FC2ブログ


   Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog)
    クールボンデージビューティ近緒ことニューハーフ女王様chikaが展開するフェチ世界フィールドワーク。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

最遠寺近緒

Author:最遠寺近緒
お前が落としたのは金のペ○スか?、、今日も「くわえそこねた幸運・うまか棒」を追いかけて。

c_saienjiをフォローしましょう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2 Blog Ranking

333

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝦頭娘のpink NYLON

ライブチャット 3Dプリント

カラコンつけてウィッグつけて

chikaBOOKショップ

・・

<

 乳首がシャツに擦れただけでおちんちんが勃起する

clubin3.jpg 

hnjnkkkk.jpg  すっかり放置プレイが慣れっこになってしまったchikaの画像掲示板「シーメールバブルバベルバブル」に、つとむさんが女装イラストを2点投稿して下さいました。
 つとむさんは、ニューハーフやドラァグクィーンには持ち得ない、正に「女装の似合う男」のもえたつような色気の理解者であり支援者です。
 chikaも、今でこそ「その道のど真中」に生息していますが(笑)、女装に目覚める前後には欧米の職業女装者(ショービズで生きている女装者さん達)の追っかけをしていた頃もあり、彼らのうなじや肩のライン、脱毛されたふくらはぎのシルエットなど、男と女の色気が入り混じったような魅力に毎日クラクラしていたものです。
 残念ながらchika自身の場合は身体的に女性要素が多すぎてあの「美しい女装者が発散する奇妙な魅力」に欠ける部分があって、その裏返しの憧れ感覚だったのかも知れません。
 その辺りの「美しい女装者」への憧れを込めて書いた短編作品が下の「豚達の王」です。つとむさんにも共鳴される部分があったのでしょうか、先に触れた掲示板にもその事に触れて下さいました。
 「豚達の王」は、ここでご紹介するには長すぎる短編なので、「おいしい部分」だけを抜粋して紹介させて頂きます。前後関係が判らないと、、とゆー方は、smfにお越し下さいませ。
 主人公の名は漆黒猟児、短編シリーズ「JETBLACK」の中心人物です。
でもこの話の本当の主人公は、悪の華を咲かせつづける青年政治家であり、そして同時に「美しき女装者」であるディモスその人です。

 


             JETBLACK3
             豚達の王
             最遠寺近緒


「SCキットだよ。顧客の名簿があるんだろう?。」
「つけあがるなよ。何様のつもりだ。デカなんて犬の糞以下だ。」
 悲鳴混じりに吠えている痩せた親父の腕を捻りあげる。このまま続ければ脱臼ぐらいはするだろうが知ったことではない。
「訴えてやるぞ!」
 親父の目尻には苦痛の為の涙が滲んでいる。
闇の性転換キット、つまり癒着性人工皮膚とホルモン増加プラント、及び促進剤と人体モデルテンプレートを「変態」に売りつけるような人間に、情けなどかけてやる必要はまったくない。
「ほほう、誰にだ。俺は犬の糞以下の警察官だが、今回は、あんたが頭に思い浮かべているお偉いさんの命令で動いてんだ。それともどこかの警備保障に言いつけるのか。やれるものならやってみろ。ああ!」
 これしかなかった。今や、警察は誰にも当てにされず、当然執行されるべき権力さえ満足に行使できない程、落ちぶれてしまったが、法の名のもとでは、「理不尽な悪行」だけは振る舞える。多くの悪徳警官達は、今日もそれを使って甘い汁を吸い、己の胸の空白を埋め続けているのだ。
 だが俺は違う。俺には悪党どもに対する弱みは、一切ない。「強面」。クリーンな刑事が持てる唯一の切り札が俺にはある。俺はこの瞬間の為に「金」の誘惑を捨てたのだ。
「お前、名前は?貴様の首、吹っ飛ばしてやる。」
「ざけんな。さっき言っただろう。俺の名前は漆黒だ。漆黒猟児、よく覚えておけ。」

 

barbedFaceMask.jpg  僕の身体はどうなってしまったんだろう。胸が出っ張り始め、最近は乳首がシャツに擦れただけでおちんちんが勃起する事がある。あまり早く、白いドロドロを自分で出すのは良くないんだ。僕は何回もそれが出来るけれど、それだって限度がある。
 お姉さんは、僕のドロドロを自分の顔にかけられるのが大好きだ。
 お姉さんは僕のドロドロを、とっても綺麗な自分の顔全体に引き延ばしては、白目を剥いて何度も失神する。僕は、お姉さんが何度もそれを求めるから、僕のが品切れにならないようにしなくちゃいけない。だから僕は、お姉さんのお尻の穴に突っ込む時は、三回の内、二回は偽物の吃驚するような大きなおちんちんを腰に付けて使う。
 そうするとお姉さんは、最初の内、シーツに顔を擦り付ける様にして泣いているけど、最後にはまるで映画に出てくる狼見たいな遠吠えをする。、、それで僕はお姉さんがとっても怖くなるんだ。


 親父が指したのはSCキット購入者の内、五人だった。五人なら容疑者に「直」に当たってもこなせる人数だが、初動の捜査による刺激で逆上されて被害者に累が及んでは、最悪の事態になる。
 ここは我慢して周囲から絞っていく事だ。直に当たるその時は、捜査ではなくて被害者を救出するつもりでやるつもりだった。
 しかし、厄介な相手が二人混じっていた。一人は若手の代議士の秘書の知人、もう一人は大手企業の顧問格の番頭だ。この二人が直接、SCキットに手を出しているなら問題ないが、、、。
 まあ後は「上」のやる事だ。警察の権威回復を取るか、保身を取るか、俺の知った事ではない。
 いかにも、やり手といった眼光を放つ、甘さの中に苦みを感じさせる美貌の青年代議士の写真を人差し指でパチンと弾いてから、俺はすっかり冷めてしまった何杯目かのコーヒーを飲み干して、上着を肩にかけた。


 今日は、お姉さんは僕を可愛がってくれるのだろうか、それとも虐めるのだろうか。いや違った。今日はお兄さんが久しぶりに僕の相談にのってくれる日だ。今日は勇気を出して聴いて見るんだ。本当に「世界」が、僕たちのシェルターを除いて死んでしまったのか。
 いつも僕の面倒を見てくれるヴェクターさんは、時々、僕たちの住んでいるシェルターと違う匂いをさせる時がある。確かに僕は身体が弱いからシェルターの中でも、この部屋から出れない事は、ヴェクターさん達との違いだし、それに沢山、眠らないといけないから何時も頭がボーッとしてるけど、、。


 襲撃されている。この俺が。民間警察ならいざ知らず、荒事と言えば、良くて格好をつけたがるチンピラをさばく程度が関の山の刑事が、「銃撃」を受けているのだ。
 一度目の奴らの銃撃から辛うじて逃れる事が出来たのは、全くの偶然だった。

 アキュバン特殊建築設計施工事務所からの帰り、地下駐車所に開いたエレベーターのドアから脚を一歩、踏み出した瞬間だった。
 足下に激しくのたうち回る肉塊があった。それは下半身を3分の1程、食いちぎられた野良猫だった。エレベーターは地下駐車場の奥まった部分にある。
何ものかに襲われた猫が己の片足と太股の一部を捨てて、この場所に逃げ込んで来たのだ。
 それを見定めようとして身を屈めた瞬間、エレベーターの金属製の壁が3度ボスンという音を立てた。俺は、猫が目指して行き着けなかった、身を潜める為の暗がりが沢山ある方向に走り出した。
 アドレナリンが体内で沸騰している。恐怖ではなかった、純粋に興奮していた。この感覚は刑事を勤めてから数回、微かに味わった事がある。しかしこれ程とは、、、興奮に酩酊しそうだった。
 脇の下に吊した、自前の平べったい自動拳銃を抜き出して、壁に自分の身体を押しつける。豆鉄砲はブロック署のロッカーに仕舞ったままだ。自動拳銃の銃把の感触に安堵を覚える。この感じはおっ立ったあれを握っているのと同じだと思った途端、目の前の壁が炸裂して破片が顔面を刺した。
 息を大きく吸い込んで止める。プールに飛び込むのと同じだ。一端、足が地面を離れたら、水面に激突するまで後戻りは出来ない。
 俺は、頭の中で意味のないカウントダウンを3から始めて、遮蔽物になっていた壁から身を乗り出した。


ugugu.jpg 「で、どうしたんだ、坊主。何か俺に言いたい事があるんだろう。」
 お兄さんが優雅に長い脚を組み替えながら言った。僕は外に出れないのを補う為に沢山の映画を見たが、お兄さんはどの男優にも負けないぐらいハンサムだ。
「世界は滅びたって本当?それに僕の身体はどうなっているの。もうあんなのを着るのはいやなんだ。、、僕は、僕は、お姉さんが嫌いなんだ。」
 身をカチンカチンに固めてしまいそうな革の服や、ゴムの服、大きな偽物のおちんちん。口を開いたままにさせる口輪。
 僕は、僕が泣いているのが判った。僕の中の感情が、今の僕に追いついてきたんだ。
「男は泣かないもんだぞ。」
「嘘だよ。僕が見てる映画に出てくる人たちは、みんな、泣きたい時は泣いていいって言うよ。」
「それは映画だからさ。現実では男は泣いちゃいけないんだ。」
「だって、現実って言っても、この世界で生き残っているのは、お兄さんとお姉さんとヴェクターさんだけなんでしょう。それなら泣いたっていいじゃない。」
 僕は拗ねたように上目遣いで言ってみた。こんな風な表情を造るとお兄さんは途端に甘くなる。
「お前に泣いちゃいけないと言ったのは、お前に強くなって欲しいからだよ。それよりどうして、世界が滅びていないんじゃないかと考え始めたんだ。あれほど何度も説明してやったじゃないか。」
「ヴェクターさんもお兄さんも見るたびに服が替わるじゃないか。」
「おいおいまってくれよ。お前、私たちがどれぐらい服を持っているのか知っているのかい。お前は、このシェルターの中の隔離病室から出れないから、ここの大きさが想像も付かないだろうけれど、ここは何千人という人が何年も何年も生活出来る規模なんだよ。そこに私たちはたった4人で暮らしているんだ。服だって食べ物だってここに蓄えられているものなら山のように使えるんだよ。」
「そうじゃないんだよ。僕の言ってるのは、なんて言ったらいいのかな。そうだ、流行。流行なんだよ。僕と随分長い時間一緒にいるヴェクターさんの服に流行を感じるなんておかしいよ。」


 そんなに深く調べる必要はなかった。このブロックで一人の人間を数年にわたって監禁できる場所、そしてあの五人の容疑者。俺がいるブロックは二つのゴミ溜めを抱えている。クエンクという名の人造運河を挟んで、政治家や資産家どもが住む高級住宅街と、昼と夜の二つの顔を持つ歓楽街を中心としたスラムだ。
 スラムでは厳密な意味で人々のプライバシーは保障されない。非干渉と無関心とは違う。俺が任ずるブロックのスラムの住人は常にお互いを監視し合っている。そうでなければ色々な意味で生き延びることが出来ないからだ。
 一人の人間を長期間、監禁しそれを秘密に保つことはスラム外の人間に対しては可能だが、スラム内では絶対に不可能だ。そして今や刑事は完全に「スラム内」の人間だった。 俺のアンテナに「営利誘拐」「人身売買」は引っかかってもこれ程、長期に渡る「人さらい」は引っかかってこない。当然、捜査対象は「川向こう」に絞られる。
 アキュバン特殊建築設計施工事務とは早い話が、個人用シェルターの施工を請け負う会社だ。スラムの住人が自分のねぐらにシェルターを設置するだろうか?
 俺がそのアキュバンの周辺をつつきはじめた途端にこの反応。こんな世の中でも刑事に殺し屋を差し向けられる人間はそれほど多くはあるまい。
 そうか、ディモスよ。駆け出しのお前には、事が露見してしまってから、それを揉み消すだけの政治力がまだないと言うことか。
 墓穴を掘ったな。、、いや掘られたのは俺の方か。
弾はもう予備の弾倉一つしか残っていない。射撃練習をさぼった積もりはなかったが、威嚇ではない本当の近距離の銃撃戦は初めてだった。
 銃を人に向けて撃つ快感を制御できない。死に直面した恐怖の裏返しの快感、それが問題だった。冷静になれ。照星を的に合わせる、そして引き金を確実に引き絞る。それだけの事だ。俺ならやれる。


Z6OcuYW4bcd0t9gedeS0Fd4Q_50.jpg 「坊ちゃんもうお止めになったらどうです。あの子はもう薄々気づき初めています。」
 執事のメイ・ヴェクターが、メイク中のディモスの背に話しかける。幅広く筋肉質なくせに形がやさしい艶やかな白い背中だった。
「これから美味しくなるのよ。手放せないわ。」
「政治家にとってゴシップは致命的です。坊ちゃんは今、大事な時です。あの子の始末は私がしますから、、。せめて今日は早い目に切り上げて下さい。運河祭でのスピーチがあります。そのう、なんと申しますか、あの後の貴方様は何か様子が変です。ご自分ではお気づきではないのでしょう?そんな事を繰り返すと政敵に感づかれます。」
 確かに事が終わった後のディモスからは、その身体がいくら「男」に戻っても「雌」のオーラのようなものが強烈に立ちのぼっていた。メイはディモスのその期間がどんどん長くなっている事も気になっていた。
「横取りする気。忘れたの?あなたが私をこの道に引きずり込んだんじゃないの。悪い人ね。」
メイは、振り返って宛然とほほえむディモスから恥じた様に視線をそらす。
 男の身体にヘヤースタイル、そしてきつく勃起したペニス。
だがその顔は「絶世の美女」という冠に値する。それはまるで誰かから切り取ってきた仮面のようにさえ見える。メイはその顔を見つめ続ける事に苦痛を感じていた。
 遙か昔、自らが使える主人の一人息子の美貌の中に感じた欲望が、今も彼を責め続けているのだ。
「あっちの方は順調に進んでいるの?私の方のルートでもいいのよ。刑事一人ぐらい押しつぶすのに大した苦労はいらないわ。」
 光沢のある口紅を塗った唇がヌメヌメと独立した生き物のように動く。これが聴衆を魅了する若き政治家の同じ唇とはとても思えない。
「それはいけません。私の、、息子の方なら、万が一事が公になっても、あなたに累が及ぶことがないのですから。」
 メイは二人の若者を導いた事になる、ひとりはゲイ、もう一人は「組織」の幹部。我ながら立派な導師振りだと思った。
「感謝してるわメイ。でもここから先は出ていって。、、ね。」
 金髪のセミロングのウィッグを付け終えたディモスが、メイの頬に軽いキスをする。メイは後ろ手でディモスの部屋のドアを閉めながら、、、、、今日、ディモスの「儀式」が済み次第、あの「買い取った」子を殺してしまおうと決心した。


uhoooo.jpg  まだ幼いが、その分、綺麗で強靱なペニスを吸ってやると「僕」の描いたような美しい眉が歪む。この熱くて薄い身体は、あの時の僕と同じなのだろうと私は思う。いろんな意味で「僕」はあの頃の僕と似ている。
 愛し方を知らない親と、愛され方を知らない子ども。「僕」はメイの説明によると誘拐したのではなく「買った」と同じなのだそうだ。しかも「僕」を売った人間は決して生活に困窮していた訳ではなかったと言う。
 幼児虐待の衝動の恐怖から逃れる為に自分の子どもを「誘拐」してもらう人間がこの世にはいるのですよ、とメイは驚いたように説明していた。
 だが私にはその気持ちがわかった。親と子、両方ともにだ。
「うぅ。お姉さんきつく噛まないで。」
 私は返事をする変わりに、赤く塗った唇を歪ませて嗤ってみせる。私の大好きな、鏡の前で何度も練習した、とびっきりの悪女の表情。
「坊や、、。恨まないでね。みんなこのおちんちんが悪いのよ。」
 「僕」のペニスの鈴口に舌を差し込んでやる。益々怒張が強くなる。肌理の細かい肌、薄い腹の向こうには張りのある乳房があり私の愛撫を待っている。
 最高よ、メイ。あなたのSCキットの使いこなしは芸術的だわ。 もし私の時代にSCキットがあったら、、、。メイと父親の顔が重なり、そして私の妄想は膨らみ、「加虐」へと登り詰め始める。


 メイはディモスを玄関まで送り届けると、その足で屋敷内のシェルターに戻った。シェルターのドアを開場する時、メイの網膜のスキャンがキィ代わりになる。
 登録者はディモスとメイだけだ。メイはその事を思うと胸が苦しくなる。たとえばもし本当にシェルターにメイとディモスだけが入らねばならないとしたら、「あの関係」は再び回復するのだろうか?
 それとも、二人という密室の中で、メイはディモスによって断罪されるのだろうか。今、このドアの向こうには、新たな生け贄がいる。
 「それ」はメイのものではないが、ディモスが「それ」を欲したから、メイが「それ」を調達したのだ。
 贖罪の為?誰が何の為に。全ては、歪んだ肉欲の連鎖なのだろうか、、。
 ドアが開いた、シェルターの機密性から生じる気圧の差によって空気が動いた。あの子やディモスが使う香水の匂いや、先ほどまで繰り広げられていた肉欲の匂いが微かに感じられる。
 メイはそれらに自分が年甲斐もなく興奮している事に驚いていた。あの子をこれから始末する、そんな思いがメイの精神の変調を促進しているのだ。「生命」の発する信号に過敏になっている。
 「ヴェクターさん?珍しいですね。お姉さんが僕の所に来る日は、絶対に顔を見せないのに、、。」
 紗の降りたベッドの向こうから、あの子の掠れた声がする。SCキットのせいもあるのだろうが極め付きの淫靡な声に成長している。
 一体この子は「何」になろうとしているのだろう。メイはそこまで考えて微かに首を振った。空調設備の中に微かに仕込んである催淫剤の影響だろう。
 この子は、これから「何」にもなれはしない。この子が今からなれるのは「死体」だけだ、、。
「いや、ディモス様に君の様子が心配だからと言われておってな。君は、今の生活に疑問を抱いておるそうだが。」
nROgXEI7Xb1rozsw5ktmK1Pl_50.jpg  あの子が、紗をすり抜けるようにしてベッドから降りて私の前に立った。
 素肌の上に透けるような白いネグリジェを着ていた。その上からでも、胸と股間の相反する膨らみがはっきりと見えた。
 この子には幼い頃のディモスの面影はない。私が愛したのは少年ディモスだ。
断じて「買い取った」子ではない。
 少年はすらりと、薄いが引き締まった筋肉の付いた腕をのばし、私の両肩に手を置いた。少年の、天使と娼婦が混じり合ったような顔が真正面に来る。
「この部屋から、外に連れ出して。」
 その声を聞いて、私は再び、私のディモスに対する罪の深さを思い出した。
初めは私との関係に怯えていた幼いディモス、そのディモスが暫くして、彼の方から私を誘惑するようになったのだ。その時、私は悔いた。
「駄目だ。君は自分が病気だということを忘れたのかね。」
「嘘。僕が病気なら、お姉さんはなぜあんな激しいことを僕にするの?それをどうしてお兄さんや、ヴェクターさんはほっておくの。」
 少年が私にしがみついてくる。ふりほどこうとしたが、私はそれを止めた。
少年は思ったより力が強かった。もし私が全力を出してもこの少年をふりほどけなかったら、たちまち立場は逆転してしまう。そうなったらこの子を始末するどころではなくなってしまう。
 私は少年をふりほどく代わりにその形の良い頭を優しく抱いてやった。少年の驚くほど熱い吐息が私の首筋にかかる。
「外に連れ出してくれたら僕を抱いてもいいよ。」
少年の手が私の股間をまさぐっていた。
 私は少年の命ずるままにシェルターを出た。まるで飼い主に引きずられる老齢の犬だ。首輪は私の枯れた筈の肉欲の器官、引き綱は少年の手だ。
私は見せ餌のような欲望に、鼻先を引きずられている、、。

33aws001pl.jpg 
接吻の輪舞曲 ~貴姫達の舌舐めSP~

あの接吻の輪舞曲が待望のベロキススペシャル版になって登場だ!総勢14名の美しきプリンスプリンセスが織りなす、女同士の甘く切ないジャンヌな世界に、心は躍る!

 

 

 

 

 

 

 

 

172emu028pl.jpg   地獄痴女スペシャル 引退・立花里子 私が永遠の最強痴女よ!

最強痴女!立花里子の引退作品!!最後に相応しい究極の女王様スタイルでM男をなぶり倒す!パワフルなペニバンファックに拘束寸止め痴女プレイ!さらにはフェラ&手コキ100人斬り!リアル峰不○子に迫る!レザースーツ最強着エロ3P!などなどスーパーボディ、リコピンの集大成ともいえる大作が今ここに!!一挙手一投足を絶対に見逃すな!

 

 

 

 

 

 

 

13ulx04pl.jpg  シーメールジャック VOL.4

とびっきり可愛いい‘リオ’ちゃんが登場です!本人も認めるM娘?で、監督から「オナニー見せて」と言われただけで顔を赤くして恥ずかしがって‘ペニクリ’ちゃんを出し渋りますが、一旦シコシコ始めると勃起して立派な‘デカマラクリ’となり脈がドクドクうなりをあげます!ハメ撮りでは奉仕プレイ、3Pファックではガンガン突かれて何度もイキまくります。


エロ小説 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2008/09/27(土) 06:13)

<<やがて哀しきカマレズ・膣の中でクリティンポが貴男のチンポを欲しがってる。 | ホーム | ゴムの肌から滴り落ちる程に、ザー汁ぶっかけてください。>>

コメント
 
女装の似合う男っていったら古いけど沢田研二とか綺麗でした、今はポニョポニョの体形になってしまいましたが…
「魔界転生」での真田広之?だったかな?とのキスシーンは子供ながらにおぉ!と思いました、

しかし「幼児虐待の衝動の恐怖から逃れる為に自分の子どもを『誘拐』してもらう」って設定、面白いですv-218

女性ですが、
http://www.hpsart.net/download_page/rubber_mask/dlrm-001/index.html
URL | はつかはジャスコ #- | 2008/10/01(水) 10:15 [ 編集 ]

 
「幼児虐待の衝動の恐怖から逃れる為に自分の子どもを『誘拐』してもらう」って設定、面白いです。
はつジャスさん、ありがとう御座います。でも、こーゆー発想って、現代ではリアルにありそうで怖いですね。chikaも、上の状況すれすれのストライクゾーンで過ごしましたもの。

URL | chika #- | 2008/10/04(土) 08:36 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://saienji.blog98.fc2.com/tb.php/99-a0503ea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Shrimp head;muddy 蝦頭娘2.0(ニューハーフ女王様blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア