FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 開口リングギャグの中にねじ込まれた電動ディルドーの浅はかなる考察 2


440en187lo.jpg

 改築が済んだばかりだという会員さんの家に入ると、内装が一風変わっていてなかなかエキセントリックな感じでした。
 玄関の棚の上には、以前のプレイで会員さんが特にお気に入りになられて持ち帰ったアナルプラグが置いてあります。
「次からは、またこれな…」
 余程気にいってたみたいです。
 ひょっとしてあなるアナルプラグフェチだったりして(笑)。
 会員さんに連れられ家の中へ進みます。

17h_995bokd00049ps.jpg

 以前はフローリングだった廊下にカーペットが敷かれています。
 会員さんはchikaの全ての拘束を解くと、お風呂に入れてくれました。
 お風呂は自動風呂になっていました。
 会員さんはchikaと一緒に既に湯の張られた湯船に浸かります。
 chikaの肩にお湯をかけて凍えるchikaを温めてくれます。
 chikaの身体がすっかり温まった頃、会員さんの手がchikaのペニクリに伸びてきます。
 chikaを抱き抱えた会員さんのペニクリが硬くなり、chikaのお尻に当たっています。
 会員さんはchikaの腰を持ち上げ、中腰にさせました。
 尻たぶを開き、会員さんの舌がchikaの尻穴に伸びてきます。
 目の前に新設されていた手摺に掴まり、お尻を突きだして会員さんに身を任せます。

16h_995bokd00049ps.jpg

「ふぅ…はぁ…ぺちゃっ…くちゃっ」
 卑猥な音をたてながら、会員さんの吐息がお尻にかかります。
 手摺に頭をもたれて悶えるchikaをの腰に手を添えて、会員さんが立ち上がりました。
 会員さんの怒張がchikaの尻穴にを突き刺します。
「ぱんぱんぱん」
 会員さんの玉袋がchikaの玉袋にも当たります。
「あぁ…」
 会員さんは後ろからchikaのペニクリを握りしめ、たっぷりの体液をchikaの身体に注入し果てました。
 お風呂を出るとchikaにバスローブを着せてくれました。
 サイズがchikaにぴったりです。
 明らかにこれはchika専用でした。
 でも後で聞くと、付き合っている相手のバスローブは全て用意してあるとの事(笑)。

15h_995bokd00049ps.jpg

 会員さんがお料理を作ってくれました。
 焼き魚・肉じゃが・お浸し・白いご飯と味噌汁・サラダ…会員さんはかなりマメです。
「クラブの方にはもう連絡してあるから、今日は泊まっていきな。どうせ年の瀬なんだし、私以外に買い取りはないと思うよ。」
 ソファーで並んで座りテレビのニュースを少し見てchikaがあくびをすると一緒に歯磨きして、ふかふかのベッドで会員さんの腕に抱かれて眠りました。
 翌朝、目覚めると会員さんが身支度をしています。
 chikaも服を着ようとすると、「私は仕事に行く。chikaは寝てていい」と言われます。
 え、時間を自由に使えるからこんなオーダーをしてくれてるんじゃないの?と聞くと、「そういう仕事だから逆に相手から連絡が入った時は絶対にキャンセル出来ないんだ」とのこと。
「朝飯作ってあるから後で食べればいいよ。 冷蔵庫は勝手に使って良いし。作るのが面倒だったら、これで出前とって。電話帳とお品書きは電話の前にあるから」
 会員さんは1万円札をchikaに渡します。
 勿論、chikaの「買い取り料金」はクラブにちゃんと支払われているのでしょう。

14h_995bokd00049ps.jpg

「それと、これはお守り。」と言うとchikaの首に首輪をかけます。
 赤い革の首輪… 鎖はついてません。
 会員さんは朝立ちするchikaのペニクリにチュッとキスすると、「帰りは夕方」と言い残し出て行ってしまいました。
「…」
 呆然 待って…ちょっと待て… これはどういう状況?… 同棲ぽい…?
 ちょっと冷静になろうと外の空気を吸うためにノブを回すと…開きません。
 ドアノブの内側にはプルが無く鍵穴が空いています。
 出前取れないじゃん、半泣き!
 chikaって監禁されてる?でもスマホはあるし…気がつくとchikaの服が見当たりません。
 昨日のバスローブも見当たらない。
 全裸で首輪… chikaは会員さんの家に監禁されたペットになっていたのでした。
 冷静になれ…物理的に外に出れなくても、事を荒立てる気になったらスマホや電話で幾らでも連絡が付く。
 これはプレイの一環。

13h_995bokd00049ps.jpg

 クールになれ… そう自分に言い聞かせてchikaはリビングに戻ります。
 ダイニングのテーブルに会員さんが作ってくれた朝食が見えます。
 焼き鮭、炒めたウインナー、ホウレン草のソテー、焼き海苔、だし巻き卵…メモが書いてあります。
 「冷めてたらチンして。ご飯は電子ジャーに、味噌汁は鍋に、冷蔵庫に牛乳とオレンジジュースあり」
 まるでお母さんみたいです(笑)。
 まだ温かい朝食を美味しく頂き、後片付けをし、リビングのソファーに座りました。
 さて…どうしよう… 暇です。
 chikaは会員さん宅を探検してみることにしました。
 こういう状況になってるんだから、それは別に禁止事項じゃないという事です。
 書斎に入ってみます。
 本棚には建築工学や熱力学、衛生工学の本が並んでいます。
 建築関係の業界紙がありました。
 うん?これで自由になる時間がタップリある?どんな仕事?ちょっと見当が付きません。
 クラシカルなオーディオデッキが有ります。
 古いレコードも並んでいます。
 ジャンルはジャズばかりです。

12h_995bokd00049ps.jpg

 小さめのソファーがあり、その前の小さめのテーブルには飲みかけのバーボンが置いてあります。
 見かけによらず渋い趣味。
 ワークデスクには建築図面があり、その横には写真立てがありました。
 写真には赤ん坊を二人で抱く男女。
 男性は会員さんでした…今よりもずっと痩せていて…間違いなく若い頃の会員さんです。
「会員さん…見てごめんね…」
 申し訳ない物を見てしまった気がして書斎を出ました。
 もう探検を止めようかとも思いましたが考え直します。
 全裸で監禁して行く方が悪いんです(笑)。
 和室が有ります。
 新しい畳の匂いがします。
 何か高そうな掛け軸がかかってます。
 トイレに入ります。
 改装したてのトイレを改めて見ると広い!
 明らかに普通の規格より2廻り位、空間が広くなっています。

11h_995bokd00049ps.jpg

 便座に近づくと蓋が自動で開きます。
 当然の様にウォシュレットです。
 便座の脇には色々な機能のボタンがついています。
 それとトイレなのに暖かい!暖房が効いてきます。
 全館空調(笑)。
 便座の脇に何か置いてあります。
 洗面器、ポンプ式浣腸器、グリセリン液、ハンドソープ…そして張り紙。
 「戻るまでに洗浄しておくように。お湯を出す時は蛇口は左に捻ること。水温調節に気をつけて。」
 会員さんマメ過ぎです。
 リビングに戻ります。
 なんだかそれらしい棚が2つ並んでます。
 開けて見ると… 何という事でしょう…
 やはり淫具棚でした。
 沢山あります。
 ディルド各種、浣腸器各種、ピンクローター各種、ローション(2ケース以上)、麻縄、カテーテル、蝋燭、手枷、足枷、口枷、手錠、革製拘束具各種、ラバースーツ、貞操帯、吸盤の様な物、アイマスク、ペニクリバンド鞭…等…chikaはこれ全部されるのでしょうか。

9h_995bokd00049ps.jpg

 隣の棚はDVD用の棚でした。
 洋画SF物が充実してます。新作もたっぷり。
 決めました… 「今日はこれを見よう」

 で次の作品を物色していると作品名が無いものが多数有りました。
 ケースから取り出すとDVD本体には作品名がありました。
 確か… 「ジャニ系**集団**調教**」なんて書いてあります。
 あ~これが、時々、会員さんがクラブで吹聴してるコレクションかと納得しました。
 ちょっと興味あるので観てみました。
 話は少年が屈強な男達に凌辱されるというもの。
 画面は地下牢獄の様な場所に少年が連れ込まれます。
 屈強な男達は全員褌姿です。
 手足を抑えられ、裸にされ…まあ、お決まりのコースです。
 画像は無修正で出演者全員の局部が丸見えです。
 全裸で立っまま抑えつけられた少年男優君は後ろからペニクリを挿入され、縮んででいたペニクリがムクムク勃起して行くシーンがワンカットで撮られています。

8h_995bokd00049ps.jpg

 あー解る解る、こんなんされたら勃つよねぇ… chikaは変な共感を覚えます。
 屈強な男達が別の男の子を連れて来ました。
 この子も剥かれて犯されています。
 その後は先に犯され調教された男の子と無理矢理絡まされ… お決まりの展開。
 初めて見る淫具が出て来ました。
 双頭ディルド?それの凶悪版(笑)。
 男の子二人はそれぞれの尻穴に飲み込みながら…お尻で連結させられています。
 フィストファックもありました。
 男の子が尻穴を指で犯されていって1本、2本、3本、4本、5本目の親指の間接まで…拳全部。
 それでまだ押し込むか、やるなー。
 画面には、男の子が屈強な男の二の腕まで飲み込んでいるグロテスクなシーンを映しています。
 自分でやる分にはそうでもないけど、こうしてハードなのを、こんな状況下で改めて見るとちょっと興奮してきたかも。
 ああ、 お尻… 犯されたい…。
 淫具の棚からディルドとローションを持ち出すとchikaは自分の尻穴にローションを塗り、ディルドを挿入します。
 へたり込んで足をハの字にし、床を使って深く飲み込んで行きます。
 スイッチを入れると「ブィ~ン」という音と共にいつもの振動が前立腺に響きます。

7h_995bokd00049ps.jpg

 chikaは腰をくねらせながらペニクリを触ります。
 画面ではグロテスクなシーンを見て、もう一人の男の子が青い顔をしています。
 屈強な男達はニヤニヤしている者、はぁはぁ興奮している者、自分で股間を触っている者が居ます。
 chikaがいけないお遊びに夢中になっていると… いつの間にか、後ろに会員さんが帰って来ていました。
 会員さんはchikaの顔を見てニヤリと笑うと荒い鼻息で言いました。
「なんて悪い子だ 我慢出来ずに一人でするなんて…変態だな…」
 chikaの腰を片手で抱え上げ 「そんなに此処が疼くのか…」 と言いながら尻穴に刺さっディルドを握り、捏ね回します。
「ごめんなさい ごめんなさい 許して…許して」
 Mの女の子の様に許しを乞います。
「そんな謝り方では駄目だ…私の留守中に勝手に淫らな悪戯してしまった自分がいかに淫乱な変態であるかを懺悔しなさい…心を込めて。」
 会員さんのアットホームな自宅に招かれて、しかも年の瀬にこんな事を言われたのは初めてです。
 大抵、別荘とかホテルとかです。
 「chikaは…chikaは淫乱な肉の奴隷です。ご、ご主人様のお留守に淫欲にまみれはしたない行為をしてしまう雌豚です…どの様なお仕置きもお受け致しますので、どうかお許し下さい、お許し下さいご主人様…」

6h_995bokd00049ps.jpg

 会員さんは再びニヤリと口を歪ませると肩にchikaを抱えて歩き始めました。
 年の瀬の夕方の事です… 行き先はトイレでした。
 chikaを洋式便座を抱えさせる格好にします。
 脇に置かれた洗浄用具を見つけて言います。
「お前は本当に悪い子だ…私の言い付けを守らず、あんな悪戯してるなんて何て悪い子だ。」
 会員さんは続けて言います。
「この家の中では、お前は私の愛玩動物なんだよ…前に言ったじゃないか…お前も本当は、それを歓んでいる…そうだろう?」
 会員さんは脇にあった洗面器にお湯を張り、グリセリンを溶かしながら続けます。
「悪い事したペットは叱らなきゃいけない…これはね…しつけ、躾だ… 身体を美しくすると書いて躾…君の身体を美しくしてやろう…」
 会員さんはまだchikaに刺さっていたディルドを抜き、ポンプ式浣腸器の噴出口を挿入します。
 その大きな掌でchikaの尻たぶの片方を揉みしだきながら…ゴムポンプを握り浣腸液を注入します。
「ちゅう…ごぼっ ちゅう… ごぼっ」
 液が送り込まれる度にchikaは悶えます。
「くぅ…あっ…くぅ」

4h_995bokd00049ps.jpg 

 会員さんは股の下から手を伸ばしchikaのペニクリの隆起を確認すると言いました。
「こんなにして…お前はもうお浣腸で感じてしまうような身体になれたんだ…すまなかった…これからは自分で洗って来なくていい…これからは私がしてあげるからな…」
 会員さんはchikaに注入を続けながら、自分の服を脱ぎ始めます。
 液を全てchikaの中に注ぎ込むと全裸になった会員さんはchikaを抱き上げて立たせます。
 会員さんはchikaを正面から抱き抱え、自分の膝にchikaを跨がらせました。
 会員さんはchikaのお尻を両手で抱き上げ、自分の方へ引き寄せます。
 当たっている。
 chikaと…会員さんの… ペニクリが当たっています。
 二人とも、これ以上無い位に硬く充血したペニクリが当たっています。
 お互い尖端から透明な先走りを滲ませたそれが擦れ合います。
 お互いのぬるぬるが混じり合い… 「ぬちゃぬちゃ」 音をたてます。
 会員さんは両手でchikaのお尻を抱えて前後に動かし、また自分も腰をうねらせ、ペニクリ同士の接触を楽しみます。
「あぁ…」
 会員さんが声を出します…でも、でも… もうお腹が限界です。
「もう…だめ…お願い…」

5h_995bokd00049ps.jpg

 せつなくなったのでchikaが懇願すると、会員さんはchikaを抱えたまま立ち上がり反転して便座にchikaのお尻をあてがい言いました。
「いいぞ…」
 会員さんは粘液の滲むペニクリの先で、同じく粘液にまみれるchikaの亀頭をつついて刺激しながら言います。
「ペットにおトイレを躾るのは普通の事だ。お前は既に私の前で何度も粗相をしているから…飼い主に排泄させられるのは普通の事だ…」
「あぁ!…もぅ…」
 限界は越え、またもchikaは会員さんの前で排泄してしまいます。
 しかも、今度は…会員さんに口を吸われます。
 粘液が絡むペニクリ同士も擦れあっています。
 そして…chikaの…尻穴から…汚物が… こんなに普通じゃない状況で… 身体が熱い。
 排泄の爽快感とは別の…込み上げてくる… 股間の奥が熱い。
 亀頭の先に会員さん肉棒がツンツン当たる… 会員さんが舌に吸い付く… お尻から汚い物を出しているchikaに情熱的な舌が絡みます。
… 「あっ! あぁっ! あぁ~!あぁぁ」
 chikaは射精してしまいます。
 いつものように…いえ…いつもより大量の精液を会員さんのペニクリに降りけてしまいます。
 もう精液は出ていないのに、身体が痙攣し激しい性感が玉袋の奥の方から込み上げてくるのです。
 身体を痙攣させるchikaを会員さんのは、そうっと便座に座らせchikaの精液にまみれた自分のペニクリを握り、ゆっくり扱いています。
 chikaの白濁を卑猥な音と共に自分の怒張に塗り込めます。

3h_995bokd00049ps.jpg

「ぬちゃっ ぬちゃ」
 会員さんは目を閉じて上を向きながら、さっきまでchikaの中に入っていた粘液を自分の怒張に塗り込めています。
 chikaは痙攣が止まらずに思わず会員さんの腰に両手を当て、うなだれた瞬間、chikaの精液が香るペニクリをchikaの口に突き刺します。
 chikaは自分の意志で奥まで飲み込むと喉の奥に会員さんの亀頭が当たります。
 反射的に戻しそうになるのを堪えていると口の中が唾液で溢れてきます。
 … 飲みたい…
 その時は本気で会員さんの体液をchikaの中に取り込みたい…そう思えました…。
「うおぉぉ…」
 会員さんのは叫びながらchikaの口内で射精します。
 会員さんの精液が喉の奥に噴射し戻しそうになるのをまた堪えて、涙を堪え喉を鳴らしました。
 chikaは射精が終わり動かなくなった会員さんのペニクリを喉奥まで飲み込んだまま、排泄を終えました。
 ウォシュレットで綺麗にすると会員さんは正面からchikaを抱っこししてトイレを出ます。
 chikaの後ろに回した手がchikaの尻穴をなぞっています。
 chikaは会員さんの肩にしがみつき身を任せます。
 会員さんが身体を洗ってくれます。
 丹念に身体を磨いてくれます。
 石鹸の付いた手で、時々敏感な部位を悪戯されます。
 頭も洗ってくれます。
 chikaの頭を洗う掌の動きは柔らかく気遣いに溢れています。
 chikaを湯船に漬けると、会員さんは自分の体を洗い始めました。
「洗う?」
 chikaが訊ねると会員さんは答えます。
「背中頼むわ」

2h_995bokd00049ps.jpg

 会員さんの広い背中をスポンジで擦っていると 「そこ強く…」 「この辺?」 「あ~そこそこ」 微笑ましい感じ… 親子みたい… セックスさえしなければ… お風呂を上がり脱衣場で会員さんがchikaの身体を拭いてくれます。
 ペットの犬を手入れする主人みたいです。
 会員さんが台所の方へ歩いて行くのでchikaもついていきます。
 台所の隣に洗濯機があり、その上に乾燥機が有りました。
 会員さんは乾燥機からバスローブを取り出すと「ほれっ」とchikaに渡します。
 乾燥機からはchikaの下着類が出て来ました。
 あーこれはこんな洗い方したら駄目じゃん!と娘が父親に思うように呆れましたが、それも愛嬌です。
 会員さんはさっきchikaが散らかした淫具やDVDを片付けています。
 chikaも手伝って一つを棚に置こうとすると… いいから座っていろと叱られました。
 みんな置場所が決まっているようです。
 会員さんが天麩羅蕎麦を作ってくれました。
 材料はデパ地下で買ってきたようです。
 買ってきた海老の天麩羅をオーブンで軽く焼き直しているのでカリカリです。
 2人で蕎麦を食べ年末番組をゆっくり見て2人で眠りました。
 翌朝、連絡はしてあるからと、クラブ近くの駅に送ってもらいました。
 別れ際、車の中で少し寂しそうに会員さんを見つめるとchikaに「ちゅっ」とキスをして言います。
「またな、フルスタンバイモードをよろしく。」
 なるほど、、。SM自宅介護かよ(笑)。






b00053pl.jpg 女装美少年 33 みくる

大学生の翼くん。前から女装に興味があっての応募。さっそく女装してみると、ロリっぽくて色気のある女装娘「みくる」に変身。変態中年ふたりの強引なセクハラに思わず上ずった声をあげてしまうみくる。「ヘンなおじさんにチ○ポ触られたかったんでしょ?」「はい…」背後から乳首をいじられ亀頭をこねられる。容赦なくお尻の穴もいじられる。指を突っ込まれながらもビンビンに勃起。「おチ○ポおいしいです」中年の性器を喉奥まで咥えこむみくる。もう後戻りはできない。





















h_995avop00215pl.jpg  夢の共演!一泊二日のフル勃起ニューハーフ温泉 橘芹那 荒木レナ

ニューハーフ界の頂点に君臨する橘芹那と荒木レナの夢の共演が遂に実現!今回は『僕たち男の娘』からお二人に温泉旅行をプレゼント。…ってそんな甘いはずが無い!!先回りして温泉のお客さんには「この人たちはお触りOKです」とこっそり伝達。ニューハーフとは知らない客に混浴温泉で触られまくって犯されて…ザーメンたっぷり出して出されて、ペニクリとアナルが乾く暇が無い1泊2日のフル勃起温泉旅行!





























雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/07/16(土) 08:00)

<<逆「木綿のハンカチーフ」 | ホーム | 開口リングギャグの中にねじ込まれた電動ディルドーの浅はかなる考察>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/535-d850bbe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア