FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 援交で美少女を肉人形に、そして物凄い結末
fc2お引っ越し完了記念作品
4dwtLIRy1ri0.jpg

平成影男外伝 1 「援交で美少女を肉人形に、そして物凄い結末」

私は巻笛涼太、特技はスキンスーツを着用し、性別関係なく他人に成り済ます事である。
何の為にって?まあ大半は金を稼ぐためだ。
他人に化けて犯罪を犯す目的は主に刑罰を逃れる為だが、それ以外にも、「こういう人間がこういう事をすれば面白いだろう」という個人的な愉しみもある。
この愉しみ方は、多岐に渡るが今日はその中でも性的で特殊な分野をお教えしよう。
今回、私が化けたのは48歳の独身男性である。
未だに会社では平社員、体系は162cm90kg、分厚い眼鏡に薄い髪、彼女がいない状態が48年続いている、、つまりそういう男だ。
私がわざわざこういう男に化けるのは、こんな男だからこそ味わえる特別の快楽があるからだ。
これは、信じようが信じまいが貴方の自由だが、私は男がすれ違っただけで勃起してしまうような飛びっきりの美女にも化けられる。
そんな時は、そんな女しか味わえない快楽を追求するのだ。
ちなみに女に化けている時は臭くて太くて反り返っていてカリの開いたチンポが好きだ。
ではブ男にどんな快楽が与えらるのかって?それはこれからのお楽しみだ。

h_1033lon00003jp-11.jpg

これからご紹介するのは、私がこの醜い姿で、出会い系で出会ったある少女をむさぼり食った時の話だ。
某日曜日、この姿で夕方からカード式の出会い系を初めたものの、相手との話が合わず残り10分をきった位でようやくヒトミという、声がカワイイ子につながった。
どうやらケータイ代を払えずやむなく援交するようだ、年は20、両親は温泉旅行で今夜は帰ってこないらしい。
値段が1.5とお手ごろなこともあり話をまとめて、どうせ又冷やかしだろと思いながらあまり期待せずに待ち合わせの駅に地下鉄で向かった。
1.5?金は盗んだものが腐るほどあるが、金銭感覚は腐ってはいない積もりだ。それが悪党の条件だと思っている。
相手の目印はピンクの腕時計のみ、こちらはジーンズに黒のTシャツ。
小太りだから却って自分の見た目を悪くしている。これで汗臭ければ万全だが残念ながらスキンスーツに発汗のきのうはない。勿論、全部意識してワザとやっている事だ。
現地に着きタバコを吸っていると、前方から「どう見てもこの子は多分違うだろ」と思われる超カワイイ子がゆっくりこちらに向かって来た。
ハイハイどうせとうり過ぎるんでしょとボーと見ていると、ゆっくり立ち止まりこちらをみているではないか。
ヒトミさん?と聞くとコクリとうなずいた。
私は喜びを隠しこころのなかでガッツポーズをした。
これで私が今回試みようとしていたゲームにピッタリの、醜い中年男と可愛らしい若い娘という絶好の組み合わせが成立する。
それに彼女は私のライバルだった江夏由嘉里にそっくりだった。、
しかも江夏由嘉里を小柄にして若くしたような感じなのだ。
私は彼女をタクシーに乗せると速攻、ホテルに向かった。

h_1033lon00003jp-12.jpg

ホテルについた時、彼女はというとほとんど喋る事もなくベットに座り下向きで全く元気のない様子だった。
まず「チョット匂い嗅がせて」みたいな事をいいながら彼女をベットに倒し首筋の匂いを嗅いだ後、次に髪の毛をスーハー嗅いでいると彼女は私を軽蔑の眼差しで見てくる。
私はおかまいなしに自分の鼻を彼女の頭皮に擦り付けるようにして髪の匂いをかぎまくってやった。
だが「アーーアーー」と私が気持ち悪い声を出しても彼女は無言のままだ。
その無言の反応でこれはいける?と思い、「チョットいいかな」とか言いながらホテルの浴衣の細帯で彼女を目隠して、「こういうの興奮するんだ」と言うと又、彼女は無言になった。、
この時点でもう私は自分の計画が完全に成功する確信を得て鼻から精液が出そうになった。
私は彼女の口にむしゃぶりついた。
口の回りをべろべろ舐めまわし、上下の唇をめくり上げ歯と歯茎を舐めまくり、ベロを出させて狂ったようにそれを吸いまくった。
あーあーー、江夏由嘉里似の素人美少女がこんなキモオヤジに口の中を舐めまくられているーーーそう思うと射精しそうになった。
そしてその行動は30分位?止まらずに遂に彼女がオエーー!とからえずきをし起き上がろうとした。
私は彼女のその行動によりさらに興奮してもう一度彼女を寝かせ今度は鼻を中心に顔中を舐め回した。
鼻の穴に舌をねじこませピストンしたり鼻フェラしたりで、彼女の顔は唾だらけになり激しく臭った。
その後彼女には、逆に私の汚い歯と歯茎を舐めさせ臭いベロを吸わせた。
勿論、それはこの姿に化ける為にわざと意識してそうしたモノだからその汚さは筋金入りのものだった。
それが死ぬほど気持ち良かったのでこれも30分位やめさせなかった。

h_1033lon00003jp-14.jpg

そして今度は彼女に「私の顔、臭い歯とベロ舐めてー」と無理やり言わせながら激しく彼女の口の中、歯、歯茎、ベロを狂ったように長時間舐め吸いまくった。
途中彼女は泣いていたようだし半分放心状態だったと思う。
しかしさらに彼女に「タダノさんの顔、ベロおいしい、」と言わせながら私の顔中を舐めながら鼻を吸いベロを口に入れてピストンするという行為を機械のように延々とさせた。
次に唾飲んで、と指示し「タダノさんの唾飲ませてー」と言わせながら開けた口に私の唾を垂らし飲ませた。
すると彼女が「オゲーーー!もうイヤ!気持ち悪いググー」とか言いだした。
しかしこの嫌がり方が又最高に私を興奮させてくれ、私は彼女の拒否などおかまいなしに押し倒して唾を彼女の顔にかけまくった。
そしてそれを指で彼女の鼻の穴に入れたり顔中にのばしてやると、彼女が悲鳴混じりで「ウググーーク、クサ、クサイ」と言い出した。
私は又それに興奮して今度は私の臭い口臭をハーハーと嗅がせた。
これをやるために意識的に餃子を食べたので相当臭かった筈だ。
そして仕上げ段階に入り、私は彼女の顔にまたがる体勢で自分の玉を彼女の顔に円を描くように擦り込み始めた。
ちなみにこの遊びの為に5日風呂入っていない。
流石に汗をかかないスキンスーツでも異様な臭いがする。
するといきなり彼女は又「イヤ、クックサー、、イ」と言ったので興奮したので、わざと「失礼な!」とか怒って見せ、彼女の鼻中心に私の激臭い金玉を念入りに擦りつけた。
そして今度はオシリの穴から亀頭の先まで上下に腰を振りながら「ベロ出して」と指示しそれらを舐めさせた。、
彼女の「吐きそうもう無理、」の一言にますます興奮してしまい「1.5も払ってるんだからもう少し我慢して、」とねじ伏せさらに彼女のベロにお尻の穴をグリグリ押し付け、「ベロ、穴にこじ入れて!」と命令する。
今更だがもう彼女は何でも言う事を聞く状態になりつつあったr、
そしてこのあと物凄い結末を向かえる事になった。
この結末だけは流石に私が意図したものではないのだが。

h_1033lon00003jp-16.jpg

お尻の穴を舐めさせながらここでようやく彼女の目隠しを取ってやった。
その顔にはやはり泣いた後がありほとんど白目向いて半分放心気味だった。
私はその彼女の顔を見た瞬間興奮が最高潮に達した。
そして私は我慢できなくなり彼女のべろに射精しようと思い彼女のベロにチンポを強く擦りつけた。
一瞬頭が真っ白になり「あーーあーー江夏のべろにこの私の激汚い精液が!!」と放心状態になった瞬間、ブバ!ブリブリ!ブバーー!。。。
なんと精液と一緒にクソが飛び出したのだ、これには私も驚いた。
勿論彼女は「グギャーーー!!!!」と顔を背けようとする。
しかし私は反射的に彼女の顔を正面に押さえつけていた。
彼女の口がクソまみれになるのを見た瞬間、ドボドボドボ!!!と精液がクソにかぶさるように流れおち、私は「アアーーーイイイーーー!!!」と絶叫していた。、
彼女は完全に白目状態、私はデブで力はソコソコあるので彼女は顔を動かせないでいる。
その後私は謝るどころかそのデブオヤジの精液とクソが混ざったこの世の物とは思えない物を彼女の口から取り出すのとは反対に、「コレ食べて、呑んで」などと言いながら指で押し込んでいった。、
「ビギェー!ギョグバ!」
彼女は声にならない声で抵抗してきた。
そして泣いていた。
私はその彼女の凄まじい嫌がり方を見てチンポに全く触れもせず更に先程大量に発射したというのに再びドクドクドクと出た精液を死にそうな顔をした彼女の顔に次々とぶちまけた。
私は、射精しながら、「ほらまだ出るから食べてー!」と絶叫し、両手で彼女の顔を抑えつつ先程のクソと今放出されている精液を顔中に塗りまくってやると、なんと彼女が完全に放心?と言うか失神状態になってしまった。
普通の変態なら流石にここまで来ると怖くなるのだろうが私はもとから狂っている。
そして私の汚物塗れになった由嘉里の顔から物を飲むのはもう無理なので、その代わりに汚物を歯や歯茎やベロ、顔中に塗りまくり、その顔にもういちどチンポを向け「アアー江夏が私のクソと精液を欲しがって自分の顔やベロに塗って喜んでいるーーー!!!」と叫び「大量の精液ガ、もっと欲しいの?私のクソと精液か欲しいのーーー!!!」とまるで女みたいに呻きその自分の狂乱した声に更に狂った。

h_1033lon00003jp-17.jpg

私は腰が砕ける壮絶な快楽と共に彼女の顔をグリグリ押し付け、死ぬほどの快楽がナント10分位つずいて私はまるで自分が相手の女になったみたいに「由嘉里!いいよー!由嘉里これ欲しいのー!」と叫び続けた。
由嘉里・いやヒトミはとうとう「もうヤメテーー!!!」と叫びながら失神したようだ。
そして私も放心状態になりベットに倒れこんだ。
そしてヤバイ!??と我に帰り、彼女を起こし無理やりシャワーまで引っ張りとりあえず全部洗い流し、ベットにもどると、彼女は「顔も見たくないからタクシーで帰ります、、、」と言った。
私は「でもさー本番は結局してないから1.5ってどうなのかなー?」と言うと、そうすると彼女は半ベソした目で私を見るなり、「もうイイです!!」といって勝手に部屋をでていってしまった。
むしろ3.0払ってもイイぐらいの最高プレイでタダ、、、で、彼女は私の連絡先、名前、住所、何も全く知らず、私は私でないとすれば全く安全な訳で、とにかく最高の一日になった。
その後暫くは、あの彼女のクソと精液まみれの顔を思いだしただけで我慢できなくなり綺麗な女に化けて街を歩いている時でも、もよおすとパチンコ屋やデパートの女子トイレで、「ああーー!!!由嘉里!又私の臭いクソと汚い精液を口に押し込んでほしいんだろーー!!!」と自分でぬいだパンティを口に押しこんでスキンスーツから引き出したベニスをしごき上げ最高のオナニーを味わう日々が暫く続いたのだ。

saienjigompzzsdmini.jpg巻笛涼太はストーカーを狩る者、ストーカー・ハンターだ。
彼の特技はスキンスーツを着用し性別関係なく他人に成り済ます事である。
今回のターゲットは、自分が惚れた男を解体して、その部分品を再構築し身長40センチあまりのミニチュアを作るのが生き甲斐という恐怖のストーカー女・江夏由嘉里。
しかし残念ながら巻笛涼太は正義のヒーローではない。 それどころかとてつもない悪党でしかも透明な怪物である。
透明になった人間とは、怪物性を帯び不可視の存在であるのに、悲しいほど「そこに存在してしまう」人間の象徴でもある。
巻笛と江夏、二人の怪物同士の闘いは「狼男vs吸血鬼」の世界を想像してもらえばいい。
県警対暴力団組織の抗争と、彼ら影の存在同士の暗闘が交差した時、この世界に一体何が起こるのか。













cmn00161pl.jpg ニューハーフ特濃暴淫BEST×10

極上TOPニューハーフ10人を犯しまくり、穢しまくり、イタブりまくりッ!菊門強制交尾。スペルマ強制搾り出し。炸裂するウィッピング&スパンク☆出し惜しみないハイライト映像の連続。捨てキャプチャーなし保証!ニューハーフへの凌辱は、M女相手よりも残忍だ。地獄調教に恥汁が迸り、荒々しいアナル性交によりスタジオ内は淫猥な臭気が充満する。その臨場感をそのままシュリンクされている作品だと思ってくれ。














































エロ小説 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/02/06(土) 09:08)

<<顔舐めで逝く女装子と、精液フェチで逝く女装子 | ホーム | 浪速のゴムエリカ様>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/510-2aaa3a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア