FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 育ちの良い人々
jbbnnpg.jpg


 chika姉様と飲んでいたら何故か話題が「育ちの良さ」みたいな流れになって「確かに育ちのいいお嬢様っているよね。chikaは、そうゆー娘には余り縁が無いんだけど、一度だけ、お嬢様らしき人に遭遇したことがあるのよ。」みたいな話が聞けました。
 それはchika姉様が高校をサボって萩方面に遊びに行った時に出会った娘さんなんだそうです。
 MAYUとしては、そんな話より、皆が勉強してる時に一人で旅行、しかもヒッチハイクとかじゃなくて高校生の分際で特急料金払って中級レベルのホテルに連泊してるその遊びぶりのほうに驚くんですが、そちらは又、別の機会に。

h_995bokd00033jp-1.jpg

 その日chika姉様が泊まったホテルの朝食はバイキング形式だったそうで、取り皿の基本を和風にして丸いテーブルに座って食べ始めたら、同席の上品そうなお姉さんが、さも自然にchika高校生のお茶をついでくれたり、後で飲もうと思っていたお味噌汁をわざわざ給仕してくれたりで凄く恐縮した覚えがあるそうです。
 どう見ても従業員ではなく、完全な宿泊客で、少しでも面識があるのかと言えばこの時たまたま同席しただけの人物で、何よりも驚いたのは、その自然さと所作の綺麗さだったそうです。

h_995bokd00033jp-9.jpg

 つまりその娘さんは、こういう場面では自分はそうしなければならないということを、自然に身につけていたということなんですね。
 chika姉様が魅力的だったから、そんな形での逆ナンパじゃなかったんですか?って聞いたら「どこから見てもオカマぽい雰囲気がただもれの若い男の子に擦り寄って来るような女の人じゃなかったよ。凄く立ち振る舞いが洗練されててさ、完璧お嬢様なんだもの。chika、あの時はホントに焦っちゃって、恐縮しまくりで、ご飯食べた気がしなかったもん。」との事でした。
 まあ、そういうお嬢様がどうして一人で朝食をホテルでとっていたのか?
 なぜchika姉様と同テーブルだったのかとか色々と疑問もあるんですが、そんな話をchika姉様がでっち上げても、勿論、意味もなく、ただ世の中にはそういう人もいるってことなんでしょうね。
 実はこんな事を書いているマユもそういう人物に出会った事があるんですよ。
そして、その人物をちょっと摘み食いしちゃったんです。

h_995bokd00033jp-11.jpg

 MAYUの仕事先の新しいアルバイトスタッフが決まりました。
 そのスタッフは、20歳の大学生、向井君。
 向井ってもちろん実名ではなく、彼の容姿が俳優さんの向井理君に似ていたのでそう呼んでいるだけです。
 向井君は面接の時から礼儀正しく、履歴書も丁寧に書かれていたので好印象でした。
 外見もスリム体型で、服装もシンプルながら身綺麗な感じで、整った顔立ちの男性でした。
 実際に勤務がスタートしてから向井君と接していると履歴書では分からない彼の日常が分かってきました。
 常に礼儀正しく、一生懸命に勤務をこなす姿は面接での印象通りでしたが、ちょっとした立ち振る舞いや何気に持っているカバンや履いている靴を見ていると育ちの良さを感じました。
 勤務の休憩中に向井君と話すことも多く、色々と聞いているとやはり恵まれた家庭で育ったようでした。
 大学を卒業後は留学を考えているらしく、帰国後ゆくゆくは父親の会社を継ぐようです。
 金銭面のことは一切言わず、このバイトについても「社会勉強」的な動機を語っていたことを思い出しました。
 今まで読んで貰ったら判ると思いますが、MAYUはそんなおぼこい彼の何でも相談できる頼れる兄貴になっていたのです。

h_995bokd00033jp-20.jpg

 MAYUは夕方6時に退社し、MAYUの家の近くの駅前で向井君と待ち合わせました。
 MAYUが駅に着くと既に向井君は来ていました。
 とりあえずお腹が減っていたので駅前で食事をとりました。
 向井君はやはりソワソワしていて、食事どころではない様子でした。
 MAYUの部屋に着きました。
 いざ、その時が来たと言っても、いきなりっていうのはMAYU的には「やる気スイッチ」が入りません。
 だってこれからやるのはコンドームの装着方法の伝授なんですよ。
 でも向井君はもう「スイッチ」が入っている様子で、MAYUが何も言わないのにシャツと靴下は着たままジーンズだけを脱いだんです。
 なんとも色気の無い、少しマヌケな姿でした。
 MAYUは向井君が勃起しなかった時の為に…と、その日の出勤前にノートパソコンをリビングのテーブルに置いておきました。
 最悪ノートパソコンでエロ動画を見せてあげれば…と思っていたんです。
 が、その必要はなかったようです。
 ジーンズだけを脱いだ向井君はリビングの椅子にちょこんと座っていました。
 MAYUはベッドルームから《エッチセット》のポシェットを持って来ました。
 このポシェットは普段MAYUが使用しているもので、スキンとローションが入っています。
 MAYUは向井君の向かい側に椅子を持ってきて、向井君と向かい合わせに座りました。
 テーブルの上でスキンとローションを取り出ました。
 向井君は少しニヤニヤしてスキンの袋を手に取ったんです。
 向井君「コンドーム、沢山ありますね。それと…これは何ですか?」

h_995bokd00033jp-3.jpg

「ローションだよ。セックスの時、女のアソコとかチンポに塗ると滑りがいいんだよ。」
 勿論、この時点ではMAYUは自分の性癖は隠したままです。
 向井君「これが…ローション…。すごいですね。」
 MAYUが向井君の下半身を見ると、向井君のトランクスがはち切れんばかりにテントを張っていました。
 向井君はスキンの袋を破り、スキンを取り出ました。
「向井君、パンツも脱がないと…」
「はい、そうですね。教えて下さい…よろしくお願いします。」
 その変な挨拶にMAYUは笑いそうになりました。
 向井君が少し中腰ぎみに立ち上がってトランクスを脱ぎましだ。
 中腰ぎみに立ち上がった向井君の勃起したチンポがMAYUの顔付近まで接近したのでMAYUは焦りました。
 向井君は何とも思っていない様子で、下半身露出状態で椅子に座ります。
 MAYUの目の前には向井君のそそり立ったチンポがありました。

h_995bokd00033jp-4.jpg

 童貞の割に黒いチンポ…普段のバイト中の清潔感のあるイケメンの向井君のイメージとはかけ離れた男らしいチンポでした。
 ズルムケの黒いチンポ、それも明らかにその辺の男よりもデカいチンポ。
 MAYUは向井君にスキンを渡し、口頭で説明しながら、向井君はスキンを自分のデカいチンポに装着していきます。
 向井君の亀頭を包み込んだ辺りまではすんなりとスキンがハマったのですが、ゴムの輪っか部分をクルクルと回して竿の根元まで装着することは上手く出来ない様子で、まごついていました。
 悪戦苦闘しながら向井君はようやくスキンを正しく装着出来ました。
 よく見ると、伸ばしきったスキンなんですが、それでも向井君のチンポの根元までは届いていなかったんです。
 それほど長いチンポでした。
 満足げに、向井君「すごいですね…この状態で挿れるんですね。でも少しキツくて…チンチンが締めつけられてます…。」

 MAYU「向井君のはデカいからな…。」
 向井君「この状態にこのローションを塗るんですか?」
 MAYU「そう。」
 向井君「塗ってみてもいいですか?」
 MAYU「いいけれど…。でも、今、セックスするわけじゃないから…。それよりスキンを外して、直接チンポにローションを塗ってシコシコすると気持ちいいよ!!シコる時に使う人もいるくらいだからね!」
 向井君「そういう使い方もあるのですね。やってみてもいいですか?」

h_995bokd00033jp-5.jpg

MAYU「いいよ。てか、僕がやってやるよ。他人にやってもらった方が気持ちいいからな。」
向井君「本当ですか?じゃ…お願いしていいですか?」
MAYU「いいよ。目をつぶって、女にやってもらっているって想像してみろよ。凄く気持ちいいから」
向井君「ちょっとだけ待って下さい」
 向井君は目をつぶって、しばらく黙っていました。
MAYU「どうした?」
向井君「タイプの女の人を想像しています…。もう少し待って下さい。」
MAYUは笑いそうになりましたが、黙って待っていました。
向井君「○○さん、すいません…お願いします。」

 MAYUはローションを手に塗り、待ちに待った向井君のデカいチンポの亀頭をゆっくり握りました。
 向井君が《挿入》を感じられるように、亀頭の先から手を輪にして向井君の亀頭を包み込んであげました。
「あぁ…」
 大きく声を漏らす向井君。

h_995bokd00033jp-6.jpg

 亀頭をクチュクチュと音を立て刺激してあげると向井君は体を震わせながら悶えました。
「あぁ…気持ちいい…チンチン…バカになりそ…あぁ…あぁ…」
 座っている向井君は僅かに自分の腰を動かしていました。
 童貞の向井君でしたが、それが本能なのか、向井君の腰の動きは妙なくらい生々しく、時々漏らす喘ぎ声にMAYUは興奮しました。
 いよいよ向井君の亀頭から長い竿をローションでしごいてあげました。
 デカいチンポの亀頭から竿の根元まで長いストロークでしごいてあげると、
「すごいです…あぁ…チンチン…あぁ…あぁ…もうチンチン…バカに…気持ちいい…」といい向井君の腰の動きも激しくなり、更に大きく悶えました。
 向井君のスリムな腰が前後に動き、ズルムケの黒いデカいチンポがガチガチに勃起していました。
「○○さん…我慢出来ないです…イキそうです…」
 MAYUは手を止めました。
 向井君も腰を椅子に置いて、深く息をして落ち着かせようとしていました。
「ローション…すごく気持ちいいですね…。いつものオナニーより気持ち良すぎます。」

h_995bokd00033jp-7.jpg

MAYU「向井君、もっと気持ちいいこと経験したい?」
向井君「もっと…?まだ何かあるのですか?」
MAYU「ある…な。セックスの時、挿れる以外にヤることって?」
向井君「え…何だろう…。うーん…クンニ…?」
MAYU「それもあるよな。その逆!女が男にヤること…だな」
向井君「あ…フェラチオ?」
MAYU「うん。体験してみる?」
向井君「え…?どうやって?」
MAYU「僕がやってやるよ。」
向井君「○○さんが…?」
MAYU「僕も男のチンポなんてフェラしたことないから上手く出来ないかもしれないけれど。向井君…まだ童貞だし、体験しておいた方が実際に女とヤる時に恥をかかなくて済むだろ?」
向井君「はい…でも…○○さん、いいのですか?」
MAYU「そのかわりに上手く出来るか分かんないぞ?」

 MAYUは向井君にチンポをしゃぶるのは初めてだとそれとなく認識させる為に嘘をつきました。
 向井君はチンポをビンビンに勃起させたまま考え込んでいました。

h_995bokd00033jp-8.jpg

 そして向井君は何故か自分のチンポに握って、自分のチンポをマジマジと眺めながら、
「そうですね…経験しておいた方がいいですよね…。お願いしてもいいですか?」
「いいよ。」
 向井君はもう一度目をつぶりました。
 MAYUは椅子から降り、椅子に座っている向井君の両足の間に座り込んみました。
 MAYUの目の前には、向井君のそそり立った黒いズルムケデカチンポがありました。
 金玉袋がキュッと締まって、長い竿がそそり立っていました。
 MAYUは向井君の亀頭を口に含みます。
 向井君の足がピクッと反応しました。
 腰の両側の椅子の上に置かれた向井君の手はギュッとグーをして握られていました。
 MAYUは向井君の亀頭から竿をしゃぶりました。
 形のいい長い竿を思いっ切りしゃぶりました。
「あぁ…あぁ…あぁ」
 向井君はそれまで以上に喘ぎ声を上げました。
 MAYUも我を忘れて極上のチンポをしゃぶりました。
 気がつくと、向井君はMAYUの頭を抑えて、また本能のように腰を動かし始めました。
 腰を動かす…向井君の本能なのか?それとも普段のオナニーでも腰を動かしてヌいているのか?

h_995bokd00033jp-19.jpg

 単に動画で見たままをやっているのか?いずれにしても普段の向井君のイメージでは想像出来ない「向井君の野性的な一面」に思えてMAYUは興奮しました。
 向井君も興奮状態で、MAYUのフェラに合わせて、腰を激しく動かし、向井君のデカいチンポがMAYUの口の中を突いてきます。
「あぁ…これがフェラチオ…あぁ…あぁ…チンチン…気持ちいい…」
 もう向井君の腰は止まりません。
 容赦なく突き続ける向井君のチンポ。
 MAYUはその勢いでむせ込んでしまいます。
 向井君の勢いを制御するために口だけではなく、手で竿を握ってしごきながらしゃぶりました。
「あぁ…あぁ…あぁ…チンチン…バカになりそう…チンチン…すごく勃ってる…あぁ…」
 向井君が興奮状態でMAYUの頭を掴むもんだからMAYUの髪の毛はセットが崩れてしまっていました。
 いや別に男モードなので問題はないんですが。
 思いの外、向井君は長持ちしました。
 童貞でフェラ経験すらない向井君は呆気なく果てるかと思っていました。
 向井君の悶え方やビンビンに勃起したチンポからすると相当感じていたはず。

h_995bokd00033jp-18.jpg

 オナニーでかなり鍛えてきたチンポなのか?遅漏なのか?
 それでも向井君のフィニッシュが確実に近づいていることが分かりました。
 普段の礼儀正しく、清潔感溢れる草食系イケメンのイメージとは違って、完全に成熟した立派な大人のチンポを勃起させ、野性的に腰を振り、荒々しく悶えた声を上げていました。
「あぁ…出します…いいですか?…あぁ…もうダメです…イク…イク…イク…」
 MAYUは向井君のチンポから口を離して、勃起しまくっている向井君の竿を勢いよくしごいてあげました。
「イクッ!イク!」
 向井君のズルムケの亀頭からすごい勢いで何度も白い液体が放たれました。
 何度も射精されるタイミングに合わせて向井君は体を震わせ「ウッ!ウッ!」と息を漏らました。
 すごい勢いで放たれた白い液体は向井君の腹や胸、首筋まで飛び散っりました。
 それだけではなく、向井君の体から的外れに飛んだ白い液体の数滴はリビングの床に散っていました。

h_995bokd00033jp-17.jpg

 童貞の性欲を吐き出した向井君は全ての精力を使い果たしたようにグッタリして、半分意識が無いようにぼう然としていました。
 MAYUはリビングに散った向井君の液体をティッシュで拭いました。
 ふと見ると向井君はまだぼう然としていて、シャツと靴下を身に付け、下半身だけを露出していました。
 ついさっきまで野性的にそそり立ち、成熟した立派なチンポは全てを吐き出し、ズルムケのままだらんと垂れていました。
 MAYUが向井君の体に飛んだ液体を拭いてあげると、ようやく向井君は椅子に行儀良く座り直ました。
 MAYUは大量のティッシュを袋に入れ、ゴミ箱に捨てました。
 向井君はトランクスとジーンズを穿いました。
「○○さん、ありがとうございました。すごく気持ち良かったです。」

h_995bokd00033jp-14.jpg

「それなら良かったよ。でも今日のこと、誰にも言うなよ…」
「はい。僕がこの年でやっとフェラチオを初体験したなんて…恥ですよね。遅過ぎですよね…」
 MAYUが言った真意とは全く違った解釈でしたが、向井君が他言しなければ何でもいいと思いました。
「○○さん、ローションでオナニー…いいですね。ローションってどこで買えばいいですか?」
「アダルトショップで普通に買えるよ…。」
「今度、一緒に買いに行ってもらえますか?」
「別にいいけど。」
「良かった~早く買いに行きたいですね。」
「そうだね。」

h_995bokd00033jp-20.jpg

 やはり「育ちの良い」人は、この世に存在するものなのです。





btis00067pl.jpg 童貞喪失!初めての女性にフル勃起が止まらないニューハーフAVデビュー 風花月海

童貞ドMニューハーフの風花月海ちゃんのデビュー作!詳しい説明は一切せずに撮影スタート!ニセ広報社員に初脱ぎの撮影中に逆レ●プ、ニセスタッフにケツマ●コを掘られてサンドイッチFUCK。童貞喪失してしまうドッキリ!勃起薬をペニクリに直接注入されてたり、憧れの3Pを経験したり、潮まで噴いて…。


















h_995bokd00031pl.jpg 巨根生保レディのペニクリ枕営業 橘芹那


不況の昨今、どの業界の営業マンたちも成績不振で喘いでいる中、異常な成功率を誇る生保ニューハーフの凄腕枕営業テクをご紹介。淫語で焦らし、手コキで焦らし、寸止めで焦らして契約するまでイカせてもらえなーい!さらに自慢の巨根をブン回しアナル発射を条件に契約取得!!これってある意味一番悪質な営業方法かも…。























13hvg00026pl.jpg 童貞喪失!初めての女性にフル勃起が止まらないニューハーフAVデビュー 風花月海

童貞ドMニューハーフの風花月海ちゃんのデビュー作!詳しい説明は一切せずに撮影スタート!ニセ広報社員に初脱ぎの撮影中に逆レ●プ、ニセスタッフにケツマ●コを掘られてサンドイッチFUCK。童貞喪失してしまうドッキリ!勃起薬をペニクリに直接注入されてたり、憧れの3Pを経験したり、潮まで噴いて…。


























雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/03/12(土) 10:00)

<<グリコメールから(女装アナマンプレイ)1 | ホーム | 「黙示/ノイズ」>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/513-0a9a815a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア