクリ&超美尻のスーパーモデル、誕生!感じすぎるアナルを犯されまくり&メガペニクリを震わせながらイキまくるッ!!次世代を担う超新星メガ巨根オトコノ娘のドキドキ1stSEXを目撃せよ!美しい無毛アナルを舐めまわされビクビク震える凛。チ●ポを根元まで打ち込まれ、カウパー垂れ流して感じまくる…!さらに新人ドエロ女装子・綾香デビュー!生まれながらのド変態女装子・綾香の演技一切ナシの天然ハードSEX!欲望のままにチ●ポを貪り犯されイキ狂う!!

























ケツマン放浪記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/05/30(土) 09:07)

<<さよなら夏の日 後 | ホーム | 真夜中に露出狂のネコ達が踊る>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/485-eb4e91f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア