FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 変態のしきい値
440ocs11co.jpg 

 若い子と話をしてて最近、思うのは「変態のしきい値」が曖昧になって来たなぁって事。
 まあ現状、「男の娘」なんて、楽勝で爆発的に増殖してますから(笑)。
 でもだからと言って、LGBTに対する社会的な差別が、うんと少なくなったのかと言えば、そうでもなくてね。
 そう言えばchika、そういう話を最近、殆どブログなんかでは書かなくなったな、、。
 なーんか、世の中で出回っているその界隈のリベラルな理屈とは、chikaの考えてる事が微妙に合わなくなって来てるんだよねー。
 ・・って事で、chikaは今日も、前回ご紹介したお店のM君から聞き出したエロい話です。
 エロはいいですよー。みんな、それに委ねてしまえば人生争いごとが、ちょっとは少なくなるんだけどなー。


 高2の夏休みの時に友達と二人で海に行った時の体験なんですけどね。
 やっぱりこれもアンダー絡みの話で、自分では、一応、俺は「下着フェチ」なのかなーって思うんですよ。
 それともゲイなのか?でもゲイって人から言われてもピンとこないし、自分でも全然自覚ないんですよね、、。

15btis00077ps.jpg

 高校に入ってから知り合った友達と二人で海に遊びに行く事になったんですが、「水着どうしようか?」て話になり、友達が、「なあ…ビキニ穿いてみねえか?」っていきなり言ってき「えっ、マジでビキニなんか穿くのかよ」と言ったものの、俺も例のアレの延長で、密かに一度はビキニを穿いてみたい願望があったんですよね。
 それにダボダボのサーフパンツと見比べれば、ビキニの方が見た目が断然カッコいいですからね。
 前がもっこりしてしまうのは、ちょっと恥ずかしいけど、穿き慣れれば多分気にならなくなるかなと思ってました。
 それで海で穿くビキニを買おうと友達と一緒にPCでメンズビキニを扱う通販サイトを色々と見て廻りました。
 本格的に水泳をするタイプやリゾート系のビキニ、そして際どいセクシー系のビキニまで色々揃っていました。
 俺も友達も気に入ったビキニを選びカートに入れ購入しました。
 友達が選んだのは、単色オレンジのリゾート系ビキニで、俺は淡色のライトブルーでウエストラインやVラインがライムグリーンのバインダー仕立て、ウエストラインの紐は無いタイプのリゾート系ビキニにしました。
 プリント柄のビキニの方がもっこりが目立たなくていいかなと思ったんですが、派手なのはちょっと抵抗があったので、お互い単色カラーのビキニにしました。

14btis00077ps.jpg

 注文したビキニが届いたので開封してビキニを見たんですが、思ったよりかなり小さくて「これ本当に穿けるかな?」とちょっとビビリました。
 注文したサイズは、俺も友達も共にちょっと小さめのSサイズで、「小さめの方が見た目カッコいいから」と友達が言うんですが、正直かなり際どい超ビキニで、サイドは1.5cm位の極細なんですよ。

 で、早速試着してみたんですけど、穿き込みがかなり浅いローライズ形状で、少しビッグサイズなのに、俺のチンコを斜め上向きにしないとビキニの中に収まりませんでした。
 洗面台の鏡に映った俺のビキニ姿を見てみると、左斜め上に向いたチンコはくっきりもっこりで、ズル剥けなんで、亀頭の形もくっきりと浮き出て見えてて、ビキニの中にマツタケがあるみたいな感じでかなり気に入りました。

13btis00077ps.jpg

 海に行く当日、ビキニからはみ出そうな部分の陰毛を剃り、予め家からビキニを穿きその上にハーフパンツを穿いてTシャツを着て、友達と待ち合わせの場所にチャリで向かいました。
 待ち合わせのコンビニの前で待っていると、チャリに乗った友達が来ました。
 コンビニの店内で、昼飯のサンドウィッチやおにぎり、飲み物を選んでいる時友達が、「またあの岩場のとこでいいだろ?」と言ってきたので俺は、「今回はあそこじゃないと逆に俺、無理だよ」と友達に言ったんです。
 あの岩場と言うのは、人出の多い砂浜から離れた場所の事で、ここは滅多に人が来なくて、少し離れた所に釣りをする人が一人か二人たまに居る位です。
 そんな場所じゃないと、恥ずかしくてビキニパンツ一枚だけの姿になんてなれません。
 買い物が終わってチャリに乗ろうとした時、友達が「M。お前もうビキニ穿いてる?」て聞いてきたので「うん、穿いてきたよ」て言ったら友達が「さっき、飲み物取るのに前屈みになった時、ビキニのパン線見えたぞ」と言ってきたので「お前は?」て聞いたら、友達も穿いてきたみたいでした。
 去年までは、俺も友達も水着はサーフパンツで、いつもの岩場の影で着替えてましたが、今回は、水着がちっちゃいビキニパンツなのでお互い家から水着を穿いてきてたんです。
 チャリで20分程の海岸に到着して早速いつもの岩場に向かいましたが、人影は無く、釣り人も居ませんでした。
「これならおもいっきりビキニで遊べるな」友達とそう話しながら岩場の陰で、いよいよ服を脱ぎ、ビキニ姿になる時が来ました。
 岩場の陰で服を脱ぐ事になったんですけど、俺は友達に背を向ける体勢で、Tシャツを脱いで、ハーフパンツのウエストの紐を解き、ゆっくりとハーフパンツを脱ぎ始めました。
 ハーフパンツを膝下のあたりまで下ろした時、後ろに居る友達が「Mちゃんいいおケツしてんじゃん」と前屈みでお尻をちょっと突き出す姿勢の俺に、ちょっと冷やかすように言ってきたので、後ろを振り向くと、奴は既に真新しいオレンジビキニ一枚の姿で俺の方を見てました。

12btis00077ps.jpg

 俺が「えっ…早っ」て言うと友達に「おっせぇなぁ~早く脱げよ」と催促するように言われてしまったので、さっさとハーフパンツを脱いで、前屈みから直立の姿勢になると、「M、こっち向いてみぃ」と友達が言ってきて、ちょっと照れくさそうにゆっくりと友達の方を向きました。
 友達は俺のビキニ姿を見るなり「すげぇかっこいいじゃん。やっぱMももっこりでけぇなぁ」と言い俺の方に歩み寄って来て前屈みになりました。
 俺のもっこりを凝視してくる友達に「何見てんだよ」と言うと、「M、お前剥けチンじゃん。すげぇ亀頭見えてる」とニヤニヤしながら言ってきたので思わず両手でビキニのもっこりを隠してしまいました。
 友達が「恥ずかしがるなよ。俺だって剥けてるぜ」て言いながら、オレンジビキニのもっこりの上のバインダーに指を掛けて、グイッと引っ張り上げるとサオの先端にくっきりとカリのくびれが浮き出てました。

「へぇ~、カズキも剥けてたんだ。」
 実はカズキのチンコは遊びに行った時に風呂で一度見てますが、その時は包茎だったような気がします。
 友達に「お前剥けてたの?」と聞いたら、「最近だよ。色々試したんだ。Mは?」て聞かれたので、「中1」て答えたら「マジで!」とびっくりした表情でまた、俺のもっこりを凝視してきました。
 カズキは「そりゃ亀頭もでかくなるよな。すげぇじゃん」と言いながら、くっきりと浮き出た亀頭を指先でツンツンされました。
「なんだよ!スケベだなぁ」て言うと、「いいじゃん。ちょっと触らせろよ」と笑みを浮かべ、「ビキニ穿いてるけど、なんか今日初めてMのチンコを見たような気がする。」と言われました。
 お互い初めてのビキニパンツで、カズキと一緒の左斜め上向きの大きなもっこりをくっきりさせて、先ずは海で泳ぐ事にしました。

11btis00077ps.jpg

 「カズキ、泳ごうぜ!」とカズキを海に誘おうとすると、「M、ちょっと待った!」とカズキがバッグからケータイを取り出し、「Mのビキニ姿ちょっと撮らせろよ」て言ってきたので、「いいけど…撮ったやつ絶対に人に見せるなよ」て言うと、「大丈夫だよ。絶対に見せないから。だから撮らせろよ」カズキは約束した事は必ず守る奴なので、信用して撮らせてやる事にしました。

「M、もっとセクシーなポーズ取れよ」と言ってきましたが、恥ずかしいので、普通に立ちポーズでピースサインのを3~4枚位撮ってもらいました。
 撮ってもらったのを見せてもらいましたが、ビキニ姿で普通に立ちポーズでも十分にセクシーでしたよ。
 自分で言うのもなんですが(笑)…
 今度は、カズキのビキニ姿を撮ろうと俺のケータイを出して撮ろうとすると、注文もしていないのに自らビキニのサイドの細い所を少し下にずらしてみたり、後ろ向きで半ケツでピースサインと積極的にポーズを取ってました。
 撮り終わってようやく海でカズキと一緒に沖まで泳いでは砂浜まで戻ってくるを何回かして、岩場でビニールシートを敷いてその上でうつ伏せになったり仰向けになったりして、日に焼いてまた海で泳ぐ事していました。
 海から上がる時にカズキが「M、お前のもっこりすげぇ~エッチィ~」と言ってきたので見ると、チンコの形や大きさがはっきりと分かる位くっきりと浮き出てました。
 でもそれはカズキも同様で、もっこりがくっきりしていたので、さっき触られたお返しとばかりに、「カズキだってエッチじゃんかよー」とカズキのもっこりを触ってやりました。

9btis00077ps.jpg

 腹が減ったので岩場のシートの上に座りコンビニで買った昼飯を食べて、先に食べ終わった俺がシートの上で仰向けに横たわっていると、カズキが急に何かを思い出したかのように再びケータイをバッグから取り出して、「M、お前セクシーなポーズできるじゃん」と言ってきたので「はぁ?」みたいな返事をしたら、「M、そのままでいろよ」と言い俺を撮り始めました。
 足下の方から俺のビキニ姿を撮ってましたが、撮った画像を見せてもらうと、くっきりと主張した大きなもっこりが凄くエロく写ってました。
 「え~なんかこれエロすぎて恥ずかしいよ」て言うとカズキが「でも、お前がこういう姿してるの好きなんだよなぁ」と言いながらカズキも俺のすぐ右隣に仰向けに横たわってきました。
 お互いの腕が触れ合うくらいに。
 するとカズキがちょっと笑みを浮かべてビキニの方を見ながら「もっこりでかいなぁ」と言って来て俺もカズキのもっこりを見ながら「お前だってでかいじゃん」て言い返してやったら、カズキが「そのバインダー捲ったらチンコ見えちゃうんだよな…M、見せてくれねぇ」と言ってきました。
 俺が「なに言ってんだよ」と言ったら、カズキが「俺まだお前のチンコ、マジで見たことねーし…なぁ、見せろよ」とカズキは左手を俺のビキニのもっこりの上に当てがってきました。
 俺のもっこりに手を乗せてきたので、「えー、マジかよー」と言ったもののカズキのビキニの中のチンコがどうなってるのか興味があったので、「じゃあ、カズキのも見せろよ」と言うと、「あぁ、見せてやるよ」と言うと、カズキはもっこりに乗せた手をゆっくりと撫で始めました。

8btis00077ps.jpg

 チンコを見せろと言うから、直ぐにビキニのバインダーを捲って中を覗くのだろうと思っていたので、ちょっと意表を突かれる感じでした。
 でも、ビキニの上からもっこりを撫でられるのは、今まで感じた事の無い感触で、とても気持ち良かったので、カズキの行為を拒みませんでした。
 すると、チンコがムクムクと大きくなり、ビキニのもっこりが大きく膨れ上がり、ウエストのバインダーを浮き上がらせちゃったんですよね。
 浮き上がったバインダーと下腹部との間に大きな隙間ができて、今にも飛び出しそうなほど大きくなったチンコの先端が見えてました。
 カズキがもっこりから手を離すと「おぉ~M、すっげぇでっけぇーじゃん。」と大きく膨れ上がったもっこりをまじまじと見てました。
「おっ、見えてる」と隙間から見えるチンコを覗き込むように見てるカズキ「捲っていいか?」と聞くので「うん」と小さく頷くとカズキは、バインダーに指を掛けゆっくりとビキニを捲り始めました。
 すると、亀頭がバインダーに引っ掛かる感じで、辛うじてビキニの中に収まっていたチンコがプルンッと弾けるように飛び出したんです。
 ビキニの締め付けから開放されたチンコは、更にムクムクと大きく勃起して、先端の亀頭が臍の辺りまで来ていました。

 それを見たカズキが「おぉーでっけぇー。Mのチンコって黒いんだな。ズル剥けで、すげぇーカリ高だし…お前やり過ぎだろ」て言うので、「やり過ぎって…俺、彼女いないし初体験まだなんだけど」て言うと、「違うよ、オナニーの事だよ」と言ってきたので、「うっせーなぁ、カズキもチンコ見せろよ」とカズキのビキニの股間を見ると、既にもっこりが大きく膨れ上がっていました。
「カズキ、お前も勃ってるじゃん」と俺もカズキの大きく膨れ上がったビキニのもっこりに手を乗せました。

7btis00077ps.jpg

 カズキのオレンジビキニの大きなもっこりに手を乗せ、撫で回していると、浮き出たカリのくびれが大きくなってるのが感触で分かりました。
 そのカリのくびれを指先で撫でるように触っていると、もっこりが更に大きく膨れ上がったんですよね。
 カズキが「うっ」と小さな声を出すと同時に、もっこりがピクッ、ピクッと動きました。
「カズキ、お前もココ感じるんだ?」と聞くと、「うん、すげー感じる。お前触り方エッチだな」そう言われもっこりを見ると、バインダーと下腹部との隙間から、ピンク色の亀頭がはみ出てました。

「カズキ、チンコ出てきたぞ」とバインダーに指を掛け少し持ち上げると、ムクムクと大きなチンコがはみ出てきました。
 ビキニのバインダーをチンコの付け根の辺りまで捲って、サオ全体が丸出しの状態にすると、真っ直ぐに伸びた大きなチンコを見ながら「カズキもでっけぇなぁ、よくビキニの中に収まってたよな」て言うと、「お前だってそうだろ」と言い返されました。
 すると、亀頭の割れ目からトローリとしたヌルヌルのエッチな液が溢れ出てきました。
 カズキに「お前濡れてきたぞ」と言うと、「なんかお前とエッチな事したくなってきた。やらねぇ?」て聞いてきたので、「エッチって、どんな事だよ」と聞くと、「こうだよ」と寝そべってるカズキは俺の方に体を向け、俺のチンコを直接触ってきました。
 カズキは、人差し指と親指の2本で、ライトブルーのビキニからはみ出したサオの部分だけをソフトタッチでなぞる様に触ってきました。
 暫く指をゆっくりと上下に何往復か動かし、その手をビキニの中に入れてきて、玉袋まで触ってきました。
 するとカズキが「気持ちいいのか?腰がヒクヒク動いてるぞ」と言ってきました。

6btis00077ps.jpg

 俺は、オナニーしてる時に気持ちいいと、腰を小刻みに動かす癖があって、カズキに触られてる間も腰が動いていたようでした。
 「うん、気持ちいい。お前エッチの時優しいな」と言うと、カズキにしては珍しく照れ臭そうな笑みを浮かべてました。
 「カズキも可愛いトコあんじゃん」て言うと、また照れ臭そうな表情で「なんだよ……M、ビキニ脱いじゃえ」と言うとカズキは起き上がって、俺のビキニの両サイドに手を掛けて、ゆっくり脱がし始めました。
 脱がされたライトブルーのビキニをバッグの方に投げると、今度はカズキが自身で、オレンジビキニを脱ぎ同じバッグの方に投げました。
 もう一度仰向けになってる俺の直ぐ横で寝そべって、チンコを2本の指で優しく触ってきました。
 するとカズキが、「M、お前も濡れてるぞ」とエッチな液を亀頭に馴染ませるように、指先で亀頭を撫で回してきました。
 その指先は、更にカリの方にまで及び、弾くようにカリを触ってきました。
「うっ…あっ」と思わず小さな声を出してしまい、体をカズキとは反対の向きに少し退け反らしてしまったんです。
「M、すげぇー亀頭でかくて、カリ高のスケベなチンコでも敏感なんだな。もっと気持ち良くしてやるよ」ってカズキは2本の指で輪を作り、カリの辺りをゆっくりとやさしく扱き始めました。
 カズキは、俺のチンコのカリを2本の指で作った輪で、ゆっくりと扱き始めると、「どうだ?気持ちいいだろ」と耳元で囁くように言ってきました。
 「気持ち良すぎて直ぐイっちゃうじゃんかよ」と言うと、普通に握り直して、サオ全体にエッチな液をなじませてから、再びチンコを扱き始めました。
 カズキにしてもらってるせいもありますが、カリの辺りを集中的に扱かれてると、俺でオナニーしてる時よりも凄く感じちゃってとても気持ち良かったです。

5btis00077ps.jpg

 腰を小刻みに動かしたり、体を大きくくねらせたりもしてしまいました。
 そしてふとカズキのチンコを見てみると、亀頭はエッチな液で濡れていて、糸を引くようにビニールシートに液が落ちていくのが見えました。
「カズキ、チンコ触ってないのにすげぇ濡れてるじゃん」と言うと、「お前の感じてる顔とかでかくなったチンコ見てるとなんか興奮してくる」と言い、チンコを上下に扱く手が段々早くなってきました。
 俺の右手の手のひらで、カズキのチンコの亀頭を包み込むようにして、こね回すように触っていると、カズキは目を閉じて「あっ、あぁー」と小さな声を出して、それまで上げていた顔をビニールシートの上にゆっくりと落としました。

「カズキも気持ちいいか?どっちが先にイっちゃうか勝負しようぜ」と言うと、俺もカズキのチンコを握る手を上下に扱き始めました。
 お互いのチンコを扱き合っていると、お互いのチンコから「ピチャピチャ、クチュクチュ」とエッチな音がしてました。
 お互い興奮してきて、俺も目を閉じていて「ハァハァ」カズキの息遣いが段々荒くなってきてるのが分かりました。
 するとカズキが、俺のチンコを扱く手を止めて、体を起こし始めました。
 同時に、俺の手からカズキのチンコがヌルッと抜けてしまい、カズキに「どうした?」と聞くと、俺の上にいきなり騎乗位のように跨り、体勢を前傾にしてチンコを擦りつけてきました。
 カズキは暫く、擦れ合うチンコを見るように顔をうつむかせたまま、腰を前後左右に小刻みに動かしてました。

「うっ、あぁ…カズキ、お前すっげぇーエッチな事するな。ハァハァ…気持ちいいよ」
 カズキは更に、ヌルヌルの亀頭どうしを擦りつけて腰を動かしていると、まるでチンコでチャンバラし合ってるかのように、お互いのチンコが左右にブルンブルンと揺れ、俺とカズキの亀頭から飛び散るように、エッチな液が糸を引きながら、俺のお腹の上に落ちている様子が見えたんです。

4btis00077ps.jpg

 カズキが顔を上げ、目を閉じたまま眉間に皺を寄せ、「ああぁー、M気持ちいいよぉ…お前とヤってるとすげぇー興奮しちゃうよぉ」ってカズキは、触れ合う2本のチンコの亀頭に右の手のひらを被せて、グリグリと撫で始めました。

「M…俺…本当は…お前の事…好きなんだ」
 突然のカズキからの告白でした。
 でも、亀頭を撫で回されて興奮している俺は、「そんな事言ったって俺、男だぞ」と返すのがやっとでした。
 するとカズキは、撫で回す手を止め、俺の上に跨っている体勢から覆いかぶさるように抱きついてきて、「M…」と言いキスをしてきました。
「ううん…カ…うう…カズキ、ちょっと待って」
 俺は、キスを制止するようにカズキの両肩を掴んで言いました。
 カズキは、顔を上げて「M…いきなりこんな真似しちゃって悪かったな」
「…」
 暫く、二人は顔を合わせたまま沈黙していましたが、俺が「カズキ…」と声をかけると、「好きなんだよ…Mが」
「…」
「…やっぱ、ダメか?」
 暫く俺は何も言えませんでした。
 普段から、明るくやんちゃで笑わせる事が好きなカズキが、初めて俺に悲しそうな表情を見せました。
 また、二人の間に沈黙の時間が流れました。

3btis00077ps.jpg

 カズキのそんな思いは嬉しかったですが、俺は男だし、その思いを拒むと、カズキを傷つけてしまうし、友情にもひびが入ってしまうと思いました。
 「カズキが俺の事好きでいてくれたの嬉しいけど…カズキ、好きな女いないのか?」と聞くとカズキは、顔を横に振って「Mが好きなんだ。会った時からずっと…」と言ってきたので、俺が改めてカズキに「俺、男だぞ。いいのか?」と聞くとカズキは、俺の目を見つめて「うん、うん」と二回頷き、「Mじゃないとダメだし…Mともっとエッチな事してーよ」と言うと、また、いつものカズキの表情が戻ってきました。
 「俺だってカズキとエッチな事してーよ。カズキのそのエロいデカチンもっと触りてーし」と俺もちょっと笑みを浮かべながら言うと、「なぁM、もう一回キスしていいか?」と言ってきたので、「うん」と頷くと、カズキはまたキスをしてきました。
 カズキが舌を入れてきようとしたので、俺も舌を出し、絡ませるようにディープキスをしました。
 俺にとってのファーストキスの味は、カズキがさっきコンビニで買ってきて食べてたピザパンの味でした…。
 カズキが唇を離すと、ギンギンに勃ったチンコを触りながら首筋から乳首、腋の下から脇腹へと舌で愛撫してきました。
「うっ…ああっ」カズキの愛撫の気持ち良さに思わず小さく喘ぎ声が漏れてしまったくらい興奮してました。
 俺のチンコの亀頭がびしょ濡れなのか、亀頭を撫で回すカズキの手がとてもヌルヌルと滑らかに、「クチュ、ピチャ」みたいな感触まで分かるくらい、手をいやらしく動かしてました。

 「M、気持ちいいか?すげぇ濡れてるじゃん…なあ…お前のチンコ舐めていい?」と言ってきたので、「うん」と頷いて「いいけど、我慢できなくて、お前の口の中に出しちゃうかも」と言うと、「うん、いっぱい出せよ」と言い、お腹や臍の周辺の愛撫からいよいよチンコへ到達しました。
 カズキはチンコに軽く2回程キスをして、脚を広げ玉袋からサオ、そして亀頭へと舌で舐め上げました。
「あっ…ああっ…」
 更に、亀頭やカリを舌先で舐め回してきました。
「ああっ…気持ちいい…カズキ…もっとカリ舐めて…」
 俺も興奮してきて、思わずカズキにエッチな要求をしてしまいました。
「カリ気持ちいいか?すげぇカリ張ってんじゃん。スケベだなーM」
 そう言ってカリを舌先で、いやらしくチロチロと舐め回してきました。
「あああっ…いいよ、すげぇいい…」
 俺は、体をくねらせたり、腰を小刻みに動かして、カズキの愛撫の快楽に浸っていました。
「M、しゃぶるぞ。イかせるまで離さないからな」そう言って、チンコを握って垂直に立て、ゆっくりとチンコを口の中へ入れていきました。

2btis00077ps.jpg

 カズキの口の中の温もりがそのままチンコに感じられて、なんとも言えない初めての感触に興奮はピークに達していました。
 カズキは、じっと目を瞑ったまま顔を上下にゆっくりと動かし始めました。
 チンコをくわえた口が上下に動く度に、「ジュポ、ジュポ」とエッチな音がして、その音にカズキも興奮してきたのか、チンコを握った手も上下に動かし、扱き始めました。
「ああっ…あああああっ…カズキ、出そう、出ちゃうよ」
 カズキは、そのまま続けて更に激しくなってきました。
「あああっ、カズキ、口離せよ…もうダメ、出る、出る…あっ!…ああっ!」
 カズキの口の中に出してしまいました。
 直ぐカズキに「カズキ、吐き出しちゃえよ」と言い、カズキは、右手で口を押さえながら砂浜の方に向かい、そこに口から精液を吐き出しました。
 カズキが「すげぇーにげぇー」と言ってきたので、カズキに「これで口濯げよ」と、ペットボトルに半分くらい残ってるコンビニで買ったアイスティーをカズキに差出ました。
 カズキが「くちゅくちゅ、ぺぇー」と口の中を濯いでいる時に、「マジで苦いの?」と聞くと、「マジにげぇーよ。でもM、いっぱい出たじゃん」と言い、また俺にキスをしてきました。

「ううん…チュッ、チュッ」
 カズキの口からは、少し青臭い匂いがしてましたが、舌を絡めてディープなキスをしました。
 俺が「なぁ、カズキのチンコしゃぶっていいか?なんかお前のもしゃぶってみたい」と言うと、「あぁ、だけどイきそうになったら言うから、そしたら離せよ。マジでにげぇーから」と言うと今度はカズキが仰向けになって、俺がカズキに覆い被さるようになり、お互い見詰め合ってキスをしました。

1btis00077ps.jpg

 そこまで、やってて、自分がホモじゃないって思ってるM君もおかしいんですが(笑)、でも彼の話を聞いてると、確かに自分たちの頃とは、何かが違うって気もするんですよね。
 罪悪感がないっていうか、もちろん、男が男を好きになって何が悪いって話なんですが、彼ら、その拘りも薄そうだし、、。
 ・・まあ、この辺りの分析はいずれ、又、そういう内容のブログを書く気力が出たときにって事で(笑)。










 



parat01444pl.jpg 美人ニューハーフのシ○ウト娘ナンパ(8)「私のチンポ見てみませんか?(ついでにSEXも)」

ニューハーフが正体を隠して街の素●娘をナンパSEX!第8弾!美人ニューハーフ‘月野姫’と高学歴ニューハーフ‘望月ちはや’が女子大生を誘惑!実は男と知った女子大生だが頭とアソコの好奇心は抑えきれず、卒業前に最後の絶頂を果たす!

























13msmd00016pl.jpg She Male Jam 16

異色のレズプレイ、タクシードライバーを逆ナンして拘束プレイ、はたまた新人ニューハーフとのソープごっこに激しい接吻、突然の3P、4P、いやらしい腰つきその他諸々…。今度のセナは違います!






























118prb030pl.jpg 放課後の誘惑

わたしの身体、もっとエッチにしてくれますか…?放課後の教室で性欲を持て余した女装子達がペニクリをフル勃起させながら制服着たままどエロいアナル調教を施される…。『センセ、ボクとエッチなことしたかったの?ぶっといチ○ポがすっごく熱くなってるよ…。』





























dasd00381pl.jpg 夫の目の前でしゃぶられて 城星凜

夫・こうちゃんと結婚して約1年。何不自由なく幸せな結婚生活を送っている。ひとつだけ不満があるとすればこうちゃんは私のクリを舐めてくれず、挿れて終わるだけの淡泊なSEX。私が求めているのは…。























































































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2017/04/29(土) 07:03)

<<フェイクレズショー | ホーム | 「門前の小僧習わぬ経を読む」>>

コメント
  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| # | 2017/05/08(月) 12:23 [ 編集 ]

  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| # | 2017/05/08(月) 20:20 [ 編集 ]

  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| # | 2017/05/10(水) 12:38 [ 編集 ]

  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| # | 2017/05/12(金) 13:46 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/575-5c2ea65e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア