FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 友達の輪(1) 咥えていいとも!
440thiuxtric.jpg

 「chika姉さんは今まで何本くらい咥えて来たんです?」と聞いても、返ってくるのは謎めいた微笑みばかり。
 確かにchika姉様くらいになると、お仕事とプライベートを足せば、ちょっと今まで食べてきたおチンポの本数なんて、もう数え切れないかも知れないですね。
 で、こっちは女装暦は長いものの、所詮は身体をいじる度胸もない素人なので、有り余る程の性体験はありません。
 さて、ネタが、、、あるにはあるんですが、一応、自分なりに「この部分は公にしたくないな」と言う領域もあるのでブログには、、。
 そんな感じで悩んでいるmayuです。
 でも思い浮かんだんです。
「そうだ!その手があるんだ!」。

16idrk00002ps.jpg

 つまり友人の力を借りるのです。
 類は友を呼ぶ、です。
 女装子やゲイの知り合いは結構います。
 彼らに体験談とかを語って貰えば良いのです。
 中には、声を掛けた瞬間にホイホイ乗ってくる友人もいました。
 そうなんです。
 彼らは披露したがってるんです。
 それでは、その第一弾をご紹介させていただきます。

13idrk00002ps.jpg


 国語の先生27歳、と言っても臨時講師なんですが、この人と放課後の宿直室で2人きりになった時に抱かれて以来、ボクはこの人の虜です。
 ボクの先生は、ちょうど先生氏と別れたばっかりと言うこともあったのか、もの凄くボクの体を可愛がってくれました。
 先生は、見た目は凄く大人しそうな、目の綺麗な、ふわっとしたイメージの人です。
 ところが、Hでは全然違ったんです。
 初め、放課後の教室で話をしていたんだけど、その内に先生が「ねぇ、キスしていいか?」って聞いてきたんです。
 先生のこと嫌いじゃなかったし、興味もあったから、「いいですよ」って簡単に答えました。
 初めは普通の軽い唇が触れるくらいのキスでした。
 でも、先生はそれだけでやめてくれませんでした。
 気が付くと、先生はボクを宿直室に連れ込み、ベッドの上に押し倒していました。
 私も何がなんだかわからなくなってきて、先生にしがみついていました。

12idrk00002ps.jpg

 もう先生のキスは唇ではなく、首筋に移っていました。 
 ボクはただ「気持ちいい」って言い続けてたそうです。
 そっと制服の上から股間を撫でられて、体がビクビクしていました。
 段々声が溢れ始めた時、先生が耳元で「廊下に響いちゃうね」って笑いました。
 ハッと気付いたボクは、先生を押しのけて、起き上がろうとしました。
 ところが、普段の先生からは想像できないほどの力で押し返されたんです。
「先生のこと嫌いになった?」
 聞いてくる言葉は、信じられないくらい強気で、「そんなハズはない」という自信が込められていました。
「嫌い…じゃない」
「これ、いや?」
「いやじゃない…」
「じゃ、させて」
「でも…」
「何もしなくていい。先生にさせて」
 そう言われて、今までのとは違う、凄く深いキスをされました。
 先生の舌がボクの舌に触れた時、もうどうなってもいいと思いました。
 ワイシャツのボタンが外され、胸を直接手で撫でられ、ただ喘ぐしかありませんでした。
 先生の唇が段々と下に下りてきて、右の乳首を口で、左を手で転がされていた時には、もう勃起はビンビンで、ガマン汁でグチャグチャになっていました。
 足で先生の腰を、手で先生の頭を抱きしめて、おかしくなりそうなくらい感じていました。

11idrk00002ps.jpg

 先生がボクの制服と下着を一緒に脱がしてくれた時、早くして欲しくて、自分から抱きついて、ボクも先生の服を脱がせました。
 先生は女物のパンティを穿いていました。
 ボクはパンティ脱がし、勃起にしゃぶりついていました。
「あっだめ!!」
 先生が凄く色っぽい声を出して、ボクを抱きしめてきました。
 そのままずっと舐めていると、先生の息もドンドン荒くなってきて、突然ボクの肛門に触れてきたんです。
 もうトロトロになっていたので、先生の指が簡単に滑っていきました。
 先生は、ボクのトロトロのガマン汁を指に取ると、それを肛門にそっと塗って擦り始めました。
 気持ちよくって、気持ちよくって、恥ずかしいのも忘れて腰を振っていました。
「寝て」そう言われて、もう一度仰向けに寝ました。
 先生はボクの両足を大きく開かせました。
 すぐに閉じようとしましたが、先生の体が入り込んでいたので無理でした。
 それどころか、膝に手を当てると、肛門を上に向けるようにして、ボクの足を押したのです。
 恥ずかしくて恥ずかしくて堪りませんでした。

10idrk00002ps.jpg

 先生は肛門を指で大きく開くと、「ここ、凄く綺麗だ」と、うっとりした声で呟いてくれました。
 先生は、ボクのまだ何も入れられたことないところに、何度も何度もそっと触れてきました。
「ねぇ。すごく濡れてきてる。溢れてるわよ。ヒクヒクしてる」
 そう言って小さく笑われると、恥ずかしくて、いっそめちゃくちゃにかき回して欲しいくらいでした。
「ダメ、恥ずかしい」
 やっとそれだけ言った時に、今までとは違う柔らかい感触がしました。
 先生が肛門を舐めてくれてたんです。
 初めての舌の感触は、強烈なほど気持ちよくて、「ダメ、ダメ」と繰り返しながら、先生の頭を抱え込んでいました。
 一旦口を離されて、どっと気が抜けた瞬間、今度は亀頭を噛まれました。
 指で肛門の入り口を優しく撫でられながら、亀頭を歯で軽く扱かれるんです。
 段々頭が真っ白になってきて、先生に強く噛まれた瞬間にイッてしまいました。
 生まれて初めて、体が痙攣するほどイってしまって、勃起がビクビクと脈打ってしまいました。
 「イっちゃった?」と聞かれて、ボクは夢中で頷きながら、先生にキスをしました。
 先生の口の周りは精液でトロトロで、キスはボクの精液の味がしました。

9idrk00002ps.jpg

 やっと落ち着いてきた時、まだ先生の手がボクの肛門にあることに気付きました。
「先生、手…」と言うと、先生は「中に入ってるのわかる?」と言って、指を動かしました。
 何がゾクゾクッとする感じが体中を走って、「…はぁっ、あっ」抑えきれない声が出ました。
「今、中に入ってるよ。ホントにしたことないんだ。すごく、きつい…」
 そう言うと、指を円を描くように動かし始めました。
「痛い?」
「ううん、痛くない。して。して」
 ボクはもう自分からして欲しいと口にしていました。
 すると、先生は円を描くように動かしながら、出したり入れたりし始めたんです。
 段々変な、今まで感じたことのない感覚が襲ってきて、夢中でしがみついていました。
 そして、声も出なくなるくらいよくされた後、「自分で拡げて」と言われて、自分の両指で肛門を大きく拡げさせられました。

8idrk00002ps.jpg

 そして、先生は勃起を舐めながら、肛門に指をたくさん入れてくれました。
 この時は少し痛かったけど、先生が勃起を凄く激しく舐めてくれたので、それどころじゃありませんでした。
 前から流れてきたものを付けて、指が4本入りました。
 全然痛くなくて、それどころか、間の部分を挟むように両手で擦られて、一度目よりずっと激しくイッてしまいました。
 もう体中の力が入らなくて、グッタリしていると、先生が優しく何度もキスをしてくれました。
 ボクは先生の勃起に体を擦り付けました。
 先生の足の間にボクの足を絡めてしがみついていると、ボクの太股に温かいトロッとした感触がありました。
 先生も、ボクと同時に射精していたんです。
 ボクはそっと手を伸ばして、先生の勃起に触りました。
 「あっ」 先生は可愛いらしい声をあげて、ボクの腕に爪を立てました。

7idrk00002ps.jpg

 その声を聞いた途端、ボクもしてあげたくて仕方なくなって、「ボクもする」と言って、先生を押し倒しました。
 でも先生は、「じゃ、一緒にしよう」と言って、ボクの勃起にもまた触れてきたんです。
 ボクは先生にも気持ちよくなって欲しかったから、「ダメ、ボクがする」と言って聞きませんでした。
 そうしたら、先生は少し意地悪そうに微笑むと、「じゃあ。69しようか」と言ってきました。
 「じゃ、先生の顔跨いで」と言われたんです。
 まさか自分が上になるとは思わなかったので、「できない」と言うと、先生は「だったら、横向きでしよう」と言ってくれました。
 ボクは先生の方に足を向けて横になり、先生の足の間に顔を近づけました。
 先生はボクの肛門を開いて「赤くなってる」と言いながら、入り口を舐め始めました。
 ボクは我慢できなくなって、先生の肛門を大きく開いて、いきなり中に舌を入れました。
 そして、ガマン汁が溢れている先生の勃起や玉袋、肛門襞まで舐めまくりました。
 「あっ」先生が声をあげた時、熱い息がボクの肛門にもかかります。
 もう夢中になって舐め回しました。

6idrk00002ps.jpg

 ボクが舌を動かす度に、ボクの肛門でも先生が舌を動かしてくれます。
 ボクが顎を動かすと、「いや、いや」言いました。
 ボクの顎は、先生の肛門にピッタリとくっついていたのです。
 ボクは先生の肛門をそっと撫でながら、尿道口に舌を深く刺し、顎を小さく動かしました。
 すると、先生は声をあげて大きく仰け反り、ボクの肛門の中に一気に何本もの指を入れ、勃起を吸い上げてきたのです。 
 ボクも、ひどく感じてしまって、先生の肛門の中に3本もの指を出し入れしながら、勃起をきつく吸ったり、舐めたりしていました。
 ボクは、また段々おし○こがしたくなるような感覚に襲われてきて、足がガクガクしてきました。
 でも、先生の肛門もひどくキツくなってきて、勃起は硬く尖っていました。
 ボクは、またイキたいのを我慢して、もうめちゃくちゃに先生の肛門をかき回し、先生がしてくれたように亀頭を歯で扱い、最後に肛門に一気に4本指を入れてしまいました。
 すると、先生は「ああっ」と大きな声をあげて、今まで一番深く指を差し入れてきました。
 ボクは、前立腺に指が当たった瞬間にイッてしまい、先生の顔に射精してしまったのです。
 先生も同時に、大きく仰け反りながらイッていました。
 全身の震えが治まらず、先生の勃起に顔を埋めてしがみついていると、先生がボクの肛門にきつくキスをしてくれました。

5idrk00002ps.jpg

 今度は四つん這いにされました。
「いいかい、いくよ」
 先生の勃起が、ボクの肛門に徐々に埋まっていきます。
 痛みはなく、全身が痺れるような感覚でした。
 根元まで埋まった後、徐々に先生の動きが速くなりました。
 ヌチャヌチャ‥いやらしい音が宿直室に響きます。
「いい、いい、でる、でる、でるよ」
 その声で、ボクもまたイッてまい、初めての体験でトコロテンでイッてしまいました。
 正気に戻ってから、顔に射精してしまったことを思い出し、大急ぎで先生に謝ったら、
「いいよ、気にしないで。でも、スケベだって証拠ね」と言って、クスクス笑われました。
 先生とは今でも続いています。
 見た目のお坊ちゃまとは大違いの、凄く強引な人です。
 でも凄くHで、凄く可愛い、大好きな人です。

4idrk00002ps.jpg

 先生との関係も数週間が経ちました。
「愛人になれってこと?」
 思いのほかすんなりと愛人という言葉が出てきました。
「どんなことするんですか?」
内容を聞いてみようと思いました。
「そうだな…変態に聞こえるかもしれないけど、君をどんどん調教していきたいかな。痛いこととかはしないけど、ボク、少しS気味だから。」
「…少しだけ、考えてもいいですか?」
 とりあえず、考えてみようと思いました。
「わかった。興味なければ、忘れてもらっていいからね。もし、決心できたら、家まで来てくれ。」
 その日の夜、先生の家の前にボクはいました。
 (もし、やっぱり無理なら、断って、出ていこう。でも、先生みたいな人なら…)
 そう思っていました。

3idrk00002ps.jpg

 インターホンを押しました。
 待っていたかのようなスピードで先生がドアを開けました。
「来てくれたんだ。」
 先生は嬉しそうでした。
 中に入ると、小ざっぱりとした部屋で、整理整頓されたきれいな部屋でした。
 部屋に入って、すぐにボクは言いました。
「まだ決心がついたわけじゃないんですけど、物は試しと思って…」
 先生は普通に笑っています。
「そりゃ急じゃ無理だよね。愛人なんて。今日で嫌なら、やめていいから。」
「はい…」
「じゃあ、始めようか」
 先生は大きなベットのある寝室のドアを開けました。
 寝室には大きなキングサイズのベッドが置いてあった。
「じゃあ、服脱いでくれる?」
 先生は言いました。
 ボクはゆっくり服を脱ぎました。

2idrk00002ps.jpg

 自慢じゃないけど、ボクはスポーツしてるので締まった体をしてます。
「意外といい体してんだね。きれいな線だし。」
 先生は腰に手を回して、撫でてきました。
 くすぐったいような、気持ちいいような感じでした。
 持ち上げられるようにして、ベッドに押し倒される。
 先生のカサカサした指先が乳首を撫でてきました。
 女子とセックスしても、そんなことをあまりされたことはなかったので、結構きます。
 しばらくすると、自分でも乳首が硬くなってるのがわかりました。
「先が硬くなってるよ」
 指先がそこを狙ってきます。
「あふっ」
 体が少し反応してきてるのがわかりました。
 体が熱かった。
「チンコこんなにしてる 笑」
 先生の手が下に張って行って、ボクのチンコを握りました。
 ギンギンになっています。

1idrk00002ps.jpg

「あぁぁ!」
 突然強い先生の手に握られました。
 先生の手はしごくというより、こねくり回す感じで、仮性のボクのチンコを剥き始めるのです。
 先生の顔は下に降りて行って、玉袋を吸い始めました。
「そこはダメです!」
 手で払おうとしたが、先生は気にせずチンコ全体を舌で愛撫して行きます。
 裏筋から、鈴口のところを舌で何回も往復されて、ボクのチンコはもうぐちょぐちょでした。
「はっ…はうっ…あん!ダメ!あぁ…」と先生の愛撫にそろえて声が漏れてしまうのです。
 ふと顔を話すと先生は剥いたチンコの首のところに指を当て、くりくりとひねり始めていました。
 一番敏感なところをそんな風にされて、思わず体を起こしてしまったのですが、ボクには刺激が強すぎて、シーツを握りしめることしかできませんでした。

(続く)










dasd00395pl.jpg 天然美少女ニューハーフ Debut 泉水らん

皆様、お待たせしました。ニューハーフ界に期待の新星がやって参りました。この可愛さは異常です!B94のFカップ爆乳!ニューハーフに少し興味がある人なら、この子がオススメです!アナルセックスではドライオーガズム『イクッ!』を初体験します!『可愛さ・おっぱい・ちんちん』すべてが規格外です!ぜひご視聴ください。





























dasd00391pl.jpg NH相互性感マッサージ 月島アンナ

パイパン巨乳ニューハーフの月島アンナ専属2本の企画は相互性感マッサージ。オイルで全身の血流が良くなった彼女のペニスはいつもより勃起中。M男さん必見!ガチガチに膨張したおちんちんで逆アナルを挿入。爆乳を揺らしながらたっぷり中出し。痴女としての才能も開花!?ご堪能ください。





























avop00319pl.jpg 天然美少女ニューハーフ 城星凜 引退

AV業界に新たな風を吹きこんだニューハーフ女優「城星凜」。アイドル級の可愛さでありながら、愛おしくなるほどの巨チン、引き締まったアナルに私達は脱帽をした。引退するのは誠に悔やまれる。最後の華を飾るために用意した舞台は「ハメ撮り」「童貞の筆おろし」「連続手コキ」「顔射3P」。ありがとう星凜ちゃん。





























dasd00390pl.jpg キャットラバーズ 城星凜

今回のキャットラバーズはニューハーフAV女優!勃起したデカチンにフィットしたラバースーツ。敏感なちんちんはゴム越しでびくんびくん。男のアナルにずっぽし挿入。未公開映像を特典収録。
































































雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/05(土) 07:02)

<<友達の輪(2) 咥えていいとも! | ホーム | 嗚呼、やはりchika姉様はSM女王様>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/589-51a3b44e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア