FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 山の上で拾った男の子 (前)

o1ufz7dio440.jpg

 9月の始めの休日、久しぶりにオートバイを引っ張り出して鷲羽山へドライブにいった。
 特にバイクで峠を攻める趣味はないけど、鷲羽山の展望台に向けて緩やかなカーブを駆け上っていく、あの感覚は好きだ。
 結構、遅い時間の出発だったから、上での散策はそこそこに切り上げて帰路につくと、鷲羽山第二展望台のバス亭をすこし下ったあたりで、とぼとぼ歩いている少年を見つけた。
 あの辺りからのバスだと、最終は午後3時過ぎで早いから、それに乗り遅れたのか?何かの事情があるのか?いずれにしても地元の人間ならこんな事にはならないだろうと、思いながら一旦は彼の横を通り抜けた。
 ・・・のだが本気で、徒歩で下山するつもりなのかと可愛そうになってUターンする事にした。
 ここはちゃんと舗装された立派な道だから、山で遭難するという事はあり得ないが、徒歩で麓まで辿り着くには、あまりに距離が長すぎる。
 それに正直に告白するが、パッと見ただけでも、その少年は可愛らしかったし、何よりも男の子が寂しげなのが気にかかった。

l118prb00033ps.jpg

 俺は男の子のところまで引き返して、「兄ちゃん、一人かい?」と声をかけた。
 タンクトップと短パンで夏の間はいつも外で遊んでいたのか、顔や肩・腕は真っ黒に日焼けしていた。
 元は丸坊主だったらしい髪がすこし伸びて、その形の良い頭を女の子のベリーショートのように縁取っている。
 男の子が「うん」と気弱に答えた。
 「これから下まで降りるんだけど、一緒に来ないか?後ろに乗れよ」と言うと、男の子はニコっと笑って後ろのシートに乗っかった。
 彼に貸し与えるような余分のヘルメットはなかったが、気にならなかった。
 俺は飛ばし屋じゃないし、ここにはパトカーなんてこない、麓まで降りればなんとかなる。
 俺の腰に腕を回し、しがみついて来る少年の体温が太陽みたいで気持ちよかった。

k118prb00033ps.jpg

 麓に出てから、俺も腹が空いていたし、これも何かの縁だと思って少年を食事に誘った。
 もちろん金は持っていないだろうから、最初からおごるつもりだった。
 ラーメン屋で男の子と少し話をした。
 その子はやはり家出少年だった。
 名前はチカオとしか名乗らない。
 家出の事情は、俺が予想していたよりまだマシな方だったが、彼の気持ちはなんとなく判った。
 父親がかなりいい加減な男のようで、実母とは死に別れ、二人目の母親もつい最近家を出てしまったようだ。
 父親が家を空ける事が多く、自分が何をしても感知をしていないようだし、学校も一・二度休むと、休むことに罪悪感がなくなってきて、ついフラフラと出歩いちゃうんです、と彼は言った。
 第一、学校の先生も僕の家の事情を知ってるみたいで、何日か休んでも、あまりとやかく言ってこないとも教えてくれた。

 『家出って、お金はどうしたの?君にしたら、ここ、かなり遠い場所でしょ?』と聞いたら、黙って答えない。
 でも父親が渡してくれる食費とかに、手を付けるのは悪いことだから、それはしていないと言う。
 『言いたくないなら、それ以上言わなくていいけど、兎に角、家に帰るだけのお金はあるの?』と聞いたが、少年は薄く笑うだけで、また答えようとしない。
 というか、自分の所持金でどんな交通機関を使って何処まで行けるか?戻れるか?今夜をどうするか?といった事をあまり考えていないようだった。
 ただ自分の今いる場所から、遠く離れたい、それだけの気持ちで動いているようだ。
 俺は、そんなチカオをほっておけなくなって、とりあえず自分のマンションに連れて帰った。
 さすがにバイクは昵懇にしている店に止め、帰りは二人で公共の交通機関を使った。

j118prb00033ps.jpg

 俺のマンションに入ったときに、チカオは、「お兄さん、ホモなの!」と声をあげた。
 酔っていた俺は、ソレらの事を、すっかり忘れていたのだ。
 部屋の壁には、ジャニーズのポスターが貼ってあるし、床にはゲイビデオやゲイ雑誌が出しっぱなしだった。
 部屋にノンケが来ることはないので、部屋の中はいつもそんな状態だ。
 チカオがおびえた顔をして、「僕、犯されるの?」と聞いてきた。
 えっ、なんでそんな事に気が回るのこの子?と思ったが、今時の子供は、普通にこんなのかも知れないと思った。
 俺は笑いながら、「チカオは女の子が部屋に遊びに来たら犯しちゃう?」と聞くと、「そんな事しないよ」と答えがかえってきた。
 「俺も犯したりなんかしないから安心しな。チカオが心配だから連れてきただけだよ」と言うと、チカオは少し安心したようだった。
 でも、シャワーに行ったときも警戒していて、ユニットバスの中に入ってから服を脱いで、ドアを少しだけ開けて、服を外に出してシャワーを浴びていた。
 出るときも、腕だけ出してタオルや服を取って、ちゃんと服を着てから出てきた。
 なんだか妙なところに気が回る少年だった。

 俺がシャワーを浴びている間に、チカオは服を着たままベッドで寝てしまっていた。
 鷲羽山の頂上に行くまでに、どんな事をやっていたのか判らないが、そうとう疲れていたのだろう。
 俺はチカオの肩や腕を触ってみた。
 まだ毛が生えていない腕や足は、ツルツルだった。
 俺はチカオの肩や腕を触っているうちにムラムラしてきた。
 俺は片手でチカオのスベスベの腕や胸を触りながら、シコった。
 犯してるわけじゃない、だからOK、、俺の、悪さの基準はこんなものだ。

h118prb00033ps.jpg

 チカオはかなり疲れていて、ずっと寝続け起きたのは次の日の夕方近くだった。
 食材を買いに行ったり、メシを食ったり、ゲームをしてるうちに、チカオとは仲良くなった。
 頭も性格も良い子で、話をしていると、いろいろな話題がでてくる。
 メシを食い終わった後も、自分から食器を台所に運んで洗うような子だった。
 この子だったら、その善し悪しは別にして、自分一人でも、やっていけるだろうと思った。
 ビールを飲みたいと言うので飲ませたら、その日は酔って寝てしまった。

 俺は、翌日は仕事だった。
 一応、土日が休めるのだから有り難い話だ。
 チカオをどうしてやろうかの算段も付かないまま、その日は朝のうちに簡単に作れる昼飯を用意しておいた。
 家に帰れるだけの金を渡してやれば良いのかも知れないが、それで真っ直ぐ帰るとも思えなかったし、それが俺の出来る最善なのか?と、俺なりに回らない頭で少しは考えた。

g118prb00033ps.jpg

 チカオの服は汚れて、ちょっと臭っていた。
 俺がいるときに脱いで洗うのは恥ずかしいだろうと思って、『俺が出かけたらすぐに洗濯をするように』と言って、仕事にでかけた。
 俺が仕事から帰ってくると、これまで、タンクトップを脱いだことがないチカオが上半身裸で待っていた。
 タンクトップの日焼け跡がはっきりしていて、真っ白なお腹と、真っ黒に日焼けした肩や腕が対照的だった。
 俺が部屋に入ると、チカオは壁に貼ってあるジャニーズのポスターの前に立って、ポスターと同じ格好をして見せた。
 腕を上げたので、ツルツルの脇の下が見えて、俺は恥ずかしながら自分のを起ててしまった。
 部屋の中をよく見ると、エロビデオの積み方が変わっていた。
 ゴミ箱がテレビの前に動いていて、中にはティッシュが一杯入っている。
 こいつ、エロビデオでシコったなと思ったけど、恥ずかしがるだろうと思ってそれは言わなかった。

 俺は、シャワーを浴び、トランクスだけはいて、晩飯を作った。
 晩飯の後で、チカオがいきなり「お兄ちゃんもシコるの?」と聞いてきた。
 俺は、なんでチカオがそんな事を聞いてくるんだろうと想いながら、「いつもはビデオをオカズにシコってるよ」と正直に答えた。
 こういう時は、子供相手だと気が楽だ。
 相手が大人だと色々考えなくてはならない。特に俺のような人間はそうだ。
 するとチカオが「僕が手伝った方が良い?」と聞いてきた。
 俺はその問いに、のけぞりそうになったが、チカオの話はこうだった。

f118prb00033ps.jpg

 俺が出かけた後で、チカオは素っ裸になって服を全部洗濯したそうだ。
 素っ裸で服が乾くのを待っているうちに、自然に手が伸びたゲイビデオを見てシコったらしい。
 特にゲイビデオとは限らず、こういったAVを何人かで一緒に見てシコるのは何度か経験しているようで、逆にそれを他人から見られる恥ずかしさも良く知ってるようだ。
 チカオは、自分がいると俺がシコれなくて迷惑だろうから、代わりに自分がシコってあげれば良いと考えたようだ。
 妙な発想だが、まあ迷惑代の感覚なのだろうか、、。
 迷惑代と考えると、居候の立場にあるチカオの考えはもっともだと思ったし、シコるのを手伝って貰うだけだったら、中○生とエッチするのとは違うから良いだろうと思って、ヤって貰うことにした。
 何度も言うが、それが俺の善悪の境目だ。
 ようは相手が納得するかどうか、相手が傷つかないかどうかだ。

 俺は素っ裸になって、ベッドの上に寝た。
 チカオの両手にローションを塗ってやって、俺のチンコを触って貰った。
 チカオはローションでベトベトになった手で、俺のチンコを触った。
 ローションで手が滑るのが面白いようで、楽しそうに俺のチンコを触りまくりだした。
 見るとチカオのズボンは、堅くなったチンコで前が膨らんでいた。
 ただ俺が「チカオも脱げよ」と言っても、「恥ずかしいから」と言って脱ぐのは拒否した。
 チカオの手の動きが俺には軽すぎるので、俺は、「もっと強く握って勢いよくシコってよ」と頼んだ。
 チカオはそう言われ、力強くシコる方が俺が気持ち良さそうなのに気付いたようで、それからは力を入れてシコりはじめた。
 勘が良いというのか、不思議な少年だった。

 2neoe118prb00033ps.jpg 
 

 俺は、チカオにシコられて、すごく気持ちよくなってきた。
 喘ぎ声が出てしまった程だ。
 俺が喘ぐと、チカオが面白がってもっと強くシコってきた。
 俺はその熱っぽいチカオの反応に、喘ぎ声を抑えるのを止めてしまった。
 俺の口からは気持ちよさで「あぁーっ」と言う喘ぎ声が漏れ、身体はだんだん反り上がって行った。
 俺は、「チカオ、気持ち良いぞ」と声をかけた。
 チカオは、スピードを上げてシコり続けた。
 チカオの手は、俺のチンコを気持ち良く刺激し続ける。
 俺はガマンできなくなっていた。
 とうとう「チカオ、イクぞーっ」と声をかけた。
 俺は、一気にイってしまった。
 俺の頭の上を精液が2度、3度と飛んでいくのが判った。
 俺の腹の上にも白い精液がビシッ、ビシッと飛んで来た。

 チカオは、俺の量があまりに多いのに驚いたようだ。
 俺がイった後でまったりしていると、チカオは俺の精液を指に取って、精液の臭いをかいで、「僕のよりベトベトするし臭うね」と言った。
 チカオは俺の胸の上に飛んだ精液で、字を書いたりして遊んでいる。
 俺がティッシュを取るように頼むと、チカオが汚れを拭いてくれた。

d118prb00033ps.jpg

 その日、俺がトランクスだけでベッドに入ると、チカオも短パンを脱いでトランクスでベッドに入ってきた。
 俺をイカせたときは、短パンを脱ぐのを恥ずかしがったのに、トランクスだけで寝るのは平気みたいだった。
 それは話に聞く、女の子の恥じらいようなものなのかと思ったが、もちろんチカオは女ではない。
 「そういう男の子」なのだろう。
 俺がチカオに身体をくっつけて手を回すと、「暖かくて気持ち良いね」とチカオが言った。 
 俺は優しくチカオの身体を触った。
 そのツルツルの肌はすごく触り心地が良かった。
 俺は気がつくと、そんなチカオの身体を触りまくっていた。
 チカオの身体は敏感で、感じやすいところを触ると、ピクっとして「くすぐったいよー」と文句を言ってくる。
 俺は、チカオの身体の感じ過ぎる部分を避けて触る事にした。
 それが俺なりの礼儀というか、一線だと思ったからだ。
 俺は心のどこかでまだ、「旅で出会ったやさしいお兄さん」でいたかったのかも知れない。

 チカオの口に俺の口を近づけても、チカオはそれを避けなかった。
 俺が軽くキスをすると、チカオは口を開いて舌をからめてきた。
 俺は何度もチカオにキスをした。
 チカオのチンコに触ると、すごく堅くなっていた。
 でも、シコるように触ると、昼間のシコり過ぎで擦れたところが痛いと言うので、その日は抱き合ったまま寝た。

c118prb00033ps.jpg

 仕事から帰ってマンションのドアを開けると、トランクスの中のチンコを堅くしたチカオが飛びついてきた。
 先走りでトランクスのチンコの周りはシミだらけになっていた。
 俺は、あわててドアを閉めた。
 チカオが、「もうガマンできないよー」と泣きそうな声で言った。
 まさか自分で慰めもせず、俺の身体を待っていてくれたのか、、、。
 チカオに「どうヤってイキたい?」と聞いてやると、チカオは「口」と、ひとこと言った。
 俺は服も靴も脱がずに、チカオの前にひざまずいて、立ったままのチカオのトランクスを下げた。
 チカオのチンコを口に入れた。
 チカオは俺の肩につかまった。
 敏感なチンコを刺激し過ぎないように、俺は優しくチカオのチンコをナメた。
 チカオのチンコは、ボールペンのように堅くなっていた。
 俺がチンコを優しくナメまわしてると、いきなりチカオがイった。
 俺の口の中に勢いよくチカオの精液が飛んできた。
 2発、3発と続きた。味の薄い精液だった。

 チカオはイクと、すぐにトランクスをはきなおしていた。
 チカオが「あーっ、良かった。ガマンするの、ホントに大変だったんだよ」と言った。
 部屋の真ん中にゲイ雑誌が転がっていた。
 チカオが見ていたようだ。 
 こんな物を見るからだ、暇ならゲームでもしていれば良かったのだ。

b118prb00033ps.jpg

 メシを食った後で、チカオのエッチ体験の話を聞いてみた。
 驚いたことに、すでにいろいろ経験していて、もう童貞ではなかった。
 女の人の部屋に泊めて貰っていたときに、乱交まがいのエッチをした事もあるそうだし、同棲している人の部屋に泊めて貰っていたときは、泊めてくれたカップルがエッチをしているのを見ながら、シコった事もあるそうだ。
 もちろん泊めてくれた人のをシコったり、触られているうちにイっちゃったりと、男ともいろいろヤっていたようだ。
 俺がチカオに抱いていた色々な疑問は一気に解けた。
 それでもチカオが、アバズレでないことは判っていた。
 まだ男と男、男と女の色恋沙汰は理解できていないのだ。

 その日は、寝るときに、もう一度フェラをすることになった。
 チカオは素っ裸でベッドの上に寝て、手を頭の下にひいて目をつぶった。
 俺はチカオのキレイな肌をナメまわした。
 脇の下やお腹をナメると、「くすぐったいからヤメて」と言われた。
 でも、チクビや内股をなめると、すごく気持ちよさそうな声を出した。
 恥ずかしさが吹っ切れたのか、内股をナメようと足を広げたりしても、今度は素直に身体を動かしていた。

a118prb00033ps.jpg

 チカオのタマはすごく小さい。
 チン毛はチンコの上に少しだけ生えていて、他はツルツルだ。
 俺はチカオの足の付け根やタマをナメ回した。
 チカオは気持ちよさそうに、「ああっ」というあえぎ声を上げていた。
 だんだん気持ち良くなってくると、チカオは足をピーンと伸ばして、身体も真っ直ぐになり硬直してきた。
 チカオのチンコを口にくわえた。
 棒のように堅いチンコだった。
 俺は、やさしくチカオのチンコをなめまわした。
 チカオは口をきつく閉じて、気持ちよさに耐えていた。
 また、なんの合図もなく、チカオがイった。
 チカオの精液が勢いよく俺の口の中に飛んできた。

 チカオがイってまったりとしてる時に、俺はチカオの身体を抱きしめた。
 チカオは「気持ち良かった」と言って、ニコっとした。
 その日から、エッチをした後は、二人とも裸で寝るようになった。

(後)に続く。









btis00089pl.jpg 美しき女装子デリ嬢4 彩

「女装子には興味があるけど、どこで出会えばいいの?」そんな方には極上の女装美少年がおもてなし。今夜は彩がいい思い出作りを演出します。 好評の完全主観コーナーでは美少年女装子がアナタに迫ってきますよ。そんなステキな時間をどうでしょうか?





















avsa00060pl.jpg 女装オトコの娘 狂乱と錯乱の快楽地獄

可愛いメイクを施された小柄で筋肉質のヒカルは、カメラの前で目を逸らしながらオナニーを始める。その後、パックリと身体を開いて拘束されると、ナント、友達が目の前に現れる。恥ずかしさに震えるその身体からはすでに、まるでメスの匂いが放たれている。心もカラダも女になったオスが快楽地獄に錯乱する肢体をじっくりとご覧ください。




















btis00085pl.jpg 美しき熟女装子デリ嬢 慧 榊原慧

「女装子には興味があるけど、どこで出会えばいいの?」女装子デリはそんなアナタをお待ちしています。「でも若い子はちょっと苦手だなぁ」熟した魅力は格別ですよね。もちろんそんな方には、大人の魅力をじゅうぶんに出している熟女装子がステキな時間を演出します。今回も完全主観コーナーあり。極上の美しい熟女装の慧ちゃんがおもてなし。






















dasd00422pl.jpg 彼の目の前でしゃぶられて 泉水らん

彼氏の信ニさんと同棲し始めて私は幸せでした。私を愛してくれる日々に満たされていました。ひとつだけ不満があるとすれば、信ニさんは私のクリを舐めてくれなかったのです。そして、次第に彼のペニスに活力がなくなっていきました。私が求めているもの、それは…






















tcd00195pl.jpg ニューハーフが女性のふりして街角女子レズナンパ! 桜乃みいな

NH桜乃みいながデザイナーの卵と偽りモデルの依頼と丸め込み素人女子をナンパ。街角女子達はみいなを女と思い込みついてきたが、股間に生えた肉棒を見て「え、ウソ!?」とビックリ仰天!しかし、みいなのデカマラに心惹かれて…爆乳娘は激しいフェラ抜きで口内射精、綺麗めお姉さんが手コキでザーメン搾り、童顔巨乳娘とラブラブSEX、女子大生から尻穴をバイブ責められ快楽絶頂!素人娘達とのレズSEXに大量放出4発射!

























雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/03/03(土) 07:20)

<<山の上で拾った男の子 (後) | ホーム | 上手くされる為の勉強>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/612-fed5f9b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア