FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 東京から来た男 娼婦のように…(前)
shopshopsmf0.jpg

 今回は、高級クラブのママが語る「魅力のある出来る男とは」風出だしで、始めます。
 ってかchikaの場合、この手の話は苦手とゆーか好きじゃないんですけどね(笑)。
 サービス業のくせに、どこか上から目線がプンプン、おめーお水のくせして何様?ってね。
 でもその内容は知といて損はないかもも、、。
 まずは「得」をするお客さん。
  お仕事が出来るのは判るんだけど、それが素の状態でも表に出てしまうビジネスライクすぎる会員さんは、「得」をしませんね。
 それが原因で冷たくされるって事は絶対ないんだけど、同様にお店から特別扱いを受けることも絶対期待できません。
 勿論、こっちは依怙贔屓なんかする積もりは全然ないんだけど、お客さんと言えど日頃から人間関係ができていると、自然に店のほうもその人にはお返しをしようと濃やかに心を砕いたりするものですから。
 自分たちがよくされたら、恩返ししたいと思うのは人の常なんですよね。

h_1033pctg00001jp-00.jpg

 例えば、いつもお世話になっている方が、特別枠で大事なお客様(準会員扱い様)を連れていらっしゃるのなら、接待とかプレイが成功するよう、下調べもするし、その人の顔を潰さないように縁の下の力持ちとしてがんばるんです。
 アカリさんは、そんな縁で知り合った(準会員扱い様)のお一人なんですが、今でも時々、お店を離れてご一緒に飲んだりする方です。
 大人の遊び方も心得られていて凄く人間にも魅力のある方なんですが、残念ながら(準会員扱い様)のままです。なぜ会員様にならないかと言うと、内の店の魅力云々の問題じゃなしに、この手の遊びには達観してるって感じなんですよね。
 でしばらくは、このアカリさんからお聞きした昔語りをご紹介したいと思います。

h_1033pctg00001jp-4.jpg

 私は、「アカリ」という名前で、約2年だったか、宿新2丁目のある「ウリ専」の店に勤めたことがあるんだよ。
 結構多くの指名を受けて、特に固定客が何人も出来た。
 でも元々、自分には、ホモ気は無かったんだよ。
 20歳の時、「ホスト募集」の新聞広告が眼に入って、自分で言うのもなんだけど容姿に自信があって女性にモテたから軽い気持ちでそのアルバイトに行ってみたんだ。
 でもそこは、女性相手のホストクラブじゃなく「ウリ専」だったんだ。
 即座に帰ろうとしたんだけど店の人に「座っているだけで、いいから、今日、居てくれ」と頼みこまれ、ごく僅かの金欲しさに、言われたようにただ座っているだけなら、ってことでOKした。
 客が来て、自分が指名される毎に、身を硬くしてたよ。

h_1033pctg00001jp-2.jpg

 店の人は何らかの説明を客にし、客は残念そうに他の子を指名してた。
 それが、夜明けまでの、繰り返しさ。
(早く帰りたい…)
  でも、自分と同年代の子たちは、指名されると、嬉しそうに、客と共に店を出て行く …。
 この夜は、自分自身には何も無かったけど、それが初めて身近に見た男と男の世界の一片だったんだよ。
………

h_1033pctg00001jp-6.jpg

 それから何日かが過ぎ、本屋でホモ雑誌を見つけ、この前の「ウリ専」のことを思い出して手に取ってみた。
 衝撃を受けたよ。
 男が男の勃起したモノを口に咥え、恍惚としている…。
 アパートの自室に戻って、思わず買ってしまったそのホモ雑誌を見ながらオナニーした。
 (勃起した他の男のモノをしゃぶってみたい…)
 そう想いながら、自分の勃起させたモノを扱いて白いドロドロの精液を、自分の腹の上に出した。
 ………

h_1033pctg00001jp-20.jpg

 ある日、野上の映画館に行った。
 それがホモの人たちが集まる映画館だなんて私は全然知らなかった。
 私はスクリーンに映る外人女性の裸体を見ながらズボンの中で勃起させているだけだったんだ。
 ある時、隣に座る人と、微かに足が触れ合ったけど気にしなかった。
 最初はちょっと足が触れただけ、でも次第にピッタリ足を付けられるようになった。
 それでも、自分は気にしていなかったんだよ。
 けど隣の人は、続いて足で足を愛撫するように動かして来たんだ。
 そして、太ももを、ごく僅かだけど触られている感じがした
(気のせい? … まさか痴漢!?)
 その人はテクニシャンだった。
 触れるか触れないか微妙なタッチで、太ももを撫で、指で刺激し、それは勃起した私のモノに、徐々に徐々に、向かってくるんだ…。
「あっ、…、あぁ~、…」
 思わず自分は、その快感に小さく声をあげてしまった。

 h_1033pctg00001jp-7.jpg

「外へ出ませんか?」
 隣の男性は、私の耳に囁いた。
 若かった自分は、もう何でもいいから、勃起した男根を爆発させ、射精しないと、気が済まない状態になっていた。
 私は意を決し、黙って頷いた。
 映画館を出て、氏について行く、…。
 氏は、白髪だったが痩身で長身の紳士だった。
 ……

h_1033pctg00001jp-8.jpg

 私が連れて行かれたのは、ラブホテルだった。
 受付のおばさんは、男同士での入店に、慣れているようだった。
 部屋で、私は、女のように扱われた。
 後ろから抱きしめられ、耳、うなじと唇を這わせられながら、少しずつ服を脱がされ、全裸にされた。
 その間、私は、快楽の声をあげ続けた。
 私の男根は固く勃起し、先端から透明な液を漏らし、下着を濡らしていた。
 氏も服を脱いで全裸となり、固く抱きしめ合った。
 激しくキスをしながら、重く勃起した男根と男根をぶつけ合った。
 シャワーを浴びた後、ベッドの上で、私は氏に、翻弄された。

 h_1033pctg00001jp-9.jpg

 女のように、乳首を吸われ、髪を撫でられ、わき腹、へそ、背中、…、と、全身を愛撫された。
「あぁ、あぁン、あぁーっ!」
 私は喘ぎ声をあげ続けた。
 (男の手で愛撫されるのって、こんなにも気持のイィもの、なのか!って思ったよ)
 快楽に溺れ続け、そして初めて男からフェラチオされた。
 女性とは比べものにならない上手さ、快感。
「僕も、したい…」と氏に言い、フェラをさせてもらった。
 熱く硬く大きくなった氏のモノを、夢中で咥え、しゃぶった。
 氏も快感に声をあげた。

h_1033pctg00001jp-10.jpg

 「本当に、初めてなの? 上手いよ」と言われ、嬉しくなった。
 氏は攻めるのが好きだった。
 (もっと、しゃぶりたい…)との私の想いを他所に、ひたすら私を抱いた。
 私も、女のようなその快楽に、身を委ねた。
  気が遠くなるような快感、甘い嗚咽をあげ続け、やがて、氏の口の中に、ドクッドクッと放出した。
(今までの中で、最高の射精。…。)
 勃起は止まらない。
 氏は、私を抱き続ける。
 女のように扱われ、愛撫され、その快感に溺れた。
 ハレンチな体位で攻められ、理性が飛んでいった。
(男同士の性愛って、こんなにも気持ちよく、こんなにも淫ら、なのか…)

h_1033pctg00001jp-12.jpg

 2度目の放出も、氏の口の中、ビンビンビンと男根が幾度も痙攣しながら、射精を繰り返した。
 初めての男同士のセックスというアブノーマルな行為に、私は興奮し、まだ、勃起がおさまらない…。
 氏は、私を抱き続ける。
 ラブホテルのフロントから電話が鳴るが、氏は延長を告げた。
 長時間、私は、女のように、男に抱かれ続けた。
 (男の味を知ったら、もう女を抱けなくなる…)と誰かが言った言葉を、氏に抱かれ快楽に溺れる頭の中で、思い出していたよ。
 3度目は、氏に扱かれ、派手に放出した。「あぁーっ」と声をあげながら、氏の手の中で固く勃起させた男根から、かなりの高さまで飛び、ピ チャッ、ピチャッ、と汗だくの私の腹の上に落下し、それはやがて、ドロリとわき腹をつたって、シーツを濡らした。
 ……

h_1033pctg00001jp-15.jpg

「もう終電車だ」と言って、氏は慌てて帰ろうとした。
(また会いたい。また会って、抱いて欲しい。)と、想いながら、一緒にシャワーを浴び、服を着た。
 部屋を出る直前に、氏は私にお金をくれた。
 娼婦になったような気持になり、何故か、嬉しかった。
 氏は、時間が迫っているようで、相当慌てていた。
 再会する約束もせず、別れた。

 ………

h_1033pctg00001jp-16.jpg 
 
 その後の私のオナニーは、男に抱かれることを想像して、するようになった。


 以前に買ったホモ雑誌。広告の数々、「ホスト募集」。
 私は、「ウリ専」に勤めることを、心に決めた。

 …

 以前とは違う店、電話で面接を約束した店の、重い木の扉を開けたんだ。
 それが数多くの男たちとの、目くるめく快楽の日々の、幕開けだったんだよ。


 ………

h_1033pctg00001jp-17.jpg

 自分の処女は、その店に出勤した初日、2人目のお客さんに、捧げた。
 正常位で挿入され、しかし痛みなど無く、最初のうちに感じた重苦しさも次第に無くなり、やがて今までに無い快感が私を襲い始めたんだ。
 挿入後は萎えていた男根が、再び固く勃起したのには驚いたよ。
 そして、初めてのアナルセックスで、お客より早く絶頂に達し、多量の熱い精液を、自分の腹、胸、顔に、ぶちまけた。
 挿入を解かれても、快感による震えは止まらず、まだ勃起させながらガクガクと身を震わせる私を、その人は優しく抱きしめ髪を撫でてくれた。
 
 多くの指名を受け、特に固定客が何人も出来た
 幾度も指名してくれるお客さんを、私は大事にした。
「いらっしゃい。お久しぶり。今日は寒いね。」などと、微笑んで話しながら、シャワールームで、彼の背中を流す。
「また会いに来てくれて、嬉しい…」ということを、言葉だけでなく、自分の身体(=勃起させた私の男根)で、表現した。
 それを見てその人も悦び、ソープの泡にまみれながら、私の勃起した男根を扱く。
 私は甘く喘ぎ声を出しながら、彼に抱きつき、彼の耳たぶを噛み、舌を入れる。
 ………

h_1033pctg00001jp-18.jpg

 常連のお客さん達は、私にも愛おしく、出来る限りの渾身のサービスをした。
 お客さんごとに、歓ぶ痴態、歓ぶ行為は、様々で、私自身、快楽に溺れながらも、いつもそのことを、頭の中で考え、実行していた。
 私のアナルを好むお客は多くて、トコロテンで私が射精するのを見ながら、彼も私のアナルで果てる。
 実はこれが私には一番難しかった。
 彼の突き方が、上手く私のアナルの中のツボを突かないと、なかなか私もイケないんだ、…。
 サラリーマンで、地方から東京に出張する度に、私に会いに来る、という方も居た。
 近くのラブホテルに、私を連れ出した。
 泊っているビジネスホテルは、連れ込み不可能だ、と、言っておられたな。
 高給取りのサラリーマンには見えなかった。
 ラブホテルの費用を出してでも、私とのセックスを楽しみにして、遠くから来てくれる、…。
 とても嬉しく思った。

 ………

h_1033pctg00001jp-19.jpg

 彼は、アナルセックスを好まなかった。
 ベッドの上で一通り絡み合った後、最後に、彼は、「オナニーして、(精液を)出すのを、見せて…」と、いつも、私に言った。
 私は、仰向けに寝て、自分の乳首や睾丸を愛撫しながら、少々オーバーアクションで悶えて見せた。
 彼は自分の勃起させたものを扱きながら、オナニーに耽る私を、じっと見ている。
 そうやって私は、長い時間オナニーで悶え、喘ぎ声を出しながら乱れ、透明な雫を垂らして、見せる。
「もう、イキそう…」と、私が切ない声で言うと、彼は手を伸ばし、私の勃起した男根を、扱き始める。
 私は、より大きな声で喘ぎ、激しく悶えて魅せ、そして、彼に扱かれながら、射精する。
 精液が、私の腹に飛び散り、私がぐったりするまで、彼はじーっと見ている。
 最後は、私は、口か、手で、彼をイカせてあげる。
 そんなことが、彼は好き、だった。

続く
 
  sal00216pl.jpg

ニューハーフ×ニューハーフ 竿有りレズビアン爆射精SEX 8時間 21人


本物のニューハーフ好きはこれを待っていた!ニューハーフ美女を犯るのはやはりニューハーフ!可愛い顔して下半身にイチモツを持った美女たちが卑猥な濃厚セックスを見せつける!絡み合う舌と舌、こすり合うペニクリチ○ポ、ケツマ○コ挿入快楽…彼女たちだけが味わえる竿有りレズセックスの極上オーガズム!総勢21名のNH美女が喘ぎ絶頂しペニクリ汁を大量射精する。これを見てしまったらもうNHレズでしかヌケません!
















h_254yoz00270pl.jpg 2時間待ち必至の人気店!!ニューハーフデリへル盗撮


至高の体験を求めて…ここへたどり着いた!!魅惑のペニクリがぶらんぶらん!!玉アリ竿アリのニューハーフだから倒錯的気分が最高潮!一度知れば、もう女を抱く気なんか起こりませんよ……。あれっオレ何で男で勃起してるんだろう…って思ったらニューハーフデリヘルへTEL!!ニューハーフ大好きさんも、初めての貴方も、楽しんでください。



















13hvg00021pl.jpg 貴男も抱きたくなる今世紀最高のニューハーフがフル勃起でAVデビュー 神咲美優

今世紀最高の超天然美少女ニューハーフついにデビュー。ペニクリがついているのが不思議で仕方ない、超敏感体質の美優ちゃん。何度も何度も体を痙攣させてアナルイキしまくりの総昇天回数34回。素直に快楽におぼれる美優ちゃんをそのまま撮影。女性よりも女性らしいアリアリ天然物のニューハーフさんAVデビューです。





































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/10/17(土) 08:59)

<<実験 | ホーム | 『アヌスラーン戦記』 1 「王都炎上」>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/496-e2d54d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア