FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 初めておちんちんを舐めた日

jossd.jpg 

DSCF10006.jpg
 夕暮れ時に突然の夕立の気配。藍色を増した空が急速に濁っていく。うっそうと茂った鎮守の森から、白鳥の群れが垂れ下がった雨雲を横切っていく。
 遠くで稲光が走るけれど、鳥たちの輝くような純白が色あせることはない。
けれどその白は禍々しく不安な予感を運ぶ白、、、。

 道路から見える田圃に白鳥たちがいるのが、ざらな撮影ロケだった。そのくせ時々、此処にどうしてこんなお洒落な店があるの?という現場も巡った。
 聞けば前出のカメラマン君がいつかは此処で撮ってみたいと暖めていた場所だそうだ。
 あっ、「お洒落」と言ってもエロ姿の女達が映える「お洒落」なので、そこにパブリシティなんかは全然ないんだけれど(笑)。
 「近くに、いい温泉ないかしら。みんなで汗でも流しましょうよ、chikaなんていつもゴム着てるんだから(汗も)になっちゃう」と持ちかけ、撮影スタッフが立ち寄ってくれた温泉を見てchikaは一人苦笑い。
 なんだか見覚えがあるじゃんて思ったら、そこは昔、出張デートで来た場所なんだよね。
 その時の出張デートのお相手は女性(こーゆーのはシーメールならでは、お殿様もお姫様もOK)でした。
 エミィ(エミィってサービスの間中、chikaとお客様との間で使ってた愛称)は、chikaより年上だけど、とっても可愛い人、同じエミィでも上沼恵美子とは全然違いますよ。お世辞抜きで年齢よりずっと若く見えるし綺麗。
 それに仕事がとっても出来るってゆーことは、エミィは隠してたけど、こーゆー仕事してるchikaにはすぐに判る。
 三拍子も四拍子も揃った女に世の中の男は、自分に自信がないから手を出さないんだよね。
 初めて見たラバーに「私、一度はこんなの着たかったんだけどスタイルに自信ないし、私の環境じゃ品物自体を手に入れられないし」って言ってたけど、そんなこと全然なかくてラバー着たエミィってすっごく格好よかった、。
 全頭はさすがに被るの怖がってたけど、顔面が全部オープンなポニーテールタイプは、彼女、鼻が高いし目が大きいから凄く似合ってた。それに彼女は本気の「M」。
 この温泉のI亭で、chikaのゴム責めに乱れに乱れたエミィの姿、思い出すだけでchikaのペニクリ立っちゃう。
 温泉近くの観光スポットで指と指を絡ませて手を握って歩いただけで「セックスしてるみたいだった」って言った人だから感度抜群だし。
 手を握ってる相手が一見「女」で、ぱっと見、レズビアンカップルにみられるし、その相手の正体は実はオカマ・・・ステイタスのあるエミィにして見れば大冒険だったんだろうと思う、、でも普通、散歩ぐらいでパンティに染みなんかつかないよ。モチ、人気のないテーマ館でエミィの耳を舐めたchikaも悪かったけど。
 初めて付けたラバー手袋同士で指を絡ませただけで、カラダの芯に電流が走っただなんて、言ってた彼女、ラバーでも素質あったし、それにペニクリ大好き熟女なのがグ;ウ。
 chikaのペニクリって「ワタシタチ」の中では膨張係数とか硬度なんかでゆーとすっごくグレートなんだけど、男の巨根を上回ってるわけじゃないからさ。あんな風に崇拝されたら嬉しいような彼女が心配なような、不思議な気分だったな。
 みんなでわいわい騒ぎながら渡った橋のたもとにあるブロンズ像にも見覚えがあって、エミィとは朝市のついでに散歩した時に、これを見て「ほらこの子、昨日のエミィみたいだよ。お口を無邪気にあけちゃってさ、欲しい欲しいって」冗談言ったら、彼女真剣に頷いてたなぁ。
 まあchikaも、剥けた時のカリ首の形だけは自信あるしぃ(笑)。まるで釣り針の返しだもんね。
 これでM男を何人釣り上げたか、、だってchikaのお客さんって逆アナル所望ばっかだし、自分では体験出来ないけど、あの引っかかりがズリズリって超気持ちいいんだろうなぁ。
 ブロンズ像みながら、エミィが朝方、chikaの貧乳に預けてくれた頭の重さと髪の香りを思い出しちゃった。


024.jpg  話はがらリと変わって、夏の「重さと香り」と言えばスイカ。最近、何故かスイカが食べたくなってプチ黒玉スイカを買ってみた。
 そー言えばスイカって最近、殆ど食べていない。
原因は、寂しい話だけど一人暮らしじゃスイカ一玉も半切りも大きすぎるから。
 もっと小さく切ったものも売っているけれど、それぐらいのサイズになると「別にスイカじゃなくても、、」って感じで他のフルーツに目がいってしまう。
 スイカってやっぱり夏場、家族とか友達とか夫婦とかで仲良く食べるものなのかも知れない。
 黒玉を買ったのは正にプチだったという理由と(それでも食べきれずに弟のところに持って行ったけど)そのブランド力、故のこと。
 デンスケスイカという楽しげな別名も好きだし、スイカの成育中にスイカ自体をころころ回して太陽に当てて真っ黒にする手間とかを聞くだけでなんだか凄く甘そう。

 でもchikaが黒玉を買った本当の理由は、あのキモ可愛の色艶や手に持った時の重量感が好きだから、、ってゆーかスイカのクセに、黒玉ってchikaのフェチ心を擽るのね(笑)。
 キッチンで包丁入れた途端に、現れる真っ赤な果実も衝撃的だったし、、なんだか凄く肉感的な食べ物やなぁと、スイカでこんなにエロスを感じたのは初めて。
 まあ小さい頃から、スイカの果肉に自分の口やらホッペタをめり込ませるようにジュル・ザキ・カシュと囓りついてる状態には少なからずの快感を感じてたけど、、。

 この辺りの感覚の変化って、妙な例えだけど、初めてオチンチン舐めた時の超ドキドキ感と似てるような似てないような。
 chikaは性同一障害の人じゃないから、スタートは完全に「男の子」だったし、男の子は男の人のチンポ舐めちゃいけないってゆータブーってかフェラに対する抵抗感って当然凄くあったよ。
 それがさ、目の前に生臭くて赤黒い亀頭とハムみたいな肉竿がドーンってあって「ああ僕チン、いけないことしようとしてる。地獄に堕ちちゃうよ~」みたいな?
 そりゃ心臓バクバク頭ガンガン、そのクセ、心の悪魔が「やっちゃえやっちゃえ(笑)」。
 こーゆーのって抵抗が大きいほど突破した時ののめり込み方が尋常じゃないってゆーか、全身の快楽神経が一辺に稼働したみたいな感じになったなぁ(遠い目)。
 白状しちゃうとラバーマスクを初めて被った(被らされた)時も同じような感じだった。
 だって顔とゆーか、頭全体が亀頭に変換された状態って言うのか(あっこの例えって判って貰えないか、、)凄かったもんね。

047.jpg  chikaをラバーフェチの入り口に連れていってくれたのは弟のjだけど、彼が見せてくれたラバーのビジュアルで一番衝撃的だったのは、Jo Hammarが撮った「Hooked On Rubber」というビデオ。ちなみに冒頭のカメラマン君もこの「Hooked On Rubber」のファンだそうだ。
 特にラバーマスクの装着シーンと顔オナニーは今見直しても、ケツマンコの子宮の奥にポッと火が灯っちゃう。
 「Hooked On Rubber」には重度のラバーフェチ女性が4人とラバー女幽霊(!?)しか登場しない。
 ストーリーは、全身ゴムづくめのメイドに傅かれた性欲の強すぎるゴムフェチの女主人が、これまたゴムフェチの娼婦を探し求めて夜の街に車を走らせる所から始まる。
 娼婦との狂ったようなラバーセックスの描写に続いて、疲れ果ててラバーマスクを付けたまま眠りこける女主人の枕元に現れるのはゴム修道女服を着て顔をガスマスクで隠した幽霊(笑)。
(ちなみに主役の女主人はラバーモノに何本も出演してるナタリアさん。彼女はホンモノのラバーフェチ)
 そのころ用済みになった娼婦は自分を汚物のように放り出したメイドへの意趣返しも兼ねて、仲間の娼婦とレズりながら女主人宅へ盗みに入る事を計画。
 とまあ、筋という程でもないゴムづくしの物語が展開されるのだけど、ここに登場する女達が示すゴムに対する偏愛ぶりが凄い。
 例えば最後に娼婦が女主人宅に盗みに入るのは金が目当てではなく、そこにある豪華なラバーコレクションだったりする。
 引き出しの中に上等なラバーマスクを見つけて、盗みに入っているにもかかわらず、思わずマスクの匂いを嗅ぎ頬ずりしそれを被って感じている内に家人に捕まえられる娼婦のマヌケ振りが可愛い。
 で彼女たちが一番興奮してるのが、ラバーマスクをその顔に張り付ける時。
 ゴムの臭いを嗅ぎ陶然としながらマスクの闇の中に自分の頭と顔を埋め込み、次に、皮膚とラバーの間に残った空気を徹底的に撫でて排除する。
 その行為自体が快感。
 だってその時、顔と頭全体は一つの性器に変換されてしまうのだから。自分の手で自分のラバーで覆われた顔と頭を愛撫する。
 ラバーマスクによって異形のものに生まれ変わる快感は視覚だけではなく、触覚でも確認でき味わえる。
 そいえば黒玉スイカは形状も含めてラバーマスクのイメージに近い所があるなぁ。
 そして黒玉スイカ繋がりで、着ぐるみヘッドもなんとなく視野に入ってくる。
 最近、着ぐるみヘッドについてはその萌えに理解が示せるようになって来て、、、勿論それはラバーマスクへの傾倒の延長線上にあるんだけど、、、結構マイブーム。

 倶楽部のお客さんにはchikaがプレイで顔に付けた汗だくのラバーマスクを欲しがる人が結構いらっしゃるし、過去に好きな彼氏が穿いていたゴムパンツに顔を埋めて大興奮してた我が身の体験から、なんとなく性的嗜好対象物に「自分を埋め込む」っていう快感の意味が分かるような気がする。
 ここまで展開すると無理があると言われるかも知れないけれど、原住民の人達が仮面を付けて踊りながらトランス状態になるのと、「着ぐるみヘッド」も「ラバーマスク」も基本的な原理は同じじゃないかとも思ったりする。
 トランスエンジンは「萌え」だったり遮蔽密着感だったりしてるわけで、ダンスの部分はそれぞれが所属するシーンの中での活動(フェテッシュパーティだとか)に該当するみたいな?
 ただしこのトランスじゃいくらやっても神には会えないけど(笑)。



谷川俊太郎風に、、


048.jpg       鬼征伐

一、桃太郎さん、桃太郎さん
  お口に咥えたゴムチューブ
  一本、中に入れて下さいな。
二、入れましょう 入れましょう
  これから鬼の 征伐に
  ついて行くなら あげましょう
三、逝きましょう 逝きましょう
  あなたについて どこまでも
  家来になって 行きましょう


マゾでありながらサドな状態。
こちらからは見えないのに
相手からはまる見え、
なのに自分が一番見えている状態。
人型のゴム袋の中にみっちり詰まった
ドブ泥の肉。

愛しい人の顔が埋まっているゴムの袋
中身が判っているからアナタは自分のペニスを
叩き付け擦りつける
射精した精液をアタシの顔を包んだゴムの表面に塗りつけ
又、舐め取る
そうされることをじっと味わうアタシ 。

 

11armd00880pl.jpg鼻蟷螂

男好きのする淫乱雌が鼻を駆使して、扇情的に挑発し歪んだ男の欲望を惑わし支配していく…。好きなようにやらせてあげる…この鼻を見て…奥まで丸見えだよ…嗅いであげる…この顔にかけていいのよ。  

 

 

 

 

 

 

 

 

41hrdv00145pl.jpg熱烈ビザール SEX SHOW 涼果りん

変態ラバーコスチュームFUCK!豪華絢爛SEXパーティー!大乱交SEXショー!レズ解禁!ボンテージ女王様のM調教! 

 

 

 

 

 

 

 

 

h_005bc173pl.jpgNEW HALF露出 愛間みるく 

旋律の美少女、愛間みるく。恥ずかしがり屋の彼女に超過激な指令を出す。際どい露出衣装で休日の人が多い新宿にて飛びっこ羞恥露出プレイ。その後、男性用トイレで一般素人男性を誘惑させ  

 

 

 

 

 

 

 

 

104smpd012pl.jpg長身ニューハーフ・デカペニS嬢 白石七海

類まれに見る美形にして長身のスレンダーボディ。そして男顔負けのデカイモノをぶら下げたニューハーフ・白石七海。彼女は男を弄ぶのが大好きな超Sっ娘で、様々なシーンでその小悪魔っぷりを披露してくれる。こんな娘に踏まれてみたくないですか?  



雑記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2008/08/16(土) 08:33)

<<精液に濡れた「革」と「ゴム上履」と「女子高生制服」 | ホーム | ビビビの不倫アンテナ>>

コメント
  chikaさまの足の裏を…
chikaさまの
ちゃんとガーターに吊られてるシーム入りのセパレートストッキング(ゴムで止める無粋なモノではなくて…)の足の裏を舐めてる写真に感じてしまいました。
羨ましい…♪

お互い膨張率はイイみたいね♪
サイズ一緒だし(笑)
URL | 乾 はるか #m6NncH3M | 2008/08/19(火) 04:31 [ 編集 ]

 
ぼくの友達は、自分で自分のオチンチンをくわえられるよう体を柔らかくするため、
ヨガのdvdを購入しましたが、まだ成功の報告はきていません。

あぁ~しかし自分も最近スイカ食べてないな~
また志村けんのように食べたいな~
URL | はつかはジャスコ #- | 2008/08/21(木) 09:46 [ 編集 ]

 
乾先生もはつジャスさんも、奇しくも「オチンポ」の話題で繋がっちゃいましたね(笑)。
こんなchikaですが、一時は、オチンポ取っちゃおうか?と悩んだ事もあるんですよ~。
結構、若いときの話ですが、原因?それはやっぱ恋愛ですね~。彼に応えてあげたいとゆーか。でも恋愛は覚めるもんなんです。後、結局残るのは、持って生まれたサガとゆーか・・やっぱchikaは「ペニクリ」一筋です(笑)。
URL | chika #- | 2008/08/23(土) 06:20 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/93-8f49eac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア